開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

超多忙な人財の健康持続の突破口

■超多忙な人財の健康持続の突破口   110317

管理の基本機能>超多忙な人財の健康持続の突破口

 



天変地異等前例のない未知の問題を解決する時、超多忙な実務率先垂範型制御型人財
は周囲の人、経営資源が最適に層能力を発揮するように、行動させることが最重要で、
最適に最短で問題解決方向へ誘導する他に拮抗者や、後継人財が成長途中で代行者
がいないと判断したときは、「間の睡眠」が健康持続の突破口の一つです。

 
更新 2011.04.04


□「制御型人財がすばらしい機能を発揮の時」の
    健康持続の突破口


前例のない、想定外の未知の問題解決の現場の率先垂範型行が必要な「渦中に立つ」
時、蓄積した全知全能を発揮をすると「道が拓けます」

制御型人財の皆様が「火事場のばか力」を発揮する時です。
「割り切り」「思い切る」ことからはじまります。


◎事例
「東北地方太平洋沖地震」後の対応で最前線で行動する皆様が 持続的に
健康を維持できる突破口の一つを紹介します。

◇制御型人財は、想定外の環境下でさえ、周囲を正しい軌道へ制御できるように、
真の(黒子)人財として、右往左往するリーダー、多くの人を教導し、共にプラス領域量
が多くなる方向へ行動制御させることができます。

「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」行動できるためには、自らの健康を
想定できる最悪の環境下でも、最適総能力が発揮できるように、健康持続能力の
向上をするしくみシステムと周囲を味方に、その時、自己我優先の環境でも腹八分目
で、協力してもらえるように、日常徹底的にギブギブの貸しの対価を求めず尽くして
行動になるように累積記憶させておくことが、勝てる条件になります。

想定外時に人間の尊厳が育った人格だけは、この機能を発揮しますが、10才までに
基盤が育たず欠落したり脆弱な人は、この行動様式はありません。
ブランド型の人だからとは無関係行動であり、ほとんど相関はありません。
この現実実体を留意することが戦略行動量の誤算を少なくできる方向であり、成功
確率を高める方向です。



「ナポレオンの3時間睡眠原理」を活かす。
「行動しない馬上で一瞬の間をつくり眠った。3時間の行動しない時間の間(ま)で熟睡する。」

身体から、危険徴候を感じたら、元気を回復させる源泉である仮眠、睡眠法の一つとして
実戦を推奨します。

行動しない一瞬の間をつくり眠る。3時間の行動しない時間の間(ま)で熟睡する。」

緊急時の期間 睡眠が健康の良薬と「思い込んで」実戦してみると、難局を乗り切る身体
を維持ができた私も実証済みの方法です。

時間の間(ま)をつくる方法の一つは他の人が動いてくれる(ナポレオンは馬)移動の時間を
活かすと貴重な行動時間の間になります。
車(運転は人に任す)、電車等は千載一遇のチャンスの時間として、徹底的に活かしました。

一人でない2名以上の組織の場合は、計画的に3時間熟睡時間の交代制のしくみを創る。

一人の場合は、自分で、周囲の動き総量が少ないとき、周囲の自分の管理代行人材を
複数創り、その人に3時間だけ複数で代行してもらうしくみを創る。周囲の人は、理由に
納得すれば必ず不思議にこころよく引き受けてくれます。細部の行動をだれでも分かる
ように白板に項目を書き出し、やり方を貼り説明して頼む。代行に慣れてくると自分以上に
周囲が協力体制ができていることに気づき、共通のテーマ解決の方向が速くなり始める
キッカケになることに気づく時がきます。「眠る間」異常が発生したときは叩き起され、
平常なら熟睡できるため「眠る間」が必ずできます。「自分だけしか出来ないと思い込むと
間の時間は完全に出来ません」「できるようにすれば出来てしまう不思議な周囲の人の
力に気づくことが大切です。」
「眠る思い込み」は 知らない集団の中でもいつも助けられていた「もちつもたれつ」に感謝する
瞬間の現象の一つでした。


健康維持は身体の危険信号が発信しない程度時間をとり「瞬時目をつぶる」
「まどろむ」「眠る」「短時間熟睡する」が栄養源と「思い込み」習慣化させ、自然
に出来るようにすると健康維持できる一つの方法です。

真に身体の限界のときは、身体が欲しているため、目をつぶると一瞬で眠りにつけます。
不思議な身体自浄の機能があるようです。習慣化すると、いまでは、平時でもどこでも
一瞬で寝てしまうコア能力が出来ていることに気づく段階がきます。


●身体の危険信号の徴候例
・急に頭が絞められる感じはじめる、限界をこえてくると目の前の地球が瞬間まわり、
 三半規管が異常行動をはじめる。
・身体がだるく、栄養ドリンクを飲んでも、ますますだるさが増幅し、無理に平常どおりの
 行動をしても持続時間か短くなったことを感じるようになります。  
・頭がもうろうとしてまとめるスピードが急激にわるくなり、堂々巡り思考が始まり、感情が
 優位になり人の行動が気になり「怒」が湧き始める抑制コントロール力が弱くなり、鋭敏
 になってくる。日常しない別人の自分でこわい「怒」がでる時があります。
・内蔵の弱点(私の場合は胃がしくしく痛み始める、心臓が弱い人は、心臓がきりっと痛みを感じる)
 が個人特有の反応を示しはじめる。
・身体の限界を超えると、瞬間奈落の底へ吸い込まれる幻覚徴候がでてきます。
・身体の限界を超えたら、文字を書いたり、コンピュータ等操作していた習慣化した手順がふと消えて、
 瞬間平時ではしないことをしていたことが、平時にもどって無意識でしていたことに気づくことがあります。
・身体の限界を超えると一瞬意識が飛び、行動のプロセスが不明な時間が増え始めます。
・血圧を測定し、平時と比較して異常値の場合は限界に近いと判断してデジタルコントロールも一つ方法
 です。50歳を過ぎると主治医を持ち、平時の身体のデータがあると、異常値との身体の危険信号と
 相関があります。異常時、睡眠以外の健康維持の処置にも応用できるようになります。

●外観と決断が通常と何か変わる徴候例 「周囲の人が、間の睡眠をさせるように協力をお願いします。
自力で間の睡眠をつくる人は制御型人財の30%程度しかいません。気づいたら現場の全体最適行動が
とれるリーダーが機能せず、問題解決スピード、核心を突いた、先行行動ができなく、結果報告だけに
終始し、先行して周囲が行動しなければいけない、予告的行動指示ができ難くなってきます。
組織の総能力の発揮量がへって来た感じがする頻度が多くなります。

・なにか変だと感じたとき、35才以上の制御人財型のあなたは自分の顔を見る。睡眠が足りた朝の表情
豊な顔と、疲労が蓄積ると、笑いが消え能面のような顔と精気が減衰してきた目の色が誰でも分かりやすい
徴候で周囲の人は、身近な家族以外、疲れているよう頑張っているな程度で「一言」アドバイスする人は
99%ありません。自分で気づくしかありません。自分の体力の余裕を身体が教えてくれています。
周囲にも変化がわかるようになります。
・周囲の行動が、何か気になり、通常では「怒」が感じられ、身体の平常心のバランスが崩れた瞬間に健康
になって気づくのですがなぜそこまで「怒」を爆発させたのか、反省することがありました。
・周囲の話し声が、疲労が限界を超え始めると、他の話をしている声、笑いが、自分を非難しているひそひそ
話に聴こえる幻聴が時々ではじめ、周囲が気になり、率先垂範のスピードがギクシャクはじめる徴候が出て
きます。
・決断時の先行する手段が、マイナス思考が多く出るようになり、打ち合わせもマイナス思考のことが多くなり
問題解決に必要な切れるような大局的な全体から観たプラス発想の解決が、重箱の隅形の打つ手が多くなり
はじめます。岡目八目周囲が見るとなにか変な行動でも、本人が一生懸命のため周囲も変だと感じながら
動く頻度が増えてきます。

○人間は、機械ではありません。疲労を正常に戻す復元のしくみは、その人に復元に必要な「復元時間の
睡眠量」です。
本人が感じる限界の前に、その人の外観行動が変化をはじめます。その人が破壊する前の機能回復
のための「間の睡眠」の機会を、責任感の強い人を上手に寝せる本人が納得する支援をお願いします。

○その時のあなたの健康状態、バイオリズムの状態で、危険信号の徴候は十人十色、
この機会に自分の実証試験も兼ねた予防型行動の一つとして、限界点を知る過酷な
環境の方は特に意識領域内で行動の中断をお願いします


心身のあなたの破壊は、家族周囲に多大の迷惑をかけます。本人のあなたは健康復元確率が
低いことに気づくことを待望します。
私の場合20代の時幸い破壊寸前で、全ての生活環境を完全に変えて、出合っ恩人の力を借りて
心身共に自力復元し、健康維持が自己責任であることに気づくのに3年かかりました。
破壊してしまった多くの先人は健康の復元ができないまま人生を終わっています。
健康維持は自己責任、破壊された後 他人に責任転嫁しても「覆水盆に帰らず」になります。


全体最適、最大成果へ誘導する軌道のプロセスコントロール機能をもつ制御型人財は
周囲の人の力を120%以上を引き出し、「太閤記の墨俣の城三日普請の原理」作戦
が必要なときです。

制御型人財の皆様が健康で、潜在的に蓄積された能力を発揮し200%稼動を持続的に
発揮するためには「行動の間に間を創り、健康維持のために眠ることが薬」と「思い込んで」
ください。
あなたの触媒機能は、周囲の総行動量(化学反応量)は想定以上の速さで進行できます。
平時に結果のすごさに気づく現象の一つです。


現在の持ち場で最適行動をし、マイナス方向を反転し、マイナス領域からプラス領域に
脱兎のごとく移動し、あなたの所属する組織全体が、プラス領域で事業展開させる。
次に、マイナス方向を反転できない部門を全社組織を活かし、プラス領域へ反転させる
ことが急務です。
全社組織がプラス領域にならないのは、マイナス方向の部門のスピードがそのときの
全体組織のスピード品質上限になる現象のためです。

全社全体の最適方向が観(診)えるのは、制御型人財の強みの一つです。
部分最適で全体では最悪の方向を目指す場合があります。


もし全体最適方向となにか変だと感じた場合は 部分優先型人財に意見具申し、黒子と
しての機能を発揮しなければならない緊急度が迫るときがある場合は

そのとき各部門部署の制御人財群と連携して、マイナス領域軌道を修正制御する必要
がある場合があります。ある一定以上の総能力の結集し、力不足で本流を変えることが
できず飲み込まれた場合は、将来存亡の危機さえ発生させる場合があります。
あなたの制御型人財機能が正常に働かなければならない人生で大切な期間です。


◎全体の機能がプラス領域にするために健康維持のための薬が「間の睡眠」と
 「思い込み」方法も一つです。実証済みの方法の一つ実行を推奨します。

 

 

商品一覧