開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

植物、畜産、栽培養殖漁業、林業複合工場

■植物、畜産、栽培養殖漁業、林業複合工場  
                                          110322

植物工場の稼動と市場>植物、畜産、栽培養殖漁業、林業複合工場 




従来の農林水産業の復興と拮抗して  子孫のための「食の安心安全のインフラ」が  
各地でふさわしい規模ではじまることを  待望しています。


●長期目的の事業として未来想定以上の緊迫した環境対応を迫られても、安心安全な食
  が高品質ローコストで実現できる方向の一つです。現在、悪環境で、食の生産が出来ない
 不毛度の高い国は、国家戦略として実現可能度が高い方向の一つです。

   アメリカの砂漠に出来たラスベガス(人の欲を対象に超大金が潤沢にはいるしくみ)は原価が極度
 にすくなく超利益率の事業)のように、砂漠で食の複合工場エリアを構築できる確率は高い。
 ただし、人の生命に関わるもので、薄利多売で、投資予算の回収には長期かかりますが、地域の
 インフラ、世界観で人類の食料不足に貢献したい使命感の人の出現しない限り可能性がゼロに近い
 事業かもしれません。人類の生存に関わる緊迫の環境になるまでは、待つかもしれません。


◎日本が放射能汚染地区として、海で隔離された環境の中で、食の安心安全生産が
できる大規模型複合工場が緊急で事業化できるしくみシステム構築する時代に
入りました。

従来の企業任せの放任型、自由競争はまかせ段階から、日本の食料生産に関して
放射能汚染という「みえない、さわれない、におわない、きこえない」マイナス要素が
追加されたため21世紀対応が必要条件になりました。
従来の化学物質の含有段階から、人の健全細胞、子孫に関わる遺伝子上での
安全安心がテーマになってきました。

国内流通は、国の規制範囲(危険量で規制強化・強化が随時行われる)で流通でき
ます。日本国民は、「広島、長崎の原子爆弾投下後と日本全国の高濃度放射の
汚染の時代同様に」その規制以下なら安全安全と「思い込む」「割り切る」ことが
出来るかわかりません。
海外戦略は、安全安心データによる出荷が必要な時代が近づいています。
今回の事故と遠距離であるからというだけの「生産地証明書」は、別次元の方法
どこまで、日本産の購買をしてもらえるかわからない未知の時代に入りました。

世界各地で、当初は、福島第一原子力発電所に近隣したある範囲の地域での
特定の生産物の輸入禁止から、次の段階は日本からの食に関するもの全てが
輸入禁止の段階になる徴候がすでに出てきました。

日本ほど世界でも食の安全安心に敏感な国は、もし日本以外の国の事故なら、
どんな行動を国として採ったでしょうか、多分現在の他の国よりも日本国民全体
が、過激な行動を採った確率は高かった確率は高い。

今こそ他の国に対する過去の「食の安心安全に対する潜在パワーを防戦型へ
向けるだけでなく、日本国民をモデルに「新しい食の安全安心のためのしくみ
システム」を構築して、逆に、世界へ貢献する実現の使命に気づく時がきました。

この解決できる方法の一つは、個別に急速に進化してきた技術を複合的に組合せ
人工的全天候型、多品種生産物から半製品加工まで可能な「次世代植物工場、
畜産工場、栽培養殖漁業工場、森林群複合型」の大規模型法人(非上場型)です。


地域行政、地銀信金、地域の団体、産学官で、中小規模、部分的な複合、できれば
水の完全循環が必要なので、完全栽培養殖型との複合を待望しています。

◎今回の放射能汚染で地域の収入インフラを失う人数が多い組合せ複合工場に
着手して、その人の強みをそのまま活かし、自然の汚染の影響が減衰状況に
応じて、従来の個別の自然生産の戻ればよい。ただし、国内だけでなく、海外の
販路開拓ができているために、現在よりも、利幅を大きく、大量に販売できる確率
は高い。過去と同等の積み木崩し型地域再生の道も一つですが、天変地異の影響
されない地域のインフラの構築は、同じような災害があっても、再生の一定期間を
地域に自力だけで全てを他力依存の現状から少し進化する確率は高い。


●緊急で今緊急確保対応が必要な事項
1.汚染していない種子源の確保
2.畜産物の生殖可能な汚染していない種動物
3.魚、貝、海草等食用できる生殖可能な汚染しない種
4.林業のためのための種
5.閉空間での動植物、動物園等の施設での飼育への転換
6.遺伝子組換えのない、自然の中の突然変異を活かした品種改良
(遺伝子組み換えと類似していますが、地球上に存在する形での組換えで、子孫への影響が
少ない確率が高いだけです。そのクローン品種も同様に低い確率が高いだけです。)

関係する制御型人財のあなたは超スピードで対応準備に入り、傍が動くタイミング
で短期で対応できるようにしてください。汚染度が悪化へ進行し、影響度が高い
地域は、率先垂範行動も必要なあなたであるかもしてません。

●短期で開発を急ぐ商品製品システム例
医療関係の最先端情報を基準として、さらに、進化させる。また一般の事業展開にコスト的に可能な
シンプル化応用を推奨します。

1.汚染「ゼロ」の水の構築システムを新規に開発する方が、早く持続的にカイゼン
ローコスト化できます。(対因療法型開発、連続型開発、初期高コストですが、市場は無限)
現在の水の「汚染ゼロ」対策には時間がかかります。
(対症療法開発は規制依存型、規制強化ごとに不連続開発、ローコスト)
2.土壌の汚染「セロ」の土壌造り。人体有害放射性元素ゼロ化洗浄。(規制の10倍以上想定)

3.閉空間の対流、汚染の感知システムと早期の汚染エリアの遮蔽と無害化のしくみ

4.地下水脈利用型、海利用型の場合は、感知システムと無害化のしくみ

5.人、ものの工場内立入時の、監視エリアとシステムの構築

6.非接触全数放射能元素の国の基準の1/1000以下であることを自動測定し、選別のしくみ
の業務用開発が急がれます。(現在は検査用の方法で、業務用でないものが主流)
人の骨に蓄積する放射性セシウム、ストロンチウム等、魚肉、加工食品の原料の全数チェック等
全ての人の内臓、脳、子供の成長に関わる放射性同位元素も同様。


●未知のテーマが沢山あると思いますが、60%の成功確率の仮説を小刻みに
実行する。仮設実行循環は 現実化のスピードを速くする確率は高い。

一つの方法に固執する研究開発とは異なり、応用開発は可能性のあるものを
同時並行して進行させ、問題解決確率の高いものを3種類抽出して、○△×
で選び、○でやってみて、やりながら、次のカイゼンをしカイゼン限界の見極め
、中断し、△または、その時の○をやる。今回の福島第一原発対策を事例に
すると、大局を忘れ小局着手の、単線型行動では、未知の業務開発は長期間
が必要になります。大局着眼、超速度小局着手の連続のやりかたを待望して
います。


◎地球観、世界観視点で超高額な資金投入して、事業化可能コスト領域内で
実現できる全体最適のしくみを実証試験型を待望しています。


「日本で複合工場実証試験関連技術」
   
日本の中で多くの人たちが食の複合工場に関する実現度を高める技術向上
   が累積されてきています。

   国際連合のような世界観組織が運営機関となり、世界の智慧を日本の
   食の複合工場実証試験にさらに最新を付加すると、世界の食料危機を
   軽減する、大規模型地域開発型食の複合工場汎用型のしくみシステム
   を構築できる確率は高い。

   

 
「新たな食の安心安全への挑戦」
   非接触型「食」に関する全数検査のできる業務用放射能元素の含有量を
   測定し、安全基準の1/1000以下であることを表示できる計測器の緊急の
   業務用開発を待望しています。

 

 
更新 2011.04.08

1.必要性の背景





























 

 

 

 

 2.実現の可能性

































 

 

 

 

 

3.実証試験の場の選定
































 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧