開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

神戸市の主な取組み

■神戸市の主な取組み  100922







神戸市は地域の持続的収益を上げる投資効果の高い事業を核にした最先端都市計画
が戦略的「産学官連携」により直実に進化をはじめている地域の一つです。神戸医療
産業都市、次世代スーパーコンピュータ開発、神戸空港も含めたポートアイランドが
2期目に入りました。


神戸市は、1889年(明治22年)に市制を施行しています。当時、人口134,704人、
面積21.28平方キロメートルでしたが、市勢の発展や数次の周辺市町村との合併
により、現在は、人口1,490,834人、面積544.56平方キロメートル(1992年(平成4年)
1月1日)に及びます。その中で、全人口のうち約75%が市域の約30%にあたる
既成市街地域に集中しています。また、1990年(平成2年)国勢調査で65歳以上
老齢人口比率をみると、全国平均12.0%、神戸市11.5%となっています。
 

 
更新 2010.09.22

□神戸市





 

○市について
◆歴史
◆市勢要覧
 

◆外郭団体

 

◆区役所

◆地域活性化

 


□神戸市の主な取組み
 

◇総合基本計画





 

 2010年を目標年次とする現行「第4次神戸市基本計画」「区別計画」および「神戸2010ビジョン」「区中期計画」の次期計画について、社会経済情勢の変化に対応しながら、民・学・産と行政の協働と参画により策定を進めます。

 これからの神戸づくりを進めるための次期基本計画について、学識経験者や各界の民間団体の代表者、市会議員等から構成される「神戸市総合基本計画審議会(平成21年7月27日設置)」で審議を進めています。審議会では、次期基本計画(2025年をめざした長期的な神戸づくりの方向性を示す「神戸づくりの指針」および、2015年度を目標年次とする実行計画「重点施策計画」「各区計画」)の策定について、市長から諮問を受け、総会と3つの専門部会(市民生活、活力・魅力、都市空間)、重点施策計画検討部会、調整部会にて審議を行い、市長に答申を行います。
 

◇新たなビジョン(中期計画)



 

 震災や復興過程で得た経験や教訓を踏まえながら、これからの神戸づくりの指針となる「新たなビジョン(中期計画)」を市民の協働と参画により策定し、将来のまちづくりの方向性を市民と共有する。

2004年1月13日の「神戸市復興・活性化推進懇話会からの提言」を受けて、復興計画の計画期間以降に残された中長期的課題の解決に道筋をつけるとともに、復興の過程で生まれた新しい取り組みを生かしていくため、同提言の「これからの神戸づくり」の方向性を具体化し、「選択と集中」による戦略的な計画づくりをめざす。
 

◇神戸市医療都市構想







 

○市民の医療水準の向上と神戸経済の活性化のために

 神戸市では、ポートアイランドにおいて先端医療技術の研究開発拠点を整備し、産学官連携により、21世紀の成長産業である医療関連産業の集積を図る「神戸医療産業都市構想」を推進しています。本構想は、「市民の健康・福祉の向上」、「神戸経済の活性化」、「国際社会への貢献」を目標としております。1998年10月に構想の検討を始めてから、11年が経過しました。
現在、ポートライナー「先端医療センター前」駅周辺などに11の中核施設をはじめ、170以上の医療関連企業が進出し、ライフサイエンス分野のクラスター(集積拠点)として整備が進められています。2007年3月に「神戸健康科学(ライフサイエンス)振興会議」から、市長に報告していただいた「神戸健康科学(ライフサイエンス)振興ビジョン」の具体化に向けて取り組んでいます。
 

◇次世代スーパーコンピュータ



 

○次世代スーパーコンピュータ(京速コンピュータ「京」) 

「次世代スーパーコンピュータ(京速コンピュータ「京」)」は、国家基幹技術として2007年3月神戸ポートアイランド第2期に立地が決定し、2012年のスーパーコンピュータ供用開始を目指して、(独)理化学研究所によって整備が進められています(2010年5月建物完成)。稼働後は、国内外の産学官の研究者等に幅広く開かれた共用施設として利用される予定です。
 

◇デザイン都市神戸













 

 ○ユニバーサルデザイン

 
人にやさしい・人がやさしいユニバーサル社会の実現をめざして、神戸市では、市民、事業者、地域団体、NPO、大学・学校等、行政の連携体である、こうべUD広場(こうべユニバーサルデザイン推進会議)を中心にさまざまなユニバーサルデザインの取り組みを行っています。

・神戸市交通バリアフリー基本構想
神戸市の交通バリアフリーに関する基本方針や計画を定めた「神戸市交通バリアフリー基本構想」について紹介します。

すべての人にやさしいまちづくりに向けて、お年寄りや障がいのある人などが、安心して快適に移動することができるよう、パブリックコメントなどでいただきましたご意見を出来る限り、反映して「神戸市交通バリアフリー基本構想」を2002年11月に策定しました。

 公共交通事業者、道路管理者、公安委員会などの各事業者は、「神戸市交通バリアフリー基本構想」に基づいた事業計画を作成し、事業を進めていくことになります。この事業計画を特定事業計画と言います。

・バリアフリーのみちづくり
高齢者や障がい者の方々をはじめすべての人にとって使いやすい道路整備を進めています。
 

◇次世代のこどもを育む市民会議










 

明日の神戸をより良いまちにしていくためには、次代を担う子どもたちの健全な育成がもっとも大切なことです。その中でも子どもたちに「命の大切さ」、「市民としての規範意識」、「思いやり、助け合いの心」などを育むことが重要であると次期基本計画の議論等の中でもこれまで各方面から繰り返し指摘されているところです。
こうした議論を、真に子どもたちの心に届く形で実践していくためには、学校だけでなく、すべての教育の原点である家庭、そして地域や企業等も含めた取り組みが必要です。
そこで、学識経験者・教育関係者・福祉関係者・市民・企業関係者等による市民会議を開催し、次代を担う子どもたちを健やかに育てるための基本となる考え方を検討するとともに、その推進方策等についてもあわせて検討していきます。

・市民会議の委員(地域の分野のリーダーから選出)
・これまでの開催概要

・地域のみなさんのご意見
今後の市民会議での議論の参考にできればと考えておりますので、次代を担う子どもたちの健全な育成について、みなさんのご意見をお寄せください。
 

◇神戸RT(ロボットテクノのロジー構想)




 

神戸には、従来から機械、金属、電機などの優れた技術を持った中小企業が数多く集積しています。「神戸RT(ロボットテクノロジー)構想」は、これら優れた技術を組み合わせ、医療、福祉・介護、レスキューなどの分野で活躍するロボットの新技術・新製品開発につなげ、市内企業の活性化や市民生活の向上を図っていこうとするものです。(財)新産業創造研究機構(NIRO)ロボット研究所などと連携し、産学民官が一体となって、以下の3つの柱を基本に構想を推進しています。

ロボット開発を通じた産学官の連携による「ものづくり技術の高度化」と、「市内産業の振興」を目指します。 市民や次代を担う子どもたちに、ロボットを通じた「夢」と「ものづくりの楽しさ」を伝えていきます。 ロボットによる「豊かで安全・安心なまちづくり」の実現を目指していきます。
 

◇国際交流



 

神戸市では、海外諸都市との国際交流や、外国人の方々が暮らしやすいまちづくりを進めています。

◆神戸市の姉妹・友好・親善協力都市
各都市の概要や神戸市との交流のあゆみを紹介しています

 


◇神戸空港


戦略
茨城空港の方向の180%逆にする。格安専用空港化、地域のセキュリティ地域の安全に膨大な金食い虫がはじまりました。大空港にしか不可能な内容はそこにまかせて、ローカ色場末空港化をしないことを推奨。格安の数の多いお客様の不満足度が今のインフラでは想定以上に高過ぎることと、その国での地域の強みを活かせない活かさない人の多くに地域のマイナス評価が定着し、他の大空港へリピートが変わることに気づく時がきます。
さすが「神戸空港」を目指し、
世界、日本の賓客富裕層重点と軽薄短小の主流を重点し、運賃割高で満足度が高い地方空港モデル化を目指す方向を待望します。
茨城空港より多くの複合的強みがあり、他の地方空港は地域の商流・人流の持続的進化と地域の収益化の突破口の方向を明確化できる実証試験にふさわしい空港。中部空港との拮抗した進化を待望します。 A志援ms















































 

◆空港概要(施設概要・就航路線など)
・設置管理者  神戸市
・位置  神戸市中央区神戸空港  三宮から約8キロメートル
・アクセス  新交通(ポートライナー)で三宮から18分(最短16分台)
・空港島の面積 272ヘクタール
・滑走路 2,500メートル 1本
・開港日 2006年2月16日
・運用時間 7時から22時
・利用実績  約258万人(2008年度)

◆神戸空港の経緯
・1982(昭和57)年6月
神戸市が「神戸沖新空港計画試案」を発表
・1985(昭和60)年5月
市会で、国に対する「神戸沖空港の第5次空港整備五箇年計画への組み入れに関する意見書」を議決
・2006(平成18)年2月16日 開港
・2006(平成18)年7月 海上アクセス(神戸-関空ベイシャトル)再開
・2006(平成18)年9月 国際ビジネスジェットが初就航

○旅客需要見込
開港  当初年間319万人
2010年度 年間403万人 (この程度で満足することは日本の地域空港の
モデルとして低すぎる数字です。)

◆神戸空港の利用状況

そろそろ 運行機別の総売上と固定原価人件費(機種別ウエイト分散設定)する。変動費は、限界利益が算出が出来やすい管理をする。
空港維持費用(減価償却も含め年間仮説設定)等月次管理と創客・創商流を先行管理で、年間客単価が30%以上アップする。倒産日本航空の再生支援の一つとして保有する稼動計画外の海外へ超低価格で売却される機体をリース方式で年間減価償却以上事業費で機体と乗務員のレンタル型自由に運行計画が組める機体を2機(往復)以上確保し、商流で乗客の不足を補填する機体当たりの利益計画を立てると、年間客単価アップ計画の実現度は高くなる。利用は、神戸市の企業が協同活用する。商店街の海外イベント費用を地産地消できる方法の一つです。市内の中高の海外旅行は、専用機チャーターと同様な内容で、ローコスト化できるしくみの一つになります。新方法論は無限。先行管理型デジタル管理のしくみシステム構築段階の強化を推奨します。当面の設備投資は滑走路1本の最大限限界内での効率運行活用が全体。需要推移に従い、滑走路2本目のための設備投資費用へ収益の一部を計画的に累積させ、役員人件費、株主に過剰な流出を防止することが着眼。神戸空港の場合想定外の神戸港との相乗効果による複合プラス効果が予測できる確率は高い。また地域の世界の「智慧の先進地域」として、世界の知恵人財の集積確率は高い。 A志援ms

◆環境に調和した空港
環境上及び管制間隔設定上の理由により、離陸後は明石海峡に向かって飛行するルートを設定。 東京方面、東北・北海道方面はその後、播磨灘において北に変針するが、航空状況によりその手前で北上させることがある。 北部九州方面は小豆島付近を通過後、西方に向かう。 南部九州、沖縄方面は淡路島西方において南西に変針し、高知方面に向かう。
・管制官がレーダーにより周辺の航空交通の状況を監視しつつ、パイロットに進路を指示する誘導方法。
・東京、東北・北海道方面からは、兵庫県中部付近より南下し、海上で旋回をして明石海峡に向かい、その後、西から進入する場合は直線的に進入し、東から進入する場合は空港の南側を旋回し着陸する。 九州、沖縄方面からは淡路島南西部を通過後、播磨灘で旋回し明石海峡に向かう。その後は東京東北・北海道方面からの到着と同経路。
1ft=0.305メートル

◆航空機騒音監視
・淡路市、明石市、中央区ポートアイランド、垂水区五色山の4地点では、航空機騒音を常時測定する監視局を設置して測定しています。
・その他の地点では、年数回の頻度で期間を定めて、観測員が航空機の音を確認しながら測定を行います。(定点監視の実施内容は必要に応じて見直します。)

◆大阪湾ベイエリア交通体系図

・市バス、地下鉄
・神戸港
・道路交通
・関西国際空港


◇行財政改善




 

神戸市は、阪神・淡路大震災からの早期の復旧・復興を図るため、2兆8千億円を超える膨大な復興財源を捻出するとともに、その影響によりピーク時の平成7年度には約1,160億円の収支不足が発生するなど、非常に厳しい財政運営を行わなければなりませんでした。
こうした状況においても、行政は市民のくらしと安全・安心を守るという使命を果たさなければならず、そのための行財政基盤の構築に向け、市では、震災直後から行財政改革に着手し、現在に至るまで切れ目のない取り組みを続けています。
 


□事業者向け情報

◇企業誘致













 

○神戸の産業用地の案内(パンフレット)pdf
空・海・陸の交通が都心に極めて近く、しかも機能的に連携しているのが、神戸の大きな魅力。全国主要都市へほぼ1〜2時間以内にアクセスできるだけでなく、市街地には鉄道・地下鉄網がきめ細かく整備されており、市内各地はもとより、大阪や京都など、近隣都市への移動もスムーズです。また、西日本、東日本、日本海側にも容易にアクセスできる高速道路網は、広域の物流ネットワークを形成。世界各地と結ばれた国際貿易港は、すぐれた港湾機能を備えており、海運のメリットが活用できる好環境にあります。
人・物・情報の移動とアクセスに、まさに理想の立地です。

◆「神戸医療産業都市」企業進出の案内
◆分譲中産業団地
・ポートアイランド(第2期)・空港島・神戸テクノ・ロジスティックパーク
◆神戸のビジネスポテンシャル
・21世紀を先導する国際都市・神戸だから限りないビジネスポテンシャルに満ちています

◆西神ニュータウン店舗用地
・くらいを彩る物販・飲食・サービス店舗をお考えの方
◆神戸市住宅供給公社(とくゆうち神戸市内約130団地)
・従業員向け住宅のご案内
 

◇神戸港











 

○阪神港が「国際コンテナ戦略港湾」に選定されました。
政府は昨年、国内主要港を対象に、更なる選択と集中により、特に重点整備する「国際コンテナ戦略港湾」を1、2ヶ所選定する方針を示しましたこれを受けて、神戸港は大阪港とともに「阪神港」として国際コンテナ戦略港湾に応募を行い、2010年の4月から6月にかけて行われたプレゼンテーション等において、集荷機能強化や民の視点に立った港湾経営主体の構築等の戦略について具体の説明を行ってきました。2010年8月3日に開催された「国際コンテナ戦略港湾検討委員会」による検討結果を踏まえ、国土交通省政務三役により、阪神港が京浜港とともに、国際コンテナ戦略港湾に選定されましたのでお知らせします。
・阪神港(神戸港・大阪港)

◆神戸港のイベント(過去一覧)
◆神戸港のクルーズ客船
◆神戸港の観光施設
◆神戸港のビジネス
◆神戸港について
◆みなと総局の事業紹介
 

◇神戸市用途地域

 

このホームページは、都市計画情報のうち平成22年8月13日(最新の告示年月日)時点の神戸市内の用途地域・建ぺい率・容積率・高度地区を表示したものです。
お調べの土地が、用途地域、建ぺい率、容積率、都市施設等の境界附近の時は、ご来庁のうえ必ず係員にご確認下さい。
 

◇神戸の農漁業


















 

ゆったりと広がる農地と山、海に囲まれた神戸では、都市の暮らしと豊かな農漁業が営まれていることを、みなさんはご存知ですか?このページでは神戸の農漁業をさまざまな面からご紹介します。みなさんがこのページを通して、神戸の農漁業について知ってもらうこと、また実際に食べたり、観光農園や交流施設で実際に体験することで地域で生産された農水産物を地域で消費しようとする「地産地消」への理解や取組みにつながっていきます。

○買いたい・食べたい
有名なものから意外なものまでさまざまな農水産物が市内各地で生産されています。みなさんも地元の農水産物を一度見つめ直してみませんか?きっと新鮮で、安心、安全な農水産物をみつけることができるでしょう。

◆神戸の地産地消(農水産課)
◆神戸の野菜(こうげ旬菜)販売店の紹介ページ
・こうべ食の安全安心農産物推進委員会
◆神戸の花き販売店の紹介ページ
・神戸市花き協会
◆農産物直売所の紹介ページ
JA兵庫六甲(外部リンク)
◆神戸ビーフ販売店の紹介ページ
・神戸肉流通推進協議会(外部リンク)
◆神戸の水産物直売所の紹介ページ
・神戸市漁業協同組合(外部リンク)
◆神戸ワインの紹介ページ
・(財)神戸みのりの公社(外部リンク)
◆六甲山牧場の乳製品の紹介ページ
・(財)神戸みのりの公社(外部リンク)

 

◇神戸の商工業











 

◆中小企業向け融資制度
◆海外事務所
◆戸べし・中心市街地活性化基本計画
◆上海、長江交易促進プロジェット
◆大規模小売店市場振興施策
◆ベンチャー中小企業起業家のための支援施策
◆中小企業者(工業)の方へ
◆神戸RT(ロボットテクノのロジー構想)

 神戸には、従来から機械、金属、電機などの優れた技術を持った中小企業が数多く集積しています。「神戸RT(ロボットテクノロジー)構想」は、これら優れた技術を組み合わせ、医療、福祉・介護、レスキューなどの分野で活躍するロボットの新技術・新製品開発につなげ、市内企業の活性化や市民生活の向上を図っていこうとするものです。(財)新産業創造研究機構(NIRO)ロボット研究所などと連携し、産学民官が一体となって、以下の3つの柱を基本に構想を推進しています。
ロボット開発を通じた産学官の連携による「ものづくり技術の高度化」と、「市内産業の振興」を目指します。 市民や次代を担う子どもたちに、ロボットを通じた「夢」と「ものづくりの楽しさ」を伝えていきます。 ロボットによる「豊かで安全・安心なまちづくり」の実現を目指していきます。
 

◇経済、雇用緊急対策





 

兵庫県信用保証協会及び取扱金融機関との連携の下、市内の中小企業の方々の経営を金融面から支援するために資金ニーズに合わせて様々な種類の中小企業融資制度を実施しています。
小規模事業者の借入負担の軽減をはかるため、平成21年度に拡充を行った融資額400万円以下にかかる信用保証料の市全額負担を、平成22年度に限り、融資額500万円以下に引き上げます。(平成22年4月1日より実施)

●「小規模事業者」とは、従業員が20人(商業・サービス業は5人)以下の事業者のことです。
 

 

 

 

商品一覧