開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本で複合工場実証試験関連技術の現状

■日本で複合工場実証試験関連技術の現状  110329

植物工場の稼動と市場>日本で複合工場実証試験関連技術の現状




更新 2011.04.11

◎日本国で「食」の複合工場実証試験を行い、総合的ノウハウを、総合的に体系化
シンプル化して、短期間で、生産をスタートする。その国の働くヒトの総行動量により
ふさわしい状態で自国で、自力で「食」に関する生産物を低価格で、大量に生産できる
ための体系化と、必要な関連技術、関連設備、その国のヒトが主体で運営できる人材
を短期で育成できる確率が高い制御型人財が、日本国内にそれぞれの業務の中で
育ってきています。

世界の食の安心安全、大量、均質生産を実現する実証試験の国の一つは
実現可能なしくみシステム人育成のしくみ等総合的な機能がある日本です。

総合的に統合する必要のある「複合実証試験を若い世代を中核に実戦の場」とする。
その先導係りとして関係する必要な機能を知行一致で持つ制御人財が若い世代を
「いきののづくりの植物畜産漁業」を想定して 集団と個別の整合組合せで、節目ごとに
着実に成長させると10年の間に、世界の各地で、食の安全安定生産システムしくみの
知行一致型伝道者が多数輩出する確率は高い時代が来ています。

◎国家の運用可能な資金以上の投機資金を持つ世界の多くの超叡智を持つ人達が
日本単独での資金提供する方法ではなく、国際連合のような世界観組織方式を採る。

世界の最高智慧組織が、運営事務局になり、大局着眼から、日本での複合型工場の
プラント実現(小局着手)のためプロセスコントロールしるしくみを待望しています。
超叡智を持つ人が「我」の視点を少し抑えて、地球観、世界観への視点をランクアップ
して1/10だけでも無償で資金提供いただけませんか、元金返済の試案も、「たられば」
で申し上げございませんが、世界市場で事業展開した時点から営業原価に中に返済
金額を組み込み、毎月返済できるコスト体質を最初から想定することも可能な方法の
一つです。


◎日本の現在の「食」に関する現状は、世界レベルで上位グループの機能が揃って
いますが、「食」の素材生産性、世界の相場価格より低くはない、小規模でも生き残れる
温情主義が主流となり、TPPへの対応は「国がなんとかしてくれる他力本願の人の数が
まだ50%以上あるようです。世界市場でマイナス要素である放射能汚染、過剰な「流言
飛語」でさらに海外進出障壁が高くなる中期の確率は高くなってきました。

この機会をプラスへ大きく前進するトリガーと捉え、日本が世界の飢餓の人を減少させ
るためのしくみシステム、人づくりの先駆けの国になるために大資金を投入する価値が
ある国の一つであることに気づくことを待望しています。


2010年植物工場、栽培養殖漁業、周辺関連技術、参入企業も急速に増加し、大学の
法人化の事業展開が成長段階に入り、高専大学大学院が日本農業水産林業の分野
ノウハウの集約が出来はじめてきました。

2011年は、事業参入企業も増加し、中規模企業もでてきました。植物工場第3次ブーム
が、国の政策方向とベクトルが同方向で、21世紀新しい業種が生まれる徴候が出て
きました。

世界の最先端の大規模複合工場の実用化の経営資源ヒト、モノ、ノウハウが日本という
狭域の中に集約され、行動できる総能力量を保有し人の単位面積当たりの情報集約率
が高い国の一つとして成長してきました。

ただし、短期に集中型で投資できるカネは、分散化され、上位優位、中小企業は、積み
木崩しのように想定以上の短い間隔で企業の存続ができなくなる、資金分散思考型が
本流の時代となり、重点集中型投資余裕率と重点投資確率が低い国の一つです。

2011年3月11日14時46分、東北地方太平洋沖地震により、日本の環境、すばらし
河川、土地、近海は 誘発した福島原子力発電所の事故で半減期の長い放射能で
汚染され、日本民族の子孫への影響がゼロではなくなったかもしれません。
津波災害だけなら、時間で過去以上の復元はできますが、未知の領域の扉が開かれ
ました。この事故がある期間終息に時間がかかる確率は高くなってきました。
チェルノブイイの事故の場合は、広大な国土の中で200キロ圏という距離を確保して
長期的な復元活動をしています。コンクリートでの遮蔽は、経年劣化があり、汚染源は
まだ終息しておらず、いつの時代か、また、再発する確率はゼロではありません。

この範囲で地域で生活する人の数を、極小化することはできましたが、日本の場合は、
現在の30キロ〜40キロまでが限度の狭い国土で、その周辺に人口密度高く生活し
なければならない国土の狭い国の宿命があります。もし、ソ連(ロシア)と同等な200キロ
圏にした場合は、どうなるでしょうか? 子孫に影響がゼロであることを他力は神仏に
祈りつづけることにして、今の人たちが、最善の生活のしくみで、影響ゼロのために
自己責任で、生活の工夫をはじめるプラス思考を待望します。

「思い切り」「割り切り」今からの環境が普通で現実と捉え、日本民族の未来のために
前進する制御型人財から行動の切り替えを待望します。

日本国の農水産物生産物は 世界市場の中で食の安心安全の要素の中に見えない
マイナス要素放射能元素が加わりました。

人体に無害、影響がないと主張しても、1世代の影響とは異なり、何世代の子孫に影響ある
かわからないため、完全100%の払拭ができるまで長期間時間がかかる確率は高くなりました。

日本国に対し「食」の排除に過剰行動する国の政策格差が出る外部環境の変化の徴候が
見えてきました。各国の過去見えない何かをじっくりと冷静に観(診)えやすい時がきました。

「マイナス要素」はネット時代超高速で地球の多くの国へ伝播し、世界の人の潜在能力の
中の貯蔵の中に書き込まれ定着されます。好き、嫌い、危ないの感情領域で日本国の
「食」に排他的選別される確率は高くなりはじめました。

「晴れ型」で思考する価値判断の日本国民の数が優位な時代は「なぜそこまで」するのか顕在意識の
領域だけで、世界の人の行動様式を批判するだけでその本質に気づくために長期間かかます。
完全払拭行動が必要であることに気づく人の数が55%超えるのに時間がかかる確率は高い。
世界の食の市場の変化環境対応のタイミングが遅れる確率は高い。
少数グループの制御型人財から動き始めることが未来の世界市場で「食」の生産で世界に貢献できる
かどうかの分水嶺のときです。

素晴らしい日本の制御型人財が、「食」の安全安心を組み込んだ複合型工場に関係する
要素を、日常の業務の中にで準備し、総合実現の実証試験が日本国ではじまるとき、
最強の総能力を発揮していただくことを待望しています。

その基準を「雨型の下限」に対応できるしくみシステムを構築する千載一隅の機会と捉えプラス
発想で、最下限の「流言飛語」さえ完全に払拭できる大規模型複合型工場の実現のための
関連暗黙知の全体整合型ノウハウを加速度的に進化できるチャンスの時です。
「必要は発明の母」、チャンスの女神の後ろ髪がいまなら掴めます。

世界の人類飢餓を根絶するために、「完全な食の安心安全なしくみシステム」を構築することが、
人類の未知の領域の扉を開いてしまつた日本民族の役割の一つと捉え、「日本の食の流言飛語」
を沈静させる持続的な正しい情報対応の一つです。

「雨型」で自由度高い設計をし現実化総能力を日本国が持てば、日本国の中の放射能汚染数値が
世界の自然の中の放射線数値を基準としてそれ以下の「曇り型」「晴れ型」下限基準とする国の
それ以下の数値で提供できます。

◎日本に幸いなことに、世界で自然発生として捉えられる放射線がゼロではありません。
民族格差がありますが今の人が健康を維持するための数値基準がすでにあります。
世界に原子力発電所、核関連施設を持つ国が多くあり、天変地異の発生確率ゼロの国は地球上に
存在する限り確率がゼロでない時代に入ってきています。ある人が決めた悪さ加減の安全基準が、
「想定以上だったため」と一言で基準を換える安全基準規制強化は無限に続きます。
何か変、天変地異が原因として終われないことに気づく人の数が増えてきました。
日本だけの例外事項ではない世界のどこかで想定外事故の発生確率ゼロが「0+」の時代になつた
ことに気づいたためです。

食に関する基準規制強化されても完全に基準以下にする、限りなくゼロ化する生産のしくみを構築
すればよいだけです。速く着手した方が暗黙知量は多くなります。


自国の日本国内への食の輸出の優位な機会と捉え、現在よりも農林水産業への
蚕食は、増大しますが、現在価値判断は周囲に動かされ確固とした日本観信念が
少ない人群が優位であり、TPPを推進し短期ではじまる時期が来るかもしれません。
今回の天災を「食を世界に拮抗して対応できる体制」を創りはじめる千載一隅の
チャンス到来のときと捉えて、プラス発想で食料自給の大命題の解決へ向かって、
第一歩を踏み出すことを待望します。

日本のこのマイナス領域へ向かわせるベクトルをプラス領域へ向かわせるために、世界の環境
条件の違いで食が不足する、乳幼児の餓死、栄養失調の多い国があります。

食料自給度の高い国への、輸出参入障壁はさらに高くなりますが、重点販売戦略を継続し
最重点販売戦略エリアとして、複合型工場の食の製品商品を飢餓から解放できるレベルまで
ローコストで大量に販売し、複合工場の大規模地域の農村漁村林業のしくみと、その国の人だけ
で自力で、継承し持続できるようにするための、シンプルな総合的キット型のインフラも普及させる
ためにスタートダッシュして活かすと、勝ち残る事業展開の方向が観(診)えてくる確率は高い。

どの国にも平等に天変地異の発生確率が高い環境に入った時代、食を必要量確保するしくみ、
システム、先人、とノウハウで緊急対応できる国になる使命が日本国にあるのかも知れません。
福島原子力発電所の近隣土地を過去のような自然にもどす突破口の一つです。


日本国で広大な規模の実証試験をはじめる時、それぞれの分野の制御型人財が国家プロジェクト
として集まる時期が近づいているのかもしてません。それぞれの分野で事前準備に入ることを
待望しています。

広域地域の実証試験のため大金額の投入資金と、世界観視点からのプロジェクト
推進戦略部門が必要ですが、世界規模での実現のしくみには時間が必要な確率
は高い。

行政、企業グループ単位でできる範囲で複合型工場のノウハウの蓄積を待望します。

天変地異の増加を想定して、短期で、小作、分散型農業を、大規模農業法人型に地域
を変え、現在土地、家、働く場を保持した状態で、個人、小組織に所属する方式を
大規模農業法人の従業員にするしくみを構築することを待望します。


●「太陽光利用型植物工場」と「完全人工型植物工場」を海抜1000m以上の土地で
ドーム型大規模空間を単位として立体型多品種生産工場にする。

すでに進化してきている、ガラス(新素材等)温室群のしくみシステムを応用する。
(鉄骨ビニールハウスの天変地異に対する弱点を除く)
すでにビニールハウスで、生産のフレームは、品目別にある。解決すべき問題点
ローコスト化と人海との調和の度合等、観える化でき、データ蓄積カイゼンのための
要素因子は80%程度まで事業計画段階で把握できる確率は高い。

3交代ワークシェアリング型として、地域の雇用創出のしくみを持たせ、複合工場の
スタートは、施設ノウハウの豊富な大企業中堅企業で関連設備し、その後のロー
コスト化へのカイゼン、施設のリニュール、メンテナンスは、地域の大企業中堅企業
の関連した地場企業が担当する。複数の工場は拮抗する別会社が担当するしくみ
として、複合工場別の運用経費、故障等その後の経費も累積管理し、比較する。
設備に関するノウハウは、海外での事業展開を日本国プロジェクトを組むときの
企業群の複合組合せに活かすため。海外での展開は、1企業グループ系列だけの
競争では、総暗黙知、コストで勝てない確率が高いため。


地域の青少年の、農業体験教育に一環として、一部のエリアは、実習エリア体験
エリアを構築し、次世代の、地域の就業人材候補とさせる。

水脈は、栽培養殖工場の水を循環させて活用するしくみシステムを構築する。
高床式で、次世代植物工場は2階以上の空間で運営する。
根菜類も、この方式なら、水対策に敷設費用はローコストでけきる。
人工の溝も耕作物に合わせて、自在に変更ができる。水温度も、植物成長最適
温度へ調整でき、半水耕型ミネラルを最適化した調整型土壌での栽培も可能。
土壌の含水量は、下の水脈から自在に調整できます。

自然の中の放射能を浄化する「ファイトメディテーション」技術があり、土壌汚染浄化
技術の中に重金属、希土類を吸着する岩石等、自然の中の浄化法等を活かし、
正常化へ方向へのベクトルが漢方型も少しづつ見えてきています。
対症療法てきな封じ込め方式(いつか世界に飛散する確率ゼロでない方式)
まだない対因型の化学反応の中和解毒型はありませんが、核反応を瞬時に止め
半減期を超短縮できるときがまで待ちながら、今可能な最善対応をすればよい。


●畜産業、牛豚鶏等は、成長段階が見え難い植物のしくみづくりを先行すれば、
その施設内で必要成長要素を準備すると、既に大規模化は、資本投下量と相関
がある段階まで、進化しているため、後工程での組み込みで可能。

●大規模栽培養殖工場は、大規模水族館も兼ねた、構造にする。観光資源としての
収入もできる。日本国内ですでにある設備のしくみをさらにローコスト型カイゼンをして
海水⇒淡水化施設の逆のしくみ、大規模栽培養殖工場に必要な海水魚のための
農業で使用した水、淡水を海水魚最適な海水化施設を併設させる。

仮想世界のイベント会場ではなく、現実的の中の会場です。世界の最先端の集約は
日本全国、世界の多くの人が安心安全な食生産のしくみを現実に見れば「流言飛語」
より、未来の購入見込み先を鼠算で増加させる販売戦略の一つになります。

商談のしくみを組み合わせると、大展示会に出展するのも出前型で効果がありますが
わざわざ来訪して、満足した人の方が成約確率は高い。世界からの行政TOP、経営陣
を近隣空港のチャーター便で見学型講演会を兼ねて集客し、迎えの便で、来訪者の
行政企業に、先行して資料等を実務担当者へ配布する。同時にその国の業界の現状
も調査して、その国の複合工場に導入すべき装置等を調べ、日にちを分散して、その国
の飛行機で帰国する。見学型講演会で、帰国後検討のために関係組織での説明報告時
その組織内のキー人財は、何をいつているか理解度が高くなる確率は高い。
検討期間の想定以上短縮できる確率は高い。その国の調査情報で、問合せの前に
想定した資料を準備して待つしくみをつくる。地域の行政、企業と連携すれば、自社の社員
に固執せず、市場開拓能力た高い人達と連携し、社員の能力の補完をせ、行動頻度を
多くすると軸錬度は高くなり、制御人財型自社事務局の数が、増加してきます。
JETRO等と連携すれば、世界の広域で市場開拓の機会しくみが、日本にあります。


●大電力の供給は、住空間、工場空間を活用した、太陽光、風力発電、バイオマス
発電等で、電力自給比率を高くし、最先端の自家発電、蓄電機等スマートグリットの
実証試験の研究開発の場として提供し、設備投資費用の低減を図る。
 超大電力のローコスト化が、運営コストの必要条件の一つ。


●海水⇒淡水化 淡水⇒海水化 の工場は、水脈の要素の安全検査の機能を兼ねる。
 ・その工場には土壌洗浄化の設備も持つ。
 ・畜産時の糞尿の自動落としのしくみと、その浄化、肥料化工場も兼ねるようにする。
 超大量の淡水、海水の確保が事業存続の条件の一つ。

◎素材産業だけでなく、付加価値の高い食の加工により、素材産業の利益を補完する
先行投資に必要な金額を確保するしくみも併用する。

加工に必要な素材調達が、外部調達よりローコストでできるしくみを創り、利益率が、
拮抗する世界の競合よりローコストにできるようにする。




「新たな食の安全安心への挑戦」

複合型工場は超資金投資がなければ大規模インフラには実現できるかどうか
分かりません。
短期間では実現する確率は低い机上の仮想・仮説型内容の一つです。

実務家である制御型人財は 現実適応を最優先にする必要があります。

従来の自然環境に依存する農林水産業の生産方式が、世界の市場で「食の安全
安心であることを表示するためには、食の加工品も含めて、最終商品製品が数値的
にその国の輸入基準の1/1000以下であることを数字で証明し表示するための
全数検査のしくみが速く開発されることを待望しています。

別次元の方法ですが、すでにはじまった「日本の産地証明」で輸出して、その国の
人が「買う・買わない」の購買行動を期待する方法がはじまりました。
従来の「食の安全安心」の日本ブランドのレベルまで回復ができるか半減期の
長い放射能の場合は海外の人の潜在能力領域での好き嫌い判断を顕在領域
を優位にすできるかどうかわかりません。

複合型工場を期待せず、放射能核種の業務用計測法と、安心安全なものだけを
選別するしくみを世界の叡智を集結
て構築を待望しています。
中期の世界市場の突破口戦略の一つです。

 
更新 2011.04.02


□現在日本で大規模地域の次世代植物工場への胎動
いきものづくりに必要な土地の集約大規模化の現状、人組みの方法、グランドデザインの地域モデルの事例

Googleで検索し閲覧できます。情報提供サイトが閲覧を中止する場合もあります。下記の該当テーマを探し速めに閲覧してみることを推奨します。サイトの一部を記しておきます。該当内容があります。
関連した新しい発見があるかもしれません。
 

◇千葉県一の宮町における施設園芸集落の特色

 
「sakura.cc.tsukuba.」
















 


施設園芸、土地利用、集落組織が長生農業協同組合(JA長生)を中核として、地域が「露地栽培」⇒ビニールハウス栽培⇒ガラス温室栽培へ
(⇒植物工場へ将来進化に進む確率は高い)大規模化し、ハウス団地、施設園芸集中管理モデル団地化、「いきのづくり」にコンピュータを導入し制御をしかけたが「いきものづくり」には手動維持の方が最適な部分があり、故障コストで挫折の体験を持つています。地域の人の集約方法、大規模集約関連した業務統合等時代の中で変遷してきた成長過程を知る情報の一つ。
複合型大規模工場の事業計画づくりに役立つ情報の一つ。
日本人が主役の場合の「もとつもたれつ」の思考背景がわかりやすい。
「いきものづくり」に従事する現場の人のやりかたの修正補完に役立ちます。

●「いきものづくり」はコントロールパラメター(要素)が「ものづくり」より多く、80%以上の精度を追究するとコンピュータ投資金額は膨大になり、金食い虫になる確率が高い。人の育成と同様、全員徹底が出来にくい。20%は人海による手動維持の方が、ローコスト化でき、生産効率は高い原理がある。「ものどくり」による大量生産の無人化、つまり人の現場の雇用の場を極端にゼロ化へ向かわせますが、「いきものづくり」は、安定して雇用確保機能、人の熟練度(反復量による年功価値)が時間経過で付加される暗黙知能ノウハウが高い業務の一つです。
年功の価値が賃金体系に付加できる要素の業界の一つ。造船現場の最後の整合接合をさせるときの誤差、互換性とは別次元、鉄のろ過を光で捉える熟練度、航空部品のへら絞りの技術と同等の個人の暗黙知依存確率の高い分野の一つになります。 A志援ms 110329
 


◇宮城県登米市における農業施設の設計

ー企業形態を取り入れた新たな建築空間の創出ー

 「jia-kanto/shushiten/2010」












 

2009年に企業の農地取得が可能となる改正農地法を成立させ、農地再生の可能性うぃ大きく広げた。今後、このような農業政策が続いた場合、企業体としての農業経営が増加すると予測される。農業に求めれれるあり方の一つとして、企業体としての農業が増加することが予測されます。

○設計方針
・効率性と快適性の依存   ・立地条件、気象条件との適合
・農村集落との調和    ・全体計画

○配置計画
○動線計画
○建築計画
・施工計画  ・生産施設  ・直販施設  ・居住施設 ・研修施設

○環境計画
・気象への対応 ・景観計画  ・地域資源の活用
・鳥獣保護対策

○構造計画

●大規模複合工場の建設は 現在の住空間を、人工的に変えるために多くの事前計画要素があります。A志援ms110329
 


◇情報ネットワーク対応型施設栽培管理システム

 

 
横河技術 Vol47.No2(2003) 奥矢 毅 氏より

これからの農業は 環境保全を図りながら、良質な食料の安定供給を実現する新しい課題に挑戦しなければならない。この新しい課題に対して、我々の情報、制御、分析技術を活用できる場面は少なくないと考えている。その一例として、食料の安定供給に貢献すべく大規模広域温室栽培を対象にして、情報ネットワークを対象として、情報ネットワーク対応型施設栽培管理システムを開発した。本システムは、ウルグアイラウンド対策民間委託研究テーマとして、受託開発した。
 


◇進化する施設栽培ー大規模施設から植物工場まで

  
「s.affrc.go,jp/docs/report」



 


 農林水産技術会議 レポートNo14より

1.園芸作物生産における施設栽培の発展
○施設栽培を支える技術開発
・施設の構造と素材の開発
・安定生産のための環境制御
・養水分の供給技術
・栽培管理システム ロボットによる収穫と選果
・太陽光に換わる人工光
2.大規模施設と植物工場の実用化事例
3.施設栽培を支える技術開発
4.今後の課題と展望
 

◇ユビキタス環境制御システムによる施設園芸生産のICT化
 「naro.affrc.go.jp/ET/h20/」

 
 農業情報研究17(2008) 
 東海大学開発工学部生物工学科 星 岳彦 氏より

○ユビキタス環境制御システム(UECS)とは何か
○UECSの自律分散協調のための通信方式
○汎用機器の利用とソフト開発の容易さ
○実用化、普及の展望
 


◇大規模温室内の環境構築手法



 

 鹿島建設(株)

今後、農業の規制緩和による大規模施設園芸の需要の伸びが予想されています。鹿島では建築空間の環境制御で培った技術を利用して、大規模温室内での環境構築手法を開発しました。今後、様々な植物生産施設のエンジニアリングに展開する予定です。
 


◇温室メロンの遠隔栽培システムの確立
 

 農業試験園芸部

「生体情報に基づく温室メロンの新生育制御技術の開発」


◇静岡県における過去、現在、未来の植物工場を考える
  
「sri.or.jp/sri_database/」


 

  SRI 2010.12 No103
 (財)静岡総合研究機構 主席研究員 野村 浩司 氏

静岡県の植物工場の過去を振り返る中で、現在、施設型農業がおかれている状況を述べる。ビジネスとして成功している具体的事例から植物工場の成功に向けたヒントを示すとともに、第3次植物工場ブームにおける静岡県内の胎動を概説する。最後に、植物工場の普及における重要な課題であるコスト削減と販路拡大に向ける他県の動向を紹介しながら、静岡県における植物工場の導入の方向性を示す。
 


◇オランダにおける農業と野菜生産の現状


 
「vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/」















 


 海外調査報告
 千葉大学大学院園芸学研究科 丸尾 達

オランダは先進的大規模施設園芸や酪農で有名ですが、施設面積は1万haに過ぎず、全のうち面積200万haの0.5%い相当し、面積的には日本の施設面積5万ha(農地面積に対する比率1.05%)に比べて少ない。EUの統合など市場が国際化し開放化政策が進展(TPPと同等)すると同時に農業分野の環境基準が強化された中で、日本とは比較にならない相当厳しい状況で、酪農、施設園芸、花卉、球根産業などの分野でオランダが優位な地位を維持できるのは、コストを削減し、生産性を高めるセクターを越えた協力体制と、あるゆる分野とレベルでたゆまぬ技術開発体制があったからと考えれれる。農家は毎年3%程度減少し続け、2015年には6万程度の農家(経営体)数になるとされるが、経営体の規模と効率は高い状態が維持され、競争力も保持されるものと予想される。
○コストダウン
・生産性向上による削減
施設のしくみシステムによる最適生産条件の追究
・施設、設備償却費の削減
・労働コストの削減
・エネルギーコストの削減(燃料価格高騰に対する吸収対策)

○販売努力
・直接販売(オークションを経由しない)
・付加価値の付与(パッキングなど)
・新しい品種
・生物防除(バイオロジカルコントロール)
高品質均質の維持率の向上による、総収穫量率の向上
 

 

 

 

 


□大規模植物工場の胎動


◇(財)北海道農業企業化研究所  
 「librarytaisei.jp/feature
  /agribusiness」


家業から地域企業へ

大成建設の技術 
「農業の企業化」を目指して、夏も冬も定量的に出荷を可能にする国内最大級のプラントファクトリー

 

◇イシグログループ

 


国内で多くの大規模型農場(植物工場含む)導入支援事業展開展開
◆試験農場のご案内
◆植物工場導入支援
◆農業ビジネス支援(アグロデザイナー
 

◇ヤンマー














 

○農業製品
◇野菜関連
・育苗関連機器(畑作用) ・野菜播種機 ・野菜移植機
・野菜収穫機  ・野菜調整機
◇転作関連
・大豆関連  ・飼料稲関連

◇農業施設
・穀物乾燥調製施設
・育苗施設  ・選果施設
◇環境設備
・堆肥化施設  ・炭化施設  
・バイオマスエネルギー  ・植物病害予防危機

◆水稲育苗施設
◆温室栽培施設
◆種籾温湯消毒設備

 ○海洋設備
・水産物流施設 ・種苗生産施設  ・親魚育成施設
・生物餌料  ・海面養殖場  ・海岸、湾岸施設
 

◇三基計装(株)

(株)チノー100%子会社

 

安全安心な野菜を求める消費者性向と周年栽培による価格変動吸収、コスト安定化の生産者メリットの適合が植物工場のニーズとなっています。従来の施設園芸とは異なる、周年栽培対応と、施設の大規模化によって生産効率を上げ、コストメリットを追究する点です。現在第3次植物工場ブームですが、今度こそ成功させようとする国家的意思が働いています。園芸⇒工場へ

◆太陽光利用型植物工場
◆完全人工植物工場
 

◇井関農機(株)


・誰でも容易に組立てできるイチゴ高設養液栽培施設
・低コストながら高品質、高収量を実現してトマト養液栽培施設
 

 

 

◇沖縄県海水淡水化施設



 


日本で最大の施設が現実化しています。

◆海水淡水化施設導入の背景
◆施設の所在地、施設規模等
◆調査、工事計画、生産水量
◆海水淡水化施設機器配置図
◆海水淡水化施設処理フロー図
◆海水淡水化施設の環境対策
 

 

 


□事業計画に関係する問題解決の窓


 ◆農業法人と中堅企業の待望 
 

 ◆食と健康業界の変化情報


 ◆植物工場の稼動と市場  
 

  ◆栽培養殖漁業2011

   ◆最先端下水道の現状

第規模型農業生産工場、大規模栽培養殖工場には放射能、人体有害元素の除去、両工場に最適な水の製造、両工場を循環する大規模水系統を構築する必要があります。 A志援ms 2011.03.30
 


 ◆林業再生「緑の社会資本」の現状

林業は山とは限りません。大規模複合工場内の空間と周囲に、健康な空気を光合成でつくる自然活用設備の一つであり、人の癒し空間を準備し、複合工場内木材の相場と無関係な地産地消の生産工場も兼ねるためです。 A志援ms 2011.03.30
 


 ◆漁業に関係する活動内容から学ぶ
 

  ◆環境に関係する活動内容から学ぶ


 ◆気象環境を事業に活かす
 

  ◆プロジェクトに連携する建設土木関連


 ◆農業資材農業関連システムの進化
 

 ◆物流調達機能と事業展開との整合化


 ◆新エネルギーの稼動と市場
 

 ◆スマートハウスシティの稼動と現状


 ◆地方の空港は地域人商物流の突破口

世界の食の市場で世界の人口固定客数のシェアを無限に拡大する新規開拓力が高いしくみの一つ。
          A志援ms 2011.03.30
 


 ◆地域密着型のCATVの地域との融合の現状

天変地異の対応し地域一体化、短時危機対応、高齢者、障害者の雇用の場を戦略的にできる最強のしくみ。地域全員を繋ぎ、貧困層を減少させ、中流層を増加させ、中小生業家業が損益分岐点売上を確保しやすくなるしくみを構築できるしくみの一つ。
    A志援ms 2011.03.30
 

 

 


□関連技術に関する窓 


 ◆次世代照明関連団体
 

 ◆太陽光採光システム協議会


 ◆電気事業連合会
 


 ◆日本GAP協会

 ◆日本の国際標準化戦略
 


 ◆触媒の進化
 

 ◆温度制御の探求


 ◆専門が学会の活動内容から学ぶ
 

 ◆業界団体の活動内容から学ぶ


 ◆固有コアを推進させる企業群一覧
 



 ◆希少元素再生化資源と錬金術資源の市場

複合工場の水、土壌、排泄物等の中で副産物として希少元素再生資源があり、都市鉱山機能がある確率は高い

 


  ◆業種別定点ベンチマーク素材

・コミュニティバスCB  ・マーケティング支援機関
・冠婚葬祭  ・農業機械化関連の進化
・機械化関係の進化 ・水処理、水浄化、水ビジネス
・FAX情報サービス

 

 

 

 


□関連する機能発揮支援関係


 ◆「新連携」で企業使命実現の確率は上がる
 

  ◆新事業実現期間短縮の進化


   ◆人材アウトソーシングの中で勝ち残る











 


  ◆自分を変え周囲が変わる価値判断

複合工場の人材は自らエンジンと搭載して、「訓練は実戦のように実戦は訓練のように」現場で最適行動ができる人に全員なることが大切です。集団が目的に対して同方向のベクトル方向にすることが、常にカイゼンがすすみ生産性が向上します。
おみこしにぶら下がったり、指示待ち族や他責任型では、生産性はある限界以上にはなりません。

常に自分を変え周囲が変わる行動を採ると、自分の仕事外の自由な時間を創ることができます。

 ◆産業人材能力に関する情報

  ◆経営人材システム評価

  ◆管理の基本機能
 


 ◆再発防止に関する行動
 

 

 

 


□創市場創客関係


 ◆業務の専門度(創市場)を重点集中で深める
      ・市場的確把握既存情報を活かすプロ
    ・知財を活かすプロ
 

  ◆創市場創客にWebツールを活かす


  ◆創造的マーケティング
 

 ◆コアコンピタンスの明確化


  ◆営業関係知識項目スキル熟練度
 

 

 

 


□資金調達 


 ◆狭域高密度型地銀信用金庫の潜在力

地域内に流動資金が流通し、他地区、国外へ資金が流出する量に歯止めをかけることが、地産地消のカネの原理の一つ。閉空間内移動なら、誰のところに移動してもかまわない。低金利、カネが手数料で、元金が減少していることに気づくことが着眼。資金の流出を抑え、地域内生産物で外部のカネを流入させると、地域の総資金は増えます。この場合なら、ばら撒きも、地域の誰かが儲かりますが、現在の場合は地方がばら撒くと広域銀行と広域企業、観光流出で、他地域が儲かり、その資金は海外へ流出する確率が高いしくみになっています。

 ◆投資育成のしくみを活かす






 

 

 

 

 

 

 

 


□大規模複合型工場の建設は 
地域の都市・町づくり計画と同等レベルの発想が必要
 


□複合型工場は、総合的地域開発と連動させる方が総合的な原価低減をさらに推進できるために、世界で拮抗する企業と価格政策、利益維持が採りやすい。

ある一定大規模エリアの総合的の地域開発、インフラ整備の中で展開した方が、世界に拮抗した「食」の高品質ローコスト型多品種均質大量型生産と、加工商品を提供できます。国内の食の自給率貢献のため、国内価格の下限以下の販売はせず、出荷数量は上限設定して、国内農業の維持に貢献する。(ユニクロ型、ドンキホーテ型の低価格政策が可能でもしない、国内共存共栄型として、周囲の農業、漁業の体質が強化され、価格が低下した場合は、その下限へ変更する。
海外価格は自給率の高い進出する国の輸入障壁に合わせて勝てる価格政策をする。飢餓の国は、その国の農業漁業の価格相場の下限で販売する。その国と共存共栄するだけでなく、その国の農業漁業の低価格化できるようにノウハウをインフラを提供する。)
 

◇地域全体の総合都市計画






 


◎複合型複合工場は、人工的に創られた一体化した整合された都市空間の構想と同等な事業計画が必要で、その所属する地方行政の、安定税収源のしくみの一つになり、都市計画との整合が必要です。海抜1000メートル以上に設備して、港との移動は臨海循環鉄道網で機能させる方が天変地異確率の高い日本、世界へのしくみノウハウ構築に役立ちます。

◎複合型複合工場は、人工的に創られた一体化した整合された都市空間の構想と同等な事業計画が必要で、その所属する地方行政の、安定税収源のしくみの一つになり、都市計画との整合が必要です。海抜1000メートル以上に設備して、港との移動は臨海循環鉄道網で機能させる方が天変地異確率の高い日本、世界へのしくみノウハウ構築に役立ちます。
 

◇大規模な土地を確保する方法(事例)


























 


1.複合工場を構築する地域の行政と土地価格基準を決める。
2.計画地域が、農地だけである必要はない。
3.農地以外で土地売買に応じる人は基準の10%上乗せで購入直接購入する。(地域不動産は購入手続きの支援だけで、期間契約で代行固定費型報酬とする。
4.農地外の計画地域で土地を売りたくない人は、その土地を借地し、毎月借地料を一定期間(土地価値に応じて)支払い、複合工場周囲の従業員集合団地と総合インフラ地域の住居を提供する。
ただし、住宅維持費は個人負担とし、低家賃と借地料と合わせて条件を決める。永住希望の場合は、その家族が複合工場での雇用(社員、パート等)優先にして、定期的収入の機会を提供する)

5年以内で他の地域へ転居したい場合は、当時の土地+住宅価値に応じて年度別価値減少基準金額を引いて支払う。

5年以上の場合は、累計10年まで、転居先賃貸料金の一部負担を個別対応型で行う。

5.農地を持つ農業従事者以外の人で土地売買に応じる人は3と同様に10%上乗する。

6.農地を持つ農業従事者以外の人で土地を売りたくない人は4と同様な

7.農地と農業従事者(兼業)も含む、土地を売りたい人は3と同様。

8.農地と農業従事者で、土地を売りたくない人は、複合工場周辺の社員集合団地を提供し、住宅維持費は個人負担にする。賃貸金額は社員の家賃基準と同等とする。(維持管理費等必要経費がかかるため無料ではない。)農業従事のキャリアに応じて、社員基準で、社員として採用する人は1名とし、その他は、パート、臨時雇用等で、働く場を複合工場で雇用する。5年間は雇用保障しますが、社員としてふさわしくない行動が一定基準以上になった人は、その家族で換わって雇用をする場合もある。社員は定年があり、70歳までは雇用の延長が可能にし、70歳以上は、健康度に応じてパート、臨時雇用の機会を提供する。また、複合工場以外の多くの間接業務で働く機械を準備する。農業従事者の後継者が就業希望する場合は、その履歴に応じて、社員の教育体系で訓練し、複合工場または関連インフラ企業に転勤する場合もあるが、雇用の機会が企業が存続する限り持続する。

 

◆農村・漁村・林業・町の集合体組織について

















 

●「いきものづくり」はコントロールパラメター(要素)が「ものづくり」より多く、80%以上の精度を追究するとコンピュータ投資金額は膨大になり、金食い虫になる確率が高い。人の育成と同様、全員徹底が出来にくい。20%は人海による手動維持の方が、ローコスト化でき、生産効率は高い原理がある。「ものどくり」による大量生産の無人化、つまり人の現場の雇用の場を極端にゼロ化へ向かわせますが、「いきものづくり」は、安定して雇用確保機能、人の熟練度(反復量による年功価値)が時間経過で付加される暗黙知能ノウハウが高い業務の一つです。
年功の価値が賃金体系に付加できる要素の業界の一つ。造船現場の最後の整合接合をさせるときの誤差、互換性とは別次元、鉄のろ過を光で捉える熟練度、航空部品のへら絞りの技術と同等の個人の暗黙知依存確率の高い分野の一つになります。 A志援ms 110329

●農村漁村の組織化として過去、協同組合、講組織等がありますが、TQCの目的的集団組織や、仲間組織、派閥組織と類似し、大集団を統一目的にベクトルを集約するより、分散型剛行動型の対立組織になりやすい確率が高い。大フランチャイジー組織も競合他社が成長してくるとフランチャイズ本部直販部隊の方が協力となり、分散衰退へ向かうところが多かった。ボランタリー組織も強い競合が参入し難い過疎地だけに存在する場合が多かった。グローバル化に対応し、強い拮抗する力に対応するための大企業さえグループ化統合子会社化戦略へ転換し、総合的のコスト戦略をとれる体制を採る時代になりました。地域全体が地産地消がとれる、行政と連携した大規模法人組織(上場しない)が地域の中流家庭の数を増やし、貧困数を減少させ、黒字企業を増加させ地方税収を増加させ、地方行政エリアで財が70%以上流通し、外部、外国へ財が流通し、金融投機(バブル)の影響度が低くできる確率は高い。A志援ms 110330
 


◇複合型工場は、周囲の町都市とう国内の地産地消のしくみに行政と連携して組み込む。

大価格破壊で、中小生業家業の生存基盤まで根こそぎ占有する。自社だけよければよい資本主義の申し子「我」の経営ではない共存共栄(強存強栄)にする。
3割以上は地域の複合型企業に関係ない傍が儲けることができる販路を残す。
理由は、緊急の時、超短期問題解決するとき、問題解決に必要な大量の人が近くで協力してもらえるための、「もちつもたれる」を日常実践す柔行動型を採る必要があるためです。まさかのとき周囲の協力ベクトルは巨大な力「火事場のバカ力」として発揮する不思議な機能が潜在的にあります。逆方向ベクトル量を少なくすることができます。

 

設備機器関係は、最初の設備は外部で調達敷設し、運用、メンテナンス、改良は、地域
最初の設備企業の系列の中小企業が担当し、地域の人の雇用の場をつくるしくみにする。設備の完全稼動のためにメンテナンス部門は安定生産のための必要条件の一つ。

◎複合工場で働く人に必要な日常必要な商品を、平均レベルの価格で自給で7割が自給できるように、中小企業規模のものづくり工場群を周囲に創る。

◎全てを自給型にせず、個人の生活観に応じて外郭商店街や近隣都市での従来の購入様式を残し、周囲の地域にも貢献できる消費基地としての役割も持ち、生産物が、周囲の相場に依存し難い、安定価格の食の地産地消に貢献できる「もとつもたれつ」のしくみを持たせる。







 

◇複合工場の社員住宅の企業群、商店街、学校等あらゆるインフラをクラウド型で構築する。













○複合工場で働く人に必要な日常必要な商品を、平均レベルの価格で自給で7割が自給できるように、中小企業規模のものづくり工場群を周囲につくる。

○全てを自給型にせず、個人の生活観に応じて外郭商店街や近隣都市での従来の購入様式を残し、周囲の地域にも貢献できる消費基地としての役割も持ち、生産物が、周囲の相場に依存し難い、安定価格の食の地産地消に貢献できる「もとつもたれつ」のしくみを持たせる。
複合工場の商品製品、加工製品のモニタリング、商品開発情報を得て世界で拮抗できるための周囲の支援の力として活かす。

○地域の雇用の創出インフラの有効な一つです。
3交代ワークシェアリング型として、地域の雇用創出のしくみを持たせ、複合工場のスタートは、施設ノウハウの豊富な大企業中堅企業で関連設備し、その後のローコスト化へのカイゼン、施設のリニュール、メンテナンスは、地域の大企業中堅企業の関連した地場企業が担当する。複数の工場は拮抗する別会社が担当するしくみとして、複合工場別の運用経費、故障等その後の経費も累積管理し、比較する。
設備に関するノウハウは、海外での事業展開を日本国プロジェクトを組むときの企業群の複合組合せに活かすため。海外での展開は、1企業グループ系列だけの競争では、総暗黙知、コストで勝てない確率が高いため。



◇総合物流体制の構築








 


陸海空を最適に活かす、総合物流のしくみを構築する。
複合工場と周辺社員住宅、関連企業との物流のための基幹物流としての鉄道(モノレール型空中移動)と広域複合工場内移動の、電気自動車等の自動車のしくみの構築。

物流は閉空間の遠距離移動のための物流のしくみ交通網の整備等、効率経営のテーマ
は多い。当面は既存(専門業務請負発注、リース方式等)を利用し、投資金額に応じて、変動費型月次経費で売上計画が出来やすい方式を採り、投資金額に応じて、固定費型
減価償却方式へ切り替え、複合空間内で、人の雇用の場を増加できるしくみにする。
近距離移動のため、幹線は鉄道方式、縦横の移動は無公害型電気自動車、蓄電式
機械で、ある期間後は仕様統一する。
 

◇「いきものづくり」は、近くで健全成長できる集中ができる人海のしくみが必要です。
































 「ものづくり」のように結果が悪い異常時操業ストップして解決に時間をかけることが可能ですが、人の総能力による未知の問題を解決する緊急対応と、以上が発生する前の見える化できない
細胞レベルでの異常を予知する能力と対応力は「人」の成長で、自動化できにくい、自動化欲は、無限費用投資になり、宇宙、衛星レベルの膨大な価格が必要になります。「ものづくりの精度のナノ化」は人の排除の方向です。

食に関する「いきものづくり」は、品質精度に幅があり、高投資金額による省人化自動化した結果と、半自動化人海方式の方が、結果である単位面積あたりの収穫量と、相場価格の高さの3年間比較すると「ものづくり」方式とあまり大差がないことに気づく時がきます。
人の数によるアナログ型成長管理で、食は低価格で儲け過ぎてはいけない、生命に関わる商品であるため、一定以上の雇用数が保証され、規模の拡大は雇用の増加と相関しているため、地域の個人の中流化数の増加確率は高い。「ものづくりの」貧富の格差の増大と、中流層の貧乏化の歯止めとなり、定年後高齢者の収入源の創出になります。食は低価格で購入でき、いきるエンゲル係数を押さえる役割をし、贅沢をしない限り、赤貧の中で生きる地域の人がゼロ化へ向かう働く場ができます。

身障者の内容に応じて働く業務を自在につくることができ、生甲斐をうむ方法は無限にあります。

幼児少年期、成長期、成人各年齢で、複合企業の中で、体験できる人間形成に必要な健全な人格の人の数を増やす役割ももっています。

「いきものづくり」は人間の判断領域を超えた確率の世界であり、過去の先人のしくみ神仏に祈り「農業漁業とも」に収穫収量の増加をさせる行事等も、確率の変更とは無縁かもしれませんが、祭りは人の煩悩発散の一つのしくみです。農村漁村の習慣の継承も、従来の「ものづくり」の企業化の一部が稲荷神社、神のお払い、新年祈願等
ありますが、60%以上は無意味となにもしない企業が多いですが、
やることが他に悪影響があることはない「0+」の領域の内容です。
農村、漁村型社員の業務の中に組み込むのも一つの方法です。

◎「ものづくり」の異常解決は生産工程を停止してできますが、「いきものづくりは」異常の解決は短時間、生産過程中に解決しなけければなりません。24時間管理監視体制で、現場対応責任区域の生産責任があります。解決に時間がかかると、生産物の品質低下だけでなく、生産不良発生する、コンピュータやマニュアル外の人の熟練度対応が必要な領域があります。現場に働く人の複合工場周囲に集団住宅群施設と、緊急時現場への最短移動の動線のしくみが必要です。間接部門も「病原菌との戦い等」の担当に関連する部門等も同様の住宅体制の方がよい。集団住宅群の対応した、町組織の平行した構築が必要項目の一つです
 

 

 

 

 

 


□複合的工場の露地型工作の200%以上収穫可能な原理

原理1
露地耕作を立体にすれば階数だけの耕作面積を増やすことができる。


耕作の最適方法は、あらゆる機能ができる段階まで育ってきている。





原理2
「いきものづくり」は人の最適行動範囲を管理単位とし、必要人数で総合的管理をする方が最適収穫量と短時間危機対応ができる。

 

 

原理3
世界で収穫できるものは全てできる。

環境条件をその収穫できる環境を人工的に創れば最適収穫ができる。



原理4
生産物は、市場の要求に適応して、自在な形で提供することができる。


原理5
複合工場は地域とともに豊になるしくみである。



原理6
地域密着CATV連携すると地域のコミュニケーション網が整合されシンプル化し、天変地異への最適対応ができやすい。

原理7
中小企業の食品工場の商品試作開発機能を持ち、共に拮抗して成長できる共存共栄のしくみ



原理8
世界の市場は無限、食の自給率を上げる貢献ができる











原理9
インフラ型プラントは過疎地、高齢化、地域が若手の増加、貧困化層の収入インフラと中流層の数を増加ができる。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧