開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

移動無線センター

■(財)移動無線センター  100908






(財)移動無線センター  主務官庁 総務省
2009(平成21年4月1日(全国8財団が合併して発足しました。
(財)北海道移動無線センター  ・(財)東北移動無線センター
・(財)移動無線センター       ・(財)信越移動無線センター
・(財)東海移動無線センター    ・(財)近畿移動無線センター
・(財)中国移動無線センター    ・(財)九州移動無線センター

○目的

陸上移動通信の効率的利用を促進し、もってその健全な発達をはかり、電波利用による公共の
福祉を増進することを目的とする。

MCA無線でビジネス通信から防災・危機管理なで


災害に強い高信頼のデジタルMCA 無線 mcAccess e は、法人向けの業務用
無線で唯一、北海道から沖縄までのワイドなエリアを実現。  地域密着の企業
だけでなく全国展開の企業にも、ビジネスの効率化に貢献します。 
自治体の防災無線や企業の危機管理・BCP用通信システムも、低コストで構築
できます。


○サービスの拡充
◆2010年2月1日から、東北、信越、中四国の各地域のワイドエリアサービスにおいて、同時に
通信できる中継局エリアが4局(接続している中継局+3中継局)に拡大しました。

◆2010年4月1日から、近畿地域のアーバンワイドエリアサービスにおいて、同時に通信できる
中継局エリアが3局(接続している中継局+2中継局)に拡大し、料金も2,200円に値下げしました。



●地域のインフラ関連企業に戦略的活用実績が実証されてきた「無線」を
地域密着型CATVが、地域の核機能を持つされに地域貢献度は高くなる方法の
一つです。     A志援 ms
 

 
更新 100908

□(財)移動無線センター


 

◆概要
・沿革
・情報公開資料
・事業所
・アクセス

●FAQ
ホームセンターやカーショップで扱われているトランシーバー(特定小電力や簡易無線とは何が違いますか

 

◇MCA(mcAccess)事業







 

●MCA(mcAccess)事業
マルチチャンネルアクセスシステム(MCAシステム)と呼ばれる、複数の周波数を多くの利用者で共用する陸上移動通信システムの中継局を全国に整備し、業務用移動通信サービスを提供しています。
MCAシステムは、周波数の利用効率の高い、混信がない、便利で使いやすい陸上移動通信システムで、多くの民間企業や地方自治体などに利用されています。

●基地局事業
自治体の防災行政無線、タクシー無線、新聞・放送事業者の取材用無線を始め、様々な業務用無線に必要な無線設備の提供及び無線設備の保守・管理サービスを提供しています。

 

◇MRCの経営理念














 

●使命
MRCは、周波数利用効率が高い、混信がない、便利で使いやすく、利用者の負担が少ない陸上移動通信をだれでも簡単に利用できる環境を実現し、その利用を促進することにより、豊かで安心・安全な市民生活の実現、日本経済の発展へ貢献することを使命としています。 

●行動基準
MRCは、その使命を達成するために;
1.MRCが提供するサービスは、国民生活や企業活動のインフラとして広く利用されていることを認識し、安定的な財団運営を通して信頼性の高いサービスを提供するとともに、利用者ニーズに応えるサービスの実現・利用の拡大に全力を尽くします。

2.MRCが提供するサービスは、設備の製造者及び端末の販売店とのパートナーシップにより成り立っていることを認識し、その健全な関係の維持・発展に努めます。

3.貴重な電波資源を利用し、公共性の高い事業を営んでいることを認識し、法令・財団規則・社会規範を誠実に遵守するとともに、透明性の高い事業活動を行います。

4.災害発生時などの緊急事態に積極的に支援を行います。

5.全役職員のコミュニケーションを深め、一人一人が、その創造力を最大限発揮しうる職場環境を作ります。
 

◇機能と特徴
 災害時に実績

○各テーマの詳細を閲覧できます

















































































 

◆mcAccessとは
 最新のデジタルMCA無線「mcAccess e」は、災害に強い信頼のMCA無線が更に進化し、一層使いやすくなりました。おかげさまで、ご利用局数は9万局に。
(注)MCA無線は、複数の通信チャンネルを多数の利用者が共用することで、電波の有効利用と利便性を実現した業務用移動通信システムです。
・独自の高速デジタル回線を使い、業務用無線として唯一、日本全国どこの車とも通信できる超広域(ワイドエリア)の無線サービスを実現しました。全国展開のビジネスに便利です。

・クリアな音質で確実に通信でき、秘話性も高く、業務情報や個人情報の秘密確保も万全です。

・メッセージ送受信、ワンタッチ留守録で確実に情報を伝達できます。

・業務の安全性を高める運行管理、輸送や配車を効率化するGPS車両動態管理、住民に迅速・的確に防災・避難情報等を伝えるコミュニティ無線、一般の電話網(内線、外線)との接続など、豊富なアプリケーションが皆様の業務をバックアップします。

・バスジャックや、タクシーが犯罪に遭った時は、指令局側で車内の音声をモニターできます。

◆携帯電話や他の無線と比べると
デジタルMCA無線「mcAccess e」は、携帯電話の手軽さに無線の機能性と経済性をプラスした、これからの業務用無線システムです。
・携帯電話と比べると、災害時にも安定した通信を確保できる、一斉通信やグループ通信で瞬時に情報共有ができ、車の運転中も通信が可能で、定額制でお得な経済性など、便利で頼もしい無線システムです。

・他の業務用無線と比べると、全国をカバーする業界唯一の広い通話エリア、混信の無いクリアな通信、電話網との接続など便利な操作性を備えています。秘話性も高く、業務情報や個人情報の秘密確保も万全です。

○お客様の声
東京都 東京二十三区清掃一部事務組合 「新東京清掃工場」 様
「災害時には迅速な情報収集と的確な指示が必要です。固定電話や携帯電話は繋がらないことも考えられますし、22の施設一つ一つに電話をかけていたのでは、時間が掛かってしまいます。無線の特長である一斉通信は、こんな時に有効」

・福岡県 葛g田軽運送様
「携帯電話の普及でほとんどの運転手は携帯を持っていますが、携帯電話では会社の指示が全部に行き渡らず、やはりmcAccessが一斉通報など管理が的確に行える」

・福島県 轄窓ハ興行様
「最近は携帯電話走行中使用禁止の法規制でmcAccess eを導入したという同業者も多く、業界紙なんかで見てましたから。」

◆一斉通信で瞬時に情報共有
現場で緊急事態が発生。
至急、対応できる他の車両を探して応援に回ってもらう必要があります。携帯電話で探し始めましたが、とても間に合いません。
デジタルMCA無線 mcAccess e なら、マイクボタンをワンプレスするだけで全員に情報が伝わり、災害にも安心です。
一斉通信もグループ内限定と全員の切り替えができ、もちろん相手を選んで1対1の個別通話も可能。目的や内容にあわせて効率的な通話方法を使い分けることができます。 
しかも秘話性の高いデジタル方式です。

◆災害に強いmcAccess
1982(昭和57)年のサービス開始時より、MCA無線は、95年の阪神・淡路大震災で多くの通信手段が使えなくなる状況下でも安定稼働し、救援や復旧に貢献しました。
その実績から「災害に強い無線」という評価を得、その後も三陸南地震、新潟県中越地震などの大型地震・風水害の災害現場で活躍。設備投資を大幅に削減できる低コストのシステムであることも踏まえて、防災・防犯、あるいは危機管理・BC Pなど非常時の備えとしてMCA無線を導入する企業や地方自治体が急速に増えています。

・業務用として限られたユーザだけが利用しており、1回の通話時間も3〜5分に制限された効率的な通信システムのため、災害時にも回線の混雑が起こりにくいシステムです。
さらに自治体などの防災機関は災害時の通信を優先的に接続しますので一層安心です。

・各中継局は、非常用発電装置を備え、停電時にも安定したサービスを提供しています。

・万一、中継局間の回線が地震などで切断されても、中継局からの電波が半径20〜40kmと遠くまで届くため、その無線ゾーン内での通信は確保されます。

◆便利で安心な機構
・「メッセージ通信」や「録音機能」で確実な連絡
・「2面待受け受信」で、取引先やグループ会社との通信も円滑に
・バスジャックなどの犯罪に対応できる「緊急モニタ」
 

◇サービスエリア

 

全国の通信可能なエリア図です。地域毎の詳細なエリア図は、各地域のページをご覧下さい。
なお、このエリアから外れていても、同報系防災無線の子局のように、アンテナ高が高い場合は通信可能な場合がありますので、個別にご相談下さい
 

◇ご利用手続き
 手続き代行代理店

システムの提案、見積もりから、利用手続き、無線機の設置、運用開始までの流れは以下のとおりです。
詳細は、地域センターや最寄りのMCA無線機販売店にお問合せ下さい。
 


□無線機器のラインナップ    詳細の閲覧ができます。
 

◇無線機(車載局、指令局、ポータル局
  
データ通信可能でコンパクト

 
・車載無線機 ・マイク
 ・平面アンテナ 
 ・ホイップアンテナ 

車載用無線機にマイクとアンテナ、12/24Vの電源を接続するだけで、簡単に設置することができます。

・0.9kgのコンパクト設計。12V車も24V車もそのまま使えます。
・専用の電源装置に組込んで、指令局やポータブル端末としても使用できます。
・パソコンやGPS端末などとRS232Cインターフェースで簡単に接続。
 

◇携帯型無線機
  
防水型で小型
 
 改良案例
 CATVのチューナー部分に常備
 取り付けセットしておく。
 簡易型、常時チューナ使用時
 重点機能が働くようにしておく。








災害現場などでも機動的な対応が可能な「携帯型無線機」
場所を選ばず、大容量バッテリー内蔵ですから、災害時などの緊急時の通信にも最適です。非常時の通信に求められるタフ&ロング運用を実現。災害対策用に欠かせません。

・水深1mに30分水没しても問題なく使える防水タイプ(注)
・小型(360g)でも性能は車載無線機と遜色ありません。送信出力は車載無線機と同じ2W。
・電池も、最長18時間と長時間運用を実現しました。
・電話のような「もしもし」「はいはい」の複信通信にも対応しているので、無線を使い慣れていない人でも簡単に使えます。
   (注)JIS規格・保護等級七級の『防浸型』

こんな用途に
・災害時や緊急時の屋外活動用、社員配置用、予備無線機に
・イベントでの連絡用に
・バス、タクシー等での地上係員との連絡に
 

◇ポータブル局
汎用無線機を装着し持ち運べる可汎型



 

・車載用無線機を装着し、ショルダー(肩掛け)式やバックパック(背負い)式のポータブル局として、使用するバッテリー内蔵の電源装置です。

・車両を離れた業務や災害時・停電時の緊急用として最適です。

・一度の充電で、約10時間 ※利用可能なスタミナ仕様。
※使用条件により多少前後する場合があります
 

◇指令局
汎用無線機を装備してコンパクトな指令局

 ・基本タイプ
 マイク、装置
 ・PCタイプ
  基本タイプ+パソコン
 ・アンテナ


 

指令局は、「無線機」を「電源装置」に入れるだけ。 卓上型またはハンディタイプのマイクを選び、屋外用の「指令局アンテナ」を接続して完成です。(電波の強い場所ではホイップアンテナが使える場合があります。)また、防災や危機管理の場合などでは、いざというときに持ち運びに便利なポータブル型の「可般型無線局」を指令局として使うことも有効です。
・無線機(車載用)を装着するための、場所を取らないコンパクトなボディの100V電源装置です。
・大口径の内蔵スピーカが、連絡内容をクリアな音声で伝えます。
・バッテリー内蔵タイプもあり、停電時にも安心して使えます。
・オフィスが使えなくなった場合など、緊急時には外に持ち出すことも可能です。
・GPS車両位置管理などのアプリケーションを使用するには、無線機のコネクタ(RS232C)にパソコン等を接続すればOKです。
 

◇ハンディマイク
コンパクトなスピーカー付
 

ボタンをプレスするだけのシンプルな「スピーカマイク」から、個別通信やメール機能をもつ高機能マイクまで、多様なラインアップのハンディマイクです。
 


◇指令局用テンキー付スタンドマイク 
オフィスで使いやすい
 

長時間通話する指令局では、マイクを手で持たずにすむスタンドマイクが便利です。
一斉通信、グループ通信、個別通信など、通信モードの切り替えをワンタッチで行えます。
 

◇車載用アンテナ
  シンプルな構造


 

・シンプルな構造の無指向性アンテナから、駐車場の天井も高さが気にならない超薄型の平面アンテナまで様々なアンテナが揃っています。

・車にも、オフィスにも、幅広くご利用いただけます。

・マグネット固定のほか、吸盤固定タイプもありますので、どんな場所にも設置できます。
 

□GPSなどのアプリケーション



















































































 

□豊富なアプリケーションで様々な業種で活用いただけます。
デジタルMCA無線は、通話だけでなく、データ伝送機能を活用して以下のような様々なニーズに応えています。 

◆車両管理
・GPSの位置情報を用いた車両動態管理
・エコドライブのためのデジタルタコメータ情報の収集
・バスロケーション

◆MCA無線と一般電話(内線/外線・携帯電話)を接続する電話接続システム

◆防災・災害対策
・防災無線の同報系として使用するためのコミュニティ無線システム
・雨量計の遠隔データ収集
・自動販売機の文字表示・無料飲料配布

◆静止画やFAXの伝送システムなど
 
GPS機能、テレメータシステムなどのデータ通信のご利用は、別途オプション装置が必要です。

○GPSによる配車、運行管理
パソコンで車両の位置や状態(到着、出発、温度異常など)を把握し、業務を効率化。
デジタルMCA無線 mcAccess e で、車両管理と災害対策・危機管理を同時に実現できます。運転中の通信も道交法上問題ありません。
・進捗状況に応じた柔軟な業務の振り分け、急な依頼への対応も可能になります。
・業務日報の自動作成で、簡単に業務分析ができます。

○エコドライブのためのデジタルタコメータ
ドライバーの日々の運転状況を把握することで、燃費向上と安全運転を実現する「デジタルタコメータ」
デジタルMCA無線 mcAccess e で、デジタコの情報収集と災害対策・危機管理を同時に実現できます。運転中の通信も道交法上問題ありません。
・急ブレーキや急発進の防止、経済速度の維持により、燃費が向上
・安全運転につながり、事故を未然に防ぐことができます。
・日報の自動作成で、簡単に運転状況の分析ができます。

○安心のバスロケーション
路線バスの位置情報を集約し各停留所に表示することで、到着予定が分かりゆとりをもってバスを利用できる「バスロケーション」
デジタルMCA無線 mcAccess e で、バスロケーションと災害対策・危機管理を同時に実現できます。バスジャックなどの犯罪にも安心できるシステムです。
・運転中の通信も道交法上問題ありません。

○電話接続システム
◆電話接続システムPDF2.7MB
デジタルMCA無線は、指令局を構内交換機(PBX)と接続することにより、内線電話や外線電話(携帯電話を含む)と直接通話することができます。
外出先のmcAccess e 端末(車載型・携帯型)からオフィスの電話やお客様の一般電話/携帯電話に、あるいは逆に、電話からmcAccess e 端末に、直接通話できる画期的なシステムです。

オフィスの内線電話が指令局に
オフィスの電話機を指令局のように使うことも可能です。
・指令局が離れた場所にある場合でも、いちいち指令局まで行かなくてもOK。
・デスクの電話から、直接移動局へ連絡できるので、特に緊急時に便利です。

遠隔地のオフィス同士でも電話のように連絡可能
・mcAccess e の全国広域通信網で、遠隔地の事業所の呼び出しも可能。
・電話接続システムを導入した事業所間では、オフィスの電話同士で連絡可能。
・緊急・災害時にも安定した通信が確保でき、BCP(事業継続計画)にも役立ちます。

サービスカーとコールセンターの連絡に
ルート配送業などの場合、コールセンターのスタッフが、自分のデスクから直接、サービスカー(移動局)に連絡できます。交換機によっては、受けた電話を移動局へ転送することも可能。内線感覚で使えます。


○防災用、同報無線を実現「コミュニティ無線」
災害に強く経済的なデジタルMCA無線 mcAccess e で、市町村の防災無線が実現できるほか、防災、災害対策に役立つ様々なシステムが揃っています。 

・指令局: 
パソコンと mcAccesse 無線機で拡声子局をコントロール

・拡声子局端末:
屋外のパンザーマストに設置できるバッテリー内蔵の小型端末

・戸別受信機:家の中でも警報が明瞭に。

・文字表示盤:文字で警報・復旧情報のお知らせ
・自動販売機の文字表示・無料飲料配布
自動販売機の売上情報、在庫情報や故障情報を集約。
災害時には文字表示で災害・復旧情報をお知らせ。
また遠隔操作で鍵を開け、飲料の無料配布も。  

○画像伝送装置「DARWIN(ダーウィン)システム」
災害現場の状況などをデジタルカメラ付きのPDAで撮影し、mcAccess e無線機で指令局のパソコンに伝送できる装置です。
◆特徴
・PDA画面で入力した文字も、同時に伝送できます。
・PDAと無線機の間は、ワイヤレス(Bluetooth)で接続します。
・無線機は、車載器及び可搬型ポータブルのどちらでも使えます。

◆主な仕様
・画像形式   JPEG
・画質レベル  高(640×480)中(320×240) 低(160×120) ・伝送速度   2400bps(環境に依存)
 

◇活用事例
 
地域のインフラ関連業界で
 活用できます。
 






































 

 デジタルMCA無線 mcAccess eは、日常業務の効率化から緊急・災害時の危機管理まで様々な業種の企業および団体に幅広く導入されていますが、ここでは、そのうち一部の事例をご紹介します。
また、全国8か所のセンターが運用するホームページサイトにも、様々な事例が掲載されています。
青字の部分をクリックしていただくと、詳細な情報をご覧いただけます(PDF資料のダウンロード、各センターのサイトへのジャンプなど)。

◆貨物運送・集配
長距離運送から配送、総合物流、引越サービスなど、あらゆる分野でご活用いただいています。
一斉通信で道路情報などの情報を全員が共有できることに加え、最近では、災害に強いこと、運転しながらでも連絡が出来ること、などを評価してお使いいただくケースも増えています。

◆製造、販売、サービス
コンビニ、ショッピングセンター、生協などの流通業、弁当・仕出し、レッカー車などの道路サービス、LPガスや灯油の販売、警備保障、各種製造業、産業廃棄物処理など、あらゆる分野で使われています。
なお、災害対策や危機管理を主な目的としたご利用については、「災害対策・危機管理」のページに再掲しています。

◆バス・タクシー
路線バス、観光バス、タクシー、運転代行など、旅客運送業でも幅広くお使いいただいています。バスロケーションやGPS配車に加えて、災害対策のため、あるいはバスジャックなどの緊急時対応を考慮して導入いただいたケースが増えています。

◆医療・福祉・教育
医療施設の災害対応、介護施設や福祉学校の送迎、学校の送迎や防災などに活用されています。
また、自動車学校の送迎では、道交法で携帯電話の使用が禁止されていることから、安全運転を指導する立場としてMCA無線をお使いになるケースがあります。

◆金融、ガス、水道、清掃等
銀行、証券、損保などの金融業、都市ガス、自治体や民間の清掃事業など、公的なサービスにおいてもご利用いただいています。
これらの分野では、業務の効率化とともに、危機管理でのご利用が大きな比重を占めています。

◆消防・防災
自治体における防災業務としては、地域住民に対する避難情報などを伝える「同報系」と、自治体職員や関係機関との連絡のための「移動系」がありますが、そのどちらにもご利用いただいています。

◆海上、船舶利用
水上では、中継局から80km以上の広いエリアで通信できることを活用した釣り船、遊覧船などでの安全確保や、一斉通信を活用した船舶の効率的な運航管理などにご利用いただいています。


◆災害対策、危機管理
震災や洪水、工場火災など、近年頻発する不測の事態に備え、お客様・職員の安否確認や被災状況の把握、迅速な事業の再開のために 、デジタルMCA無線 mcAccess e を導入される企業が増加しています。

◆土木、建築
鉄道の建設・保守、生コンクリートの製造・輸送など、さまざまな分野で活躍しています。
 

 ◇MCAが選ばれた理由
 お客様の声 

 地域のインフラ関連企業の実績
 が豊富です。



 

広域で一斉通信ができて災害に強いデジタルMCA無線 mcAccess eお客様のニーズによって、選ばれた理由は様々です。
◆消防・防災(自治体等)
◆貨物運送、配送
◆金融、ガス、水道、清掃
◆土木、建設
◆バス、タクシー、運転代行
◆医療、福祉、教育
◆海上、船舶
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧