開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

シーリングソイル協会

■シーリングソイル協会  101014

希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場>シーリングソイル協会





天然鉱物系吸着材を利用した安心と低コストのオンサイト工法。化学物質の
低減工法、低炭素型のオンサイト工法。

「いかそう自然力をめざそう循環型社会」を合言葉にする行動型企業グループ
が、実戦の中で、循環型社会の汚染土壌を復元する工法開発をする勉強行動
仲間が会員組織として集まり、実現化への扉が拓かれてきました。



◎環境省が「改正土壌汚染対策法「2010(平成22)年4月施行」されました。
土壌汚染対策法及びその関連法令、汚染土壌処理業者一覧、土壌汚染対策法の施行状況などについて
紹介しています。

◆改正土壌汚染対策法について(法律、政令、省令、告示、通知) pdf

 

 
更新 2010.10.25

□シーリングソイル協会









 

重金属汚染土壌の調査からシーリングソイル工法による改良まで、一貫して良質な技術をご提供いたします。また、環境調査や対策に各社独自の技術を保有していますので、お気軽にお問い合わせください。

◆本部事務局  (株)アステック東京
汚染された「水」と「土」にかかわる総合的なコンサルティングとエンジニアリングをおこないます!
身近におけるこの大切な二つの環境要素、水と土にこだわり浄化技術の研究開発と良質な施工をおこなっています。

・環境省指定調査機関指定番号 環2009-3-11
 

◆トピック・公表資料
●集約法による土地の有効利用

 掘削除去による過剰な負担とブラウンフィールド(無措置に放置された土地)化を回避するため、土地の利活用と地価を考慮したSS工法不溶化埋戻しと集約による土地の有効活用を提案。
 

◆施工実績表 pdf

 

○本部事務局
 (株)アステック東京

 
水質浄化、土壌浄化のスペシャ
  リスト
 アスの環境を科学するアステック
 グループ




















 

◆会社案内
(株)アステック(本社兵庫)は経済産業省中小企業庁「中小企業技術革新制度(SBIR)」認定企業です 
設立 1985年(昭和60)年6月28日
技術顧問
・湊  秀雄  (東京大学・兵庫教育大学名誉教授)
・和田 信一郎  (九州大学大学院農学研究院教授)
・和田 信彦  (シーリングソイル協会理事長)
・尾崎 哲二 (工学博士)
・倉本  圭 (兵庫県立大学工学研究科准教授)

(株)アステック東京企業概要
設立 2009(平成21)年7月31日

◆土壌処理技術
21世紀が目指すのは高度な循環型社会です。何千年もかかって形成された「 土 」は私たちにとって大事な資源です。私たち人間が汚しておいて、気軽に捨ててしまっていいものでしょうか。

◆水処理技術
アステックは重金属・VOC・油類からダイオキシン類・有機物まで、汚染された水の水質浄化処理に多くの実績を持っております。
水処理装置のリース・販売から運転管理まで低コストでトータルにサポートいたします。

◆低コスト化
アステックは研究開発から浄化装置の設計・製造・運転管理まで一貫してできるから… 「高品質」 「短納期」 「低コスト」 をすべて実現します

◆主な実績

◎姫路城お堀浄化計画
 

◇シーリングソイル工法

 
シーリングソイル工法FQA


































































































 


天然鉱物資源がもつ機能と反応を利用して汚染土壌中の重金属等を地化学的に封じ込め、環境基準以下に改良する技術です。天然鉱物資源を改良材とするため、低コストと低負荷と高品質を同時に実現しました。
画期的な改良工法と高い評価をいただき、各地の公共事業でもさいようされいます。「土壌汚染対策法」施工後でも、含有基準以下で環境基準を超える重金属等、汚染土壌の改良には大いにコストパフォーマンスを発揮します。

□不溶化の原理
地化学的封じ込めは、天然鉱物資源の機能による2段階の固定化作用により成立しています。

◆短期的固定化
主に天然ゼオライトがもつ吸着機能・陽イオン交換機能により重金属の速やかな固定化を図ります。 同時に火山性風化粘性土に多く含まれる、アロフェンやイモゴライトの重金属類吸着機能も併せて利用します。

◆長期的固定化
 風化粘性土に含まれる珪酸および鉄・アルミナ等の含水性非晶質物、および低結晶性の粘土鉱物がより高度に結晶化するにともなって、重金属類を珪酸塩鉱物中の微量成分として強固に固定化します。

□シーリングソイル工法の特長
◆低コスト
対象土量とヤードの広さにあわせて適切な機材を配置し、移送・隔離処理等がないため掘削・場外搬出の1/3〜1/2程度の処理費で済みます。


◆低負荷
セメント固化法や化学的固定化のように、人工物質による環境への新たな負荷はありません。

◆高品質
天然鉱物資源がもつ、吸着、イオン交換および新鉱物相形成という自然界の機能と反応を利用するため、通常の自然状態では効果は永久的です。

◆汎用性
重金属等(Cr6+・Pb・T-Hg・Cd・As・Cu・Se)全般に対応できるため、重金属類の複合汚染にも同じ改良材と施工法で改良できます。

◆再利用
物理的・化学的に“土”の性状を維持するため、植栽や重機工作への影響はありません。

◆不拡散
 On site(現地)の施工で機械的な撤去・移送が無いため、汚染を拡散することはありません。

□シーリングソイル工法の設計フロー
汚染土壌の特性(鉱物組成や汚染濃度等)にもとづき、汚染物質の地化学的封じ込めが効果的に起こるための最適条件設定、すなわちゼオライトや炭酸塩鉱物、風化粘性土の種類と各添加量を決定します。
汚染土壌に対して改良材の混合率を変えた複数の試作試料の溶出試験により、固定化の進行と効果をくり返し検証します。また、必要に応じて汚染サイトで実際の汚染土壌と機材を用いて、現場実証試験をおこない検証します。

□室内試験による固定化の結果例
 大半の陽イオン重金属類(Cd、Pb、Cu、Znなど)は、環境基準の数倍から100倍以上あった溶出量が1週間内に基準以下となります。

□施工フロー
1.汚染土壌の掘削
対象汚染土壌をバックホウなどにより掘削します。

2.混合
A-ゼオライトの混合
対象汚染土壌とゼオライトを混合します。
B-炭酸塩鉱物の混合
対象汚染土壌にpH調整として炭酸塩鉱物を混合します。
C-粘性土の混合
対象汚染土壌と粘性土を混合します。

3.養生
混合後、浄化効果が発現するまで、数時間〜数日間養生します。
その後、簡易試験等により処理効果を確認します。

4.埋め戻し、整地
公定法分析により基準をクリアしたことを確認した後、処理土を掘削した位置に戻します。

□シーリング工夫の実績

□重金属汚染土の改良例
改良単位(ロット)ごとに改良前後の試料を採取して、簡易分析法により現場で改良品質のおよその評価をおこない、さらに同試料を公定分析法によるクロスチェックで品質の厳密化を図りました。
改良土の砒素溶出量は簡易分析法でも公定分析法でも全て検出限界未満で、本工法による砒素汚染土壌の改良結果は極めて良好です。

□調査、分析
対象土の汚染物質や汚染濃度および汚染範囲の詳細調査が設計の基本です。処理効果を高めるため、対象土並びに改良材の鉱物組成や化学組成について分析します。
試作試料の分析結果に基づいて改良材種と混合率を決定し、施工計画を策定します。 必要に応じて現場実証試験(トリータビリティーテスト)により効果を検証します。

□環境分析、品質管理
混合が完了した1改良単位(ロット)ごとの改良土から複数の試料を採取し、簡易分析が可能な物質については現場分析により短時間で改良品質の概要を把握します。さらに、改良土100〜300m3ごとに1試料を公定法分析し、対象の汚染物質が基準以下におさまっていることを確認します。

□汚染地下水処理、モニタリング
重金属汚染土壌の改良工事では、一般に汚染した地下水や洗浄水の浄化処理をともないます。
汚染サイトに適したシステムを構築し、環境基準以下まで浄化して一般環境に放流します。
周辺の自然バックグランドを含め土壌汚染および地下水汚染等について、施工前後のモニタリングをおこないます。
 

◇ハイブリッド浄化工法






























































 

21世紀が目指すのは高度な循環型社会です。何千年もかかって形成された「土」は私達にとって大事な環境要素です。私たち人間が汚しておいて、気軽に捨ててしまっても良いのでしょうか。
土壌汚染の措置対策に際しては下記の3原則が重要と考えられます。

1. 無作為であっても拡散機会の増加につながるため、オンサイト対策が不可能な場合を除いて原則として移動させない。

2. 低コスト・低負荷型であり、かつ品質(効果)は十分である。

3. 長年かかって形成された貴重な地層・土壌は、可能な限りリサイクル・リユースする。

ハイブリッド浄化工法は、二つの工法を組み合わせることによって相互の短所を補完し、上記3原則を守りながら重金属の含有量と溶出量の両基準をクリヤーする高度な改良技術です。

□指定基準と措置対策
汚染指定区域に指定された場合、重金属等(第二種特定有害物質)は含有量基準と溶出量基準および第二溶出量基準に適合か不適合かによって、適用する措置対策が決められています(自然的原因の汚染土壌は適用外です)。 表がテンプされています。

□原理と特徴 二つの工法による相互補完
◆シーリングソイル工法
天然鉱物資源がもつ吸着機能やイオン交換機能等を利用して重金属を固定化、イオン化して溶出することを抑制します。低コスト低負荷型の改良工法ですが、含有量基準・第二溶出量基準に不適合な汚染には適用できません。
◆浄化工法
洗浄や熱処理によって重金属等そのものを土壌・地層中から分離除去します。しかし、重金属等は細粒の土粒子と吸着・イオン交換・膠結・化合など物理化学的に比較的強く結合しているため、下記のような問題があります。
1. 洗浄効果は対象土の粒度分布に大きく支配され、含有量の減量率は30〜60%程度である。
2.残留した重金属等が溶出し、溶出量基準を超えることがある。
3.薬品(酸)や洗浄液で強制抽出除去をおこなっても、残留する薬品(酸)等の影響で溶出量がむしろ増加する。
4.シルト・粘土など細粒分が30%を超える汚染土では、高濃度汚染の廃棄物が多くコスト高となり適用が難しい。
5. シルト・粘土および有機質等もあわせて除去するため、土壌特性を失い再利用は制限される

●ハイブリッド浄化工法 両工法の併用による高度浄化技術
1. 洗浄工法により、重金属等の含有量と溶出量を基準適合まで低減する
2. シーリングソイル工法により、残留する重金属等を将来にわたり再溶出して基準を超えることがないよう固定化する

□施工フロー pdf

□施工改良例  完全なクリーンUP
両工法を併用することによって含有量基準と溶出量基準を完全にクリヤー(鉛:左図、砒素:右図)しています。しかも、シーリングソイル工法によって固定化しているため、将来にわたって安心です。 添付図があります。

□施工実績
◆浄化工法の併用による高度浄化処理
◆高濃度鉛汚染土の改良業務
◆脱水ケーキ等の改良業務
◆品質を保証する丁寧な施工
◆試験田による改良実験
◆複合汚染土の改良
◆きめ細かい実証試験
◆未利用資源の有効利用
◆マンションの谷間

□コスト効果と改良工法  添付図表があります。
第二種特定有害物質(重金属等)を含む汚染土壌の措置対策は、含有量と溶出量にもとづいて適切な工法を組み合わせることがコスト効果にとって最も重要です。
1. 高濃度汚染土壌(含有量が含有量基準の数倍以上)は詳細調査により最小限に限って掘削除去→処分場処理

2. 中濃度汚染土壌(含有量基準不適合で第二溶出量基準不適合)は、洗浄工法とシーリングソイル工法の併用

3.低濃度汚染土壌(含有量基準適合で溶出量基準不適合)はシーリングソイル工法

4.土壌汚染対策法適用外の自然的原因の汚染土壌はシーリングソイル工法も適法適切な措置対策です。
 


◇重金属汚染土壌の対策工法比較

 

 工法比較表をpdfダウンロードができます。

◇重金属発生土の措置工法
































 

□重金属汚染と資源サイクル 図参照
◆鉱山開発 ⇒廃水低品位廃石 ⇒農用地の汚染
◆工業原料 ⇒鉱澪、場内処分 ⇒都市部の汚染
◆工業製品 ⇒消費、廃棄 ⇒処分場周辺の汚染  
◆自然濃集 ⇒侵食、運搬、堆積 ⇒自然的原因の汚染

□環境省指導の要約
1.建設工事にともなう自然的原因の重金属汚染発生土(ズリ)は、土壌汚染対策法の適用外である。
2.土壌汚染対策法にもとづく措置とは別に、適切な対応が図られることが望ましい。
3.土壌含有量基準に適合しない場合には、法に規定する直接摂取
観点からの措置を参考にして適切な措置を実施すること。

□措置対策の考え方 (書籍紹介)
・建設発生土利用技術マニュアル (独)土木研究所 編集
・建設工事で遭遇する地盤汚染対応マニュアル (独)土木研究所 編集

□自然的原因の汚染土壌の処理フロー 図参照

□鉱物から重金属溶出反応例
微細な金属鉱物を含む岩石や地層が掘削や浚渫工事により,地表の酸素と接触機会が増えることによって化学反応がすすみます。

1.微細な黄鉄鉱が酸化して硫酸第一鉄と硫酸を形成,硫酸は周辺岩盤のpH値を下げて発生土(ズリ)や滲出水を酸性化します。 

2.酸性環境下において,黄鉄鉱・黄銅鉱中に微量に含有していた砒素(多量に砒素を含むと硫砒鉄鉱・硫砒銅鉱)や方鉛鉱中の鉛が溶解しやすくなり,重金属等の溶出が促進されます。

3.公定法分析では溶出量基準適合であっても,微細な金属鉱物を多く含む土砂状発生土はもとより岩塊状発生土も数ヶ月〜数年の期間に1.2.の化学反応を経てpH値が低下(酸性化)して,重金属等の溶出量が増加して基準不適合となり周辺環境に対する汚染源となることがあります。

□処理土の覆土の植栽処置  図参照

□ふるい分作業
□岩塊状発生土
□土砂発生土
□土砂発生土の敷均し
□天然鉱物系改良材の散布と混合
□処理土の養生
□サンドイッチ状包埋土
□最終成形
 


○協会会員  正会員の紹介

東京


 (株)アステック東京

 汚染された「水」と「土」にかかわる総合的なコンサルティングとエンジニアリングをおこないます!身近におけるこの大切な二つの環境要素、水と土にこだわり浄化技術の研究開発と良質な施工をおこなっています。

 環境省指定調査機関指定番号:環2009−3−11

 


 飛鳥建設(株)

 120年以上の歴史に裏付けられた確かな技術と様々な工事で得られた豊富なノウハウを生かして、恵み豊かな環境をこれからも保全していきます。

◆土木リニューアル技術
私たちは、土木構造物のリニューアルにあたり、「調査・診断・解析」〜「計画・設計」〜「施工」〜「保全・維持」まで、あらゆる段階のニーズに対応できる様々なリニューアル技術を保有しております。

 環境省指定調査機関指定番号:環2003-1-301

 

埼玉














 


 (株)ユーディーケー
  
旧浦和土建工業(株)

 「自然を活かし、快適な生活環境をつくる。」をキャッチフ レーズにUDKが蓄積した70年の技術を生かし、私たち 人類が生存するために必要不可欠な、かけがえのない 水環境、および土壌環境を甦らせます。
◆会社概要
◆事業案内
◆関連企業

 環境省指定調査機関指定番号:環2003-2-338
 

 

 

長野


 川中島建設(株)

 環境に配慮して「安全で」、「良く」、「早く」、「安く」が事業方針です。創業100年の豊かな経験を礎に、リーズナブルな環境浄化作業を提供いたします。
◆会社概要
◆考え方
土木・建築の業界で創業して100年余りの歴史をもち、近年は、バイオ・オーガニック工法、DKボンド工法、炭素繊維シート工法、アースワーム工法など、法面緑化、岩盤接着、落石防護、耐震補強、土質改良・土壌汚染対策工事の施工実績を積み、特殊工事分野へも進出しています。また、ISO9001、14001の認証取得を済ませ、常に「品質」を重視し「環境」に配慮した施工を貫いています。
◆土壌の再利用と土質の強度向上。土質改良、地質改良について

 環境省指定調査機関指定番号:環2004-2-65

 

 

兵庫




























 


 (株)ハマダ    

 「GET TOMORROW.」総合プラントメーカーとしての100年の経験と実績を生かし、快適な生活環境の創造と環境リサイクル分野において本格的な事業改革を展開し、一段の社会貢献が出来る企業を目指します。

建機リースレンタル、自動車での移動型プラントのリース等、総合プラント方式のしくみシステムがあり、専門熟練者と一括のアウトソーシングができる企業の一つです。 A志援ms

 環境省指定調査機関指定番号:環2007-5-13

◆会社案内
2008(平成20)年近畿経済産業局、異分野新連携事業に認定され、汚染土壌浄化事業にも参入しました。

2006(平成17)・2007(平成18)年度兵庫県産学連携補助事業に認定され、神戸大学・兵庫県立大学・国立明石高専と共同研究を行い、当該装置の有効性並びに回収した骨材の実用に向け更なる開発を続け、一層の性能の向上とコストダウンに励んでいます。
    
◆事業案内
プラント・エンジニアリングを主軸とし、機械設計・配管設計、塔槽類・圧力容器を始めとする産業プラント機器および水処理・焼却溶融設備等の環境機器製作
石油化学・鉄鋼・電力・セメント・医薬品等、各種産業設備の据付配管工事およびメンテナンス
土木建築工事、各種推進工法による埋設管推進工事、変電所等の高圧電気工事、重機リースおよび特殊車両を含む陸上輸送、倉庫業、自動車整備業、構内運搬等の物流事業

◆研究開発
独自に開発した湿式製砂機「サンドピューアシステム」は、建設残土を水流の摩擦効果で洗浄して良質な骨材砂・れきを回収する画期的なシステムです。 環境保護の配慮から、自然砂の採取規制が強まるなか、土木・建築用骨材の不足を解消する新技術として期待が高まっています。 組立・可搬式なのでオンサイトでの処理が可能です。これにより、廃材搬出用ダンプカーの削減や、騒音、CO2の低減にもつながることから、環境事業として国や県の他、各自治体をはじめ関連企業からの注目を集めています。


◎神戸新聞 2010.01.09より
「土壌浄化、狭小地もOK、小型装置自社開発、売却から一貫サポート」
プラント建設工事のハマダ(姫路市)が自社開発の土壌洗浄装置を使い、土地の汚染診断や浄化などの事業を始めた。浄化後の土地売却まで扱うワンストップサービスが特色。装置が小型で、大型機械が入らない小さな土地も浄化できるため「ガソリンスタンドや中小工場の跡地など、大手の入り込めない分野で受注を広げたい」。汚染土を装置内に取り込み、高圧で洗う。通常の洗浄機は水の中にひたす「つけ置き洗い」だが、ハマダの洗浄機は50倍の高圧で水と土を混ぜ、「こすり洗い」をするので洗浄スペースが少なくてすみ、小型にできた。もともと、本業に使うセメント除去向けを始めた。ゴミや重金属類、油類の汚れも除去できる。油分を最大98%除去できることが実証済みで。特許出願中。土壌の汚染度を測定した後、土の入れ替えと洗浄のどちらが効果的かを見積もり施工する。宅地建物取引業の資格を取得しており、浄化した土地の活用も相談に応じる。ハマダは2004年から新産業創造機構や神戸大学などの支援を受け、姫路市内の水処理業者と連携して装置開発を進めてきた。愛知などの工場跡地を試験的に土壌洗浄した実績があり、当面は処理の受託を事業の中心にするが、浄化装置の販売なども検討中。

 

香川







 

 


 蓮井建設(株)
蓮井グループ企業の一つ

 公共土木を主体とする土木建設会社として、昭和22年に創業致しました。 平成6年より建設汚泥の中間処理業者としての事業を展開しています。又100%リサイクルをしており、多彩な商品郡を製造販売しています。
◆会社案内
◆事業案内
・土木部
・産廃部

 

 

 

島根












 


 大福工業(株) 会社概要

◆土木部
◆環境部
ち早くリサイクルの必要性に着目し、様々な分野への取り組みを始めました。地球環境問題がクローズアップされる今、県下7カ所のリサイクルプラントではそれぞれ資源循環のための事業を展開しています。未来へ美しい環境と技術を渡すため、私たちは更なる研究を続けてまいります。

◆ブロック部 
 

 

 

福岡


 


 玉石重機(株)

◆会社案内
◆企業理念
◆業務案内
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改正土壌汚染対策法が「2010(平成22)年4月施行」、放任から規制強化の方向へ日本も潮流変化の軌道
変更をはじめました。変化に気づき先行行動が企業体力格差になる時代が近づいています。

放射能廃棄物質をはじめ汚染物質は他の場所に埋設したり、CO2の岩盤への封じ込め、気化汚染化学物質は大気中へ拡散、分子構造を変えたままで存在させる等、従来の汚染源の移動および各生産工場等の沈殿槽による保管(地震と超豪雨で、槽の亀裂、溢れる確率が高い時代になつていることに気づ人の数は微小)方式に
より、世界の汚染源の増加と相関して、地下水系からの微量流失が累積し、海の汚染、気化、雨により地上の
汚染に循環するいます。汚染度が見える化する段階までマイナスポテンシャルは増加してきました。
数はふえてきました。人動物植物の突然変異遺伝子異常が発生する確率の高い方法であることに気づく人が
多くなってきた時代。
先行先導行動をする制御人財の皆様は、「自然力による循環型で、マイナスポテンシャル方式をゼロポテン
シャル化を目指した行動をし、「人がゼロからつくり、マイナスとして存在するものはゼロ戻す循環にすることが
世界観視点から見た方法の一つです。
最先端工法が多数開発されローコスト化してし汎用化普及によりあらゆる生産(知識特にITも含む)にPL責任が
伴うしくみの構築を待望しています。

この固体吸着の原理は 吸着鉱石と考えると、新鉱石となり、その中から原料としの素材として都市鉱山、
鉱山工場として、素材の循環ができる確率は高い。日本のような自然の原料素材が乏しい国は、過去国内に
蓄積された汚染物質、産業廃棄物を戦略的に循環させると、素材購入に必要な財の流出に歯止めがかかる
確率は高い。    A志援ms
 

 

商品一覧