開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本分析機器工業会

■(社)日本分析機器工業会   100918







設立は1960年で、当初会員企業は18社で年間生産額約35億円の規模で発足しました
が、その後の分析機器の多用化と高性能化はラボラトリー用(実験・研究用)の需要
増大とともに品質管理用、プロセス用、環境用(公害観測・作業環境対策用)、医療用
(検体検査用)、バイオ関連用とその用途を拡大してまいりました。

そして現在の工業会は2007年4月1日現在で正会員117社、賛助会員87社となり、正会員企業の
2006年度生産総額は4,270億円を超え、そのほぼ50%が輸出であると言うグローバルな産業分野
となりました。

工業会の活動としては、常設の8つの委員会が各種の事業を行っております。

その内容は関係官庁・関連団体との連携・協力の他、毎年の「分析展」の開催、分析機器の需要・
開発動向を探る調査研究、JIS・ISO・工業会規格等の規格作成、あるいは会員企業に共通する労務や
知財権に関する課題の研究など、多岐にわたっております。

また、分析機器の世界市場への普及に伴い、近年は米国のALSSA,英国のGAMBICAなど、海外の
関係団体と連携した種々の国際的な活動も積極的に推進しています。

21世紀に入り、真に豊かな生活の実現とその基盤となる社会・経済の一段の飛躍が
求められている中、すべての産業分野に共通的に必須である分析技術は、新技術・
新製品の開発のみならず、環境モニタリングや食品などの安全確認にも必要欠く
べからざるものとして、その重要性をますます高めております。

これからの工業会活動においては、私共の業界が先端的な技術開発力を維持し、
常に変化するニーズに対応し得る分析機器の提供ができる体制を確保していける
ことをターゲットに、各種の事業を展開してまいりたいと存じます。
                                                                             あいさつ 2010.09.18

 


 更新 2010.09.18

□日本分析機器工業会




 

◆概要(あいさつ)

◆工業会概要

◆事業の概要
分析機器に関する研究・調査、分析機器に関する技術の向上、分析機器の需要開拓、分析機器工業の高度化などとこれらに関する関係機関への協力で、次のような事業を行っている。

◆組織

●プレスリリース
2010.06.03 2010.05.20工業会設立50周年式典

 

◇分析機器と社会との関わり





 

化学合成の技術が発展して新しい物質ができれば、次はそれが期待していたとおりにできたかを確かめたくなります。確かめるためには分析してみなくてはなりません。こうして合成技術と分析技術、それを助ける機器が発展してきました。言葉を変えればこれからの技術と機器が科学を支えてきたといえるのです。しかし、産業の発達がいつしか行き過ぎるところにきてしまいました。公害、酸性雨、地球温暖化といったグローバルな環境問題です。これらがどうして起こり、今どこまでひどくなっているのか、対策を講じたとしてその効果はあがっているのか。これらの課題に対して、分析機器が答えようとしてくれています。しかし、身近にあるとはいいがたいものですが、意外なところで皆さんも目にしているかもしれません。
 


◇製品分類


「物質の組成,性質,構造,状態等を定性的・定量的に測定する機械・器具又は装置」を指します。
用途別には,ラボラトリー用(実験・研究用),環境(公害)用,プロセス・現場用,保安・作業環境用,医用(検査装置),自動化関連機器・情報処理システム,バイオ関連分析機器,その他に大別されます。


ラボラトリー用

◆電気化学分析装置

 電気滴定装置,ポーラログラフ,電解・電量分析装置,導電率計,pH計,電極式濃度測定装置
 

◆光分析装置

 

 紫外・可視分光光度計,赤外分光光度計(分散形,フーリエ変換形),近赤外分光光度計,光電測光式発光分光分析装置,誘導結合高周波プラズマ発光分析装置,原子吸光分析装置(フレーム方式,電気加熱方式),蛍光光度分析装置,ラマン分光光度計,施(偏)光分散計,光電光度計・比色計,濁度計,光散乱光度計,色彩測定器,屈折計,デンシトメータ,化学発光分析装置など
 

◆電磁気分析装置



 

 X線回析装置,蛍光X線分析装置,X線吸収分析装置,電子プローブX線マイクロアナライザ,X線応力測定装置,質量分析装置(二重収束形,四重極形,GC/MS,LC/MS,ICP/MS),二次イオン質量分析装置,飛行時間型質量分析装置,核磁気共鳴装置,フーリエ変換型核磁気共鳴装置,電子スピン共鳴装置,電子分光装置,透過電子顕微鏡,走査電子顕微鏡,走査トンネル顕微鏡,磁化率測定装置,内部摩擦測定装置など
 

◆分離分析装置

 ガスクロマトグラフ,高速液体クロマトグラフ,専用液体クロマトグラフ,カラムクロマトグラフ,イオンクロマトグラフ,薄層クロマトグラフ,超臨界流体クロマトグラフ,電気泳動装置など
 

◆分解・蒸留・分離・濃縮装置

 分解装置,蒸留装置,遠心分離装置,透析装置,純水製造装置,濃縮装置,固相・液相・超臨界抽出装置など
 

◆熱分析・熱測定装置

 熱重量測定装置,示差熱分析装置,示差走査熱量計,熱膨張及び熱機械的分析装置,熱電導率計,熱量計など
 

◆専用測定装置

 有機微量元素分析装置及びガス分析装置,水分測定装置,密度測定装置,粘度・粘弾性測定装置,表面積・比表面積測定装置,粒径・粒度分布測定装置
 

◆その他

 分析用天秤,におい識別装置など
 

 

 


□環境(公害)用

◆大気汚染分析装置



 

硫黄酸化物分析計,一酸化炭素分析計,窒素酸化物分析計、炭化水素分析計,アンモニア分析計,オキシダント・オゾン分析計,浮遊粒子状物質濃度計,環境大気用複合分析計(以上は環境大気用分析計)、アンモニア分析計,硫黄酸化物分析計、一酸化炭素分析計,塩素・塩素化合物分析計、酸素分析計,窒素酸化物分析計、ばいじん濃度計、ふっ素・ふっ素化合物分析計,硫化水素分析計,発生源用複合分析計(以上は発生源用分析計)自動車排ガス用分析装置、大気汚染総合監視装置など
 

◆水質汚濁分析装置

 

濁度計,検定付pH計,COD計,TOC計,TOD計,BOD計,UV計、りん・窒素測定装置、有害物質分析計(油分・シアン・フェノール・有害金属など),水質汚濁複合分析装置・システムなど
 

◆悪臭分析装置

 

◆室内環境分析計

 

 

 


□プロセス・現場用

◆測定対象別分析計




 

○ガス分析計(アルゴン・アンモニア・酸素・二酸化炭素・一酸化炭素・塩化水素・オゾン・シアン・塩素・水素・水分・窒素酸化物・メタン・硫化水素・など)
○溶液文設計(アルカリ度/酸度・残留塩素・ORP・残留塩素・色度計・濁度・SS・導電率計・ナトリウム・粘度・ヒドラジン・水硬度・溶存酸素・溶存オゾン・密度など)
○固体分析計(厚さ・水分・灰分など)
 

◆多目的分析計
 

 多目的プロセスス用・現場用分析計(可視・紫外線,赤外線,熱伝導度式ガス分析,密度式ガス分析,LC,GC,蛍光X線,タイトレータ,比色など)
 

 

 


□作業環境・保安用

 

粉じん計、酸素計、酸素漏洩警報計、可燃性ガス検知・警報計、有毒ガス検知・警報計など
 

 

 


□医用(検査装置)

◆検査質用検体検査装置


 

○汎用臨床化学自動分析装置,医用分光光度計,免疫血清検査装置、輸血血清検査装置,専用臨床(化学)分析装置、電解質分析装置、電気泳動装置など
○血液検査装置(血球計数,血液凝固分析装置),血液ガス分析装置
○尿検査装置,微生物検査装置,病理検査装置,染色体検査装置,遺伝子検査装置,物理物性測定用検査装置,分離分析装置など
 

 

 


□自動化関連機器・情報処理システム

 

LAS,フローインジェクション分析装置,前処理装置,分析用ロボット,汎用データ処理装置,ソフトウェアー関係
 

 

 


□バイオ関連分析機器

 

ペプチド合成装置,プロテインシーケンサー,DNAシーケンサ,バイオセンサー,サーマルサイクラ、マイクロプレートリーダー,食品関連分析装置
 

 

 

◇臨床検査精度管理調査測定装置コード表

 

本コード表は、(社)日本医師会、(社)日本臨床衛生検査技師会、(社)日本衛生検査所協会の各精度管理調査に応用されています。
2010年も、関係企業への測定装置見直し調査に基づき、測定装置コード表を編集しましたので、本コード表をインターネットで公開し、関係企業・団体に配布し、協力して頂いた各企業への成果のフィードバックと各種精度管理調査への普及を図りたいと思います。

◇ユーザーの皆様
 

公開情報データを閲覧できます。 pdf
 

◇統計




 

統計の活用本質がわかる優れた公開データの一つテキスト型。
即利用加工できる資料です。多くの実務家が超スピード整理に役立ちます。すばらしい資料多忙人財に変わり感謝しています。
A志援ms

◎現在は団体の85%以上が、生の数字公開の目的が何か変な価値判断になり、経営判断をするための生の公開情報入手に長時間が必要なムダがねを高額使うITおたくが主流の時代となり人質が変わってきました。マイナス領域の手法は、写真、映像、動画さえ出てきました。生のテキストデータなら、個人目的のデータ加工は短時間でできます。最低の費用でできる方法の一つであることに気づく団体の担当者に原点帰りを待望しています。

◇刊行物

 

・定期刊行物
・出版物
・予稿集・テキスト
・工業会規格
・調査報告書
・その他
 


◇講演会展示会

 

 準備中


○会員会社(会員リスト)

 

 

○リンク






























 

◆政府機関

◆学会・協会・団体
(社)計測自動制御学会
(社)産業環境管理協会
(財)素形材センター
(財)経済産業調査会
(社)日本機械工業連合会
(財)日本規格協会
(社)日本経営協会
(社)日本計量振興協会(旧(社)日本計量士会)
日本結晶学会
(社)日本工学アカデミー
日本質量分析学会
日本蛋白質科学会
(社)日本鉄鋼協会
日本電気泳動学会
(社)日本電気計測器工業会
(社)日本農芸化学会
(社)日本表面科学会
(社)日本半導体製造装置協会
(社)日本分析化学会
(社)日本水環境学会
(財)バイオインダストリー協会
標準物質総合情報システム(独立行政法人製品評価技術基盤機構)
(社)ガスクロマトグラフィー研究懇談会

◆提携展示会

◆海外協力団体

◆プレス
・科学新聞社

◆国立大学機器・分析センター
地域密着CATVは地域のセンターの活動を見える化し、地域の企業、CATVのプロジェクトテーマを事例に地域産業活動の支援の役割が必要です。大学も利用が活発化すると地域のノウハウの高度化効果も上がりる確率が高くなり、地域共に豊になる確率は高い。

◆大学
 

 

 




 

商品一覧