開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本洗浄技能開発協会

■(社)日本洗浄技能開発協会   101014

希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場>日本洗浄技能開発協会





1975(昭和50)年に、産業用の施設設備等の洗浄事業を営む中小企業等が団結し、
労働者の技能習得及び社会的地位の向上、作業方法の工夫・改善等を目的として、
「日本超高圧洗浄協会が発足しました。
1981(昭和56)年に日本洗浄協会と改称しました。

1982(昭和57)年には、本協会の実施する技能審査が、技能審査認定規定
「1953(昭和48)年労働省告示第54号」に基づく技能審査として労働大臣より認定され、
1986(昭和61)年度からは、当該技能審査が職業能力開発促進法「1969(昭和44)年
法律第64号」に基づく技能検定に移行したことに伴い、本協会は技能検定の実技試験
の実施の協力を行っています。

1994(平成6)年「社団法人日本洗浄技能開発協会」としてスタートしました。

本協会は、更に、育成・指導事業として、洗浄従事労働者の技能向上のための各種
研修会、講習会、安全衛生講習会、事業主に対する労務管理セミナーを実施する他、
広報・啓発活動として、「洗浄総合展(東京ビッグサイト)を開催実施したり、10月3日を
「洗浄の日」と定め、全国各地で各種の事業を展開しております。

●主務官庁 厚生労働者省
●関係官庁 経済産業省 国土交通省 環境省 内閣府 都道府県 市町村 

●協会の事業
1. 職業能力開発事業     2. 調査、研究事業    3. 広報・啓発事業
4. 経営・労務の近代化及び労働安全衛生対策の推進   
5. 機関紙、産業洗浄に関する図書の発行及び斡旋
6. その他
 
 



 
更新 2010.10.15

□(社)日本洗浄技能開発協会




 


◆協会概要

・沿革 ・協会の概要 ・協会の事業  ・入会案内
●支部案内
・北海道支部  ・東北支部  ・関東支部  ・中部北陸支部
・関西支部  ・中国支部  ・四国支部  ・九州支部

 

◆最新情報

 


◇産業洗浄


 
「チッソの水俣病」を「他山の石」として
 学び、ものづくりのPL責任の本質を
 世界観視点で観たとき、何か変だと
 気づく制御人財は育だっているので
 しょうか?
 産業洗浄(化学洗浄にメッキ、化学業界
 の排水等含む)により、土地、 地下水、
 河川の汚染は法律に抵触しなくても源泉
 数が複合加算され海、水蒸気の気化によ
 る大気は、多くの人の健康寿命に関係
 する限界を超える方向へ累積確率は
 高い。汚染物移動、企業我優位の視点
 から、世界観の視点に立つと、「洗浄技能
 は、洗浄した部分を完全の現状ゼロにし
 外部に出さない」を目的に世界の最新技
 術を行動できる技能を磨く21世紀に必要
 な時代になっていることに気づく人財数を
 育てることが、社会的責任の一つです。

 汚染をする洗浄技術の最新化調査研究
 事業も大切ですが、各企業中小企業生業
 家業は営利目的のため、大企業だけが
 出来る洗浄汚染を外部に出さず、現状復
 帰のための研究と最新技術の向上のよう
 な利益より経費累積となる分野を21世紀
 は取り掛かる時代になっています。

  洗浄による外部への環境汚染は自己
 責任として、現状復帰の日常行動を
 するための技術も加えなければならない
 時代になりました、最新の技術が付加
 されることを待望しています。
             A志援 ms











 

□高圧洗浄
高圧水発生装置で加圧された、高圧水をノズルから噴射した時の衝撃直を利用する洗浄です。
         高圧水の区分(1MPa≒10kgf/cu)
 区分  水圧範囲       主な用途
     10〜30MPa         下水道管洗浄、熱交換器洗浄
 高圧    (100〜kgf/cu)      壁面洗浄等
      30〜100MPa           硬質スケール剥離
            (300〜1000kgf/cu)  コンクリートはつり等
 超高圧 100〜300MPa     塗装剥離
            (1000〜3,000kgf/cu) コンクリート及びパイプ切断等

◆直射洗浄
高圧洗浄で最も多く利用される方法です。
複雑な形状をした外面洗浄、床、船舶の側壁、 建物の壁、タンクの内外面洗浄など、 その用途は多種多様です。

◆下水道管洗浄
公共施設の上・下水道管や生産工場の 給・排水管には、土砂や汚れが付着堆積して 流れを阻止します。
高圧洗浄でそれらを効率的に除去できます。

◆熱交換器洗浄 
チューブの内外面にはスケールが付着し、 熱交換率が低下します。 高圧洗浄は機器を傷つけることなく洗浄して、 従来の機能を回復し生産性をアップします。

◆塗装剥離
噴射圧力100MPa 以上では、 硬質な塗装・ライニングの皮膜を剥離することができます。

◆コンクリートのはつり
コンクリートの建造物(建物・道路等)の補修では 騒音、振動、粉塵が少ないため活用されています。

□化学浄化
酸、アルカリ、界面活性剤、溶剤などを使用して、汚れ、汚染を除去する方法です。

◆循環洗浄
洗浄剤を含む液をポンプ等により循環して汚れを除去する方法

◆スプール洗浄
洗浄剤スプレーノズルで吹き付けて洗浄する方法

◆浸漬洗浄
洗浄対象物を洗浄液を満たした槽に浸漬して洗浄する方法

◆その他
塗布洗浄法・蒸気洗浄法など



 

◇事業活動

◆講習会
◆洗浄合羽、防水マスクのご案内
◆ワッペン、技能士カードの発行
 

◇産業洗浄技能検定




 

「産業洗浄技能検定」は、職業能力開発促進法に基づいて実施される 国家検定制度です。 現場で培った洗浄技能に加え洗浄理論・安全衛生・ 関係法規等の知識を身につけ、さらに技能検定試験に合格すれば、 厚生労働大臣認定の「産業洗浄技能士」として 国家保証を付加することが できます。また、「産業洗浄技能検定試験」にチャレンジしようという 意気込みが社員の活性化につながります。
「産業洗浄技能士」は、国・地方公共団体の施設や廃棄前の施設・設備の洗浄メンテナンスのエキスパートとして、多方面で活躍しています。

◆国家検定制度(厚生労働省)
 


◇イベントご案内

 

 

○会員紹介
 
支部別に閲覧できます。



 

□業務内容別
◆下水 下水道洗浄
◆高圧 プラント洗浄(高圧洗浄)
◆化学 プラント洗浄(化学洗浄)
◆ビル ビルメンテナンス
◆製販 洗浄機器製造販売
◆廃棄物収集運搬、処理
◆土建 土木、建築 
◆その他
 

 

 

  

商品一覧