開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

エネルギー供給データ

■エネルギー供給データ  110627

日本標準産業分類によるデータ>エネルギー供給データ



 日本の全産業界の運用原価はエネルギーの供給単価の低減と潤沢供給の
方向で決まります。
デジタル時代の進化は第二次エネルギーである電気供給環境変化と相関が
あります。世界各国の原発の動向は国策的戦略の一つです。

電力は 一般市民の生活や産業を支える不可欠なエネルギー源です。停電は市民生活に
多大な影響を与えるため、戦後から地域ごとに設立された電力会社に、各地域の電気事業の
独占を認める一方、離島などを含めて管轄地域内の安定供給を義務づけてきました。
電力需要は昼と夜、季節で大きく変動するが、電力会社は安定供給のために夏の電力需要
ピークにも余剰が生じるだけの発電施設を保持しています。このため、電力事業は高コストに
なりますが、日本は特に発電燃料の多くを輸入に頼ることもあり、諸外国より割高になります。
これに対し、産業界から、電気事業の独占体質が電気料金の海外との価格差の要因と指摘され
ていました。
競争原理を導入するために 1995年から工場などの自家発電の余剰分を電力会社に販売する
卸電力制度が はじまり、2000年から工場など大口需要に対して新規参入企業が電力を販売
できるようになりました。電力小売の自由化が始まりました。
自由化の範囲を より小規模需要に対して拡大し、2005年度には電力量の63%にあたる需要
が自由化されました。新規事業者による販売量は 2009年で自由化された需要の2.8%に
過ぎませんでしたが 1994〜2009年度で電力料金は大口で19.8%、家庭用などで17.2%
安くなり、内外価格差が縮小してきました。

 

更新 2011.06.30
 

■主要国のエネルギー自給(2008年) 単位%

日本国内の金属鉱山はほとんど閉山し、大規模な鉱山で操業しているのは鹿児島県の菱刈金鉱山のみです。
1トン当たり約40グラムの金が含まれ良質です。
これまで培われた技術が海外での探鉱・採掘活動に活かされています。海外における資源開発では、近年
非鉄金属企業が自主開発権益を拡大させており、特にチリなど南米における銅鉱山開発が活発です。
この背景には、世界の資源メジャーの寡占化や中国の台頭による資源獲得競争の激化があり、非鉄各社は
自主開発比率を高めることで安定供給を目指しています。またここ数年、中国がレアメタルの輸出を制限する
動きを強めています。日本は調達先の多様化や都市鉱山(携帯電話などの廃棄物)からリサイクル強化を
図る戦略重点を転換することが課題となっています。

 

 日本

 韓国

 中国

 インド

サウジアラビア

一次エネルギー

        17.9

     19.7

        94.2

        75.4

      358.3

石炭

         --

       2.0

       103.3

         86.1

         --

原油

          0.4

       0.4

         55.0

         22.6

       329.1

天然ガス

          4.3

       0.6

         98.3

         73.9

       100.0

 

 

 

 

 

 

 

 ドイツ

 イギリス

 フランス

 イタリア

 ロシア

一次エネルギー

          40

       80.0

        51.3

         15.3

        182.6

石炭

          61.8

       30.1

          1.3

           0.4

        142.8

原油

            3.8

       86.0

          1.5

           6.1

        200.9

天然ガス

          14.8

       71.2

          2.0

          10.9

        146.0

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ合衆国

 カナダ

 メキシコ

 ブラジル

 オーストラリア

一次エネルギー

          74.7

      152.7

       129.3

        91.8

        232.2

石炭

         106.1

      128.1

         73.1

        19.4

        400.1

原油

           35.1

      154.6

       192.1

      102.9

          78.5

天然ガス

           87.1

      186.6

         79.0

        55.4

        153.1

 

 

 

 

 

 

IEA(国際エネルギー機関) Energy Balances of Countries/Non OECD Countries 2010版
自給率は エネルギー・バランスで石油換算された数値を用いて、生産量÷供給量×100で産出

一次エネルギー(primary energy) 
石炭、石油、天然ガスなど化石燃料に加え、水力、原子力、地熱、薪炭など、主に加工されない状態
で供給されるエネルギーを一次エネルギーと呼ぶ。

二次エネルギー
電気、都市ガス、コークスなど、一次エネルギーを加工・変換してつくられたものを二次エネルギーと呼ぶ




■一次エネルギー供給割合の推移(会計年度)

石油の削減を補完する方法として、天然ガスによる供給が現実的採算ベースでの増加貢献しているようです。
現在の事業での代替エネルギーは採算ベースで原子力、風力、太陽光等ではないのかもしれません。
設備投資金額と地域への安全性、子孫への悪影響度合からあなたならどのように判断しますか?

 

 石炭 %

 石油 %

天然ガス%

 原子力%

 水力%

 その他%

 換算
 ベタ・ジュール

 1970

     19.9

     71.9

        1.2

      0.3

       5.6

      1.1

  

  1980

     17.0

     66.1

        6.1

      4.7

       5.2

      0.9

 

  1990

     16.7

     57.1

       10.2

      9.3

       4.1

      2.6

   20 183

  2000

     18.1

     50.8

       13.0

    12.2

       3.3

      2.6

   23 622

  2008

     21.4

     46.4

       16.7

      9.7

       2.9

      2.9

   23 219

 

 

 

 

 

 

 

 

資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」より作成 総供給ベース



■部門別最終エネルギー消費(会計年度) (換算単位 ペタ・ジュール)


 

  1990

   1995

   2000

   2007

  2008

  2008 %

産業部門

    6 993

    7 164

    7 221

     7 055

    6 273

      42.6

 非製造業 

       806

       785

       654

        499

       451

        3.1

 製造業

    6 187

    6 379

    6 567

     6 556

    5 822

      39.5

 

 

 

 

 

 

 

民生部門

    3 679

    4 348

    4 826

     5 116

    4 978

      33.8

 家庭部門

    1 655

    1 973

    2 114

     2 135

    2 058

      14.0

 業務部門

    2 024

    2 375

    2 712

     2 981

    2 920

      19.8

 

 

 

 

 

 

 

運輸部門

    3 217

    3 806

    3 928

     3 619

    3 475

      23.6

  旅客部門

    1 671

    2 109

    2 347

     2 215

    2 134

      14.5

 貨物部門

    1 547

    1 698

    1 580

     1 403

    1 341

        9.1

 

 

 

 

 

 

 

合計

  13 889

   15 318

   15 975

   15 790

   14 726

     100.0

 

 

 

 

 

 

 

資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」より作成
非製造業 農林水産業、鉱業、建設業    
業務部門 運輸業、電力・都市ガス・熱供給業以外の第三次産業



■世界の天然ガス埋蔵量(2010年末現在)

なぜ、太陽光、電気自動車に着目して、社会・業界が変化をはじめたか?
地球環境問題を解決する目的のため、今可能な分野がトリガーだったのでは?
天然ガスを活かし、ガスの埋蔵量維持に代替ガス(バイオエネルギーも一つ)と併用して、自動車のある部分の
仕様の設計変更をすれば、現在より高性能高機能の自動車は、多くの人のものづくりの設備能力をムダにしないで、
ローコストで安心安全、子孫にやさしいエネルギー源になる確率は高いのでは?
なぜこの分野の高性能ローコスト自動車・発電所へ世界の本流の着眼を変えないのでしょうか?


 

  億 m3

  %

 

  億 m3

  %

 ロシア

   475 719

     25.3

 アラブ首長国連邦

      64 533

          3.4

 イラン

  296 098

     15.7

 ナイジェリア

      52 918

          2.8

 カタール

   253 660

     13.5

 ベネズエラ

      50 647

          2.7

 サウジアラビア

     77 927

       4.1

 

 

 

  トルクメニスタン

     75 039

       4.0

 世界計(その他含) 

  1 882 300

       100.0

 アメリカ合衆国

     69 278

       3.7

 中東計

     760 689

         40.4

 

 

 

 

 

 

●2009.12.21号で世界の比較(上記データの1年前) 単位 10億m3

  中東(石油系ガス)計

  75 279

    40.2 

 北アメリカ 計

         8 682

          4.6

 旧ソ連・東欧計

     61 572

       32.9

 南アメリカ 計

         7 915

          4.2

 アジア

     11 876

         6.3

 西ヨーロッパ計

    4 364  

          2.3

 オセアニア計

       3 115

         1.7

   アフリカ 計

   14 024 

          7.5

 

 

 

  世界計(その他含)

   187 154 

        100.0

オイル・アンド・ガス・ジャーナル誌(2010年12月16日号)



■使用電力量の推移(会計年度) 単位 百万kWh


 

   1970

   1980

   1990

   2000

   2008

   2009

電気事業用

  272 950

   464 253

   678 131

   858 078

   925 503

   896 668

 電灯

     51 706

   105 271

   177 419

   254 592

   285 288

   284 969

 電力

   221 254

   358 982

   500 712

   363 594

     46 758

     45 173

 特定規模需要

     --

    --

    --

   239 891

    571 691

   543 977

自家発自家消費

     46 741

     55 998

     87 471

   123 988

    110 029

   106 558

 

 

 

 

 

 

 

 総計

   319 701

    520 251

    765 602

    982 086

  1 035 532  

 1 003 226

     内 電力会社

   259 874

    436 404

    658 933

    837 924

     888 935

    858 516

 

 

 

 

 

 

 

参考 特定規模電気事業者販売電力量

    --

      --

      --

      --

       14 541

      15 353

 

 

 

 

 

 

 

電気事業者連合会「電気事業便覧 2010年版」



■新エネルギー等の電力供給量と発電設備(会計年度)

投資金額に停電時の蓄電システム費用を加算すると、加速度的に高性能化し投資コスト低減型設備の場合
回収期間を試算すると、小規模型は 投資回収と電気料金低減効果はどうでしょうか?
できれば地域単位をブロック化して、行政単位内でスマートグリッドのしくみで、共同活用管理する方が、運用
時のメンテナンス管理費用負担の負担費用が共有管理費方式で変動費型から低コスト固定費型にできるため
天変地異の異常確率が高くなった時代、富に余裕がない人企業は検討するのも一つの方法です。
大規模の場合は、これらの方式が採算最適方法かわかりません。
夏の需要ピーク期間の売電はできていますか?

 

   RPS法認定
  設備件数(件) 

  発電設備容量
   (千kw)

  電力供給量
  (百万kWh)

 

    2003

   2009

   2003

    2009

    2003

   2009

 風力

         206

         375

        673

     2 314

       990

    3 734

 太陽光

   141 154

           83

        528   

          18

       196

       681

 特定太陽光

   518 648

     1 919

       265

 水力

         339

         477

        162

        203

       838

       953

 バイオマス

         223

         350

     1 164

     2 015

     2 039

     3 223

 地熱

         --

             1

       --

           2

      --

          11

 複合型

           13

           32

           2

          14

           1

            5

 

 

 

 

    

 

 

 合計

    141 935

   519 966

     2 530

     6 486

     4 064

     8 873

 

 

 

 

 

 

 

資源エネルギー庁資料




◎都市ガス

都市ガスは クリーンで優れた燃焼性と制御性をもつエネルギーであり、電力と同様に二次エネルギーに
分類されています。都市ガスの原料は LNG(液体天然ガス)、国産の天然ガス、LPG(液体石油ガス)など
であり、LNGが全体の89%(2009年)を占めています。
ガスを供給する都市ガス事業者(一般ガス事業者)は 2010年3月末現在で211社(私営181社、公営30社)
あり、10社に集約された電力業界とは対照的です。ただし大手4社が販売量の73%を占めており、事業者が
多い割りには寡占化が高いといえます。
近年は市町村合併の影響により、中小の事業者の合併や事業譲渡が進み、事業者の数は減少傾向にあり
ます。


■都市ガス事業(一般ガス事業者)の販売と需要家数

工業用の伸びが大きい要因として、エネルギー効率の高いガス・コージェネレーション(熱電併給)が普及し
環境負荷の小さい都市ガスを導入する事業化が増えたことがあげられる。
2011年3月に起こった東日本大震災と福島原発の事故による関東地方の電力使用量が制限される事態に
なりました。今後の電力供給の正常化には時間がかかることは明らかであり、今後、工業用需要を中心に
都市ガスの存在感は高まる確率は高い。


 

    1990

     2000

    2008

    2009

    2010

 販売量 TJ

    628 449

    1 035 052

  1 379 474

   1 379 474

    1 473 733

  家庭用 TJ  

    320 019

       392 581

     410 212

      401 477

       406 008

  工業用 TJ 

    160 693

       388 304

     762 585

      665 373

       739 874

  商業用 TJ

    105 733

       167 505

     202 116

      193 106

       198 176

  その他 TJ

      42 004

         86 663

     120 626

      119 520

       129 674

   

 

 

 

 

 

 需要家数(千個)

      21 334

         25 858

       28 500

         28 701

         28 839

 供給区域内
 普及率 %

           82.6

            82.6

         80.9

          80.4

 

 

 

 

 

 

 

日本ガス協会「ガス事業者便覧2010年版」および資源エネルギー庁資料
単位 TJ テラ・ジュール 1ジュール=0.000239kcal
需要家数 メーター取り付け数  普及率=メータ取り付け数÷供給区域世帯数×100
普及率は2008年以降は年度末現在



■都市ガス販売量の事業者割合 2009年

 販売量 TJ

 東京ガス%

 大阪ガス%

 東邦ガス%

 西部ガス%

 その他

 1 379 474

       35.3

       24.4

       10.7

       2.4

       27.2

 

 

 

 

 

 

日本ガス協会「ガス事業者便覧2010年版」




■都市ガス事業におけるガス種類別生産 単位 TJ
  ガス会社の生産と購入の合計

 

   1990

     2000

     2008

    2009

   2009 %

液化天然ガス

   450 323

    854 356

   1 375 559  

   1 271 390

       88.9

天然ガス

       38 356

       59 702

      122 853

      113 358

         7.9

石油系ガス

      138 897

     127 125

        49 316

        44 942

         3.1

石炭系ガス

        19 941

         9 646

            135

                0

         0.0

その他ガス

             533

              31

              36

               39

         0.0

 

 

 

 

 

 

合計

       647 051

   1 050 861

  1 547 899

    1 429 730

      100.0

 

 

 

 

 

 



■注目される国際ガス市場
資源が中東に集中する石油と比較して資源が各国に分散しているガスは、二酸化炭素排出量が少ない
こともあり、世界的に需要が伸びています。
貿易は 開発プロジェクトのリスクを下げるために長期契約が主流で、スポット取引が増える傾向があっても
急激な需要増に対応が難しい面をもっています。北米や欧州のガス生産量が一時的に頭打ちになり、LNGの
輸入を進めたこともありました。
LNGがグローバル化すると思われましたが、シュールガスなど非在来型天然ガスの開発が北米などで進み、
一転して天然ガスの価格は一定に落ち着いています。

○輸送方式
・欧米では、カナダ、ロシアなど輸出国になりパイプラインを通して輸出する方式が主流
・日本韓国など東アジアではLNG(液化天然ガス)方式が主流で、中東以外の、インドネシア、マレーシア、
オーストラリアなどが輸出国になっています。

○資源小国の日本は、天然ガスの安定供給がテーマとなっています。
非在来型天然ガスの生産技術が進化し、従来の天然ガスと同様に供給ができるため注目しています。
輸送方式が従来の液化天然ガス(LNG)として輸入できます。

1.従来の天然ガス
地層にガスがたまる、ガス田から採掘。天然ガスのみのガス田の天然ガス(液化名LNG)、原油に随伴する
天然ガス(液化名LPG)もあります。一坑当たり生産量が多いことが特徴

2.非在来型天然ガス
従来の天然ガスが上昇することに対する、天然ガスの生産増のための、技術開発により、各種の天然ガスを
取り出す技術が確立してきました。非在来型天然ガスの開発が進んできました。
中東に偏在する石油資源の、世界の石油価格を支配する価格高騰のリスクと異なり、天然ガス価格は大量
天然ガス生産国数が多くなり、石油資源より、低い投機性の少ない市場価格を維持できる確率は高くなって
きました。石油は枯渇可能性期間が近づいたようで危機感と価格高騰現象が出ていますが、石油系天然ガス
の埋蔵量は、中東は世界の40%以上あるようです。他の天然ガスは地球環境対策で優位格差があります。
世界が、どのように天然ガスを選択するか、世界観レベルの国数の多数化でどのようになるのでしょうか?

◎高圧流体で天然ガスを抽出する原理です。その生産地の地下水に天然ガスが含まれ水道水が燃える
地域があるようです。地下水の汚染は、地域の生態系に影響がでないように、鉱区を完全閉空間にして、
高圧流体が、地域の地下水、土壌に影響ゼロのしくみシステムの構築プラントの開発を待望しています。
現在人間で完全セロ化できない超広域汚染型の量子の世界より、鉱区限定で、現在ある科学で、ゼロ化
可能な領域です。世界の超頭脳が、プロセス技術開発をして特許競争をするのも一つの方法です。
世界の超富裕層が、金融操作する余裕資金の一部を国際連合に開発賞金として寄付する方法も1代で
使いきれない金を世界に貢献する「人類の生きた金」にするのも一つの人生です。


日本は、天然ガスも供給国開発が必要です。従来は長期契約が主流でした。すでに余剰の天然ガス輸出国から、
スポット型輸入(需要量に応じた輸入)も世界でははじまりました。物流コストを削減する目的で、液化石油ガス
(LPG)による大型専用タンカーでの遠距離輸入から、近距離輸入の国を供給国を開発して液化天然ガス
(LNG)を輸入するのも一つの方法です。パイプラインによる輸入の可能性があるかもしれません。コストは現在
より低価格どまりの安定安心供給ができる確率は高い。
新たな開発投資金額がいらない、開発済みの天然ガスを活かすと、輸入価格は、現在価格比較はどうでしょうか?
原発の、設備・燃料棒等の減価償却費、運用費、原発維持費との比較はどうでしょうか?
日本のメディアは原発稼動時の、燃料棒経費ゼロとして、原発停止で、火力発電を運転して天然ガス輸入金額
の増加だけを公表しています。前年比較すべき数字が何か変ですが、何が目的なのでしょうか?


(1)シェールガス
シェール(頁岩)という堆積岩の微細な割れ目の中に閉じ込められた天然ガスです。このままガスとして取り
出すことが不可能でしたが、高い水圧によって岩石に人工的な割れ目をつくることで、ガスを取り出す技術
が確立して、2000年代に開発が進みました。米国ではLNGを輸出するための受入基地まで建設したのですが
それが不要になるまで開発が進んでいます。
開発が進んでいるのは、米国のテキサス州近辺や北東部で開発が進められており、その産出量の増加は
「シェールガス革命」と呼ばれるほどです。
欧州ではポーランドなどでガス田が発見されています。中国にも有望なガス田があります。

(2)タイトガス
天然ガスを含んだ砂や砂岩の層から産出されるものです。天然ガスを含む割合(浸透率)が低く、生産効率が
低かったのですが、シェールガスと同じく、高圧の流体を砂の層に注入することで、ガスを取り出しています。

(3)コールベルトメタン(炭層ガス
炭鉱から産出する天然ガスのことです。勝手は、炭鉱爆発事故の原因ともなっていましたが、比較的浅お地層
から産出するという特徴があります。このガス田では、水圧によってガスを取りだしています。
米国に加え、ロシア、インドネシア、オーストラリアなで産炭国の開発が進んできました。

(4)メタンハイドレード
日本は深海底に眠るメタンハイドレードという、水と混ざってシャーペット状になった天然ガスの開発に期待を
かけてる人もいます。開発生産コスト、安定生産時期、現在の価格相場よりローコストになることが可能でない限り、
机上で潤沢な富裕な人にまかせ、低コスト大量型(無限量でない限り採算を出しにくい)。その開発費用を、レア
メタル、シリコン等の産業の必需品にカネをかける方が浪費研究よりよい確率は高い。


●天然ガスとバイオマス燃料との併用(併用型コージェネレーションシステムが実用化段階)
供給不安定、燃料の質量の不安定、価格の不安定要素があるバイオマス燃料の不安定要素を補填するために
天然ガスと併用する設備の技術が確立されてきて、地域コージェネレーションへ活かすことができる段階になつて
きました。天然ガスの総使用量をバイオマス燃料で削減代替できるようになり、代替燃料が、天然ガス市場価格
と同等以下になる方法が実用化され始めました。

発電・熱利用ができるバイオマス資源の分類及びエネルギー利用形態

 

        バイオマス資源の分類

主要なエネルギー利用形態 

 

乾燥系

木質系

 農業系

建築廃材

  直接燃焼

木質系バイオマス

農業残渣

建築・生活廃材系

 材地残材
 製材廃材
 製材工場木屑

 稲葉
 とうもろこし
 もみ殻
 麦わら

 建築廃材
  
 燃えるゴミ
 (事前水分削減
  乾燥作業)
 

粉末、チップ、ペレット化等を行い、ボイラーで燃焼
(薪、丸木、板等より、単位燃焼面積を大きし、形状を小さくし、凝縮す方向)
 

湿潤系

食品産業系

 農業、畜産、水産系

 生活系 

 発生ガス・生物化学的変換

 バガス・メタンガス

 メタンガス

 メタンガス

・発生するバイオガス(メタンガス等)をそのまま、生成ガスとして使用
・発酵技術により。メタノール、エタノール。水素ガス等を生成

 食品産業廃棄物
 食品廃棄物
 水産加工残渣

 腐敗した農業残渣
 家畜糞尿
 牛豚鳥糞尿
 漁業残渣

 下水汚泥
  し尿
 厨芥ごみ

その他

 製紙工場系

 農業加工系

 生活系

 熱化学的変換

 廃液(黒液)、廃材
 セルロース(古紙)

 糖、でんぷん
 甘藷
 菜種
 パームやし

 廃棄食用油

・高温、高圧にプロセス等によるガス化。エステル化、スラリー化で燃焼を生成

 

 

 

 

 

北欧では薪や木質ペレットなどのバイオマス燃料が暖房などに使われいます。
ヨーロッパでは、高い熱効率の薪ストーブが製造され、ペレットストーブの方がより使いやすい。
温室の加温装置としても使われています。化石燃料を消費する温室は、グリーンでないグルーンハウス
といわれ、バイオ燃料を使用するとグルーンハウスと呼ばれているようです。日本の森林を健全化するための
間伐材の建築材以外の廃材、木屑等が、地域の近距離のバイオマス燃料の供給源となる確率は高い。

日本でも、製紙工場、食品産業系工場等では、自家発電用発電と排熱、冷暖房用として、バイオマス燃料と
天然ガスを併用し、天然ガス使用量、電力の削減、地球温暖化対策、クリーンエネルギー対策、省エネ等
複合効果を狙うコージェネレーションシステムも稼動をはじめています。




 

商品一覧