開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

世界観で自分の行動をもうちょっと変える

■世界観で自分の行動をもうちょっと変える 100928


更新 2012.10.13

●欧州統合(EU)に2012年の「ノーベル平和賞」を贈ることが決まりました。
EUは20世紀第2次世界大戦まで、国家間戦争で領土の拡大と防衛の剛型優位
の行動の繰り返していましたが戦争を繰り返さない理念のもとに出来上がった
共同体です。
柔型行動を優位にした異民族と多数の国の強存強栄をの実現を人類の未来の
プラス領域量が多い方向として世界に伝播することを待望する一つです。

21世紀の超金融操作と、少数の富裕層と、中流層が加速度的に減少し低所得層の
多数化し増加する数字が見える段階になりました。
国家単位の社会保障では救済不可能な数に拡大してきました。
EUは金融・経済の世界戦争で現状では、先進国から敗退し、衰退国への徴候と、
20世紀代までの剛型行動の時代へ戻る確率がゼロではなくなりました。

21世紀狩猟民族の遺伝子レベルの動物脳煩悩我欲優位の超富裕が勝った証しで
ある自由競争原理の負の領域が超富裕層が潤沢な資金を操作し、実体社会を
上限無限大の金融バブル泡で増幅させる機能で、少数の富裕層と多数の貧困層を
加速させる武器(合法的な非殺人ツール)でEUでさえ、構成国の弱者を財政破綻を
演出できる時代にはいりました。
金融操作の上限設定と、国別の超金融操作をした1000人(社)を公表し、操作行動を
衆人監視で見えるしくみにする目的で、金融業界のISO型世界標準をEUで創り、
超金融操作を見える金融操作に変えると超人罪(企業グループ、国)の行動を抑制
できる確率高い。


◎現在21世紀で狩猟民族の動物脳が優位な自由競争の負の領域が鮮明に見える
ようになりました。加速度的少数の超富裕層と多数の貧困層の増加を加速しました。
ますます拡大し、若い世代を多数プラス領域量を多くする機能が失われ、上限規制の
ない無限大の金融増幅操作を潤沢な資金で動かす実態社会とは別次元の仮想空間が、
実体価値とは異なる、バブル泡の増幅はハローにより、EUを構成する国さえ、経済破綻
に導く、EU外の世界からに金融戦争の時代に入りました。

20世紀までの武力と21世紀の金融優位な国が金融操作の剛型行動をすると、どのような手順で、
武器を持たない「平和ボケ」した国を疲弊できるかロジカルシンキングの心理的誘導で、日本人の
多数の浮き草型大人子供が動揺し、形を変えた手法で、何千年日本を苦しめた結果と同じように
なります。
その経過を情報量「ゼタ時代」の「天知る、地知る、我以外知る」ネットの見えるしくみで徹底分析し、
EUの多数の国の金融操作防衛のために金融操作の上限規制を世界標準として制定を待望しています。

EUが勝てる条件は 日本の地域で構築することを待望している原理を応用すると、EU全体が、短期で
すばらしい共に豊な国に変る確率は高い。
方向は、狩猟民族と日本の農耕民族の「よいとこ」だけ活かす価値基準行動基準の軌道修正をする
だけです
素晴らしい先進国のEUの国々の地域なら、どこでも実現確率が高い方法です。

 ●地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化


◎「世界観で自分の行動を変えたい」あなたのプラス領域への軌道を変える
コンテンツの一つです。

ご来訪を心より感謝しています。当面の壁を超えるとき、こんなプロセスも成功確率が高かった方法の
一つです。あなた流を独自で模索するだけでなく、先人の行動智慧の一つとして、今に徹して行動してみて、行動プロセスの中でさらにあなたにふさわしいプラスαの方法を構築いただくよう祈念しています。



◎世界観の視点から自分の行動を再点検し、 よい「思い込み」「割り切り」をする
と心がすっきりし、わくわく、活き活き、悦びながら、未来へ挑戦するエネルギーが
湧くように出てくることに気づくときがきます。周囲が想定以上の速さでプラス領域の行動を支援する人・しくみ・システムとの出会いに感謝し素直に活かしはじめ
たくなります。
その支援のポテンシャルをプラスに活かし、常に出てくる煩悩をプラスに変えて
発散させると、今が最高のポテンシャルの環境と時間であり総能力量の充満を
感じられるときがきます。生かされている喜びを感じられ、さらに傍のために次の
挑戦する新たなエネルギーが湧き続けたくなるときがくるようです。
不思議な感覚だと感じるときがあります。


人から見ると解決不可能なように観える内容も、解決し壁を超えてみると、成功感だけが残り、他のマイナス領域は人間は都合よく忘れさせてくれるようです。「柔行動」を採ると、周囲の人が壁を超える総行動
パワーを自ら選ぶ優先行動に組み込まれ「もちつもたれつ」型でベクトルが統覚され、高い壁を超えること
ができるようです。目的達成に係わるすべての人にいつも感謝していました。

どんな筆舌を絶するような環境、四面楚歌、天だけが開いているとさえ思えるとき、身体、精神共に破壊
寸前のとき、 世の中、周囲の人すべての言葉がマイナス領域へ引きずり込むように「マイナス領域でしか
捉えることができない」とき、全てを、横に置き、プラス領域にベクトルを日常の行動の中で向けさせるため、
そのときできる行動の基盤である心身の正常化からはじめるためにどんな悪条件でも「やらざるを得ないしくみに自らを追い込み」、3年継続すると、正常以上に回復できる人が持つ潜在の能力の不思議さに気づく
時がきます。よい「思い込み」「割り切り」はプラス領域へ誘導するベクトルの方向づけになるようです。
身体精神が発信する、異常信号を聴き、タイムリーに先手先行すると、正常に心身機能が働きはじめます。
「無理難題」とは、言う人が行動し失敗するか、実現したいが時間がった自分ならできるテーマと「思い込み」「ひとにやらせでやっぱりだめかと思い込んでいる慢心煩悩の一つです。」実現できないのはその人に解決
する総能力の量と質が不足しているだけであることに気づいていない現象の一つです。あなたがその指示
した人を超えたいなら総能力量を準備して実現できるように行動し、プラスαを追加しながら行動し、総能力
量が壁を超える量になれば達成できます。普通の人が実現したいテーマは必ず実現できる確率は高い。
要領よく指示命令した人が表面的に真似ても、その人に総能力のある部分が欠落していることに気づけない
ため、短期で実現できたようにみえても中期長期で見ると90%以上挫折し放棄し、経営陣なら他の人の責任
へ転嫁し、役員外社員なら、退社する確率は高い。経営陣直接の「無理難題」の頻度が高くなり、あなたの
血圧が200を超えるようになる場合、周囲環境をかえ薬を飲んでも血圧が下がる傾向にならないときは
あなたの身体精神に不適合な環境です。あなたのしている全ての行動が、日常行動の総能力以上の
「エンジンのオーバーヒート」現象です。人のためにあなたの脳を破壊させ、2度と復元できなくしたいなら
継続してください。選んだあなたの責任です。周囲の「人」にはあなたの人間破壊の責任はありません。
家族のために正常維持したければ、慰留を無視し、瞬間にその環境を完全に断つことを推奨します。
断っても「人は」すぐ変わりを見つけて、何もなかったように業務を継続するだけです。
未来のあなたの道を歩むことを優先する方が、「人」も未練なく、割り切った行動ができ、それなりのレベル
で継続できるため、双方プラスになります。何百人という退職者の次の担当者が採用し育つ間を兼務して
代行し、人がいなくても業務に支障がないように埋める役割ばかりしてきた業務を引き継いだ業務担当
直接責任者として後任が育つ期間補完する役割人財として定年まで、会社に都合のよい文句を一言も
言わない人でした。どんな優秀と評価された役員、拠点長クラスでさえ、どんな戦力人財でさえ、退職
すればそのポテンシャルはゼロになります。即、補完人材を育てて、次の担当者が継承し何もなかったように
することが企業の流れ、感情のある人間と別次元の機械・物としてのクールさがあります。
「ハイ」と割り切り兼務代行(仕事量は専任時の5倍以上の工数がかかります。)をできることは通常の人の
どの業務でも3倍速以上で処理できる総能力が成長してきた「役得」の行動総能力を向上し続けることが
できました。A志援サイトのコンテンツ創りに「ここまで気づけるのか」と本人が意識する以上になっていた
自分に気づくことができ、歩んだプロセスの行動の一つ一つが人を成長させてくれる、そのときその時の
問題解決の壁は、成長の節目をつくる必然の体験だったのではないかと感じるときがきます。

ある年齢から、人によく言われるのですが「何も苦労が顔に現われていない」、「苦労
しらずの人」に見えるようです。60歳を過ぎると、「青春」の中の「燃える情熱、何かに
常に挑戦する」行動は、若さの源泉の一つのようです。

赤ちゃんに「にこにこ笑いながら」相手をしてもらったり、子ども達に、仲間の一員として入れてもらい、子ども
集団の「してはいけないいけないことはしてはいけない」ことを、子どうしの本音での行動に関するやりとり
、ルールの中に、自分が変な行動をしていたなと気づくことが多くあります。子どもたちから「わが振り直す」
再点検の機会をもらっています。
歴史の変遷で豊富な行動事例ありますが「大人型子ども」の煩悩が無限に増幅拡大し、周囲の人のコント
ロールができなくなり「剛行動」を採ったために「塞翁が馬」の原理、時間で勝ち負けが逆転する確率が
高い行動に気づけます。
その要素である、「金、権力、地位、独占、弱者を壊滅させようとする方向等」は、子どもの組織行動の中
ではじまり、兄弟姉妹の、子どものグループ対兄弟姉妹連合等子どもの組織の中で「剛行動」が始まり、
親が金持ちの子どもは親の姿と生き写しの価値観と行動をその年齢からする兆候が出始めています。
ただし、親の七光がある時期役立たなくなった人は、普通の人より強度な挫折感で大人を過ごす機会が
高くなる確率は高い。「大人型子ども」が優位な国の「大人社会の実験検証の場」のような行動クセを探す
宝庫の一つです。この時代に「もちつもたれつ」「欲望は腹八分目で、負け組みが生き残れる2分を残す。
独占させない」等、だれも生き残れるように「柔行動」で子どもの親家族の欠落した本音人格の補完矯正を
する必要性があります。特に煩悩が発信する独占欲を、共に豊になり共に喜ぶ次元を刷り込むことがで
きる確率は高い。潜在能力煩悩を無意識で制御できる本音人格化にすれば、だれにも平等に与えら
れた無限に成長できる道を選択できる機能が起動して、よい領域の行動の持続により、素晴らしい人生
劇場の主役になれる確率は高い。
現在、今の子ども時代から「何か変な大人型子ども」に育てる「剛行動」優位の反復訓練、習慣化、
本音人格化は 人がある時点で人類が滅亡するまで続く「塞翁が馬」型の歴史を続ける確率は高い。

未来の人を育てる方向は 「柔行動優位で瞬間剛行動型」の原理に気づく人の数の
加速度増加が必要な人の存亡にかかわる分水嶺の時代になつている確率は高い。


人の本音人格の成長段階までの持続的な気づき、持続的な行動ができる人機能に
気づく事例
 「個人総合能力開発
 
「潜在能力を観える化」
 「長所を伸ばし短所を抑える」
 「実戦力と地頭力は違う」
 
「人材と人財とは同一情報の中味が違う」

壁に当たるごとに、単純にプラス領域のよい「思い込み」「割り切り」をして行動すると不思議な潜在パワー
が発揮され、わくわく、活き活き、悦びながら、壁を超えるための総知識の集約、総行動量に必要な人が
現われてきて、超えてしまえることに気づくときがあります。さらに無限の未来へ挑戦するエネルギーが
湧くように出てくることに気づくときがきます。行動をせずに机上で考えると、煩悩妄想が優位となり、
いかに逃避しようとしても、ある量マイナストリガーのポテンシャルが増加するとマイナス領域行動を起動
させ誘発します。結局は「逃避型の内科的手法で現実から逃げてもムダ」であることに気づき、自力で
視点を変え、本人が行動型でになり、煩悩ポテンシャルを自力発散できる段階まで変わらない限り、
再発確率は低くなり難い現象の一つです。
知識領域でのカウンセリング、催眠療法、宗教等や周囲の人の助けに頼る周囲責任方法は、ベクトルの
制御とは別次元であり、再発防止数の減少とは、相関度は高くなく、再発しないのは本人のその後の
「環境運」である確率が高い。年齢を重ね、「環境運」が減衰しゼロになると再発確率は高い。
歴史が実証している人現象の一つです。

煩悩本能行動の中の生まれる前から刷り込まれた行動プロセスは、動物園で親と隔離されて育つ
高等知能動物の行動を見ると人のゼロ歳児行動と酷似する部分が多く、人がした後天的な刷り込が
何か、その記録日誌でわかる確率は高い。人は脳の発達による知識量が急速に増大することに気づくこと
ができます。すべて生まれた後の本音人格に刷り込まれた行動価値判断の一つです。

  「脳構造機能」「心構造機能」を活かす
  
・左脳・右脳・小脳・脳幹の違いを知る
  ・左脳・右脳のコア・強みを活かす
    ・よい「心」の総行動量を「気」により増加

●自分の行動が少し変わると、傍の人の行動が変わり始め、集団・組織は
増幅された結果が見えるようになります。その組織の関係する大組織さえ、
行動の変化波動は行動源(音源)となり共鳴、共振した想定外の増幅拡大した
結果となる現象があります。
 
よい種を蒔くと、よい結果・収穫がある確率は高い。プラス領域(よい・善)が多くなる。
 もし自分の行動が逆の場合、冷厳とした形で、マイナス領域(悪い・悪)が多い結果になります。
 仮想・仮説・妄想の段階で、自分の脳内の段階では、傍は変化しませんが、言葉(言霊)を発信したり
 行動をした場合は、原因となり、波動が外部に発生し、必ず周囲は変化をはじめ、変化した結果が
 地球・宇宙の発生します。未来へ人が移動する瞬間から宇宙の総量は拡大を始める現象と同じです。

 よい種を蒔く、分野ごとに総行動量を動かすために必要な制御型人財が 30%以上に国単位・世界単位
 で多数輩出を急ぐ分水嶺の時代がきています。ネット社会は、プラス領域の人、マイナス領域の人を、
 短期間に増やし、多数決時代のその集団組織、国でさえ多数決で60%を占めると衆知独裁行動ができる
 現在の社会のしくみには、長い歴史と同様に、その時代の多数決が決めるプラス領域、マイナス領域が
 反転を繰り返し、人の尊厳としてのプラス領域の価値基準基準にベクトルを向ける制御機能も人財の数で
 実現が決まるように「人の行動=自分の行動」が起動トリガーになって世の中が変化する確率は高い。
  
 正しい制御型人財の多数の輩出を待望しています。

 
「戦略的に制御型人財に成長する」
 「着実に人財に成長する機会を活かす」

世界観の視点から自分の行動をもうちょつとプラス領域の行動ができるように、
本音人格を成長させることを待望しています。
人格がプラスに変わりはじめると行動が変わり、周囲が想定以上の速さでプラス
領域の行動に変わりはじめます。帰属する集団・組織は増幅され、プラス領域の
行動総量は増加します。 

世界観の視点からあなたの本音人格を今よりも「もうちょつと」プラス領域へベクトルの仰角を
大きくし、あなたの行動が、プラス領域の高い位置へ移動すると周囲を変えるトリガーが起動
します。


高い位置・視点から周囲の人の行動を見(観・診)ると、その人が「もうちょっと」この方向の方が
素晴らしい人生劇場を演じる主役になれる確率の高い方向が浮かびはじめることに気づく時が
きます。そのときから人周囲を変えるために、日常行動を見守りながら修正制御することを推奨
します。仮想仮説の中で行動をしないで頭で模索するより、一歩踏み出し周囲に働きかけると、
もっとそのときの最善の方法が浮かびはじめ、いよいよ人・周囲が変わりはじめたことを「感じる」
時がきます。
「感じる人財・人材」を全国ネットワークさせると、日本がプラス領域へ変わる行動のトリガー
ポテンシャルとなり、多くの人が起動し行動変化が始まる確率は高い。


A志援のサイトを探し当て来訪された素晴らしい行動人財のあなたが所属する集団組織なら、
世界観視点からの行動ができる人の数を鼠算で増加させることが出来る確率は高い。


日本は中期の国家の財政破綻、国家破産方向、すでに進行中の長期の絶滅民族への方向への誘導
世界で多様な戦略戦術の布石が着実に打たれている確率は高いことに「気づく」人の数が30%以上必要
になってきました。
あなたが「世界観の視点」に立つと 日本に対する世界の潮流が何がプラスかマイナスかが観えてきます。
何から行動しなければならないか、日本国が生き残り、勝ち残るためのベクトルの方向を感じることが出来
始めます。気づき感じることから仮想・戦略方向のイメージが浮かび、現実化のための成功確率の高い
しくみシステム、人組みが浮かび、今からあなたが何を優先順位にして行動し、周囲を変えはじめるか
今までの視点からの行動の選択基準が変わったことに気づく時がきます。「気づき」行動しなければ
「座して結果を待つ」だけです。

◎「視点」を変えると「考え方」が変わり、「行動の選択内容が変わる」「行動のパワーは無限」
   「高い視点から観える行動」は「低い視点の人には見えない、気づくことはできない」
  「3倍速の行動は、周囲は、なぜそうするのか気づけない。逆に暇でなにもしていない人に
  観えるが、時間当たりの生産性が高く、5倍以上の成果結果を生む確率は高い。」

  
●評価は、評価する人のレベルで、本質価値に気づく人は少ない。要領のよい世渡り上手に現実の
   成果評価となる場合が多い。「我・煩悩我」を捨て、世界観視点行動をある時期まで継続することを
   推奨します。必ず、21世紀は 世界の優れた人が気づき、人生の未来は拓ける確率は高い。
   20世紀は「自己犠牲、貧乏くじ、表彰による自己満足だけ、年金の少なさに愕然とする人」でしたが、
   多くの人に見える化できる21世紀はある方法を採れば、多数が、評価の矛盾に気づき、マイナス
   領域評価のあなたの本流が一気に反転することが可能な確率は高くなり、20世紀評価されなかった
   制御人財の価値は集団組織内の制御人財に気づき評価する人の数が多数化し総能力の優位化が
   できる確率は高くなりました。
       コンピュターの個人、チーム、組織、全体貢献度と、業績に対する責任度、決裁責任金額による
   業務損害責任(損害金額の年収からの弁済義務)、部下が法律抵触したときの管理者責任」
   「予算管理はコンピュータによる長中短期ウエイト評価と、その順位の微調整でその組織の予算
   削減を最適にさせる業績先行管理」等のプログラムをちょっと修正すると、現状に不足している
   要素(因子)を追加補正するだけで、制御人財評価は変わり、前年よりも予算差額調整精度は高く
   短期化で全体納得できる実行予算化ができる時代になっています。予算の計画の必要度をチェック
   するためのフレームによる共通の集約フォームに集約して、最終調整は、実行候補で、総予算内で
   押さえる、大予算の削減金額を指示し、予算圧縮再検討をさせ、なくてもよい予算の削減、まだ削減
   不足の場合は、添付プロセスの不十分な部分を突いて、縮小させたりゼロにする。
   予算計画内で押さえるしくみ精度が高くなつた世界を市場にした企業が増えてきています。
   
   国家予算をTVで「口角沫を飛ばす」映像は21世紀の進化とは別次元の1970年代で時間が止まった
   涙のでる哀れな日本の現状の一つです。みんな本気で一生懸命の双方の姿は「ドンキホーテ型の人」
   の哀れな姿です。2年続けて見せることに何か変だと感じませんか、
   世界を市場とする大企業グループの社員のあなたは社長役員会の、調整前手順と削減対象部門長
   の計画に修正手順と乖離に気づきませんか 素晴らしい人達が気づかないで1年前と同じ100%計画
   予算以上になる膨らむ方法を変える意見具申できる制御人財の数が少ない現実の姿です。
   21世紀最先端の国家予算を決め、正しくプロセスコントロールできるよう関係部門ごとの制御人財の
   数を短期で増やし、決裁権者に最先端を気づかせることを待望しています。   
   
   ※制御人財とは
       社長、重役、上司、同僚、部下、新人のそのときの行動成長レベルを見極め周囲が、そのときの
       社長が事業実現目的に基づき、所属する「業務単位の長」が立てた目標を実現するために関係ある
       周囲を「その時の長」の行動クセをプラスに活かし、周囲の総能力量を高め、目標達成の方法へ人の
   行動プロセスの上限軌跡をコントロールし、自らは率先垂範し実績を出しながら、最適方法選択実証を
   続け、その成功体験を、水平垂直共有展開しながら各個人の対応したプロセスコントロールをさせる
   ための個人と組織の総行動量に応じて個別の「行動トリガーを発生させる役割」。
   各人が実行するかしないかは、上長の強制力の活かし方と各人損得感情(煩悩我)で協力量は違い
   ます。
   協力量の多い人を次回は優先的に育て、非協力者は、共有情報は選択提供するが、実行は本人
   次第好きに任せ戦力ゼロの人とみなし、やれば「儲けもの」と「割り切る」ことが必要です。自分が
   出来ない理由を「他のやらない人に求めようとする出来ない理由づくり」をしたくなる煩悩ポテンシャル
   をゼロにすることができます。 
   どの配属先も周囲の人は玉石混交、まず「玉人財」の確率の高い数を現状認識し優先で育てる仲間
   候補を選びます。その時の縁ある他の集団の総行動能力がプラスになるようにすればよい。
   (赤字拠点は、総行動能力がマイナスの人が多い。黒字化できる人行動基盤とベクトルをプラス化する
   方向を人組みの優先順位順に個別にベクトルの方向をプラスへ修正すればよい。
   強制的180度変える人もあり、我流に固執し反発する人は、自分の道を自分で選び、安き道へ短期で
   自分で大義名分をつけて変わるため、悪貨に力を注ぐ必要はほとんどない確率が高い。
   総ベクトルをプラス方向へ向ける人だけの組織にすることができます)
   上長は誰でもよい、上長の機能を発揮してもらえばよい。低い行動レベルなら、必要な組織の行動
   総能力を発揮させるために、自ら行動機能を補完し130%行動できるようにすればよいだけです。
   自ら全ての総行動能力の結果をチェックし、プラス化のプロセスコントロールをします。まだ実現成果が
   不十分な場合は、各人の行動量をちょっと出来やすいお膳立てをして、自ら準備した契約確率の高い
   お客様を見守ってまかせ、契約させ、成功感を体験させればよい。勝つから強くなりはじめます。
   組織全体が制御人財(頭脳)と神経網、骨格の役割機能になり、周囲の人は、優れた得意技、よいと
   こだけで高性能義手の役割機能を始めるように全社的なしくみシステム人の組織内に組み込めば
   よい。
   人間の内蔵、肉体、手足、指、皮膚のように一体整合させればよい。 
   制御人財は経営陣、上長以上の行動ができるように、実戦行動能力を磨き、最先端知識を常に吸収し、
   組織内の最先端レベルを知り、その社内人財群から徹底的に「質問⇒アドバイス⇒その人にふさわしい
   最先端情報の提供」方式の循環サイクルにより暗黙知の知恵を徹底的に吸収する。
   未知の知識知恵は 自分流に行動体得し本音人格に刷り換える目的で実務の場である臨床実証の
   機会は前例のない「無理難題」ばかり多くなりますが。なんでも「ハイ」と受けてしまう指示する人に便利
   で「都合のよい人の役割」を演じることを推奨します。「我、煩悩を超行動時のプラスパワーとして発散
   し続け「平常心是道」として代行業に徹すると想定以上の速さで、体系化した行動の智慧が体得でき
   ます。人格形成スピードがある時期から急カーブで変わる自分に気づくことができます。 
   問題解決に必要な専門性総合性両面の知識量が豊富になるまでは、時間をかけて、組織の最先端
   人財(社長、重役も含む直属の長、拠点長など)の知恵を学び必ず実務の中で臨床、実証し、確信した
   段階になると理屈体系化して、さらにその体系にプラスαのカイゼン継続をする行動が必要条件です。
   その能力が未来の企業の現在はまだ見えない「流れ⇒支流 ⇒本流」へ着実に軌道を換える制御人財
   としての成功確率を高める突破口行動の一つです。その段階になると、周囲の人の「よいとこだけが
   重点的に見(観、診)える」段階になり、接する人全てが、何かを教えてくださる反面教師も含め「師」で
   ある事に気づけるようになります。毎日が未知を知る喜びが湧く自分に気づく時があります。  

   ●超制御人財機能とは
    「現在ある、環境、階層、組織、しくみ、システムを活かし行動する人群の、各人と組織全体の
    総行動能力の現状を認識し、当面の事業計画を実現する130%以上の目標を設定し、 目標期間
    の進行計画軌道との乖離をプロセスコントロールし、乖離対策は、率先垂範して、総行動ポテンシャル
    の高い人の補完触媒機能と、その人たちの最適行動モデル人財として行動する。」
         乖離は総行動能力が不足しているためで、周囲の人の成長時間を待つのではなく、行動ポテンシャル
          の高い、今の社長、役員、拠点長、部長クラスの総行動能力が不足している戦略判断のズレの
    真因を各人別に掴み、率先垂範モデル人財の役割として、一般の人の3倍以上の行動をしながら、
    その人達の中の上位30%の人財が、あたかも自力で動いているように決断、行動に実戦後の、他の
    人の結果報告の欠落部分にプラスαを付加した軌道をかえさせるために必要な「意見具申」をする。
    制御人財は黒子に徹し、前に進むための30%の前面人財群を舞台の主役にさせて、成果が、多くの
    人に見える化演出をする。それでも気づかないときは社長(トップは勿論)階層役職にふさわしい行動
    時間を、同時間、 複合行動に活かし、他の多くの社員が、ベクトルを新軌道に向けて動ける根回し、
    演出をする。主役群を動かすキーマン(トラの威を借る狐人材が1名以上います。)を動かすと想定
    以上の速さで行動がはじまります。
    拮抗する組織ごとに必要な制御人財と要請中人財候補を5年計画で配置しておくと、想定以上に、
    先例のないテーマが実現できる確率は高くなります。21世紀進化した、共有イントラネットワークを
    活かすために全国に制御人財(行動型拠点長・部長クラス)を養成し配置すると、自部門内行動
    とほとんど変わらないスピードで行動プロセスコントロールができることに気づくときがきます。 
    周囲の人が、自力で行動したように演出し、超制御人財は黒子に徹し、周囲の0.3%以下(運があれ
    ば1名は必ず気づく人ある。ゼロは自分人の縁運と割り切る。)しか気づけない行動をする。
    従って周囲に気づく人が皆無の場合、評価はすべて他の人になりますが、目的を達成するための行動
    と割り切り、煩悩は他で発散し平常心を維持できる本音人格のための超えるべき節目と捉える。
    私は、現在まで故人である2名恩師(須藤師と太田師)に出会う好運に恵まれました
     
    「開眼招福」サイトを来訪されたすばらしい人財のあなたが、私より「もうちょっと見える化演出」をして
    あなたの行動が正当に評価できる周囲の人の数が多くなる「気づき」現象を誘発する日常行動を
    採り、あなたの善縁が拓けるように祈念しています。

    ◎超制御人財機能が、自然体として持続できる人を「制御人財」の上限として、短時間行動した場合
    を下限として、上限と下限を意識して、より高度な制御人財機能へ進化を続ける人財。

    「周囲が協力をしないで、足ばかり引っ張る」「周囲のためにうまく仕事が進まない」等、周囲の責任
    転嫁したい煩悩が浮かぶ頻度が増えた場合、割り切って、制御人財として黒子として「おれがおれが」
    行動を180度変えてみて、視点を変えると、周囲が、協力型、道を拓く情報が次々と出はじめる不思議
    な現象が始まります。周囲の人の煩悩をプラス領域へ誘導する方法であり、あなたに向かう周囲の
    総煩悩ポテンシャルが短期で減衰しゼロへ向かうため、あなたの総行動ベクトルをマイナスにする
    行動量が減少し、組織の総プラス領域ベクトルが乗算され、増幅されたため実現できただけです。
    一度現場で実証試験を推奨します。あなたの組織でどの方法が最適か暗黙知の一つになります。

    1名の制御人財は、最大20名までの制御人財、制御人財候補を個別養成できる確率は高い。
    制御人財が共鳴共振共働して、自力で自分と拮抗したり、優れた強みを発揮する時期になると、
    見守ってまかせ、電話で定点プロセスチェックをする。(メールでなく声色つやで、迷いの兆候をつかみ
    本音の総行動状態を掴む。メールは建前報告で、重要なできない真因を探し出せないしくみの一つ)
    重要な人組みの要人材(財)は、朝8時前の早朝連絡を推奨します。「上位30%の人」は80%は既に
    その時間に出社しています。
    (深夜残業し夜遅い帰宅、皆と酒を飲んだ日も変わらない出社確率は高く、義務でなく日常行動で
    習慣化された総行動能力が高い人の必要な自分の時間です。残業時は、全て人の決裁のための
    時間を割かれ、自分時間の分断される時間のためです。自分の時間は、自宅か、移動中か、早朝
    の3つを活かす人が多い。 )
       

   
 「高い視点」から観ると、それ以下の視点の人の行動方向のベクトルがプラス領域かマイナス領域か
 推計できるようになり、自ら通った道で臨床実証確信し体系化した行動パターンの中の類似行動なら90%
 以上を気づく時がきます。ただし、他の人の経験を含み、自力行動との乖離度合により、約60%程度まで
 しか行動推計できる少し低い確率のようです。

  「自分を変え周囲が変わる価値判断」



あなたのプラス領域量がもうちょっと増えると人格がもうちょっとプラス領域に変わる。
あなたが周囲の一人のプラス領域のポテンシャルを増やすと、人の周囲がプラスに変わりはじめ、
周囲のプラスの総ポテンシャルは、人数で増幅され、想定以上の速さであなたの外部環境のプラス領域が
プラスにに変わりはじめます。変化が感じられ、結果として見えるようになる確率は高い。

・わたくしも含め、すべての人は、自分の「行動」は、「自分だけ」しかできません。
・自力で位置移動できるのは人・動物に備わる本能機能です。
・動くことによるポテンシャルの移動により周囲の環境条件を変え、環境が持つ強制力・規制が付加されると
さらに周囲の人の行動量を多数変えることができる機能を持つています。


人(動物)はすべて「天上天下唯我独尊」であり、全ての行動原理の本質の一つです。

優れた超人財だけの行動機能ではなく万人共有の機能であることに気づいた人も多数
いる「人の行動メカニズムの潜在能力」の一つです。

人は 自分の今の行動は「全て正しく最善の行動である」と本音で感じ確信しています。
周囲の高い視点からみると変な行動である場合でもその瞬間は知識情報では「気づく」ことができますが、行動を変える本音人格は「気づく」ことはありません。そのとき「よい
行動に換える」確率は、20%以下です。「何か変だと感じる人は、過去類似行動をして
体験し、気づいたことがある人だけです。」

知識は、人が行動し、その人の人格レベルで体系化し集約した情報です。自分以外の人の知識であり、
あなたが行動体得し実証臨床確信し「思い込む」「割り切る」状態になつて、自分の人格レベルでの知識
の行動要素が 潜在脳への新しい刷り換をします。平時は、顕在脳の知識が優位の行動を採りますが
超有事のときは、潜在脳へ刷り換えた最新のその瞬間での本音人格が正体を現し行動する現象が
あります。

ゼロ状態で生まれた人は「知識⇒行動⇒知識」のプロセスをある回数以上反復し、不連続神経の接点が
変容し難い状態まで、正しく機能するように定時反復定着が必要です。超有事でも正しい行動ができる
ためには、成長段階にふさわしい反復行動が必要です。
ゼロから行動成長する「赤ちゃん」の行動は、私が定年まで「子ども」では薄々感じてはいましたが断片的
に知る機会しかなく「気づけなかつた」のですが、「孫」の成長する段階に接する時間余裕を創れる今、
初めて明確に「気づく」機会があいました。
孫の成長行動プロセスが、私の次の成長の扉を拓いてくれました。

赤ちゃんが、食べるために、あらゆるものを口に入れて、親家族が止めないと飲み込んでしまう時期が
一定期間続き、異物を食べる確率は徐々にゼロ方向へ変わります。潜在脳刷り換える行動。
赤ちゃんが歩きははじめる前、一定期間、足を上げて、自転車こぎ型足機能行動を1日中実行し、寝たとき
以外想像を超える反復をして、はいはい、つかまり、立ち上がり、倒れを反復します。潜在脳すり替え行動。
年齢の近い兄、姉は、いつの間にか兄姉型行動を、弟、妹はらしい集団型組織行動が刷り込まれ、兄、姉
は、自己中心から、我慢、分け合う、できない弟、妹を助ける全体最適行動を「周囲の空気を読みながら」
選び、親が教導した中で本人が最適を選ぶ、親とは異なる「あ!そんな方法が」と思うようなことをし始め
ます。好き嫌いは、初めてのものは食べない、親が食べるのを見て薦めるものを食べる。親の好き嫌いと
似た行動を採るので、少し美味しさを感じさせると、その後は平気で食べることがでます。妹、弟は、兄、姉
の行動模写、よいことも悪いことも真似行動をし、兄、妹は、すぐ悪いことは、やめても、妹、弟は、面白がって
やり続ける現象。悪い行動は煩悩で感じすぐ増幅行動をす確率が高いことに多くの事例で気づきました。
読書、ソロバン、音楽、実験等機会を与えると、好き嫌いとは別次元、自由に先入観なしに自然で行動できてきて、次第に内容レベルを高くしても自然に成長しできてしまう不思議な潜在行動能力を持つていることに
気づきました。私には適性がない、できないと「思い込む」自己評価は、後天的に刷り込まれたことの一つの
ようです。自分が変わるためには、「自己評価」をしない、人ができることは「できる」ことに気づくことです。

その時、プラスαの行動体験を付加すると、階段を上がるが如くより高い段階へ成長できます。
建前人格行動総量<<本音人格行動総量(超有事、どうしても思うようにならないときの行動) 
その時の「思い込み」「割り切り」により「=」に近づきます。目的は「知(建前)行(本音)一致」ですが、
人には寿命があり、「知行一致」はその人が煩悩を持つために永遠の目標としてレベルアップ途上で終わる
確率は高い。

よく、「そのとき知っていれば、もつとうまくできたのに」と言う人がいますが、そのとき「気づかない」のが
自分の成長レベルでそのときにふさわしい行動をしていただけです。そのように「思い込み」「割り切る」と
過去に捉われても、過去を反省して後悔する煩悩は発散できます。
「変えられる現在今」と、「次の未来」へだけ進むことが出来るのが人であるということに気づくことが
行動の突破口探しの一つです。
通った道は、次の子孫に、知識知恵の一つとして残せばよい。ただし、環境が変わり、価値判断が変わると、
役立つかどうか、子孫が決めることです。


自分の行動の瞬間の価値判断レベルでその瞬間の行動を選択し、累積行動軌道に
より、その人が、死ぬまで行動を自分で選んで決断した結果が自分の人生劇場です。

どんな素晴らしい「知識、理屈でわかったつもり」でも、「自分や人の生命を絶つことが人の道を外れる
マイナス領域の行動」とわかつたつもりでも、自分の「行動」は、「する・しない」「建前と逆をする」ことが
できます。すべて、自分が決めて自分が行動した結果です。どの選択もすべて自分の決めた選んだ道です。
1回目、やらざるを得ないマイナス行動をさせられた環境誘導があった場合でも、2度目からは自分が
選んだ道です。行動は他人責任として自己責任を回避することは出来ません。

外部の力は「静止」状態であり「行動のトリガーの発生誘導力」までで、自分の行動とは別次元です。
行動「ゼロ」の状態です。潜在脳が発生させる行動のトリガーにより、プラス行動・マイナス行動をします。
平時は潜在脳が、知識脳の領域優位で、有意識で行動しますが、超有事(平常の200%以上の
過負荷環境)では、潜在脳(その時の人格)で無意識に行動します。無理にマイナス環境に外力で
誘導されても人格の成長度が高ければどんな悪環境でも「しない人はしない」行動の歯止めを無意識
で懸けることができます。不思議な人の力に気づく時があります。

外部の力で、制御され決断する建前行動の場合、マイナス領域である下限の取り決めである法律を
抵触したり、自分の立場が都合が悪くなる環境に直面すると、本音の人格行動が現われ、外部に動かされ
たために行動したと自分を正当化する、他人環境責任にして回避する現象があります。
「自分の人格本音の行動は実は逆行動であつた。しかたなく行動した」と正当化する現象があります。
人格の正体(本音)は 「唯我独尊」自分中心の行動機能を潜在の中に持つている確率は高いことに起因
している現象です。
プラス領域の視点から観て、自分が何か変だと気づき自力矯正する方法以外外部のだれも行動を変える
ことは出来できない「人機能」の一つです。知識・カウンセリング等とは別次元の内容です。

自分の本音と違うと不平、批判、中傷、人に見え難いいじめ等、悪貨は類が類を短期間で呼び集団行動
増幅機能を21世紀のツールが持ちはじめました。
人は「よいとこ探し」より「人のわるいところはすぐ気づく(自分の潜在脳の煩悩で、無意識で感じることが
できる要素であるためです)」。
良貨は類が類を呼ぶのに長時間かかり、集まる量が少なく、多数決世界では常に少数派であり、一人ひとり
の総能力が悪貨の3倍以上でなければ、変な集団本流人格を制御できない現象があります。
21世紀の進化を続けるツールは「本人想定以上の規模で」自己煩悩満足を見える化できるようになり、
だれもその人群を制御でき難いパワーを発揮する時代に入ってました。
よい行動をする人格の数を55%以上にしなければ、金融(財)のような仮想空間の潮流を国家でさえ変ん
な人群の行動を制御できない段階になつてきたことに気づく現象が出てきました。
実体空間を動かす「人の行動」そのものの変な人群の行動が「太陽系から地球軌道を外させる」ように行動
する段階が想定以上の近未来発生確率が高くなっていることに気づく人が増える時代に入ってきました。



◎本音(唯我)が見える潜在脳行動領域(本能)が100%(生まれたとき)〜45%(約10歳
まで)の知識領域より潜在脳領域が行動の優位を占める期間によい行動を体得させる
ために最適な時期であることに気づくことを待望します。

行動体得をよい方向へ向け、わるい方向はベクトルを徹底反復矯正させ、現在の「大人型子ども人格
形成中の人」が30%以上を占めはじまめた「強力な過保護環境のパワー」以上の総能力で この期間の
正常本音人格の形成数を55%以上にすることが必要条件になる段階にきています。
この年齢期間はまだ類が類で集まる規模が小さく、個人別に分断し、よい集団の中で「悪いことは悪い」
「してはいけないことはしない」行動反復と「よいことをすると、ほめる。よい行動をすると評価する。
周囲に役立つと人が喜ぶ」「好き嫌いという思い込みは、別視点に立つと好き嫌いの行動が逆や、すべて
好きになれることに気づく」ようなしくみの中で育てると、身体の中で感じる湧き上がる喜び(正常な煩悩の
発散)の体得ができはじめ、その数を一人ひとり習慣化できるように見守って集団で育て方(躾等)ことによる
人格基盤づくりをはじめる時代になりました。


幼児が食べ物の好き嫌いを言いますが、親家族の食生活でできた後天的なものであり、「思い込み」を
やめて、食べてみるとその後意識しないでおいしく食べることが出来るようになったり、親家族が大嫌いな
食べ物が大好物になる現象があります。好き嫌いは、知識優位で、本音に刷り込まれるとある段階から
抗原抗体反応であるアレルギーとは別次元で、潜在脳から「じんま疹」や「吐き気」を10歳以上の自我優位
時代から発症する場合があります。質素なものを美味しく食べる健康維持発達の食事訓練をすると、高級高単価の食事も、質素なもの全てを美味しく食べれますし、不健康、健康を害する食事に気づき、制御機能が
働きはじめます。お金がなくても、生きるために1円もなくても正しく食し生き抜く工夫が出てきます。
この人格形成が出来ていないと、10歳以降自我の発達とともに、煩悩が優位となり、健康とは別次元の
美食、飽食、不健康増進食事優位の無限に欲求が増大する食生活になる確率が高く、病気で倒れ、瀕死
になつて本音で気づくまで待つ確率は高い。
まだ本音が行動の優位に残る20歳までの人が、10歳までに「嫌い・嫌悪感」の価値判断を環境から刷り
込まれると、素直にその時のどんな優れた知識ツールでも、類が類を呼ぶ、集団行動が「何か変である
ことに気づかない」ために外部からの制御はほとんど出来る確率はセロに近い。強制的行動以外制御でき
難い潜在脳優位の「何でもあり」の増幅行動現象となり、その本気パワーが周囲の「大人型子ども」を扇動しさらに拡大行動現象を生じます。21世紀ツールは想定以上に風評流布の増幅機能があります。
もし人、国、他国に対するこの「嫌い」現象が発生した場合は、その国の制御人財の「柔行動」による矯正で
きる人数と沈静化期間と相関し、短期の解決は「剛行動強制」による方法以外なく、1時沈静化して再発を
繰り返す現象になる確率は高い。ただし、優れた、周囲を変える制御人財を短期で増幅できる力もあり、
21世紀ツールは人のプラス領域で活かすか、マイナス領域で活かすか、総ポテンシャルは実体ゼロ、仮想
バブル(泡)であることに気づき、幻惑せず、汗をかきプラス領域行動することが突破口の一つの行動です。

現在まで高齢者も含め、本音人格は、玉石混交状態で、マイナス領域のままの人格は
現在の社会の異常行動現象の増加、周囲の環境の中で無意識で染まり、自力でよい
プラス領域の行動を選択できない「気づけ」ない人が、煩悩優位の行動をする「大人型
子ども」の数が増加し、その子どもが「切れる子ども」「本音陰湿ないじわる建前よい子
ども」現象となり、「気づかれなければ何でもあり行動をする人」等「気づかれなけれ
ば金を稼ぐのになんでもありの人」等が 全国で見える段階まで増えてきました。
本音人格基盤を換える「歯止めしくみ」が少ない日本人が、45%の限界に近づいている
ことに「気づく」人の増加が必要な時代に入ってきました。

今生まれた人から次代の世界に比肩できる日本の人財に成長できるよい本音人格
基盤形成させるためにあなたとあなたの周りからはじめることを待望します。

21世紀膨大な知識量の定着が「知」優位な学校教育だけでは矯正出来難い時代に入り、20世紀までの
学校に全ての責任を転嫁し日常の家庭よい躾能力の玉石混交にまかせ、周囲集団のよい躾機能は、
家庭の欠落部分の補完躾機能が個人主義でゼロ化した時代、よい本音人格基盤を創る反復回数の激減
により、本音人格の刷り込み格差が増大し、よい上位2割、よい普通3割、わるい普通3割、わるい上位2割
となり、学校はわるい上位2割で機能できないところさえ始まりました。

強力なよい方向へ誘導する気づきと参加によい行動ができるしくみの中で、全世代を年齢価値判断レベル
にふさわしい形で、日常行動の集団組織の中で徹底的な反復訓練をするしくみの構築が必要です。
日本にある成功確率の高い21世紀さらに機能進化ができる可能性がある地域密着型CATVの機能が持つ
コンテンツ、そのコンテンツづくりに参加することにより、わるい行動を見える化させ、気づかせ、本人が本音
で変わらざるをえないようにすることが可能な機能があります。学校教育だけでは3割は授業についていけ
ない子どもがいます。本人は始めは一生懸命でしたが「できない自己評価し」たときから、脳機能の防衛
障壁ができ、できることに気づくまで一生続く催眠状態が続く場合があります。遅れた3割を補完する補講
授業を、地域の先生と連携すれば追いつき追い越す段階まで「できる」喜びと「できる」自分に気づく
カリキュラムコンテンツはできます。
「できる」と自信が湧き、挑戦するパワーが生まれ、「できた」プロセス体験が、次の成功プロセルに生きて
きます。カイゼンのプロセスを体得させると、自力成長のスピードがあがります。「勝つから強くなる」原理。
たのしい成功確率の高い勉強手法は沢山ありま。基本フレーム幹の教育、基礎知識根をしっかりさせ、
記憶力が大人より優れている時代、枝葉の知識は、反復すれば、どの子どもも定着できます。
例外の人は別管理をすればよいだけです。コンテンツは組織行動重視「もちつもたれつ」型、地域の人が
全員分担担当の主役の役割にする。現在の全国網のコンテンツとは一線を引く日常行動のものにする。
地域の人が使用前と使用後よい方向に変わる現象が多く多くの人が気づきはじめ、地域の全員が、地域の
日常生活の中で煩悩をプラスへ発散させる、想定以上のコンテンツが次々と生まれてくることに気づく段階
がきます。

現在の多くのコンテンツは、正しさの基盤ができれば、よくない情報も「よくない」と判断し、反面教師として
よさがさらに鮮明なりますが、大人対象の玉石混交コンテンツは、「大人型子ども」でさえわるい事例を
真似て行動するため、子どもが悪い面を特に行動として真似煩悩優位の能力があります。
「大人型子ども」の年齢になると悪いグループの本音行動は変わらず、知識が、さらにわるい領域行動を増幅
させる確率は高い。わるい事の成功体験は全国で共有行動となり拡大する人が気づく現象になります。


生まれ出て 0歳〜10歳の年齢層を本音人格形成期とした理由

・「よい行動人格」、「わるい行動人格」はその属する集団で決まる確率が高い。
・10歳までは、「よい」「わるい」の価値選択はまだ固定化した自我(固定化)の形成途上であり「見える化
行動」によりプロセスコントロールができる確率が高い段階です。

柔軟変化し固定化の途上である期間は、その時の行動人格=唯我は価値判断成長度合と相関があり
ます。

・本音自己中心行動が優先し、吸収知識、情報が狭域で、行動選択を左右する量が少なく、限定規模の
周囲への影響で済む確率が高い。
・自我がゼロから形成され、全て外部環境に依存してその人の行動ベクトル方向が決まります。
自我とは 人格の基盤であり、自分流の価値判断。
10歳を超えると、後天的修正をする場合ある総量以上の外力が付加されないとプラス増分を大きくでき
ない、成長変化が少ない本音形成曲線があります。
・世界観視点で正しい躾、倫理、道徳等の形で人格形成基盤を正しい選択価値基準を育て易い確率が
高い。
10歳までが最適な節目の時期の一つです。
周囲の躾、倫理、道徳との人質格差は無限です。
現在の世界での10歳以上の行動で、異常な人の発生数が世界規模で見える化する数が発生しています。
何か変な動機づけと、わるい行動内容に「気づかない」人の数を増加させ要素(因子)があることためみ
発生確率が増加してきていることにあなたなら気づくはずです。

・現在まで優位の剛による矯正は、「作用反作用の法則」の原理、必ず付加した剛に対応した反作用が
時間の経過とともに累積され、顕在化し、歴史に学ぶ、時代での「優位の逆転」現象が現われます。
柔方式で、ともに豊に(物欲・自我等)なり、傍が楽になる方向へ、時間をかけ55%以上の人が同方向
に行動しはじめ、残りの45%は一人づつその人の行動ベクトルの方向を現状認識し、集団力で少しづつ
方向を変え、プラス領域方向ベクトルを55%になった時一気に変える見守りながらその場で即矯正が
早道です。柔方式、時間をかけた見えない徐々の変化は自然体のため反作用は少なく、他の人の
誘導に気づかず本人が自力で納得して変化したため、先祖帰り現象の発生確率は低い。

10歳までの期間の取り巻く球形環境に対応した球形人格要素の全ての成長ベクトルの方向を世界観
視点方向に向けるために「人の行動プラス領域の10%」の位置に最低必達基準とした世界標準化の構築
を待望しています。

多くの人は、その基準があると、世界の20%の人財群が、何を今しなけらばなたないか気づき、時間生産性の高い行動を採り、10歳までの人の人格基盤を構築する外部環境に直接影響する人質レベルをプラス35%以上の人を今よりもうちょっとレベルアップ行動ができる達成スピードを早く出来る確率は高い。
人質のわるい「大人体系の子ども人格」は寿命がたつと死に、その総数は時間経過とともに減少します。
減少すると、プラス領域人材数が55%以上の時期がきます。ただし、人質のわるい「大人体系子ども」人格
の形成を止める歯止めがかからなければ、その達成時期がいつ来るかわかりません。
共鳴し共振し、共働するあなたの周囲の環境正常化集団の人の数で決まります。

人は行動ゼロでスタートし、遺伝子に組み込まれた複合型行動パターンのソフトが刷り込まれ、成長の
節目ごとに次の進化をするための起動トリガーが連動し、ある成長以下の場合は起動しない機能になつて
います。生まれる前、精子と母胎に結合と胎内環境異常があると、一部欠落した形で生まれる確率が高い。
日本人が生まれたとき中性化、男性の女性化因子が増える確率の行動を両親が変だと気づかずしている
確率が高い、日本人の両親の性欲動環境と相関関係があるためです。何か変だと気づく人が少ない領域
です。生まれた人に、責任はありません。
10歳以上になり自我知識優位の年齢で、自分を他人と比較して不足不満を、親、家族に自分の行動責任を
求める時期がある人がいますが、今生まれた場所環境でめぐりあわせた自分であり、他に責任をもとめる
ことはできません。

プラス領域0+からスタートするために、「生まれたことに感謝し、生まれた姿が与えられた人類の役割をする
ための唯一一人の自分のスタートの姿であり、運命だと思い込み、無限の成長を自分が自分で創ることが
でき、環境が思うようにしないのは成長のための壁を超える(人の力を借りて壁を破るのは、実力以上の
過行動で、必ず反作用時期があり、本来の行動の能力に収束する確率は高い悪手)節目と捉える。
ベクトル方向で、正しさ、本物の行動を反復訓練体得させ、本音人格を常に最新に刷る換える方法を
推奨します。


◎10歳以降は、よい知識情報による自己矯正及び 規制(校則、法律、社則等)に
よる強制的矯正により建前優先行動により、プラス領域の日常行動を採る現象が
急速に増加をはじめ、その行動による周囲の影響規模は、その人の行動責任量の
拡大とともに世界規模の影響を与えるようになりなす。類は類を呼ぶ集団組織に形態
となり、一人を個別に抽出した戦略的に人財育成する方法となり、その属する集団組織
の組織総人格能力の環境規制の中に入ります。その集団組織から、個人単位のとき
よい別の集団の中で、矯正できる確率が高い方法の一つです。
規制とは「剛方式」で、本人の煩悩ポテンシャルは累積増加し、発散か爆発かで、
ゼロに戻る現象があり、定期的のポテンシャルの増加に応じて再発確率は高い。

・本音が周囲のマイナス行動にならないように、マイナスポテンシャルが、本音のベクトルをマイナス因子の
拡散行動つまり、建前の世界で、マイナス要因ポテンシャルをゼロ化する方法を採らせる自己制御の方法
を体得させる。
・常にマイナスポテンシャルを見える化させ、爆発前に分散化させる集団的先行管理が必要になります。
その方式不適応の20%は別管理別方式を採り、本人最適の方法探しが必要です。
・見える化に対応して煩悩爆発型でなく煩悩発散型行動に自力できる本音人格基盤を構築する。

・本人が本音で行動が何かおかしいと気づかなければ、建前で気づいたふりをしても行動は変わりません。
・周囲環境影響度の高い人も含め成長段階に対応して誰でも「見える化」の世界標準化がよい行動を
とるための「気づく人の量」を加速度的に増やす確率が高い。

・あなたの周囲から「気づく人の量」を増やし始め、ある程度日本の量が増えると、成功事例を、世界へ
情報発信し、世界標準化のフレームづくり骨格づくりに役立つ行動を推奨します。



◎日本は国土が狭く、人口が少ないからできる世界の先導役にふさわしい国の
一つはであることに気づき人の数の増大を待望しています。

マイナスは最大の強み、極少単民族の数は、同一言語は、人組み、人質を想定以上の短期で高い価値
判断以上の成長できます。また高齢化、45歳以上の「大人型子ども」は10年内で、死と日本を動かす
力は急速に減少します。一定レベルの知識があり、知識から理解できる人密度の高さは、千載一隅の
中期・短期で変わることができるチャンスの時代に入ったことに気づく必要があります。
急ぐべきことはこの10年、現在第一線の未来に継承すべき優れた人財群が、現役を離れる前に行動を
プラスにする知識知恵智慧を体系的蓄積を待望します。

高齢者の場合、人は現役、実戦をやめると、職人技でさえ1年で最大総能力の30%以上、知識型の人は
60%以上減衰する傾向があります。ゼロからの構築には膨大な時間と行動時間がなければできません。
若い世代の、現実否定思考は日本の累積した歴史の知恵智慧をムダにするだけです。現状肯定し、よく
見(観)える「わるいとこは無視」し、よいとこだけ選択し、現有する日本の最先端能力を上手に累積蓄積
することを推奨します。「わるいことはすぐ経験できます。失敗はそのときの総能力が問題解決量以下で
不足していたでけです。行動しないで、失敗現象を学ぶと、条件の異なる類似失敗を解決できる突破口は
見つかり難く、同じ失敗を繰り返す確率は高くなります。総能力量が増えて、ある段階になると簡単に
できてしまうことに気づけます。自分の失敗量体験が、行動の下限を抑える「してはいけないことはしない」
ための必要なその時の行動であったことに気づくときがあります。


地域密着CATVの「個人が対象」である機能を 地域少集団規模で活かすと、「世界観
で自分の行動をもうちょっと変えるための環境球体対応型人格を形成できる」ための
複合要素(因子)を整合させながら成長させる確率が高いことに、気づく人の数の
加速度的増加を待望しています。地域共有観人材が少しづつ増加の時代に入りました。
あらゆる日本の機能の中で、複合的な高機能がすでにあります。
多くの類似したものは、その一部分の影響機能のものが多い。
そのすでにある機能も全て、活かして、人組み、しくみ、システム、産学官連携等、
地域の地産地消の実体化した「人ものかね」特にしくみシステムへの投資と善循環
血液の役割をする正常な金融のしくみができる確率は高い。


  「地域密着型CATVの地域との融合現状」を活かし行動を起す。



最初は世界観視点ではじめることを推奨します。次に地球観、宇宙観と視点を変える。
人格の進化の方向は無限です。

それ以下の視点は、一流リーダーの人格成長レベルで組織のベクトルが左右される
確率が高く、子孫繁栄の制御人財数の増殖時間生産性の確率が高くない場合がある
ためです。


人は プラス領域・マイナス領域の行動を、そのときの成長段階の人格で採ることが
できます。世界観視点の机上刷り込み人格の場合、超人罪型マイナス領域の行動を
する場合がありますが、行動型刷り込み人格は、無意識状態でもマイナス領域行動
はしません。(損得とは別次元です)

人はそのとき、本人(人罪)は最適で正当な行動をしていると思い込み、周囲の視点
から見る(観る、診る)と何か変な場合も気づけない人が約70%以上の確率です。
本人が自分で気づきマイナス領域からプラス領域へ自力で変わることが出来る
確率は約20%以下です。

   「自分が変わる原理」 を応用し、さらに優れた方法を探そう。


他力、集団の個別の支援と環境を整備すると約60%以上になる確率です。

欲動がマイナス領域の真因の場合は反射行動てあり瞬間行動のためプラス領域へ
は、現在の最先端手法段階でさえわかりません。

・「一流人罪」は、気づきながらマイナスが診えない回避行動をしている確率が高い。
・「超一流」人罪だけは、時代の潮流を智り「超人財」に変わることが出来る総能力を保有して確率が高い。


紀元前から素晴らしい行動事例の人財を輩出した地域でさえ、人は、生まれ、ゼロから
行動をはじめ、人の行動実績は、生命が終った時点でゼロ行動となる現象に気づく
ことが必要条件で、「わからないことはわからない」は万人共通の基本原理。すべて
後天的に環境の中で付加されて「わかってきた」だけです。

人の行動として「してはいけないことは してはいけない」の基本原理がありますが
本人は正しい行動として捉え、マイナス領域で行動していても「気づくことが出来ません」周囲のアドバイス、間違い信号があつてはじめて何か変な行動をしていたことに
「気づく」という「本人気づかない現象」があり、ゼロから成長する人が持つ特性です。

完璧な行動の人がゼロであるため「人は信じてもよいが、人の行動は信じるな」
という原理により、より高い行動レベルに集団で軌道補正修正が必要です。
集団での相互整合補完・補正(よいとこによる人組)機能を活かす。
人の行動原理である「わからないことはわからない」「気づくかないとできない」
ため、自分の人格を変えるベクトル方向を決める要素(因子)が「気づく」ことにより
行動トリガーが起動し行動が始まります。行動は一人から始まります。

人の次代への伝承方法は、「世界観の視点からプラス行動の体系化した多くの知識
知恵、智慧」として継承されるだけです。
その子孫の行動は、先人の超知識が行動できるかどうかとは別次元の内容であり、
知行一致の総量だけで、プラス領域の行動量がふさわしいかとうか分かるだけです。

人の集団である組織も、人が行動しなければ、静止したものであるため組織の動きも
同様に推進する世代が変わると、しくみかシステム化による歯止めが未成熟な中小
企業、生業家業の場合60%以上が「先祖帰り」傾向があり、40年以上前からの動機
づけ団体に今も属し、40年前と同等企業レベルのままか、環境悪化で退化したり、
既にゼロの企業さえある現象があります。


◎人の「人格」の成長は、成長の節目ごとに時間をかけて植物と同じように、細胞神経
回路が成長する時間が必要であり、知識のように瞬時にわかっても、そのレベルでの
行動は自分ではすぐできません。反復体得が必要です。
「わかっていても行動できない」現象があります。「知行一致」を目指し、成長段階ごと
に、目的達成のための当面の目標を明確化して 段階的進化をキチンとプロセスコン
ロールする方が達成の早道の一つです。

◎世界観で、自分が何を志すか、「超高い遠い山を望み、近くは生卵を抱くがごとく」
行動目的を明確化し、人生の最終着地イメージ・グランドデザインを創る。
節目ごとのラフな目標を立る。必ず今の130%以上の過負荷設定が「成功への道」の
一つです。気づくた時に目標と手段をカイゼンすると、より目的に近づく時間を短縮
できます。

人の寿命である死の時期まで目的のイメージに向かって、今に徹して全力投球し、
いつももつとよい方法はないか、プラスαを付加するためのより優れた知識探しを
する。実証臨床し、人格の中に組み込むような動機づけを推奨します。


・当面の目標を必達するために「心・心構え」がプラス領域であることを周囲が評価
して本人が納得確信した上、で人格の中に刷り込ませる。

・「心・心構え」が変わると「態度」が変わったように周囲に感じられるようになります。
 そのときの「心」は、その時の本人の「思い込み」「割り切り」により「態度の内容質」が決まります。
 態度が無限にある行動方法の1つを選択し、行動のトリガーとして、行動が始まります。

・「態度」が変わるとその人の「行動」がプラス領域の高い方向へ変化してきた傾向が
結果・成果として見えてきます。

・「行動」が変わると日常の「習慣」がプラス領域へ変化してきたことが観えてきます。
「習慣」が持続的に自然になってくる時期がきます。

・「習慣」が定着してくると、その人の「人格」が変わってきます。この段階になると
本音と建前が一致する数が増えてきます。55%以上定着すると、成長段階の前段階への復元、
「昔帰り」の確率は低くなります。周囲の人、組織がプラスに機能発揮を始める段階になります。



高い志を持つ人ほど「人生」のプラス領域が球面的に拡大成長し、想定出来なかった
「人生」が拓けてくる確率は高い。

「人生」が変わると、その人の生涯の「運命」が変わったように見えてくる確率は高い。
全て自分が自力で選択した結果です。




●決めた目標へ向かうベクトルの仰角が高いものを持続的に探し、探し当てた
プラスαの方法で刷り換えると、さらに実現行動の確率を高くなり続けます。

  「人材と人財とは同一情報の中味が違う」


●組織行動が変わるためには共有する志、理念、正しい「心・心構・行動指針」を
世界観の視点で自分流に補正し、今より高い次元の人格形成を目指す。

世界観の視点から観ると今の内容は何かおかしい場合がある確率が高いためです。

組織の本流の上限人財を目標とすることと同等行動です。将来、現在の内容が必ず
修正カイゼンされる時がきます。あなたしか行動しなくても、時間、人の数の成長に
より気づく人の数が増えるのを待つことが重要です。剛行動は、反作用も剛行動に
なる確率が高く、よいわるいの次元とは別の双方「正しい行動」と「思い込み」のため
誰か融合させる超人財が出現するまで優位の反転を繰り返す確率は高い。
時を待つ柔行動方式なら、長い歴史で繰り返された行動とは異なる結果が出現する
確率は高い。

・自分が変わり、一人からプラス領域人材を増やす。
・鼠算でよい(正しい)グループが、共鳴・共振・共働をはじめ、よい伝播をはじめる。
・周囲、集団、組織、大組織、超大組織、世界の集団の構成比率が、プラス領域の数
総能力量が55%を超えはじめると、加速度的に、プラス領域が「ランチェスターの法則」
どおりぶ優位となり増加を始めます。

人のよい人格数が優位になると「ランチェスターの法則」が本流になり増幅確率が高くなりました。
21世紀は、誰でも平等にマイナス領域を隠しても見える化、観える化、診える化のしくみ
システムが急速に進化してきました。プラス・マイナス領域の人の行動を増幅機能があります。
プラス領域の人材数を55%以上になると、20世紀代の駆け引き手法の優位度は、総知識が
共有化され高いレベルになり、人格の成長が正常な人の数が多い場合時は、新しいよい手法
が優位になる確率は高い。もしマイナス領域の人の数が55%以上の場合、知識がプラスに機能
するかどうか分かりません。


●潜在脳から湧く、定着した人格とは異なるマイナス7領域の行動をさせようとする
湧き上がる煩悩「情動欲動本能感情等」をゼロ化し平常心を保つ自分流制御方法
を身に着つける。建前の世界で、本音を自然体でコントロールできる行動を習慣化し、
人格の一部に組み込む。ことができるとき、知識がプラスに機能する確率は高い。


 



○世界観の視点から人としてプラス領域の行動を多くする自己制御機能を高める
プロセス。


世界観で、自分が何を志すか、「超高い遠い山を望み、近くは生卵を抱くがごとく」
行動目的を明確化する。


◇目的 「高い志」

◇方法 
目的達成のための各プロセスごとに時間の節目の目標を立ててふさわしい方法しくみシステムを選ぶ、
気づいた時、さらにより最先端へ刷り換える続ける。 ベクトルの仰角角度を大きくし続ける。

 心・心構え ⇒ 態度 ⇒ 行動 ⇒ 習慣  ⇒ 人格    

 人格で周囲組織を変える ⇒ 人生 ⇒ 運命

 (注意) ⇒下位概念の内容変化を示す。

◇日常行動
「訓練は実戦(実践)のように 実戦(実践)は訓練のように」
「実体行動だけが煩悩を発散させ、人の平常心を保持できる方法」
「平時知識脳は、煩悩を抑制はできるが、累積欲望は、ある量になると瞬間爆発し、マイナス領域行動を
誘発し、累積欲望の人の集団組織の場合、何か変だと気づくまで知識での制御はできない。」
「能力とは身についたものを言い、実戦(実践)できないものは能力とはいえない。」

「できる、できるようにふさわしい行動をする。克つから強くなり、よい勝ちクセ人格基盤が形成できる」
「自然体平常心で、柔行動で、壁を超える必要な総能力を増やし、溢れるように自然な行動で超える。」

「柔行動」は自分が変わると、周囲の人が「プラスの支援する量を増やす」人の数が増える。その行動量が
増えると周囲の環境が変わりはじめることに気づくことができます。よい領域へ全体が変わることに、
気づく人が60%以上になる確率は高い」推奨法の一つ。

「剛行動」の場合 作用反作用の法則があり、総行動ベクトルは、作用量と反作用量の差の行動となり、
そのときの優位な側の行動が優先され、優位さが反転すると逆方向になる確率は高い。
よい領域へ全体が変わることと別次元です。ある期間が立つと、セロ行動つまり「昔帰りになる場合がある。
そのことを留意しておくことが必要です。

「多様な煩悩を 発散する、煩悩ポテンシャルゼロ化するクセ(本音人格)をつけ、平常心行動を体得する」
集団組織の煩悩のポテンシャルは、量に応じて集団型のポテンシャル発散を短期で内容に対応して瞬間
発散のしくみを準備し、発散行動をする。」

◎よい集団行動で、相対比較しながら個人の人格の正常化度合を高める。同時に煩悩発散の
方向と方法を体得する。


 「地域密着型CATVの個人対象の複合機能をよい人格基盤形成に活かす」のが突破口の一つ。



□世界観で「心」の行動理念
を創る。



 よい「心」(○)の方向は

 わるい「心」(×)の行動は




















































































































































 


世界観で「心」の具体的レベルの行動基準を明確にする。
「生まれたときの姿が、人類の中で行動する機能で与えれた運命
と思い込み割り切る」「他の人と比較しても解決できないことである
ことに気づく。」「運命は選択しながら無限に成長できる機会を与えれ
られた自分に感謝する」
「しあわせは 心で決めるもの 今最善を求道・実践しよう!」

・心が変わるトリガーは世界観の視点でふさわしい「思い込む」
「割り切る」行動による煩悩抑圧のポテンシャル量を、プラス領域
の仰角を大きくする「プラス発想」により、プラスのエネルギーにして
付加し活かす。
「思い込み」行動は、「平時の総行動能力」×「煩悩ポテンシャル行動能力」となり、態度の選び方で増幅され、想定以上の行動量を生む。 湧き上がる「義憤」動きたくなる「衝動」という形で、累積ポテンシャルは、一気に本音本能人格が外部に向かい行動のトリガーが起動をはじめます。

・聞く(聴く)、見る(観る)姿勢とは
・現実の集団では「想う様にはなりにくい」のが普通であり、
全体最適のための、「がまん・忍耐」「人に譲る」「人の協力支援」等
の行動体験と、「がまん、忍耐」のストレスをゼロ解消の気持ちの
切り替え方」とは
「わからないことを知りたい」「行動が何か変だと気づく」等
「欲動」の増幅を抑える」ためには
・いつも明るい性格とは  
・うづうづし行動したくなるとは
・非健康なときでも平常心をいつも持てるためには
・健康はプラス思考領域を維持す要素の一つ。
天が与えた今の自分の健康状態(相対比較でなく絶対比較)で
健康を維持するためには(いま健常者と違っていても人の持つ代替
潜在能力を信じて、他の人にないプラス要素に「思い込み」「割り切る」マイナスかする心に打ち克つ。
・共に豊になるとは
・「してはいけないことはしてはいけない」
・全体最適にとり「しなければならないことはする」
・「もつとよいやりかたに気づいたらプラスαを付加しカイゼンする」
・集団で育てられる感謝報恩の気持ちが出はじめると、集団をさらに
よくしたい気持ちが生ずるようになる
・周囲は「よいとこ(長所)探しをする」「わるいとこ(短所)」行動の
障壁が最小限になるように行動する。」

「アドバイス、指摘等を素直に聞き入れ、納得して行動を変える心」
とは
・情動、欲動、本能を制御し平常心行動が採れるには
・性欲動、最善の子孫を現在より増やすためには
・10歳までの自我欲求を制御する何かが変な日本とは

●価値基準は世界観レベルとし、従来の内容にプラスαが必要
日本人の場合、同じ人が戦前、戦後、人格が変わったように
見えましたが、組織集団から規制のない期間の長い人格が、10歳までの子ども以下の行動にレベルまで先祖帰り人数が増加現象があり誰でも日常見える化してきてきた。戦後幼少期過保護世代の何か
変な行動が世界で増加現象がありますが、なぜか

●「思い込み」「割り切り」の方法
「すべてマイナス言葉」は、自分にプラスであると「思い込む」ために
「すべてプラス言葉」に置き換える訓練をし、実践行動時、煩悩が
マイナス発想行動になろうとする歯止めを懸ける。
相対比較は、上のレベルの人だけ、下の人とは比較しない。
自分以下の成長レベルの人の行動に妥協すると、「忍耐、我慢等」
無理した行動は挫折したとき、巨大な煩悩の爆発として、身体が
破壊されるか、不適切な行動をそのときだけしてしまう確率は高い。
「割が合わない」「不平不満になる」「できないことを他人責任にしたい」等「自分の思うとおりにならないこと」は、何かの理由づけ、理屈
で割り切る工夫が突破口です。

・「進学、就職、業務が思い通りにならなかったとき」
自分の今の総能力が不足しているためで、今選ぶ道が、未来に
自分を伸ばすために必要な節目として与えられた機会と捉え、
そのとき決まった道が自分に最適な道と「思い込む」。人と比較しない「割り切り」をし、過去を見ず前進することに専念する。不思議に想定していなかった道が拓けてくることに気づきます。周囲からプラス支援が出てくる確率は高い。

・「東京より地方の赤字拠点への転勤指示」 4年
蓄積したノウハウを活かし、今までのキャリア蓄積期間の1/2以下の
期間で、3倍速で行動し、赤字拠点の問題の真因を掴み、黒字業績
基盤づくりに必要な実証臨床できるチャンスが巡ってきたと捉え、
「ハイ」で割り切り何も言わず(不平不満を言っても企業にはムダ、
煩悩ポテンシャルが増加するだけ、転勤すると未知のエリアで、
その土地のよさだけに着目し、日常生活を「割り切る」と、新しい土地
な新しい経験したことのないよいとこ探しをする。生活リズムをプラス
に変えると、業務行動が時間生産性を上げる工夫生まれ、赤字拠点の人は、負けるから弱くなり、行動が赤字になるように行動しているだけで、勝つ体験を累積させると、同じ人の日常行動が変わり、黒字行動に変わりはじめます。推進リーダー人材を、自分がいなくても、
正しい方向に判断し行動し、行動させるようにして、見守り任せる。
過去の1/3期間で黒字拠点体質になり、その後継承した中核人材は、複数拠点長、取締役として活躍したり、しています。

・東京に帰らず、さらに地方に転勤指示」 1年半で東京へ戻る
4年の赤字拠点を黒字化したプロセスをさらに時間生産性が高い
倍速以上のプロセスにカイゼンするチャンスと「思い込み」、「はい」
で転勤、拠点の人の負けグセを勝ちクセに180度発想転換させる
方法として、業務の価値判断を変えるために早朝勉強会(就業
2時間前)した。拠点長幹部は義務意識で参加強制し、他の社員
は希望者自由参加方式として、社員の行動のキー人材は、個別で
参加の得をはなし、例外なく率先垂範し、参加者重点に業務支援を
して、拠点長に協力してもらい、小さな成功も「ほめる」作戦をした。
勝つ喜びを感じ始めた時点から、黒字化プロセスを分散展開はじめ
1年半で、変わりました。その後継承した中核人材は、複数取締役、
拠点長として活躍したり、しています。

そのとき学んだプラス発想の言葉は、強烈な「割り切り」をその後
させてくれるトリガーになりました。

北海道稚内の稚内信用金庫の勉強会メンバーの地域青年会議所
は「稚内」から本州九州への業務展開を「日本のてっぺん(天辺)から」が合言葉で、地域の仲間の皆様が、東京東北等のような顧客
豊富な「バカチョン市場」に安住し、1円を稼ぐ工夫を体験しました。
広域人に密集率の低いところでの新規開拓の自力本願方式の
プロセスを学び、東京市場では、営業行動人数に応じた区単位での進行深耕の方法をさらに時間生産性が上がる方法へカイゼンしました。

  「首都圏創市場実現の智慧」
    東京・神奈川・埼玉・千葉の情報」


・社長上司から無理難題は「はい」で受け、今までのやり方を変えるチャンスの機会と捉える心の「割り切り」

社長上司が出来ることは、既に行動して、実績をしているはず、
まだ自分では実現できないこと、出来ないことであると「思い込み」
出来るようにするには、どんなやり方をしようとしたかアドバイスの
形で聞き出す。机上の案が多く出てきます。現実に行動して見ると逆の価値判断の場合があり、できなかった真因が見えてきます。すでに何人もキャリア人材に命令し挫折しやらせ、退職者さえ出たテーマ事例が多いですが、実現したいため、過去の当事者の悪口、不平が次々と失敗事例の具体内内容として短時間で現状認識できます。特に社長取締役は自分が行動時間がないために実現できないと出来ない理由にしている場合は、行動したいこんなやり方ならできるはずという、アドバイスを短時間で聞き出すことができる。その行動を実際やってみて、中間報告をし、できればそれで終わり。出来ない場合はアドバイスや行動支援をしてもらい自分の総能力量を補完してもらい、プラスαを付加した、周囲をプラスに活かして実現させる。

そのテーマの必要度、業績貢献度の高さにより使命感まで「思い込む」、顧客の3倍増、年間業績200%以上にする具体的なイメージが、で「きるようにするにすると」と現状認識、戦略、戦術、戦闘、周囲の行動協力は、日常行動の中に組み込む。顧客が、その製品を高単価でも欲しくなる動機付けを、購入金額の高い企業からし、本物が分かる、要望クレームの頻度の高い人から行動する。自分は、テーマ解決という化学反応の触媒(カタライザー)として、周囲への役割をし、自力で、損益分岐点確保をする実戦行動をする「割り切り」
他の人の協力ゼロでも、黒字化できるようにする。人の協力は儲けものと「割り切ると」人への煩悩による不満不平のポテンシャルはゼロ化できます。社長上司は、自分も実現したいので、周囲には、強制的支援をし、受注力のあるメンバーは、義務的ではありますが、必ずプラス受注貢献になります。実績の出せないグループは、次回は必ず受注できる先行行動がはじまり、自由参加型早朝受注勉強会(社長上司が主催するようにしかける)に参加した人を個別に、見込み度
の高い顧客を分担させ、次回の受注確率は高くする。自分はさら新規の開拓に専念し、見込み客の受注が計画どおりにできない場合は
、直接フォローし、受注し、その実績は、その分担した人の実績にし
自分は「おれがの煩悩のポテンシャルを支援して受注できたその人の成功感をともに喜ぶ割り切り」をする。この件の業績貢献評価はゼロですが、複数の割りの合わない内容も全体の業績貢献度が高くなることの満足度は高くなる。正し、社員の評価は社長上司の成功事例となります。自分は、できたプロセスに満足感であると割り切り、煩悩のポテンシャルをゼロ化するほうがよい。

 

□「心」を正しく制御するための「態度」のモデルを創る。

 よい「態度」(○)
 わるい「態度」(×)


































































































 

地球観にふさわしい「態度」の具体的レベルの行動基準を明確にする。左脳型の理屈優位の倫理、道徳は、知り理解できても(建前の世界)、本人集団が良い方法を採り行動するか(本音)は本人、集団次第見える化した基準があると、誰でも実行しているかどうか、いつでもどこでも分かります。「思い込み」による正当化を見える化方式で多数の集団で規制し矯正できるしくみの一つ。

心が「思い込み」「割り切る」とどんな態度が最適化、その行動は、
どのようにすれば最適化、具体的イメージが浮かびはじめます。
「都度蓄積される煩悩ポテンシャルを発散する態度の最適選択が
できるようになります。

年齢が20歳までを重点対象とする。
建前の世界が優位な集団の価値基準で無限なため、その集団の
価値判断が何か変だ、自分の役割は何をすべきか制御人材の機能を発揮できるようにし、その集団の本流の中で行動できるようにする。どんな価値判断の集団の中でも正しく平常心で行動できる強い力を発揮できるようにする。影響できる周囲から少しづつ変え、その人数を本流にする時間を待つ忍耐力が必要です。

よい態度の事例に接するたる回数以上になると、わるい第度が気になるときがきます。よう態度をしないと「しないこと」が煩悩のマイナス
増加を抑える歯止めとなり、ある回数を継続すると人がわるい態度をすると気になる段階になり、自分がよい態度をする頻度が増加し、
よい行動の方を選ぶ頻度が増え、習慣化すると本音人格がプラス領域へ変わってきます。


◎日常の仲間選で、悪い仲間を避けたくなるクセ態度選びのしくみ
が重要な要素の一つです。

人のゼロからの出発は、民族に共通し、言語を超えた「見ける化」が
最適方法の一つです。できるだけ、説明不用のプロセス型と連続型
の2方法と、本人の現状比較ができるシステムと併用する方が成功
確率の高い方法の一つ

年齢成長段階に対応して構築する。
1歳まで(両親・家族) 3歳まで(両親・家族 幼稚園・保育所等)
7歳(両親、・家族 その他
10歳までは個人別成長度合を世界で比較できる数値的管理が
できるようにして個別で成長をプロセスコントロールできるようにする

10歳を超えると理屈方が優位となりますが20歳までは、個人その集団の応じた大きい軌道修正が出来るようにする。(全体の30%が定着の修正対象3・4・3の原理のためまだ不十分な人がいるため)

20歳以上の建前で「態度」を変えたよう見せても、ある期間必ず悪い態度はでます。もしそのとき正しい態度の修正しなければ、周囲に
見えない他の集団では、さらに悪い態度が増幅して発揮されます。
本音の「態度」をかえる方法は

自ら強烈な成長へ向かう、脱皮のトリガーは
理屈では通用しない環境の中で別次元に行動基準を変える

「四面楚歌の中を突破(99対1無理難題も総能力でやりきる」   
・「火中に栗を拾う(慢性赤字拠点を黒字化)」
・「虎穴の中に入る」       
「千尋の谷から這い登る(左遷)」   
 「孟母三遷(転勤・転職)」    
 
「周囲の人知識智慧実戦力を味方にする」自分より優れた人財を
真似た行動をし、自らの態度を刷り変える。

 「心」が何か変だと気づく、世界観視点レベルの集団の中で、よい「態度」しつけ、倫理、モラロジー等の態度パターンの寮型長期間体得訓練により「心」の成長未熟要素を修正しするためによい「行動」「態度」を一体化して、「習慣化」段階まで矯正的にし、人格まで変わったように見える定着手法は10歳〜20歳までが最適方法の一つ。
ただし、自由放任型は寮型の場合、類は類で集まり、「心」の部分で
プラスマイナス領域は無限格差。このときマイナス領域に入ると、プラス領域化は可能かどうかわからない。

●本音人格とは別j次元である、平時人格の形成は、時代の世界の最先端の知識を最高目的として、常にそのときの最高目標を目指し、当面その時の日本で最先端知識を目標に平時人格の知識レベルを向上(無限)させることを推奨します。

誰でも見た現象事例で紹介
昨年の日本の国家予算の決め方、事業仕分は、1970年以前財務系コンピュータが小型普及がない時代までの中小企業の本流である「声の大きさ、パフォーマンスと駆け引きで決まる」計画予算とは乖離し、調整できなりために予算オーバーが常識でした。「鶴に一声」で決まるアナログ型で、毎年決め方を、最終決断者のレベルにより決まり、人が変わると現状維持以下の何か変な退化した現状が起こる(計画予算と超乖離現象)場合があり、人に依存し、しくみシステムのカイゼン進化出来難い、別次元行動となっていました。
子どもでもわかるコピー台のムダを指摘し、仕分する人が優位の人演出が当時の経営層の演出、実際のその拠点のムダ金額、電灯光熱費等が何兆円でない微々たるウエイトですが多くの社員を納得させる手法でした。昔帰りを映像で見て、何か変と感じますか、すばらしい人と感じますか

業績トップクラスの上場企業の今の最新のやり方と相対比較してどのレベルか相対比較すると、国のすばらしい人質の制御人財は、平時人格の形成に必要な知識量をもつちょっと最新へ近づける「自分が
かわる」時期がきているかもしてません。
「平時人格」が変わると「事業仕分の態度」が変わり、「事業仕分の行動が変わり」はじめます。年々精度を高くするためには「何をしなければならないか」、関係部署に「何を習慣化」しなけてばならないか具体的な最善方法が浮かび始めることに気づく時がきます。

現在のあなたの会社の予算計画と何兆円レベルの乖離をしますか、国は乖離した金額新規国債を発行すればよいですが、財政破綻寸前に歯止めを掛けるために発行しないと決めた場合 「赤字会社」なら戦略的に未来事業展開に合わせて、先行投資も含め、長期、中期、短期の価値要素ウエイト基準で、黒字時代と異なる総予算計画を採りませんか そのランク別調整をしませんか、社長、取締役、拠点長の最終微調整段階で、前年業績順位の方か、人の声の大きさ、パフォーマンスよりどちらが優先しますか、前年の精度に合わせ、事業仕分の要素を見直し新年度に活かし、年々、時代の流れと、総予算内容を戦略的に進化させていませんか

 


□「態度」は「行動」の内容選択基準になります。



 よい「行動」(○)を見える化した
 モデルを創る

 わるい「行動」(×)を見える化した
 モデルを創る

































































































































































 

 


よい「態度」に基づく良い行動(○)とは

●よい人のよいやり方をまね行動する。
昨日より今日。今日よりは明日とさらによい行動に修正できる
悪さ加減を見える化するしくみ。よさのレベルを最高位から多様な
形で訓練をして、体得させる。
・周囲が支援したくなる、協力したくなるとは
・集団の55%以上の本流の中での「行動」にふさわしい「態度」とは

「訓練は実戦(実践)のように」 「実戦(実践)は訓練のように」

 「できる、できるようにする」

●わるい「態度」に基づく悪い行動(×)とは
0歳〜2歳 
親・家族の「愛情の量」を感じる。不満行動のよさ・わるさ
と10歳以降の知識優位時代の本音人格、煩悩発散方法の正常性格差となり、性欲動が優位な時代の行動と相関確率は高い。
2歳児まで触覚
親家族のわるい行動への矯正度合できまります。火に興味を持つ時代、怪我での危険お気づき。ものの破壊、火で煩悩発散する「大人型子ども」の本音人格の強い刷り込みになる確率は高い。
3歳〜4歳児は本能煩悩が感じるたねに「悪い行動」に敏感ですぐ真似る傾向があります。煩悩と逆行動である確率が高い自己規制力を体得させるために特によさ、正しさ、本物を体験させる節目のときです。このとき、「わるいことはしてはいけない」本音人格への刷り換え
矯正が徹底度により、「大人型子ども」の数と相関関係があります。
特に視覚(映像、見える現象、親家族の形態模写)、聴覚(聴く感性)嗅覚(かぐ)味覚(食生活)による「好き嫌い」の知識とは異なる次元がことなる、知識で制御できない、潜在脳の中に強力に刷り込まれる確率は高い。

悪貨は良貨を駆逐するマイナス領域へ引きこむ類は類を呼ぶ力は
強い、友周囲に誰を選ぶかで決まる確率が高く、勉強仲間、遊び仲間、傷のなめあい仲間、悪い仲間等の中で、プラス領域の仲間を選ぶ行動を採るクセをつけさせる。よいとこ探しができる能力が10歳までに急速に退化をはじめる確率が高い。「大人型子ども」の典型的行動の一つ陰で言う、人と比較し、人の成長が喜べず、成長の芽を摘む、邪魔をする煩悩優位の陰での行動が出る確率は高い。


◎教導者(先生・先人)は「心」をかえる触媒(カタライザー)の役割。
人質のレベルの現状を球形で分析し、未成熟、欠落要素は、一定レベル以上妥協しない。強い意志力と、取り巻く集団の中の過保護型教導者は除き、例外を創らない。知識教育は中間レベルに合わせ
上位は個別に育てるが原理。しかし行動はよいグループ側にし、
中間以上で育てるのが原理。わるい行動の20%は個別管理をするのが原理。特にもつとも悪い10%は、家庭環境の補完を教導者が
し、煩悩発生のトリガーをゼロ化する矯正が必要です。

最善の方法は、生徒にアンケート人気投票をさせ教導者の信念行動修正する妥協はしない。よい生徒グループの人格成長を基準の尺度として、自らもうちょっとよい方法に修正する。(生徒の評価は、低いレベルの価値判断で、迎合すると、迎合度で教導者の人質レベルの向上とは逆になり、生徒の矯正体得量は加速度的に減衰し、逆行動の生徒数が増える確率が高い場合が多い。その教導集団の「心」を変え人格まで定着者数が10%以下に短期間でなる確率は高い。ただし教導のためのテクニックの種類は無限、最先端の納得し持続的行動ができるプロセスごとの、具体的事例手法を常に取り入れ、教導者も生徒の成長以上に成長し、過保護な知識の教え方、マイナス探し、マイナスだけ指摘では、「すぐ出し殻先生」になり、「やつたふり生徒」の比率がすぐ増加する。球面的心の変化をさせる・気づきによる、よいとこ探し、担当集団のよいとこを伸ばし、評価し、よいとこモデルとしてパターン化し一人一人強みを創り、担当集団の球形要素を一つ一つ戦略的計画的に伸ばす。総合的に伸びやすい生徒を先導役としてそれぞれの伸ばす要素の複数モデル(3人以上)を育てる。そのときから先生が通った成長過程を軸する。「指導する」の視点から、現在の生徒の成長段階の応じた自力成長型に180度視点がかわり、先生は大局全体から整合した協力誘導制御型が出来始めます。担当集団の全員が役割集団となり、全員主役、できるから行動する。行動すると集団化評価する、他の生徒はよいとこをまね、自分より劣る内容は、自分のレベルで行動すればよいことに気づきはじめ、生徒も相互によいとはと、わるいとは何かに気づく人格形成がはじまり、「人みな先生」であることに気づくと、全員人格基盤形成がプラス領域に入ってきたことが誰でも見えるようになります。集団以外の場でマイナス行動をしても、何か後ろめたさが残りはじめる兆候が出てきて、本音と建前の使い分けの量を少なくした方が、無理な力を入れないで自然体の方が、平常心で不安不満、心配が少ない方向であることに気づきはじめます。
訓練を実戦のように継続すると、実戦の時の行動もプラス領域の量が増えてきます。知識優位の世界に成長段階が変わっても、自分にとりプラス、マイナスの知識を選択する芽が育っていることに気づく
確率は高く、先生が壁を超えるときの踏み台の役割をすると短時間、短いアドバイス支援で自力で次の成長段階に入ることができる現象に気づく時がきます。同窓会を成長段階の節目ごとに、本人たちの意思で実行しているように演出し、その中に、共通個別の人格形成の補正をおこなうしくみとする。担当集団が、5年ごとに集まり、その所属集団での弱点を補完し、逆に強み支援をし、実績評価される人材軌道になるように協力する力が発揮できるように、生徒の最新企業情報を勉強していると、多くの業界で活躍すべき人の人格基盤の方向が観える段階になります。その段階になると、人格基盤の構築レベルは高くなり定着期間が短縮できるようになり、まだスキル不足の成長途上の先生の養成機能に時間を割くことが出来るようになり、全校的な規模での人格形成の共有化は加速できるようになります。

「訓練は実戦(実践)のように」、「習慣化」し「人格化」する
ための反復訓練により、無意識(潜在脳行動領域)でさえ正しく「行動」してしまう持続と、定期的反復が必要条件です。

意識して行動選択をしているのは、知識優位の行動です。クレペリンテストミス、コンピュターの入力ミス、判断ミス等は意識したときなぜ入力ミスをしたのか、逆判断さえした自分に定点チェックしたとき気づくことがあります。訓練量が少ないほどこの現象が多いことと相関が
あります。ふと逆行動をした自分「行動」が連続型指示の機械ロボットと動物のメカニズムの違いに気づくと同時に、プラス発想すると、想定以上のプラス領域の未知の行動ができる可能性が人にある確率は高い。

「火事場のバカ力」のごとく、「実戦(実践)は訓練のよう」
自然に身体が動き行動できてしまう不思議な現象に気づく時が
きます。知識・行動体得総量と相関があり、訓練行動がなければゼロ、バカ力の発揮はありません。

●健全なる身体に健全なる精神が宿る
よい本音人格、よい態度を体得していても、行動は、身体の機能を活かして移動することしか出来ません。身体の健全度合が、よい行動ができる量と相関があります。
自分の身体のベストコンディションと、よい行動ができる下限の健康を常にわかる健康のデータ管理と医師の個人アドバイスがもらえる
しくみを創ることを推奨します。低学年の校医の価値は重要です。

・身体が疲れ、疲労が蓄積しているとき、体調不良、病のときの行動は健康時の強気から弱気へ変わり、行動プロセスに応じて最適戦術戦闘法で探し当たらず迷う、打つた手は悪手の一つだったことさえある場合があります。
周囲を巻き込むときの、人が意図とは異なる行動をすると、気になりイライラ、行動プロセスに応じて最適戦術戦闘法が、探し当たらず迷い、決断(行動の一つ)の切れがわるくなる。できないことに対して人に感情的な怒りが込み上がってきます。あまりよい結果が出ないと「自己責任と割りきつた行動でさえ」、できない原因を人に向ける気持ちが湧き上がり、外に行動しようとする自分を制御することに苦労する現象があります。煩悩・潜在脳が、よい行動と異なる行動を制御する機能がある現象の一つです。本音人格が未熟な人は体調衰弱時
精神も衰弱し、何でもありの恐竜脳で行動する人さえ出現するパワーを持つています。

その日の体調、バイオリズムに応じた最適行動を選ぶ対応訓練が必要です。自分の行動と、周囲を行動させる決断指示は、影響度・成果量に応じて、行動のやり方をふさわしいものにする訓練。体調不良でも行動をしなければならない場合は、周囲の人のアドバイスを活かして正しさの補完行動をする。決断行動とは別な事務、データ分析、書類整理等を重点に周囲に影響の少ない行動方法に変えるのも決裁量の重要度が高い人ほど自己制御しなけてばならない行動です。
決裁量の重要度が高い人は、常にベストコンディションを維持できる健全なる身体を創る訓練が必要十分条件であり、家庭の食生活、家族の健全化が重要になります。子どものいない、独身や家族が不健全な場合は思考の欠落部分「気づけない部分」を補完するブレーンが必要です。その補完機能のない独断先行型労務担当取締役は、「人にしてはいけないことを平気で決断行動ができる」確率が高い。日常の企業外の健全環境と変な行動と相関ある確率は高い。

・家族、日常の周囲集団がその人の身体の健全化基盤を創ります。
健常者と異なる場合も、今の自分でプラス領域最適行動ができる領域を知り、周囲が行動の補完したくなるよにして、集団実現行動方式を採れば、健常者では出来ないオンリーワンの人生が拓けはじめます。健常者を比較せず、「ないもの・機能しないもの」は、「ない弱みを逆に強みに変えると、健常者以上の強み領域へ変わる心が育ってきます。心が変わり始めると、態度が変わり、周囲が補完したくなる行動をしてくれていることに気づくき感謝する時がきます。

●煩悩ポテンシャルが発散できず累積し、ある瞬間に湧き上がる環境周囲への「義憤」、何かかしたくなる「衝動」は、自分にも他人にも見えない潜在脳、恐竜脳の異常ポテンシャルが増大しそのマグマが爆発直前です。行動に移す前に目をつぶり数字を500以上数えて短時間の「間を」採ると、それまでに蓄積した顕在脳知恵と本音人格基盤がある人は、そのポテンシャルをプラス領域へ行動方向を急角度で変えてプラス領域に向かって「柔行動」を始めることに気づくときがあります。本音人格、累積知識総能力が一部未熟な場合は、その時代のプラス領域、マイナス領域のとちらかの領域に向かって「剛行動」をはじめます。自分を中心に敵味方中間のない行動を採る確率は高い。味方から見ると正しい行動が、敵側の視点から観るとその行動は何か変に見えます。
あなたは日常「柔行動」ですか「剛行動」ですか、時代の本流の中で、本流を変える制御人財は日常行動は「柔行動」そのときできる上限以下で行動し、周囲の玉石混交の人の「よいとこ探し」をして「よい」を味方にすると、上限はプラス領域の軌道に誘導する未来軌跡を描きはじめることに気づきます。今できること、影響できる集団組織をすべて味方に活かそうと「思い込み」「割り切り」をすると、想定以上の速さで周囲が変わり始めることに気づくときがきます。あなたならどちらを選択しますか、選択はあなたしか出来ません。

 

□「行動」を「習慣化」しやすい内容基準を創る。

  よい「習慣化」(○)
  わるい「習慣化」(×)


































 

人には、意識しなければ、成長段階の昔帰りする脳の機能があります。
よい行動を80%以上定着させるためには、忘却曲線を意識し同一テーマを色々の角度から球形視点で見える化事例をみせ、よい行動(○)を条件反射(パブロフの法則)できる段階まで、繰り返し反復するしくみを創りをする。
わるい「×」は、最もわるい「××」をみせて、気づきの感度を鋭敏にさせる訓練をする。わるい「×」は、人の欠点探しクセで気づいている人が70%以上あり、蛇足量は少なくてもすぐ理解できる確率は高い。

「習慣化」させ、集団の中の行動がプラス領域を維持する。マイナス領域に気づく、気づき、何か変だ、その方向は悪循環の方向であり「してはいかない」歯止めがかかるように、集団による相互評価、相対比較をして、よいグループを真似させるように誘導演出する。

10歳以上になると潜在脳を抑える制御機能が不十分な発達をした
人は過負荷時「自我」が集団にとりわるい行動をする現象が出てきます。知識、左脳の最大制御以上に右脳、潜在脳の機能発揮量が大きいために意識した本人とは別次元行動をし、なぜ、そんな行動をしたのか、平時、正当化するための自己防衛本能で「正しさ」の詭弁現象が出てきます。集団の中で40%程度「心」を変える確率は高いですが、建前(瞬時行動)だけが変わり、本音で変わる人格基盤
形成が出来難い部分から再びわるい類似行動が出る確率は高い。
本人が壁を超えること以外に外の力とは別次元の領域です。
集団「柔行動」の中で、日常行動で兆候が出る都度矯正する方法が最適で、反復量は、再発防止頻度を増やします。「剛行動」である
規制、強制も20世紀の成功体験であり、21世紀わるい情報氾濫
時代やり方を無限に進化させる「おれおれ詐欺」型行動現象となり
よい人格に変わるかどうかわかりません。

20歳までは、本人の過負荷の限界が周囲にわかる、見える化できる確率が高く、過負荷環境に置かない形で、よい「習慣化」と行動結果の喜び、周囲への報恩感謝をする体験量により、その人が20歳以降
プラス領域確保の確率は高くなります。

20歳以上は知識理屈建前の領域が大きくなり、脳の成長に応じた
よい人格形成は個人別に異なります。人格形成の球面成長の度合を現状数値化して、視点別の修正が必要になります。
集団内の正しさの人数分布は3:4:3の傾向があり、企業組織の
場合は上位55%を優先し、わるい20%は例外対応し、平時環境で
業務行動させると知識理屈マニュアルの範囲でよい行動を採り、
習慣化するよい人格に見えるようになります。ただし、知識理屈の
優位を弱める酒薬等を使用すると右脳潜在脳優位(本音)行動を採る確率は高い。「大人型子ども」現象で本人はなぜそんなことをしたか分かりませんが必然現象の一つです。

能力とは身についたものを言い、実戦(実践)できないものは能力とはいえない。 

能力とは習慣化した今の総行動能力を上限にして、行動の可能性の範囲の中に存在します。

 


□よい「人格」(○)の場合
地球観の視点で行動を優位
に採り、どんなプラス領域の
結果を生むか、未来をモデル化する













 

よい「人格」はよい「人生」を創る基盤であり、よい「人生」は よい「運命」に遭遇する確率が高い。人の総能力にふさわしい姿があり、10歳以降の人生は無限選択できます。一隅を照らし、全体最適、見えない不安、今実現できないことに対する相対比較による不満を押さえ、他人責任転嫁せず、自力本願自分が選ぶ人生に今に徹して実体社会で生き抜くき、昨日よりは今日、今日よりは明日へ総能力高める強い行動人格基盤をつくり、傍を楽に、全体が豊にするために知識の進化を持続する明るい人生を送るパワーの源泉を定着するために、「してはいけないことはしない」「やるべきよいことはする」等 人格基盤の世界標準化を待望しています。

世界標準化により下限の基準があると、それ以下の人格基盤人のさらに下へ向かうベクトルに歯止めができる確率が高い。生まれたゼロから価値観を構築する人はよい方向を真似ることからはじめます。下限があると、下限以下になる人格の歯止めになる確率は高い。

そのよい領域への成長プロセスコントロールは次代の人が短期間で高効率で多数、高いレベルに成長できる機能を備えています。

進化した人の数が世界で55%を超えると、地球を保全する制御人財の数が20%以上になり、地球観視点で観ると何がよく、何が変であるか、見える化時代になった21世紀ならプラス領域の人の数を加速度的に増加できる実現可能な確率の高い時代に入り、現在に感謝しています。

 


□形成「人格」とは別次元の
突発的マイナスポテンシャルをゼロ化する自分流発散法により最善自己制御をする能力を身に着ける。


人のその時の定着した「人格」とは
別次元の本人が気づけない潜在脳
に起因する情動、欲動、性欲動、
本能等の突発的、瞬間的にマイナス
行動をしたくなる変な感情、したくなる
行動のポテンシャルを分散化発散し、平常心を維持できる自分流の方法
を構築する。

















 

●「耐える、我慢する、自己抑制する、その人の体力限界を超える
頑張り等」は、マイナスポテンシャルの累積増大となり、知識による
自己規制、他力による強制規制のポテンシャル抑制バランス以上に増大しストレスがある量を超えると右脳潜在脳が優位行動を発揮し、突発的瞬間的な自己制御できない次元の行動に入り、本人だけの正当な理由づけの基に、何か変な計画を立てマイナス領域の行動をする現象や兆候が出てきます。自己規制力が過度に強い人は身体と精神のアンバランスによる体調の不調化、破壊、死さえ発生する現象があります。自己規制力が未熟な本音人格は、テレビで毎日世界で発生する犯罪・人の生命を絶つ現象となります。

ただい、「耐えることをせず楽な行動、頑張らない行動」は、自分の総能力の100%以下の行動であり、今の自分の成長を鈍化させ、ある年齢を超えると、急速に退化「大人子どもに」昔帰りを早める確率は高い。成長の節目での130%以上の過負荷は、次の段階での成長へかわる軌道変更のトリガー誘発ポテンシャルになります。

●健全な身体を持続的に維持で来るようにする。
心の「思い込み」「割り切り」の最適プロセスを体得する。

自分の身体の異常信号に「気づく」ための徴候を「感じる」精度を
持続的に向上させ、データと連動管理をする、

・健康は全ての人が、自分以外に制御できず、できない自分を他人
環境責任にするクセが慢性化するとマイナスベクトルは、ある年齢から必ずマイナス領域に入り、気づいたときは復元可能期間を過ぎている確率が高い。
健康にマイナス要因の行動はプラス領域の行動で発散をする方法がありますが、刹那的発散で、逆にマイナスポテンシャルは累積されある限界を超えると、身体精神が通常では復元できない状態にマイナス変化をする確率は高い。
・習慣性喫煙(間接喫煙も含む)、一定以上の飲酒、
・ギャンブル等かねが関係する時間浪費産業

◎先人が残した「煩悩」のポテンシャルゼロ方法を知り、やってみて
多くの「煩悩」に対する、自分流のポテンシャル発散法を「人格基盤」
の中に組み込むことが有事での行動自力制御時の必要条件です。
「煩悩」の制御は、自分以外できません。今のあなたが、今の本音人格の姿です。もうちょっと世界観視点から、より高いプラス領域へ移動することを待望しています。

集団が多数「煩悩」を発散できる先人の知恵機会を集団の一員として本気で感謝して主導的に積極行動すると不思議と「煩悩・もやもや」がすっきりすることに気づく時がきます。自分に最適機会を選ぶことも発散方法の一つです。

 


○先人の方法論に学び、現地現場での行動を正しく制御する基準として
活かす。
 

◇不易の「ことわざ」











 

不易の「ことわざ」は いつの時代でも「人のよい行動方向」を採らせる智慧の集約の一つです。

ただし民族による補正が必要で、世界観視点で観るとプラス領域かマイナス領域かを世界観視点で選別する必要がある確率は高い。

ことわざは、知識量の差、年齢体験差がある人でも文字はわかる内容ですが、その年齢成長度合に応じて内容の本質の深さは少し異なります。年齢が違うと同じ人でも解釈が異なる確率が高い。
多くの人の行動を正しい方向へベクトルを誘導する方法の一つです。だれでも行動できるシンプルの内容に集約されています。
シンプル(単純化)はだれでも理解し行動できる方法の一つ。
行動したか行動しないか見える化評価ができやすい内容です。

ことわざの内容の見える化事例を成長段階に応じて標準化すると
時代を超えた不易の内容になり、時代が変われば事例を変えれば
その時代にふさわしい内容に微調整できます。

流行型「ことわざ」はその時代背景では全体のよい行動であったが
21世紀価値判断が変わるとよい基準が変わり、逆でわるい行動方向のものがあります。よいものを選別し、ある価値判断以上になると、わるい事例は半面教師としてよさを協調できる内容になります。

 

◇民話・童話




 

時代の行動方向を反映する内容で、よさ・わるさの行動とは別次元のものが多く、21世紀では「してはいけないことをすることが」あります。その内容を真似ることが人生の成功と「思い込む」とマイナス領域の人を増やす確率が高くなる内容があります。

ある成長段階になれば、よい事例、わるい事例か分かるようになり
ます。その気づきの成長度合で、プラス領域へのベクトル誘導に活かせる場合があります。

10歳以下の子どもに話、読み聞かせるものは、昔のものは、親先生が選別し推薦方式を推奨します。
 

◇不易の「人生論」 「金言」
「名言」








 

その時代環境だから出来た方法で、今の環境に合わせて補正しなければ行動できない内容が多いが、その人格形成のプロセスは、時代にあわせて行動原理にする要素を含んでいます。体験実行量の多い人が、汎用化すると標準化に役立つ。

先人のやり方(戦略)をやってみて、現実の中で、成功確率が高いように戦術戦闘を最新のものに変えてみて、何か変なら、そのやり方を辞める短期間体験の累積は、より現在の中で、成功確率の高い方法を探し見つけるスピードが短縮化できる方法の一つです。
先人のプロセスは、選別眼の精度を高めてくれる一つです。

パターン化すると、多様に見えますが、成長の節目で整理してみると
成長のトリガーはシンプル化集約できることが見えてきます。
コンピュータで分析し整理すると人格基盤の構築要素が見えてくる
確率は高い。周囲を巻き込むとき、自分の事例より、優れた過去の
先人のブランド効果を活かす方が、共鳴共振共働する人の数が増え
確率は高い。
 

◇成功者の伝記





 





 

時代で成功者として評価された人の伝記は、本人以外の第3者が、その後の時代で、結果から逆方向にまとめた整理した結論の出た演繹法の手順の一つです。著者の価値判断レベルにより、同じ人物像は違いがありますが、社員教育の責任者、子どもの親になった人は
社員、子どもが無限に成長してもらう制御人財としての黒子としての役割があります。あなたが目指したい理想の人物像を描き、成功者の伝記を、時系列、成長の節目、周囲の人との出会い、環境等、体系的に整理してみると、自分の今と未来の方法や、社員、子どもへ何を動機付けしなければいけないか、先行した具体策の仮説が浮かぶようになり、仮説が不適切ならかば早く修正すればよい。人の考えを鵜呑みにし、有名人、ブーム、流行に幻惑すると、浮き草型で、朝令暮改、一貫性、徹底とは別次元の、より成功確率が高い方向探しが出来なくなる確率は高い。最初から選択して読まず、不易型歴史上の世界観人物からはじめると、乱読すると、この人は、変だなと気づく段階になります。この人の真似をすると、よい領域とは別次元であることに気づきます。その人のある時代だけが参考になる場合もあります。300冊を超えたころから、どの方向が、汎用性確率が高い事例か感じるときがきます。人のために読むことが、自分の本音人格を修正する機会があり役得にくづくときがきます。
ただし、40歳までに逝去した成功者は、「日経ベンチャー」の成功者の事例のように、時間が経過すると、そのプロセスが短距離走者型手法である場合があり、真似るとマイナス領域へベクトルを向ける事例があることを留意し「反面教師型」の事例の人もいます。
 

◇情動、欲動、本能、性欲動等知識とは別次元要素による行動制御の方法


  
潜在脳行動トリガーである「煩悩」
  の累積ポテンシャルが人・周囲へ
  のマイナス影響行動にならない
  形でポテンシャルをゼロ化させ
  建前の世界で平常心のように
  見える、あらゆる種類の不安妄想
  を自己コントロールする能力は
  有事の人格形成の基本基盤です。

  「煩悩」は類は類を呼び、集団行動
  となる確率が高く、未成熟な
  「大人型子ども」人格が周囲への
  影響度は過去の歴史で甚大で
  あったことが、実証済みです、
  科学の高度進化は地球の滅亡
  さえ、「影響ある一人だけ」により
  可能性が高い時代に入ってき
  ました。


 ◎恐竜脳・「剛行動」が人間の進化
 の中で潜在無意識行動である煩悩
 のポテンシャルの累積すると弱肉強
 食型動物の本来を機能し、左脳によ
 知識のコントロールを超えるときが
 誰も持つ遺伝子的能力です。
 他の動物と違う人間らしさわ、先人の
 智慧として煩悩ポテンシャルを吸収し 減衰させ、平常心で穏やかに集団の
 中で「強存強栄」の自己実現力を持
 つているようです。累積煩悩ポテンシ
 ャルを吸収し減衰、発散させる何かを
 自分流で持つことが人生舞台を生き
 抜く本音人格をただしく刷り込む方法
 の一つです。先人の智慧をまず行動
 してみて自分に最善なものを成長の
 節目ごとに構築することを推奨します
 。本音建前、知行一致の人格基盤が
 どんな環境でも平常心が出来始める
 確率は高い。

 この原理を世の中の社会現象に適用
 してみると、その当事者の行動の真
 因が観(診)える化できる確率は高い
 20万人以上を超えるあらゆる規模の
 経営者、経営幹部の行動を検証し、 社会の時代の潮流分析したり、結果
 のプロセス検証できる歴史から学ぶ
 とをすると多くの人が気づける現象の
 一つです。













































































































 









































































 


「煩悩」
とは どの人も持つている心身をわずらわし悩ます一切の
妄想のことです。(梵語) 火山の噴火現象と類似し、マグマ(マイナス行動をさせる累積ポテンシャル)が地下土壌(人格)の弱い部分の
抑圧する総能力を超えると火山爆発(平常時してはいけないとわか
っていることをする)、類が類を呼ぶ人の集団になると、周囲にマイナスになる行動をしてしまう現象。

「煩悩」のマイナスのポテンシャルの内容に対応したふさわしい形での分散発散をさせる自分流の方法を持続的進化させる方法を体得し本音人格基盤をつくることが突破口の一つです。
一人の範囲で累積ポテンシャルを減衰化・ゼロ化させ自己の行動制御能力を体得する日常での反復訓練持続が突破口です。
他人によるコントロールができない誰にも観えない領域です。自力以外制御以外にありません。


日本の先人のポテンシャルゼロ化の知恵・智慧

・戦前まで神社仏閣による自然実体とは別次元の何かにより共通の価値観の中で人の心(精神)の制御とベクトルの方向を揃える集団方法をとっていました。
寺子屋、説法、座禅、勤行、祝詞等、氏子、寺子に属す、祭り、行事への積極参加、仲人、大家等、遍路 遊郭、博打等、庶民のための一揆等の集団不満爆発の芽を摘む煩悩ベクトルを分散化する多くの先人のしくみがありました。
社会の当時の規制を破る「羽目をはずす」「異端児行動」現象は、反面教師として絵草子、浮世絵となり自己規制の発散に活かされ、まねる人数は今の情報伝達のしくみが狭域内の場合が多かった。
ある行動方向へ変える集団のパワーがあり、行動矯正力がある。
煩悩が集団として爆発した場合、集団から除く村八分、武力行使による強圧的矯正力を採る場合もありました。

知識、知恵量が少ない人格形成段階ほど効果のある人の量は 多い確率がある。10歳までの場合人格基盤形成影響度は高く、無限成長の可能性がある領域内に限定される確率が高い。
ただし、本人が選んだ道、本人責任で、自我形成後、別の領域へ成長した人格もある。

現在も「煩悩」ベクトル発散とポテンシャルゼロ化の(小)集団には 役立ちますが、一方向に固執行動は周囲の人にプラス領域への無限の成長方向の上限下限制限になる確率は高い。
多くの同様な手段の「煩悩」を発散させる「よいとこだけ」を人格基盤
に加え、「マイナス部分は」行動しない自己選択をすればよい。
世界の手段手法を学び、ある期間実践して達した原理の一つです。

占星術、ホロスコープ、占い等「煩悩」のトリガーを行動へ変えさせる
る仮想の方法がありますが、自分が行動するかしないかを決めるの
は自分だけしか出来ません。マイナス領域の結果の場合も、その
方向をアドバイスしてくださった人の他人責任にすることは出来ませ
ん。常に行動確率は0であり、「塞翁が馬」現象と同等の次元です。
プラス情報だけを追い風に活かす「思い込み」はプラスポテンシャルの増幅に役立つ、人がもつプラス思考の一つです。 

・明治時代から戦前までの神格化された人を中心にした時代。
家族、町内による行動制御優位時代。(伝達だけでなく、コミュニケーションによる煩悩相互 発散効果は高く、仲間補完生活の原点)
「緊急のときは近くの他人」効果が高かった。
有事に備えた、隣組、町内集団での共通行動集団とは異なる行動の強制的矯正。
集団「躾」のしくみ人の神格化により無理難題でも理屈を超えて行動させる方法
戦争行動により煩悩を、集団で押さえる力を強大にした。
人の煩悩強いく抑えても、ポテンシャルはさらに累積蓄積されるだけで、発散しゼロ化しない限り必ず煩悩行動が出る確率は高い。

・戦後
戦前と同じ人が、「煩悩」を抑える集団力が弱まり累積蓄積ポテンシ
ャルはプラス領域、マイナス領域、自由なベクトル方向へ爆発しま
した。集団である方向に集まると、スト、デモ、学園闘争の形で爆発
した時期があります。その人は、よい行動と思い込んでしましたが
煩悩ポテンシャル減り平常心に戻ると「気づき」同じ人が変わると、
180度逆の行動を採ることもあり、今の人格になり、過去に何もなかったような行動を採ります。
人は不連続階段成長行動機能を持ち人格形成の節目でより高い人格へ成長できる確率が高い。
当面の目的とした最高の踊り場を世界観視点にし、世界観視点の達成するイメージがあると、人の人格形成の時間生産性は高くなる確率は高く、知識の世界公有化クラウドのしくみを活かし、計画的なプロセスコントロールをするように動機付けをすると、さらに実現時間を短縮できる確率は高い。

「躾」の基準が多様化し、教育体系も過保護型知識教育優位となり、学校で「してはいけないことはしてはいけない」行動を体得させるが、過保護家庭の親によりできる確率は減少し戦前の神様型先生から、家庭のメッセンジャー的先生の数が増え、「躾」の徹底度合は、その子どものそのときまでの家庭と周囲の環境による「してはいけないことはしない」徹底の甘さ加減に左右される時代になりました。

ある時期に人格基盤の成長現状認識をして、個人グループ集団によるある一定基準以上になるように人の数を80%以上をするための矯正に必要なしくみづくりにとりかかる段階になってます。知識の量とは別次元のテーマです

●人の人格が「昔帰り」「大人型子ども」現象が生じる真因
人の人格レベルは自力形成した体得量でで決まりす。
現役時代は、所属する環境内の規制の中で規制を最下限行動
として「建前」を優位にし本音を抑えて生活する人が多く、「煩悩」
のポテンシャルを発散する量より、「我慢」「忍耐」「抑える」等に
より累積的にポテンシャル量を潜在の中に蓄積し、現役を離れた
短期の間にその量の多い人で、煩悩行動人格の強すぎる自己規制力の高い人は、身体の破壊、脳の破壊、心臓の停止、異常、超高血圧等の身体の異常現象として爆発します。普通の人は環境による人への規制が少なくなり、「煩悩」が行動トリガーになり、周囲へのマイナス領域の日常行動の道徳、倫理、周囲への気配りする全体最適化人格は本来の子どもレベルに戻り、「大人型子ども人格」現象として爆発し、日常行動は、煩悩優位となり、「あの人があんなこと」をする行動が見える化される量が増加してくる確率は高い。

本音行動の分かりやすい機会でチェックすると成長度がわかり、
組織内行動時、本人に都合が悪いときの極限行動を予測できる確率は高い。

・ラッシュ時の「大人型子ども」の増加数の多さ、キチンと成長した子どもが「大人型子ども」をわるい変な人群と見ていることに気づけない15才以上の人が増し、特に高齢者が多いすぎることに気づきます。
集団の中の本音行動と「気づかない」内容症候群が分かります。

・子どもに躾をする親が信号機を無視し嫌がる子どもを引っ張ってヒヤットする中で渡る親子の姿は、自分の本音人格を再点検しカイゼンする「他人の振りみてわが振り直す」の事例になる分かりやすい事例です。
自己都合で「してはいけないことをする」、関係者が気づかなければ
何でもあり、子どもに規則を教えても自らはやらす、人には厳しく徹底させる行動兆候があり、日常の組織の中でも、会議で決めた行動事項をしない無視人材と相関関係が高い。

・「大人型子ども」は虚構の人への大量追っかけ人数の加速度的増加現象。自分の子どもに、ムダ使い、躾として厳しい人と同じ人であり、「大人型子ども」とそっくりように幼児期から子どを育てている姿が見える化されてくる変な現象

・3歳の子どもでもわかる変な単純行動をする大人を真似てブームとなり、1年後は2度と子どもたちは真似なくなり、次の類似の別なものがブームとなり、1年前現象は終わる。子どもの選択眼の進化の早さと行動をしなくなる決断と比較して「大人型子ども」は全国で長期間色々な機会で真似る現象。「大人が何か変だと気づかない現象」の増加、その発信源の大人の親が「大人型子ども」である相関性が高いことに気づけます。

知識優位で、心の形成時過保護環境で自我抑制機能が知識領域で制御できない瞬間行動型の未熟発達又欠落した人は「日本人の人質の強みである内容を弱みと捉える人」の増加傾向があります。
平和ぼけ、中期短期型志レベルの高くない人の増加。中性優位傾向時代になり、結果として弱性遺伝優位、日本民族の減少時代が誰にも見える時代になりました。今わるい人格形成プロセスに歯止めを懸けるないと、どんな日本の未来になるのでしょうか

今の10歳までの子どもから世界観視点により「心」を変えはじめないと、知識領域では変えられない、人格の必要要素(因子)の何かがクランプされ未成熟、欠落しているためかもしれません。気づき「心」の軌道を変える復元可能な下限を超え、それ以下になる時代が近いことに気づくことが必要な一つです。

●「健全なる身体に健全なる精神が宿る」
自分が 健康を維持、持続できる方法を決めやってみて、ふさわし
最善探しをする。目的は人との相対比較は、他の人が選ぶ道、自分自身との絶対比較、行動した内容がふさわしい領域なら、健康、体型で見える化し、他人責任にできない要素です。
・煩悩が大きい時の瞬間的発散法も複数準備しているほうが、平時より有事に役立つ「訓練量が、実戦(実践)で発揮できます」

●趣味を持つ
勝負、勝ち負け、物欲の次元でなく、趣味、の行動で、煩悩を発散できるものも探し、決めておく。
勝負「かね」と物欲は煩悩を増幅する慢性化機能がある事に留意。

●聴覚により、知識とは異なる次元で右脳と潜在脳の煩悩
ポテンシャルを発散する方法

金融、知識、視覚映像の進化と相関して音楽イベントへの参加者の世界的増大は、知識、視聴覚による煩悩ベクトルの多様化と拡大の危険性を予知した人が、聴覚により、アナログの世界で発散させゼロ化へ向かう確率が高く、参加時、身体全体の身体エネルギーを過剰(異常レベル)で発散する行動が伴うと巨大な煩悩を発散セロ化の約60%の普通の人に最適方法の一つである確率は高い。有事戦争のときでさえなぜ音楽が慰問の役割をしていたのでしょうか
20世紀代想定できない人数がイベントに参加し、聴きながら行動し発散する人の数の増加と同じ人が繰り返し参加し煩悩煩悩ポテンシャルを発散させようとしていますが、1年内の参加数が多い現象は何か変、煩悩発散方法として、その人にふさわしくない、慢性化増幅機能にならなけれことを祈念しています。
携帯電話のメールもそろそろ行動異常領域に入る確率が高くなってきました。


●時間浪費産業、性欲動対応産業、ギャンブル産業
一時の発散は、欲動により、さらに増幅された煩悩ポテンシャルを生み、ある限界をコストマイナス領域高度が爆発する時期がある「やめたくても行動したくなる」慢性化確率が高いことに留意して選ぶ方法の一つ

●視聴覚型時間浪費産業
ある人格形成段階、ある内容の人格形成要素が未成熟な人は視聴覚型時間浪費産業は、煩悩を増幅拡大効果があり、金融の「先楽後憂」がたしくみと連動し、ある段階になるとマイナス領域行動人格の人を増加させる確率は高い。
行動の選択基準ができていない人の数がある数以上に増えた時期
コンテンツを企画製作する人とその中の人の人格成長段階で決まり
マイナス領域の増大量と相関確率は高い。
「おばかキャラ」・「天然ボケ」演技・「クイズの多さ」は、人の馬鹿さ加減で、自分の優位気分、瞬間煩悩発散の方法の一つですが
他のコンテンツの中に人格基盤形成要素が少なすぎると、集団の日本人の煩悩ポテンシャルが現状どの程度まで増大し、左脳とは異なる左脳制御できない、ヒステリック集団行動の兆候は何か変な確率が高い。視聴率重視、スポンサー優位で、そのスポンサーの人格段階と相関があるのかもしてません。もうちょっと世界的視点で行動できる人人格の数の増加を待望しています。
行動型「音楽分野」での発散は、行動しないで脳を癒す方式と異なる参加すれするほどマイナスポテンシャルは累積し、必ず無意識に参加を繰り返し、ある段階から脳の酸素欠乏状態である「失神、痙攣等」が平時でも発症をはじめる確率は高い。クイズの「おばかキャラ」「カシコヘン」で自分の優位、劣等感でマイナスポテンシャルが発散した錯覚になるが、ある段階以上になると、いまする重要テーマよりクイズ本で空虚な時間を使いたくなる煩悩が出はじめる。「のめり込み」兆候がでた場合は、その煩悩発散法を「断ち切る」ことを推奨します。自分の限られた人生の「もうちょっとプラス領域行動」を採る方も一つの選択方法です。 


●脳の自己抑制能力減衰要素(因子)を体内に摂取する方法
煩悩、潜在脳の制御できる人格基盤の自分の形成度合を知り発揮する確率の高い限界の80%までとすることを推奨。
本音と建前を一致できる訓練が、できれば、超えても周囲に人格異常行動は出ないが、身体の復元に時間がかかり、結局は、「摂取」が煩悩解決としてふさわしくないことに気づく人がいる。
晩酌等の慢性化は、煩悩発散とは別次元の行動となり、慢性化しない人の効果と比較して、高くなく、身体へマイナス効果が発生する場合もある。

薬物はある期間継続すると自力で煩悩発散が出来なくなり、一時止めても、有事に前より大きい形で再発する確率が高い方法であることを留意して選ぶ方法の一つ。

●煩悩を形にして、ポテンシャルをを行動で発散す単純法が
ある

仮想煩悩対象に似た形にして、なぐる、ける、打つ等行動で、発散する方法。潜在脳のポテンシャルの内容と異なる場合は発散とは、別次元の方法となり、効果はわかりません。

●その他
多くの先人が、煩悩発散する工夫をし、平常心を維持するための行動をしています。自分にふさわしい、煩悩内容に対応したふさわしい発散法探しを推奨します。無限に近い多くの本があります。

◎世界の誰かがパターン別に整理し、10歳までの人格形成基盤形成時、煩悩をゼロに出来やすい方法を整理し、世界の人に
共有化クラウドの構築を推奨します。
世界に人として正しい領域の行動ができる人の数が55%以上
になる時代を待望しています。

 


○人格をプラス領域に変える教導機能は 地域密着型CATVの機能を活かし
地域の人が集団「躾」し、「してはいけないことはしたはいけない」「よいことはする」ことが平時、有事自然体で行動できる ようにする実現確率の高い方法の一つ。

◇地域密着型CATVの加入者から変える


  
個人の人格をコンテンツと
 コンテンツ内参加行動による
 本人見える化とよい他人の相対
 比較で よい人格に集団矯正を
 地域の総能力量を活かし徹底
 反復教導をする
 地域の先人が構築した煩悩発散
 のしくみに積極参加させ、煩悩に
 よるマイナス領域行動をゼロ化へ
 教導する。











 

・人を変えるモデルとして、現在いまの個人の加入者を地域の番組の主役として、誰でも見えるようにして変える。地域へ波及伝播させる推進リーダーの役割として育てる。

・最初は変わる量の多い、人格形成段階の高い人から選び、よいモデル化を見せる。
・その中に20%次の成長段階の人も含め次の波及伝播時の、リーダーを補完する機能と、60%の次の段階のリーダーとしての存在価値を育てておく。

・各プロジェクトをCATV処理能力に応じて3種類か5種類同時にスタートさせて競わせる。

・サポート及び教導者は、産学官から選び、実務型、企画型、行動型
の3名を担当させる。同時に、地域の類似パターンを相対比較し、
悪い事例、出来ない事例を重点に揃え、プロジェクトのよさを見える化する演出をし、担当グループの成功体験を増幅体得させる。

全てのメンバーは加入者だけにし例外は、他地域からのスポット講師だでにする。(身近な影響できる人からはじめ、その他を紹介作戦で加入させ巻き込めばよい)

・煩悩発散法、躾、知識から知恵、行動へのプロセスを計画的に
回転させ、人格の中に組み込むようにさせる。

・よい集団の中で、共通の持続てき成長目標にベクトル方向を揃えると、自ら主導の一員であるため、煩悩以上の行動目的が明確になると、ふと浮かぶ煩悩は、全体最適の中で発散され、煩悩がプラス型発散化するとワクワクする気迫が湧き上がる現象に気づく時があります。自分では難問も、既に解決したことのある人からみると、簡単な場合が多い。集団での「もちつもたれつ」の相互補完により、手段の総能力を最大化方向に向けると、一人のときよりも倍速で、より高いレベルでの実現確率が高くなります。

 


◇地域の全員が地域CATVのプラス機能を徹底させる、活用価値を浸透させる。

 
地域の中で、平常心を維持できる
 確率の高い方法を見える化させ、
 地域の人が平常心で活き活き、
 未来の子孫が人間にふさわしい
 行動ができる「累積煩悩ポテンシャル
 の吸収、発散の事例をきちんと体系
 的に整理し、よい全員徹底行動
 領域へ誘導できる機能があることに
 気づくことを待望します。
 地域集団の倫理規定である、下限
 行動を規制できるのは、地域CATV
 以外21世紀の中にはまだない確率
 が高い。


 全国規模の類似機能は、玉石混交
 の、本音人格未成熟者、年齢も無限
 であり、多くの累積煩悩ポテンシャル
 を増幅、多数  爆発させるマイナス
 領域を選択させる自由という大義の
 何か変な機能が加速度的に進化し、
 「してはいけない 」下限は無限確率
 になっています。よい本音人格基盤
 の人だけが、よい領域と煩悩発散
 機能として選択できるだけです。
 「あの情報を真似て実行しただけです
 」となる確率は高い。



 CATV業界収益があがるしくみ
 
 地域密着CATV企業の役割

 地域CATVで押さえる着眼
 

 狭域高密着型地銀信用金庫の潜在力

  林業再生「緑の社会資本」の現状

 最先端地下水道の現状

 21世紀が創る新市場の現状
   地域が変わるインフラ



「日本的資本主義」のロナルド トーア氏の分析「もちつもたれつ」の日本のよいとこを活す本質を21世紀型で現実化させる解決策の一つ。

・20世紀戦前までの「おしん」の時代のよいとこを活かす。
・1989までの日本的資本主義のよいところを活かす。
・日本の市場、お客様が減った時代は農耕型、養殖型でしくみを創り、行動は狩猟民族としての手法を活かして世界を市場にして生き残るためによいとこを活かす。

21世紀型資源の少ない、国土の小さい、民族が日本語を共有する小民族が生き残り世界の人が共に豊になる種を蒔きつづける成功確率を高くするための穿貫突破の方法の一つ。


1.本音人格形成期は「農耕民族の行動様式」を人格基盤とする。
0歳〜10歳までをきちんと育てる。

「集団組織の中で、全体最適のために個人の煩悩のベクトルとは180度逆の外観は「我慢忍耐妥協自分の煩悩を抑え我を捨てる。持ち過ぎはしない、人に分けて、腹八分にし、過剰に持ちすぎないようにする。力だけでなく柔の強さ、質実剛健等」小学校以下の倫理道徳躾、新入社員の基本心得を本音人格に刷り込む。「大人型子どもが逆行動をしても「わるいことはしない」ような人格にする。どんな変な環境でも、正しく無意識でできる」ようにする。一人では、身近な「大人型子どもに染まる確率は高い」でが、集団組織なら、大人世代の煩悩の先祖帰りの歯止めを懸けることができます。

◎マイナス言葉で煩悩ポテンシャルがマイナス爆発せず、発散し減衰させ、逆にプラス領域へのポテンシャルに変えて活かすたための「思い込み」「割り切り」刷り込みの方法。

・「我慢」自分を成長させてくれるチャンス。この壁を超えると次の未来が待つている。うずうずわくかくの気持ちを体得させる。集団の中ですでにその壁を超えた人が、カタライザー役として、自力で超えることができる支援をし、プロセスコントロールをしながら、見守って成功体験をさせる。小さい成功を演出する。できるから、挑戦のエネルギーが湧く。

・「忍耐」「自分の煩悩を抑え我を捨てる」壁を超えるための能力不足をできる体質へ変えてくれる千載一隅のチャンスと捉える。要領のよさは一過性の豊かさ、真の実力は持続しなければ体得できない。類似苦悩を繰り返す積み木くづしをする方法とどちらの方法を選びますか
・「我慢」全体最適の総能力を増やし、さらに困難な壁を超えるためには、拮抗する人の必要数を育てている必要があります。できる自分が「おれおれ」で行動しても、生業家業、中小企業の「王様と歩」型の組織で「王様が年齢とともに衰えると」どうなるか、組織最適化のために「桃太郎、猿・雉・犬」型整合したチームワークになるように、組織を一つの人間型にするために、「自分が行動すると簡単にできても、やってしまいたくてじれったいどきでさえ、他の人に功を譲ることが自然にできる大切さを無意識でできるようにする。傍がよくなると、傍が成功するとある時点から素直に一緒に喜ぶことができるときがきます。その時は煩悩が発散されプラスに起動していることが確認できるときです。
「音楽、吹奏楽、団体競技」は成果に対して集団を評価されると共に喜びを感じることができる集団感性が生まる確率が高い要素です。プラス体験として喜びが刷り込まれる確率は高い。
3歳までの子どもが平等に持つ「やればできる適性機能」として、体得させる。その年齢以降では、周囲が「できない思い込み」を刷り込んだため、2度と出来難い分野の一つになるために、自己評価してできない確率が高い。

日本民族を一体化するためには、日本語の以心伝心機能の本質をキチンと0歳から10歳まで、本質理解できる段階にすることが大切です。外国の行動プロセス文字で、ただの記号の組合せと同等レベルに崩れた日本語を話しそれが現代流とする「大人型子ども」が評価する方法に捉われず、日本語の美しさの本質教育を推奨します。

・「持ちすぎはしない、腹八分」、全体最適化するために、必要以上のものは、ない人に譲る心、欲張る子どもの躾のとき、「もちつもたれつ」を刷り込む。
農業で、近隣地域が一定以上の収穫を得るために、その地域の集団は、まだ能力不足の人にどんな行動をしていますか?企業の課、部で常に業績がよい組織は、賃金配分でどうしていますか

2.「もたれもたれつ」周囲に感謝報恩を感じる気づき本音人格基盤の人の数が55%を超えた段階から、日本経済が復元する方向であり約180度違うベクトルに変わったことに気づき、プラス領域へ行動できるために必要な制御人財が多数輩出する確率は高い。

大富国、大市場、大国土、大資源、大多民族(一部民族が主導)もつ狩猟民族型国の手法は、倒産寸前の貧乏国、微小市場、微小資源、微小民族の生き残り、勝ち残り戦術戦闘法としては何か変、為替の固定から、自由化になり、実体の国力とは無関係の、円高現象一人負け現象。さらに関税撤廃し自由化すると、何が起こるか、日本の未来がどうなるかさえ気づけなくなっています。逆に日本を一つの実体循環社会を事業基盤に代えて、世界の環境の変化を、プラスに活かす「柔行動」にして、
生存できる以上の個人の金欲煩悩を抑える集団補完型、農業方式の「もたれもたれる」に変えることも一つの方法です。一生で使い切れない一人勝した富を「見せて」自己満足して、傍が貧困でなら、何を感じているか、先代の裕福の継承は、継承者、伴侶とは無関係な次元です。金欲煩悩を、地球を保全する活動費用として、国連の活動資金へ提供するのも一つの方法も地球にプラスの煩悩発散方向の一つです。

・一企業は一つの人間型総能力単位にする。個人は、その中で全体最適機能が企業で発揮できるようにベクトルを同方向に揃え、組織間を整合最適能力発揮単位として、常に成長する組織にする。
・地域を、共鳴、共振、共働する企業団体、行政で第三者中立調整機能を持つ地域密着型CATVを中心に、地域全体を整合された、地域の総能力を最適発揮できるように人間型総能力単位にし、地産地消型実体経済単位で循環するようにする。
・その組織内企業団体が、黒字化数を計画的に増加させるために「わるさかげんを目見える化する」赤字企業名の公開と、その経営陣(経営者、取締役、執行役員をの氏名)を公開する。
(現在の企業内の拠点単位での役員会での公開と同等のしくみ、赤字拠点は針の筵で黒字化をやらざるを得ないしくみ。まだコンピュータがない時代の、昔のままの時代が止まった組織が55%以上あるのが日本の現状)

・悪るさ(悪い現状)がわかると、地域の信用金庫JAバンクが先導して、地域の産学官の総能力を活かし、最小のローコスト、その会社の全社員をそのまま成長させて黒字化させる具体的プロセスコントロールをさせる。公表した赤字企業の人を全員地域ふさわしい戦略行動人財に個人別に成長させることができる確率は高くなる。各地の経済環境市場の異なる何万という中小企業の経営者、経営陣は、それ以下の人より、行動総能力が高いにもかかわらず、価値判断、最優先順位、働く人への感謝報恩より煩悩我が優先している確率が高い企業ほど、慢性赤字から黒字化できない真因の一つであることに気づくことが変曲点の一つ。
日本人は日本語で、その言葉の本質がわかり、多数の本音人格を変えると、180度黒字化領域のベクトル方向にかわる実証実験、事例は豊富にあります。現状否定型コンサルタント等に、弱点に捉われ、強みを伸ばせなくなり、弱気となり、「逃げる、いいわけをする。何も傍を変えられないだめ人材の烙印を押されてしまった」だけです。よいところを認め、伸ばすと、一般の社員より、実現その能力が高いので、想定以上のスピードで社内を変える(社員数が100名以下)確率は高い。規模が小さいことは、損益分岐点以上の売上を上げることが、できる確率は高く、ある集団の補完力を活かすと、いままでと同じ社員の行動が変わり、黒字企業として、地域で誇れる、社員が自信に溢れ、家庭を大切に、子どもから信頼される親となり同じ人が変わることに気づくときがきます。

・企業の規模が小さいため、競合先の総能力と、総行動能力が高い大組織と競争する企業の創市場創客が潤沢にできる人の数、必要総行動力が不足し、行動効率、個人評価基準とは逆な、非効率で、契約確率が低い新規開拓の本音行動は、「お客様全員深耕が最優先行動」は建前で、毎月の業績を得るために目先自転車操業行動に一生懸命行動し「今月日数不足でできませんでした、次月頑張ります」が現状の人が0%以上が現在の市場環境です、営業会議の差額対策計画はするが未達成で、あとまわし事項になる確率は高い。やれば、黒字化にできる部分を、地域共有のコンタクトセンターで、その企業の継続的右肩上がりの新規開拓と業績貢献をしているその企業のプロ人財を中心に仮説のプロセスを構築し、その企業の、新人実践教育も兼ねてある期間、応酬型口述プロセルを構築し、成功確率の高いものを骨格として、地域の、身体が衰えた人、障害者を重点の、コンタクトセンター組織を、企業別に構築する。地域の各企業の、コンタクト部門と連携し、営業情報を契約に短期(3ヶ月内)でできるしくみを構築する。その企業のOBや取引関連者を優先にする。

損益分岐点を超える必要な売上をコンタクトセンター、地域密着CATVの映像機能、地域の企業の重複行動を共有行動にして、複合的なお客様との接点とタイムリーな、行動、タイムリーな応対のしくみが、一社単位のコップの中での企業間競争から、「強存強栄」型、ともに「もちつもたれつ」生存し、外部には、ベクトルをそれえた連携企業群として対応することが、共に豊になる方法の一つであることに気づくことが、必要です。自由競争は強者の強みで、根こそぎ売上を取る狩猟民族型方法、貧富を増大させる最適な弱者の生存を許さない方法の手法の一つです。20世紀代は超巨大企業グループが少なかったため、弱者の「磯部で稼ぐ残り福」がありましたが、市場規模の小さい日本の場合、海外の強い企業が参入し、ますます個人自由競争では、ベンチャー企業は大企業連携がなければ30%以下の生存時代になりました。
生存に必要以上の富は、煩悩の世界、益々増幅され永遠に欲望の無限、限度はありません。その超富を保有人たちも死ぬまでに金を使い切れず、金が死に金の物で終わります。金の本来の機能は、市場では働きません。腹八分目で、地域の働く人のためのインフラづくりに一部新事業として展開投資した方が、建前の社会貢献より実体経済に即して方法の一つであることに気づく時がきています。
地方を大企業グループと参加企業だけで独占しようとする企業さえ出現してきました。その企業に地域の企業が勝つためには、バラバラで個人我、煩悩を優先する姿勢から地域組織集団型へ自分を空ける分水嶺の時期であることに気づくことがことが重要です。地域密着CATV、地域銀行、地域行政、地域商工会議所商工会、地域教育委員会等、地域大学院等地域をよくするために狭域整合型制御人財の数が狭域連携するしくみづくりに入る分水嶺に時期であることに気づくことが勝つ布石の第一歩です。

・共有の情報は、地域の新規事業、新商品開発の方向が見える化できるようになり、一企業単位のもの、企業連携が必要なもの等、地域の銀行が、競って学んでより成功確率の高いものを地域で製造する、しくみ、新事業体の場合は、大学院ベンチャー企業を核にして、展開すれば成功確率は高くなります。

大企業一社は、多業種の中小企業の整合されて組織の一つであり、地域が総合機能を発揮し、地域が一体となった一組にすれば、総能力として、不足部分を補完させれれば十分拮抗できることに気づくことを推奨します。

すべてのどんな人もゼロから体得した行動原理です。大差があると幻惑され「思い込んでいる」だけかもしれません。「ホモサピエンス」ができる行動の上限下限の領域内の微差だけです。一人で出来なくても「もちつもたれつ」で相互補完をすれば、地域の集団組織は人のできることを超える総能力がある確率は高い。もし出来ない場合は、その時の総能力が、解決すべき総ポテンシャルより少ないためで「もつちょっとやり方をカイゼン」するときと「思い込む」みさらに最適を求道することを推奨します。
 

 

競合CATV、類似放送機能が、地域に普及して、今の方法では100%は出来難い確率の時代になりました。

地域CATVの加入の目的の本質を追求すると、「地域でなければできないコンテンツ機能」であることに気づくことが必要です。

全国の、地域密着コンテンツ情報を整理し、現状認識をする。
現在あるものからはじめ、行動しながら改善と新しいコンテンツの地域に貢献でき、人の人格形成に効果的なもの探しを、地域の総能力を活かし行動を継続する。

●技術的優位にあるための事例
第1案
競合他社との剛型の加入者獲得競争は他にまかせて、競合企業の中に、地域CATVコンテンツを組み込む地域だけ方法を構築する共存共栄ともに加入者が豊になる目的を取る方法があります。柔型加入方式の方が持続力と剛型反作用は少ない。
他の競合企業は、規模が大きいために全ての機能からの収入を得なければ事業の継続が出来にくくなります。地域CATVは地域の全機能を球体したインフラの中心機能で、活用のためのコンテンツ参加価値収入があり、規模が小さく固定費が少ないことが、経費が最小で、プラス利益が持続的にできるしくみは、固定費吸収源の一つになります。他の競合会社の加入者も、コンテンツ機能が個人収入源の一つであることに気づくと、積極参加数が増加し、プラスの収入源になる確率は高い。

第2案
ケーブル敷設幹線外の地域の加入者は、幹線網拡大までは、地域の狭域無線方式を活用してコンテンツの配信を、緊急発進機能に
複合させたシンプル型少チャンネル(将来のコンテンツチャンネルの
増加を想定して開発する。(地域の開発企業で競争させ、最高機能
のものを採用する。2から3社育て、他地域への地域密着型CATV企業に、無線型装置を販売し、現在のコンテンツを相互交流させて、
ともに豊になる作戦をとる) シンプルで高齢者に簡単仕様、決めた位置のプッシュボタン方式の「バカチョン方式」にする、装置とコンテンツ利用による契約有料化ができる。

第3案
アンテナ方式の個人の場合は、他の放送局経由で、自社コンテンツ
を地域限定で配信できる確率は高い。デジタルの中継基地機能にある付加をすえば実現可能です。アナログからデジタルにかわった強みを活かす方法がある。ただし有料化ができない場合はあり、視聴者の自己申告による有料化の可能性もある。地域の電気屋と連携
し、使用チャンチャンネル追加時の設定で有料契約だできる。
電気屋に敷設時に「ある金額を払う」方式なら持続的収入源になる。
加入者の90%は、このしくみの存在はわからない。

●地域の循環する財の心臓機能を持ち地域の黒字企業数を増やす
機能がある。
時間とともに心臓機能が発達し、大動脈、大静脈機能を持続的に
成長させる。

突破口は、地域密着CATVのエリア内、信用金庫、JAバンクを株主
にするし、信用金庫、JAバンクが個人の財産を増加するしきみシス
テムを構築する。提携網を構築し、個人全顧客を分担管理する。
顧客管理は、各銀行が行い、地域全個人(家族も個人に分ける)
とし、全個人は、第三者である地域CATVが、各銀行が費用分担した総合顧客管理システムで統合管理一元化する。

他の地域のインフラ企業も含め、共有したコンタクトセンターを創る。
出資は、銀行の新規開拓専用コンタクトセンターを重点に構築し、
地域企業の地域外営業展開のための支援テレマーケティング機能を持たる。

地域の個人の財産を守る砦にすることができます。個人の蓄財が
時間とともにプラスに増加すれば、地産地消で循環する金は増加
循環が出来始めます。

方法論事例
・地域密着CATVの加入者が連携する地域の銀行に預金した場合
他の銀行より高い金利にする。
その金利の原資は、提携銀行の地域への年間販促費の4割を地域CATVに販促費として払い、その総額を現行のプラス金利として加入者還元する。銀行の地場での貢献活動を、計画的に、地域にコンテンツとして配信する。特に地場の生業、融資中小企業の黒字化事例を重点に、よい商店街を事例に、銀行担当者、経営者、社員を登場させ、主役化演出したコンテンツにする。

・販促効果は、預金金額、預金者数の増加を戦略的にする。
・銀行融資企業が黒字化するための事業計画が計画通り推移するために、その企業探訪という形で定点チェックを映像化し、推移と乖離する場合は、定点チェックごとに、経営改善の方向を決める。その実施もコンテンツ化する。企業で働く親が主役ででると、想定以上の家族、隣人の視聴率は上がりはじめます。他人や、虚構の人の映像から、優位順位が変化することに気づく段階がきます。
・赤字企業、不良企業が日本の国税庁はかくし見えないしくみにしたため、赤字慢性化を呼びましたが、暗黙のコンテンツの中で、わるさ下限に気づくよい反面教師企業商店街を見せながら、その中にわるい企業の経営陣を登場させ、行動を変えざるを得ない場を作る役割を、銀行担当者と連携して行う。
・販促効果、投資企業の黒字化数の増加を見える化して、提携銀行間競争をさせ、よいやり方をさらに進化させる触媒の役割を、地域CATVが事務局として、地域の経営のプロの知恵を活かすしくみを創る。
黒字企業化は、働く人の収入の増加となり、地域での支出は増加する確率は高い。

・販促費の増加は、加入者還元の加算金利の原資に充当する。
一定金利以上なると個人の貯蓄金額の、現在の実質目減りに歯止めかけ、増加方向に向かせると、年金外収入源の少ない地域の高齢者の財産保全の役割機能の一つになる。

・地域の多種プロジェクトは、運用資金が必要です。
スタート時は提携銀行が年の重点テーマを中心に、銀行ごとにプロジェクトを企画し、CATVの社員事務局と、銀行のプロジェクト推進事務局と連携して、企画をつくり、コンテンツ放送計画に従い実行に移す。
銀行の事務局(銀行内中小企業診断士が最適)は地域のプロジェジェクト進行にかかわる、企業人と狭域密着ができ、机上でしか知らない、実務のプロセスを体験できると、資金運用に必要な経営コンサルタントの実務能力が想定以上の速さで体得できます。
社員事務局は、地域の人組み、全組織、しくみを巻き込むコミュニケーションパイプと、登場が、イキイキ活動するように黒子としての演出能力と、プロジェクト進行に必要な途中で負荷するテーマ等経験数の増加とともに時間短縮と時間生産性の向上に気づくようになります。地域での事務局実績は、家族や、隣人に見える化でき、次のプロジェクトの追い風として加算されてくる時期がきます。

各新設プロジェジェクトのスポンサーは、銀行と地域の市町村の商工労働部と打合せふさわし企業10社の上位から選び、協力を得ながら地域貢献の効果を明確にして決める。プロジェクトの内容が多くの業種に関係する場合は、関係業種からスポンサーを選ぶ。
地域での実証試験の場として機会提供と新商品開発に役立つようにすると、プロジェクトに必要な予算は出る確率は高い。
その予算の中から人件費として、加入者家族の登場希望者を計画的に選別し、副収入源の働く場として参加してもらう。
実績を出すためによい行動量モデルを先に相対比較して登場させ、
わるいグループに見せて、よいほうに誘導し、より領域になつた人の
たのよいところのモデルとして登場させ、全体の人質を上げるしくみを創る。副収入と安心貯蓄は地域の地産地消への財の移動を活発化させる機能を発揮する確率は高い。

銀行は融資企業は日本国の低金利政策通り、各種の助成金を運用するようにする。ただし、日本の最高金利時代の金利を基準として、助成金と金利差額を企業の長期預金に組込み、つもり貯金方式のしくみを創り、高金利時代に備え、企業の強い体力へのカイゼンを促進支援する。過保護に甘えない企業姿勢が黒字化の第一ボタン、将来の設備投資資金として運用できる資金を銀行が担保していると、追加融資効果が成功する確率は高くなります。有価証券等の変動するマイナスになる場合もある財テクより 現金であるために運用価値は高くなります。

・従来の銀行の地域貢献の深度は、200%以上の効果があり、地域から地域銀行優位化の布石がはじまります。地域になければならない、財の循環幹線ができ始めます。CATVの個人加入者網は毛細血管となります。


・地域密着CATVのプロジェクトコンテンツの1/3は地域が儲かるための事業基盤を育て、黒字企業を計画的に増加させ、赤字企業をゼロ化するしくみシステムをスタート時から持つことが成功の着眼。
市場を、地域、県、他県、首都圏、大都市、海外の販路を育て、キチンと構築することが前提です。地域の資金が実体経済で黒字にできるしくみが必要です。
一企業の煩悩我に左右されず、行政の外部機能として補完機能があります。地域全企業ごとに、儲かるしくみと、働く人を、もうちょっと時間生産性を持続的に一人ひとり成長させるトリガー機能があります。地域の周囲の仕事ぶり見える化するため、わるい人在、人罪化に歯止めがかかり、良い人材方向へ行動せざるをえないしくみとなる。中小企業の場合は、損益分岐点売上高は少なく、社員数も少ないため、売上販路のしくみと、社員全員のレベルアップ、数少ない人財の最先端成長をさせれば、日常行動としくみシステムカイゼンが自力ではじまり、家庭を大切に、地域貢献のでき、収入は売上の必ず増加するしくみを創ると、時間生産性も向上し、会社時間も残業をしないが、収入は減らない時間がある余裕の生活は家庭を大切に、地域貢献へ積極参加により、会社での煩悩ポテンシャルの発散と健康保全ができる確率は増える。中間層の数が増え、安定収入を確保できるしくみができると、地域での消費量はプラスになり、プラスは、企業の売上をプラスに変化しやすくなります。

行政の助成金、ゼロ金利は、資金繰りに吸収され先行投資、企業体質改善効果より瀕死寸前中小企業の延命装置の役割となり、その慢性化は、助成打ち切り、金利の上昇時、延命装置を取り外すと生き残り体質化できている企業はどの程度でしょうか、この20世紀の成功体験をやめて、地域密着CATVの機能を積極的に活かし、自力企業体質に換えることが出来る経営資源を育てるための共有の場として活かすと、中小企業が一社単位より集団、商工会、商工会議所、業界団体、商店街、バラバラ一生懸命より、狭い地域整合分担補完連携を地域CAYVを中心にして統合すると、経費の各社のムダ、強存強栄のための統合をすると売上を上げ続けるための市場開発、販路開発も整合した形でできる確率は高い。


◎銀行金利は、信用金庫JAバンクが高くすることが地域の個人の
安定蓄財基盤ができます。
株の売買証券等の)現象により地域消費に回す金が疲弊する現象に歯止めができる確率は高い。
・20世紀代の実体経済による世界の経済法則は、バブル金融経済と財の偏在化が推進し、実体経済とは別次元の仮想空間内売買が
成立する21世紀は、経済法則と乖離現象に気づく必要があります。
日本の年間収入以上の何兆円を運用する人国が育ち、相場を操作できることさえできるようになりました。商品相場の方がさらに運用金額が多く、他の相場へ運用できる資金を加速度的に増幅してるのが現状で。国内でも相場操作企業が海外資金流出型で成長してきています。
小国の保有する総財産量以上を操作できる世界の一部の超財産量を持つ人集団組織は 戦略通りに小国の実質財産を加速度的に流出し、バブルの金はそこに集まり、その金は次の財を生むしくみ。
その国が、海外流出が少なく、国内に財が還流する20世紀中期までの成功体験である金利ゼロ政策は、超財産量を持つ海外の人組織は、運用資金を日本で調達し、さらに、保有する財産と加算するために円高の歯止ための日本銀行資金は超スピードで海外に流出し、
国内の財に循環にはなりにくいことに気づく必要があります。日本の破産が加速度的に近づき、海外進出企業は益々運用資金が潤沢となり、利益と人件費、日本国内設備投資資金として海外に流出加速現象に気づく必要があります。(なぜ政府が資金投入たのに、追加された金が国内に循環せず、デフレになるのはなぜでしょうか、その循環しない金は、どこにあるのでしょうか、何か変に気づきませんか)

人の人格レベルで、世界は左右され、小国では、制御不可能な段階
に成長してきました。
・日本はバブルに幻惑され、日本の財産保全とは逆方向の20世紀の実体社会の成功体験でまだ動き、兆円規模の財産が、加速度流出に歯止めをかけることの出来る制御人財の成長が少なく出来ない
時代である。
「金利ゼロ」は、「円高の歯止めさえ効果は少ない悪手」個人の蓄財が、預金すれば、手数料でマイナスになり、企業の、お客であり、企業で働く個人を疲弊させ、特に収入源のない高齢者を疲弊させる最善の方法の一つです。個人の収入源である会社は低金利で借入れ、投資と回転資金にし、金利上昇したとき過保護体質の企業のしくみシステムは海外企業に比して企業競争体力が弱り、楽に資金運用できたことが、黒字倒産を加速する真因になることにきづく必要があります。

地域密着CATVは、企業の黒字化、個人の蓄財の増加を生む機能を持つ機能があります。実体社会の正常循環化できる一つです。


●地域の0歳〜約10歳までの子どもの本音人格基盤を育てる最適機能がある。世界観視点に誘導できる機能を持つています

正しい本音人格形成プロセスを他人も自分も見える化し、変なら行動は、地域の近くの集団で、地域の今の映像記録と過去の映像記録をその人の絶対比較を他の人が見て、本人が気づくように「柔行動」で
ほのめかしながら、成長の節目ごとに矯正できる確率は高い。登場人物は虚構の人(役者)では他人事、押付け現象があります。
地域の人家族、近くの周囲集団であり、平常心自然体で体得できます。生まれたときから、周囲に見守られながら、多くの地域のコンテンツの中で育ち、地域にいたことが、人生に迷うとき、ただしく誘導
しもらえる周囲集団は煩悩累積ポテンシャルをマイナスに爆発させる前に、煩悩ポテンシャルが小さい段階で発散させ、常に小さくすることができる確率は高い。町内、学校、地域のエリアでよい行動の相対比較、年齢別知識競争によるわる加減の確認と、個別の子どもの
右脳左脳を整合した、小グループ活動ち集団行動、CATVによる、集団による矯正方法を複合的に行い、一人一人成果を上げさせる演出をし、できるから勝つから強くなるしくみを構築する。


方法論例
地域の教育委員会、学校、先生、有識者等で地域CATVのこの期間の成長の節目ごとのよい本音人格の成長を学校の不足した部分を行動、健康、集団の中の役割行動等、テーマ別に分担しコンテンツを実施して、共有化し、家庭環境で、マイナス成長している子どもは、別テーマで、個別に矯正するしくみを創る。ただし、小さな成功体験による「柔行動」での方法で短期に何か変さに気づかせると、知識が制御される領域が優位になる自我の芽栄え前であるため「行動」を変えて「態度」を変え、「人格」基盤を矯正しやすい確率が高い。

集団行動の中での行動クセは、才能でも個性でとは異なり、「思い込み」です「できない、いやだ、きらい、不得意」と周囲が「思い込ませて」いただけだということに気づく必要があります。人は無限の可能性があり、あまり格差はありません。「できない、いやだ」をやる機会を与えると「出来てしまう」行動傾向があります。多面的球体行動をさせると、10歳以降どな環境の中でも適応でき、その場で強みを発揮できる潜在能力をもっています。学校は机上知識を優先に世界に比肩するために育て、世界に比肩できる行動クセ、知識を自分の知恵に変え、行動し結果を出す。部分は、地域密着CATVが地域の子どもを主役にし、全員分担参加させ、「できませんというマイナス思考クセをやってみます。できます」へかえる行動プロセスコントロールとして最適機能をもっています。家族も、周囲も、育つ方向が見える化でき、自分は何をすればもっと子どもの人格基盤に役立つか浮かぶ時期がきます。最先端人育てのしくみ、システムは、全国の勉強仲間の地域密着CATV共有し、多数が均質に成長できる成功確率の高い方向へ切磋琢磨すれば、さらに、現在の変な人現象も想定以上の速さで変わる確率は高い。

ただし、他の同等の映像機関との連携は儲かるしくみに組み込む段階にし、当面は、地域に目を向け、地域をよくする視点で行動することを推奨します。他によいやりかに刷り換えるとき自力選択する機能が育つまで時を待つことを推奨します。時が来て本流が変化する時期まで待つことが成功のポイントです。

柔行動型」である、21世紀型「日本的資本主義」で 進出エリアの人と「もちつもたれつ」 共に豊になる戦略が、そこになくては ならない外部の知恵、カタライザー役をすることが最善の突破口の一つです
ただし、常に総能力量を持続的に増大させ、必要なとき瞬発的な「超剛行動」をして、「虎の威を借る人」に、誰にも真似できないレベルの示威行動をして、へんな方向をただしくさせると、潜在的に「超剛行動」があることを意識させると、「柔行動」が想定以上にやりやすくなります。実証済み。 

◎農耕民族が創った日本語は、日本語の象形文字だででなく、解釈のニュアンスを含む以心伝心の暗号文字としての、他の行動プロセスを文字とした言語と異なり、日本語民族だけが共有できる機能があります。日本語が共有化度、地域の変形日本語が、不思議な共有感を生み、一体組織を情報伝達する有事のときのあらゆる世代に以心伝心させ、行動を正しく誘導する力になることは、関西の大震災で感じたことがある内容の一つです。


◎海外進出した地域の人を共に豊に活き活きとした子ども世代が育つしくみとして、その地域にふさわしい地域密着CATVによる21世紀型の日本のしくみを根付かせ、少しづつ、日本の進出だきから換え始めることも一つの、日本の、対症療法、バラバラ貢献から、対因療法的な持続的に地域がよくなり、そのことが、進出企業の持続的善循環になるしくみの一つです。日本の進出エリアへのやり方手法である20世紀の成功体験から、少し視点を変えて、方法をかけなければならない分水嶺の時代になつていることに気づくことを待望しています。
 

◎0歳〜10歳ごろまでに刷り込まれた本音人格が、大人の世界で煩悩を発散させてくれる無意識行動を呼びさませてくれることに気づいたことはありませんか

・繁忙な行動の中で、「ふと空虚な間の時間、悩み解決方向を模索しているとき、子どもの頃の学校で習った童謡を口ずさんだり、子どもの時の風景が目の前に現われ、朝から晩まで動きまわった記憶、寺の行事、神社の境内でのちゃんばら、山登り等、すべて美化され、悪い部分は消えているふとなつかしさがよみがえり、平常心平穏な自分に戻ることができます。

・同郷の人に会う、学校の同窓会でその当時の人に会う、ふるさとの恩師に会う、なぜか、仕事の縁のある人とは違う何か無意識で意識する不思議な感覚の何かがありませんか、そのとき昔帰りして、平常心平穏な自分に戻ることができます。

人間も「鮭のような帰趨(省)本能がある可能性はゼロではない。
0歳〜10歳の時代を過ごした場所によい記憶の量を55%以上に刷り込んでおく。
・大人時代に、よい記憶が増幅してよみがえる機会がある確率は高く、その記憶のふるさとの行事(お盆、正月、葬式等の先人のしくみを活かす)で、ふるさとを離れた人に煩悩発散と、平常心へ定期的にもどすしくみとして活かす。若い時代は、他の地域で頑張るエネルギー補給源となる確率は高い。(原点回帰現象)
・ときどき離れてみる機会として地域密着CATVのコンテンツは、既に今はなき両親親戚、縁者の記録は、発散の機会になります。発散すると、行動をマイナスへ誘導する累積煩悩ポテンシャルが発散され、新しい未来への挑戦パワーが湧き上がるプラス領域の自分になる確率は高い。ふるさとと酷似した近くの場所でも同様な効果が高く、「旅」をその行動の一つです。潜在脳で効果度が高いのは、「ふるさと」の近くが最適な一つです。「ふるさと」には不思議な力があることに気づくことが、平常心を保つプラス領域の方法です。

◎地域にある先人の智慧「森林療法」(森林浴の医療的効果)として現在も地域の多の人の「煩悩のポテンシャル」を吸収し減衰させる効果確率の高いエリアで多くの人が平常心にもどり、穏やかな自分に戻る実績豊富なエリアを選び、地域の人が定期的に集まる演出を推奨します。
ドイツで森林浴を医療行為の一環と捉える「森林療法」が提唱されると、林野庁は2006年に森林浴に適する森をセラピーロードとして認定し、山形県小国町の温泉平や長野県上松町の赤沢自然休養林などを「癒しの森」と認定しています。医療としての森林浴がいよいよ始まりました


・健康を害したとき、心を病んだとき、転地療法にふるさとや、ふるさとに酷似した地域を選ぶ人の事例が豊富ですが、ふるさとに平癒へのエネルギーを湧かす自然の漢方薬になる確率は高い。

・高齢時代は、蓄積した行動総能力をふるさとで活かす機会として、地域密着CATVのプロジェクト推進運営の一員として、実務教導とコーディネータ役、できないときはやってみせることができることにより、「やらされる、義務、食うための仕事、煩悩欲型の仕事等」の段階から地域をよくする基盤づくり、子孫が繁栄するための基盤づくりの一員として、自己犠牲型NPO型ではなくキチンと稼ぎながら社会貢献できるように寿命の期間成長を続けるしくみシステムの中に組み込むようにする。
「大人型子ども」である人も、0歳〜10歳の人のモデルとして、見える化された中で生活すると、よい行動が習慣化し人格化できるやらざるをえないしくみの一つです。子ども、や20歳までの、金を自己啓発以外に稼がない建前優先と別次元の若者の眼からの本音発言の中で、本音は、外部にそう見えていたのか、建前の大人社会で、気づかなかった「ドキッとする」自分を原点に帰し、軌道を修正させてくれる気づきを多く与えてくれる確率は高い。

・地域密着型CATVの機能の中に「ふるさと」という最大のオンリーワンの強みがあることに気づき、今できることから持続的展開し、21世紀型「もとつもたれる」の日本国の資源を活かすことを待望しています。

 

 

 


◎行動と領域の原理

人の行動は複雑に見えるが、単純であり、よいわるいとは別次元の「思い込み」「わりきり」でプラス領域、マイナス領域に誰でもなれます。右脳(知識、情報、知恵)による人としての自己規制力が弱いと同じ人がジキルにも、ハイドにも変わる確率がゼロではない。
行動ポテンシャルゼロからスタートしているため、周囲がプラス領域、マイナス領域へ向けるトリガーポテンシャルを付加し、受精後遺伝子の組込み時できた本能型の行動プロセスプラットフォーム(恋愛とは別次元両親の質格差と子どもの基盤差と相関がある)のプログラムとシステム格差により、行動が起動をはじめます。生まれた後、3歳までにプラットフォームをよい領域で機能するように矯正が必要な場合もあります。3歳以降は周囲集団環境の総合機能で、よい本音人格形成支援が必要になります。
 

◇行動の原理

電気回路演算原理「フリップフロップ」
+1 0 -1 のコンピュータの演算原理と行動の原理と似ている。基本機能は
類似確率が高い。

ただし脳の回路は情報伝達神経機能のために外部環境で+1と-1が逆転する場合があり、記録累積機能が人により総容量限界があり、年齢と共に総容量は減少する。一時記憶量、時間は人によりことなり、有る回数反復記憶しなければ、記憶さえない変容特性を持つています。潜在脳、煩悩を発生する、身体の健康度と相関がある、本能機能が、知識脳の中で、建前でプラス領域を優位でする人の反作用として、環境のマイナスポテンシャルがある一定量をこえると起動し爆発する、コンピュータのバグによるフリーズ現象が起こる。








 


●人は「机上」で仮想している段階では 行動量=0

●人がプラス領域に行動を始めると、プラス領域のポテンシャルは
 0+ ⇒ +1へ向かって時間軸tで変化をはじめる。
 +1 = その時の最終目的達成時の総能力量
 0+ ⇒+0.・・・・  その時の時間内での総行動能力量 <.+1

  0+  は プラス領域に行動するための+トリガー。
      プラス領域へ行動が起動するために+トリガーの必要な
      総ポテンシャル量により、プラス領域方向の仰角が決まる
      (段取り、事前準備と相関)
      ポテンシャルが不足すると、短期でプラス方向ベクトルが
      ゼロになる場合がある。
 
 反作用としてプラス領域からゼロの戻すベ力が環境から発生する。
 常に総行動量をゼロにするように働く。(悪化現象)


●人がマイナス領域に行動を始めると、マイナス領域のポテンシャルは
  0- ⇒ -1 へ向かって時間軸tで変化をはじめる。
  -1 = その時の最終目的達成時の総能力量 
  0- ⇒ -0.・・・・  その時の時間内での総行動能力量 >-1    0-  は マイナス領域に行動するための-トリガー。
    マイナス領域へ行動が起動するために-トリガーの必要な      総ポテンシャル量により、マイナス領域方向の仰角が決まる     (悪化段取り、事前準備と相関)      
    ポテンシャルが不足すると、短期でマイナス方向ベクトルが     ゼロになる場合がある。 
 
  反作用としてマイナス領域からゼロへ戻すベクトルが環境から
  発生する。 常に総行動量をゼロにするように働く。
     (自浄化現象)
 


◇「行動適性」がある・なしは
「思い込み」であり、人が出来る行動は平等に誰でも備わる機能の一つです。

与えるチャンスは成長の節目と「割り切り」行動すると煩悩である好き嫌いとは別次元で「行動ができ」目標ができてしまうのが人機能の一つです。

経営陣の黒子としての制御人財としての機能を発揮するためには「柔行動」の方が、新本流行動へ、人が自力で変わったと「思い込む」軌道を大きく変える総能力量を増幅させる確率は高い


●多くの人の煩悩をプラス領域へ代えて、自ら進んで行動した方が得策と本音で「思い込み」優先行動として「割り切る」突破口の一つは「創市場創客」の超能力を身につけ、周囲の人に、必要な量ギブギブギブできるようにすると制御人財としての機能発揮は想定以上に「柔行動」で出来ることに気づける時がきます。

















































 

人はゼロから行動がはじまります。
今行動が出来ている人は、その総行動能力を時間経過ととともに累積しているだけです。

その総行動能力まで、不足部分を補足すればよいだけです。
専門と総合知識(仮想)と知恵(訓練)の蓄積は5倍目標に行動する。
行動量は、知識量・質に応じた臨床試験行動(実戦)を3倍以上のスピードで行動する。

当面の目標のトップグループの人を決める。(ベンチマークをする)
身近な人を目標とすると、行動能力を高める仰角は小さくなり、トップグループに永遠に追いつけない確率が高い。

1.知識は、トップセールスの体系化したプロセスの一つ一つの基本動作の方法から真似る。(プラットフォームに必要な要素を揃える)

2.知恵は、しくみシステムのフレームを仮説でつくり、訓練しながら、
テーマ別パターンに分けて、仮説を時間系列でカイゼン修正し、より目標に近づける方向のものを選択する。

1.2.を実戦総行動能力を上げるためには、目標を数値化100として、
その数値に時間経過で近づく戦略軌道を描き、目標と実現格差との
差額を見える化して、不足する場合は、知識不足のためで、トップルループの自己啓発の量質をまね、さらにプラスαの最新知識を付加する。

 知識として、テーマ別に50冊以上読破してくると、普通の行動適性の人と同等レベルになってきたことに気づくことがあります。

知識 ⇒ 知恵 ⇒ 実戦(業績貢献の数値) 
⇒目標との差額対策の知識をさらに付加する

このサイクルが必要です。トップグループの人に拮抗できる段階になると、時間生産性と、トップグループが持続的に維持している真因を真似る。固有の暗黙知部分で、それぞれ「思い込み」「割り切り」が違い、自分にふさわしいものを3種類選び行動を始める。3種類の○のものを重点にさらに行動すると、トップグループを超える部分ができたことに気づくときがきます。この段階から、周囲の「共鳴、共振、共動」する人から同一行動に向く矯正を始めると、組織業績貢献数値は、個人型トップグループの人より、桁違いの格差がではじめることに気づきます。

●人の行動ポテンシャルを活かし、周囲の行動ベクトルをプラス領域へ向けて、起動させ、周囲の行動がプラスに動かす最適な方法は、
一人一人のベクトルの方向をチェックし、マイナス領域方向の人のマイナス起動要素である「煩悩本能累積ポテンシャル」をプラス方向へ発散できるよう、発散のカタライザー役をし、プラス方法へ変わった瞬間に後から初速度を付加すれば、一気に、目的方向へ変わります。
「今どんな煩悩で最優先行動をしているか」その実現のサポート、支援に徹するギブギブギブ、何も対価を要求しない。対価は目標実現させればよいと「割り切る」と、私の存在に気づかなくても、目標実行のために周囲が協力する「柔行動」が発揮するようになります。80%以上の人が「出世欲、上司周囲に評価されたい、給料は他の人より多く」の煩悩本能を持っているため、ふさわしいギブギブは、業績貢献度競争、キャンペーンでの上位ランクになる演出が効果が高い。創市場創客、高効率しくみシステムで3回以上実績を出すと、どの人も私を自分に都合のよい人の一人となり、業績貢献をより効果的にするしくみシステム人の教育等の日常の行動もプラスポテンシャルに変わりはじめます。「もちつもたれつ」を目的的にすると、周囲の人の助けで、実現できてくる不思議さと、周囲の全ての人の助け協力への感謝が湧き始めるときがきます。私は「剛行動」優位の時代は、敵味方が鮮明でしたが、「柔行動」時代になると流線形型業務に変わり、人の行動を必要節目ごとにベクトルを少し修正するだけで、無理なパワーの必要度が減衰し、推力パワーとして優先させることができる段階になります。

◎周囲の一人ひとりに都合がよい人とは 「自分が目的達成したいとき必要な人が必要なだけ、自分の都合に合わせて最優先で総行動パワーとして協力支援していただける」自分からの視点で見ると、最強のありがたい力を持ち自分の不足した力を補完してくださる力であることに気づくことが必要です。ギブギブギブ、何も対価を、求めないことは、周囲のひとが、その量よりはるかに大きい質量を自然返してくださるの機能が人の本音人格の中に刷り込まれているのではないかといつも感じていました。今も感じます。(機械に人工的に構築しなければならない長い期間人間の先人から受け継いだ知恵の記憶の一つなのかもしれません。


◇取締役になりたい人は、自社の現在の経営者の歴史を見て課長段階から昇進の分水嶺があることに気づくことが制御人財として生き残る原理です。

 
用語について(行動比喩)
 ・虎とは(虎人財)
  企業組織のその時の頂点の人で
  一名だけです。その企業組織
  の全ての価値判断の思考行動の
  あらゆる範囲を決める人。善悪
  正しい、間違いは別次元ですべて
  その人の決断した結果です。
  常に時流に会わせ最善とおもう
  行動へ最新化変化する場合が
  あり、不易流行の本質がつねに
  流動化できる人。
  構成する組織内の人は虎の価値
  判断を推測して行動し、正しくな
  い行動は虎の過去の価値判断で
  行動し、時流にあわせた判断の
  修正をしたなかっただけです。
     虎は、頂点責任者として全ての
  行動の責任を集約する人であり、
  構成員を正しく最新化するしくみ
  システムを構築していることが必要
  十分条件です。
  生殺与奪の権、蓄財と分配の権
  を持つあらゆる機能の頂点の人。 

  オーナー型虎(自ら虎になる人)
  サラリーマン型虎(組織の中で
  選ばれた人で、一部虎機能が
  欠落している人) 

 ・子虎とは(継承予定人材)
  
人財に自力で成長する必要
  があり虎機能としてまだ
  成長量が不足している部分は
  制御人財狐を複数養成し、
  意見具申ができやすいしくみ
  システムを構築すれば、先代
  の虎以上の機能発揮できる
  確率は高い。自らの能力と
  不足を知り、人罪と人財の
  時間軸での正しい判断が必要。  

 ・狐とは
    一般の狐人材のずるい、だます
  行動とはことなり、他の人から
  みるとそのように見える場合も
  あるが、その見る人の鏡に映る
  姿であり、その見る本人の本音
  であることに気づくことが必要。
  虎が虎らしく機能発揮すつための、
  行動の一部または複数を思考し
  行動する補佐代行する人のことで
  あり、虎以外の人全てをいう。 

    制御人財型狐
    
虎が縦横に機能発揮して目的を
  達成するために、虎が組織全体を
  効率的に遂行できるように黒子とし
  て下位組織では虎の威を借る狐
  の役割を分担する経営陣ののこと。
  正しい制御人財狐は、虎の価値
  判断が何か変な場合は、意見具申
  をして、虎の思考行動方向をかえる
  機能発揮が必要です。
  虎が変な行動をするように外部から
  見える場合は、この制御人財型狐
  の数が不足して、独断専行する虎
  の力が強すぎるだけです。

  20世紀後半の虎直結の文鎮組織
  水平組織は景気が右肩下がり、
  不況が普況の業界が復元軌道に
  乗らず倒産軌道を雪だるまのごとく
  向かう確率の高い悪手の一つ。
  変化が激しく競合他社の人材の
  成長スピードが早い時代、どんな虎
  でも常に正しく早く即断して指示待
  型狐集団を動かしたり、ある専門
  分野の狐以上の能力を持つことが
  出来難い時代になつていることに
  気づく必要があります。
  行動責任を分担した縦型狐組織と
  プロジェクト型組織横断狐が必要な
  21世紀型縦横組織で虎を補佐し
  代行するさせ、大局視点からコント
  ロールする方が成功確率は高い。

 ・組織に入ると、2名以上の組織から  組織人としての狐行動がはじまり、  3名以上になると1名の虎の威を借
  る狐行動が、上位の狐に対して
  必要になります。20名単位に1名
  の虎の威を借る狐が必要です。
  組織拡大とともに、制御人財候補
  の複数養成が必要になります。











































 

企業のパターンに応じた制御人財機能の日常発揮方法を企業の経営者が創る環境条件に適応することが生き残り、勝ち残る分水嶺です。多くの志半ばで、挫折した先人を分析すると、勝ち残りの条件が鮮明分かります。全てその時の経営のトップが事業継承後を衆知独裁で決めた結果であ現象です。

1.オーナー経営者がオーナー同族(特に子ども)に継承した意向が見えた企業の場合の役員になる行動
「オーナ創業経営者(社長)は、「大虎」と捉える。副社長専務は女房役、「大狐」と捉える。取締役、拠点長、部長は、立て組織の「狐」の組織と捉える。同族経営の場合は、どんな優れた社員もその同族の中の子どもの一人となり、肉親の子ども「虎の子」が優位であるため、狐に徹し、「虎の子」が優秀な虎であることを演出し、矢表は自らがし、「虎の子」の不足は補完する行動「無償の愛」が重要です。
同族とは無関係な制御人財は、長期間地位維持する取締役、拠点長、部長は「虎の威を借る狐」と捉え、その地位を脅かさなで、最大の部下であることに徹することが重要です。「大虎」が年をとり「子虎」へ継承段階になると、「大虎」大虎のブレーンの狐で、自力能力がつく短期中期で「子虎」以上の能力をもつ狐は、徹底的に排除に入ります。理屈を超え、こんなやり方までするのかと思う方法を採る場合があります。「剛行動」の極致となります。不十分な場合は「大虎」の影響がなくなると「子虎」が生き残れない場合に逆転し、狐が「虎」へ豹変する「剛行動」をとる場合があり、新しい狐組織ができます。創業からの成長課程で気づいたものが、蛇行をはじめ、長期で見ると、その会社が、創業と同レベルで21世紀環境で生き残ったり、存続できない企業になっているところが多い。
「大虎」は自分を超える可能性のある狐は、どんな企業貢献実績者も排除すると決めたとき短期で排除します。排除された「虎の威を借る狐は」は直属の狐をつれて造反しますが、長期では「虎」でないので、存続できない企業が70%以上あります。

制御人財の「あなたが虎の条件がない場合」は「虎の威を借る優秀な狐として」「子虎」を全面に立て、キチンと企業を素晴らしい世界へ比肩できる企業へ育てる一員になることを推奨します。課長時代から「虎の威をかる狐」の上司を昇進させる支援をする「狐」に徹すると、部長段階までは、その上司が拠点長に昇進する段階まで可能です。上司の狐が、あなたを自分を超える狐と気づくと「虎」への報告が、わるいとこ探し、わるいとこ報告となり、成功は全て上司の狐に横取りされるような現象になり、
「虎は」あなたを排除の機能として働き始めます。上司の狐を超えない行動に徹し、内部の力を蓄積し、上司の狐とは無関係な機会が左遷という形で有る確率が高く、その新天地が、白日に実力を発揮させ「虎に」明確に存在感をだせる時です。ただし、そのとき、前の「上司の狐」が育ててくれたお蔭であることを本音で思い込みPRすることが、役員へ昇進する分岐点になります。


オーナー企業で実力を発揮できた制御人財でも、大企業組織型のなかで、多くの引き向き転職しても、短期で能力発揮前に退職してしまう確率が高い現象は、経営土壌、価値判断の違いに気づき、固有技術暗黙知を一定期間横に置き、その組織に融合し、拒否反応をゼロにして行動しなかっただけですが、組織のうねりのような拒否反応をゼロにする能力は、過去一時期組織優位の企業で組織人として働いた人以外気づけない欠落部分です。

逆にオーナー経営者が大企業、組織優位企業の優れた実績の人財を引く抜いてきても同族の経営土壌、価値判断を180度変える部分があり、うねりのような拒否反応で、短期で退職する現象になります。

◎「大虎」「子虎」「虎一族」がただしく判断し、企業をキチンと成長させるための社員の総ベクトル報告を制御する黒子に徹し、各虎の
欠落したり未成長の部分の補完をし、最強の「虎」を演出し、常に虎を通して威光が発揮できているように行動することが必要です。
子虎が、自分を超え、自分の身の危険を感じさせると、短期で非情な排除に入ります。オーナー企業は、自分の行動自制が必要な企業です。30年以上勤務すると必ず後継問題があります。21世紀は転職より帰属して、大きな世界の舞台で活躍できる自在にに動く組織の中で「虎の威を借る狐」の方が、衆知独裁方式で未知の挑戦ができる自己実現の場が豊富です。組織の中の自分とは異なる、多数決と次元が異なる魅力があります。

◎公表されている、オーナー企業の人材評価基準の細部評価のプロセスも含めて常に全社で上位グループの数値になるように、仕事を選び、周囲が評価できるような結果をだし続ける行動の重点を組み立てる。人の支援が、その点数にハロー効果がでる行動と、支援したい人がハロー効果が他の人に見え、プラスになる演出をする。
オーナーの最終決断が、実際の評価数値と、人事考課、給料との
乖離を、共有公開データから分析し、ずれゆらぎの傾向を観(診)る
精度を上げ続ける。日常行動で乖離した人の「虎」との関わり内容
をよく観察しておく。自部門にも1名以上います。すぐ気づけます。
その人と上司(虎の威を借る狐)との関わりを観察し「虎」のいる日
の早朝から仕事終了後まで観察すると、おぼろげながら描ける仮想が出てきます。


社員は玉石混交であるため、玉とよい石で60%選別して、残り40%は、手足人材、人在として、戦力として必要なときのOFFJT方式で「虎の威を借り」動かす方式をとり、目標を20%以下で設定し、ゼロ計画で、プラスで儲けけものとして割り切る。狐だけでは、自分の狭い仕事範囲でしか行動しない人たちです。虎以外動かない非協力者。
オーナー企業の特色人材、人在、人罪です。


2.上場、上場予定の中堅大企業の中で役員の中で役員になる行動

組織の多数決で、人事がきまります。60%以上に評価される人財になることが必要です。当面の上司に学び、上司の価値判断にプラスαが付加できるまで、早朝出勤方式と、夜8時以降10時まで、組織の全分野のしくみシステムを共有情報かた学ぶ。
その共有情報を構築した、リーダー的人財から、書籍との内容と現実とのちがい、知恵のポイントを学ぶ。行動は組織力を発揮するように最適な人組みを創り、各人に知恵の付加を日常OFFJTの中でする。ある程度の知識基盤があるので、理屈で体系化したヒントで納得すれば行動する確率が高い。「剛行動」を採ると反作用行動を人を組織化して行う場合があるので、「柔行動」型の反作用がすくない方法をとり、納得しない人は、ゼロ計画の方がよい。

◎公表されている人材評価基準の細部評価のプロセスも含めて常に全社で上位グループの数値になるように、仕事を選び、周囲が評価できるような結果をだし続ける行動の重点を組み立てる。人の支援が、その点数にハロー効果がでる行動と、支援したい人がハロー効果が他の人に見え、プラスになる演出をする。
役員会での最終決断が、実際の評価数値と、人事考課、給料との
乖離を、共有公開データから分析し、ずれゆらぎの傾向を観(診)る
精度を上げ続ける。自部門の拠点長の評価により力関係が決まり、自部門の拠点長が、他の拠点長より優位になるように、全社共通のキャンペーンでは、必ず上位実績を上げる制御人財の役割を率先垂範しリーダー役割と、全員参加、ゼロ貢献者絶無の補完作戦をする。
創市場創客、機能開発改善提案等、業績に関わるものを重点に、総能力量を常に増加させる場として活かす。部長拠点長、役員になったとき、自力で自部門の売上計画数値を達成するために、全員を上司の威を借るキー人財として蓄積した総能力を発揮させると、社内の60%以上が「瞬間剛行動」をしたと同じ効果の、潜在の本音人格の中にあなたの一目置かなければならない強みが刷り込まれ、3回以上実績を積むと、固定化し、上司の威を借りなくても、通常業務が円滑に回転をはじめたことに気づくときがきます。

あなたが、どこの部長、拠点長、取締役に配属されても、業績貢献度を全社比較したとき必ず上位に入れる確率が高い。3位までは、市場の優位性があるため、その拠点に配属されると、前例のない記録的1位を採ることができる訓練の場と捉える方が、総能力量成長のスピードをあげる方法です。

時が来れば、自然の流れで、周囲から押された昇進が始まる時がくる確率は高い。


3.上場中堅、上場企業の、グループ企業(ホールディングス)の中で役員になる行動

個別企業の役員の中から、グループ全体の組織の、最高ノウハウと行動力が過去あった人が優位ですが、企業グループが世界の中で現状から新しい軌道へ変更を意識した時代は、創市場創客の機能の豊富な実績と、今その企業の組織を短期で動かすことが出来る制御人財を各企業から選び、次代の方向のしくみシステム、人の変更を外部の力も借りて戦略的プロジェクトを組む企業がでてきました。

2.の中で各企業での制御人財機能を高めると同時に、企業グループ全体最適を目指すための行動ベクトルの微調整必要です、企業グループ関連会社の相乗効果を常に考え、今の所属する企業が、グループ力を活かすと、創市場創客が、130%以上の目標をいまより楽に突破できることに気づき、グループ企業の制御人財連携を日常から、知識情報のギブギブギブ行動を始めることを推奨します。ホールディングスが、実現を推進する分担機能を、連携した整合統覚した行動ができる制御人財として実力を発揮する人生劇場がはじまる時期が近づいていることにきづくことが戴せるです。
 

 

 

 

商品一覧