開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

新たな食の安全安心へ業務用計測技術の進化

■新たな食の安全安心へ業務用計測技術の進化                                                110408

植物工場の稼動と市場>新たな食の安全安心へ業務用計測技術の進化  




複合型工場は超資金投資がなければ大規模インフラには実現できるかどうか
分かりません。
短期間では実現する確率は低い机上の仮想・仮説型内容の一つです。

実務家である制御型人財は 現実適応を最優先にする必要があります。

従来の自然環境に依存する農林水産業の生産方式が、世界の市場で「食の安全
安心であることを表示するためには、食の加工品も含めて、最終商品製品が数値的にその国の輸入基準の1/1000以下であることを数字で証明し表示するための
全数検査のしくみが速く開発されることを待望しています。

別次元の方法ですが、すでにはじまった「日本の産地証明」で輸出して、その国の
人が「買う・買わない」の購買行動を期待する方法がはじまりました。

従来の「食の安全安心」の日本ブランドのレベルまで回復ができるか半減期の
長い放射能の場合は海外の人の潜在能力領域での好き嫌い判断を顕在領域
を短期間で優位にすることができるかどうかわかりません。
輸入してもらえても世界の人が購入し食べる量が増えてはじめて、回復できた
結果が数値で確認できまでの期間はわかりません。

福島原発事後以前の環境と同等状態の「晴れ」発想の事業展開から、最悪の
雨の発想で、最悪を想定して悲観的に準備して、瞬発力で一気に出来た高い壁
を超えることが勝ち残りの道です。その暗黙知は、「晴れ」の環境の海外の国では
短期では実戦できない日本に与えられた「虎穴に入り虎子を得る」機会とプラス
発想での綿密な行動が必要条件です。
関連する各部署の制御型人財が、短期で飛躍的に実戦成長できる千載一隅の
チャンスとして活かすことを待望しています。
「晴れ型」の楽観的行動、交渉駆け引き等の手法は、6割以上の他の人の行動に
任せて、最悪の環境がプラス方向へベクトルを変える、多くの人達がより強い
で総能力の他力の成功確率がより高いことを祈念し感謝する他力本願の一つ
とした捉える、日本が蓄積した最先端の潜在総能力を活かし短期でプラス領域へ
復元できる確率は高い。その突破口を水平展開して6割以上の楽観的な人たちの
しくみシステム、思考等周囲から変える先導役になることを待望しています。

複合型工場を期待せず、放射能核種の業務用計測法と、安心安全なものだけを
選別するしくみを世界の叡智を集結して構築を待望しています。中期の世界市場
の突破口戦略の一つです。
 


非接触型「食」に関する全数検査のできる業務用放射能核種の含有量を測定し、
安全基準の1/1000以下であることを表示できる計測器の緊急の業務用開発を
待望しています。

◎放射線は「みえない」「さわれない」「におわない」「きこえない」目にみえない
光のようなもの。放射能は、放射線を出す性質や能力のことで、太陽と光の
関係に似ています。

◎放射能は「放射線を出す性質(能力)という意味から転じて、「放射線を出す
性質を持つもの」の意味にも使われる。
放射線を出す性質を持つもの「ラジオアイソトープ」「RI」ということもあります。


現在の段階での食品関連検査機器(食品、飲料水など)では、放射能同位元素を
測定する方法はありますが、非接触型の業務用、大量の中の選別できる機械は
ないようです。
日本産の従来の自然生産型食の生産物の全数選別の方法はまだないようです。

  「日本科学機器団体連合会」

  「(社)日本分析機器工業会


世界各国が潜在的に保有している21世紀の生命の危機を開く扉を日本国が完全
に開いてしまいました。

「新たな食の安心安全」の人が決める基準をゼロにする新しくみシステムに着手するトリガーと捉えて行動をはじめることを待望しています。


食の安心安全に対して、どの国よりも厳しく他の国へ接していた国民が、もし、
福島第一原子力発電所の事故が他の国で起きた場合、広島、長崎での放射能の
体験を身近に体験した日本人はどのように行動したでしょうか?
ソ連のチャリノブイリの原子力発電所の事故のときから北海道では、空中の放射線
を連続測量をしています。

今回の事故は日本人が起した事故です。世界の「新たな食の安心安全への挑戦」
が必要です。

あらゆる世界の食の生産物が人体に影響無害なレベルである範囲のものである
ことを数字で示すための業務用の計測機器の開発をはじめる企業の出現を待望
しています。

日本の農林水産業すべてを「人工型複合工場」にすることは、膨大な投資と時間
がかかります。日本の食の生産物が、安心安全である全数検査で示す方法以外
他の国が輸入許可しても、その国の人が不買すれば同じことです。

流言飛語ではなく、原子力応用機器を持つ国ほど、放射能への恐怖感が、潜在
能力の貯蔵層の中に蓄積され、感情で好き嫌いを決めているだけです。
顕在の価値判断で、安全安心と確認する以外、払拭することが困難な問題解決
領域になってしまいました。
今回の事故までの日本の食の安心安全のブランドが高すぎたため、日本ブランド
(泡・バブル)が弾けた今は、逆反動の評価の時代に入りました。

他の国が採る今後の動きは、日本が事故国でなければ、世界の先頭で動いている
確率が高い行動の一つです。過剰反応でなく自然の行動であると正しく現状認識して、まもなくはじまる国内の多くの国民の行動本流の情報に幻惑されることより、
着実に世界の人の潜在行動に気づけないその人の達のために一歩一歩着実に
前進し世界に「新しい食の安心安全」を発信できる多数の制御人財の成長を
待望しています。日本の本流の中の55%まで気づくまで長期間かかる確率は
高い。




◎海外の日本食品「安全」イメージの低下と厳しい輸入制限の徴候
                               
                                            2011.04.06現在
○日本の農産物や加工食品などの輸入制限を4月5日開始した。
                              中国新聞社(日本)
輸入制限を開始したのは、アラブ首長国連邦、フィリピン、ロシア、シンガポール、
米国、中国、韓国、EU諸国など25の国と地域。
・アラブ首長国連邦では、日本からの生鮮食品すべて
・フィリピンでは福島、茨城、栃木群馬の4件からのビスケットやチョコレートなどの菓子類
・ロシアでは千葉県、東京都からの輸入する食品
・シンガポールでは福島、茨城、栃木、群馬の4県に加え、放射性物質が検出された県
にまで範囲を拡大し、野菜、果物の輸入をそれぞれ禁止した。
・米国、中国、韓国も日本からの一部の食品の輸入を禁止した。

日本政府は、科学的根拠に基づかない輸入制限をおこなった国々に対し、WTO(世界貿易
機関)の規定を守るよう求めたが、「日本産」の農産物に対する輸入制限の動きはすでに、
欧米やアジア諸国から、中東、南アメリカまでひとまっており、中国新聞社は「日本の農産物
のイメージ低下が、今後しばらく続く見込み」などと報じた。

○輸出品の原産地証明 仁坂知事(和歌山県)が政府を批判
          2011.04.06和歌山県御坊市にある地方新聞「日高新報」より

東日本大震災による福島原発の事故を受けて、農林水産省はEU(欧州連合)の養成に基づき
食品等の輸出品が被災地以外の地域産であることの証明書を発行するよう求められいることに
対して、仁坂吉伸知事が4月5日「これはWTO(世界貿易機関)の協定違反のひどい措置と抗議
もせずに、どうして日本国民を守れるのか」と怒りをぶちまけた、和歌山県はすでに証明書発行を
スタートさせているが、「県内事業者を守るために仕方がない」と不本意であることを強調した。

EUは日本からの輸出品について、福島、茨城、宮城、新潟、東京、千葉など12の都県産は受け
入れないようにするため、それ以外の地域は原産地の証明書を発行するよう日本政府に要請。
これを受けた農林水産省は各道府県に通知し、和歌山県も4月4日から県内産の食品等に証明書
を発行している。 
和歌山県はEU向けに梅干、梅酒、酒、しょうゆなどが輸出されている。


◎証明書は、実際の生産物の放射能汚染とは別次元の内容、輸出しても
その国の人が日本産を「買わない」、「好き嫌い」判断とは異なることに気づき
含有率表示以外の顕在化購買を増やす確率が低い。

終息後75日、世界の人が忘れる人の量が増えるまでは、「売れたら儲けもの」と割り切るのも一つの
方法。食品加工業者は、食材は海外産である表示の方が売れる確率は高い。
放射能検査計測型のため、検体による検査で、生産ロット、その生産品の環境均一がない場合は
生産物一つ一つで、飛散物付着吸収のため難しい条件があります。


◎放射能同位元素の半減期を1/2以上にできる対症療法がの発明を
待望しています。

半減期が短くなるとヨウ素同位元素のようにゼロになるときまでおけば自然界の昆布、わかめ等
の海藻類と同等になり、食の生産物を廃棄せず限りなく放射線の発生がゼロになるまで、冷凍保存
したり、加工して倉庫に保管し、ワインのように熟成を待つような方法が可能となる確率は高い。

 

 
更新 2011.04.23


□放射線、放射能計測機器の現状
 


◇「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」

 
mhlw.go.jp/stf/houdou/・・・



○今回の事故でどのように変化したか、祖対比較すると、何を重点に計測管理すべきか、食品の種類別に安全度を付加したあなたの会社の安全通知が決まります。
規制の数値の下限が低くなりますので、計測器の性能の下限設定「あつてはいけない基準」を、食品による調整型設定の仕様が必要です。



















































 

 
生労働省医薬品局食品保健部監視安全課
    平成14(2002)年3月


第2章 食品中の放射能の分析法
1.NaI(TI)シンチレーションサーベイメーターによる放射性ヨウ素の測定法
2.ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ(γ)線スペクトロメトリーによる核種分析法
3.緊急時のためのウラン分析法及びプルトニウムの迅速分析法
3-1ウラン分析法
3-2迅速プルトニウム分析法
4.放射性ストロンチウム分析法
4-1緊急時のためのSr-90迅速分析法
4-2発煙硝煙法による放射性ストロンチウム分析法
5.放射線測定機器を備えた主な試験機関一覧(平成14年3月)

解説
1.原子力緊急事態宣言
2.食品の放射能測定・分析が可能な主な試験研究機関
3.EPZ(Emergency Planning Zone)の目安
4.サーベイ・メータの特徴
5.被評価対象者
6.対象食品(群)
7.食品の摂取期間
8.食品の一日あらりの摂取量

別表1第1段階モニタリングの主な対象食品
・穀類 米類、その他の穀類
・果実類 柑橘類、りんご、その他
・野菜  葉菜 ホウレン草、キャベツ、はくさい、葉菜つけもの
      果花葉 きゅうり、トマト、ピーマン、その他の野菜

・海草類
・魚介類 生魚、魚介(生干し、乾物)、その他の加工品
・乳類  牛乳、その他の乳製品
・その他 いも類、豆類、きのこ類、肉類、卵類、種実類、砂糖類
      菓子類、油脂類、調味料嗜好飲料、その他の食品

別表2 第2段階モニタリングの主な対象食品
◆穀類
・米類 米、米加工品
・小麦類 パン・菓子パン、なまめん・ゆでめん、その他小麦類

◆いも類
さつまいも、じゃがいも、その他のいも、いも類加工品

◆豆類
・大豆 大豆製品 味噌、豆腐、豆腐加工品、大豆その他の大豆製品
・その他の豆類、加工品

◆果実類
柑橘類、りんご、その他の果実、果汁

◆野菜類
・葉菜  ほうれん草、キャベツ、はくさい、葉菜の「つけもの
・果花菜 きゅうり、トマト、ピーマン
・根菜  大根、にんじん、たまねぎ
・その他の野菜(葉菜、果花菜、根菜含む)

◆きのこ類
◆海草類
◆魚介類
・生魚 さけ・ます、まぐろ類、たい・けれい類、あじ・いわし類、その他の生魚
・いか、たこ、かに
・貝類
・魚介 生干し、乾物
・その他の加工品
◆肉類 
牛肉、豚肉、鶏肉、その他の肉類
◆乳類
・牛乳、チーズ、その他の乳製品
◆その他
・種実類
・砂糖類
・菓子類
・油脂類
・調味料嗜好飲料
・その他の食品

別表3飲食物摂取制限に関する指標

別表4.経口摂取いよる実効線量及び甲状腺等価線量への換算係数

別表5.第1段階モニタリングに係わる食品摂取量

別表6 第2段階モニタリングに係わる食品摂取量
 


◇(社)日本電気計測工業会(JEMIMA)










 


○放射線応用計測 放射線測定:技術解説

1.1放射能応用計測器
1.2放射能モニタ
2.2.1種類
(1)電離作用を利用するもの
(2)発光作用を利用するもの
(3)その他
2.2.2電離箱
2.2.3比例計数管
2.2.4GM計数管
2.2.5半導体検出器
2.2.6シンチレーション検出器
(1)シンチレータ
(2)光電子増倍管
2.2.7放射線検出器の適用分類
3.放射線応用計測器
3.1.1種類別利用状況
3.1.2密封線源
 


◇日本アイソトープ協会

 

 日本アイソトープ協会は「科学」と「生活」をつなぐパイプです。
わが国におけるアイソトープ利用の促進と安全確保のために、知識・技術の普及に努め、供給から廃棄物処理まで一貫した体制を支えています。
 

◇(財)放射線影響協会






 


○「放射線の人体への影響がわかる本」

第2章 放射線の人体への影響

1.放射線影響の研究はエックス線の発見で始まった
2.人体に放射線があたると
◎細胞への影響
◎人体への影響
3.確定的影響と確率的影響
4.しきい値はあるのか
5.放射線ホルミシス現象
6.いろいろな被爆
◎自然放射線の影響
◎自然放射能の高い地域の調査
◎医療被曝

 


◇日本放射線エンジニアリング(株)



検査用の特殊計測器はここまで進化しています。先人の知恵を借りて業務用検査選別のしくみシステムの構築のスタートのレベルの基準の一つのベンチマーク企業です。


 


東芝グループの一員として、同社の放射線測定機器の開発、製造、メンテナンスまで一貫して携わるとともに、独自技術により開発した製品の中には、実用新案を取得しえいるものもあります。多様化する要求に的確に応えること。当たり前のことですが、それが高い品質につながっていると考えています。
◆創業/設立 昭和44(1969)年7月/昭和47(1972)年5月
◆社員数 122名

◆営業種目
・各種測定器の研究開発、設計、製造、販売
・計装システムのエンジニアリング、設計、製造、販売、据付工事およびメンテナンス
・各種放射線取扱機器、マニピュレータ等の製造、販売
・各種計装、電気工事の設計施工、測定器管理業務の請負
・上記関連機器及び部品の販売

◆本社 茨城県日立市桜川町
  東海事業所 つくば研究所 東京事業所  
 


◇(財)日本分析センター

 

 みなさまの身の回りの環境に関わる分析サービスを正確・迅速・確実に提供します。
環境放射能の分析、安定同位体比の分析、シックハウス原因物質の分析、ドーピング禁止物質の分析など、みなさまの身の回りの環境に関わる幅広い分析サービスを提供します。
 

 

 


□放射線応用計測器の現状


◇放射線応用計測器年表

 年代

  放射線応用計測器

 年代

  放射線応用計測器

 1954年 

β線反射型厚さ計、β線透過型厚さ計

  1981年

 中径シームレスパイプ厚さ計

 1956年

 γ線レベル計(GM式)

 1982年

 中性子水分計(Cf式)

 1958年

 γ線密度計(シンチレータ式)

 1983年

 磁気フィルム用厚さ計(βーX線)

 1959年

 γ線密度計(電離箱式)

 1984年

 γ線厚さ計(16btマイコン搭載)

 1960年

 中性子水分計(BF3式)

 レベル計(光ファイバ式)

 1961年

 熱間圧延厚さ計(アナログ式)

 1985年

 小型シームレスパイプ厚さ計

  1963年

紙用厚さ計、厚さ計(固定電位計式) 

 1986年

 ミル直近厚さ計

 1964年

 ECDガスクロマトグラフ

 1989年

 塗工量計(Ca量計)

 1966年

 連鋳用レベル計

 1993年

γ線レベル計(プラスチックシンチレータ)

 1969年 

 γ線インターロック装置 

 1994年

 X線式フィルムシート厚さ計

 抄紙機用秤量水分計

 1995年

 γ線厚さ計(32bit マイコン搭載)

  H形鋼用厚さ計

 

 

 1970年 

 フイルム用厚さ計(Pm式)

 

 

 石油硫黄計(透過X線式)

 

 

 1976年

 γ線厚さ計(12bitマイコン搭載)

 

 

 X線マルチチャンネル検出器

 

 

 1979年

 石油カロリー計

 

 

 

 

 

 

 

 


◇放射線モニタ年表

 年代

 放射線モニタ

 年代

 放射線モニタ

 1954年

 GM式サーベイメータ

 1971年 

 電離箱式警報線量計 

 

 線量率計

 1972年

 GM式ランドリモニタ

 1961年

 ダイストミニタ、ガスミニタ、水モニタ

 1974年

 GM式個人被爆線量計

 1962年

 GM式野外モニタ

 1982年

 半導体式個人被爆線量計

 1963年

 液体シンチレーションカウンタ

 1987年

 マイコン式デジタル測定機

 1964年

 エリアモニタ

 1992年

光ファイバ式放射線モニタリングシステム

  1966年 

 マルチチャネル波高分析器

 1992年

 N-16モニタ

 ホールボディカウンタ

 1994年

大型水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置
(スーパーミオカンデ)

  1967年

 β線スペクトロメータ

 

 

 ポケット線量計

 

 

 

 

 

 

◇電離作用を利用するもの


 

 気体を用いた検出器として電離箱、比例計数管、GM計数管があり、固体を用いた検出器として半導体検出器がある。これらはいずれも電離によって生じた正孔(又は正イオン)と電子(又は負イオン)が再結合しないように、検出器の正負電極にバイアス電圧が印加されており、これらのイオン等がバイアスの電界によって各々反対極性の電極に移動することにより電気信号が形成される。
 

◇発光作用を利用するもの



 

 発光体を利用するものにはシンチレーション検出器がある。シンチレーション検出器は放射線を光に変換するシンチレータと光を電気信号に変換する光電子増倍管から構成される。新地レータは放射線の入射に伴いエネルギーの高い励起状態となり、これが元の状態に戻るときに発光する。また、光電子増倍間はこの光を電荷に変換すると共に100万倍近く増幅して電気信号を形成する。
 

◇その他







 

上記2つと異なり、検出器はリアルタイムでの計測が困難であり、照射後の処理によりはじめて測定値が得られる。
(1)感光作用を利用するものとしてフィルムバッジ、ラジオグラフィーフィルムがある。これは乳剤中に含まれるハロゲン化銀が入社放射量に比例して活性化されると現像処理によって可視的な金属板となり、黒化度として計測されるものです。
(2)入社放射線量に従って物質中の捕獲中心に電子正孔対を捕獲することを利用するものとして熱ルミネッセンス素子や蛍光ガラス素子がある。これは照射後の加熱、紫外線照射等により電子正孔が再結合する際に放出されるルミネッセンス光子を計測するものです。
(3)入射荷電粒子の飛跡に沿って物質中に発生する分子損傷を利用するものが固体飛跡検出器です。これは照射後のエツチング処理速度が損傷部と非損傷部では異なることから損傷が特定でき、その個数を計測するものです。
 

 

 


◇主な放射線応用計測器の利用分野

 種類

 代表的な利用分野(業種)

代表的線源(核種・数量)

 厚さ計

 鉄鋼、パルプ、鉄、化学、非鉄金属

 85Kr(β)
 90Sr(β)
 147Pm(β)
 137Cs(γ)
 241Am(γ)

〜37GBq
〜3.7GBq
〜37GBq
〜1.11TBq
〜1.85GBq

 ガスクロトグラフ

教育・研究機関、化学、計測サービス、食料品

  83Ni(β)

 370MBq

 レベル計

 化学、鉄鋼、繊維、パルプ・紙

  60Co(γ)
 137Cs(γ))

〜259GBq
〜111GBq

 密度計

 化学、パルプ・紙、研究機関

 137Cs(γ)

〜111GBq

 非破壊検査装置

 非破壊検査サービス、器械、鉄鋼

  60Co(γ)
 182Ir(γ)

〜1.85TBq
〜3.7TBq

 たばこ量目計

 たばこ

  90Sr(β)

〜740MBq

 硫黄分析計 

 石油・石炭製品、化学、鉄鋼、電気・ガス

 241Am(γ)

〜22.2GBq

 中性子水分計

 鉄鋼、ガラス・土石、化学

 241Am-Be

〜18.5GBq

 蛍光X線分析装置

 鉄鋼、非鉄金属、研究機関

   55Fe(X)
  108Cd(γ)
 241Am(γ)

〜1.85Gbq
〜1.11GBq
〜18.5GBq

 

 

 

 

◎くらしの中ですでに放射線は業務に活用されています。
(1)身体の中を見る。 (2)佛像の中を見る  (3)荷物の中を見る  (4)厚み、密度、量等を測る
(5)じゃがいもの発芽抑制や医療器具の滅菌
などで気づかない間に放射線の利用が沢山進んでいました。
 

 

 

 

 

◎各地で問題になつている共通の問題は、活用企業、研究機関等が発生する放射性廃棄物の最終処分が各行政が苦慮している問題のようです。最先端の原子力発電所でさえ、安定な産業廃棄物に変えることが長期間ようします。民生の処理は、長期間安全なのか分かりません。処分場所の連続検査できる監視のしくみシステムの構築が予防学の一つとして必要かも知れません。

事例
「研究機関等で発生する放射性産業廃棄物の最終処分地に関する意見書」
  
city.saitama/conntennts/・・・・/files/iinkaiteisyutugiann
さいたま市 委員長提出議案第26号の内容例があります。
多くの地域行政の困る課題の一つだったようです。 全て「原子力基本法等に基づき、含有する物質や量により措置の方法が定められていますが、安定化する方法の指示ではなく、天変地異で放射能漏洩の可能性がゼロでない内容です。過去のPCB土壌汚染以上の放射線による環境影響がある確率は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




□業務用計測機能での期間は食の安全・安心自力本願型最善行動を待望。

自然にある放射能また宇宙線からの放射能核種とは異なる過去の核爆発と原子力発電所事故や日常に産業で活かされている多くの核種の空・海・土地からの放射能核種が、体内に入り、半減期の長い核種が体内に蓄積される確率が高い時代が既に始まっています。
放射性核種を短期間安定化の科学理論がない現在は、自分、家族、傍が自己で最小限の影響になる確率が高い「正しい習慣を身に着ける」ことがあなたの子孫の未来を開く自力本願の方法の一つです。

いよいよ放射能対策にたいする「思い込み型」「本人は正しいと思い込む狂信型」の現実的対応の次元とは異なる、「流言飛語」の時代の扉がひらかれました。その情報源、そのデータの発信源泉の生データで人による偏向加工される前の情報を活かす方が、的確に自力本願行動を決断確信の上で習慣化できます。
対因型の対応がまだできない時代は良い確率が高いものを選択して実行する方が、あなたの身体、家族、あなたの周囲にプラスになる確率は高くなります。
あなたが何を決断するか、自力の失敗ならあきらめがつきますが、他力で、最悪の事態になり、他人責任を追及しても、あなたの身体は2度復元できる確率は、現在はゼロかもしてません。
 


◇(独)放射線医学総合研究所









 

◎内容転載
計画停電の影響でホームページへアクセスできなくなる可能性があります。ご迷惑をかけいたしますが、ご了承下さい。
Googleに放射線医学総合研究所のミラーサイトがございます。ご活用下さい。
(新時代の精度の高いHP情報源の今後の危機管理のやり方の一つ。A志援ms)

 
●この日本で公開内容を基準に、必要なプラスの付加できる確率の高い情報を探すのも一つの方法です。

○研究センター
◆重粒子医科学センター
◆分子イメージング研究センター
◆放射線防護研究センター
◆緊急被ばく医療研究縁ター
◆基礎研究センター
 


◇安全健康リンク集
(行政・団体関係)





 


「安全衛生情報センター」
が運営しているサイトです。

◆官公庁
◆安全衛生関係団体

・労働災害防止団体
・独立行政法人
・ボイラー、クレーン検査検定等関係
・技能講習関係
・その他の安全衛生専門団体等
 

 

 

 

 

 

 



□食の放射能汚染が人の食に安全なのか悪さ加減を抑える


◇2011年4月8日までの食に関する日本よりも「緩い」規制だったEU 

旧ソ連のチェルノブイリ原発事故が気流の関係で影響度が日本より高く、環境変化に応じて規制が強化された間接的汚染の先進地域EUエリアの現在の規制内容を知る。
今後の世界の他の地域より過敏なエリアの食の今後輸入規制の変化がどうなるか、原子力発電稼動している国の変化は他の国の規制強化を見る窓として継続的検証エリアです。

現在「潜在脳の機能」で、過剰に規制する現実とは別次元の何かで行動を採る国はありますが、一過性行動で、何が世界の食で安全安心か「顕在脳の機能」が優位な人の数が55%を超えた段階でネットワークの時代は20世紀までとは異なり、個人行動は世界標準の行動へ収束する確率は高い。過剰異常行動に幻惑されず、悪さ加減の真実追究の方が日本の食の危機を回避する方向の仰角は高い。
 


  日本からの輸出食品へのEUの規制(2011年3月と4月8日発表)
   チェルノブイリ指令による規制値、日本の暫定規制値の比較
  *赤字は4月8日にEUが変更した数値。( )内の数値は日本の暫定規制値。単位はベクレル/kg
                                  出所 ドイツ連邦放射線防御局、厚生労働省

  核種

乳幼児用
  食品

牛乳
乳製品

 その他
 食品

 飲料

  指令

  対象

ヨウ素131 

    150
    100
   (100)

   500
   300
  (300)

    2,000
    2,000
  ( 2,000)

   500
   300
  (300)

  297/2011号
 (EURATOM指令
 3954/87号に基づく)

  日本からの
  輸入食品

セシウム134
セシウム137

    400
    200
   (200)  

  1,000
    200
   (200)  

   1,250
     500
    (500)

 1,000
   200
  (200)

  297/2011号
 (EURATOM指令
 3954/87号に基づく)

     日本からの
   輸入食品

セシウム134
セシウム137

    370

    370

     600

   600

   733/2008号
 (チェルノブイリ指令)

チェルノブイリ事故の影響を受けた国からの輸入食品

 

 

 

 

 

 

 

チェルノブイリ指令はセシウム137による食品汚染に焦点を合わせた指令です。セシウム137の半減期は30年で、いまなお野性動物やキノコの汚染が確認されています。EUはチェルノブイリから放射性物質の影響が長期にわたることを想定して、規制値を低く設定した。西欧ではまだ大規模な原発事故は発生していないので、EURATOM指定は一度も各国での法律として施行されたことがなく、福島原発の事故で初めて法制化された。つまりEUは24年前に合意されたものの、実際には使われていなかった規制値を取り出してきたのが現状です。                                週刊ダイヤモンド 2011.4.23 から抜粋
 

 

 

 

 

 

 

 


◇日本の暫定規制値の対象物質と規制値

       
単位 ベクレル






 

  飲料水、牛乳、乳製品

 野菜類、魚、肉、卵、穀類など

放射性ヨウ素

  300

放射性ヨウ素
(野菜は根菜、イモは除く。肉、卵、穀類は規制値なし)

  2,000 


放射性セシウム
 

  200

放射性セシウム

   500

ウラン
(乳児用食品も含む)

   20 

ウラン

  1,000

プルトニウムおよび超ウラン元素の特定種
(乳児用食品も含む)

    1

プルトニウムおよび超ウラン元素の特定種

    10 

 

 

 

 

◇放射性同位核種の人体への影響










 

・ウラン235(半減期7億年)、プルトニウム239(半減期2万4000年)と半減期は長く、プルトニウムは発ガン性が高く、暫定基準値もより厳しい水準にあります。
・ヨウ素、セシウムが観測の中心になるのは、炉心内部にあるウランプルトニウムよりも、ヨウ素やセシウムは揮発性が高く、大気中に拡がりやすいためです。
ヨウ素(半減期8日)と半減期は短いが、喉の付近にある甲状腺に特異的に集まるため、甲状腺ガンの原因になる。特に子供は甲状腺が小さいために、よりリスクが高い。
・セシウム(半減期30年)は骨や志望には蓄積せず、筋肉など体全体に広がる。半減期が長いため、土壌など環境中に長期間、とどまりやすい。セシウムの化学的特性は肥料に使われるカリウムに近く、野菜など植物に取り入れやすい。セシウム137の場合、体内では70日で半分に減る。
・ストロンチウム90(体内半減期が18年と長い)は骨にたまりやすく、被爆量が増えると骨のガンなどの原因になる。現在はストロンチウムは分析に3週間以上かかり、検出技術の進化が待望される。

◎日本の広島長崎の長期に亘る人体への影響度の推移臨床検証結果は公表されていないが、チェルノブイリ原発事故後、発電所から近いベラルーシの人体への影響経過が公表されているものもあります。
今後日本の規制値が長期的に人の安全維持の数値になることを祈念しています。
(日本の暫定値がEUと酷似しているのはなぜか?)
 


◇魚の食物連鎖による蓄積のしくみと濃縮計数







 


○魚の食物連鎖

植物プランクトン⇒動物プランクトン⇒小魚⇒大型魚

  物質        海産物の濃縮計数
放射性セシウム      5〜100
放射性ヨウ素         10            濃縮係数は
 ウラン             10            低い 
プルトニウム          3.5 

 水銀            360〜600
 DDT            1万2,000
 PCB            1,200〜100万 

*濃縮係数=生物中の濃度+海水中の濃度   出所 水産庁

水銀よりも蓄積されにくいが、半減期が長いため長期累積するため
対流拡散がされない水域では、ある期間後の数値はどうなるか?
               

 

 





 


□福島第一原子力発電所事故の履歴
                          
2011.4.11更新終了

 1日本の世界の皆様へのお詫びとお願い
























 

 

 

2.汚染源終息への世界からの意見具申のお願い












































 

 

1.核分裂による生成核種(数100種類)
その大部分は半減期が短いかあるいは生成量が少ないために人間の被爆に関与する核種は限られます。 上記以外のもの
・ストロンチウム90(90Sr) 半減期28.8年 
・ジルコニウム95(95Zr) ・ルテニウム106(106Ru) ・セリウム144(144Ce)

2.主な自然放射性核種
地球の誕生の時に存在するもの。地球起源核種
  核種        記号      半減期
  カリウム40      40k       12.7億年
 ルビジウム87     87Rb     475億年
 トリウム232     232Th      140億年  
  ウラン238      238U       45億年 

3.宇宙線起源核種
  トリチウム3    3H         12.3年
  ベリウム7     7Be       533年
  炭素14      14C       5,730年
  ナトリウム22   22Na        2.6年    

 

 

 

 

 

◎現実化しないことを祈念していましたが、やつと今の段階で、行動がはじまりました。
多くの日本国内の原子力発電所が、すでに「岡目八目」で、現在の現場対応が、単線、実行して、出来ないと次を考える後手方式、「太閤記の墨俣の城普請」の現実を見ているようです。世界の最強の終息対応確率の高い部隊が現在の本流に変わらなければ、長期化が当たり前という周囲の本流の強さを抑える確率は低い。最も謙虚で世界の協力を積極的にうけ、最短で終息する使命がある専門化のリーダーが20世紀で時間が止まった、自分が超一流と思い込むある思考帯域が極度に低い人が主流を占めるとき、日本に任せることは世界への負の資産を増幅させる確率が高い。世界の叡智による意見具申と、スクランブル行動を待望しています。 
2011.04.04 A志援ms
 

3.国内の原子力発電所が、危機管理の安全度を高くする変更に着手しました。


















 


日本国内の原子力発電所は 危機管理の安全度を高くする自主的な経営理念に基づく変更に着手しました。既に、冷却に関係する電源が停電時の対応のしくみシステム、停電時の緊急対等のための訓練(「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」)が世界ではじまりました。徹底体得、無意識でも行動できるレベルまでの反復訓練を待望します。送電がストップしたときの非常電源体制、水の循環系の復旧体制への対応。2011.04.07夜には東北電力の他の原子力発電所が地震で現実に停電し対応するも現実に発生し、原子力発電所への送電ルートの検討がはじまりました。

日本国が決める安全基準は下限しか決められません。女川原子力発電所と福島原子力発電所との危機管理レベルの違いは、経営陣の決断した人質格差、国の安全基準を守ればよい「晴れ型」の価値判断をしただけで、新しい基準が出来ても、「雨型」を想定して守るかどうかは経営陣の人質できまり、天変地域がさらに想定以上の場合はは再発する確率は高い。問題解決の手段を世界でまだ人間が開発していない領域の場合は、特に価値判断レベルが行動の分岐点になる確率は高い。

既に世界の原子力発電所は、非常時対策に備えて新たな緊急対応に着手しています。限りない福島第一原子力発電所の事故が限りなく確率ゼロに向かって挑戦を待望しています。

日本国の各原子力発電所へ共有ノウハウとして「カイゼン」の意見具申提案をよろしくお願いいたします。

◎もう一歩、陸海空への放射性核種を限定範囲に飛散する、緊急閉空間にするドーム型のしくみシステムの進化を待望しています。

◎現在の陸対策は、漏洩汚染物質が配管以外からの汚染水が漏洩する確率が高い建設設計仕様になっているようです。地下水脈への流出の検知のしくみがないようです。地下の岩盤調査と同様に、水脈避けた完全防水型の地下地盤の設計仕様の変更が必要なようです。

◎周囲は 海抜500メートル以上の付帯設備の設計基準が必要なようです。

◎原子炉の循環水の流入排出が1管設計仕様のようで、緊急時の事故管の閉鎖と代替配管への接続のしくみ、危機管理の原則ができていないようです。根本的な「晴れ型設計仕様」の設備は、こんな危険なもの稼動させていたのかと驚愕しました。
廃炉への準備(完全廃炉まで10年以上かかる確率が高いとのこと)に入るように本流を変える検討機会ではないでしょうか?わずかな可能性がある事を祈念しています。
 

◇北海道立衛生研究所
























 


道民の保健および衛生の向上のために、昭和24(1949)年に設立されました。

昭和55(1980)年12月放射性同位元素(RI)試験研究棟を新築
昭和57(1982)年一部気候改革を行い、ラジオアイソトープ管理室を新設
昭和63(1988)年2月放射性同位元素(RI)試験研究棟を増築

○「北海道立衛生研究所における環境放射能調査50年の変遷」
  Rep Hokkaido Inst.Pub.Health,57,I-14(2007)

大気圏内で実施された核爆発実験によって生成した放射性物質は成層圏にまで達して留まり、フォールアウトして陸上及び海上に降下している。北海道における環境放射能調査は、この放射性物質の動向及び放射性物質から放出される放射線量を把握することを目的に開始された。
T.当所における50年の環境放射能調査概要
U.測定法及び調査対象の変遷
1.全ベータ放射能の測定
2.NaI(TI)波高分析器による機器分析
3.放射化学分析
4.ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー
5.空間放射線量の測定
V.放射能調査結果と概要
W.放射能分析確認調査事業
X.非常時における放射能調査
1.チャルノブイリ原子力発電所事故
昭和61(1986)年にソ連のチェルノブイイ原子力発電所の事故がおこり、原子炉の炉心が溶融して大量の放射能核種が大気に放出されました。科学技術庁長官を本部チュとする放射能対策本部が内閣に置かれ、その指示に従って4月29日から非常時における監視体制に入り、安全宣言が発表された6月6日まで継続されました。
2北朝鮮による地下核爆発実験
平成18(2006)年10月初旬
X.今後に向けて

要約
昭和32(1957)年から50年間に亘って実施してきた環境放射能調査について、関連する国内外の主なできごとならびに調査内容、調査対象、測定方法及び配備された機器の変遷をとりまとめました。また、本調査を主体として得られた成果を概説するとともに分析結果の信頼性を確認するために実施されているクロスチェックについて述べた。さらに、非常時の事例としてチェルノブイリ原子力発電所事故及び北朝鮮による地下核爆発実験を取り上げて、その対応について紹介した。

●福島原発事故までは 日本は放射線、放射能に鋭敏な国の一つでした。
A志援ms
 


◇IEER「エネルギーと安全保障」日本語版



















 


「廃棄物の核変換(消滅処理):核の錬金術のギャンブル」 1999年

  アニー・マキジャーニー、ハイシャム・ゼリフィ

「分離核変換の研究は、我々みなにとってなかなかの誘惑的なものである。これは、新たな再処理技術、新たな燃料開発、さらなる核についてのデータ、新たな原子炉および照射施設、新たな廃棄物処理および処分の概念、そして特別な安全性など必要とする。全世界の核科学・核技術の分野にとって挑戦の機会である。」

「(核変換)計画は原子力の研究開発全般を再活性化させ、原子力オプションを健全な状態で21世紀に持ち込もうとまい進する有能な若手研究者を焚きつけるだろうと期待さえている。」

◎原子力産業が直面している最大の障害の一つは、民生原子炉から廃棄される使用済燃料、また使用済み燃料からプルトニウムを抽出することで生じる高レベル廃棄物として生み出される放射性廃棄物をどうするかというものである。
放射性廃棄物を一般公衆及び環境から隔離するために大半の国が選択したオプションは、地下の深地層処分場への増設である。
しかし、使用済み燃料と高レベル廃棄物には、半減期が極めて長い(数千年から数百万年)多数の放射性核種が含まれるため、これほど長期にわたり廃棄物を確実に隔離するものは不可能であるとされている。一部の長寿命の放射性核種の漏洩の可能性に加え、人体への侵害(意図的であろうとなかろうと)を防ぐ保障も不可能である。表1に問題になる長寿命放射性核種を示す。

・表1:問題となる主な長寿命放射性核種
・図解:核変換プロセスの各段階
・核変換の物理学
・提案されている核変換方式
・表2:核変換方式
・残渣廃棄物
・核変換の合意するもの
<核拡散> <環境及び健康> <原子炉の安全性> <コスト>
<原子力の継続>
・結論および勧告

 

◇「ウラン廃棄物の処分及びクリアランスに関する検討」















 


「ウラン廃棄物の処分及びクリアランスに関する検討」

    平成18(2006)年3月
8.測定技術
8.1ウラン廃棄物のクリアランス検認のための測定には、性状、材質、汚染形態(表面汚染、均質汚染)、測定単位等に応じた技術が求めれれるが、現在のところ、雑固体を含めたすべてにウラン廃棄物を対象とすることができる実用的な技術はない。
現状では、研究開発レベルの技術を含めると。
表8.1-1に示すような測定技術がある。 具体事例紹介

表8.1-2 ウラン廃棄物に適用が可能と考えられる測定技術 

  汚染形態

 性状・材質

適用可能な測定技術
  の例

  技術の概要

表面汚染




 

雑固体(金属等)




 

グリッオ・イオン・チェンバ(GIC)法

汚染物から放出されるα粒子によりイオン化 された空気を電気量として測定する。
 

サーベイメータ法
(シンチレーション法)

汚染物から放出sれるα線、β線等をシンチレータを利用して測定する。
 

均質汚染
(バルク汚染)
 

焼却灰、スタッジ等

サンプリング測定法
(ICP-MS法)

試料を酸等の溶解して試用養液とし、これをArプラズマ中に噴霧してイオン化させ、質量分析を行う。


全般(ドラム缶詰め)
 

パッシブγ法

ウラン核種から放出されるγ線の強度を測定する。

 

 

 

 


◇守りの開発が遅れた用途開発の世界

儲からない開発を金食い虫の研究開発と短期間で安定元素のする半減期の短縮技術が必要な時代がきていることにはじめて気づきました。










































 


◎放射能同位元素の半減期を1/2以上にできる対症療法がの発明を待望しています。
半減期が短くなるとヨウ素同位元素のようにゼロになるときまでおけば自然界の昆布、わかめ等の海藻類と同等になり、食の生産物を廃棄せず限りなく放射線の発生がゼロになるまで、冷凍保存したり、加工して倉庫に保管し、ワインのように熟成を待つような方法が可能となる確率は高い。

◎人類生物のために延命できるための科学の進化を待望します。

すでにストップできない核種の金になる、有用に見える多くの分野で普及してしまっていて「覆水盆に2度ともどれない」現在世界に気づいた今、プラス部分だけが機能するためのマイナス領域をゼロ化するしくみシステムの構築を待望します。

第1期のアインシュタインの相対性理論、第2期のボーアので量子論、

◎「原子力発電所が安全である神話から「催眠状態」から多くの人が覚醒してきました、現実に気づけませんでしたが、第3期は「量子論の完成」ではない「パンドラの箱づくり」が世界ではじまっていたようです。

第3期の放射性核種は現実化できるが安定を制御できない攻め型理論(やりっぱなしの原理) 放射性廃棄物を無限に地球の地下に隠す原理(パンドラの箱づくり)の段階の確率は高い。

第4期未来放射性核種の半減期短縮時人体に無害な安定核種にする理論。「パンドラの箱」を無害にして、未来の人類の希望に変える発見から発明する超人財の出現への待望。

第3期までは核種を不安定化させるための理論がないようです。
不安定化した放射性同位元素の半減期を短縮し、短時間にし、短い時間で安定化させる原理は含まれていないようです。不安定化により、高温と光が発生する原理です。(作用の原理:攻め)
・長時間かけて原始的な水の中で不安定化元素の熱を吸収して、長時間かけて艇客し、安定化基準は常温までのようです。常温のバランスが崩れると、制御とは別次元で核種の不安化がはじまるようです。薄氷管理の現状である確率は高い。

・多くの研究機関、多くの業種の業務用活用された放射性廃棄物(守り)が短期で安定化廃棄物に変える科学の進化は儲からない金食い分野開発ですが、この研究分野を支援する人類生物のために超投資する人の出現を待望する時期がきているようです。従来の小規模では実証試験が出来ない分野、儲かる分野「攻め」には無限の投資がされているのが現実です。すでに多くの人財が挑戦し途中で挫折しています。

すべてゼロの世界です。人が動いた原因は結果として反作用原理がある確率は高い。

アインシュタインの相対性理論の中に現在の「攻め」領域の理論と180度逆の原理、不安定な核種を短期で安定化させる、半減期を短縮する終息の原理(反作用の原理:守り)が早い時代発見、発明し理論化にできることを待望します。


完全隔離型閉空間内で、反作用対策をすれば外部への影響がゼロの対策も可能にする確率は高くなります。多くの研究機関、多くの業種の放射性廃棄物の安定化期間が短縮され、通常の廃棄物と同等になくことを祈念しています。

 

 

 

◇2011.03.22
A志援会員サイトにコンテンツ掲載をはじめました。

 

天変地異で被災した皆様の再生の力に、また、子孫が健康であるためにA志援が今できることをはじめることにしました。
テレビを見ているだけの時をムダに過ごすことを止め、A志援サイトに来訪されるすばらしい人財の誰かが、未知のテーマ解決に動きはじめて下さることを祈念して「私のできること」をはじめました。

閲覧者ゼロの確率は高いですが、この事故が終息したとき、岡目八目型のA志援の手順も終息期間を短縮する方法の事例として、緊急現場での行動組立てに役立るヒントの一つになれば幸いです。
 

◇2011.04.04以前





















 

最初に災害の全容を短時間で全容確認すべ緊急段階の戦略責任者が、「かいわれ大根」で安全宣言した賓客が、「今回の事故の終息と安全宣言」をした愚が、戦術戦闘要員の持ち場での最善バラバラ行動が始まり、終息に重要な、全体の動きを整合して的確に動かせるべきすばらしい制御型人財でさえ、現場報告によるマイナス情報が優先となり後手の小手先パッチ当て指示型に変わり、現状全体を誰一人判断できない現場になっているようです。後手場当たり行動になり、解決の核心より、拡大する影響現場の変化に対応する遅行管理の現場の姿のようでした。

◎2011.04.07 スポーツ報知
官邸HP「ベント」開始時間を書き換え
原発事故で、政府の原子力災害対策本部が、首相官邸ホームページ(HP)で公開する経過録で。3月12日実施の1号機の緊急措置「ベント」の開始時刻を、4時間余り早めに、書き換えたことが4月6日、わかった。ベントは炉内圧力を下げるために、放射性物質を含む蒸気を周囲に排出する非常手段。当初、「午後2時半開始」と記されていたが、3月27日に「午前10時17分」に変更された。経産省原子力安全・保安院担当者は「当院は当初からベント操作着手を10時17分としており、官邸に指摘して、表記がかわったと説明。ただ官邸HPがその時刻に「操作着手」でなく「開始」となつている点は「官邸側に提起した」と語るにとどめた。
保安院によると、同日午前9時すぎ、1つ目の排出弁を開け、同10時17分に2つ目の弁開放に着手。だが不具合で開けず、調整後、実際の蒸気排出確認は午後2時半だった。同HP上の保安院の別の発表では、14時40分に「蒸気の放出を開始」と表記。また枝野官房長官の会見録も、ベントは「14時ころから」行われたとなっている。

緊迫の初動体制で戦略決断を採る人財が賓客対応で不在の現場で、次々と発生する未知の体験に対する処置に影響がない確率はゼロでしょうか?初動の戦略行動の遅れは未知の現象が頻発する現場では戦術、戦闘努力では、核心を突くことが難しく時間が過ぎる現象が起こる確率はたかい。制御型人財の場合「空気に気づかない本気の賓客が突然来訪する場合の、未知の現象頻発現場で、来訪を安定後に変更していただくの「断る決断」も最適方法の一つです。もし妥協して最悪の事態になっても、気づけない賓客の他人責任するのではなく、自分が蒔いた種の一つと考える統率するリーダーの責任と採る実務家の結果責任の取り方の方法の一つです。
 

◇2011.04.04 
A志援会員サイトの関連コンテンツの整合をしました。

















 


世界の知恵がアドバイス型でご支援いただきはじめました。感謝しています


もし可能なら、現在の現場担当部隊に変わり、世界の最先端のスクランブル部隊を編成して、現場の担当部隊の本流にかわり、現在の現場担当部隊の総能力を発揮するための指揮権掌握が必要な段階に来ています。
アドバイスを謙虚に聴け、全体最適の指示より、終息行動とは別の次元の動きがある徴候があるためです。日本の指揮系統まかせの現状で、短期終息確率は高いでしょうか?
世界観視点で何を優先すべきか待望しています。現在のやり方は一言集約すると「太閤記墨俣城の前任者群}のようです。 2011.04.04 A志援

世界の最強部隊が指揮権を持ち、遅行管理を断ち切り、先行管理行動に変わり、必要組織行動人数を全範囲で展開に変えると、すばらしい現場の制御人財と、連携する組織が加速度的に終息へ向かう確率が高くなります。

福島原子力発電所の事故は、晴れ型規制基準で、原子レベルの制御ができると過信した結果です。天変地異の頻度、人間の想定した「曇り型」「雨型」基準の限界を超える確率が高い時代に入る徴候の一つです。現在稼動する原子力発電所の緊急消息実行部隊を国を超えたレベルで組織をつくるときが近づいているのかもしれません。

世界の放射能汚染源となった日本が、食の安心安全のしくみシステムを世界の食料不足のための普及の突破口の一つを実現する自己責任を採るために世界の力を借りて、中期短期で実現する時に気づき行動をはじめることを待望しています。
 

◇2011.04.06



















 

◆「最短期間で完全に終息するために日本国の我流優先の方法から、的確な世界の実務者に指揮権を変えて、現場担当者は、大局視点で全面的複線型で全域行動展開し的確な現場処置の段階を採る時期が近づいています。日本のISO審査員資格を持つ、現場力の高い実務家が会社を超えて集結して、連携行動に入り、現在の現場の実務家の本音の声を聴き、行動する段階に近づいています。「チェルノブイイのコンクリートt詰め方式は、既に経年脆化現象が出はじめている確率は高い。広大な土地を持つ、面積当たりの人口数が少ない国の方法です。日本国は、完全に終息させることが、世界のために必要である確率が高い。
                                   2011.04.06A志援ms

◆想定どおり、放射能汚染した水(大量放水が原因、地震でのクラックからの流出は必然)が、終息のためを大義名分に放出がはじまりました。オイルフェンフェンズのような防止を急ぎ、魚の骨、甲殻類に蓄積される、セシウム、ストロンチウムの量を最小化に努めることができるように祈念しています。
海底までの幕型のつり下げ方式、海流の強さの強度が可能かどうか?
                                   2011.04.06A志援ms
◆2011.4.5
愛媛県八幡浜市の原子力センターで福島第一発電所による汚染の徴候が確認されました。
・4月3日3時から24時間に渡って採取した大気中の塵から放射性セシウム134が1立方メートル当たり0.11ミリシーベルトを検出(法令の20分の1)
・同地点同日同日で、ヨウ素131が1立方メートル当たり2.8ミリシーベルトを検出(法令の1700万分の1)
                              2011.04.06A志援ms
             

◆2011.04.07































































































 


◆超大量に注入した水が放射能汚染水として大量に海水に流れることを完全の止めたことを成果として写真まで掲載して報告がありました。1/3程度の流出なら良いのですが、いよいよ濃縮された水が土壌に浸透、含浸し地下水脈の汚染へ拡大をはじめ、浸透スピードを超えた流量は、地上の福島原発の建家の浸水が始まる確率は高くなり、益々復旧が遅れる確率は高くなちました。一生懸命の当事者外のアドバイスの実行結果をだれが予知し適切に判断する制御人財型の人がいないのでしょうか?
復水器の高さと、低圧飽和液(水)を1時的槽が、燃料棒の炉水の水位以上にしておけば、「サイホンの現象」と給水ポンプの水圧で水の槽への潤沢な水の注入でけ水位を確実に確保できるはずですが、設計上「サイホンの現象」方式はあるのでしょうか

◎半減期の長い放射能同位元素を人に影響が少ない方法は
放射能発生源がある場合の緊急対応法として
1.空中への飛散にによる地球の規模容量での拡散(大)

2.海中への流出、広大な続く海の規模容量での拡散(中)

3.土壌への含浸は、拡散が半減期の長いものは、超長期間かかります。
拡散は(微小)

地下水脈が汚染されると、水脈につながる全ての土壌が汚染されます。
してはいけない、最悪の方法をしています。早期に、海水に流すバイパスをつくり
従来の1/3を流すように意見具申できる現場の人が気づくことを祈念しています。
福島原子力発電所近隣の土地が、元のように利用できる時期が早くする技術が進化して早くなることを祈念しています。
土壌の表面から水蒸気となり飛散する確率は高く、地表の半減期の高い核種が検出さてた場合は、地表のコーティングが必要になるかもしてません。

考古学で年代測定に利用される炭素-14(C-14)というアイソトープの半減期は5730年です。

◎脳内出血時の緊急オペの手順で原子炉漏洩対策手順は連想できます。
海水への流れ完全にとめることで、どんな危険がはじまるか、脳出血時の外科の
対応時の現象で何が今後発生するか、想定できる確率は高い。

1.脳全体の現状認識と、出血患部探し
2.脳の場合は、脳内出血した量を早く外部へ出すために、内出血量に応じて頭蓋骨に複数の穴を開けて血を外部にだす。
3.出血箇所を探して処置を採る。
もし出血のまま放置すると周囲に広がり、弱い血管を破壊し、脳細胞をじわりじわりと脳全体に血が広がり壊死させしまいます。

原子炉や配管その他のどこから漏洩しているか、海水に排出する量を、蓄積した水量と継続的に漏洩する量以上に排出して、全箇所の水をゼロにして、漏洩する量を死食べ、どこからか、水の流れに沿って漏洩場所に達する方が早道です。水流でできた管をファイバー型監視法で、遠隔管理ができるので、なぜはやくしないのでしょうか、水の注入のための槽までの外部からの配管をなぜ急がないのか、なぜ水位計を設置したり、現在のパネル管理の数字が正しくする較正作業、測定接点の複数追加等の作業をしないのか、原子炉内、建物建設企業なら、なぜ現場処置方式でなく、プレカット方式の事前に想定した必要な材料を事前で準備して、なぜ短時間で組み立てる基本的方法をしないのでしょうか、すでに実行済みであることを祈念しています。

◆福島第一原子力発電所を発注し、運営のプロに代行させている設備のオーナーが東京電力です。(真の運営のプロ人財は少な)専門のプロ企業に請負委託しているの確率が高い。今回のPL責任のある企業は、事故の原子炉のしくみシステム、全ての設備を納入した企業がなぜ、国主導で導入した設備のオーナーは、事故対応には事故対応の決断中心部隊ではないのかもしれません。東京電力の副社長がまだ責任がないと言い続けるのが、何か変だと気づいた人はいませんか、福島第一原子力発電所の納入企業が今回の事故への緊急対応の主力部隊のようです。その企業が総力で対応する段階がきているようです。

●2011.04.07 毎日新聞  
「福島第一原発:原子炉安定に年単位 ・・・日立製作所・中西社長」
日立製作所の中西宏明社長が4月6日毎日新聞などのインタビューに応じた。
第4号機の建設を担当しており、技術者約300名を現地に派遣して復旧作業に当たっている。中西社長は、原子炉の冷却について「壊れた燃料をどう処理するかなど技術課題があり、長いステップとなる」とした上で、「海外の知見も借りてどうするか検討している」と語り、米ゼネラル・エレクトリックなどと廃炉に向けた計画の策定を明らかにした。原発の製造者責任については「国の基準にのっとって設計しており、責任を問われる立場ではないと思っている」と強調。「安全な状態にするために真剣に取り組んでいる」と話した。また原子力事業の今後については、「国内で稼動している原発がすべて止まれば計画停電が全国に広がる可能性があり、エネルギー政策上、原発を一切使わないことはありえない」と説明。「安全性を高め。住民のご理解を得られるように努力しながら、原子力事業は今後も継続させていく」と述べた。
「2030年までに38機以上の新規受注を目指すと表明・・・」

中西氏の公表された動きと視点が違う新聞と比較すると全体が見えてきます。
2011.04.07 日刊工業
 中西社長のインタビュー記事
2011.04.08 日刊工業
 米のGEのイメルト会長と中西社長が記者の質問に答える。  


(日本経済新聞 電子版のみ有料 なぜか?)

◎中西社長は、「製造物責任はない、2030年までに世界で38機つくる。終息は長期間かかる」とい人質は何か変?この対応の仕方は、人物評価の事例として役立つ行動の一つです。他人の振り見て、制御型人財が行動決断する分岐点の一つです。

日本国の原発事故の影響で退避し、農漁業従事者の生活権の維持が出来難い時期の空気が読めないと感じた利害関係のない人の視点から見ると何か変と感じなすが、本人は最善の方法と決めている現象です。「企業の存亡のとき、生き残りを最優先にした経営者のよくある行動パターンの一つ。雪印現象、企業観優位、多くの社員の生活基盤の維持を考えるとこの行動がよい判断している人だからです」未来はどのようなるかあなたの最適行動と採るとき役立ちます。

他の原発を納入した東芝の社長の発言も新聞に載る時がくるかのしれません。

●2011.04.07 東京新聞
「年20シーベルトで避難」安全委、厳格化へ見解 」
原子力安全委員会の代谷(しろや)誠治委員は 4月6日、記者会見し、年間の被爆放射線量が20ミリシーベルト以上になる場合は、避難指示などの対策が必要との見解を示した。福島第一原発事故が長期化を受けて、住民の健康影響を考慮する。これまで数日間で50ミリシーベルト以上だった避難指示の基準を厳格な方向で調整している。
国際放射線防御委員会(ICRP)は、緊急時の被爆について年間20〜100ミリシーベルトを超えないようにするとの勧告を既に出している。
代谷委員は「今の状態は緊急時。ICRPの基準の下限値に収める形でやりたいが、わずかでも超えたらいけないことではなく、目安として使う」と説明。最終的な避難や屋内退避範囲などの見直しは、政府と関係市町村が協議してい決めるとした。新基準では、原発から半径20〜30キロ圏内の屋内退避地域や、30キロを超える地点でも避難が求めれれるケースが出てくるとみられる。
これまでの国の指針では、外部被爆が予想される場合、10〜50ミリシーベルトが屋内退避、50ミリシーベルト以上が避難とされている。今回の事故では半径20キロ圏内の住民に避難指示が出ている。

 

◆2011.04.08




































 


●2011.04.07 朝日新聞

福島第一原発の原子炉を製造した東芝が 同原発1〜4機の廃炉案を東京電力と経済産業省に提出したことが4月7日、わかった。廃炉には一般の30年かかるとも言われているが、東芝案は技術的には10年半で可能としている。早ければ2021年にも完了する見込みだ。同じ原子炉を製造した日立製作所やゼネラルエレクトリック(GE)も共同で廃炉案を検討中で、近く東電と経産省に提出する予定。東電と経産省は、これらの案をもとに廃炉計画を固めることになる。
東芝案は事故発生から半年後に原子炉内が安定的な冷却状態になると想定した。この間にがれき撤去を進め、廃炉へ向けた作業環境を整える。続く5年間で原子炉圧力容器内の燃料棒や、貯蔵プールの使用済み核燃料を取り出し、別の容器に密閉して撤去する。
米スリーマイル島(TMI)原発事故では核燃料取り出しに11年かかったが、東芝は「法的な手続きや対策検討の時間を要した。いまは遠隔操作による作業など技術革新もある」(関係者)として、技術的には5年で可能とみている。ただ、核燃料や解体後の廃棄物の処分の問題を解決することが5年の前提。政府は政治的決断をせまられる。次の5年間では、すべての機器や設備を撤去。土壌改良も進めて更地にし、建設前の状態に近づける。
東芝案は、東電の要請を受け、東芝子会社のウエスチングハウスや、TMI原発事故で廃炉処理を担った米エンジニアリング大手が加わって作成。TMI原発は炉内の汚染物質の除去まで約14年かかったが、東芝はその経験をいかした期間短縮できるとみている。

国内では、中部電力の浜岡原発1、2号機が2009年度から廃炉作業に入り、法的手続きを踏んだ上2036年度完了を目指している。

◎東芝はなぜ今回は、遠隔操作による作業などの技術革新で緊急事故対策に対応しないで、複数の原子炉の異常現象を長期化させたのでしょうか?
                              
A志援ms

●201104.08 毎日新聞
「東日本大震災:福島第一原発事故 放射能封じ、数ヶ月」
東電の榎本聡明(としあき)顧問、廃炉に不可欠な燃料棒の取り出しに着手するまでに約10年かかる見通し・チェルノブイリの「石棺方式」はとらないと強調。原子炉の安定化についても言及している。事故に対して「我々が予測していなかった問題が次々にでてくる。現場の観察自体が難しい・・・」とのこと

◎「どこまで続く泥濘よ」。東芝は現在の短期終息を最優先行動をしているのだろうか?福島第1原発の1号機の試運転{1970)年からの責任者で2002年「トラブル隠し」が発覚し引責辞任した人が毎日新聞の公言しているようです。真の現場の統率者は肩書きでない原発を納入した業者にしか事実はわからない現象の一つです。
情報の源流で判断が必要な一つです。原発の終息を現場で国民に責任がない指揮権をしているのは東電以外の誰でしょか?
 

◆2011.04.11











































 

 

◆2011.04.11




















































































































 

◎原子炉の廃炉方法を最短で、高い放射性汚染エリアの人が従来のように「半減期」を意識しないで生活できる。放射性廃棄物、多くの隣接した津波での放射能汚染廃棄物のローコスト処理と、廃棄物を地球の奥深くに隠す「埋蔵金方式」はしない。現在のすばらしい先人の知恵旧ソ連の「チャルノブイり石棺方式」と食の複合工場の仮説を記しておきます。
世界の国で、原子力発電所で原子炉廃炉方式として、第4期量子理論である「放射能汚染廃棄物」を人体に影響しないレベルまで、半減期を加速度短縮せきる理論と具体的方法、しくみシステムができるまでディベートで勝てる着眼を紹介しておきます。制御型人財のあなたが、ディベートのポイントを活かして、あなたの国で実現することを待望します。
日本では残念ながた確率ゼロかもしれません。
このような視点での弱者も共に豊になれるしくみシステムがあることに気づいていただければ幸いです。

 

◎多くの人が科学の最先端である「原子力」の活用が安全である。という催眠状態から覚醒した人が「今、何をすべきか気づき」はじめました。
日本ではまだ少数行動です。最適探しの大きい潮流になるよう祈念しています。

今回の原子力安全基準が天変地異で超えた、天変地異の責任、チェルノブイリは原子炉の爆発(予知できかった事故天変地異と同等たまたま現象)、旧ソ連は、日本の原爆体験がなく、放射能の危険度に気づかず、影響が出てはじめて未知の体験の対応をせざるをえなかった国と、飛散量の悪さ加減が常識の国で、人の努力の姿で悪さ加減はまだ「原子力安全基準の機関」がすり替え理論でまだ悪くてもよいとする世論操作がはじまらないことを祈念しています。

第4期の量子論へ扉がひらかれたようです。今まで「守り型」で、本流から消され、顕在化できなかった多くの先人の智慧が地球の未来のために花開くことを待望しています。
2011.04.11で「履歴」の記入は終了します。
多くの制御型人財の情報が随処で公開されるようになってきました。実務の中でいかされることを祈念しています。

◎A志援も現実処理のコンテンツ作成する本来業務に戻ります
 

 

 

 

 

 

 

商品一覧