開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

放射能汚染に対処する食の安全基準の変化

■放射能汚染に対処する食の安全基準の変化 110413

植物工場の稼動と市場>放射能汚染に対処する食の安全基準の現状







日本政府中心に超速度で食に関する機関が、日本国民をはじめとして世界の皆様に、
安心安全な食が提供できるように、放射能汚染への対応に多くの人たちが行動をはじめ
ています。
現実を直視し、食の最適な安全基準が生まれますように祈念しています。


◎「放射能汚染に対処する食の安全基準の現状」日本の中で最先端で活動している機関の
情報の源流を知り、潜在意識(感情の心)優位の行動から、現実界の顕在意識
(5つの感覚器官の心、意識の心」により「流言飛語」「風評被害」に幻惑されることなく、
自社の放射能汚染の扉が開いた今、制御型人財のあなたは、自分の行動範囲で、
環境適応行動をはじめることを待望しています。
 

 
更新 2011.05.28

◇食品安全委員会
 
Food Safty Commission


●専門調査会別情報
・企画
・リスクコミュニケーション
・緊急時対応
・添加物
・農薬
・動物用医薬品
・器具、容器包装
・化学物質、汚染物質
・微生物、ウイルス
・プリオン
・かび毒、自然毒等
・新開発食品
・肥料、飼料等
・その他


















 


内閣府の組織の一つです。

日本の食の安全、を科学する

・「東北地方太平洋沖地震の原子力発電所への影響と食の安全性について」(第25報) 2011.04.13

食に関係する制御型人財は定期的に内容の追加を確認することを推奨
                              2011.04.13A支援ms
 

・「放射性物質に関する緊急のまとめ」(2011年3月29日第375回食品安全委員会)

◆食品安全委員会の構成と役割
食生活が豊になる一方、食生活を取り巻く環境は近年大きく変化し、食に対する関心が高まっています。こうした情勢の変化に的確に対応するために、食品安全基本法が制定され。ころに基づいて新たな食品安全行政を展開していくことになり、これにともない、食品安全委員会が平成15(2003)年7月1日に、新たに内閣府に設置さえました。
食品安全委員会は、国民の健康の保護が最も重要であるという基本的認識の下、規制や指導等のリスク管理を行う関係行政機関から独立して、科学的知見に基づき客観的かつ中立公正にリスク評価を行う機関です。
食品安全委員会は7名の委員から構成され、その下に14の専門調査会が設置されています。
専門調査会は、企画専門調査会、リスクコミュニケーション専門調査会、緊急時対応専門委員会に加え、添加物、農薬、微生物といった危害要因ごとに11の専門調査界が設置されています。
また、事務局は、事務局長、次長、総務課、評価課、リスクコミュニケーション官から構成されています。

◆食品安全委員会の主な役割
1.リスク評価
2.リスクコミュニケーションの推進
3.緊急の事態への対応

●食品健康影響評価(リスク評価)
●意見、情報の交換(リスクコミュニケーション)
●調査、研究活動

◆提供情報の種類
1.消費者の方向け情報
2.お母さんになるあなたへ
3.キッズボックス
4.動画配信などビジュアル試料

5.食品安全総合情報システム
データベースによる資料、情報の検索

◆食の安全ダイヤル
食の安全についてのご相談、ご意見・・・
 


◇(独)農業・食品産業技術研究機構(農研機構)


●農研機構の任務と目標
 平成23(2011)年4月1日 

 
「東北地方太平洋沖地震」
 後の理事長のメッセージ 


















 


■業務の概要

◆役割
わが国農業及び食品産業の競争力強化と健全な発展、食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現、美しい国土・豊な環境と潤いなある国民生活の実現、次世代の農業、食品産業の展開とあらたな生物産業の創出、農業の担い手の育成を目的として、生産現場から加工・流通・消費までの技術並びにこれらと関連した農村及び食品産業の振興に資する一貫した応用技術の中核を担う研究開発等を行うとともに、高度な農業技術の教授、民間等において行われる生物系特定産業技術に関する試験研究への支援及び農業機械の改良に関する試験研究等を一体的に行います。
◆概要
1.農業の生産性向上と持続的発展図るための水田・畑輪作、自給飼料を基盤とした家畜生産、家畜衛生、高収益園芸、持続的生産等にかんする技術体系
2.農業の生産基盤農村生活環境の整備・管理、農地・農業用水等の地域資源の保全管理、及び農業・農村の多面的機能の発揮のための技術等農村の振興い必要な研究の展開
3.食の安全・消費者の信頼確保、健全な食生活の実現を図るための農産物や食品の安全性確保、機能性の解明、食品の品質向上と新規利用加工に関する技術の開発
4.研究開発の成果をはじめ高度な農業技術や経営管理手法等の教授による農業の担い手の育成
5.次世代の農林水産業の展開と新たな産業の創出を図るための民間企業、大学、独立法人等が行う生物系特定産業技術の研究開発に対する支援
6.農業機械化促進のための高性能農業機械等の開発改良及び検査・鑑定

■研究課題・チーム
■研究成果情報 

●産学官連携本部
・代表的研究成果(技術・品種)
●産学官連携制度
・オープンラボ
●知的財産
・知的財産基本方針  ・特許等情報  ・農作作物品種情報
●育成系統の情報
●遺伝子組み換え作物研究
●研修情報
 


◇食品総合研究所

 農研究機構の組織の一つ





























 

 


◎「東日本大震災に伴い発生した原子力発電所被害による食品への影響について」

現在、関係者があらゆる場面で安全な食品の確保・流通に努力しています。事業者、消費者の皆様も冷静な対応をお願いします。関連情報の提供サイトをまとめました。
・食総研では収集した参考文献とその概要をまとめたリストを作成中
・著作権等の問題がない参考文献はHPにPDF版を公開しています。
・著作権等の問題が乗ずる文献は、その概要をリストにまとめ、公開しています。

●最新科学記事:原子力発電所に関するNature特集記事の翻訳がご覧になれます。(既に50以上整理されています。)

・チェルノブイリの遺産
日本、旧ソ連、欧州(オーストリア・フィンランド等)の食に影響した内容のポイントが整理されています。
・予測できない放射線リスク

今後事故終息まで時間がかかり過ぎた場合、空中飛散による拡散以外は、陸海は累積蓄積が想定以上に高くなる確率は高い。その時の業務用食関連に働く制御型人財に先人の内容から未来予測確率を上げることができます。
なぜ、日本の原爆後の食の影響の先人の体験が掲載されていないのでしょうか、あれば、人体に影響する放射能半減期は殿程度まで減少しているのでしょうか、日本国土で役立つ資料のはずです。2011.04.13A志援ms



●参考文献:公益財団法人原子力環境促進・資金センター:技術刊行物「環境パラメーターシリーズ」 6つの技術刊行物

■研究領域の紹介
◆食品機能研究領域
◆食品安全研究領域
◆食品分析研究領域
◆食品素材科学研究領域
◆食品工学研究領域
◆応用微生物研究領域
◆食品バイオテクノロジー研究領域
 

◇(独)水産総合研究所






 


◎「福島第一原子力発電所事故による農畜産物等への影響
-関係府省庁のサイトへのポータルサイト-」

・このホームページの著作権は(独)水産総合研究センターにあります。
一部あるいは全部を複写する場合は、必ず許諾を得てください。
※ページはA4サイズで印刷する際、余白の設定や縮小機能などはプリンターのセ設定をご調整ください。

◎平成23(2011)年4月15日
「水産生物放射能分析技術研究会-試料の採取及び調整方法について」開催

随時必要に応じて開催される予定。
漁業関連の制御型人財は開催チェックを推奨します。2011.04.13A志援ms
 


◇農林水産消費安全技術センター(FAMIC)






 


◎東日本大震災に関する情報(農林水産省のHPにリンク)
◎福島第一原子力発電所事故による農畜産物等への影響
-関係負省庁等のサイトへのポータル(農林水産省のHPにリンク)

◎2011.03.30 FAMICと神戸大学農業研究科との連携について

◆業務は科学的手法による検査、分析による、農場から食卓までフードチェーンを通じた食の安全と消費者の信頼の確保で貢献することを使命としています。

◎2011.04.13まだHPの変化は行政指針待ちのようです。
 


◇(独)国立健康・栄養研究所














 


◎2011.04.12「避難生活を少しでも元気に過ごすために情報のリーフレットと、専門家向け解説を掲載しました、(pdf)
・栄養、食生活(リーフレット/解説)
・衛生管理(リーフレット/解説)
・高齢者の方へ(リーフレット/解説)
◎2011.4.12「災害時の栄養、食生活支援マニュアル(pdf)
 (社)日本栄養士会との共同制作
◎2011.4.7 厚生労働省が「生活支援ニュース」を発行

◆概要    

大正9(1920)年に内務省の栄養研究所として誕生しました。その後約80年の長きにわたり、国民の栄養・食生活の改善及び健康増進や栄養学の進歩に大きく貢献してきました。平成13(2001)年より、政府の行政改革の方針に基づいて、当研究所「(独)国立健康・栄養研究所」となり、国民の健康保持・増進及び栄養・食生活に関する調査・研究を行うことにより、公衆衛生の向上及び増進を図る公的機関としての役割りを与えれています。

◆研究部門

■健康や栄養についての情報
◆国民の栄養調査
◆「健康食品」関連の情報

・「特別用途食品」「栄養療法エビデンス」情報
・「健康食品」の安全性 有効性情報
・機能性食品因子データベース
・NR(栄養情報担当者)についって
◆運動・身体活動
◆健康・栄養のお役立ち情報

 

◇北海道健康安全局食品安全グループページ


 


あなたのエリアの地域の動きを知る先行情報の一つ。

北海道の食品衛生に関すること、食肉・食鳥検査に関すること、化製場等に関すること、狂犬病の予防に関すること、製菓衛生士に関すること等

◎東北地方太平洋沖地震の原子力発電所への影響と食品の安全性について(食品安全委員会のHPにリンク)
◎平成23(2011)年度北海道食品衛生監視指導計画を策定しました。pdf
◎平成23(2011)年度北海道食品衛生監視計(案)に対する道民意見提出手続きの実施結果についてpdf
 

 

 

 

 

 

◎あなたの未知の分野の知識を「キチン」と部分の基本知識から全体の広がりを短期
で知り、どの専門性を補足し、自社の放射線・放射能分野で新事業領域への参入の
千載一隅のチャンスと捉え、仮説し、確信し、決断するために、重点集中するとき、読み
理解する情報で源流がわかりやすい雑誌を紹介しておきます。

科学雑誌「Newton(ニュートン)」
 ●2011年6月号  「福島原発 不気味にひかえる首都圏、東海、東南海、南海 超巨大地震」
               110ページ緊急総特集

 ●2011年7月号  「きちんと知りたい原発と放射能」
                緊急大特集第2弾

定期購読者方はNewtonのホームページで「ネット会員」に登録すれば 創刊から20年間の主要記事を検索
できます。NewtonのWeb特別編集版もご覧になれます。登録方法(無料)は、ホームページをご覧下さい。

多くの現在の公開された情報の中で、部分ではなく全体を知るための一流レベルの一つ
雑誌「Newton(ニュートン)」のを紹介しました。

後は、新事業領域の関連部分の一流レベル情報を吸収すればよいだけです。


   

完全に放射能、放射線分野の知識がゼロでも、誰もゼロから知っただけであることに気づくと、キチンと短期で
わかり、事業展開として確信、決断ができればよいだけです。
挑戦する実務家は不思議に必要なことは短期で吸い取り紙の如く吸収できます。
難しいと思い込んで参入を避ける企業が多いようですが、本当の専門性範囲は20%程度に過ぎません。

80%は大型プラント、地域開発、産廃処理等の熟練原理と変わりません。産廃を隠す業界であること、
マイナスは隠す企業体質があります。正確なデータを自ら見えるしくみを構築し、数値の報告に幻惑されず、
20%の不足部分が、事業展開の短所にならないように、現在の実務家の成長スピードの5倍速以上で
行動すれば(固定費と流動費の原理)短期で、実戦の総能力を戦略的に超えることが企業内の最強人財なら
できる確率は高い。同じ人がやること、短期の戦術戦闘段階なら、学歴、頭のよさとは別次元で、熟練した
実務家と大差はありません。周囲の個人の人質差を恐れる必要はありません。不足している能力機能部分を
的確に把握して、補完し、逆に、大企業中堅企業の問題解決現場の総能力発揮できるための小回りの効く、
小規模で多面的仮説検証実証の補完能力を発揮して、大企業中堅企業の大規模インフラ機能を発揮できる
支援する行動を待望しています。

並列的に、東日本大震災復興のプロジェクトの一員として組み込まれるための存在価値の布石を打てば、
将来の安定業績基盤と、地方の時代の地域のクラウド型開発プロジェクトの推進企業の一つとして、その
体験は企業の暗黙知の加速度増量になる確率は高い。

 






 

商品一覧