開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域密着CATVを補完優位化する無線機能

 ■地域密着CATVを補完優位化する無線機能  
                                                                                                   100908

地域密着型CATVの地域との融合現状>地域密着CATVを補完優位化する無線機能





◎地域CATVが保有する最適優位機能を活かす存在価値の突破口を拓くとき。

地域の近くの自治体地域インフラ関連企業のセンター機能としての共用連携して、
地域のビジネス通信、防災・危機管理、有事対応時に平時型持続浸透度の高い
有線網を活かす。
有事、危機管理は無線網を最適に機能させる複合しくみシステムを構築実現の可能
環境になり、地域の経営資源ヒト・モノ・カネ・時間・空間を最適に活かすしくみシステム
を構築できる市場成長段階に入ってきました。

すべての地域の知識情報行動を平時有事統覚できるしくみの実現度が高い時代に
入ってきました。



地域のあなたの地域から実体生存基盤を持続できるように変え、実体社会になると
地域の多数決がどんな外圧の中でさえ適応制御しプラス領域を維持し発展させて
その領域量を拡大できるしくみシステム構築を段階的に実現継続できる方法を採る
ことが必要条件の一つです。
現有するものの中で最適な一つは地域密着CATVの保有する潜在、顕在機能を
活かす方法です。

小さい集団だから実現確率は高く、その小さい集団の数が、日本国の各地で増殖し始めると、仮想、流言
飛語、仮想の情報に誘導され、集団の方向性を正しい行動と我流でヒステリック決めて20世紀代集団の
行動は限定されていましたが広域で短時間で行動実行する催眠状態になる別次元の人になる前に衝動
を抑える何か変だと感じ、自己規制の力を継続的に強化できる組織集団と構成する人になる確率は高い。

ネットの進化は、組織が巨大超頭脳恐竜時代に入りはじめた徴候を感じる数が増えてきた時代に入り、
地球観(国家観の次元を超えました)での正しい人の行動領域の中に、地域の55%以上を維持する
ためのしくみシステムを構築し歯止めをかけ正しい方向へ反転させ想定外の速さ近づく未来にさせない
ための分水嶺が近づいています。


優れたグループは優れたグループの集団化組織化傾向があり、悪貨(人は機械ではないためゼロには
ならず悪貨も集団化する本質を持っています。排他主義は無用、マイナスを抑える力量が強大であれば
多数決の弊害は発生確率は下げ抑えてプラス領域が拡大をはじめます。悪貨、マイナス領域の人も、
自分の行動が正論と思い込んでいるだけです。プラス領域の視点から一人一人個人で見える化すると
何か「正論」が変だと気づいた人からプラス領域へ導けばよい。地域密着CATVの中に視聴覚行動、
視点を変えたほうが「得」になる稼ぐしくみ、働く場さえ提供できる機能があります。一人から変えれば、
他の少し変な情報をマイナス領域であること気づく価値判断ができ始め、悪貨から良貨の量へかえる
成功事例は、加速度的に増加できる確率は高い。


現在日本にありその突破口を複合的に収束でき、レンズのように焦点の位置を地域
密着CATVにすると、想定以上の機能増幅ができる確率の高い一つです。
地域密着CATVの優位性に気づき動き始める制御人財の輩出を待望しています。

視点を世界観宇宙観から観(診)ると地域密着CATVの保有機能に気づけます。
あなたのいまの行動を「もうちょっと」修正し、地域密着CATVを活かす事業展開を検討
すると、あなたの企業、仕事の地域での価値に気づく確率は高い。その時点から実現
確率が高くなる具体的方法、方向が浮かびはじめます。

A志援のコンテンツの切り口の中は、実現スピードを倍速にするためのしくみ、システム
選びが出きるようになっています。多くの周囲の人を動かすときの成功確率が高い方法
を厳選してあります。あなたを補完する知識として活かす時が来ています。



◎地域密着型CATVの地域個人加入者のシェアが55%以上になった時点で

地域の近くの自治体地域インフラ関連企業のセンター機能としての共用連携して、地域のビジネス通信、
防災・危機管理、有事対応時に有線網と同時に無線網の構築を推奨します。

地域の自治体、インフラ企業がバラバラで活用する個人主義型方式から、地域を一つの組織と捉えて、
組織総合活用方式を推奨します。対象者は地域の個人で、すべて同じ人が対象です。ばらばらのムダ
コストを整合統覚方式の地域の総合コストダウンをすると、各インフラ関連企業の個別の企業コストダウンと、機能の高性能化ができ、地域の戦略的税収増の具体的方法の一つです。視点を変えれば実現可能な
方法の一つです。実行制御人財の輩出を待望しています。

●地域CATVが機能として持つコンタクトセンター機能の中に組み込むことができる業務の一つです。
新たに構築するより先人の機能の本質を最適に活かすと想定以上の短期で実現化できる確率は高い。
ノウハウの増量スピードと、コンタクト機能の情報量の増量が加速できる方法の一つです。
単独企業のコンタクトセンターには領域限界があります。地域密着CATVは地域のあらゆるインフラ機能
の整合共用の強みが増大する確率は高い。(平時有事自在に機能を発揮できる能力を持っています)

地産地消の商品製品サービス等を都度、損益分岐点以上、計画利益以上売り切るしくみシステムを構築
できる段階にコンタクトセンター機能は進化しています。継続的買い換え商品製品を損益分岐点確保する
ための安定業績基盤とすると、地域密着CATVの地域での活動は、地域の人が働く場、と稼ぐための啓発
方向を提供でき、働く人、本気で活動する加入者ほど豊になる成功確率が高くなります。


有線の漏水、漏電、断線切断の弱点を補完し、関係者の移動近距離で、緊急時短時間で直接行けます。
具体的な個別対応もできます。
従来のメンテナンスサポートの広域型CATVと同程度のやりかたを変える成長の分岐点になつています。
次の方法例は、生き残る分水嶺の一つです。

・定期的にメンテナンスも兼ねて定期的に最新化取替えを行い、常に最新の機能を強制的に無料でかえる
しくみにする。交換時は 最新化によるしくみ的ローコスト化費用と割り切り地域CATV機能の活用普及と
コンテンツ開発のための改善情報等を入手し、加入魅力を追加して個人加入者の解約防止も兼ねる。
・そのときに同時に満足度アップにより加入紹介(紹介メリットを創る)をもらい、シェア100%に限りなく挑戦
する。
・メンテナンスサポートは地域CATV社員、パート、派遣人材で直接人件費対応するだけではなく、地域の
個人加入者の最適インフラ機能を日常担当している企業(CATV使命に共鳴共振共働企業を優先する)の
社員がその企業の業務を兼ねて複合業務ができるように啓発、メンテナンスサポート教育した上(資格
取得方式ジュニア・シニア・プロ3段階)で連携する方式を推奨します。

・インフラ企業の複数思い思い訪問行動を調整整合すえば地域での情報密度と業績貢献確率は高くなり
ます。

・平時型であり広域型のあらゆる機能より、地域密着CATVが日常費用的に費用が高く見えても、保険の
感覚で有事の必要経費が含まれていると割り切りる価値観を持るように日常啓発しておくと、その方が「得」
と考えるようになる確率は高い。地域型のプラスの領域になります。


○特に高齢者(緊急の若い労力が近くにいない人)特に後期高齢者に対しては、加入者シェアが80%以上になるよう推奨します

地域自治体の使命観が強い地域なら、個人の生命にかかわるしくみシステムに全員加入をさせる必要性
が増大している時代に入ったことに気づく人材量が増え、地域密着CATV機能の普及の追い風になる
確率は高い。
広域型では限定層だけにしかできない、個人別の管理データと、訪問情報と併用したした精度の高い
緊急時対応のしくみが出来ます。
10パターンと、部分パターン10種類を最初の基本しくみとして、事例に応じて、部分パターンを追加し、
例外パタンは個別管理にすればよい。検索機能をシンプルパターン化しておくと、有事の緊急配置も
シンプル化でき、現場対応で最適な方法が採れる確率が高い。


●地域密着CATVは20世紀代のアナログ放送のような広域型優位から、デジタル放送
は、狭域高密度情報量と人の行動知行一致でかえるビジネスモデル発想に切り替える
市場成長段階に入ってきました。                                     

 

 



□(財)移動無線センター (サイト内)

全国規模で地域のインフラ関連企業で事業展開に活用され、実証事例が豊富になってきました。
 

デジタルMCA無線 mcAccess eは、日常業務の効率化から緊急・災害時の危機管理まで様々な業種の企業および団体に幅広く導入されていますが、ここでは、そのうち一部の事例をご紹介します。また、全国8か所のセンターが運用するホームページサイトにも、様々な事例が掲載されています。

◆貨物運送・集配
長距離運送から配送、総合物流、引越サービスなど、あらゆる分野でご活用いただいています。一斉通信で道路情報などの情報を全員が共有できることに加え、最近では、災害に強いこと、運転しながらでも連絡が出来ること、などを評価してお使いいただくケースも増えています。

◆製造、販売、サービス
コンビニ、ショッピングセンター、生協などの流通業、弁当・仕出し、レッカー車などの道路サービス、LPガスや灯油の販売、警備保障、各種製造業、産業廃棄物処理など、あらゆる分野で使われています。なお、災害対策や危機管理を主な目的としたご利用については、「災害対策・危機管理」のページに再掲しています。

◆バス・タクシー
路線バス、観光バス、タクシー、運転代行など、旅客運送業でも幅広くお使いいただいています。バスロケーションやGPS配車に加えて、災害対策のため、あるいはバスジャックなどの緊急時対応を考慮して導入いただいたケースが増えています。◆医療・福祉・教育医療施設の災害対応、介護施設や福祉学校の送迎、学校の送迎や防災などに活用されています。また、自動車学校の送迎では、道交法で携帯電話の使用が禁止されていることから、安全運転を指導する立場としてMCA無線をお使いになるケースがあります。

◆金融、ガス、水道、清掃等
銀行、証券、損保などの金融業、都市ガス、自治体や民間の清掃事業など、公的なサービスにおいてもご利用いただいています。これらの分野では、業務の効率化とともに、危機管理でのご利用が大きな比重を占めています。◆消防・防災自治体における防災業務としては、地域住民に対する避難情報などを伝える「同報系」と、自治体職員や関係機関との連絡のための「移動系」がありますが、そのどちらにもご利用いただいています。

◆海上、船舶利用
水上では、中継局から80km以上の広いエリアで通信できることを活用した釣り船、遊覧船などでの安全確保や、一斉通信を活用した船舶の効率的な運航管理などにご利用いただいています。

◆災害対策、危機管理
震災や洪水、工場火災など、近年頻発する不測の事態に備え、お客様・職員の安否確認や被災状況の把握、迅速な事業の再開のために 、デジタルMCA無線 mcAccess e を導入される企業が増加しています。

◆土木、建築
鉄道の建設・保守、生コンクリートの製造・輸送など、さまざまな分野で活躍しています。

 

 

 


□(社)全国陸上無線協会RMK

主として陸上に開設する無線局の申請、運用及び管理に当たり適切な指導、助言及び支援並びに電波利用に係る企画及び調査を行うとともに、無線従事者の指導、育成及び助成を図ることにより電波利用秩序の維持・発展に貢献し、もって公共の福祉に資することを目的とする。
 

◇概要







 


◆あいさつ 
 ◆沿革pdf 

●目的と事業
(1) 無線局の申請手続等に関する指導
(2) 無線局検査における登録点検事務に関する支援
(3) 無線局の適正な運用についての周知及び指導
(4) 電波利用の促進、発展のための企画・調査及び各種情報の収集・周知並びに機関誌の発行
(5) 無線従事者の指導、育成及び助成
(6) 無線局に関する電波利用秩序の維持及び管理
(7) 無線通信に関する技術の交流及び指導
(8) 会員相互の親睦
(9) これらに附帯の事業、その他法人の目的達成に必要な事業
 


◇会員紹介


●会員専用コンテンツがあります。

 


会員数 1,087名(2010.03.03)
都道府県をクリックすると、都道府県別RMK会員一覧が表示されます。

 

 

 


□(社)電波産業会ARIB

ARIBは、電波利用の一層の飛躍的な発展を図るため、通信・放送界の英知を結集し、通信・放送分野における新たな電波利用システムの研究開発や技術基準の国際統一化等を推進するとともに、国際化の進展や通信と放送の融合化、電波を用いたビジネスの振興等に迅速かつ的確に対応できる体制の確立が必要であるとの趣旨に基づき、財団法人電波システム開発センター(RCR)及び放送技術開発協議会(BTA)の事業を引き継ぎ、1995(平成7)年5月15日郵政大臣※の許可を受けて設立された公益法人であります。
※郵政省は、2001年に総務省に再編成されました。
 

◇概要(あいさつ)





 

◆主要事項
◆設立主旨

◆事業計画

●会員名簿
・電気通信事業者  ・放送事業関係  
・無線機器関連研究、開発、製造等事業関係
・卸売業、銀行、電気ガス、サービス事業及び公益法人
・賛助会員

 

◇事業概要



























































 

●電波利用調査研究及び研究開発
1 電波の利用に関する調査研究
通信・放送分野における電波の利用に関する需要・技術動向、電波産業の動向等の調査及び今後の新しい電波の利用に関する調査研究を行っています。また、これらの調査研究のほかに関係機関等から受託した調査研究や諸外国における電波の利用に関する調査も行っています。

2 電波の利用に関する研究開発
通信・放送分野における新しい電波利用システムの実用化を図るため、電波利用システムに関する研究開発を行っています。

3 次世代無線通信等に関する技術的検討
高度無線通信研究委員会において、国内外の関係機関と連携を図りつつ、IMT-2000(第3世代移動通信システム)、IMT-Advanced(IMT-2000の後継システム)及びブロードバンドワイヤレスアクセス等の技術的検討を行うとともに、その標準化活動に寄与しています。

●コンサルティング・普及啓蒙
1 照会相談業務
無線局免許人等からの照会に応じ、固定マイクロ回線、衛星回線に係る回線設計、既設無線局との混信の計算、使用可能な周波数の検討等の無線回線に係る相談や電波の伝搬障害防止に係る相談に応ずる照会相談業務を行っています。

2 情報提供業務
電波に関する条約を適切に実施するために行う無線局の周波数の指定の変更に関する事項、電波の効率的な利用に著しく資する設備に関する事項その他の電波の有効かつ適正な利用に寄与する事項に係る情報を電波有効利用情報等として、インターネットにより紹介及び提供しています。

3 電波産業振興
新しい電波利用システムの普及促進、電波を用いたビジネスの振興等、電波産業の振興を図るための事業を推進しています。

4 接続性確認業務
携帯・自動車電話等の移動機の売り切り制度の導入に伴い、利用者が移動機を購入する際、その移動機が電気通信事業者の提供する公衆電気通信網に接続できることを判別できるようにするため、移動機の接続性確認業務を実施しています。

5 普及啓蒙
「電波功績賞」の贈呈、電波の利用に関する情報の提供等の各種の電波の利用に関する普及啓蒙活動を行っています。
「電波功績賞」は、電波の有効かつ適正な利用に特別の功績を挙げられた個人又は団体を総務大臣表彰及びARIB会長表彰として、毎年表彰しています。 
電波の利用に関する情報の提供については、会員の方々を対象として、「ARIB機関誌」を年4回、「ARIBニュース」を毎週発行するとともに、「電波利用懇話会」を毎月開催しています。また、会員を始め電波の利用に関係のある方々を対象として、「電波利用講演会」を適宜開催し、電波の利用に関する情報を提供しています。

●標準規格の策定
通信・放送分野における電波利用システム毎に基本的な要件を「標準規格」として策定しています。
標準規格は、電波を利用するシステムに関する標準的な規格であることから、周波数の有効利用及び混信の防止を図る目的から定められる「国の技術基準」(強制規格)と、併せて無線設備の互換性の確保、適正な伝送品質等、無線機器製造業者、利用者等の利便を図る目的から定められる「民間の規格」とを含むこととなりますが、この標準規格を規格会議において策定しています。
標準規格の策定にあたっては、広く無線機器製造業者、利用者等の利害関係者の意見を反映する必要があることから、規格会議には、内外無差別に広くこれらの利害関係者が自由に参画することができます。

●国内外関連機関との連携協力
国際電気通信連合、諸外国の通信・放送分野の電波利用システムに関する標準化機関等と電波の利用に関して連絡、調整及び協力を行うとともに、我が国の標準規格として定めた電波利用システムが諸外国に普及するよう活動を行っています。

●特定周波数対策
特定周波数変更対策機関として、総務大臣の指定を受け、地上デジタルテレビジョン放送の円滑な導入を支援する業務を行います。具体的には、それに必要な既存テレビジョン放送局の周波数の変更、テレビジョン受像機の調整、その他必要な変更に対して給付金を支給します。また、既存テレビジョン放送の受信の実態調査、これらの業務に関する照会・相談及び啓発活動を実施します。
 

◇調査・研究・開発・標準規格策定

 

ARIBでは、通信及び放送分野の新しい電波利用システムの実用化を図るために、電波の利用に関する調査、研究、開発を行っていますが、具体的には、電波の利用に関する「調査研究」及び「研究開発」の2フェーズに区分して推進しています。
なお、電波利用システムに関する民間の任意基準である標準規格の策定は、研究開発フェーズの成果である標準規格案等に基づいて、規格会議で策定しています。
 

◇照会相談業務


 

照会相談業務の対象無線局は、電気通信業務用、公共業務用及び放送業務用に開設する3.5GHz帯から23GHz帯を使用する固定局、地球局(受信専用局を含む)等について、回線設計又は混信検討を必要とする無線局と致します。 なお、業務内容について、電気通信業務、公共業務、放送業務、衛星業務及び電波伝搬障害防止業務の業務別に説明しますのでご参照ください。
 

◇情報提供業務












 

近年における社会経済の情報化の進展及び電波技術の著しい発展にともない、電波利用に対する需要は急激に増大してり、今後の電波需要に対応するため、電波の有効利用をいっそう促進することが求められています。 
このような状況に対応するため、社団法人電波産業会(以下「ARIB」と いいます。)では、総務大臣指定の「電波有効利用促進センター」の業務の一環として、電波利用者の有効かつ適正な電波利用を支援し、促進するため、情報提供業務規程(以下「業務規程」といいます。)を定め、電波有効利用情報を収集し、電波利用者に提供しております。

◆ARIBが公表している電波有効利用情報
○標準規格等一覧
・標準規格(通信分野)一覧表
・技術資料(通信分野)一覧表
・標準規格(放送分野)一覧表
・技術資料(放送分野)一覧表
・技術資料(共通分野)一覧表
・IMT-2000BWA標準規格等
・PIAFS標準規格


・電波法関係告示  2010.825

◆行政機関・各団体等で公開さえれいる電波有効利用情報

 

◇特定周波数変更対策







 

現在のテレビ(地上アナログ放送)は、さらなる多機能化、高画質化を目指して2011年を目途にデジタル化することになっています。この地上デジタル放送に使用する電波を確保するため、一部の地域において現行のアナログ放送のチャンネルを変更する必要があります、これらの地域では放送事業者においては送信チャンネルの変更等の工事、受信者においては変更後のチャンネルが受信可能となるよう受像機のリモコンのチャンネル設定の変更等の対策が必要となります。これらの対策をアナログ周波数変更対策と呼んでいます。

このアナログ周波数変更対策に要する費用は、当該変更工事を実施した放送事業者、一般の受信者等に対して一定の範囲内で国が負担することになっています
  


○電波産業調査統計










 

2009年電波産業会調査資料pdf

1.国内産業規模の推移
1.1構成
2.1無線局数
1.3事業者数
1.4市場規模
1.5輸出入
1.6設備投資
1.7従業者数
2.海外産業規模の推移
2.1海外主要国と日本の情報化比較
2.2海外主要国における情報通信産業

付録データ
 

○情報資料

◆電波産業年鑑

◆図書 2010年.4月1日から一般販売を見直すことになりました
 


■無線機器関連研究・開発・製造等事業関係(メーカー関係会員)

必要な無線センサー機能が決まれば、下記の企業では、仕様に応じて特注対応できる技術力は進化して
きています。機能開発担当人材の数、複合分野の企業を選び、地域貢献目的であり、機能開発の実証機会
の提供目的に共鳴、共振、共働して、その企業の最先端人財を担当してもらえる企業、成果報酬型で、継続サポートメンテナンスを、その企業の地場の代理店3社以上同時育成(地域独占方式ではない)機能を持つ
企業とする。持続性のある付加価値の高いとは平等の悪弊、入札の安さによる選択基準とは別次元が必要
目的は持続的、最先端機能の維持発展を目的であるため。
 

アールコム株式会社

アイコム株式会社

アイホン株式会社

株式会社アクア先端技術研究所

株式会社ACCESS

株式会社アサカ

旭化成エレクトロニクス株式会社

アジレント・テクノロジー株式会社

アストロデザイン株式会社

株式会社アドバンスト・コミュニケーションズ

株式会社アドバンテスト

アルインコ株式会社

株式会社アルチザネットワークス

アルパイン株式会社

アンテナ技研株式会社

アンリツ株式会社

池上通信機株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

岩崎通信機株式会社

インテル株式会社

株式会社インフォシティ

株式会社ヴィレッジアイランド

上田日本無線株式会社

営電株式会社

エス・ティー・マイクロエレクトロニクス株式会社

株式会社エニー

NECインフロンティア株式会社

NECエンジニアリング株式会社

NECマグナスコミュニケーションズ株式会社

株式会社NHKアイテック

株式会社NHKメディアテクノロジー

NTTアドバンステクロノジ株式会社

エル・エス・アイジャパン株式会社

LG Electronics Japan 株式会社

大井電気株式会社

大崎電気工業株式会社

株式会社オーディオテクニカ

オープンティービー・ジャパン株式会社

沖電気工業株式会社

オムロン株式会社

カシオ計算機株式会社

株式会社加藤電気工業所

カルソニックカンセイ株式会社

菊水電子工業株式会社

キヤノン株式会社

京セラ株式会社

クアルコムジャパン株式会社

クラリオン株式会社

株式会社グリーンハウス

コーレル株式会社

株式会社サーキットデザイン

サクサ株式会社

佐鳥エス・アイ・シー株式会社

株式会社サムスン横浜研究所

三洋電機株式会社

株式会社CSR

JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社

シスコシステムズ合同会社

株式会社シバソク

シャープ株式会社

新日本無線株式会社

スマートネットワーク株式会社

住友電気工業株式会社

住友電工ネットワークス株式会社

セイコーインスツル株式会社

セイコーエプソン株式会社

株式会社ゼネラルリサーチオブエレクトロニックス

双信電機株式会社

ソニー株式会社

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社

太洋無線株式会社

太陽誘電株式会社

株式会社タムラ製作所

DXアンテナ株式会社

TOA株式会社

電気興業株式会社

株式会社デンソー

東光電気株式会社
 

 


株式会社東芝

東芝情報システム株式会社

TOTO株式会社

株式会社トヨタIT開発センター

トヨタ自動車株式会社

株式会社豊田中央研究所

長野日本無線株式会社

株式会社ナカヨ通信機

株式会社ナナオ

新潟通信機株式会社

日産自動車株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社

日本アルカテル・ルーセント株式会社

日本アンテナ株式会社

日本エリクソン株式会社

日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社

日本光電工業株式会社

日本信号株式会社

日本通信機株式会社

日本テキサス・インスツルメンツ株式会社

日本電音株式会社

日本電気株式会社

日本電業工作株式会社

日本電波工業株式会社

日本無線株式会社

ノキアシーメンスネットワークス株式会社

ノキア・ジャパン株式会社

株式会社バーテックス スタンダード

ハーマンベッカー・オートモーティブシステムズジャパン株式会社

パイオニア株式会社

パイオニアコミュニケーションズ株式会社

株式会社バッファロー

パナソニック株式会社

パナソニック電工株式会社

パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社

原田工業株式会社

株式会社ピクセラ

株式会社日立アドバンストデジタル

株式会社日立国際電気

株式会社日立製作所

日立電線株式会社

華為技術日本株式会社

フクダ電子株式会社

富士通株式会社

株式会社富士通ゼネラル

富士通テン株式会社

富士通ネットワークソリューションズ株式会社

富士電機ホールディングス株式会社

双葉電子工業株式会社

ブラザー工業株式会社

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社

古河C&B株式会社

古河電気工業株式会社

古野電気株式会社

株式会社ブロードネットマックス

ホーチキ株式会社

ホシデン株式会社

株式会社本田技術研究所

マスプロ電工株式会社

三菱重工業株式会社

三菱電機株式会社

株式会社満宏

ミツミ電機株式会社

ミハル通信株式会社

ミヨシ電子株式会社

株式会社村田製作所  

株式会社メガチップス

株式会社メディアキャスト

株式会社メディアグローバルリンクス

モトローラ株式会社

八木アンテナ株式会社

矢崎総業株式会社

株式会社山武

株式会社ヨコオ

横河ディジタルコンピュータ株式会社

Research In Motion Japan株式会社

リーダー電子株式会社

ルート株式会社

ロヴィ株式会社

 

 

 


■卸売業、銀行、電気ガス、サービス事業及び公益法人
   
(具体的活用・応用・普及関係会員)  地域のインフラに関わる企業が多い。
 


伊藤忠商事株式会社

社団法人衛星放送協会

財団法人NHKエンジニアリングサービス

株式会社関電工

株式会社きんでん

株式会社高速道路総合技術研究所

有限会社ジェイ・ビー・エス

四国電力株式会社

独立行政法人情報通信研究機構

情報通信ネットワーク産業協会

セコム株式会社

株式会社セック

綜合警備保障株式会社

ゾーランジャパン株式会社

中国電力株式会社

社団法人デジタル放送推進協会

社団法人デジタルラジオ推進協会

財団法人テレコムエンジニアリングセンター

財団法人電気通信振興会

電源開発株式会社

株式会社電通

 

財団法人電波技術協会

財団法人電力中央研究所システム技術研究所

東京ガス株式会社

東京電力株式会社

株式会社東北新社

株式会社東陽テクニカ

財団法人道路交通情報通信システムセンター

特定ラジオマイク利用者連盟

長瀬産業株式会社

株式会社ナノ・メディア

日本SGI株式会社

日本電波塔株式会社

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ

富士ソフト株式会社

Fraunhofer Institut Integrierte Schaltungen

放送大学学園

財団法人放送セキュリティセンター

マーベル・ジャパン株式会社

マイクロソフト株式会社

 

 

 

 

 

 

 


□(財)電波技術協会 Reea    登録主端数終了対策機関

電波の利用は限りなく広がっています。私たち財団法人電波技術協会(reea)はこの50余年いろいろな電波の調査や電子機器の性能試験などでお役に立ってきました。今日では地上デジタル放送を全国的に展開する為に必要な調査をはじめ、今まで培ったノウハウを基に新たな視点で電波利用実態調査や電子機器の性能試験等の研究開発を行っております。私たち電波技術協会(reea)は新しい時代と世界に向けあらゆる面で電波利用の発展をサポートをして行きたいと考えます。

ラジオ・テレビジョンなど放送電波や移動通信電波利用状況の実態調査、電波受信障害調査と対策、いろいろな電子機器の性能試験・測定研究など電波の円滑な利用と電波技術の発展に寄与することを目的として、1952年(昭和27年)3月31日に、当時の電波監理委員会(現在の総務省)と通商産業省(現在の経済産業省)から設立許可された財団法人です。
日本放送協会(NHK)、日本電信電話株式会社、KDDI株式会社、(社)日本民間放送連盟、(社)電子情報技術産業協会など、電波にかかわる放送事業者、通信事業者、電気・電子機器製造メーカーなど約100団体の協賛会員のご支援と関係社団体のご協力で運営しています。
 

◇協会概要

◆あいさつ
◆設立趣意書  1952(昭和27)年1月7日
◆沿革
◆組織    ◆所在 本部地方局
 

◇事業内容




















 

◆放送及び無線通信に関する調査
放送及び無線通信に関する技術調査は、総務省や放送及び電気通信の事業者などから委託を受け、関係機関のご協力のもとに公共的な立場から幅広く調査を進めております。最近は衛星放送受信システム、FM多重放送受信システム、UHFテレビジョン同期放送システム、ハイビジョンCATV伝送システム、デジタル放送などに関する調査があります。特に、地上波デジタル放送のアナログ周波数変更対策に係る現地的業務を受託して、地上デジタル放送の受信地における詳細な状況調査を実施しており、地上デジタル放送の放送開始に向けた国家的事業に深く参画しています。今後、ますます高度化・多様化している情報社会を迎え、家庭での情報化に関する調査や、より進んだ電波の有効利用や混信を無くすための周波数割当に関する調査など、当無線協会は豊富な経験と優れたスタッフにより技術調査に取り組んでおります

◆放送用受信機の調査研究
◆送受信アンテナなどの調査研究及び試験測定
◆放送局開設計画に関する技術相談
◆受診障害の予測・実態調査と改善対策

◆CATVシステムの調査研究及び機器の試験測定
CATVは、放送番組の配信の他にも、インターネットブロードバント伝送などの通信分野でも活用され、その普及が急速に進んでいます。
当協会は昭和40年代当初からCATV用テレビジョン受信機の開発研究と、放送電波の強電界地域に設置するCATVなど、有線テレビジョン放送施設の調査研究を実施してきました。
さらにマルチメディア時代に対処するCATVシステムに関する調査研究はもとより、CATV用機器などの研究開発も行っております。特に、衛星放送再送信システムに関する調査研究を積極的に進めております。 現在、当協会はNHK仕様の辺地共聴用機器およびBL規格(住宅都市整備公団規格)の共聴機器の試験測定機関に指定されております。また、(社)日本電子工業振興協会の情報配線システム試験方法の作成に協力し、これらの試験測定も実施しています。

◆電磁波妨害の測定
◆電波・電子機器に関する技術相談及び技術情報サービス

○主な事業実績


○電波のはなし

 

電波に関する基礎知識

○関連機関

 

◆行政機関
◆公団、特殊法人、団体等
◆財団、社団
◆放送事業者
◆電気通信事業者
◆機器製造企業等
 

 

 


□(財)テレコムエンジニアリングセンターTELEC
 

◎業務用で信頼度の高い持続的設備投資の場合、認証品を推奨します。
仕様内容が明確なため、固有の機能改善改良をして自社の専用機器へ最新進化するとき、
トレーサビリティができ確率が高い。 A志援ms


近年のわが国の電波界の発展には目を見張るものがあります。特に移動通信分野の設備の多様化や高度化はその種類の多さや性能の向上には著しいものがあり、電波法に基づく技術基準に対する無線設備の適合証明、試験などの業務は年々重要性が増しております。
財団法人テレコムエンジニアリングセンターは、その前身である財団法人無線設備検査検定協会が創設されて以来、2008年に30周年を迎えました。この間、当センターは日本の電波界の発展に主として技術基準の認証の面から寄与して参りました。
わが国の電波界は世界的にみて第3世代携帯電話ではトップの普及にあり、高速無線LANでもトップの水準にあります。また、ITSなどの車のインテリジェント化なども非常に注目されております。総務省が報告書を提出したワイヤレスブロードバンドの将来ビジョンにも示されているように、情報家電、PC分野での無線化率の飛躍的向上,ITSや携帯電話での高速化や高度化の進展が図られるとの予測があり、そのために固定バンドや放送バンドの移動通信への移行、デジタル技術に伴うIP化・ソフト化、通信・放送の融合化、固定・移動の融合化が一層促進していくものと思料されます。電波を利用するICTは、周波数資源開発、システム技術研究開発、標準化、無線設備認証、サービス改善の一連の技術の流れがありますがそのスピードは年々早まっており、かつ、ソフト化しております。当センターとしましては、この流れの中で認証・試験関係業務の充実強化を図っているところであります。国内向け無線設備の認証・試験のみならず、EU向け携帯電話の試験や日−EU間の国際相互承認制度(MRA)の下で適合性評価機関(CAB)としてのステイタスの履行を図り、業界の皆様の利便の向上を図っているところです。今後は更に米国やアジアへと拡張すべく調査検討を行い出来るだけ早期に実施できるよう対応して参りたいと考えております。これら適合性評価・試験の対象は、RF、プロトコル、EMC,安全、SARと多岐にわたっており、審査に当たる評価員や試験を実施する試験員の確保・育成や試験システムの充実を図り利用者の期待に十分応えて参る所存です。また、当センターでは、測定器などの較正や電磁環境の試験・調査、測定技術に関する研究開発も行っており技術革新の中で一層これらの業務の充実を図って参ります。
 

◇概要




 

◆あいさつ
◆沿革      ◆組織
◆TELECの業務

◆社会貢献活動
・公益的調査研究助成  ・知識の普及   ・国際協力事業

●統計資料
性能証明 E(微弱電波機器)・・無線センサー応用関連企業一覧

●用語
 

◇技術基準適合証明及び認証


電波法に基づいた基準認証制度です。 TELECは、総務大臣から登録証明機関の登録を受けて実施しています。
 

◇無線機器の試験












 

TELECでは、微弱電波機器(微弱無線設備)、高周波利用設備、微弱電波機器以外の機器、アンテナ、接続性確認等さまざまな機器の試験を行っています。また、電波の強度に対する安全施設の試験も行っています。
「試験」とは、試験後に試験成績書を発行するサービスです。
また、「性能証明」とは、機器の性能が所定の技術的条件に適合していることをTELECが証明し、性能証明書を発行するもので、微弱無線設備、誘導式読み書き通信設備、1W以下のF3E送受信機等が該当します。

◆微弱電波機器の試験
◆高周波利用設備の試験
◆微弱電波機器以外の機器の性能証明
◆その他の無線機器の試験
◆「電波の強度に対する安定施設」の試験
◆接続性確認試験
◆自己確認の検証(試験)サービス
2004(平成16)年1月26日から導入された「技術基準適合自己確認」に必要な手続きのうち、「検証(無線設備)」の部分を実施するサービスです。
 

◇測定器の較正


 

TELECでは、総務大臣から指定較正機関の指定を受けて、測定器の較正を行っています。これは、電波法第24条の2で登録点検事業者が使用する測定器は、年1回指定較正機関等の較正(以下「指定較正」といいます)を受けなければならないとされていることに基づく業務です。また、この指定較正以外に、変調度計等の較正(以下「一般較正」といいます)も幅広く実施しています。
 

◇海外向け携帯電話試験

 

EUに輸出される第3世代携帯電話(W-CDMA)及びEUでも通話可能な国内向けのW-CDMAを対象に、GCF規格の試験及びCEマーク取得のための試験を実施しています。

 

◇研究開発活動

 

新しい無線設備の試験方法の制定及び新しい無線システムの測定方法の研究を行うとともに、それらの開発状況、国際動向等を把握するための調査研究を行っています。また、無線機器の試験、電波の測定等一般に関する調査研究に携わる研究者の方々を対象とした研究助成を行っています。

◇受託調査
















 

TELECでは、テレック総合研究所を中核として、受託による研究開発や調査を実施しております。長年にわたる、無線機器の測定・試験・較正業務における経験やノウハウを始め、TELECの保持するあらゆるリソースを活用して、お客様のご要望にお応えいたします。

当センターは(財)無線設備検査検定協会のころから、主に無線設備の試験を実施しており、電波の測定、無線機の試験においては様々な技術的経験並びに蓄積があります。これらの経験を生かし、過去において主に以下の分野で受託業務を外部機関より頂きました。

(1) 無線機の測定分野で...
当センターの技術基準適合証明などで使用している設備を使用しての、各種無線機性能調査

(2) 漏えい電界、雑音測定分野で...
・EMC等雑音電磁環境測定調査
・各種高周波利用設備等の漏えい電波測定調査

(3) 生体安全関係の分野で...
・携帯電話のSAR(比吸収率)調査
・各種無線局の周辺電界強度測定調査

(4) その他の分野で...
・放射測定の高精度化に関する研究
・測定の不確かさに関する調査
 

◇公開利用サービス

無線通信技術開発に必要な施設、高度な設備等を整備し、実費で公開しています。
 

○テレック総合研究所








 

TELECでは、電波測定に関する調査研究を行うことを目的に、平成13年にテレック総合研究所を設立し活動してきましたが、技術の急速な進歩による無線システムの日常生活への浸透等、電波利用に関する社会的環境の変化等を踏まえて、2007(平成19)年1月、TELECの組織改編によりテレック総合研究所の機能を充実しました。

 テレック総合研究所は、ワイヤレスブロードバンド技術を始めとするICTの社会への浸透やワイヤレス分野における国際競争の激化等の環境変化に対応し、より一層社会に寄与していくため、TELECの得意とする電波測定や無線機器認証に係る技術分野の調査、研究、開発を推進することによって、周波数資源開発や電波利用秩序の維持に貢献していきます。
また、他機関(国、他の研究機関、標準化機関、通信事業者、メーカ等)とのアライアンスにより効率的、効果的に研究を進めます。
 


○販売図書

 

技術基準適合証明・認証の申込みがスムーズにできるよう、電波法に基づいた手順等をまとめたものです。 価格はすべて税込みです。
 

 

 

 
◎無線を活かす情報活用


□無線センサー装置  
業務に活かすために、GPSで、設置場所と、機能が正常に稼動していることを見える化し、テータの精度を常に維持するしくみ、システムが必要条件です。

◎大規模植物工場の広域のブロック別制御データ管理と、広域で作業する作業者のブロック別個別情報をトランシーバータイプと併用し、情報発信基地の役割ができます。
 


◇通信規格(方式)

Bluetoothや無線ラン(IEEE802.22gなど)をはじめ様々なものがあります。






 

1.消費電力が小さい
2.小型(相当に小型)の装置
3.無線センサーは多様な利用が可能で、設置場所に制約を加えない、様々な場所で設置できるようにしておく。
4.一度設置されると、人間の手で頻繁にメンテナンスできない場所に設置されることがよくあります。そのような場合、簡単には電源を供給できません。つまり、充電したり新しい電池に取り替えることは簡単には出来ません。無線センサーの役割は、短期しか動作できないようでは利用に供しません。出来れば半年以上、1年から数年の間、メンテナンスしなくても正確に動作が続けられることがもとめられます。(現在は太陽発電、風力発電等と併用すれば、定期重点が可能になってきました。)
こうした低消費電力で駆動し、装置を小型化するという条件を実現できる無線通信規格として、
ZigBee(ジグビー)と呼ばれる無線通信の方式があります。 
 

◇ZigBee無線通信規格

 
機能は費用対効果で業務採算
 対応して仕様改善すえばよい。







 

1.近距離無線通信規格の一つです。
2.低消費電力の無線装置を実現できます。(消費電力60mW以下)。装置の小型化も実現できます。
3.、無線ネットワークでは、最大で6万台以上の装置を接続でき、大規模な無線通信ネットワークうぃ構成できます。
4近距離無線通信の規格で、データの伝送距離は数十mから最大で70m程度と、それほど長くありません。しかし、無線センサーネットワークでは、狭い範囲に多数の無線センサーを設置することがよくあり、近距離通信でも実用に耐える確率が高い一つです。.
 5.
ZigBee(ジグビー)が実現するデータの転送速度は250Kbpsと、それぼど高速ではありません。しかし、無線センサーネットワークでは、大量のデータを頻繁に送信、転送することはないと考えられるので、この程度の数値でも十分に実用に耐ええる確率は高い。
6.低コストで装置を実現できることも無線センサーに適しています。
多数の無線センサーを設置することが、多様な利用法を実現するために必要となります。
7.無線センサー装置のコストが低いことが必要です。ZigBeeではIEEE802.15.4を物理層として使用して無線通信を実現します。
 

◇無線センサーの位置情報の取得
















 

無線センサーネットワークでは、無線センサー装置の地理的、物理的な位置を把握することが必要にないます。

○地理的、物理的な位置の把握が必要
インターネットでのサイトのサーバーや利用者のパソコン、携帯電話での携帯端末が現実にどこにあるかは、サービスを提供し、サービスを利用する上で問題になりません。このため、ネットワーク上の仮想的な位置であっても問題はありません。
しかく、無線センサーネットワークにおいて、各無線センサーが計測、認識、感知し、ねっとワークに提供するには、現実の状態、状況についてのデータ(センシングデータ)です。

○GPSの利用
モノの現実の位置を示す情報を取得する仕組みとしては、まずGPSが考えられます。無線センサー装置にGPS機能を組み込んでおけあ(GPS付携帯電話端末と同様)、その装置の位置情報をセンシングデータと共に配信することができます。

○中継、転送の平均距離を使う方法
位置のわかっている無線センサー装置から、何回の中継、転送でデータが届いたか、その中継、転送の平均距離(無線センサー総置換の平均距離)はでれくらいかということに基づいて、対象となる無線センサーの位置を計算する方法。


○狭域で無線センサーー数が50以下の場合は
センサーの番号管理でも可能。パソコン画面に位置番号を決めて管理する方式

 


◇無線センサーネットワークの利用

●参考
プロセスの数値を正しくしり、正しい現状数値(無線センサー)によりたプロセスコントロールを最適化する。
・「日本科学機器団体連合会」
・「日本分析機器工業会」

・ネツシン(温度センサー)
・フィールドモニタリング研究チーム

・農業資材・農業関連システムの進化

・新製品、新事業開発のための情報



従来の個人依存のアナログ型事業展開判断をデジタル化の量を増やし標準化すると、想定以上の環境依存しないローコスト高品質、大量、均質化ができることに気づきます。そのしくみシステムは、各エリアで短期で多数のある一定以上の人で水平展開が可能となり、省人化ではなく、人海活用の効果と地域の雇用の拡大になります。対象テーマは、植物、林業、動物、漁業等人と同様10人10色である環境によるアナログ要素が生産に影響度を50%ある事例の方が地域の中小企業が最低の投資と最大の利益、地場の人海を活かす最適なものの一つです。成功事例は、全国各エリアで情報共有化し、さらに切磋琢磨ローコストしくみシステム化人の時間生産性効率化追求し、その進化プロセス、地場人海の活動を見える化し、全員主役になる演出と併用し、小学5年までの仕事観の中に汗を流し、実体のなかで生きる喜びを体感させることができる確率は高くなります。
 
 

○可能性用途(実証済み)
温度、湿度、気圧、雨量、積雪量、風向、風速、日射、日照、河川(運河、用水路)などの流速や流量、河川(運河、湖沼)などの水位、大気中のCO2濃度、土壌の成分、状況・状態の画像(ビデオ画像や写真画像)など

○用途に応じたセンサーや、ビデオカメラ(写真カメラ)により収集します。こうしたセンシングデータを無線センサーネットワークで活用することができます。
・動物や鳥、植物など自然に生息する生物の生態調査、生態観察を軸に据えたサービスや事前保護、環境保護のためのサービスに活用することができます。

・農業や林業などの支援サービスに活用することができます。センシングデータを使って、肥料の投与、農薬の散布、作付け時期、収穫時期、寒害、病害虫の防止なでの、農作業を支援するサービスを提供することが考えられます。
畑、植物工場等をブロックでわけて農作業支援に活かせます。


・河川などの氾濫による洪水、地すべり兆候、地震予知等防災サービスを提供することができきます。

・環境モニタリング 
会場内の気温、地表の温度、湿度、日射量、風向、風速。CO2濃度の測定(「愛。地球博「万博アメダス」)での実証実験済み



◎地域密着型CATVが地域の固有の情報を、インフラ関連企業と連携して、地域の地産地消に貢献できる多様な突破口を構築できる確率は高い。  A支援ms
 





 

◇ICタグも無線センサーも無線センサーの一つ







 

○ICタグは、リーダ/ライタ装置との間で無線で情報(データ)送受信します。ICタグの無線通信距離が問題となります。どれくらいはなれたどころにあるリーダ/ライタ装置に情報(データ)を送り届けることえがけきるかで性能がきまります。

○3つの方式
・アクティブ型
電池を内蔵していて、装置自ら動作して無線電波を発信できます。

・パッシブ型
内部に電池を備えておらず。通常、装置は作動していません。ICタグはリーダ/ライタ装置から送られるエネルギーを受け取って動作しますエネルギーは無線電波としてリーダ/ライタからICタグに送られます

・セミパッシブ型
アクティブ型とパッシブ型の中間的な方式です。電池を内蔵していますが、これは電波の発信につかわれるのではなく、回路などの内部装置の補助に使われます。
 

 

 


□無線LANのセキュリティ対策の重要性
   ○(独)情報処理推進機構IPA

◎事業活用面積の割合に比して、人の数が少ない、農業・林業・地域CATVの分散地域でのプロジェクトのプロセスコントロールに活用する場合は、「個人」と同等の視点で情報セキュリティの開発の方が最適な場合が多い。漏洩が企業の存亡に係わらない持続的データの場合のセキュリティより、価値の高い加工データ
のセキュリティを優先し、コスト格差を検討し、過剰にならない対応コストの投資上限以下にすることを推奨。
先行投資経費、サポート経費等持続的売上に対応した最適なコスト、原価率を選択することを推奨します。
 

◎事業活用面積の割合に比して、人の数が少ない、農業・林業・地域CATVの分散地域でのプロジェクトの
無線LANは、電波を使って無線LANアクセスポイント(以下、親機とする)と無線LAN機能を持つパソコンなど(以下、子機とする)との間で通信を行うネットワーク環境のことです。親機と子機の双方に設定をすることで、通信が可能になります。電波の届く範囲なら壁などの障害物を超えてどこでも通信が可能という便利さを備えています。しかし、その便利さとは裏腹に、悪意ある者から不正アクセスの対象として狙われ易い環境とも言えます。しかも、電波という、目に見えない通信経路を使うということは、侵入されていることさえも気付きにくいため、大きな脅威となります。
・情報窃取  ・無断利用   ・通信データ盗聴 など  悪意のある第三者「ウォードライビング」 

○想定される被害として以下のようなことが挙げられます。
・無線LAN環境に侵入され、重要な情報を盗まれる。
・無線LAN環境を無断で利用される。
・通信データを盗聴される。
これらの行為の多くは、無防備な親機を介して行われます。悪意ある者は、ウォードライビング(War Driving)と呼ばれる行為によって、無防備な親機を探し回っています。こうして探索された無防備な親機が犯罪に利用されたと思われる事件がいくつか起きています。
このような被害に巻き込まれないためにも、無線LANのセキュリティ対策には十分注意する必要があります。特に、セキュリティ設定の中でも、通信の途中で内容を見られたり改ざんされたりしないようにデータを変換処理する暗号化方式がポイントになります。この暗号化方式が強力でないと、短時間で通信内容が解読され盗聴されると同時に、認証が破られ、無断利用を許してしまいます。したがって、適切な暗号化方式を選択することが最も重要になります。

○無線LANのセキュリティ対策のポイント

一般家庭向けの無線LANのセキュリティ対策のポイントは以下のとおりです。
1.SSID(Service Set ID)の設定
SSIDとは親機を識別するためのIDです。ESSID(Extended SSID)とも言います。

2.MAC(Media Access Control)アドレスフィルタリング
MACアドレスとはネットワーク機器固有のアドレスです。MACアドレスフィルタリングにより接続可能な子機を制限します。

3.暗号化方式の設定
このうち1、2はセキュリティ対策として十分でないため、特に重要である「3.暗号化方式の設定」について以下に説明します。

○暗号化方式の種類
 無線LANの暗号化方式には大きく分けて以下の3つがあります。
1.WEP(Wired Equivalent Privacy)
WEPは、無線LANの世界で最初に登場した暗号化方式です。今までに以下のようないくつかの欠点が見つかっているため、現状では使用することを推奨しません。
(a)暗号化に使う鍵データの生成方法が単純であるため、解析が容易であること。
(b)パスワードを変更しない限り、暗号化に使う鍵は同じものが使用され続けること。
(c)(a)および(b)が原因で、暗号化方式そのものが既に解読されていること。
(d)通信データの改ざん検知ができないこと。

2.WPA(Wi-Fi Protected Access)
WPAは、欠点が多いWEPの代わりとして考えられた方式です。新たにTKIP(Temporal Key Integrity Protocol)と呼ばれる技術が採用され、WEPの欠点として前述した(a)、(b)、(d)が改善されています。
しかし、暗号強度に直接影響する暗号技術がWEPと同じままであるため、暗号化方式として万全とは言えません。一般家庭向けのモードとしては、簡易認証方式としてPSK(Pre-Shared Key)を使うWPA-PSK(WPA-パーソナルとも呼ばれます)があります。

3.WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)
WPAの改良版であるWPA2では、より強力な暗号技術であるAES(Advanced Encryption Standard)を採用しているため、WEPやWPAの欠点が全て解消されていると言えます。一般家庭向けのモードとしては、簡易認証方式としてPSK(Pre-Shared Key)を使うWPA2-PSK(WPA2-パーソナルとも呼ばれます)があります。一般家庭においては、暗号化方式としてWPA2-PSKが最も強力であり、安全です。

 

  WEP

  WPA

  WPA2

 暗号の解読

 比較的容易

  困難

 現状は不可能

  

暗号キーの生成方法

 単純 

  複雑

 複雑

暗号キーの更新機能

 なし

  あり

 あり

暗号技術

 RC4

  RC4

 AES

 データ改ざん検知

 なし

  あり

 あり

○セキュリティ設定方法
(1)暗号化方式の設定手順
まず初めに親機の設定をしてから、次に子機側の設定を親機に合わせる、という手順となります。パソコン本体に無線LAN機能が内蔵されていない場合は、無線LANカードなどを子機として接続し、パソコンから設定します。無線LANセキュリティ設定において暗号化方式を選択するにあたり注意すべきことは、親機と子機の全てが、前述した3つの暗号化方式を選択可能であるとは限らない、ということです。 以下の手順で、適切な暗号化方式を選択してください。ここでは親機の設定を例に説明しますので、子機も同様に設定してください。

(a)暗号化方式は、前述したうち最もセキュリティ強度が高いWPA2-PSKという方式を選択して下さい。その中から“AES暗号を使うWPA2-PSK”という意味である「WPA2-PSK(AES)」という方式を選択することを推奨します。しかし、親機によってはWPA2-PSKに対応していないものもあります。対応しているかどうか、自身で判断がつかない場合は取扱説明書を確認するか、メーカーへ問合わせてください。

(b)WPA2-PSKに対応していない場合は、次善の策としてWPA-PSKという方式をを選択して下さい。WPA-PSKには、AES暗号を使う「WPA-PSK(AES)」とRC4暗号を含んだ技術であるTKIPを使う「WPA-PSK(TKIP)」と言う2種類の方式があり、通常はセキュリティ強度が高い「WPA-PSK(AES)」という方式を選択することを推奨します。親機と子機とが接続できないなどの問題が生じた場合に限り、「WPA-PSK(TKIP)」を選択してください。しかし、WPAはWPA2よりセキュリティ強度が劣りますので、あくまでもWPA2対応機へ移行するまでの“つなぎ”としての役割であるという認識を持って使用して下さい。

(c)WPA2-PSKとWPA-PSKに対応していない場合でも、内部ソフトウェアのアップデートによりWPAに対応できるものもあります。詳細については、メーカーのホームページなどで確認しましょう。WEPには前述した通り欠点が見つかっていますので、WPAに対応できない場合は使用しないで下さい。

以上のように、親機と子機が対応している暗号化方式を確認し、その中から最もセキュリティ強度の高いものを選択する、という流れになります。
なお、親機と全ての子機とが、選択したい暗号化方式に対応していなければなりません。つまり、WPA2-PSK(AES)を使いたい場合は、親機と全ての子機がWPA2-PSK(AES)に対応していることが条件です。

●ベンダー情報  2008年7月2日構成及び内容について更新、ベンダー情報も更新(公開サイト情報9
最新の内容はホームページで確認推奨

 NEC

 NTT-NE

  NTT東日本・西日本

 アイ・オー・データ機器

 京セラ

  ソニー

 富士通

   ヤマハ

 

  アイコム

 アイドテレシス

  エレコム

 マイクロ総合研究所

 バッファロー

  ロジテック

 

 

 

  

 ◇個人の方

 ◆知る  ◆守る  ◆相談する  ◆入手する
 

 ◇経営者の方

○中小企業のためのセキュリティツールライブラリー
○中小企業向け情報セキュリティ対策
 ◆知る  ◆守る  ◆相談する  ◆入手する
 

 ◇システム管理者の方



 

●セキュリティ普及委員会「習慣づけよう チェックPC」

○緊急対策情報
○新着情報
○他組織からのお知らせ
○JVN「脆弱対策情報」
○JVN IPedia「脆弱性対策情報データベース」 

 

 ◇技術者・研究者の方



 

●セキュリティ普及委員会「習慣づけよう チェックPC」

○緊急対策情報
○新着情報
○他組織からのお知らせ
○JVN「脆弱対策情報」
○JVN IPedia「脆弱性対策情報データベース」 
特にデータベースの内容を分析すると、開発方向が観えてきます。

 

 

 


総務省電波利用ホームページ  規制に関する情報
 


◆電波管理の概要   
・周波数割り当てプロセス周波数公開    ・電波監理の現状
・電波監視の業務内容    ・無線局開局の手続き、検査
・国際対応    ・電波利用システム

◆電波利用に関する制度
・無線局の機器に関する基準認証制度    ・無線従業者制度
・非常通信協議会    ・その他の制度
・電波環境の保護   ・電波利用料制度   ・特定実験試験局関係
・マスメディア集中誹謗原則について

◆ご案内/資料集

 

◇電波利用システム



















 

19世紀末にドイツの科学者ヘルツによって電波の存在が証明され、1901年には、イタリアのマルコーニがイギリスとカナダの間を30kHz以下の電波(長波)を使って、初めて無線通信の実験に成功しました。電波は当初、船舶と港との間、船舶間の通信に使われていましたが、私たちにとって身近な存在になったのは、ラジオが普及してからのことです。現在では、電波は私たちの生活にとって、なくてはならない存在になっています。ラジオやテレビ、携帯電話をはじめとする様々な通信システムなど、社会・経済・国民生活の様々なシーンで広く利用されています。

○陸上移動通信
◆特定小電力無線局

○基幹通信
◆無線アクセスシステム
・広帯域移動無線アクセスシステム
・5GHZ帯無線アクセスシステム
・固定無線アクセスシステム(22/26/38GHZ帯)
・18GHZ帯無線アクセスシステム

◆固定衛生通信(VSATを含む)
◆防災行政無線
・防災行政無線システムの全体構成
・市町村防災無線等整備状況

○海上、航空、衛星通信
○放送関係
・コミュニティ放送
・コミュニティ放送の現状

 

 

 

 


◎人材啓発関連

 
 □(財)日本無線協会
わが国唯一の総合的な無線従業者育成機関として、国家試験、養成課程及び各種の講習、訓練等を通じて21世紀の電波利用社会に飛躍し、情報通信をリードする、有能な人材の育成に努めています。
 

◇協会の概要

























 

電波法の規定に基づく無線従事者国家試験事務並びに無線従事者の講習業務及び養成課程業務を行うこと等によって、わが国の電波利用の健全な発展に寄与することを目的としています。

◆国家試験事務
無線従事者(無線設備の操作又はその監督を行う者であって総務大臣の免許を受けた者)の資格は、無線従事者国家試験に合格することによって取得することができます。協会は総務大臣から指定試験機関に指定され、無線従事者のすべての資格(23資格)についての国家試験を実施しています。

◆主任無線従業者講習業務
主任無線従事者(無線局の無線設備の操作の監督を行う者として選任されてる無線従事者)を選任している無線局においては、その監督の下で無資格者も無線設備の操作を行うことができます。
主任無線従事者はその責務の重大性にかんがみ、選任後6か月以内、その後は3年以内ごとに総務大臣の行う講習を受けなければなりません。当協会は総務大臣から指定講習機関に指定され、この講習を実施しています。

◆認定講習課程業務
一定の無線従事者の資格及び業務経歴を有する者が、総務大臣の認定した認定講習課程(認定講習)を修了すると上位の資格が与えられます。当協会は総務大臣の認定を受けて、次の認定講習を実施しています。

◆認定新規訓練業務
義務船舶局等の無線設備の操作又は監督を行おうとする者は、無線従事者資格のほか新規訓練の課程を修了して船舶局無線従事者証明を受けなければなりません。当協会は総務大臣の認定を受けて、この証明に必要な認定新規訓練を実施しています。

◆養成課程業務
 無線従事者の資格は、国家試験のほか総務大臣の認定した養成課程を修了することにより、取得することができます。当協会は、次の資格の養成課程を実施しています。
 

◇良くある質問


 

◆無線従業者資格について
◆国家試験について
◆主任無線従業者講習について
◆認定講習課程について
◆認定新規訓練について
◆養成課程について
 

◇電波と無線従業者

 

電波は目には見えませんが、様々な情報を運び、世界を駆け巡り、私たちの生活に欠かせません。この電波を利用する無線の世界に入ってみませんか。
プロ19資格、アマ4資格、上級から下級まで23ある無線従事者資格の取得を目指してみてはいかがですか!
宇宙通信の専門家や放送局の技術者、パイロットや管制官、ヨットの船長、教員などをめざすのはあなた。

◆電波利用はルールを守って
◆あなたのめざすのはどの資格
◆資格の取り方
◆無線従事者に関する資料
◆よくある質問
 


●日本アマチュア無線機器工業会JAIA





 

日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)はアマチュア無線養成課程講習会の事務一部代行機関としての仕事も行っております。
養成課程講習会は無線や電気の知識に自信の無い方でも、講習を受けて修了試験に合格すれば、国家試験と同じアマチュア無線技士免許が得られます。合格率は90%以上です。

第4級アマチュア無線技士の免許をお持ちの方は是非、第3級アマチュア無線技士へとステップアップして下さい。

◆JAIAの紹介
◆JCA
◆ハム免許をとろう
 

 

 


□(財)電気通信振興会
  総務省の認可を受けた公益法人です
 

◇概要


























 

電波法の規定に基づく無線従事者国家試験事務並びに無線従事者の講習業務及び養成課程業務を行うこと等によって、わが国の電波利用の健全な発展に寄与することを目的としています。

◆国家試験事務
無線従事者(無線設備の操作又はその監督を行う者であって総務大臣の免許を受けた者)の資格は、無線従事者国家試験に合格することによって取得することができます。協会は総務大臣から指定試験機関に指定され、無線従事者のすべての資格(23資格)についての国家試験を実施しています。

◆主任無線従業者講習業務
主任無線従事者(無線局の無線設備の操作の監督を行う者として選任されてる無線従事者)を選任している無線局においては、その監督の下で無資格者も無線設備の操作を行うことができます。
主任無線従事者はその責務の重大性にかんがみ、選任後6か月以内、その後は3年以内ごとに総務大臣の行う講習を受けなければなりません。当協会は総務大臣から指定講習機関に指定され、この講習を実施しています。

◆認定講習課程業務
一定の無線従事者の資格及び業務経歴を有する者が、総務大臣の認定した認定講習課程(認定講習)を修了すると上位の資格が与えられます。当協会は総務大臣の認定を受けて、次の認定講習を実施しています。

◆認定新規訓練業務
義務船舶局等の無線設備の操作又は監督を行おうとする者は、無線従事者資格のほか新規訓練の課程を修了して船舶局無線従事者証明を受けなければなりません。当協会は総務大臣の認定を受けて、この証明に必要な認定新規訓練を実施しています。

◆養成課程業務
 無線従事者の資格は、国家試験のほか総務大臣の認定した養成課程を修了することにより、取得することができます。当協会は、次の資格の養成課程を実施しています。
 

◇普及事業


ICT研修センターをオープンしました。情報通信の普及振興に関するセミナー等の開催にご利用下さい

 


◇免許申請関係

 

パーソナル無線申請代行業務を、2010(平成22)年12月28日(火)受付分をもって終了いたします。


○出版案内

 

 

 

 

 

 





 

商品一覧