開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

第一次産業のデータ

■第一次産業 のデータ     110628

日本標準産業分類によるデータ>第一次産業 のデータ

 

更新 2011.08.18

実体経済の推進役の一つ第一次産業のデータの推移から、
次代の事業展開の方向を描いてみる。

第1次産業とは「いきものづくり」の製造産業・実体のある産業です。

農業・林業・水産業は、地域に密着した、地域を基盤とした事業で
地産地消、贅沢(その人の本能バブル(泡)の量度合)をほどほど
にできるひとなら、どの就業可能の働きたいひとの収入の機会を
創る最適な場です。戦中戦後、多くの人が生活できたのは地方の
おかげでした。日本の通った道を超スピードで経過する中国は
現在農村漁村人口は密度は高いですが、どのように変化するので
しょうか?日本では、そろそろ贅沢をしたい人は都市部で生活すれば
よい、ほどほどで、心身ともに豊に生活したい場合は 21世紀は、
第一次産業方式では、海外からのローコストの商品製品が入り、
地産地消ではない、資金が流出する地域になります。

21世紀型は第四次産業として、地域が第一次産業、第二次産業第三次産業の
よいとこを活かし、第一次産業を、複合型大規模工場群で囲み、他の産業と
共存共栄する地産地消型兌換型1円の価値を感じる実体経済優位なしくみにすると、
国内の従来のままのエリアへの国内自給率アップ補完機能と、海外の無限市場への
受注生産型展開ができる確率は高い。行政は黒字企業で税収がアップし、生活保護
世帯はゼロ化へ、年金は支給総額が減少し、子供インフラのために大金額を少額の
泡と消える使い型をやめ、必要なエリアに必要な子供インフラを構築し、そこが自力で
稼ぐようにすると、行政の予算は、海外戦略のための先行投資のための予算として
重点集中活用が可能となり、日本が世界へ実体てきな貢献度を高めることができる
確率は高い。この成功プラントを世界の必要とする国の必要な人たちに運用できる
ように育てると、カネをばら撒くだけの貢献より、その国の人が豊になりはじめる確率は
高い。その地域と第三次産業で友好関係を結び、観光だけでなく、地域の運営の
成功事例も同時に学び、比べて学んで共に成長する善循環の人の交流ノウハウの
交流をはじめ、それをまだ裕福でない国エリアへ伝播させるトリガーの役割ができる
確率は大きい。海外進出の第二次産業は、そのエリアでそのくにへ事業展開する、
実証市場、実証試験エリアにして、十分な参入準備をすると、投資回収に必要な
分岐点までの利益を想定期間より早く回収できる確率は高くなり、現在の回収できず
膨大な日本の財産を慢性的に継続する時代に歯止めをかけ、回収できる時期が近未来
はじまる確率は高い。
畜産業林業も工場エリアに組み込み地域密着CATVをあらゆる地域のインフラの住民
との双方向コミュニケーションパイプと緊急時の行動インフラ機能を整合させる。

約6割が人(アナログ・無形・ソフト)の依存度が高く、約4割装置設備
(デジタル・有形・ハード)に依存し投資能力で生産量品質は変化
します。また 自然環境の依存度の方が高く、いきもので出来上がりに
差が大きく、投資効果は「運」に左右される確率が高い。
総人件費と、装置設備投資量の最適ローコスト分岐点で操業した時
利益が最大化になります。過剰投資設備をしても生産性がアップせず
利益を低減させる原価高になる傾向があります。
食に関する場合は、売価は高すぎず、薄利多売傾向があります。

農業・漁業の生産のしくみを第二次産業、第三次産業の長所を融合
させて第四次産業として複合型工場にすると、約4割が人、約6割が
装置設備型のように比率が逆転し、自然環境の長所だけ活用すると
多品種大量型低コスト生産が可能となり、自然環境で生産する世界の
競合他社より優位となり、食の安心安全性は、比肩できない格差が
できるようになります。

◎国内の農業水産業の自給率が低いということは、輸入品より日本人
にふさわしい品質で、同等以下の価格で販売できる市場が無限にある
と捉えると、他の産業の市場拡大増分に比較して大きく、毎日の食に
関係し、個人消費の一定以上の購買が持続的にある買いまわり市場
があるにもかかわらず、なぜ参入しないのでしょうか、就業人口を
大量に持続的に吸収でき、国内のシェアを確保したら世界の人口を
対象に無限事業展開ができる産業をなぜ、だれでも、ある段階まで
就業できる参入しやすい業種ですが、なぜ難しい産業ばかりを狙う
のでしょうか、だれでも子供でもわかる生産物の社会貢献度は高く、
ブランド(泡)の通用し難いよいものはよい、悪いものは悪い、実体
型生産物です。継続的に食すると、コンビニの添加物型で低単価に
するものと異なり、結果は、健康と相関があります。
なぜ超資金を投資しないのでしょうか、回収確率は高い、兌換、現金化
生産物であるのになぜ参入しないのでしょうか?

第四次産業として、第一次産業、第二次産業、第三次産業の長所だけ
整合させて事業展開すれば、第一次産業型に固執して儲からないと
判断することは儲かるに本に与えられた千載一隅のチャンスの女神の
後ろ頭を掴むことがないよう待望しています。

 

 

□農業・農作物

2011年3月11日の東日本大震災により東北地方から、関東地方の太平洋沿岸を
巨大津波が襲い、多くの人命と家屋を奪い、電力・交通・通信網など広範囲にわたり
インフラが損傷し、被災地の漁業は壊滅的な損害を与えた。農業の耕作機能の復元
に長期間かかります。また福島原発からの放射性物質が放出され、原発周辺地域
の農業、漁業に放射能汚染が広がり、収束まで、全国に拡大徴候ができきています。
農作物の出荷停止等の拡大の徴候もでてきました。

日本の農作物の安全神話回復の新たな挑戦とさらなる発展のための耕作革命が
必要なときがきているようです。過去のデータから、どのように不連続成長をするか
が共有の解決テーマになりました。


 
■国民経済における農業の地位

 

   1970

     1980

   1990

   2000

   2010

国内総生産(10億円)
  農業総生産(10億円)
  農業生産の割合%

    75 299
      3 277
          4.4

   248 376
       6 287
           2.6

   451 683
      7 938
          1.8

   504 119
      5  591
           1.1

  494 190
      4 443
          0.9

輸出総額(10億円)
  農産物輸出(10億円)
  農産物輸出の割合% 

      6 954
         140
          2.0

     29 382
         209
           0.7

     41 457
          162
           0.4

     51 654
         169
          0.3  

    81 018
         298
          0.4

輸入総額(10億円)
  農産物輸入(10億円)
  農産物輸入の割合%

     6 797
     1 511
        22.2

      31 995
        4 007
          12.5   

    33 855
      4 190
        12.4

     40 938
       3 971
           9.7

    78 955
      5 982
          7.6

総就業人口(万人)
  農業就業人口(万人)
  農業就業人口割合%

     5 109
        811
        15.9

       5 552
          506
           9.1

      6 280
         392
          6.2  

      6 453
         288
          4.5

      6 385
         245
          3.8

一般会計国家予算額(億円)
  農業関係予算(億円)
  農業関係予算割合%  

    82 131
      8 851
        10.8

    436 814
      31 084
            7.1

   696 512
     25 188
          3.6

    897 702
      28 742
           3.2

   889 112
     30 435
           3.4

 

 

 

 

 

 

農林統計協会「食料・農業農村白書 参考統計表 2010年」



 
■耕地面積の推移 単位 千ha

 

  田

 畑

   畑区分

 総計 

  普通畑

 樹園地

 牧草地

 1970.8.1

    3 415

     2 381

     1 495

      600

       286

    5 796

  1980.8.1

    3 055

     2 406

     1 239

      587

       580

    5 461

  1990.8.1

    2 846

     2 397

     1 275

      475

       647

    5 243

  2000.8.1

    2 641

     2 189

     1 188

      356

       645

    4 830

  2005.8.1

    2 556

     2 136

     1 173

      332

       631

    4 692

  2010.8.1

    2 496

     2 097

     1 169

      311

       617

    4 593

 

 

 

 

 

 

 

 農林水産統計「2010年耕地面積」



■農作物作付延べ面積 2009年

◎「飼肥料作物」の耕作面積が1 008千ha あり23.8%を占めています。付加価値の高い農作物を生産できる
面積が日本国内に大量にあり、第四次産業として、付加価値の高い農作物を耕作し、立体化面積の中で、
生産環境の低い階層を、大量生産飼肥料を、他とは、極端なローコスト人工環境で省人、しくみシステム自動
機械化すれば、世界の自然環境依存の大量生産方式より、収穫効率は高く、ローコスト化でき、地域で必要な
完全安全安心な総飼肥料を自給できるようにすると、世界のどの事前環境依存型生産よりも優位になります。
種子は、大量生産をするために、遺伝子組み換えではなく、人工環境下で単位面積当たり高品質高収量になる
候補を3エリアで同時耕作し比較しその中で最適なものをクローン化を追求し改良を持続させると、海外への
戦略的な高度な安全安全飼肥料の供給産地として、商品相場とは、別格のブランド品となれる確率は高い。
日本国内の「飼肥料作物」の耕作方式は、国土の広大な国で、超低コストの耕作地が入手できるやり方と大差
がなく、TPPが現実化した時点で、23.8%の耕作面積は他の農作物のような、細かい緻密な管理のしくみシステム
がないため他に転用され、急速に減少する確率は高い。あなたならどうしますか?
 

 

   千ha

    %

 

  千ha

     %

 稲 

     1 624

      38.5

 果樹

         251

            5.9

 麦類

        266

        6.3

 工芸農作物

         170

            4.0

 かんしょ

          41

        1.0

 飼肥料作物

       1 008

          23.8

 雑穀

          48

        1.1

 その他

            88

            2.1

 豆類

        198

        4.7

 

 

 

  野菜

        552

       13.0

 合計

       4 244

          100.0

農林水産統計2010年



■農業総産出額

 

   1970  %

  1985 % 

   2000 %

   2009 %*

 2009(億円)*

 耕種
 (その他含む)

    73.3

       71.4

      72.3

       68.1

    54 48

  米

        37.9

       32.9

      25.4

       22.3  

    17 950

  麦類

          1.0

         1.9

        1.4

         0.9

         706

  豆類

          1.2

         0.9

        1.1

         0.8

         678

  いも類

          1.7

         1.7

         2.5

         2.4

      1 929    

  野菜

         15.9

       18.1

       23.2

       25.3

     20 331

  果実

           8.5

         8.1

         8.9

         8.4

       6 751

  花き

           0.9

         2.0

         4.9

         4.1

       3 330

  工芸農作物

           4.4

         4.4

         3.8

         3.0

       2 393

 

 

     

 

 

    

 畜産物
 (その他含)

         25.9

        28.0

       26.9

        31.2

      25 096

 肉用牛

           2.1

          4.1

         5.0

          5.5

        4 406

 乳用牛

           6.1

          7.6

         8.4

        10.0

        8 046

 豚

           5.4

          6.8

         5.1

          6.3

        5 085

 鶏

           8.9

          8.0

         7.7

          8.7

        7 028

 

 

 

 

 

  

 合計

         100.0

       100.0

       100.0

       100.0

      80 491

 実数(億円)

       46 643

     116 298

     91 295

     80 491

 

 

 

 

 

 

 

 農林水産統計2010年



■地域別の農業産出額の割合 2009年

 

   米  %

  野菜 %

  畜産 %

  その他 %

 産出額 億円

 北海道

   10.8

      18.4

   51.7 

      19.3

     10 111

 東北

       35.9

      16.7

       29.2

      18.0

     11 115

 北陸
新潟 富山 石川福井

       60.6

      13.1

       16.2

      10.1

       4 201

 関東・東山
関東 山梨 長野

       18.3

      37.1

       24.9

      19.7

   18 923

 東海
岐阜 静岡 愛知
三重

       14.7

      29.1   

       25.5

      30.7

         7 282

 近畿

       27.8

      25.8

       19.8

      26.6

         4 379

 中国

       31.3

      17.6

       34.6

      16.5

         4 176

 四国

       14.5

      33.8

       22.6

      29.1

         3 940

 九州・沖縄

       12.2

      23.0

       40.2

      24.6

       17 036

 

 

 

 

 

 

農林水産統計2010年



■食料自給率の推移(国内総供給量に対する国産供給量の割合) %

 

   1960

   1970

   1980

  1990

  2000

  2008

  2009概

穀物(食用+飼料用)

      82

      46

      33

      30

      28

     28

      26

  米

    102

    106

     100

     100

      95

     95

      95

  小麦

      39

        9

       10

       15

      11

     14

      11

大豆

      28

        4

         4

         5

        5

       6

       6

野菜

    100

      99

        97

       91

       81

     82

      83

果実

    100

      84

        81

       63

       44

     41

      41

肉類(鯨肉除く)

      91

      89

        81

       70

       52

     56

      57

鶏卵

    101

      97

        98

       98

       95

     96

      96

牛乳・乳製品

      89

      89

        82

       78

       68

     70

      71

 

      

 

 

 

 

   

    

供給熱量自給率

      79

      60

        53

       48

       40

      41

      40

 

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省食料需給表による 1980年以降は沖縄含む


◆日本の小麦、大麦、大豆、果実の日本の需給状況
輸入量は 国内で生産可能な現在の総市場量に相当します。
用途に応じたふさわしい品質(用途により過剰品質はムダ)と、安い価格での生産のしくみを
つくる目標値の一つです。販路開拓、創客数に応じて生産規模を計画的拡大すればよい。
当初は、受注生産方式で、品質・量の安定化まで、地域内売り切り方式がよい。 

  単位 千トンt

 1934〜38
 平均

  1980

   1990

   2000

  2005

  2008

  2009
 換算 

小麦


 

  生産

    1 287

      583

      952

      688

      875

      881

     679

 輸入

       266

   5 564

   5 307

   5 688

   5 292

   5 186

   5 354

 輸出

       394

         0

         0

         0

         0

         0

         0

 供給量

    1 180

   6 054

   6 270

   6 311

   6 213

   6 086

   6 258

  小麦粉の輸出入は麦に換算  1980年以降は会計年度 供給量は在庫の増減を考慮

大麦


 

  生産

   731

      332

      192

      192

       171

      201

      168

 輸入

         14

   2 087

    2 211

   2 438

    2 030

    1 811

    2 084

 輸出

         34

         -

          0

         0     

          0

          0

          0

 供給

       711

   2 590

    2 590

   2 606  

    2 265

     1 961

    2 244

   1980年以降は会計年度 供給量は在庫の増減を考慮

大豆

 

   生産

       324

      174

       220

       235

    

       262

       230

 輸入

       732

    4 401

    4 681

    4 829

 

     3 711

    3 390

 輸出

           5

        30

           0

          0

 

           0

           0

 供給

     1 051

    4 386

    4 821

    4 962

 

     4 034

    3 668

   1980年以降は会計年度 供給量は在庫の増減を考慮

果実

  

   1970

   1980

   1990

    2000

  2005

    2008

    2009

 生産

     5 467

    6 196

    4 895

    3 847

   3 703

    3 436

    3 379

 輸入

     1 186

    1 539

    2 978

    4 843

   5 437

    4 889

    4 825

国内消費量

     6 517

    7 635

    7 763

    8 691

   9 036

    8 310

    8 188

   国内消費量は在庫の増減を含む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省「食料需給表」 


■各国の食料自給率 2003年 日本は2008年%

 

 日本

アメリカ合衆国

 イギリス

 ドイツ

 フランス

 イタリア

穀類

    28 

       132

         99

       101

        173

       73

 食用穀物

        61

       198

         99

       104

        157

       64

   うち小麦

        14

       207

        102

       108

        166

       57

 粗粒穀物

          1

       121

        100

         97

        203

       81

豆類

          9

       143  

          55

         10

          87

       21

野菜類

        82

         96

          42

         44

          87

     122

果実類

        41

         77

            3

         37

          71

     106

肉類

        56

       108

          66

         96

        106

       78

卵類

        96

       102

          92

         78

          98

      102

牛乳・乳製品

        70

         96

          92

        117

        125

        71

 

 

 

 

 

       

        

供給熱量自給率

        41

       128

          70

          84

        122

         62

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省食料需給表による
食用穀物(米、小麦、ライ麦等)  牛乳・乳製品(バターを牛乳換算して含む)



■経営耕地の状況

◎なぜ二次元耕地(平面)面積だけしか活用しないのでしょうか? 
三次元、立体化して 平面面積の倍数生産をしないのでしょうか?
21世紀今はすでに、生産に関わる技術、装置設備は揃い、実証試験のデータも蓄積され、20世紀の専門家
以上の知識をもつ若い世代の人材・人財候補が21世紀全国で育ちはじめています。
日本の地域の安定した就業できる働く場である四次元産業をスタートさせないのでしょうか?
趣味の領域であるオリンピックに特定の人だけ儲かり一過性の泡、持続的働く場は増えないものへ使うかね
や、大金を人に小額にしてめぐんで、消えるあぶく銭を、なぜ、各地でまとめた形で複合型工場に投資しない
のでしょうか、目的に使用した報告義務ないので目的と使用が乖離している確率は高いのでは?


 

 

 経営耕地
 総面積 千ha
   

   1戸あたり経営耕地面積 ha

   全国

 北海道

 都道府県

農業経営体              

     2005

       3 693

           1.9

      20.1

        1.4

     2010

       3 632

           2.2

      23.5

        1.6

販売農家  




    

     1990

       4 199

           1.4

      11.9

        --

     1995

       3 970

           1.5

      13.9

        1.1

     2000

       3 731

           1.6

      16.0

        1.2

     2005

       3 447

           1.8

      18.6

        1.3

     2009

       3 251

           1.9

      20.5

        1.4

     2010

       3 191

           2.0

      21.5

        1.4

 

 

 

 

 

 

農林水産省「2010世界農林業センサス」 



■経営耕地規模別の販売農家 2010年

 

   実数(千戸)

  割合 %

 都道府県

 北海道

 都道府県

 北海道

     1.0ha 未満  

       896.7

          3.6

        56.5

           8.3

    1.0〜 3.0ha

       547.1

          4.3

        34.5

           9.8

     3.0〜 5.0ha 

         85.7

          3.4

          5.4

           7.7

     5.0〜10.0ha

         43.3

          6.5

          2.7

          14.8

   10.0〜20.0ha

         11.7

          9.2

          0.7

          21.0

   20.0〜30.0ha

           1.9

          5.7

          0.1

          13.0

   30.0〜50.0ha

           0.7

          6.2

          0.0

          14.1

   50.0ha以上

           0.2

          4.9

          0.0

          11.2

 

 

 

 

 

  合計

     1 587.2

         44.1

       100.0

         100.0

 

 

 

 

 

農林水産省「2010世界農林業センサス」
10.ha未満には 経営耕地面積を持たない農家を含む



■農業経営体 (単位 経営体)

 

    2000

    2005

   2010

農業経営体計

    2 367 169

    2 009 380

    1 679 084

  内 家族経営体

              --

    1 981 283

    1 648 076

 

 

 

 

組織形態別

 

 

 

法人

         21 568

         19 136

         21 627

 農業組合法人

           3 897

           2 610

           4 049

 株式会社・有限会社 

            --

         10 903

         12 743

 農協 

            --

           4 508

           3 362

非法人

      2 344 532

     1 989 739    

     1 657 120   

 個人経営体

            --

     1 976 016

     1 643 518

 

 

 

 

2010年世界農林業センサスによる

農林業経営体 2005年農林業センサスで、農林産物を生産あるいは委託を受けて農作業をおこなう
農林業経営体の調査が追加されました。
農林業経営体は農業と林業に分かれ、農業経営体は「経営耕地面積30アール以上あるいは農作物
・家畜種類別に設けた基準以上の生産規模を有する者」です。
「農業経営体のうちで家族経営」は 個人経営体(農家)と法人経営体のうち一戸法人をあわせたものです


■主副業別農家数(販売農家) 各年2月1日現在

 

   1990
  千戸

 2000
 千戸

      2005  

     2010 

    千戸

65歳未満農業専従者がいる農家%

 千戸

 構成比

65歳未満農業専従者がいる農家%

主業農家

       820

      500

       429

       86.2

      360

       22.1

      85.8

準主業農家

       954

      599

       443

       31.4

      389

       23.8

      35.3

副業的農家

    1 196

   1 237

    1 091

      --

      883

       54.1

      --

 

 

 

 

 

 

 

 

合計

    2 971

   2 337

    1 963

       25.9

    1 631

      100.0

       27.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1990,2000,2010は世界農林業センサス 2005は農林業センサスによる

農家の分類法は 明治以来の専業・兼業別の分類法と 1995年農業センサスより導入され主業・副業的
分類法があります。現在は、収入と働き手の両面から農家を定義する後者の分類法を主体に調査が行わ
れています。
主業農家 農業所得を主(農家所得の50%以上が農業所得) 準主業農家 農業外所得が主なもの
いずれも65歳未満の農業従事60日以上の者がいる農家
副業的農家は65歳未満の農業従事60日以上のものがいない農家


■耕作放棄地

明治維新のとき、耕作をする条件で国から小作農家へ与えた利権が、現在その利権貸与の趣旨が
変容して、耕作放棄地が増加しているようです、その土地が住宅地へ転用はなにか変では?
これだけの土地を賃貸方式で、複合型農業工場用地へ貸与し耕作用として有効利用することを義務化
すると、農家の固定収入源となり生産工場とWin-Winになり、農家一族を働く就業者として採用する
機能をもたせるとさらに地域の税収、購買力アップに役立つのではないでしょうか?
生活保護家庭の失業対策作業の方法の一つとその生産工場の総人件費の一部として予算化させれば
人海が必要な期間、収入源ができ、生活保護費用の低減ができます。高齢者、身体傷害者でも働く仕事
分野が多数あります。


 

 販売農家 万ha

 自営的農家 万ha

土地持ち非農家万ha

 合計 万ha

    1990

         11.3

           3.8

            6.6

     21.7

    1995

         12.0

           4.1

            8.3

         24.4

    2000

         15.4

           5.6

          13.3

         34.3

    2005

         14.4

           7.9

          16.2

         38.6

    2010

         12.4

           9.0

           18.2

         39.6

 

 

 

 

 

農林水産省 農林業センサス累計統計による

 

耕地の借り入れ

  

 借入耕地のある農家

  借入耕地面積

 1戸当たり借入耕地面積  ha

    千戸

 割合 %

   千ha

  割合 %

 総農家 

 1990

      704

     18.4

       404

      9.3

       0.57

  2000

      793

      25.4

       628

     16.2

       0.79

 販売農家 

  1990

      704

      23.7

       404

      9.6

       0.57

  2000

      709

      30.3

       620

     16.6

       0.87

  2005

      621

      31.7

       691

     20.0

       1.11

  2010

      562

      34.4

       760

     23.8

       1.35

 農業経営体

  2005

      631

      31.4

       824  

     22.3

       1.31

  2010

      577

      34.4

     1 063

     29.3

       1.84

 

 

 

 

 

 

 

1990、2000は世界農林業センサス 2005年は農林業センサス


■農家人口 (各年2月1日現在)

 

 

       農業人口

 農家1戸当たり(人)

 農業人口
  千人

  農業従業者数

 農家人口

 農業
就業人口

 農業
 従業者数

農業
就業人口

うち基幹的農業従事者

 総農家
 

  1990

   17 296

   10 366

    5 653

    3 127

     4.51

     1.47

  2000 

   13 458

     8 577

    4 902

    2 778

     4.31

     1.42

  2005

   11 339

      --

      --

      --

     3.98

      --

販売農家

 

  1990

   13 878

     8 494

    4 819

    2 927

     4.67

     1.62

  1995 

   12 037

     7 398

    4 140

    2 560

     4.54

     1.56

  2000 

   10 467

     6 856

    3 891

    2 400

     4.48

     1.67

  2005

     8 370

     5 562

    3 353

    2 241

     4.26

     1.71

  2010

     --

     4 536

    2 606

    2 051

      --

     1.60

 

 

 

 

 

 

 

 

1990、2000,2010は世界農林業センサス 1995は農業センサス 2005は農林業センサス


■農業労働者の高齢化(販売農家)

 

  65歳以上
  千人

 5年間の
 増減率

 65歳以上の
 割合% 

 平均年齢
   歳

農業就業人口


 

   1990

      1 597

       10.7

       33.1

       --

   1995 

      1 800

       12.7

       435

       --

   2000 

      2 058

       14.8

       52.9

        61.1

   2005

      1 951

       -5.2

       58.2

        63.2

   2010

      1 605

      -17.7

       61.5

        65.8

 

 

 

 

 

 

基幹的農業
従事者

 

   1990 

         783

        15.6

       26.8

       --

   1995 

      1 018

        29.9

       39.7

       --

       2000

      1 228

        20.6

       50.2

       --

       2005

      1 287

          4.8

       57.4

        --

       2010

      1 253

        -2.6

       61.1

         66.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1990、2000,2010は世界農林業センサス 1995は農業センサス 2005は農林業センサス



■耕地100haあたり農業従業者 2008年

 

 100ha当たり
 農業従業者 (人)

 

  100ha当たり
  農業従業者(人)

 中国

    407  

  ロシア

              5

 インド

         155        

  フランス

              3

 日本

           35

  アメリカ合衆国

              2

 ブラジル

           17

  オーストラリア

              1

 

 

 

 

FAOSTAT/PopSAT
農業従事者には林業・水産業従業者も含む。耕地は田畑、樹園地の合計



■耕地1haあたり肥料消費 2008年

生産物に対応して、土壌をふさわしく対応させ、単位面積収量を上げるノウハウは
どの国が最先端なのでしょうか?遺伝子組み換えは人の遺伝子がいつ別の遺伝子
構造に変異する確率を含み、化学肥料も、人体累積で変異確率を含みでいます。
子孫が変わりにくい有機肥料がありますが、複合型工場の土壌管理の方向も
重要な改善テーマの一つではないか?

 

 100ha当たり
 肥料消費 (kg)

 

 100ha当たり
 肥料消費 (kg)

 中国 

        415

  フランス

         138

 日本

        259

  アメリカ合衆国

         101

 ドイツ

        158

  オーストラリア

           34

 ブラジル

        148

  ロシア

           16

 インド

        143

 

 

 

 

 

 

FAOSTAT/PopSAT(2008/2009肥料年度)




□水産業

日本は 諸外国に比べ、魚介類の消費量は非常に多く、漁業は重要な産業です。日本の漁業は、
遠洋漁業を中心として 1960年代から急速に漁獲量は増えてきました。
しかし1970年代後半以降、世界各国が水産業を保護するために200カイリ漁業専管水域の設定
を進めていったことから、操業可能な漁場が縮小するなどして、遠洋漁業は大きな影響をうけました。
一方、1970年代から80年前半にかけては、沖合い漁業の漁獲が増えていきました。日本の海面
内水面を含め全体の漁獲生産量が最も多かったのは 1984年(1282万トン)でした。
その後、日本近海での魚が減ってきたことなどから、漁獲量は急速に減少していきました。
1990年から魚種によってTAC(漁獲可能量)制度などの漁獲量岸を受けるようになり、2009年の
漁獲生産量(概数)は 543万トンとピーク時の40%になっています。
漁獲生産量の減少に伴い、水産物における輸入依存度は急速に高まっています。
1984年に100%だった自給率は、その後急速に低下していき、2009年には53%となり、水産物の
約半分を輸入にたよっている状況です。日本は 世界一の水産物輸入国です。
近年は 乱獲や水域環境の悪化などによって、世界的に水産資源が現象していることに加え、中国
欧米など、世界中で魚介類の消費が拡大していうことから、輸入水産物の価格が上昇しています。

福島原発事故で気づいたことは、原子力発電所から海水に放射性元素流出がゼロでないこと知り、
福島原発事故で、大量の汚染水が、地中海へ持続的流出し、空中へ飛散した粒子が、海面汚染を
して内面も同様に汚染し、その中の魚介類、海草が福島近海から、全国へ拡大しています。
放射能に敏感な日本人の魚介類の仕向量は、国内消費量の減少は、輸入量の増加としてどのように
変化し、自給率が2009段階への回復がどのくらい基幹がかかるか?国内魚介類の完全な安心安全
な汚染ゼロへ向けて海水水飼料等も汚染ゼロのしくみにした完全栽培養殖工場型生産量の拡大が
必要な時代の扉が開いたようです。

ただし、汚染影響度が低い卵子を早期に大量に日本が保有するためには、今からすぐ大規模で
汚染度の低い成魚を養殖に入る必要があるのかも知れません。育てるだけの養殖のしくみも
環境汚染環境がすくないしくみにカイゼンする技術革新時代が来たのかもしてません?


■魚介類の需給量(単位 千トン)

 

 国内
生産量

 輸入量

 輸出量

      国内消費

 自給率
  %

 仕向量

 粗食料

 飼料用

 1980

   10 425

     1 689

     1 023

    10 734

     7 666

     3 068

     97.1

  1990

    10 278

     3 823

     1 140

    13 028

     8 798

     4 230

     78.9

  2000

      5 736

     5 883

        264

    10 812

     8 529

     2 283

     53.1

  2008

      5 031

     4 851

        645

      9 418

     7 154

     2 264

     53.4

  2009概算

      4 868

     4 500

        674

      9 187

     6 899

     2 288

     43.0

 

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省「食料需給表」 海藻類は含まず
自給率=国内生産量÷国内消費仕向量×100(重量ベース)




■漁業種類別生産量と生産額(捕鯨業を除く)

 

        生産量 千トン

生産額2009
 (億円)

  1990

  2000

  2008

  2009(概算)

  2009 %

海面

   10 843

    6 252

    5 520

     5 348

      98.5

     13 834

 漁業

     9 570

    5 022

    4 373

     4 151

      76.5

       9 739

  遠洋漁業

     1 496

       855

       474

        440

        8.1

     

  沖合漁業

     6 081

    2 591

    2 581

     2 421

      44.6

 

  沿海漁業

     1 992

    1 576

    1 319

     1 289

      23.7

 

  養殖業

     1 273

    1 271

    1 146

     1 197

      22.0

        4 095

内水面(河川、湖沼)

        209

       132

         73

         81

        1.5

           890

 漁業

        112

         71

         33

         40

        0.7

          264

 養殖業

          97

         61

         40

         41

        1.8

           626

 

 

 

 

 

 

 

 合計

    11 052

    6 384

     5 592

      5 429

      100.0

      14 724

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省「漁業・養殖業生産統計年報」2011年3月ダウンロード
内水面養殖  ます類、あゆ、こい、うなぎ 金額は販売目的のみ



■海面漁業経営の概況

 

  1993

  1998

  2003

  2008

  2009

漁業経営体数

  171 524 

    150 586

    132 417

    115 196

   103 740

  うち個人経営

     163 923

    143 194

    125 931

    109 151

     98 300

漁業就業者数(千人)

           325

          277

          238

           222

          203

 うち自営漁業(千人)

           237

          202

          176

           111

          128

 

 

 

 

 

 

農林水産業「農業センサス」


■各国の1人1日あたり魚介類消費量 2007年 単位g

 

 消費量 g

 

  消費量 g

 

 消費量 g

 日本

         171

 タイ

           85

 ノルウエー

        141

 韓国

         179

 フィリピン

           89

 アイスランド

        239

 中国

           93

 アメリカ合衆国

           66

 スペイン

        116

 インド

           14

 ペルー

           59

 フランス

          96

 インドネシア

           67

 ブラジル

           19

 オーストラリア

          66

 

 

 

 

 

 

FAO「Food Balance Sheets」 2011年3月4日



■主要水産物輸出高

 

  2008
  百万円

  2009
 百万円

        2010

  百万円

  千トン

魚介類及び同調製品

  167 976

     146 537

     169 193

     550.7

  生鮮魚介類

     119 175

     100 503

     112 542

     528.0

    さけ 

       10 104

       13 070

       17 702

       64.2

  魚介類調製品

       48 801

       46 034

       56 651

       22.7

    かん詰

         3815

         4 193

         3 796

         5.2

 

 

 

 

 

真珠

     30 902

        17 835

       16 399

        38.5

 

 

 

 

 

日本関税協会「日本貿易月報」および同「外国貿易概要」
調製品 加工したもの 甲殻類及び軟体動物を含む



■主要水産物輸入高

なにが単価が高く売れるのか、高単価で売れるものから栽培養殖工場稼動し、固定客選別
方式で受注生産で損益分岐点以上の確保ができるよう顧客数管理をし、地産地消以外は
ハングリーマーケットにして、多品種で、インストアシェアが拡大できる商品の組合せにする。
工場は観光資源として、回遊層は一部有料見学で水族館を兼ねて、多品種開発の実証
試験も兼ねる。


 

  2008
 百万円

  2009
 百万円

    2010

   百万円

  千トン

 魚介類(生鮮・冷凍)

  1 200 393 

     981 905

    1 020 889

    1 876.7

  まぐろ(生鮮・冷凍)

      210 225

     181 217

       166 013

       218.6

  さけ・ます(生鮮・冷凍)

      131 731

     133 928

       144 384

       235.2

  ひらめ・かれい(生鮮・冷凍)

        25 595

       18 805

         25 206

         59.3

  うなぎ(生鮮・冷凍)

        26 596

       16 608

         22 975

         14.8

  たらの冷凍すり身

        36 926

       17 728

         22 338

         68.3

   たらの卵(冷凍)

        53 361

       31 104

         28 931

         38.8

  にしん(生鮮・冷凍)

        26 101

       23 169

         24 304

         91.8

  甲殻類及び軟体動物

      401 369

     335 434  

       347 719

       484.8

   えび(生鮮・冷凍)

      197 513

     172 007

       181 260

       210.3

   かに(生鮮・冷凍)

        69 492

       46 536

         47 201

         49.2

    いか(生鮮・冷凍)       

        43 224

       37 035

         40 793

         80.7

  たこ(生鮮・冷凍)

        34 124

       27 822

         25 617

         44.7

魚介類の調製品

      252 333

     225 765  

       239 293

       373.6

 

 

 

 

 

 合計

   1 452 726

   1 207 671

     1 260 182

     2 250.4

 

 

 

 

 

日本関税協会「日本貿易月報」および同「外国貿易概要」
調製品はかん詰などに加工したもの 
さけます、ひらめかれいはフィレ(頭、内蔵、尾、背骨を除き2枚あるいは3枚におりしたもの)および
魚肉は除く  うなぎ 生きているものも含む

2010年の輸入先国別は 金額ベースで
まぐろ(生鮮・冷凍)は 台湾22.4% 韓国16.4% 中国10.3%
さけます(生鮮・冷凍)は チリ58.5% ノルウエー15.5% アメリカ合衆国9.9%
えび(生鮮・冷凍)は ベトナム19.8% インドネシア16.9% タイ14.5%  



■世界の漁獲量 単位千トン

 

  1980

  1990

  2000

  2008

  2009

 2009 %

中国

   3 147

    6 715

    14 824

     15 157

    15 196

       16.9

ペルー

     2 709

    6 869

    10 659

       7 406

      6 920

         7.7

インドネシア

     1 653

    2 644

      4 124

       5 006

      5 102

         5.7

アメリカ

     3 703

    5 620

      4 760

       4 357

      4 230

         4.7

インド

     2 080

    2 863

      3 726

       4 099

      4 053

         4.5

日本

   10 053

    9 775

      5 194

       4 429

      3 953

         4.4

ロシア

     9 502

    7 399

      4 027

       3 394

      3 832

         4.3

チリ

     2 891

    5 354

      4 548

       3 939

      3 822

         4.3

ミャンマー

        577

       737

      1 098

       2 494

      2 767

         3.1

フィリピン

     1 385

    1 833

      1 899

       2 565

      2 606

         2.9

ノルウエー

     2 528

    1 800

      2 892

       2 431

      2 524

         2.8

ベトナム

        461

       779

      1 623

       2 088

      2 243

         2.5

韓国

     1 863

     2 497

      1 838

       1 964

      1 867

         2.1

 

 

 

 

 

 

 

世界計
その他含

    68 264

    86 008

     94 772

     90 646

    89 837

      100.0

 

 

 

 

 

 

 

FAOFishstat「Capture production 1950-2009 」 海面と内面の合計




□畜産業

2009年の畜産業の総産出額は2兆5096億円となり、前年に比べて2.9%減少しました。農業総産出額全体の
8兆491億円に占める畜産業の割合は31.2%で、野菜(25.3%)や米(22.3%)よりも多い。
日本では、戦後、国民が肉、卵、乳製品など畜産物を多くとうりょうになったから、畜産業は発達してきました。
1991年、牛肉の輸入自由化によって、海外から安価な畜産物が輸入されるようになり、コスト面で対抗できない
国内の畜産農家は大きな影響を受けるようになり、1992年には3兆円台を割り込み、現在は2.5兆円台で推移
しています。


■肉類供給量(2009年度) 単位千トン

 

           枝肉

 肉量

国民1人あたり
年間 kg

 生産

 輸入

 輸出

 差し引き

 牛  

          516

         679

             1

     1 209

       747

          5.9

 豚

        1 318

      1 031

             3

     2 378

     1 468

        11.5

 にわとり

        1 413

         555

             9

     2 019

     1 405

        11.0

 その他

              6

           44

             0

          52

          28

            0.2

 

 

 

 

     

       

 

 小計

        3 253

       2 309

            13

     5 658       

      3 648

         28.6

(くじら)

              4

             0

              0

           4       

             4

           0.0

 

 

 

 

 

      

 

総計

       3 257

       2 309

             13

      6 662

      3 652

         28.6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省「食料需給表2009年版」



■世界の畜産物生産高(2009年)

●肉類計

 千トン

   %

●牛肉

  千トン

  %

中国

    78 214

    27.8

アメリカ合衆国

    11 891

    19.2

アメリカ合衆国

    41 616

    14.8

ブラジル

      9 024

    14.6

ブラジル

    22 465

      8.0

中国

      6 116

       9.9

ドイツ

      7 903

      2.8

アルゼンチン

      2 830

       4.6

ロシア

      6 570

      2.3

オーストラリア

      2 148

       3.5

世界計(その他含)

  281 559  

   100.0

世界計(その他含)

    61 829

    100.0

 

 

 

 

 

 

●豚肉

  千トン

  %

●鶏肉

  千トン

   %

中国

     49 879

     47.0  

アメリカ合衆国

    16 334

       20.6

アメリカ合衆国

     10 442

       9.8

中国

    11 445

       14.4

ドイツ

       5 277

       5.0

ブラジル

      9 940

       12.5

スペイン

       3 291

       3.1

メキシコ

      2 600

         3.3

ブラジル

       2 924

       2.8

ロシア

      2 313

         2.9

世界計(その他含)

    106 069

    100.0

世界計(その他含)

    79 596

      100.0

 

 

 

 

 

 

●牛乳

  千トン

  %

●鶏卵

  千トン

   % 

アメリカ合衆国

      85 859

      14.8

中国

     23 871

        38.2

インド

      45 140

        7.8

アメリカ合衆国

       5 339

          8.6

中国

      36 116

        6.2

インド

       3 060

          4.9

ロシア

      32 326

        5.6

日本

       2 505

          4.0

ドイツ

      28 656

        4.9

メキシコ

       2 337

          3.7

世界計(その他含)

  580 482

   100.0

世界計(その他含)

     62 426

        100.0

 

 

 

 

 

 

FAOSTAT/Production 2010.3.10


■主な国の肉と魚の消費比較(2007年) 1人1日あらり

 

   肉 g

  魚 g

 日本 (2009年)

       119

           148

 イギリス

               242

             56

 ドイツ

               243

             41

 フランス

               263

             95

 アメリカ合衆国

               339

             66

 オーストラリア

               365

             66

 

 

 

農林水産省「食料需給表」および FAOSTAT/Production 2010.3.10




□林業

日本では 1960年前半まで木材需要のほとんどを国内の木材でまなっていきました。
しかし、1960年後半になると、大規模な森林伐採により利用可能な森林が減少し、また国内の木材より
輸入木材の方が明日衣ことから木材の輸入量が増えていきました。
日本の木材の自給率は1960年は90%近くあったが 1970年には46.7% 1980年には32.9%となった。
2000年から2004年まで20%を下回るなど、急速に低下していきました。
2005年以降は、木材自給率は増えているが、依然として20%台で推移しています。
中国など新興国における木材需要が増大してきました。各国が自国も資源を保護する目的に丸太の輸出
規制を強めています。木材の安定的な供給体制を確保するために、政府は2019年までを目途に木材の
自給率50%台を目指しています。

◎日本の民有の土地は、森林の多面的機能を日本人が保有する日本国共有の財産の一つです
通常の不動産感覚で、海外に所有権が移転され、日本が規制できない森林のエリアの環境破壊
により、森林に関係した環境汚染影響を受ける、多くの日本の国土や人があることに気づかない
財政破綻危機が近づく日本国は、日本国が完全保有しなければならない土地でさえ、超富裕な
海外からの戦略的破壊に歯止めをかけることが出来るの分水嶺は今しかないようです。
日本の超富裕な企業グループが、低炭素CO2削減の戦術の一つとしてすでに建設業の鹿島
がはじめた方法は自社所有の森林を活かす方法ですが、資本の投入がはじまりました。
現在の困窮化した民有森林地主の支援の一つとして、借地方式か購入方式で森林が海外に
所有権が移転しない手段を早急に急ぐことを待望します。鹿島方式でCO2削減と企業グループ
内売買をすれば、グループ全体の達成率が上がり、日本国の目標達成数値へ達成貢献度が
高くなります。言葉だけの社会貢献から、実質貢献の方が、ブランド力は高くなる確率は高い。


■森林面積(2007年) 単位万ha

 

  人工林

 天然林

  計  構成比

国有 

       236

         469

      769  ( 30.6)

民有

         798

         869

   1 741  ( 69.4)

   うち 公有

         125

         145

      283  ( 11.3)

 計

       1 338

       1 338

    2 510 (100.0)

林野庁資料


■林家の概況

 

  1980 

   1990

    2000

   2005

   2010

林家数 千戸

    1 112.6

    1 056.4

    1 018.8

      919.8

     906.8

林業就業者数 千人

        165

       108

         67

        47

      --

 うち65歳以上の割合%

          6.7

       10.5

       24.7

      26.2

 

 

 

 

 

 

 

農林業センサス及び総務省統計局「国勢調査」 
林家は保有山林面積1ha以上




■森林蓄積量(2007年3月31日) 単位 千m3

 

 針葉樹

  広葉樹

 計

 %

立木地

 

人工林

    2 607 527

         43 780

    2 651 307

    59.8

天然林

       471 245

     1 308 148

    1 779 393

    40.2

 計

    3 078 772

     1 351 928

    4 430 700

  100.0

所有別

 

国有林

       606 887

        471 385

    1 078 272

    24.3   

民有林

    2 472 037

        881 431

    3 353 465

    75.7

    3 078 921

     1 352 816

    4 431 737

  100.0

 

 

 

 

 

 

林野庁「森林資源現状調査」
立木地 立木及び竹の樹冠(樹木の枝と葉の集まり)の東映面積が30%以上の土地
所有林は無立木地(樹冠の投影面積が30%未満の土地)を含む


■素材(丸太)生産量 単位 千m3

 

   1970

   1980

   1990

   2000

  2008

  2009

国産林

    45 351

    34 051

    29 300

    17 987

   17 709

   16 619

外材

    43 281

    43 892

    38 098

    19 511

     8 327

     6 184

 うち米材

      --

    15 937

    17 405

      8 125

     4 410

     3 732

    北洋材

      --

      6 148

      4 664

      5 772

     2 166

     1 117

    南洋材 

      --

        --

     12 014

      3 092

        672

        493

 

 

 

 

 

 

 

総供給量

     88 632

     77 943

     65 398

    37 498

     26 036

    22 803

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省「木材需給報告書」2010



■主な国の木材輸入量2009年  単位 千m3

 

  丸太

 製材

 合板

 木質パルプ

 ウッドチップ

中国 

  28 657

    11 006

     2 628

     14 422

      4 966

日本

      4 131

      5 568

     3 841

       1 665

     18 515

アメリカ合衆国

      1 019

    15 428

     7 141

       4 577

           91

ドイツ

      7 477

     5 649

     4 599

       4 543

       1 399

イタリア

      3 657

     5 567

     2 298

       3 001  

       1 146

オーストラリア

      8 600

     1 776

        699

          609

       1 173

 

 

 

 

 

 

世界計(その他含)

    96 353

    94 254

     61 716

       46 751

      44 033

 

 

 

 

 

 

FAOSTAT/Forestryによる 2001年3月10日



■世界の丸太伐採高2009年  単位 千m3

 

  用材

  薪炭材    

  計

 うち針葉樹

 輸出量

日本

     16 619

              92

        16 711

        13 976

            85

アメリカ合衆国

     304 398

        40 437

      344 835

       200 471

      13 239

インド

       23 192

       308 545

      331 737

         12 158

             26

中国

       93 129

       192 390

      285 519

       137 483

           763

ブラジル

      122 160

       141 989

      264 149

         59 786

       1 495

ロシア

      112 900

         38 500

      151 400

       100 400

      38 481

カナダ

      105 108

           2 158

      107 266

         88 625

      21 762

エチオピア

          2 928

         99 870

      102 798

           6 995

            12

インドネシア

       36 354

         62 341

        98 695

              206

            63

コンゴ民主共和国

         4 452

         75 446

        79 898

              --

            85

 

 

 

 

 

 

世界計(その他含)

    1 424 411

      1 850 734

     3 275 144

      1 062 598

      204 474

 

 

 

 

 

 

FAOSTAT/Forestryによる 2001年3月10日




■農業・林業の多面的機能の貨幣評価

第一次産業からあらゆる産業機能としてを含に、第四次産業として複合工場化して、地域の環境保全
浄化機能を発揮し、世界環境を日本のある地域から、持続的によくし、世界各地に伝播させると、
何か変な評価価格の違い、少ない項目は、変わる確率は高い。

天変地異の時代のある調査機関の評価要素項目が欠落している確率は高い。現実と何か違いますが
公開情報データの一つとして、農業・林業の機能価値を数字化して検討するトリガーとしては役立つ
資料の一つです。地域の地産地消の戦略格差が「天変地異」へのローコストで経年の中で、環境を
地球内生物多様性循環型で人の生活環境基盤を変える方法の一つです。その自然の機能を善循環
サイクルの回転スピードを加速できる補足機能が、科学の進化機能を整合して活かす方法です。
国の土木工事、人工的高投資の人の生活優位の土地開発とは別次元です。長期子孫の繁栄のため
の善循環戦略展開への羅針盤の方向矯正が、地域間格差となる分水嶺の時のようです。
(長期善循環保全とその期間内天変地異想定がゼロ評価時代の晴れ型評価のため低すぎて
なにか数字が変?)
 

  項目(機能)

  評価手法

 年あたり評価額

洪水防止機能

   代替法

  3兆4 988億円 

河川流況安定機能

   代替法

  1兆4 633億円

地下水涵養機能

   直接法

       537億円  

土壌侵食(流出)防止機能

   代替法

     3 318億円 

土砂崩壊防止機能

   直接法

          4 782億円

有機性廃棄物処理機能

   代替法

        123億円 

気候緩和機能

   直接法

       87億円 

保健休養・やすらぎ機能

   トラベルコスト法

  2兆3 758億円

 

 

 

三菱総合研究所「地球環境、人間生活にかかわる農業及び森林の多面的な機能の
評価に関する調査研究報告書」2001年11月より
日本学術会議「地球環境・人間生活にかかわる農業及び森林の多面的な機能の
評価について(答申)」2001年11月より



更新 2011.07.07 

■食料自給率の推移

この数値をみると、食料自給率が低い品目ほど、国外品目の弱点を国内品目が優位になれば、国内市場は
無限であることに気づくはずです。公開し、頻度が多くいわれる情報は、なにか変では?
重点集中の方向を正確にすることが勝ち残る道です。
世界の人の月間需要が多い自給率の高いく、食料相場に依存し高値の品目は、日本の自然を活かし
完全安心安全生産新神話で、輸出拡大が想定以上にできる確率は高い。
福島原発事故は、各国の生産物が食の安心安全に懐疑的な人の増加を誘引しました。現在のままの
日本の生産物より良い可能性があると、妥協の購入をしているだけで、自国、現在の食の安全度の信頼性
が低くなり、危険な生産をする国は、短期で日本の新神話(新ブランド)で優位な販売ができる確率は高い。
                              A志援ms 2011.06.25

                                                   単位 %


 主要品目別自給率

10年以前の現状、戦略的自給率低減の内容が見える化
できます。

  1965

  1975

  1985

  1995

  2000

 米

         95

        110

       107

       104

         95

 小麦

         28

           4

         14

           7

         11

 大豆

         11

           4

           5

           2

           5

 野菜

       100

          99

          95

          85

          82

 果実

         90

          84

          77

          49

          44

 肉類

         90

          77

          81

          57

          52

   牛肉

         95

          81

          72

          39

          34

   豚肉 

        100

          86

          86

          62

          57

   鶏肉

          97

          97

          92

          69

          64

 牛乳乳製品

          86

          81

          85  

          72

          68

 魚介類

        100

          99

          93

          57

          53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率

           62

          40

          31

          30

          28

主食用穀物自給率

           80

          69

          69

          65

          60

供給熱量総合食料自給率 

           73

          54

          53

          43

          40

生産額ベースの総合食料
自給率

           86

          83

          82

          74

          71

 

 

 

 

 

 


主要品目別自給率

TPPはどこに影響しやすいか見える化できます。
関税障壁の低い品目の変化が今のままだと始まります。
農産物の各品目が小麦大豆と同等になる確率は高い。
 

   2005

  2006

  2007

  2008

  2009

 米

           95

          94

          94

          95

         95

 小麦

           14

          13

          14

          14

         11

 大豆

             5

            5

            5

            6

           6

 野菜

           79

          79

          81

           82

         83

 果実

           41

          38

          40

           41

         41

 肉類

           54

          56

          56

           56

         57

   牛肉

           43

          43

          43

           44

         43

   豚肉

           50

          52

          52

           52

         55

   鶏肉

           67

          69

          69

           70

         70

 牛乳乳製品

           68

          67

          66

           70

         71

 魚介類

           51

          52

          53

           53

         53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率(何か変)

           28

          27

          28

           28

         26

主食用穀物自給率

           61

          60

          60

           61

         58

供給熱量総合食料自給率

           40

          39

          40

           41

         40

生産額ベースの総合食料
自給率

           69

          68

           66

           65

          70

 

 

 

 

 

 

なぜ野菜の植物工場に固執するのだろうか? 果実は、人工的環境で、世界のすべてのものが、高品質で大量に安心安全レベルで生産できる技術段階ですが?小麦、大豆は、立体型、総面積を平地耕作面積の倍増させれば、自然環境と、人工環境併用すればすでに世界の市場価格以下で生産できる技術段階ですが?
根菜類がなぜ主要品目にはいつていないのか?食品加工の原料そしての輸入総金額は?すでに通常の根菜は、大量生産できる技術段階ですが?国内需要も含め、相場に既存しない、食品加工業界へのローコスト素材の提供が可能な時代がきています。原発事故で国内の農産物は、風評と世界の人の日本生産物の潜在てき恐怖感がうすれるまで、日本の生産者のためになぜ協力しょうとしないのでしょうか?
魚介類の自給率の向上は、人工的な大量増生産の方向だけが日本の未来の方向では?魚介資源の卵の総数現象時代、世界の遠洋、輸入にも確率は低い。なぜ日本国内での大規模の増産工場投資をしないのでしょうか?
「いきものづくり」成長の節目で人海方式の方が、システム設備(超高額投資は除く)より、生産性が高く、地域の大量安定就業インフラなのになぜ事業化しようとしないのでしょうか?
複合工場は、ディズニーランドのような仮想の世界とは別次元の実体の総合的(品種グループ別)の大パノラマ水族館、魚介の成長過程の観察館、併設した有料セミナー、就業養成のために講座、研究者の専門講座、優性遺伝型卵の幼魚までは、ものづくりの機能開発と機能設計、医薬試薬試験段階と類似しています。なぜこの部分の生産化のしくみシステムが、植物の種業界レベルまで進化してこないのでしょうか?幼魚後の成長は生産ラインと同様で、しくみシステム化しやすく、生産工程で、成長の節目ごとに人海による全数選別のしくみで生産性を上げることができる確率は高い。なぜプロ人財が多数育つ時代がきているのに行動総量が少ないのでしょうか?

数字のマジック、関税障壁をとったものの自給率がどのように変化しているか?現在自給率の高い品目の関税障壁をとると、すでにないものと同様に現状の生産コスト(物流コストも含)推移する確率は高い。ただし自給率の高い品目は、人が必要なのは量、薄利多売の場合、総金額の減少はすくない。なぜ福島原発事故の補償でJAが請求する額が、少なすぎることに気づく人がいるとおもいます。国の自給率50%以上確保するには、単価の高い品目を少し、増加させれば明日でも達成できる方法がとれる。日本人の口に入るものはどのように変化するか、儲かるのは、外交を握る豪商の確率は高いようです。自給率操作も大商社次第で変化数字を変化できるようです。 日本の農水産業の総生産金額程度は、大商社で補完対応できるしくみの準備が出来ている確率は高い。
 

 

 

 

 

 

 

日本統計協会2011



■二人以上の世帯の消費支出の構成
 (1ヶ月間の支出金額、構成比


 

   1975

 1980

  1985

 1990

 1995

  2000


消費支出額円
 

  157 982

   230 568

    273 114

   311 174

   329 062

   317 133

   構成比%        

      100.0

    100.0

     100.0

    100.0

     100.0

    100.0

食料支出額  

    50 479

     66 923

      73 735

     78 956

     77 886

     73 844

エンゲル係数%

        32.0

      29.0

       27.0

      25.4

       23.7

      23.3

被服及び履物

    14 459

     18 163

      19 606

      22 967

     20 299

      11 018

      % 

         9.2

        7.9

         7.2

        7.4

         6.1

         5.1

住宅

      7 683

     10 682

      12 686

      14 814

     21 365

      20 427

      % 

         4.9

         4.6

          4.6

         4.8

         6.5

         6.6

光熱・水道

      7 097

     13 225

      17 724

      17 147

     19 911

      21 477

      %

         4.5

         5.7

           6.5

          5.5

        6.1

         6.8

保健医療

      3 945

       5 865

        6 931

        8 866

       9 845

      11 323

      %

         2.5

         2.5

           2.5

           2.8

        3.0

         3.6

交通・通信

      9 635

      18 416

       24 754

       29 469

      32 966

      36 208

      %

          6.1

         8.0

            9.1

            9.8

       10.0

         11.4

家具家事用品

      7 855

        9 875

       11 396

       12 396

       12 529

      11 018

      %

          5.0

         4.3

            4.3

            4.0

         3.8

           3.5

教育

      4 345

        8 325

       10 853

       14 471

       15 381

      13 860

      %

          2.8

         3.6

            4.0

            4.7

         4.7

           4.4

教養娯楽

     13 293

      19 620

       24 191

        24 191

        30 122

      32 126

      %

          8.4

         8.5

            8.9

            9.7

          9.6

         10.1

その他

     39 190

      59 474

       70 970

        81 966

        87 400

      80 302

      %

         24.8

        25.8

          26.0

           26.3

        26.6

         25.3

                                       

 

 2004

 2005

  2006

 2007

 2008

  2009


消費支出額円
 

   302 975

   300 531

  294 943

   297 932

   296 932

   291 737

   構成比%

      100.0

       100.0

     100.0

     100.0

      100.0

      100.0

食料支出額

    69 640

     68 699

    68 111

    68 536

     69 001

     68 322

エンゲル係数%

        23.0

         22.9

       23.1  

       23.0

        23.2

        23.4

被服及び履物

    13 396

     13 229

    12 776

    12 933

     12 523

     11 994

       % 

          4.4

           4.4

         4.3

         4.3

          4.2

          4.1

住宅

     19 230

     19 254

    18 115

    17 934

      16 897

     17 024

       %

          6.3

           6.4

         6.1

         6.0

          5.7

          5.8

光熱・水道

     21 012

     21 492

     21 278

    21 768

      22 762

     21 685

       %

           6.9

           7.2

         7.6

         7.3

          7.7

          7.4

保健医療

     12 231

     13 020

     12 787

    13 107

      12 523

     13 016

       %

           4.0

            4.3

         4.3

          4.4

          4.3

           4.5

交通・通信

      38 981

     38 717

     37 864

    38 075

      39 070

     38 070

       %

          12.9

           12.9

        12.8

        12.8

         13.2

         13.0

家具家事用品

        9 952

     10 047

       9 734

      9 706

        9 984

       9 975

       %

           3.3

           3.3

          3.3

          3.3

           3.4

           3.4

教育

      13 229

     12 475

      12 650

     12 748

       12 727

      12 909

       %

           4.4

           4.2

          4.3

          4.3

           4.3

           4.4

教養娯楽

      30 883

     30 729

       30 040

     30 976

       31 372

      31 274

       %

          10.2

          10.2

         10.2

         10.4

          10.6

          10.7

その他

      74 422

     72 759

       70 588

     71 999

       69 869

      67 469

       %

          24.6

          24.2

         23.9

         24.2

           23.5

           23.1

 

 

 

 

 

 

 

二人以上の世帯の実質消費支出は、第一次石油ショックの1975年以前お10年間には年率実質で4.4%という大幅な上昇を示し、1974以降でも年率実質1%と低いながらも増加を続け、消費水準は大きく向上しました。
1997年以降、2009年まで実質増加はほとんど見られないほど低迷が続いています。年間所得が、上昇より、実質減少があっても、一度拡大させた消費を絞ることが困難なためです。(贅沢は緊縮で難い現象)

●食料品の割合(エンゲル係数)は 1975年、消費支出額が少ない時32.0%と最高で、消費支出額の上昇ととのみ減少し、1995年23.7%となり、低下し、その後はその水準で推移して、2009年は23.4%でした。
その食の中味は、コンビニやファミリーレストラン等が台頭して、外食の機会が増加しても増えないのは、その他の日の食料費の内容が、ローコストの添加剤食品の使用が多くなり、本物食材の活用、家庭での料理等が
減少し、日本人の健康な食生活は建前で本音は逆ではないかということが観える化できます。地域が集団型で地域の食事を一緒に食べたり、デリバリーできるしくみを構築すると、地産地消型の健康な食事環境に変えることができる。地域のテーマ別プロジェクトの仕事は、食事付にすると、収入が他の消費に活かせ、傍の利益貢献できるしくみになります。健康な高齢者、健康な子孫繁栄のための現在の子供の食環境を変えると、地域、働き手の現象に歯止めがかかり、地域が善循環を始める確率は高い。また若い低所得層(生殖機能年齢)に健康な食事を提供できるインフラ、複合工場は地域戦略に必要な時代がきています。
業績によい社員がバリバリ働く大企業は、社員の健康維持管理のために、低単価の社員食堂を戦略的に活かし、社内コミュニケーションの場と、「食足りて、不満減衰の原理」を活かし増加傾向に入ってきました。
外部でのランチョン交際費も、社員社員食堂を活用でき、交際費削減効果も出ています。
日本の農林水産業地域内販路は、無限の創市場の場があります。地域密着型CATVに地域の顧客データを複合的共有化すると、行政の住民登録データ、危機管理の大量移動の指令センターとして、映像無線FAX、町内、人等複合的なネットができ、そのネットは、食を通してあらゆる商流、物流、人流ができて、複合工場の生産物は地域の食品加工業(惣菜、弁当屋も含む)で完全売り切り型受注生産サイクルができる確率は高い
食の贅沢を味わったひとは、質素はまずさと錯覚する人が55%以上になりましたが、従来の高級品以上の品質で現在の価格より安く販売できる食の生産物は、実質的な食の中身を悪化に歯止めをかけ、正常方向へ向ける確率は高い

「衣」被服及び履物は、1980年代には構成比が7%台を占めていましたがその後減少し、1990年代には単価の高い和服洋服ともに減少基調になり、2009年には4.1%になり、洋服の安売り店、ユニクロの出現、国内相場の破壊的価格破壊の輸入品で、外面をらしく「衣」は維持し、所得が多い時代のタンス在庫の流用で高級品は我慢している実体が観えてきます。ブランド品を購入すると、バーゲンを活かす多くの人の存在が浮かびます。国内の繊維業界は少ない富裕層を固定客化して生き残る企業が多い。(こだわり型商品)

●交通・通信の構成比は、1970年後半以降、品目の中で最も増加率が大きい。1960年代後半から始まった急速な普及により、自動車関係費が大幅に増加。1975年6.1%から2000年には11.4%、2009年は13.0%となりました。そのうちの7.0%が自動車関係費です。また通信の伸び率も著しく4.1%です。

●ものからサービスへ
消費支出を商品とサービスに分けると、1975年は消費支出に占める商品が71.7%、サービスが28.3%でしたが、2009年には商品が57.4%、サービスが42.6%と大きく構成がかわりました。ものが普及すると、サービスの格差が優位要素になるようです。
 

 

 

 

 

 

 

 





◎日本国内の食の生産は、日本の中小企業の事業家が、傍観者を止め、
儲かる種に気づき、「ものづくり」の総能力を「いきものづくり」に結集する
ときが来ています


    先行投資型「ものづくり」と 毎日の収入(造血)型「いきものづくり」と両輪経営にすると、
  地域に人と共に、豊になれる突破口の一つであることに気づくときがきています。
  大企業向け情報氾濫と、中小企業の核心を突く情報は180度逆の場合もあります。
  東日本大震災を機会に、鋭敏になった、催眠状態からさめた今が将来の事業展開
  の成功確率の高い方向を探すチャンスの時です。
  中小企業の長所を生かし、大企業の力を瞬時活かし、持続は自ら行動することを進めます。
  超大企業化は 幹線型で毛細管は非効率で、生産性が低く、時間生産性を上げる市場が
  世界に無限にあり、できてもしない事業領域です。地域の市場を冷静に分析すると、不思議に
  中小企業がブランド(泡)に幻惑されたシェアを想定以上のスピードで実体型で確保できる
  時代がきていることに気づく人が出てきています。
  とくに実体型第二次産業はターゲットです。第一次産業と連携して、地域の第三次産業の
  機能、公務に機能を活かし、地域の第四次産業として、中小企業の勉強・行動型の総合
  企業体として整合させながら異なる業種の複合工場にすると、世界の市場でも比肩拮抗
  できる集団組織ができる確率は高い。(過去の波長の会う遊び仲間的仲良とは異なる次元) 
  
  

2011年3月11日の福島原発の事故が、世界規模の長期間自然環境汚染の原因を起す
現実に直面し、情報の何が実体か潜在脳段階で気づく扉がひらきました。
日本の食の安全安心の自給率の向上は、人間の決めた健康の仮説の政府基準であり
真の安全とは次元が違うことに世界規模で気づく人が増えた確率は高い。
従来の日本の食の安全安心神話(ブランド)の泡が逆に他国より厳しい評価基準に
かわりました。いつ回復するかわかりません。
今、食は生命維持の要素、他のものは、アダムとイブの時代の必要条件でした。
後は、人間の欲望が創り出したものかもしれません。食が人の染色体、遺伝子異常を
少なくでき、現在があります。未来の生物が人かどうかわかりません。
衣⇒住その他は、生命維持とは別次元、煩悩が創る世界。
カネがなくても働くと、ふさわしい収入で100円ショップが出来た楽な世の中、生活は出来る
ようです。いかに自分が贅沢に慣れてしまったか、再確認し原点回帰できました。

実体以外の音楽や虚像、非現実領域で癒すのは瞬時の楽、現実逃避型で同情に甘え過ぎる
ことは実体の現実に戻ったとき、反作用として奈落の底を限りなく深く感じられます。
マイナス領域から抜け出せない慢性体質になる確率は高い。
未来へ持てる130%以上の総能力を発揮して、プラス領域へベクトル方向を向けて前進する時は
今です。多くの人の前進を待望しています。
20世紀の戦後直後、焼け野原、荒廃の中で、他力を期待せず自力で立ち上るパワーの源泉である
「食を最優先とした行動でした」先人の知恵を活かす方し21世紀型で子孫に残す布石は、過去の
復元なのか、国が財政破綻寸前、復興費用が投資回収でき、破綻の歯止めができるか、日本国が
すでに始まった、他の国の財政破綻を現実化するか分水嶺のときです。国に期待せず、地域最適の
食を核にした地産地消の実体社会へ変えるのも一つの方法です。
他力を期待し、長期間無為に過ごす時間しても期待以上のものが得られない確率は高い。
一万人以上の想定外の環境になった人がいる場合は、あなたの運不運で、極端な差ができ確率は
高い。努力では解決できない何かが世の中には確率を左右する何かがあるようです。
他力を期待せず、期待度高過ぎて不足した他力の量を非難せず、プラスがあれば儲けもの程度と捉え、
最悪を想定して行動すれば道は拓けはじめます。

就業の機会がないとき、地域の食に関わるいきものづくりをすることは、育つ姿をみていると、潜在脳を
音楽や虚像や非現実領域で癒すより、植物は不思議に平常心にもどり持続的安定化する自分に
気づく時があります。汗を流し、身体を疲労させると、煩悩は夢の中の範囲で、全力行動するときは
浮かばなくなる不思議な現象があります。

従来の自然農業を、環境汚染が少ない具体的技術が進化してきています。
耕作面積、海面水面型水槽は立体型にして、生産時期をずらして、最新の冷凍機能、物流機能
地域の人の巡回物流のしくみを構築すると、近くのコンビニ、店舗とは別の、20世紀昭和の行商を
21世紀車を活かし移動店舗型に毎日必要な量を完全に売り切って終わる現金商売でいよい。
巡回用の車は、大企業の研究開発部門に提案して、全国の高齢者が分散する地方の食の安心の
ための機能開発の実証試験用で無料で提供してもらえばよい。カイゼン情報を設計者に細かく日々
報告すれば、どの企業よりWinWinになる確率は高い。植物工場は、海抜50メートル以上の地域の
荒廃したビル活かし、A志援サイトに掲載企業で、実証試験に協力する企業だけで組立て、不足する
部分は地域の中堅建設業と連携すれば、協力企業ができる確率は高い。多くの働く意欲の高い人が
未就労でいます。第一段階は若い世代を重点時し、高齢者は地域のケーブルテレビと連携して、
地産地消のための顧客のネットワークづくりのために、ケーブルテレビの入会者と連動させ、入会が
安心安全で安い(大企業スーパーより会員は安くするしくみをつくる)ものを提供できるようにする。
特に防災網も兼ねた高齢者家庭をケーブルテレビで結び、緊急時の短時間大量輸送のセンターの
役割も兼ねる、実体コミュニケーション網を構築すれば、地域信金JA行政が投資した方が得であり
WinWinの善循環のしくみに気づく時が近未来きます。だれかが動き始めることを待望します。

地域のケーブルテレビは、地産地消実体経済へ変わるプロセスを、シナリオのない映像として記録し
地域のインフラ、事業展開に関わる企業は、個人に寄付として配分すると泡消えなにも残らないが
ケーブルテレビに自社の宣伝広告費として、自社の製品装置機械が、活きて活用される実体型
映像で見える化し、そこで出演する人は、地域のCATVの視聴者の誰かが主役で、現実の業務の
ポイントを見える化する。地域の大学が、理論家、体系化して、関係者には宣伝広告費を、スポット
収入として稼ぐしくみにする。成功実績があれば、そのプロセスを編集して、資料やマニュアル化に
活かし、そのノウハウを全国の希望する地域型CATVへ有料で配信し、全国規模の映像の場合は
映像企画量を別途で請求し、ノウハウの帰属は流用時、各様権利の請求をするしくみを創ればよい。
その収入を、地域の各種インフラ構築のための経費と、設備の最新化投資費用や、地域子供を裕福
な都市部の教育環境の揃う子供を以上の、人格形成した人材を多数輩出するしくみづくりに活用する。
WinWinで事業展開できる方法のヒントトリガーはA支援サイトに揃えてあります。活かせば成功確率
は高くなります。この記録は、世界の各地で、その国の人を主役に展開できる成功確率の高い方法で
伝播し、世界の食料自給率の向上と、人間だけの我で生物多様性の循環破壊に歯止めがかかる方法
の一つになる確率は高い。

実体と乖離した仮想の世界で、静止して過ごすのも人生、汗をながし実体の世界で
過ごすのも人生、選ぶのはあなたしかありません。現在は多くの人が、本気で係わってくださる千載
一隅のチャンスの女神が眼前にいる期間です。ある期間過ぎると、それぞれの人の煩悩ベクトルは
無限に分散し、統合に時間がかかる、東日本大震災、福島原発事故の前に先祖戻りしてしまう確率
は高い。実現は世界視野の強制的行動がなければ実現に時間がかかります。



「植物工場稼動と市場」

植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場


完全安心安全な日本の農水産物は世界の商品相場の上限以上で売り切ることができます。
日本の高齢者、低所得層を市場としても、地域の地産市場なら、物流費は移動に必要な原価
(地域関連携と地域内共同配送のネットワーク、地域のバス、電車等、巡回自動車型エリア
循環コンビニで想定以上に小口物流コストが低減できます。
(大企業優位の情報映像は、中小企業生業家業の儲かり方とは別次元であると割り切ると道が拓けて
きあす。21世紀は大企業と地域の中小企業の中味の機能差は減少時代になっています。ある部分を
変えると、小規模小回りスピードが強みにかわり、手の届きすぎる(顧客が気づかない感動の扉)持続
てアフターフォローと、次の受注のビフォアフィローができる確率は高い。大企業の広域フローにWebや
電話のデータマイニング依存症は、現実のお客様との直接コミュニケーションの方が、あるデータセンタ
ーの弱い部分を、自社の強みでカバーすればよいだけです。大企業も世界への進出パワーを向上させる
国内での実証試験の持続的役割で補完するようにすれば、日本国総合整合能力で海外に比肩できる
日本国民の組織の中で自分を活か「もやい」の強みを持つ民族だから勝てる確率は高い。
全産業の中で、一次産業と、繊維業の世界の市場で国内で生き残るしくみシステムを応用展開して、
地域のものづくりの機能、地域密着CATVの視聴者をモデルに、地域の危機管理のしくみ連動させ、
スマートグリッド、スマートハウス、スマートグリッド、スマートフォン等ICTに関わる地域インフラを短期で
統合できる次代がきていることに気づき、第四次産業として、超大企業型企業グループに拮抗して、
世界戦略が採れる千載一隅の機会、地域の人のバラバラベクトルを地域を善くしたい煩悩行動と
マッチングさせると、想定以上の確率で、部分から始まり、アメーバーのように集まりながら増殖し
拡大し、ミトコンドリア的な第四次産業の形が見えてくる確率は高い。その成功事例を世界の各地で
その国の人達が運営できるように育てて、見守りアドバイスすれば、想定以上のスピードで、世界各地
へ伝播がはじまる確率は高い。21世紀型世界戦略「柔型行動」を発揮するときが近い。

昭和の時代、戦争という「剛行動」は反作用が大きすぎたことに気づいた日本民族と同じ道を歩む、
大企業の世界戦略(武器からカネへ)は、排他的な徴候が出てきました。国家間外交でさえ、豪商が
握り、他国のメッセンジャー型が優位とない、日本国さえ動かす時代、ある瞬間国益に反する逆現象の
時が輸出制限時代が漁業から始まり、素材、ものづくり、その国の人口増加と富裕層の増加は、その
国の自給率を低下させ、戦略的関税障壁と輸出制限が近づく徴候がでてきました。日本だけ完全関税
撤廃したら、なにが始まるか?



 

商品一覧