開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす

■「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす 110218

着実に人財へ成長する機会を活かす「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす
潜在態度能力の評価>「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす





 自分を行動させる発信源である「脳構造機能」と「心構造機能」を正しく制御できる方向
に向けるための自己総能力をに生きている限り、常に高いレベルへ上げる挑戦を持続
すると、意識、無意識の状態でいつも平常心で正しい行動ができるようになって来ると、
周囲である傍も集団・組織、国、世界も「もうちょっと」共に豊に変わる確率は高い。

自分の生きた証しの結果もあなたの行動に共鳴共振共働した多くの人が、気づかなく
ても想定以上の開眼軌道がはじまる確率は高い。

●自分の成長段階が未熟な領域が多い時代は、自分が正しいと「思い込み」行動した結果が想定外の
マイナス領域での結果を誘引していたことに気づき今なら「もうちょっと上手にできる」自分に気づくことが
多くなります。「成功体験の定着刷り込みのために脳の神経網が新しい最新回路変化」して「心の構想」
が少し変化し、「態度」の品格度が成長し、「行動」の制御機能は、意識・無意識段階で「知行一致」行動
ができはじめてくるようです。「行動」が「習慣化」すると「人格」がより正しい領域の量が想定以上に増加
するようです。変化は「自分に見えない、人に見える」領域のため、「人格」高い人の数が、55%以上の
集団の場合は想定以上に高く評価されますが、逆の場合は、想定以下の確率が高い。ゼロであり逆に
集団の「正しさ基準」と逆評価され、本流から排除される場合がありますが、60%以上の人在、人材は
は「正しさ基準」を「正しいと思い込んでいる」だけで、「正常な正しさ基準」の方向に左脳から右脳一人づつ
個別に教導すると、その人の周囲が想定以上の速さ
で変わりはじめることに気づく時がきます。あなたの寿命内で、価値基準、行動基準を正しい領域の
多数決数を逆転できるかはわかりませんが、

ある場合、マイナス思考、「うつ」へ向かう自分に気づくことがあります。
プラス領域のよい種だけを蒔き、傍が豊になることを喜びにしようと「思い込む」と
プラス思考、「そう」の持続がはじまり、よい収穫が実る頻度が増加し、プラス領域の
結果がでる確率は高くなるようです。

自分を変え周囲が変わりはじめるためには、まず自分の構造機能の働きかたクセを
知り、潜在意識が成長した人格で、無意識に正しく制御できるように習慣化しよう。

自分が正しい領域に存在できると、周囲の人を正しい領域へ導く軌道誘導の方向が
明確になり、鼠算で正しい領域へ導くことが出来る確率は高い。

自分の持つ「脳構造機能」と「心構造機能」のシンプル化したしくみを知り、正しく行動
をするために「思い込み」「思い切り」による確固たる信念化の方向に活かそう。
強い信念は 傍が変わりやすい行動のトリガーが大きいようです。

◎世界の多くの人が、脳の機能を仮説的法則を探し、多くの先人が、多くの諸説を
述べています。検索エンジンで、無限量で探せます。
人により正しい方向の「思い込み」方法は成長段階が異なるため微妙に異なり、同じ確率はゼロのようです。

自分がよい種を蒔き続けるために「思い込み」=「使命観、志等を持続するトリガー」になるプラス思考
「そう」状態を持続できるしくみとして自分に最適なふさわしい方法探しに徹すると、よい種だけを蒔いて
いるので「「今日は、なんだかいい日になりそうだ」と充実した人生が寿命が終わるまで続けることが
出来るようです。

「人は信じてもよいが 人の行動は信じるな」。プラス領域行動が多い人の数は時代、あなたの所属する
集団組織で比率はことなります。「人を信じて、動かされ、正しいと思い込んで無意識行動して後の祭り
で悪い結果が出て、自己保身のために第三者として客観的に自分をみる(言われたからやっと、いつもの
教えられた方法でやった等マインドコントロール・思い込みさせられていたことにはじめて気づく覚醒)
違っていた場合、悪い結果をその人に責任転嫁し、自分に責任が皆無と都合よく思い込むこがあります。
もし、行動をするとき意識



◎「正しい」とは、時代を超え、不易の善い行動領域をいう。
時代、為政者、多数で変化する時代の常識、時代の流行型価値基準ではない。

◎気づいたら日常の仮想、仮説、実証、検証、確信、行動のプロセスに組み込む。

 「世界観で自分の行動をもうちょっと変えよう」


「自分を変え周囲が変わる価値判断」で、今、傍に一番貢献できる問題解決から
  成功事例を積み重ねはじめよう。

   「着実に人財へ成長する機会を活かす」

勝てば強くなる。あなたの固有のすばらしい構造機能が発揮され、存在する時代の
正しく行動できる超一流制御人財として未来が拓けます。
 

 
更新 2012.04.03

 □ 心の構造
     「4つの層」
     「8つの心」

心の構造の違いを知り
固有の機能を活かして
日常行動に組み込む

平面で表現してありますが、球体構造が実体です。
































 

 

□行動のトリガー

意識し仮想して考え
行動内容と現実で
実行できることは違う

実際の総能力量が
まだ仮想を実現できる
総行動量と乖離して
いるだけです。

































 

 □観えない「心」を見える「脳」の構造機能に置き換えて自分の行動を変える手掛かりにする。


Web、ネットワーク社会の進化は、無限の母集団による行動解析が出来る扉が開いた。

確率論推計方式の中の例外事例の多さも含む解析方法から、次の段階に入ってきました。

創市場創客にも人の潜在意識からの本音行動に気づき、建前行動、顕在意識だけでは、観えない部分が垣間見られる時代がきました。
マーケティング担当者は、新しいツールを活かすことを推奨します。












 

 

 

 


 □「脳」の知識を活かす「心」の機能と行動について 
 

「脳」は「主人である」。私達が「貯蔵(アーカイブ)」している様々な記憶の中から、あなたの問題解決に必要な解答を用意しています。球体思考の構造をして、自在に位置を変化させるながら行動のトリガーを発信
しています。

◎事例
「偶然の発見」「予期しない幸運にめぐり会う能力」「思わぬところからいいものを得ること」現象

宇宙に張ったアンテナ「セレンディピティ」により 「内からのひらめき」「外から自由な発想」が出てきて、
「偶然」「幸運」に出会うという必然的に呼び込まれる現象があります。

 


1.固定観念を取り払う


 自己評価をしない
 

物事は 人々の関わりで存在するものであり、「実体がない」という意識を持つ。
「人により他利が無限」、固定観念を取り払うと、今起こっている現象からヒントが得られる。⇒創意工夫が出来る。 「現状直視認識」
評価は 他の人との関わりで決まる別次元現象。

 

2.視点を変える

 

子供と親 外部との関わりの立場の違いにより視点が異なり周囲が違う。
同じ事態でも視点を変えれば考え方も変わる。
全体を鳥瞰できるチャート(例マンダラ)のように周囲を整理して、部分から全体が見えれば、関係性やトレンド(流れ)を捉えることができる。「魚の目」
 

3.脳に刻み込む

 

脳に刻み込むほど強烈でなくても、何かに意識を持つととたんに、それまで気づかなかった自分の欲しい情報に出会う経験がある。
意識を持つと宇宙にアンテナを張り出した状態になり、吸い寄せられるように情報や人や物が集まってくる。「偶然」ではなく「必然」現象がある。
 

4.「潜在的な脳」を活かす行動













 

 

「潜在的な脳」からの豊富な情報を自分の豊かな行動に結びつけるように、顕在的な状態に整理整頓をする。

脳の「貯蔵(アーカイブ)」から発信
5S運動「全員活動、徹底推進、体質改善」を頭の中で一瞬のうちに「正しい処理」
「正しく決断」「正しく行動への指示」をして、身体のあらゆる細胞に位置を移動させる
ための行動のトリガーを発信させる役割をしています。
  
・5Sの機能
   「整理」(いるものといらないものを分別)
   「整頓」(どこに何があるかを明示)  「清掃」(自らの正しい行動)
   「清潔」(行動を維持)          「躾」(習慣として身につける)

「脳の行動」は社会と関わっています。単なる個人の「心の中」の出来事(抽象の域)では済まなくなります。

行動は「原因」が生じます。(あなたの周囲を振り回す現象)

当然「原因と結果の法則」により「あなたの行動から生まれた結果」が現実化します。(具体の域)

「貯蔵の心」の機能表現である「人格」の形成段階ででの行動と内容が、正しい行動領域であるかどうかは過去の蓄積体験で異なる別次元の内容です。
周囲から「変に見える行動」も、本人が思い込み、決断し行動しただけです。

・潜在意識のままでは、何も行動は変化しません。(仮想の世界)
・顕在意識に潜在意識が働きかけたときから、行動のトリガーが具体的に発生し、行動の準備がはじまります。(現実の世界)
 

5.脳のくせ











 

「脳」は文章型の文字認識や、汗をかき非効率な要領が悪く見える実証し検証する等の時間をかけ蓄積する「貯蔵」は農耕民族、狩猟民族で異なります。

A志援サイトへ来訪された素晴らしいあなたは、すでに幼年期の環境で掲載されたクセがあり、世界標準を軸として、宗教観、政治観、国家観等クセの補正を推奨します。より視点の高い人財が多数輩出を待望しているからです。

共通の脳のくせとして、映像型、パターン型認識、反射的判断して行動する現象に優れています。赤ちゃんから幼児の頃の優位行動機能の方が反応スピードが速いため
で「大人型子供」は、日常の優位行動になっているためです。

ただし、行動後「なぜ、どうしてあんな行動をしたのか等」、反省をする「貯蔵の中の
一テンポ遅れる修正信号が出る」現象があります。

潜在意識からの信号は早い信号と遅れる信号の2種類があり、顕在意識の段階で5感に行動信号を出す前に、感情「怒」の心が増幅されたときは、意識して行動の前に「間」を置いて、一呼吸入れ、平常心で行動する方が、外部との関わりの中でプラス評価される行動になる確率が高い一つです。

◎特に現実逃避型、大人型子供は 仮想の世界、感情の世界、煩悩の世界優位に行動をしています。行動する前に自分に家族外部からプラス評価される行動はどちらか、行動の「間」をつくり、慢性化麻痺型行動からの脱兎のごとく領域を変えるた方が自分の人生にとってどちらが得か選択する「自分を変える思い込み方向」の一つです。
 

6.自分を変えるプロセス
























 

生まれたとき知識行動ゼロからスタートして、周囲とかかわりながら、自分が生命が尽きるときまで生き、成長できるのでしょうか

動く前に、外部から、知識知恵が心の第1層に入り、第2層の意識の心で動き、外部の関わり反応を泣き叫ぶ感情の心で判断し、その体験を貯蔵の心に蓄積すます。
貯蔵の心で、外部に関わる行動を瞬時にこうしようと「思い込み」「思い切り」と行動の情報が発信され、第1層五感を通して外部に行動します。
行動すると外部に結果が生じ、外部が評価するのを見て、その体験を貯蔵の心に蓄積す循環をしながら、スパイラルに、総行動能力量を増幅させていくようです。

潜在意識の「貯蔵の心」が行動の価値判断を形成しているようです。

心が変われば⇒態度がかわる⇒行動が変わる⇒習慣が変わる⇒人格が変わる

この人格は人が外部に関わる限り変化し、その人格は「貯蔵」の心の中に蓄積
された、心の姿を表現する言葉のようです。

人格形成は、外部と関わりがある場合に変化(刺激、本、情報も含む)し、人の生命が尽きたとき、外部への関わりがゼロになるようです。 

人格は、顕在意識の知識、知恵を、プラス領域でも、マイナス領域でも自在に制御できる機能をもっているようです。

超人財の世界をプラス領域へ導く行動を起動させる人格にもなれるし、超人罪としてここまで悪知恵を働かし周囲をマイナス行動へ導けるのかと驚愕の人格にもなれる
ようです。良い信念使命観、何か変な信念使命観として本人が顕在潜在意識の中で選択しているだけのようです。

人格が人の行動を左右しているため、人格により、運命選択の範囲が、スタート時は無限、時代と共に、運命選択の範囲が有限化、縮小化し、その結果としてその人の人生舞台が決まるようです。

世界観視点で行動したい人は、超一流人財を目指し、プラス領域の総能力量、長所の量を短所の量より拡大させることは必要条件です。一歩一歩人格成長行動をしていると、周囲への影響量が多くなり、周囲の人がプラス領域へ変わる指揮者としての素晴らしい音源を発生できる確率は高い。

 

 7.記憶力






































 

脳の中の各機能の特色を活かして、左脳、右脳を整合してはたらかせ、正しい人格である価値基準、行動基準がプラス領域の総量がマイナス領域の総量の100倍以上になるように日常訓練し、実戦の場で意識・無意識の領域で訓練どおりできるように汗をかき知徳段階まで定着させ、素晴らしい人格を形成しよう。

「総能力とは、実戦力です。実行できないものは 能力とはいえません」
傍に中途半端なマイナス領域の多い、行動起因は ブランド、肩書きのバブル・泡が大きい人ほど、「百害あって一利なし」はたに、長期間プラス領域へ復元できない結果をする確率は高い。「人は信じてもよいが、人の行動は信じるな」。
自分の本音は、本能煩悩の抑止力が弱くなったとき、させられたとき、抑止力を人的にある方法で開放したとき、マイナス領域の発言、行動がマグマのように噴出する確率は高い。組織、建前の世界で働くひとは、他力で弱くさせられる機械は限度をわきまえるか、完全に避けるかが重要です。特に女性は、弱くする周囲の男女の本音人格を日ごろから確認することが基本動作です。建前の世界の人生軌道が狂った多くの事例があります。プラス領域の多い類の中で類(友)を呼ぶ組織、「そう」時期のグループに加わることを推奨します。「うつ」時期が60%以上の集団なら、80%以上の確率で、「うつ」が定着する確率は高い。
 

8.意識と意識障害





































































 

 

 

 

 

カテゴリ一覧
左脳・右脳・小脳・脳幹の機能の違いを知る
左脳・右脳・小脳。脳幹の機能の違いを知り、もうちょっと日常の行動を知り、プラス領域の総行動量を増加させるために何を、した方が成功確率が高いかベクトル方向を明確化すると、周囲の人間の尊厳の価値基準、行動基準がプラス領域の人か、マイナス領域の人か、人財か人罪か観(診)えてくる確率は高い。
左脳・右脳のコア、強みを活かす
プラス領域の総量60%以上育った人格が集団・組織の60%以上を占め本流になると、その人の欠点(マイナス領域)と40%以下のマイナス領域が40%以上の人をプラス領域方向へ制御できる確率は高い。
よい「心」の総行動量を「気」により自力増加
よい「心」の総行動量を自力で増やす方法として、後天的に「自分を変える」トリガーの一つである「気」の充実法を今に徹して「訓練は実戦のように実戦は訓練のように」体得する。制御型人財の基本素養の一つとして先人の多数の軸からの手法のあなたにふさわしい方法探しの模索の実行を推奨します。気づかなかった身近にそれがある確率が高い。
集中力を高める基盤
脳・神経の働き、身体のコンディションの最適化をすれば あなたの固有機能成長段階に応じて、その時点でのふさわしい最大集中力を発揮できる確率は高い。「集中力を高める」手法は、情報量「ゼタ時代」に入り、部分的分野での手法は無限にあります。個人が最適な手法に出会った(当たった・博打型偶然)人だけが、効果が発揮できる成功事例の一つです。
集中力を生むライフスタイルの方向
脳や神経のコンディションを整え、より集中できるあなたになるための生活のポイントや身体の使い方について、成功確率が高い方法を知る。多数実行、臨床検証し体系化し、年齢変化に応じて、最適探しを始め、あなたの分野で成長段階に応じて制御型人財としてふさわしい活躍をされることを待望しています。
集中力を生む行動スタイルの方向
人は心身の健康基盤が不調な(マイナス環境)時でさえ「集中力」を発揮できます。その時の行動の瞬間、心身が命じるマイナス方向から、意識してプラス領域量が多い方向へ自ら軌道を強制的制御できます。自力本願を意識・無意識状態で潜在脳の人格基盤・本音が追い風になります。
よい健康・よい集中力・よい決断へ行動
心身のよい健康基盤が習慣化すると無理難題解決へ、集団組織の傍・周囲の多数をプラス領域量の多い方向へ軌道制御するための良い決断と素晴らしい結果の未来が実現できる確率は高い。