開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本GAP協会

■日本GAP協会    110105
 Japan Good Agricultural Practice

植物工場の稼動と市場>日本GAP協会


ISOのように農業にもEurepGAP(Good Agricultural Practice)が応酬小売業組合が
2000年に策定して「悪い農業」から「よい農業」への転換を目指しています。食品安全、
環境保全、労働安全、動物福祉を加えた4つの柱で構成され、世界共通水準を目指
した本格的なものです。

2007年9月 GLOBALGAPと名称変更し、GAPの世界標準になりました。GLOBALGAP
の認証を受けなければ、事実上EUへの食品輸出はできません。
   
日本GAP協会が策定したのがJGAPです。日本国内の他のGAPの多くが食品安全に
片寄る中
JGAPはGLOBALGAPと同等性があると認められました。つまりJGAPの認証を受けれ
ば、GLOBALGAPの認証を受けることができるという国際的GAPです。

海外へ販路を拡大したい場合は、下限の生産、人のしくみシステムとして取得し、
価格競争で比肩できるコストダウンと固有の強みを構築する戦略を推奨します。 
   

JGAP(ジェイギャップ)は、農場やJA(農協)等の生産者団体が活用する農場管理の
基準です。農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。
JGAPの基準には、120を超える農場のチェック項目が定められています。農薬の管理、肥料の管理など、食の安全や環境保全に関係する農作業について、明確な基準が
定められています。

JGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証です。
JGAPは、農場やJA等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、認証制度です。
農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。

第三者機関の審査により、JGAPが正しく導入されていることが確認された農場には、JGAP認証が与え
られます。
適切に管理されている農場だから、安全な農産物を提供することができます。

JA等の生産者団体の単位で認証を取ることもできます。

JGAP認証農場は、消費者の皆さんにとっても、農産物バイヤーの皆さんにとって
も、安心して購入・取引できる農場です。

良い農産物選びは、良い農場選びから始めましょう。


◎問題点
工業系認証機関の第三者機関として企業とは別次元で運営されていますが
農業に関する認証機関はNPO法人であり、特定の企業の寄付を受けるしくみ
役員も企業から出向しています。監査の徹底度もまだ、厳しさや、特定企業
に対し、厳しくできない確率が高い組織です。
国家的海外輸出戦略の位置づけにした場合、改革が必要な確率は高い。
大企業中堅企業は、なぜ日本GAPを取得していないのか、もっと厳しい生産
基準で事業展開しているため、認証の必要性がないと判断している確率が高い。
ISOの場合は、取得は大企業が超速度で取得し、常に最新化更新を全社的に
しましたが、なぜしないのか、事業展開の方向は海外でなく、国内の弱小農業
を企業観視点で行動していることに気づく必要があります。
2010年はほとんどの該当大企業は展示会に出展しなくなっていることに気づく
ことが必要です。最大の参入競合企業は国内にあります。

ブランド評価を優位にし、海外輸出時、その国の認証を採るにかもしれません。
工業系認証と同等レベルへの進化が必要な時期が来ています。

地域の行政の先導機能格差が、今後の地域農業地産地消の市場維持確保に
重要な分水嶺であることに気づく時がきています。  A志援ms

 

 
更新 2011.1.11


□日本GAP協会

  
NPO法人日本GAP協会(旧JGAI協会)







 


■日本GAP協会について

◆役員名簿 ◆理事 ◆技術委員会  ◆定款 ◆寄付者名簿
◆入会の手順
◆事業
1.JGAPの開発および国内外のGAP全般の研究
2.JGAPの普及と広報
3.JGAPに関する研修の開催
4.JGAPの審査認証制度の統括

◆正会員 pdf
○農業生産者会員 2010年11月30日現在 240会員
○小売・中食・外食・食品メーカー、農業関連団体、団体会員
             2010年11月30日現在 68会員

 

◇最新情報の提供

JGAPの動向や研修に関する情報提供を電子メールで行います。
メルマガ登録(無料)
 

◇JGAP(ジェイギャップ)について







 

JGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証です。JGAPは、農場やJA等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、認証制度です。農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。
第三者機関の審査により、JGAPが正しく導入されていることが確認された農場には、JGAP認証が与えられます。適切に管理されている農場だから、安全な農産物を提供することができます。
JA等の生産者団体の単位で認証を取ることもできます。
JGAP認証農場は、消費者の皆さんにとっても、農産物バイヤーの皆さんにとっても、安心して購入・取引できる農場です。
良い農産物選びは、良い農場選びから始めましょう。

◆3分で分かるGAP pdf
◆JGAP説明動画(約7分)

◆JGAP認証農場検索 
2010年11月30日現在 1035農場が認証を取得
 

◇審査・認証機関一覧

◆JGAP審査・認証機関一覧

◆JGAP審査員研修機関一覧
 

◇JGAPを導入したい認証を取りたい






 

◆JGAP導入手順
「個別審査・個別認証」と「団体審査・団体認証」
JGAPは農場管理・団体管理の基準であり、その認証制度です。よってJGAPの審査・認証を受けることができるのは、農場または団体だけです。
農場とは、個人農家(個人事業主)や農業生産法人など、一つの農業経営体を指します。
団体とは、JAまたはJA部会、またはその他の生産者団体です。複数の農業経営体が集まった団体を指します。
農場が受けるJGAPの審査・認証を「個別審査・個別認証」と言います。
団体が受けるJGAPの審査・認証を「団体審査・団体認証」と言います。

◆JGAP指導員からJGAP導入の指導を受けたい
全国のJGAP指導員を都道府県別に検索できます
◆JGAPマークについて

 

◇指導員・審査員になりたい、研修を受けたい







 

JGAP指導員とは、JGAPを導入しようとする農場やJA等の生産者団体に対して、その指導や相談に乗る方々です。日本GAP協会が提供している研修、または日本GAP協会公認のJGAP指導員研修機関が開催する研修に参加することで、JGAP指導員の資格を得ることができます。
2010年12月17日現在、3082人のJGAP指導員が全国で活躍しています。

都道府県ごとにJGAP指導員を検索することができますので、探してみてください。 >>JGAP指導員検索ページ

JGAP指導員は、「JGAP指導員専用のホームページ」を利用することができ、JGAPの最新情報を自動的・継続的に受けることができます。JGAP指導員の中には、JA等の生産者団体の団体認証に必要な団体内部監査員の立場で活躍している人も多くいます。

JGAP指導員に関する規則は、「JGAP指導員規約」に定められています。
 

◇よくある質問

 

◆JGAPについて
◆JGAPの審査について
◆日本GAP協会について
◆JGAP指導員について
◆JGAPマークについて
 

◇JGAPの基準書

・JGAPの基準書
・認証の種類別 必要基準書
・標準JGAP品目名リスト
・日本GAP協会 定款・規約・細則一覧







 

日本GAP協会が発行している以下の基準書をダウンロードできます。
■農場用 管理点と適合基準
○青果物 2010 2010年7月1日より審査、認証開始
○青果物 第21版 2011年6月30日なで審査、認証継続
○穀物 第21版
○日本緑茶 第1版

■団体事務局用 管理点と適合基準
○団体 第22版

■総合規則
○総合規則 2010

■「管理点と適合基準」(冊子版)購入申込み
 印刷された冊子版(有料)をご希望の方は、購入申込書に必要事項をご記入の上、FAX又は、メールにてご注文ください。
1冊/\1,000(消費税・送料込み)
 

「JGAPを知りたい」より
◇消費者の皆様へ

 「よい農産物選び、よい農場選びから」


















 

 いつも食べている野菜や果物、お米やお茶が安全なものであって欲しいと思うのは、みんなの共通の願いだと思います。 そのために、日本の農家はJGAPを活用して安全な農産物を生産しています。
安全な農産物とは何でしょうか。それは、適切な農場管理の下で育てられた農産物です。
JGAPは「適切な農場管理の基準」であり、農薬の管理、肥料の管理、水の管理、土の管理といった仕事に明確な基準が定められています。それらの基準は全部で120以上の項目数になります。

JGAPの基準を見てみる

JGAP認証は、JGAPの基準にもとづいて「食の安全」や「環境保全」に取り組んでいることが、第三者機関の審査により確認された農場に与えられる認証です。いわば、JGAP認証は「適切に管理された農場(=信頼できる農場)の目印」です。
良い農産物選びは、良い農場選びから。
いつでも、どこでも、誰でも、安全な農産物を手に入れることができる社会をJGAPは目指しています。
*JGAP(ジェイ・ギャップ)は、Japan Good Agricultural Practice(日本の良い農業のやり方)の略です。

 

「JGAPを知りたい」より
◇農業者、JA等の生産者団体の皆様へ
  「品質管理の仕組みづくり 出来ていますか」










 

いつでも安全な農産物を生産、出荷したい。
これは農業者の誰もが願っていることであり、また法律的には義務とされていることです。
そのために、あなたの農場には品質管理の仕組みがあるでしょうか? あなたの農場から食品事故を出さないために、重点的に管理すべき作業や責任者は明確になっていますか?
たった一人の不適切な農場管理が、生産者団体の全体の信頼を落とすことになります。
団体の内部で、組合員の農場管理の状態をチェックする仕組みは有りますか?
これらの問題を解決する手段がJGAPです。 他の方法に比べて、最も低コストに品質管理の仕組みを構築することができる手法がJGAPです。
JGAPは単なる「適切な農場管理」のチェックリストにとどまりません。 多くの先進的なJAや農場では、これを農場統治や団体統治の手法として活用しています。
JGAPを土台として使いながら、「選ばれる産地づくり」の取り組みが進められています。生産側が価格提案力をしっかり持つこと。そのための強い産地ブランドづくりの第一歩がJGAPです。
 

「JGAPを知りたい」より
◇小売業、生協、流通業、外食業、食品製造業の皆様へ
 「仕入れ商品(原料の管理 できていますか」


















   

 消費者に安全な農産物、食品、食事を提供したいと誰もが願っていると思います。そのために、食品安全の取り組みを行っておられることでしょう。
自分の店舗、工場、それぞれ管理の基準を作成し、ISOやHACCPなども活用しながら努力されていると思います。それでは、仕入商品(原料)の管理はどのようにされていますか?
安全な農産物の仕入というのは、難しい課題の一つです。
安全性は目で見ても分かりませんし、不特定多数の生産者の商品が集まる市場流通では、仕入先を管理しようにも限界があります。
プライベートブランドの取り組みでは、会社の命運をかけて食品事故を絶対に起こすことはできませんが、そのために独自の基準を作って多数の生産者に基準の順守をお願い・指導して回るのは大変な仕事です。
JGAPは、これらの問題を解決するための新しい社会インフラです。農業界と流通業界が共同で運営・開発している農場管理の基準であり、認証制度です。
●JGAP 運営・開発の中心メンバー

安全な農産物の仕入の考え方は、事後対応型の「モニタリング型の残留農薬検査」から、未然防止型の「GAPによる仕入先の評価・管理」に移行しつつあります。 有効性とコストの両面から明らかに利点が多く、GAPの普及は世界的な流れでもあります。
●欧州の標準GAP「GLOBALGAP」(直接アクセス)
*日本GAP協会はGLOBALGAPと提携し、基準の調和に取り組んでいます。

JGAPは日本の農業現場に適した基準であり、誰でも利用することができるオープンな基準です。産地管理(産地監査)の効率化とコストダウンに、JGAPはきっと貢献できるはずです。
 

◇JGAP認証農場検索
2010年11月30日現在、1035農場が
認証を取得しています。



 

JGAPの基準には、120を超える農場のチェック項目が定められています。農薬の管理、肥料の管理など、食の安全や環境保全に関係する農作業について、明確な基準が定められています。
第三者機関の審査により、JGAPが正しく導入されていることが確認された農場には、JGAP認証が与えられます。適切に管理されている農場だから、安全な農産物を提供することができます。
JGAP認証農場は、消費者の皆さんにとっても、農産物バイヤーの皆さんにとっても、安心して購入・取引できる農場です。

 

○書籍紹介




 


日本JGAP協会公式解説書
書籍名 「JGAP」
農業管理を”見える化”し食の安全を確保する

<内容紹介>
・JGAPの内容   ・日本のGAPの歴史
・JGAP審査・認証の仕組み  ・農業生産者のJGAP導入事例
・イオンGAP(A-Q GAP)   ・生協版GAP(適正農業規範)
 

○会報誌「MONTHLY-J」について
 

 『MONTHLY-J』は月に一度、日本GAP協会が会員向けに発行している会報です。JGAPや世界のGAPに関する最新情報、JGAPに取り組む生産者の情報、JGAP導入のための実務者向け解説など情報を提供しています。
 

 

 

 
■JGAP認証農場(例)
2010年11月30日現在、1035農場が認証を取得しています。
認証品目から先人の標準化の知恵を学び、生産の高品質化、量産化、コストダウン実現スピードをアップする
ことを推奨。認証有効期限があり、更新のための審査があり、さらにしくみシステム、人の成長が必要です。

都道府県

農場名
農場番号

認証番号

品目

認証
有効期限

所属農場数
(1)は単独

JGAPの版

北海道

(有)ホクユウファーム
010000002

MIC-S
-010000002

たまねき、しそ、
小麦、大豆

2012.8.23

    1

青果物2.1
穀物2.1

 北海道

(株)アグリネイチャー倶楽部
010000003

MIC-S
-010000003

小麦、大豆、たまねぎ、ごほう、かぼちゃ、はれいしょ、にんじん、てんさい

2012.9.5

          1

青果物2.1
穀物2.1

 北海道

(株星
010000004

MIC-S
-010000004

たまねぎ

2012.8.16

          1

青果物2.1

 北海道

しみず農園
010000008

ACCIS-G
-010000008

米、パブリカ、なす、さやいんげん、ねぎ、きゅうり、キャベツブロッコリー、えだまめ、かぼちゃ、サニーレタス、みつば、ばれいしょ、スイートコーン、だいこん、かぶ、長いも、ミニトマト、レタス、ほうれんそう、トマト

2013.6.28

           1

青果物2.1
穀物2.1

 北海道

山内農園
010000010

G09
-092401

レタス、ブロッコリー、スイートコーン、サニーレタス、リーフレタス、ロメインレタス、トレビス

2012.9.23

           1

青果物2.1

 北海道

(有)ドリームファームイザワ 010000011

ACCIS-G
-010000011

スイートコーン、カリフラワー、リーフレタス、たまねぎ、かぼちゃ、ニラ、ブロッコリー、みつば、こまつな、ほうれんそう、トマト、ピーマン、長葱、イチゴ、アスパラガス、ひたたけ、しいたけ、はまびらたけ、キャベツ、バレイショ、レタス、だいこん、にんじん、はくさい、ニンニク、ふじみ菜

2011.6.7

 

          1

 

青果物2.1



 

 北海道

 (有)グリーン坂東 ヴェール農場 010000012

ACCIS-G
-010000012

たまねぎ、スイートコーン、かぼちゃ、ばれいしょ、にんじん、だいこん、ねぎ、えだまめ、にんにく、なす、トマト、ピーマン、きゅうり、さやえんどう

 2012.8.27

          1

 青果物2.1

 北海道

 北村農場 
010000013

G09
-112501

そば、あわ、きび

 2012.11.24

     1

 穀物2.1

 北海道

 松田農場 松田和幸
010000015

ACCIS-G
-010000015

 たまねぎ、てんさい

 2010.12.14

          1

 青果物2.1

 北海道

(有)フラワーランドかみふらの 伊藤仁敏
010000016

ACCIS-G
-010000016

ばれいしょ、とうもろこし、かびちゃ、だいこん、トマト、アスパラカス

 2010.12.14

           1

 青果物2.1

 北海道

 山田 一彦
0100000017

ACCIS-G
-010000017

サラダ菜、シブレット、アスパラ、トマト

 2011.3.1

           1

 青果物2.1

 北海道

(有)新生農場
010000018

MIC-S
-010000018

小麦、小豆、てんさい、えだまめ、ばれいしょ、さやいんげん、かぼちゃ、ハスカップ

2011.7.15

           1

 青果物2.1
  穀物2.1

 北海道

(有)町田農場
0100000019

MIC-S
-010000019

大豆、長いも、ごぼう、えだまめ、さやいんげん、かぼちゃ、はくさい、キャベツ、だいこん、にんにく、いちご、アスオアラガス

 2011.7.15

           1

 青果物2.1
  穀物2.1

 北海道

 鎌田広昭(鎌田農場)
010000020

MIC-S
-010000020
 

小麦、だいこん、はれいしょ、えだまめ、さやいんげん、てんさい

 2011.7.10

           1

 青果物2.1
  穀物2.1

 北海道

 水崎農場(水崎俊範)
010000021

MIC-S
-010000021

てんさい、ごぼう、ばれいしょ、えだまめ、さやいんげん、小麦、小豆、いんげんまめ(成熟)

 2011.7.15

           1

 青果物2.1
  穀物2.1

 北海道

(有)進光生産組合
010000022

MIC-S
-010000022

スイートコーン、はれいしょ、えだまめ、てんさい、アスパラガス、小豆

 2011.7.10

     1 

 青果物2.1
  穀物2.1

 北海道

農業生産法人(有)北方菜 010000023

ACCIS-G
-010000023

 だいこん、にんじん、ごぼう

 2012.8.11

          1

 青果物2.1

 北海道

佐川農場
010000024

ACCIS-G
-010000024

小豆、いんげん豆(成熟)、小麦、ばれいしょ、てんさい

 2011.7.4

          1

 青果物2.1
  穀物2.1

 北海道

小貫 豊
010000025

MIC-S
-010000025

米(玄米)、キャベツ、レタス、かぼちゃ、ばれいしょ、トマト、スイ−トコーン

2012.8.3

     1

 青果物2.1
  穀物2.1

 北海道

矢野農園
010000026

MIC-S
-010000026

ばれいしょ、たまねぎ、かぼちゃ、てんさい、ブロッコリー

 2012.8.1 

           1

  青果物2.1

 北海道

伊藤農場
010000027

G10-
091501

サラダ菜、セルリー、ほうえんそう、からい菜、ねぎ、ルッコラ、パセリ、ベビーリーフ、アスパラガス

 2012.9.14

            1

  青果物2.1

 北海道

(株)八百一の郷 北海道農場 010000028

MIC-S
-010000028

ばれいしょ、ブロッコリー、さやえんどう、ズッキーニ、アスバラガス、キャベツ、スイートコーン、にんじん、やまといも、かぼちゃ

 2012.11.21

            1

  青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 青森

太田農園 太田雅之
020000020

ACCIS-G
-020000021

 えだまめ、ブロッコリー

 2012.10.27

             1

 青果物2.1

 青森

岩木山rんご生産出荷組合GAP部会
020000021

G08
-102801

 りんご

 2012.10.27

            57

 青果物2.1

 青森

(株)青研
020000026

MIC=S
-020000026

りんご

 2011.1.17

              1

 青果物2.1

 青森

太陽りんご高橋園
0200000027

ACCIS-G
-020000027

りんご

 2012.8.11

              1

 青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

岩手

(有)かさい農産
030000001

MIC-S
-030000001

アスパラガス、甘長とうがらし、エンサイ、からし菜、キャベツ、ごぼう、こまつな、ししとう、ズッキーニ、ちぢみ菜、ツルムラサキ、とうがらし、トマト、にら、にんじん、ねぎ、はくさい、はつかだいこん、ばれいしょ、ピーマン、ブロッコリー、ほうれんそう、みずな、モロヘイヤ、レタス

2012.8.24

               1

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 宮城

農事組合法人水鳥
010000002

MIC-S
-040000002

しいたけ

2011.4.13

              1

青果物2.1

 宮城

(有)高須賀農産
040000003

MIC-S
-040000003

米、大豆、大麦、小麦

2011.7.10

              1

 穀物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 山形

山形おきたま農業協同組合 060000001

MIC-G
-060000001

米(玄米)

2012.11.17

           14

 穀物2.1

 山形

(有)舟形マッシュルーム
060000003

MIC-S
-060000003

マッシュルーム

2012.8.23

             1

青果物2.1

 山形

 JA金山酒米研究会
060000004

MIC-G
-060000004

 米(玄米)

2012.9.30

           34

 穀物2.1

 山形

山形県立上山明新館高等学校 060000005

MIC-S
-060000005

 ほおづき(食用)、べにばな

 2012.11.2

             1

 青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 福島

(有)会津みずほ農場
070000031

MIC-S
-080000039

 米(玄米、精米)

 20129.20

             1

 穀物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 茨城

(有)矢澤園芸
080000039

MIC-S
-080000039

 しそ、トマト、バジル、ルッコラ、パセリ

 2011.7.13

             1

 青果物2.1

 茨城







 

 いばらき農産物流通研究会
080000044





 

 MIC-G
-080000044







 

ブルーベリー、ちんげんさい、にんじん、ばれいしょ、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、ほうれんそう、キャベツ、はくさい、スイートコーン、米、かんしょ、ごぼう、トマト、しゅんぎく、こまつな、パプリカ、しいたけ、ブロッコリー、アスパラガス、みずな、リーフレタス、エンサイ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、葉だいこん、ミニトマト、なのはな、紅菜苔、ルッコラ、バジル、にら、かぶ、パセリ、レタス、米(玄米)

 2012.10.13

           38

 青果物2.1
  穀物2.1

 茨城

農事組合法人つくば農業生産組合
080000045

AAID-P
-080000045

ほうれんそう、こまつな、ベビーリーフ、みずな、にんじん、だいこん、はつかだいこん、トマト、かぼちゃ

 2011.5.20

             1

 青果物2.1

 茨城






















 

みずほ農業経営者会
080000046






















 

MIC-SK
-080000016




















 

くり、みょうが、しいたけ、かき、トマト、かぼちゃ、レタス、すいか、メロン、さやえんどう、ピーマン、ねぎ、甘長とうがらし、えだまめ、にんじん、ごぼう、山東菜、だいこん、たけのこ、ブロッコリー、キャベツ、スイートコーン、とうがらし、ばれいしょ、はくさい、かぶ、はやとうり、しろうり、きくいも、はつかだいこん、ほうれんそう、にがうり、しそ、はぐらうり、なす、とうのいも、さやいんげん、なばな、リーフレタス、みずな、こまつな、からし菜、エンサイ、芽キャベツ、きゅうり、しゅんぎく、しょうが、長いも、しいたけ、ズッキーニ、カリフラワー、むかご、モロヘイヤ、ツルムラサキ、日本なし、ぶどう、ミント、バジル、ルッコラ、ベビーリーフ、マスタードグリーン、シャンツァイ、ローズマリー、ディル、にら、れんこん、かんしょ、かき、ブルーベリー、たけのこ、まいたけ、ひらたけ、エリンギ、そらまめ(未成熟)、ねぎ、いちご、たまねぎ、にんにく、うり、小豆、大豆、らっかせい(生)、自然薯、たらの芽、わらび、エシャレット、ちんげんさい、米

 2011.3.9





















 

            40





















 

青果物2.1
  穀物2.1




















 

 茨城

農事組合法人つくば銀杏生産組合
080000048

MIC-S
-080000048

ぎんなん

 2011.3.25

            1

 青果物2.1

 茨城

(株)テクノーカ本部
080000050

MIC-S
-080000050

 ほうれんそう、ルッコラ、みずな、こなつな、セルリー、レタス

 2011.4.2

            1

 青果物2.1

 茨城

農産生産法人(株)T.K.F  080000052

MIC-S
-080000052

ベビーリーフ、ほうれんそう、みずな、こまつな、ルッコラ、マスダードグリーン、しゅんぎく、ブロッコリー、にんじん、バジル、さやえんどう、リーフレタス、にんにく、かぼちゃ、とうがらし、はつかだいこん

 2010.12.21

            1

 青果物2.1

 茨城

(有)八千代組合          
080000053

MIC-G
-080000053

キャベツ、サニーレタス、レタス

 2011.3.23

           10

 青果物2.1

 茨城

(有)アグリファクトリー      080000054

MIC-G
-080000054

レタス、ロメインレタス、サニーレタス、リーフレタス、はくさい、キャベツ

 2012.4.29

             1

 青果物2.1

 茨城

 中村 敏
080000055

 MIC-G
-080000055

 キャベツ、はくさい、レタス

 2011.5.23

             1

 青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 栃木

 6件

 

 トマト、日本なし、西洋なし、米、米(玄米)、かいわれだいこん、豆苗、スプラウト

 

          22

 青果物2.1
  穀物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 群馬

 8件

 

いちご、かぶ、キャベツ、きゅうり、こまつな、しゅんぎく、スイートコーン、だいこん、なす、たまねぎ、かき菜、トマト、にら、にんじん、ねぎ、はくさい、ブロッコリー、ほうれんそう、みずな、ミニトマト、ちんげんさい、レタス、ほうれんそう、米、にがうり、モロヘイヤ、ちんげんさい、ブルーベリー、オクラ、ピーマン、ししとう、とうがらし、かぼちゃ

 

         55

 青果物2.1
  穀物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 埼玉

 1件

 

 かいわれだいこん、もやし。スプラウト

 

           1

 青果物2010

 

 

 

 

 

 

 

 千葉

 8件

 

きゅうり、トマト、ブロッコリー、リーフレタス、キャベツ、マッシュルーム、ねぎ、ミニトマト、米、だいこん、ばれいしょ、にんじん、なす、スイートコーン、かぼちゃ、しそ、バジル、パプリカ

 

         26

 青果物2.1
  穀物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 新潟

 20件

 

しそ、ルッコラ、ミント、セージ、パセリ、チャービル、ローズマリー、タイム、ディル、米、米(玄米)米(玄米、精米)、そば、大豆、きゅうり、トマト、なす、えだまめ、さといも、

 

        25

 青果物2.1
  穀物2.1

 

 

 

 

 

     1

 

 石川 

  1件

 

米(玄米 精米)、なす、きゅうり、トマト、しょうが、かぶ、だいこん

 

 

 穀物2.1
青果物2010

 

 

 

 

 

 

 

 福井

  1件

 

 トマト、こまつな、ちんげんさい、メロン、だいこん、かぶ

 

          1

 青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 山梨

  1件

 

はくさい、ねぎ、トマト、たまねぎ、そらまめ(未成熟)、ばれいしょ、かぼちゃ、かんしょ、さといも

 

     1 

 青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

長野

  6件

 

レタス、キャベツ、はくさい、サニーレタス、リーフレタス、米、ロメインレタス、エンダイブ、ほうれんそう、セルリー、ブロッコリー、だいこん、米(玄米、精米)、大豆、そば、ブルーベリー、スイートコーン、ばれいしょ、たまねぎ、にんにく、甘長とうがらし、

 

          6

青果物2.1
  穀物2.1

 

 

 

 

 

 

 

岐阜

 1件

 

緑茶

 

    106

日本緑茶1

 

 

 

 

 

 

 

静岡

  9件

 

緑茶、しそ
ルッコラ、ほうれんそう、エンサイ、みずな、こまつな、バジル、はくさい、しいたけ、えごま、トマト、ミニトマト、きゅうり、かき、オクラ、スイートコーン、かぼちゃ、ズッキーニ、かんしょ、ばれいしょ、だいこん、葉だいこん、にんじん、キャベツ、レタス、リーフレタス、サニーレタス、ロメインレタス、とうがらし

 

        235

日本緑茶1
 青果物2.1
  穀物2.1
青果物2010

愛知

  4件

 

トマト、かき、しそ、バジル、パセリ、タイム、ミント、ルッコラ、チャービル、いちご

 

          4

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

三重

 1件

 

緑茶

 

     1

日本緑茶1

 

 

 

 

 

 

 

滋賀

  3件

 

 トマト、米(玄米)、大豆、小麦、そば、米

 

          31

 青果物2.1
  穀物2.1

 

 

 

 

 

 

 

 京都

  2件

 

カリフラワー、さといも、スイートコーン、ブロッコリー、かぼちゃ、ばれいしょ、ごぼう、かんしょ、とうがん、とうがらし、パプリカ、甘長とうがらし、しゅんぎく、だいこん、ターサイ、にんじん、からし菜、バジル、いちご、トマト、甘長とうがらし、クレソン、パセリ、シャンツァイ、チャービル、なばな、さやえんどう、ツルムラサキ、エンサイ、ちんげんさい、にがうり、モロヘイヤ、ターサイ、オクラ、みずな、ズッキーニ、えだまめ、キャベツ、ケール、きゅうり、かぶ、ほおずき

 

      2

 青果物2.1
青果物2010

 

 

 

 

 

 

 

 大阪府

 1件

 

 かいわれだいこん、豆苗、スプラウト

 

      1

青果物2010

 

 

 

 

 

 

 

 兵庫

 3件

 

 ブロッコリー、レタス、たまねぎ、スイートコーン、バビーリーフ

 

            3

 青果物2.1
青果物2010

 

 

 

 

 

 

 

島根

 1件

 

ねぎ、みずな、ほうれんそう、ちんげんさい、セルリー、サラダ菜、サンチュ

 

          15

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

岡山

 1件

 

マンゴー

 

     1 

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

広島

  1件

 

トマト 

 

     1

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

愛媛

 1件

 

キウイフルーツ

 

    138

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

高知

  1件

 

かいわれだいこん、豆苗、スプラウト

 

      1

青果物2010

 

 

 

 

 

 

 

福岡

  3件

 

ぶなしめじ、エリンギ、すぎたけ、緑茶

 

      3

青果物2.1
日本緑茶1

 

 

 

 

 

 

 

佐賀

  2件

 

サンチュ、レタス、ベビーリーフ、みずな、みつば、バジル、レタス、セリー

 

      2

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

長崎

 2件

 

たまねぎ、にんじん、にんにく、ねぎ、しょうが、レタス

 

      2

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

熊本

 1件

 

オクラ、キャベツ、きゅうり、なす、ねぎ、ほうれんそう、、たまねぎ、らっかせい(生)、トマト、にんじん、ばれいしょ、えんどうまめ(未成熟)、ブロッコリー、ブルーベリー、ごぼう、さやいんげん、ちんげんさい、だいこん、いちご、きんかん、さやえんどう、かぼちゃ、里芋、しそ、バジル、日本なし、もも、にんにく、しいたけ、かんしょ、たけのこ、葉だいこん、エンサイ、にら、ししとう、こまつな、ルッコラ、米(玄米 精米)、小豆

 

           13

青果物2000
  穀物2.1

大分

  6件

 

みつば、もやし、いちご、トマト、かいわれだいこん、しそ

 

            6

青果物2.1

 

 

 

 

 

 

 

宮崎

 2件

 

ごぼう、ほうれんそう、アスパラガス、かんしょ、らっきょう、にんじん、ばれいしょ、しいたけ

 

      2

青果物2.1
青果物2000

 

 

 

 

 

 

 

 鹿児島

  6件

 

 緑茶、ねぎ、にんじん、だいこん

 

           77

 青果物2.1
日本緑茶1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
◎多くの都道府県で農産物の海外輸出、TPPへの対応した農業、食料自給等を知事会で
で叫ばれていますが、現実の世界の下限基準JGAPの認証状況の現状を観ると、
都道府県の実行量格差は歴然としています。世界観視点で行動をしていない県がいかに
多いか、日本国の農業の最大の推力となるべき東京都、大阪府、京都府がどの程度の
動きが現実か明白な現状です。日本国農業の海外輸出戦略は実現方向と乖離した現状に気づく時が来ています。
机上段階から汗をかき「もちつもたれつ」の日本人の強み発揮をする時代がきています。
日本人が超スピードで、組織行動を採れば、今の智慧の集約レベルで、単一言語の微小
国家だから想定以上の期間で実現確率は高く、世界と比肩し、逆に、世界の食料供給国
へ変身確率は高い。
なぜ、大企業、中堅企業の子会社の農業参入企業が、強い法人体質でありながら、認証
企業にならないのか、その本質は、海外での販路より、国内最大の農業就労人口の2/3
以上の脆弱な農家の生活基盤を蚕食する方が、競合対象として勝つことが楽であり、
輸入戦略と併用すれば短期でシェアを掌握できる確率が高いことを知っているだめです。
戦後の教育で、世界観、国家観より企業観を優位として最善行動を採っているだけです。
生産レベルは、すでに格差は減少し、危機管理格差が最終的な利益格差になってきていることに気づく時です。

大企業、中堅企業の子会社、関連会社の対抗するためには、小規模農林水産業に就労者が自力で対抗
できる段階を超えてきています。地方行政エリアの就労率を高くするためには、農林水産業就労者の
加速度的減少に歯止めが必要です。テレビで流す小手先の戦術戦闘の事例は噴飯の域で重箱の隅現象
にすぎません。国内でゼロサム戦略発想を脱皮し、海外の市場で売切れれる、中規模の農業生産法人を
行政主導で設立させ、地域のブランド、インサイトマーケティング型品目を選び、短期で、国内の高いレベルの
参入企業と競合でき、中国のローコスト生産(関税を除いた価格とする)のしくみシステムと、工業のような
省力化機械化より人海の方が「生きものづくり」に最適な部分は、現在の生業家業農業就労者雇用して
地域の大学、大学院生の実証の場として、農業生産法人を経営させる体制をとれば、どの地域も均等に
世界に比肩できる知識ノウハウがある時代がきていることに気づくときです。
方向は全天候型大温室工場と植物工場の併用、穀物は、大規模ドーム型の「太陽光採光システム」と
植物工場の併用等、すでに実証試験段階が進み、事業化の成功確率は高くなっています。地域のベテラン
の現在の農業就労者の「汗と努力の暗黙智」を、人海として標準化された工程のカイゼンに活かすと、
持続的のレベルアップも確率は高い。


世界観視点より、日本国の舵をとる政財界のリーダーより工業界左脳優位、国民不在の企業法人優位の価値
判断の時代は、「もちつもなれつ」右脳優位の世界の中で温室育ちの農水産業業界はいつ、温室が破壊され
日本国の現在の競争力の乏しい食料自給基盤が減少し、有事、戦時中の食料配給時代への回帰も秒読み
段階に入ってきました。日本国の環境依存型への期待を「思い切り」「割り切り」るスタートの年です。

日本にある現在の最先端の実行型人財を活かし、あらゆる日本の現在稼動可能な機能を活かし、今稼動
できる農業関連人財をプラスに活かす「柔行動」をはじめる時です。

「剛行動」は50%の反対者を育て、結局は中期の視点でゼロ方向、実現ベクトルをマイナスにするときもあり
ます。 行動しない机上型、反対行動は全て横に置き、生き残り軌道への修正が終わった段階で味方である
プラス領域へ引き込めばよい。多数決時代、まず60%以上の人間をプラスに動かすのが、農林水産業界が
世界に比肩できる体質への切り替えの早道です。

現状の各地方行政の中に戦略的農業関連の制御人財の数の成長が急務です。

県単位の知事(虎役)にふさわしい実行軌道へ誘導する有能な狐(虎の機能が発揮できる前工程準備役)
農林水産行政が世界に比肩できる県の体質を超スピード強化するために、県のあらゆる農業関連機能を
統合して活かす役割に専念する時です。周囲の流言に幻惑されず本質を掴み、共鳴共振共働する人財を
鼠算で増加させる年です。制御人財の行動総量が都道府県の格差に今後なります。首都圏政令都市は
区単位での行動が重要です。すでに大都市圏の為政者1名では決断できない農業関係行政の時代に
入ってきていることに気づくことが近くの環境から変える一歩です。

民間、個人まかせの段階から強力な県単位の推進力の加速が必要な時がきている
ことに気づくときです。
世界の高品質ローコストの農産物に対抗できる体質が脆弱で、政治は海外に誘導され、
想定以上の速さで日本国が世界に生き残るために何をすべきか、机上議論の段階を
止め、実証、検証、大規模農業法人組織へ戦略転換する「思い込み」「割り切り」を
する時が来ています。                 A志援ms 2011.01.01



 

商品一覧