開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

地方の空港は、地域人商物流の突破口

地方の空港は、地域人商物流の突破口  100710

21世紀が創る新市場の現状>地方の空港は、地域人商物流の突破口




(社)航空貨物運送協会 「迅速で質の航空貨物輸送」
航空フォワーダー業界が利用者のニーズと時代の要望にあったサービスを提供し、
我が国の発展に寄与できるよう、協会活動を充実してまいりたいと思います。

我が国の航空貨物輸送は、近年飛躍的な発展を遂げ、今日では国の内外を通じて
我が国の産業にとって基幹的な輸送手段として定着してきています。
そして今後も世界経済の発展、我が国の経済の拡大に伴い、航空貨物輸送は
ますますその重要性を増していくことでしょう。本協会は、この航空貨物輸送の
主要な担い手である利用運送事業者が現在直面し、業界全体として解決を
迫られている課題に適切に対処し、業界の健全な発展を図るため、日本国際航空
貨物輸送業者協会(IAFA)、日本国内利用航空運送事業者協会(利航協)、
日本国際宅配便協会(IAA) を母体として、1991(平成3)年6月1日に社団法人として
設立されました。
航空フォワーダー、航空貨物代理店の健全な発展のために調査研究指導等を行う
ことにより、円滑な航空貨物輸送を実現し、もって利用者の保護と利便の増進に
寄与することを目的としています。


◎地産地消型地域で地域の財を豊にし地域の人が豊になるためには、20世紀代の
思考法、財の付加価値プラスが少なく、小額単位の財は、その場限りで消える泡沫
刹那利益となり、先行投資のために貢献確立は低い観光にこれ以上費用を書けず
人の移動数に幻惑されず、戦略的に航空貨物を事業展開に組み込む時代に入り、
日本国以外は、豊富な財を投入する競争の時代に入り、日本国だけが、20世紀帰り
をし始めています。国に期待せず、地方空港が、地域の海外からの財の収束する
突破口の役割をするための地域の総合インフラの構築を推奨します。

1本のメイン滑走路は、中型国際航空機の離着陸できるための必要な延長が必要
条件です。延長できないところは、近くの高速の貨物フェリーとの連携のしくみ
が必要です。国内の貨物空輸航空機の離着陸の必要距離と、コンテナ貨物専用
の引きこみ滑走路も必要になります。

地域のドクターヘリ、防災ヘリ、国内近距離貨物の機長候補を地域で訓練し、市場
展開に必要な数×3倍(交代制)を養成できる訓練コースをつくり、地域で育てるしく
みと訓練場所と整備点検機能づくりを推奨します。国内航空機パオロットの訓練
兼用できるようにすることを推奨。

近の空地の物流団地、冷凍倉庫、農業法人、食品加工団地を計画的に誘致する。
ものづくり工業団地との高速道路網を整備し、近隣の県への物流を網整備する。
高単価型精密軽薄短小のものづくりは団地は、空港との高速道路網の整備を推奨
します。 


◎創業まもない茨城空港を事例にあなたがこのビジネスチャンスを活かすこと
を推奨します。茨城空港は生き残りのために、先行投資を回収するために、
地域ぐるみで共に成長する総ベクトルが成長段階で最大仰角の時です。

20世紀代の人の移動だけを事業として捉える航空会社が、価格破壊の航空運賃
外国路線を運航させる大資本大企業型、大空港に任せ、持続的発展のための
地域の強みを活かす汗をかく行動とは逆でビジネスチャンスを棄てようとしています。

21世紀、航空貨物の進化の本質に気づき、特に日本の大商社の国内海外戦略の
商流、人流、物流のネットワークとして、戦略的運航時間を組むと想定以上の優位
条件を掴む確率の高い分野です。特に危機管理を考えた場合、防空も含め最大の
セキュリティが揃う、自衛隊との共用空港の場合は、すでに、安全安心の要素は
揃っています。従来活用している委託航空路線に支払う単価は変動費型経費で、
ある一定期間以上活用する場合類型経費を自力コストダウンすることは、出来難い
方式ですが、固定費型投資として、飛行機の購入をし、自社で使用しない場合は
リースレンタル方式で、自社のグループ企業群を優先にして他の企業へも利用機会
をある一定期間以上提供することを推奨します。自力での航空運賃を設定し、
高品質ローコストオペレーションのしくみシステムを自力で組んで総合的な物流、
人流を組んでループさせてみると、現在の国内の航空会社の経費の使い方が、何か
変だと気づく人財が多いとおもいます。世界標準と少し格差があることに気づく確率は
高い。閉鎖的な独占カルテル型企業で、参入を拒む高い障壁が、崩れた今が
千載一隅のチャンスの時です。



茨城地域は日本の中で優位の強みを持ち21世紀先導する要素が他地域り比較的に
狭い地域に集約され、軽薄短小が優位な地域であり、中期で黒字化路線になる確率が
高い。ただし、総合インフラを幹線とつなぐジョイント部分を短期で整備することが前提
です。ただい、机上の計画も平行で必要ですが、現在スタートしましたので、今の機能
の現状と、航空貨物運送を優先にインフラ整備を推奨します。通常の人流は、不定期
便特別便専用に組む。定期運航はチャンスを待つことを推奨。(目先は考えず、
エアバス型就航時からでよい)。

具体的先人中部国際空港に学ぶと、さらに何を重点に始めるか突破口が浮かんで
くる確率は高い。

20世紀の過去の成功実績体験による多くの我の経営原則に捉われず、世界の視点
から現実直視すると現実化具体化可能な突破口に気づく人財の輩出を待望しいます。


◎地方空港を戦略的に活かすことのできる持続的な戦略推進成長確率の高い
リーダー人財の数の調達と、資金調達機能を持ち、地域と共に持続的発展を
企業使命とする最適な集団の一つは「狭域高密度型地銀信用金庫の潜在力」
気づき、資本主義が21世紀に入り、急速に資本主義のマイナス部分の正体を見せ
始めた時代、地域の全関係機能を整合させた生命組織として発揮させると、過去の
他力方式で国へ期待せず、資金がプラスになれば儲けものとして、成長のタイミング
チャンスを活すことができる気づかない潜在力を発揮させ「何をした方がよいか、
いま地域で何をすべきか」観えてくる確率は高い。
中部国際空港の方が、先行できる総合能力は揃っています。
ただし茨城空港は白紙で、綿密に地域戦略を組むと、戦略的地方行政による地域の
統覚進化が日本で最先端グループなので想定以上に実現が速い確率の高い地域の
一つです。

◎航空運航に係わる専門度の高い人の数が、JALの事業縮小で、過剰人財の移動が
可能な千載一隅の時です。従来の専門性優先で労働生産性と乖離した特殊賃金体系
をふさわしい、労働生産性と優れた知能を活かし、創市場創客、地域を世界への貢献
指向の高い人財を少数選べば、地方を豊にできる突破口人財になる確率は高い。
従来の価値の視点を修正するだけで実現度が高くなる人が豊富な人邑の一つです。

空港一覧を参照するとおらが町の空港を地域発展の演出公開の高い機能を活かし
きっている地域は多くない確率が高い現在、活かす方向は無限です。機能を活かす
人財の輩出を待望しています。専門度の高さ人は継続訓練を止めると短期ただの人化
が早く、実戦継続の歯止めがないと低くなる確率は高く。当時の能力を回復するには
長期間かかる可能性があります。いまがチャンス、この時期が過ぎると、先入観のない
若い育てる世代に戦略的に育成時間をかける方が最適の時代に入ります。


 全国地域航空システム推進協議会の機能を積極的に活かすことを推奨



◎参考 地域の総合的変化の中の空港の活かし方

神戸市の主な取組み
神戸市は地域の持続的収益を上げる投資効果の高い事業を核にした最先端都市計画が戦略的「産学官
連携」により直実に進化をはじめている地域の一つです。神戸医療産業都市、次世代スーパーコンピュー
タ開発、神戸空港も含めたポートアイランドが2期目に入りました。

 






 更新 2010.11.20

□(社)航空貨物運送協会



 

◆協会概要

◆会員名簿  
正会員 127社 準会員 21社 賛助会員20社 2010.06.01

●JAFAニュース  Adbe Acrobat 7.0 pdf
 

●プレスリリース Adbe Acrobat 7.0 pdf
 

 

◇航空貨物取扱実績  pdf

Adbe Acrobat 7.0 pdf

◇危険物の航空輸送 pdf

Adbe Acrobat 7.0 pdf

◇航空化貨物の梱包pdf

Adbe Acrobat 7.0 pdf

 

 

◇ディプロマ試験案内 pdf

 IATA-FIATAディプロマ(国際航空貨物取扱士資格)

 

 

○Global Biz Gate
グローバルビズゲートの国際ビジネス人材育成講座






 

国際航空貨物取扱士講座
IATA-FIATAディプロマ取得を目指す高い合格率を誇るインターネット講座

航空運送業界の必須資格 IATA-FIATAディプロマ(国際航空貨物取扱士資格)。IATA(国際航空運送協会)と FIATA(国際貨物輸送業者協会連合会)が認定する、世界80ヶ国で通用する国際資格です。当講座は、この試験合格を目指す日本唯一のインターネット講座です。
航空専門学校でも教鞭を執る当社スタッフが作成したオリジナルの日本語テキストにより、航空貨物運送の知識がない方でも、 約50時間の学習で、ディプロマ試験合格レベルの知識・スキル、英語を身につけることができます。
 

 

 


□エアバスの世界での活用現状 
 
参考 「なぜエアバスは、勝たないのか」  著者 山崎明夫   出版社  竅iえい)出版社       
     発行 2008.11.20      ISBN 978-4-7779-1195-0     税込価格 882円
 

◇エアバスについて  






 

1972年10エアバスA300の初号機が初飛行、1990年まで使用され、その間1万5000会の離着陸、約3万1000時間の飛行を記録。金属疲労を含む耐久試験を経て想定した機体寿命の半分にも達していなかったという、完成度の高さがわかった。
客室床下の貨物室には「LD3」と呼ばれる世界標準の航空機用コンテナが良く並びで2個搬入することが出来る設計。
ボーイング737、757では1個入れることができる。

A310では胴体後部にある燃料タンク内の燃料の移動によって機体移動によって機体重心を自動的に補正するシステムを採用。

A320では、民間機で初めてフライバイワイヤの操作システムを採用。(電気信号で舵を操作するシステム)2008年時点で6100機の受注を記録。すでに3400期が使用されている、100席から220席までの単通路旅客機としてはボーイング737と並ぶベストセラー機

1992年中国東方航空では中国で初めて100機以上のエアバス機を所有する大口顧客となる。ファミリー化への展開

●中国国際航空は中部国際航空では「エアラインスクールVIC札幌校等で客室乗務員、航空貨物営業スタッフの動きが始まっています。

・航続距離 6000KM近く、中距離路線でも使用できる。

 

◇A318(シリーズで最も小振り)
 

・離着陸に必要な滑走距離が短い。
・急降下による着陸が可能で静粛性があり、繁華街上空を通過するなど、地域による特殊性をを勘案して生まれた機種

2008年機体価格(最小 560. 最大 62.1 平均59.1 )
 約100万USドル=約1億円
 


◇低価格チケットを売り出しているLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)に最も人気の機体

 

・経済性に他ならない。こなれた機体価格(またリース価格)とボーイング737よりも安い運航維持費はLCCにとって大きな魅力となっています。

運航時、戦略的貨物物流と多目的活用をすると。1機当たりの運航時収益は、想定以上に高いことに気づく確率は高い。

貨物(出張時物流と同時移動も可能となり、軽薄短小型企業は、短納期格差を演出することが可能になります。
 

◇A340派生型

長距離大量輸送を得意とするボーイン布747の代替え市場を狙いA340派生型がある。
747の最大搭載量8トンを上回り、航空コンテナLD3を最大42個積める。
 

◇世界の需要の予測














 

この半世紀の間で、移動手段に航空機を利用する人は、年間数100万人の時代から8億人に達している。過去10年だけで45%利用客が増え、航空貨物は80%の伸びをしめした。さらに、この先20年間で、航空機の利用客は年平均5%近い伸び率が予測され、航空貨物は6%近い増加が見込まれています。
航空機利用者の内訳を目的別にみると、51%が旅行目的で3、ビジネスの利用は16%と以外に少なめですまた旅客手段のうち、高級機は46%となり、道路移動の43%を上回り、鉄道はわずか4%に過ぎない。価格ベースで見ると4割程度が輸出品に航空貨物が使われ、世界の全産業の2割の売上は航空貨物の物流に依存している。ここから、付加価値の高い商品は、ほとんど航空貨物を使用していることが推測される。航空機産業の市場は、全世界で370兆円ビジネスに成長し、約100年前に生まれた飛行機により産業が、全世界におけるGDPの8%を占めていることになる。

1997年 ハブ空港としてのドバイは、その規模が28位に過ぎなかったが、2007年にはロスアンゼルス、シンガポール、バンコックに次いで10位に急浮上。この上昇びりを見れば、この先10年、ドバイを中心おした中東の航空需要は、アジアよりハイペースで推移すると見込まれる。そのため、エアバスは中東を本拠地とする機体は560機程度から2026年には1600機以上になる予測。中東に31ある貨物航空会社は106社に増える確率は高い。
東南アジアと中東においては航空会社の新型機の購入意欲が旺盛で。アジアのLCCが大型商談、中東の航空会社エミレーツ、カタール、エティハッドなどが一度に1兆円規模の契約を発表。サウジアラビヤを中心とする中東地域は旅客と物流で世界のハブ空港をめざしている。
 

◇エアバス方式の世界の潮流に取り残された日本



 

日本は長いリストラ、JAL会社更生等、航空貨物と、旅客を分離し、観光旅客のハブへの、企業安定収益基盤黒字化構築と相関の少ない投資姿勢、今後も拡張効果の少ない空港への投資姿勢は、航空貨物のハブ空港化の世界の動きと「なにか変」。世界にとり残された時代がはじまります。

エアバス構想である、大都市のハブ空港を有する大都市と、そのハブ空港を基点として、そこから地方都市と連結する、エアバス型に「よるハブ&スポークの構図が日本国以外で加速している。
エアバスによる地方空港同士の連携で、日本の地産地消の過剰生産分を日本国内で戦略的整合補完が可能な突破口として、茨城空港の地方型ハブ空港モデルを推奨します。 
 

 

 


■航空貨物に関する情報


□JALCARGOの航空貨物運賃産出基準表・料金算出基準表

   国内
 

◆コンテナ貸出制度について
◆貨物の梱包について
◆危険物輸送について
◆精密機械FAQ
◆貨物室環境FAQ
◆貨物豆知識
 


□輸出に関する制度・規格・手続きに関するQ&A

  日本貿易振興機構(ジェトロ)
  の貿易投資相談Q&Aより


 

□輸入に関する基本的な制度 物流
基本的な貨物運賃は、何を基準にどのように決定されるのですか。また、運賃のほかに買い主の手元に貨物が届くまでにどのような費用がかかりますか

 □輸出に関する基本的な制度 物流


◎航空貨物のアウトソーシングのしくみシステムが急速に進化してきました。
ヤマトグループの事例  


□ヤマトグローバルエキスプ
レス


◎多様なお客様の解決テーマにきめ細かく対応サービスをして、航空貨物の強みを発揮させています。A志援ms
・航空便  ・時間便
・航空便スーパーナイトサービス
・航空便スーパーエキスプレス
・スーパーナイト緊急納品サービス
・生鮮航空便
・生鮮時間便
・パッケージサービス
修学旅行等を受託している旅行会社様を対象としたサービスです。団体旅行の荷物を集合場所でまとめて集荷。宿泊先へ配送いたします。旅行中は手ぶらで身軽にお過ごしいただけます。

・航空便プロテクトサポート
企業様にとって何よりも貴重な企業情報や個人情報を、弊社独自のセキュリティー体制やサポートでしっかりガード。安心してお送りいただけるよう、充実のサービスをご提供しております。

○回収サービス
○専用伝票回収サービス
○業務サポートサービス
○監視サービス
○データ提供サービス
○EXPRINT伝票発行ソフト
○エキスプレスEDI

 

企業間物流のエキスパート
生鮮時間便。朝、水揚げされたばかりの魚介類をその日の内に厨房・店頭へお届け

◆会社概要  創立 2007(平成19)年7月10日
ヤマトグローバルエキスプレス(YGX)はヤマト運輸の国内航空貨物輸送部門として昭和30年より営業してまいりました。国内航空貨物輸送をより一層成長させるとともに外部の環境変化にも対応したグローバルSCM輸送を提供することを目的として、2008年4月1日にて分社いたしました。

◆事業内容
 今やビジネスにスピードは欠かせません。とりわけ、物流の効率化とリードタイムの短縮はビジネスを成功に導く重要な課題となっています。
ヤマト運輸の国内航空輸送部門として長年スピード輸送に取り組み培ってきた豊富なノウハウをベースに、全国のネットワークを駆使して、業界内でトップを争うシェアを獲得しています。
現在は航空機輸送に限らず、輸送の効率化・スピード化、特殊輸送、付帯作業の実施等様々なニーズに応じた付加価値サービスを提供し、輸送システムをカスタマイズすることにより、クライアント企業の物流イノベーションを推進しています。

グローバル輸送マネジメント事業
グローバルでの調達・生産・販売をおこなっている企業において、サプライチェインの最適化は重要な経営課題であります。
マネジメント上、最もクリティカルな要素としてサプライヤーの管理が挙げられます。国が異なることによる時差・距離・慣習・法律の違いの中で、多くのサプライヤーを管理しなければなりません。サプライヤーの多くは、貴社のビジネスの成功を意識し、具体的にサプライチェインを支援することができているでしょうか?
YGXはグローバルサプライチェインの中で、日本国内の輸出入輸送を担う輸送サプライヤーとなります。最小リードタイム、最小コストの輸送を実現しつつ、輸送の実行状況をリアルタイムに、貴社のプラットフォームにあわせ提供いたします。
 

 □ヤマトグローバルロジスティクスジャパン

○会員専用WEBBOOKING
○国際宅急便貨物追跡
○WORDWIDE TRACKING SYSTM
○海上シッピングスケジュール








 

日本と世界を結ぶ、シームレスな国際一貫物流サービスを提供

◆会社概要
 設立 1999年11月17日
 国内32店 海外7駐在員事務所(2010年4月現在)
営業開始日 2000年4月1日

◆貿易物流サービスエクスポートファクトリー
○航空輸出サービス    ○航空輸入サービス
○会場貨物輸送      
○エクスポートファクトリー(海外への流通を支援しています)
グローバルにモノを流通するお客様を対象に、梱包・通関・海外輸送・決済などに関わる業務を一括で請け負うことにより、トータルコストの抑制とレスポンスタイムの向上を実現するサービスです。

○貿易決裁サービス

◆クロネコ国際メール便
世界中の国・地域へ、手続き簡単断然お得な低料金
○詳細情報    ○クロネコ国際メール便約款

◆国際宅急便
海外からのお土産や手荷物を、旅先から日本までドアツードアでお届けします。
○利用上の注意  ○料金表  ○お問合せ
○荷主出荷支援システム
 


◎商社の総合物流の中の航空貨物の事例 


商船三井ロジスティクス


●サービス内容

◆国際航空貨物
精密機械、繊維製品、化学品、生鮮食料品などお荷物の一貫輸送
◆国際海上貨物
日本から世界、世界から日本、そして世界の各地から各地へDoor to Doorでのサービスを提供
◆ロジスティクス
マーケットインの発想で最適なソリューションを提案










 

高品質、かつ特色あるサービスを競争力のあるコストで提供する物流企業
当社は商船三井グループの中核物流会社として、総合的な国際物流サービスを提供しているグローバル企業です。「お客様のいかなるニーズにもお応えできる総合的な付加価値の高い物流事業を展開し、世界経済に貢献すること」を使命として“MOL Logistics”という統一ブランドの下、全世界のネットワークを整備、拡充し、更なる業容の拡大を図っています。

◆会社情報  ◆企業概要 設立 1989年(平成元)年7月
株主 商船三井 近鉄エクスプレス

◆営業種目
・航空輸送   ・海上輸送  ・輸出入通関
・国内・海外引越し  ・国際宅配便  ・ロジスティクス
・国内輸送  ・貨物損保代理店業務

◆注目のソリューション
商船三井ロジスティクスが世界各地で展開するコントラクト・ロジスティクス サービス。自社運営倉庫はもとより、お客様の工場内構内作業や、お客様所有物流センターの運営など、その舞台は多岐にわたります。永年培ってきた物流ノウハウの集大成。商船三井ロジスティクスはこれからもグループ総力を挙げてお客様のニーズにあったコントラクト・ロジスティクスに取り組んでいきます。

◆グローバルネットワーク
・日本  ・アメリカ  ・ヨーロッパ  ・アジア  ・オセアニア

◆輸出入手配のお手伝い
輸出入をするに際し、その用途ごとに書類作成をお手伝い

 

伊藤忠ロジスティクス



























 

◆会社概要  設立 1961(昭和36)年7月
○株主 伊藤忠商事  川崎汽船
○主要取引先
・伊藤忠商事(株)  ・ファミリーコーポレーション(株)
・不二製油(株)    ・エコートレーディング(株)
・(株)日本製鋼所   ・ユニ・チャームプロダクツ(株)
・伊藤忠丸紅鉄鋼(株) ・(株)サイゼリヤ
・伊藤忠ケミカルフロンティア(株)  ・アルフレッサ(株)
・プリマハム(株)   ・第一倉庫冷蔵(株)

◆事業内容
 ・総合物流業
倉庫事業、貨物運送取扱事業、国際貨物取扱事業、 外航海運取扱事業、国際航空貨物取扱事業

・建設業
とび・土工工事業、機械器具設置工事業
・不動産賃貸事業  ・物品販売業   ・配送センター事業

◆物流サービス
○国際物流サービス
・航空輸送
貨物引き取り、梱包、書類作成、通関、混載、配送などの基本的なサービスはもちろん、商品別・地域別に特殊なノウハウを必要とする貨物にも幅広い実績があり、輸出に関しては他社に負けない競争力あるレートおよびDOOR TO DOORの一貫輸送サービスを、輸入に関しては世界各国からの多種多様な商品を迅速且つ確実に通関・配送するサービスを提供いたします。

・海上輸送
・複合一貫輸送
・三国間輸送、海外3PL

○物流センターサービス(3PL)
○保管、配送サービス
○移転、引越しサービス

◆導入事例
◆国内外拠点一覧
 

 

 


□茨城県
   ●茨城の紹介観光

◆茨城県の魅力

◆いばらきの工業団地

・茨城空港と各団地との関係

・災害が少ない平坦な地形
・工業団地の紹介
・企業立地面積全国トップ

・製造品出荷額全国8位  12兆0491億円
○重化学工業 70.8%
・機械21.8% ・化学11.3%  .鉄鋼10.8% ・電気6.6%  ・その他20.7% 

○軽工業 29.2%
・食料9.7% ・プラスチック6.2% 飲料たばこ飼料3.7% ・窯業土石2.9%

・廉価な地価
茨城県の地価は、神奈川県の1/4、埼玉県と比べても半分以下です。これは、同じ金額でより広い面積が確保できるということにつながります。

・豊富な労働力

◆都心からのロケーションと道路網
・東京都心かた30〜150km
・高速道路、鉄道、港湾

 

◆プロジェクト
○特別区構想
・つくば、東海、日立知的特区
茨城県は,広範な分野にわたって世界的な研究機関が集積する「つくば地区」,原子力関連研究施設や建設が進む大強度陽子加速器が立地する「東海地区」,そして,電機機械産業の集積地として発展を遂げてきた「日立地区」を擁しており,トップレベルの最先端科学,基礎科学,産業技術など,他に例を見ない知的資源の集積を有している。 しかし一方では,産学官の連携や研究成果の産業化のシステムが未成熟であったため,こうした「知」の集積が新産業・新事業を創出するに至っていなかった。

このような中で県は,研究集積を活用したベンチャー等の創出を目指す「つくば新事業創出プログラム」(平成13年11月),大強度陽子加速器等を核として科学技術拠点の形成を目指す「サイエンスフロンティア21構想」(平成14年4月),既存企業の新分野進出を目指す「県北地域産業活性化プログラム」(平成14年7月)を策定し,「知」の集積の活用による産業活性化を図るための施策を展開している。 また,研究者間のネットワークづくりを目指す「つくばサイエンス・アカデミー」や,産学官や地域の連携による産業活性化を目指す「つくば連絡会」「県北地域連絡会」の活動など,新たな取り組みが始まっている。さらに,近年の国立研究機関の独立行政法人化により,技術移転や研究所発ベンチャーの動きが活発化している。


・鹿島経済特区
●現在                              
  立地工場数      工場出荷額         現状
   173社         約1兆8千億円       ・素材産業の地位低下    ・海外への工場移転                                    ・関税引き下げ 
●将来             
   220社         約2兆8千億円       ・日本の素材産業の再生                             

・広域連携物流特区
2002(平成14)年9月 茨城県総合物流計画の策定について
北関東自動車道等の高速道路網、常陸那珂港や百里飛行場の民間共用化等広域交通基盤や高速大容量の情報通信基盤など、整備が進展している本県の物流基盤を活用し、新しい物流ルートの構築や物流拠点の整備、物流企業等の振興などを図ることにより、本県を首都圏における一大物流拠点とするため、物流施策を総合的・計画的に推進するための基本的な指針を示すことを目的としております。

●2007(平成19)年3月茨城県総合物流計画の改定について
2002(平成14)年に策定した茨城県総合物流計画について、計画期間の中間年を迎え、北関東自動車道や首都圏中央連絡自動車道、茨城空港などの広域交通基盤の整備進展、京都議定書の発効など環境負荷低減に係る社会的要請など、本県の物流を取り巻く環境の変化に的確に対応するため、必要な施策の追加や具体化(アクションプラン化)を図り、産業大県づくりに資することを目的に改定しました

○情報
・いばらきブロードバンドネッオワークIBBN
県では,県内全市町村と共同で高速・大容量の情報通信ネットワーク「いばらきブロードバンドネットワーク(IBBN)」を構築しました。県民・企業誰もが便利で廉価に利用できる情報通信環境を整備することにより,情報格差の是正,産業の振興,行政サービスの効率化・高度化を推進するのが目的です。 この目的を達成するため,IBBNを,インターネット接続事業者(ISP)や企業・団体など,その活用を希望される方々に無料で開放しています。

○交通網
・茨城空港   ・茨城県内高速道路   ・いばらき北関東com ・いばたき港  ・鉄道バス等公共交通

○地域
・いばらき地域づくりねっと
・いばらきまちづくり情報局
・つくばエクスプレス沿線のまちづくり
茨城県内のTX沿線地域ならではのライフスタイル、沿線地域の魅力である「郊外ならではの潤いと楽しさ」、「都市的な快適さ」、そして、「つくばならではの知的な環境」をともに享受しながら、人々が自分の希望にあわせて、住み、働き、学び、遊ぶ。これが、「つくばスタイル」です。

・ひたちなか地区のの開発
・いばらきさとやま生活
茨城県北部地域における移住、ニ地域居住のポータルサイト

・アーカスプロジェクト
茨城県では,身近に芸術に親しめる地域づくりの一環として,平成7年度から守谷町のアーカススタジオを拠点にして,『アーカス構想パイロット事業』を展開してきました。  この事業は,国内外の将来有望な若手芸術家を本県に招き,滞在中の創作活動を支援する「アーティスト・イン・レジデンス」という新しい試みを核として,県民が身近に芸術家と交流し,楽しみながら芸術創造を体験することで,個性的で創造性豊かな魅力のある地域づくりを進めようとするものです。  平成12年度からは,5年間のパイロット事業の成果を踏まえ,『アーカスプロジェクト』として本格的に展開を図ります。  『アーカス』は,地方自治体による国際的な芸術文化交流事業として,国内外から注目されており,その評価・反響は年々高まっています。

・サイエンスフロンティア21構想
・首都圏機能移転等
・道路ボランティアサポート事業
・いばらき北関com
 

◆教育・文化

◇生活・環境

◇福祉・医療

 


◇茨城県は、地域として、21世紀型の県の未来のグランドデザインが整理できている地域の一つ




 

●先行投資した茨城空港が未来を拓くための善循環のための心臓としてポンプの役割が機能する世界観からの視点をもつ人財の多数輩出を待望しています。

●茨城県のホームページの個別内容を、整合し、ネットで繋げるとあなたが推進すべき方法が浮かんできます。

●多くの自治体の先導する役割として生きてきます。

●地域の資金調達機能もベクトルが揃った地域の一つ
 

□エアバスのような客室と貨物室(世界標準の航空機用のコンテナ収納型)をもつ飛行機と航空貨物専用機のための日本のハブ空港化する。
(地方の空港を結ぶネットワーク)

自衛隊機との併用空港なので、防空、セキュリティは高く安全性か低くない。
千歳空港の物流網の現状を学び、さらに最先端化し、小規模空港としての機能性を活かすことを推奨します。

JALのエアバス化による業績浮揚の手法として国内地方空港ネットワーク構想がない場合、他の航空業界へ交渉、エアバスの日本国内での実用実証のためにエアバスメーカーの支援を受け、多くのJAL退職パイロットの就業受け皿として活かす方法があります。地域の商流に関係する大企業、中堅企業の共同購入方式、購入企業は、国内航空移動に、価格破壊した航空運賃で活用できるようにする。(新幹線料金より安くする)。現実化可能な方法は多くあり、最適なものを採用すればよい。

◇乗客の数は損益分岐点以上の売上を目標とする。


地方の場合常時乗客数の定員確保は都市型空港と比較したマイナス傾向が高い。航空貨物で一機当たりの固定費を吸収できる戦略的物流事業を展開する。
国内の場合「行き便」、「帰り便」荷物は60%企業の通い便化し、福島臨海鉄道との貨物物流網を整備する。

茨城港等、港湾のフェーリー型物流網を整備し、太平洋側は日本の主要都市を結び、特に東京、神奈川の鮮度物流のハブとする。
離島の物流に貢献する。
日本海側は、日本海の港までの貨物鉄道網を整備する。

大量物流は幹線移動は、貨物、船で物流網を組み立てる。


◇物流団地、物流網の道路幹線をつなげる。
 

大型貨物物流のための、高速道路網との連結をする。

◇物流商流で事業にプラスになるすでに航空貨物運送参入企業からベース売上になる企業を選び創客する。





 

◎物流商流人流の連携として国内は、本州(茨城)を基点にして北海道、四国、九州、沖縄とのネットワークを相互に結ぶ。
従来の運賃の将来価格破壊可能な時点を想定して、地域相互戦略を推奨します。

商社系、倉庫系、国内大物流系、企業系、海外物流日本拠点系 
関連企業グループを持ち、業種が多様なほど、小規模茨城空港の航空貨物兼人の輸送手段として、競合他社に対してコストの強みがでやすい確率は高い。

ものの移動専門企業より、もとのづり、ものえらび、ものおろし等安定した利用予測が先行でできる方がよい。幹線物流は拮抗した専門会社があり、縁あるところを基幹として連携すればよい。
 

◇知的特区をさらに日本最先端にし、国際的にも最先端集約戦略に茨城空港を活かす。













 

●東京ビックサイトの国際展示(最先端と特許系に限定)し、5000人規模の学会、その他国際会議の機能をもつ施設をつくる。
ホテル網をつくり会場からの移動ルートをトラム又はコミュニティバス方式(電気自動車等)で観光地巡回方式にする。(つくばのように)

・つくばみらい市「みらい号」
 つくがみらい市の東西南北の地域公共施設等を循環するバス
・つくばみらい市内交通ネットワーク


●茨城空港は特別機による賓客、臨時便専門の空港にする。(他の日本の空港から乗り入れする)
成田エクスプレスのように、茨城空港とつくば、秋葉原とをつなぐ
3箇所だけ止まるエクスプレスを増便する。

●移動は、つくばエクスプレスを短期で、空港までつなげることを推奨します。(秋葉原終点で、たの路線のように東京等へ延長しないことを推奨・秋葉原はIT、中国系企業、外国人の集客場所として最先端企業が集まる地域をさらに加速させる方がよい。乗客も、賓客にふさわくない層の加速度増加を抑えることを推奨)

●茨城空港は大陸(中国、韓国)等、航空運賃破壊型航空の臨時便型路線の離着陸に都合のよい航空路線を開くことができる確率は高い。

●つくばエクスプレスの「ある駅」(高速道路に隣接し、鉄道貨物隣接し、その駅までの道路と、鉄道引きこみ線を準備する)
東京市場への物流の高速化に役立てる。

 

◇エアバス型航空機が就航した場合

●ものと一緒に他と比して低価格の運賃で同時移動が可能となり、短期間、緊急に対応できる企業の強みができる確率は高い。特に高度な技術、職人技能が必要なとき強みを発揮出来やすい。
 


◇茨城の地産地消の過剰分を茨城県が集約して、量に応じて、協同物流と、その販売要員を同時に移動させ、物流先の販売支援を同時におこなうしくみシステムをつくる
 

●新販路のきめ細かいサービスのための遠距離短時間移動の強みを活かし、地域企業の営業活動を個別から、地域組織による整合された組織戦略への展開に行かせる。航空貨物と人の移動を最適コストで、他の単独企業より安く、効率提供できる確率は高く、利用者が協同活用戦略を組む確率の高い人が集まるテーマの一つです。

◇地域密着CATVの機能を活かす




 

 研究学園都市コミュニティーケーブルサービスACCS

筑波研究学園都市及びその周辺地区において、テレビジョン放送の受信障害を解消するために有線テレビジョン放送施設によるテレビジョン放送の再送信に関する業務を行い、さらにわが国における新たな都市開発に伴うテレビジョン放送の受信障害解消に関する調査研究及び有線テレビジョン放送施設の高度利用を図るための開発調査を行うほか、有線による自主放送番組及び通信サービスの提供等を行うことによって、筑波研究学園都市の都市機能の保持向上及びわが国の情報化の進展を図り、もって公共の福祉の増進に寄与すること

 

 ◇スマートグリッドの実証実験がつくば市で地域の関係分野が分担して始まりました。

(スマートグリッドノウハウの先進地区のひとつ)












 

 
つくば市伊藤忠商事との実証実験

グリーンエネルギーを活用した低酸素交通社会システムの共同実証プロジェクト2009.11.27
伊藤忠商事並びに協力企業各社とつくば市はクリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト(以下「本プロジェクト」)を、2010年3月から実施します。日本固有のインフラネットワークであるコンビニエンスストアやガソリンスタンドを利用した国内初のスマートグリッドにも関連した取組みです。本プロジェクトは、株式会社ファミリーマート(以下「ファミリーマート」)の店舗や伊藤忠エネクス株式会社(以下「伊藤忠エネクス」)のガソリンスタンドをベースとし、電気自動車、急速充電器、定置用蓄電池、太陽光発電及びカーシェアリングを連携させた低炭素交通社会システムを実証するための総合的、複合的な取組みです。また、アドバイザリーコミッティーとして、つくば市、独立行政法人産業技術総合研究所、財団法人日本自動車研究所や株式会社日本総合研究所、電力会社他が参画し、実証を通して得られるデータを共有し、助言や提言を仰ぐことで、システムの最適化に反映させます。本プロジェクトは以下3つの柱から構成され、いずれも国内初となる新規性ある取組みです。

参考
スマートハウス・シティの稼動の現状
 

 

 



◇(社)航空貨物運送協会会員名簿
 
正会員 127社 準会員 21社 賛助会員20社 2010.06.01

商社系、倉庫系、国内大物流系、企業系、海外物流日本拠点系 

  伊藤忠ロジスティクス

 NECロジスティクスサービス

 上組航空サービス

 近鉄エクスプレス 

 近鉄ロジスティクスシステムズ

  澁澤倉庫

 商船三井ロジスティクス

  住友倉庫

 住商グローバルロジツティクス

  西濃運輸

 西濃シェンカー

  ソニーサプライチェーンソリューション

  東芝物流

 東陽倉庫 

 西日本鉄道

 日本通運

 日本ビジネスロジスティクス

 濃飛倉庫運輸

  初村第一倉庫

 バンテック

 フィデラルエクスプレスジャパン
  (海外物流網を活かす)

 富士フィルムロジスティクス

  ホンダロジスティクス

  マツダエース

 丸運

 丸運国際フレート

 丸紅物流

 三井倉庫

 三菱倉庫

 三菱電機ロジスティクス

  名港海運

 名鉄観光サービス

 名鉄ゴールデン航空

 ヤマト運輸

 ヤマトグローバルエキスプレス

 ヤマトグローバルロジスティクスジャパン

 郵船航空サービス

 ユナイテッド航空貨物

 

  琉球通運航空

 沖縄空輸

 沖縄通関社

 沖縄日通エアカーボサービス

 

 

 

 

 

 
地域 


  国際地方部会


  国内地方部会

 北海道地区










 

日本通運(株) 札幌航空支店 011-865-7700
郵船航空サービス(株) 千歳事業所 0123-27-3611
西濃シェンカー(株) 札幌営業所 0123-42-7933
ナラサキスタックス(株
0144-35-2222









 

日本通運(株) 札幌航空支店
011-865-7755
札幌通運(株) 本社営業部航空貨物支店 011-642-4522
西武運輸(株) 北海道統括支店 011-782-7811
国際空輸(株) 札幌主管支店
011-812-0232
ヤマトグローバルエキスプレス(株) エキスプレス札幌支店 011-871-2334
佐川グローバルロジスティクス(株) 札幌支店 011-863-2321
(株) 近鉄ロジスティクス・システムズ 011-863-3871
北海道西濃運輸(株) 札幌航空センター 011-871-5959
名鉄ゴールデン航空(株) 札幌センター 011-831-0775
旭川通運(株)
123-26-1110
福山通運(株) 航空貨物支店
011-782-0650
 

東北地区(仙台)










 

日本通運(株) 仙台航空支店 0223-25-2533
仙台運送(株) 国際貨物支店 022-383-2842
(株) 阪急阪神エクスプレス 仙台支店 022-383-3577
三陸運輸(株)
022-361-1926
郵船航空東北(株) 仙台営業所 022-383-6961
カイリク(株) 仙台物流センター 022-383-1131
センコン物流(株) 仙台空港営業所 022-381-5206
 

日本通運(株) 仙台航空支店
0223-23-6041
仙台運送(株)
022-284-3182
西濃運輸(株) 仙台支店
022-288-6711
西武運輸(株) 東北航空支店
022-236-4485

 

関東地区













































































 

●横浜国際地方部会

日本通運(株) 横浜航空支店 045-453-1041
西日本鉄道(株) 横浜営業所 045-323-1751
(株)バンテック 横浜支店
03-3256-5483
(株) 阪急阪神エクスプレス 横浜支店 045-461-2511
(株)日新 横浜営業所 045-212-2459
郵船航空サービス(株) 東日本輸出営業本部 神奈川輸出支店 045-651-0564
伊藤忠ロジスティクス(株) 航空事業本部 横浜営業所 045-641-4817
(株) 近鉄エクスプレス 神奈川営業所 045-201-8661
商船三井ロジスティクス(株) 横浜貨物支店 045-664-3700
ケイラインロジスティックス(株) 東京営業部 横浜営業所 045-681-3576
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 横浜支店 045-662-0933
(株) 住友倉庫 航空貨物部 横浜航空事務所 045-212-3211





















































 

 

●成田国際地方部会

日本通運(株) 成田空港支店
0476-40-9211
西日本鉄道(株) 成田第二営業所 0479-78-1545
(株) 近鉄エクスプレス 成田カスタマーサービスセンター 0476-70-7010
商船三井ロジスティクス(株) 成田支店 0479-70-8560
郵船航空サービス(株) 成田輸入業務センター 0476-33-8712
(株)バンテック 輸入事業部
0479-78-8071
ケイラインロジスティックス(株) 成田ロジスティックスセンター 0479-78-1600
インターナショナルエクスプレス(株) 成田空港営業所 0476-32-8172
(株) 日新 東京航空部
0476-32-8330
(株)阪急阪神エクスプレス 成田第1通関センター 0479-78-4260
伊藤忠ロジスティクス(株) 成田営業所 0476-32-8111
エクスペダイターズジャパン (株) 成田営業所 0476-32-5902
NECロジスティクス(株) 成田国際輸送センター 0476-32-0633
キューネ・アンド・ナーゲル(株) 成田営業所 0476-32-2931
ケイヒン航空(株) 成田営業所
0476-32-8257
(株)ジェイティービーカーゴ 成田営業所 0476-32-8335
コクサイエアロマリン(株) 航空貨物本部成田営業所 0476-32-8150
シーバ ロジスティクス ジャパン(株) 成田空港営業所 0476-30-3722
佐川グローバルロジスティクス(株) 成田営業所 0476-32-8301
山九(株) 航空貨物部成田事務所 0476-32-8120
澁澤倉庫(株) 成田航空貨物営業所 0476-32-8355
ユーピーエス サプライチェーンソリューション(株) 成田空港事業所 0476-32-6985
(株)住友倉庫 航空貨物部成田空港事務所 0476-32-8160
西武運輸(株) 成田国際営業所 0476-32-8220
(株)西濃シェンカー  
0476-30-3711
ソニーサプライチェーンソリューション(株) 成田通関 0476-32-3663
(株) 泰運商会 成田営業所
0476-32-7336
TASエクスプレス(株) 東京ロジスティックスセンター 0479-78-8333
東京航空貨物(株) 成田支店
0476-32-8101
DHLグローバルフォワーディングジャパン(株) 成田ロジスティクスセンター 0479-78-6331 (株)南海エクスプレス 成田営業所 0476-32-8341
(株)日立物流 国際営業本部 業務部 0476-32-0707
芙蓉エアカーゴ(株) 成田営業所 0476-32-8390
(株)ホンダ・ロジスティクス
0479-78-0800
丸運国際フレート(株) 成田営業所 0476-32-8205
三菱倉庫(株) 0479-78-1408
名鉄観光サービス(株) 成田空港営業所 0476-32-8296
(株)ヤマタネ 港運通関部 成田空港通関事務所 0476-32-7112
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 成田オペレーションセンター 0476-32-5770 ユナイテッド航空貨物(株) 成田支店 0476-32-8135
 

北陸地区(新潟)




 

 

日本通運(株) 新潟航空支店
025-271-0200
新潟運輸(株) 営業本部
025-285-5110
中越運送(株) 事業部
025-283-0022
ヤマトグローバルエキスプレス(株) エキスプレス新潟空港営業所 025-271-5621
 

 中部地区


























































 

郵船航空サービス(株) 中日本営業本部 052-221-7680
日本通運(株) 名古屋航空支店 052-571-5185
(株) 近鉄エクスプレス 名古屋フォワーディング営業所 052-582-2251
TASエクスプレス(株) 営業本部 052-339-3350
(株) 阪急阪神エクスプレス 中部日本営業部 052-551-7231
名港海運(株) 航空貨物部 052-361-0861
名鉄観光サービス(株) 名古屋国際貨物支店 052-351-1616
名鉄ゴールデン航空(株) 名古屋国際営業所  0569-38-8500
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 名古屋支店 052-363-2501
西日本鉄道(株) 航空貨物事業本部 中部統括営業所 0569-38-8300
愛知日新(株) 052-961-1971
伊勢湾海運(株) 航空事業部 0569-38-7811
インターナショナルエクスプレス(株) 名古屋支店 052-323-2113
海外新聞普及(株) 名古屋支社 052-760-5977
ケイラインロジスティックス(株) 名古屋支店 052-322-5501
JPサンキュウグローバルロジスティクス(株) 名古屋支店 052-581-3939
ジャスフォワーディングジャパン(株) 052-323-4861
商船三井ロジスティクス(株) 名古屋支店 052-323-4861
西濃シェンカー(株) 名古屋支店 052-365-3365
西武運輸(株) 国際部
0568-73-1251
DHLグローバルフォワーディングジャパン(株) 名古屋支店 052-222-7461
ディー・エイチ・エル・ジャパン(株) 名古屋支店 052-760-4375
東陽倉庫(株) 国際部
0569-38-8571
(株)南海エクスプレス 名古屋営業所 052-654-3651
日本トランスシティ(株) 国際貨物部 0593-53-5225
濃飛倉庫運輸(株) 国際業務部 058-268-0211
(株)バンテック 輸出事業部 名古屋営業所 0569-38-8266
(株)日立物流 国際営業本部 営業第4部 名古屋空港営業所 0569-38-9281
(株) フジトランスコーポレーション 国際物流部 航空貨物室 052-652-7141
三井倉庫(株) 中部支社 052-972-0311
ユーピーエスサプライチェーンソリューションジャパン(株) 名古屋空港事業所 0569-38-2222
ユニトランス(株) 名古屋営業所 0568-28-6911
 

日本通運(株) 名古屋航空支店 0568-39-0225
西武運輸(株) 名古屋統括支店 0568-73-1251
名鉄ゴールデン航空(株) 中部支社 052-211-1097
日本空輸(株) 名古屋支店
0568-23-8451
(株) 近鉄ロジスティクス・システムズ 名古屋営業所 0568-25-6541
国際空輸(株) 名古屋支店
052-419-3641
西濃運輸(株) 中部地区航空海運課 052-671-9155
ヤマトグローバルエキスプレス(株) エキスプレス中部支店 052-351-6128
【準会員】野ア運輸(株) 名古屋営業所 052-382-9537
【準会員】名古屋メッセンジャー(株) 052-362-3818
【準会員】航空集配サービス(株) 名古屋営業所 0569-38-8071






































 

 

近畿地区(大阪)


































































































































 


●関西国際空港貨物運送協会(大阪)

 日本通運(株) 大阪航空支店 06-6232-2310
(株) 阪急阪神エクスプレス 国際輸送事業本部西日本営業本部 06-6614-5116
ケイラインロジスティックス(株) 阪神支店 06-6615-3251
西日本鉄道(株) 航空貨物事業本部西日本営業部 06-6477-3785
(株) 近鉄エクスプレス 大阪事務所 06-4397-5230
ユニトランス(株) 関西支店 06-6615-3116
商船三井ロジスティクス(株) 大阪支店 06-6445-7035
(株) 南海エクスプレス 06-6632-6531
東京航空貨物(株) 大阪支店 0724-56-5580
西武運輸(株) 大阪国際支店 06-4791-2500
(株)アイ・ロジスティクス 航空本部 大阪輸出部 06-6241-4075
郵船航空サービス(株) 西日本営業本部 06-6233-6202
シーバ ロジスティクス ジャパン(株) 大阪支店 06-6251-1148
インターナショナルエクスプレス(株) 関西支店 06-6319-5890
エクスペダイターズジャパン (株) 大阪支店 06-6444-3610
NECロジスティクス(株) 第一国際事業部 関西国際支店 06-6945-3778
上組航空サービス(株) 大阪支店 06-6231-7741
キューネ・アンド・ナーゲル(株) 大阪支店 06-6543-0483
ケイヒン航空(株) 関西貨物部 06-6453-2891
鴻池運輸(株) 国際物流関西支店 航空貨物部 06-6572-2210
佐川グローバルロジスティクス(株) 06-6571-8411
JPサンキュウグローバルロジスティクス(株) 航空貨物部 大阪航空貨物事業所 06-6533-5625
澁澤倉庫(株) 関西航空貨物営業所 0724-56-5546
(株)ジェー・エイチ・ビー・エクスプレス 06-6263-0288
ジャスフォワーディングジャパン(株) 大阪支店 06-6444-6110
(株) 住友倉庫 航空貨物部 06-6581-1211
西濃シェンカー(株) 大阪支店 06-6444-1194
(株) セントラル・エクスプレス 大阪支店 06-4803-6811
(株) 辰巳商会 航空貨物部 06-6576-1851
DHLグローバルフォワーディングジャパン(株) 航空事業部 大阪航空部  06-6271-1018
ディー・エイチ・エル・ジャパン(株) 関西国際空港ゲートウェイ 0724-56-5680
ディエスヴィ・エアーシー(株) 大阪支店 06-6245-5303
TASエクスプレス(株) 大阪支店 06-6615-3140
(株) 日新 大阪航空部
06-6228-4664
(株)バンテック 関西事業部 06-6531-9253
芙蓉エアカーゴ(株) 大阪支店 06-6261-3271
丸運国際フレート(株) 大阪営業所 06-6615-3156
丸紅物流(株) 大阪支店
06-6266-2540
三井倉庫(株) 関西支社 営業グループ 航空チーム 06-6443-1523
名港海運(株) 大阪支店
06-6231-0910
名鉄観光サービス(株) 大阪南港オペレーションセンター 06-6613-6211
名鉄ゴールデン航空(株) 大阪国際営業所 0724-56-8385
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 関西オペレーションセンター 0724-58-2261
(株) ユーシーアイエアフレイトジャパン 06-6941-4045
ユーピーエスサプライチェーンソリューションジャパン(株) 大阪支店 06-4704-4719
ユナイテッド航空貨物(株) 大阪支店 0724-56-5520

●京都支部
日本通運(株) 京都航空支店 075-681-4515
(株) 日新 大阪航空部 京都営業所 075-371-2278
西日本鉄道(株) 関西営業部 京都営業所 075-931-3260
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 京都営業所 075-321-0211
郵船航空サービス(株) 西日本営業本部 京都支店 075-801-6307
(株) 近鉄エクスプレス 京都輸出営業所 075-682-3661
(株) 阪急阪神エクスプレス 西日本営業部 京都支店 075-681-3961

●神戸支部
日本通運(株) 神戸航空支店 078-857-5641
(株)阪急阪神エクスプレス 国際輸送営業本部 西日本営業部 神戸支店 078-857-4700
郵船航空サービス(株) 西日本営業本部 神戸支店 078-857-5340
ケイラインロジスティックス(株) 阪神支店 神戸貨物営業所 078-857-3521
西日本鉄道(株) 航空貨物事業本部 関西営業部 神戸営業所 078-857-5630 (株)近鉄エクスプレス 神戸営業所 078-857-3580
商船三井ロジスティクス(株) 神戸営業所 078-857-5821
(株) 南海エクスプレス 神戸営業所 078-333-6805
(株) 日新 国際大阪事業部 大阪航空部 神戸営業所 078-392-5559
(株) エアモーダル サービス 神戸営業所 078-857-2931
【準会員】神戸航空貨物ターミナル(株) 078-858-1510
 

日本通運(株) 大阪航空支店
06-6232-2308
名鉄ゴールデン航空(株) 西部支社 06-6572-6111
国際空輸(株) 大阪支店
06-6384-0358
西武運輸(株) 大阪統括支店
06-6932-1154
日本空輸(株) 大阪支店
06-6461-4604
インターナショナルエクスプレス(株) 06-6319-5904
(株) 合通 東近畿グループ
06-6453-7651
(株) 近鉄ロジスティクス・システムズ 06-6463-3761
西濃運輸(株) 大阪航空海運支店 06-6576-5363
ヤマトグローバルエキスプレス(株) エキスプレス関西主管支店 06-6841-1791

















































































































 

 

 中国地区(広島


















 

日本通運(株) 広島航空支店 082-254-2911
マツダエース(株)082-565-6550
マロックス(株) 0848-86-8321
西日本鉄道(株) 広島営業所 082-292-6490
JPサンキュウグローバルロジスティクス(株) 広島支店 082-252-3955
(株) ヒロクラ 082-253-2115
(株) 近鉄エクスプレス 広島営業所 082-253-6231
(株)中国シッピングエージェンシイズ 082-255-3817
伊藤忠ロジスティクス(株) 広島営業所 082-249-7517
広島荷役(株) 082-254-8894
(株) メイク 082-250-7878
郵船航空中国(株) 広島営業所 082-250-5040
福山通運(株) 広島空港支店 0848-86-8009
(株)日新 広島営業所 082-250-8828
 

日本通運(株) 広島航空支店
082-501-2613



















 

 四国地区


 

 

日本通運(株) 高松航空支店
087-879-1421
四国名鉄運輸(株) 航空事業部 089-972-1777
 

 九州地区































 

日本通運(株) 福岡航空支店 092-624-3654
西日本鉄道(株) 航空貨物事業本部 関西営業部 福岡輸出営業所 092-477-7820
インターナショナルエクスプレス(株) 福岡支店 福岡空港営業所 092-477-7521
ケイラインロジスティックス(株) 福岡営業所 092-477-0404
(株) 近鉄ロジスティクス・システムズ ロジスティクスソリューションセンター 福岡営業所 092-477-7500
山九(株) 福岡支店 福岡空港営業所 092-477-0039
商船三井ロジスティクス(株) 福岡支店 092-414-6284
西武運輸(株) 九州統括支店 福岡国際営業所 092-477-0366
西濃シェンカー(株) 福岡支店 092-481-2268
(株)バンテック 関西事業部 福岡営業所 092-477-7510
(株) 阪急阪神エクスプレス 西日本営業部 福岡支店 092-477-0011
名港海運(株) 九州支店 福岡空港営業所 092-477-7887
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 福岡空港営業所 092-477-0311
郵船航空九州(株) 092-477-7810
ユーピーエスサプライチェーンソリューションジャパン(株) 福岡空港事業所 092-477-0077
(株)ジェネック 航空営業グループ 航空営業チーム 092-451-2841
(株)九州日新 092-477-0200
 

日本通運(株) 福岡航空支店 092-475-5432西鉄運輸(株) 航空福岡支店 092-451-7676ヤマトグローバルエキスプレス(株) エキスプレス九州主管支店 092-451-8060
インターナショナルエクスプレス(株) 福岡支店 092-611-3555
大分海陸運送(株) 097-593-5577
鹿児島海陸運送(株) 099-282-8311
九州航空(株) 092-623-6258
九州産交運輸(株) 096-377-2135
(株) 近鉄ロジスティクス・システムズ  092-433-5141
国際空輸(株) 福岡支店 092-461-0391
西濃運輸(株) 福岡航空海運支店 092-501-1611
西武運輸(株) 九州統括支店 092-475-7537 名瀬港運(株) 0997-52-2311
日本空輸(株) 九州支店 092-474-4465
初村第一倉庫(株) 092-691-8390
名鉄ゴールデン航空(株) 九州支社 092-622-8251










 

 沖縄地区







 

 

沖縄空輸(株) 098-858-7337
沖縄西濃運輸(株) 098-898-8804
沖縄通関社(株) 098-858-1528
沖縄日通エアカーゴサービス(株)  098-857-9523
沖縄ヤマト運輸(株)沖縄エキスプレス支店 098-859-2097
佐川グローバルロジスティクス(株)沖縄営業所 098-859-3624
大栄空輸(株) 098-857-2643
(資)琉球通運航空 098-858-8686
 

 

 

 




◎航空業界は 世界的に、時代と共にさらに規制強化され、参入障壁は低くなり
難い業界です。
日本国の行政の変化を診て、地域を豊にする突破口に活かすとき活かす価値判断
のために必要な内容です。

 


□国土交通省 航空

 

 国土交通省航空関係する基本情報

◇航空行政の概要


 

◆主な政策取組み    ◆組織図
◆政策評価      ◆予算
●航空局の役割  ●報告書等   ●法律関係
●申請手続き等について
●審議会、委員会等
◆航空保安業務の概要
 

◇航空輸送サービス

□航空事業対策
◆航空事業経営基盤強化総合対策プログラム
◆我が国航空会社を取り巻く環境と対応pdf
◆国内航空における規制緩和pdf
◆航空輸送サービスにおける情報公開

□国際航空
◆二国間航空サービスの締結状況pdf
◆外国的木航空会社が我が国への乗り入れ状況pdf
 

◇統計・データ






 

◆安全関係  ◆空港管理状況
◆代表的航空機の諸元・写真
◆空港別収支  ◆完成取扱機数等
◆全国航空配置図

●航空旅客機数、貨物取扱量の推移 pdf
◆航空旅客数の推移(国際)pdf
◆空港旅客数の推移(国内)pdf
◆航空貨物取扱量の推移(国際)pdf
◆航空貨物取扱量の推移(国内)pdf
 

◇空港情報



 

◆空港一覧  ◆環境対策
◆空港、航空の利用促進について
◆エネルギー使用合理化事業者支援事業の公募に対いて
◆福岡空港及び那覇空港における抜本的な空港能力向上に向けた取組みについて
空港整備計画の検討段階において、空港整備主体が関係地方公共団体と連携して、主として対象事業を行う空港(予定を含む)の所在または周辺地域の住民などのPI対象者に情報を公開した上で、広く意見を把握し、計画策定過程にPI対象者の参画を促すこと

◆国際拠点空港
◆エコエアポート
◆羽田空港再拡張事業及び首都圏第3空港
◆一般空港における新たな空港聖母プロセスのあり方(案)について
 

◆空の安全について

◆航空会社の安全確保
◆航空機及び装備品に対する証明制度
◆航空安全情報リンク集
◆航空安全に関する技術基準
◆小型航空機の安全確保
◆耐空性改善通報発酵状況
◆超軽量動力機等の安全確保

◆Q&A

◆航空機利用に関する質問
◆空港に関する質問
◆免許、資格、採用などの質問
◆機体に関する質問
◆運行に関する質問
◆その他の質問
 

◇空を身近に











 

◆空の日   ◆イベント情報
◆飛行機図鑑  

◆航空、空港の利用促進について
全国の空港において実施されている空港の利用促進活動について、検索していただけます。

●新潟、長野、静岡から東の空港(東京航空局)
東京航空局「空港 ・地域の利用促進のコーナー」です。
ここでは、空港利用促進施策のお知らせや、東京航空局管内空港の中 で利用促進協議会等を設置し、利用促進活動を行っている空港及びその地域 を紹介し、空港の利用及び地域に親しんで頂けるよう、様々な情報を掲載し ています。このコーナーをご覧になって、これらの情報を広く活用して頂き、空 港、利用者の方、地域の皆様方の交流が図れればと思っています!

●富山、岐阜、愛知から西の空港(大阪航空局)
航空・空港をより身近に、より親しく感じていただくため、下記の15空港においては、国土交通省の出先機関である空港事務所が主体となった「利用促進協議会」を設置し、空港や地域の関係者の方々と連携・協働しながら、航空・空港の利用促進のための様々な取り組みを実施しています。このコーナーでは、航空・空港の利用促進のための施策や、各空港ターミナルビルでの様々なイベント等について紹介しています。

◆航空100年
◆スカイレジャー、スカイスポーツ
◆エコエアポート
 


◇関連リンク

◆内部部局

●航空・鉄道事故調査委員会   
 

◆施設等機関

 

●航空保安大学校
卒業後は、国土交通省の航空保安職員として全国の空港や航空交通管制部などの航空官署に配属され、それぞれの配属先や航空保安大学校岩沼研修センターでさらに研鑽を重ねてスペシャリストとしての道を歩むことになります。
 

◆地方航空局
 

   東京航空局         大阪航空局
 

◆独立行政法人




















 

電子航法研究所
2006(
平成18)年度から開始した第2期中期目標期間(5年間)においては、安全・安心・便利な航空交通を求める社会ニーズ、特に増大する航空交通量に対応するため、高度な航空交通管理手法の開発・評価に関する研究を戦略的・重点的に実施し、我が国における航空交通管理システムに係る中核的研究としての機能を果たすこととしています。これまでは、航空管制を支援する施設(ハード)に関する研究が中心でしたが、今後は航空交通管理手法(ソフト)に関する研究へ重点化していきます。そのため、航空機が巡航フェーズで飛行する航空路等を対象とする「@空域の有効利用及び航空路の容量拡大に関する研究開発」、羽田空港等の大都市圏拠点空港における需要増に対応するための出発進入フェーズを対象とする「A混雑空港の容量拡大に関する研究開発」、全飛行フェーズに亘ってヒューマンエラーの防止等を目的とする「B予防安全技術・新技術による安全性・効率性向上に関する研究開発」の3つを重点研究開発分野として設定しました。

航空大学校
航空大学校は、独立行政法人航空大学校法第3条に定められた「大学校は、航空機の操縦に関する学科及び技能を教授し、航空機の操縦に従事する者を養成することにより、安定的な航空輸送の確保を図ることを目的とする」との規定に基づき、我が国の唯一の公的 な操縦士教育訓練機関として、その長い歴史と伝統を生かし、航空輸送の中枢を担う質の高いパイロットを計画的に養成するとともに、教育実績と研究活動の成果を広く国の行政と社会に還元することにより、我が国の航空界の発展と安全運航の確立に寄与する。

◆(独)
空港周辺整備機構
大阪国際空港、福岡空港周辺地域で騒音軽減と生活環境改善の努めています。
 

●国内航空会社

・国内航空会社  ・外国航空会社  ・北米、ハワイ、ミクロネシア
・ヨーロッパ     ・オセアニア、南太平洋
 


●航空局所管全国法人

 
 
(社)日本女性航空協会
 

  (社)日本飛行連盟

 (社)日本グライダークラブ

 
(社)日本航空機操縦士協会
 

 

 

 

 

 


 
(財)航空保安協会
 

 (財)空港保安事業センター

 (財)航空保安研究センター


 
(財)航空交通管制協会
 

(財)航空保安施設信頼性センター

 (社)全国空港給油事業協会 pdf


 
(財)空港環境整備協会

空港環境整備協会は、空港周辺の騒音対策の実施や生活環境の改善を通じて、空港と周辺地域との共生と調和のある発展を図るため、空港周辺地方公共団体の要望に基づき、地方公共団体が行う公園整備、福祉施設の整備等、空港周辺環境整備事業に対する助成を行っています。
 


 
(財)航空保安無線システム協会







 

 

 

 

 


 
(財)航空科学振興財団
  航空科学博物館(成田空港隣接)
 


 
(社)日本航空技術協会
 ・
航空機の機体及び装備品の取扱い、 整備、 改造、 検査等に従事する技術者の訓練及び養成
・航空に関する図書の刊行及び会報の発行
・航空機の機体及び装備品の取扱い、 整備、 改造、 検査等に関する調査研究
・航空に関する研究会、 講演会、 映画会、 見学会等の開催
・外国航空団体との連絡
・航空機に対する整備、 点検、 給油等の指導相談

 (財)航空医学研究センター

 
 
(社)全日本航空事業連合会
 

 (財)航空輸送技術研究センター

 

 

 

 


 
(財)中部空港調査会
 

 (財)日本航空協会

 (財)日航財団

 

 

 


●航空政策の推進支援


  
航空政策研究会

設立 1966年6月23日

研究会は関係諸団体の会費により運営される独立の研究組織として内外の航空政策に関する調査研究を行い、わが国の航空政策の進歩、確立に資するとともに、民間航空の発展に寄与することを目的とします。
 

 定期航空協会

設立 1991年12月6日

航空運送事業に関する諸般の調査、研究等を行い、我が国航空運送事業の健全な発展を促進することを目的とします。
 

 


 
全国地域航空システム推進協議会

1982年(昭和57年)11月、小型航空機用空港の整備や小型航空機輸送の促進による地域の開発と活性化に強い関心を寄せていた地方公共団体10県の首長と有識者が出席して開催された「小型空港共同調査会設立準備懇談会」が母体となり、1983年(昭和58年)11月30日発足しました。この背景には、これらの動きの4・5年前からわが国のジェネラルアビエ−ションの発展のため研究を行なっていた財団法人日本航空協会による働きかけや協力があり発足をみました。当初の加盟会員は、16県12市14町村の地方公共団体でしたが、その後、80年代に急増し、現在では安定的に推移しています。

全地航は、地域振興の視点から地域航空システムのあり方の検討や堆進を行なう地方公共団体からなる協議会です。 わたしたち全国地域航空システム推進協議会は、「全地航」の呼称で国の関係機関、地方公共団体、航空業界等の間で親しまれております。昭和58年11月に発足した任意団体で、小型航空機を活用した地域航空システムのあり方に関する調査研究を行なうとともに、その推進を図ることを目的に設立されました。 設立当時と比較すると、わが国の地域航空ネットワークは格段に拡充し、地域航空を取り巻く環境にも大きな変化がありました。
最近の動きとしては、国により需給調整規制の廃止に伴う国内航空運送分野の事業制度の見直しが行なわれ、従来、不定期航空運送事業の一類型とされていたコミューター航空の定期航空運送事業への一元化や政策的に維持すべき路線としての位置付けのもと離島航空路線に対する総合的な路線維持対策が講じられるなど画期的な方策が採られました。 一方、このような動きのもと、航空運送事業者間では競争が一段と激化し採算性の低い地方路線からの撤退が進むことが予想され、そうした中で、地域航空に対する期待は、今後、一層増していくものと考えられています。
全地航では、このような新しい時代に対応できるよう会員の地方公共団体の相互連携のもと調査研究、国内・国外の現地調査、研修会等の開催、国への要望等の提出等の幡広い事業活動を展開していきます。

◆会員一覧  pdf

●業務内容
地方公共団体を支える情報・ノウハウを収集して、そのニーズに対応した活動の積極的展開

地域航空は、地域社会づくりの基盤となるものであることから、地方公共団体としてもそれぞれの地域の特性に応じて地域航空のあり方について積極的な検討を行なうとともに、その整備に当たっては主体的役割を果たしていくことが求められています。 これらの取り組みに資するため、毎年、会員の意向を反映する方向でテーマを選択したうえ、当協議会の専門員・研究員の協力や外部機関に委託して需要調査手法、事業整備方策、地域開発効果予測等の幅広い調査研究を行い、その成果を「研究調査報告書」に取りまとめ会員に配付しています。
 

 

 

 

 

 

 

 

●航空専門紙


 
株式会社日刊航空 (日刊航空)
 設立1950(設立35)年7月13日
 

 株式会社航空新聞社 (WING)

 


 
株式会社海事プレス社 (日刊航空貿易)
設立 1956年6月 
 
海運・造船・航空貨物・国際物流関連業界を対象にした報道・出版、および関連事業

 株式会社航空ニュース社 (航空ニュース)

 

 

 

 

 

 

 


◎空港一覧
 あなたの地域の空港の活用度はどの程度でしょうか?


■北海道
道内を「新千歳空港」を道内ハブとして航空貨物網の戦略的整備をし、現在のバラバラ最善追求から、統合最適追求すると日本の生産拠点としての存在価値は高くなる確率は高い。人流から商物流への事業展開を推進できる制御人財の輩出を待望。
 

 稚内空港

平成20年度における利用促進の取り組み状況(稚内空港版) pdf

  旭川空港


 丘珠空港

平成20年度における利用促進の取り組み状況(丘珠空港版)

丘珠空港観光交流促進プログラム
pdf 2006.11.30 
 


 釧路空港

平成20年度における利用促進の取り組み状況(釧路空港版) pdf
釧路空港観光交流促進プログラム
 pdf  2006.11.30
 


 新千歳空港

20年度航空・空港の利用促進報告書(新千歳空港事務所広域空港管理官版) pdf
20年度航空・空港の利用促進報告書(新千歳空港版) pdf
新千歳空港観光交流促進プログラム  pdf 2006.11.30
 
 共用空港
札幌飛行場  千歳飛行場

 帯広空港



 


 函館空港

平成20年度における利用促進の取り組み状況(函館空港版) pdf
総合観光案内センター実証実験調査報告書 pdf 2006.11.30
 

地方管理空港 
礼文空港  奥尻空港   中標津空港   女満別空港



 


■青森県

 青森空港


 三沢空港

平成20年度における利用促進の取り組み状況(三沢空港版) pdf

共用空港 三沢飛行場
 

 

■秋田県

 秋田空港

 大館能代空港

 

■岩手県

  花巻空港

 

■宮城県




 


  仙台空港

20年度航空・空港の利用促進報告書(仙台空港事務所広域空港管理官版) pdf
20年度航空・空港の利用促進報告書(仙台空港版)  pdf
 

 

■山形県 

 山形空港

 庄内空港

 

■福島県

 福島空港

 

■茨城県


 茨城空港

 共用空港 百里飛行場
 


 

■千葉県


 成田国際空港(株) 特殊法人

  ・成田国際空港
 

 

■東京都 

 東京国際(羽田)空港

地方管理空港 
大島空港  新島空港  神津島空港 三宅島空港 八丈島空港

その他の空港
調布飛行場

 

 

 

■新潟


 新潟空港

20年度航空・空港の利用促進報告書(新潟空港事務所広域空港管理官版)
20年度航空・空港の利用促進報告書(新潟空港版) pdf
新潟空港観光交流促進プログラム
pdf 2006.11.30
 

 佐渡空港

■長野県

 松本空港

 

■静岡県

 静岡空港

 

■富山県

 富山空港

 

■石川県

 小松空港

共用空港
 小松飛行場  

 能登空港
 

■福井県

 福井空港

 

■愛知県


 中部国際空港(株) 特殊法人

 ・中部国際空港
 

 その他の空港 名古屋飛行場

■和歌山県

 南紀白浜空港

 

■大阪府


 関西国際空港(株) 特殊法人

  ・関西国際空港
 

 大阪国際空港

 その他の空港 八尾空港
 

■兵庫県

 神戸空港

 その他の空港 但馬飛行場

■岡山県

 岡山空港

 その他の空港  岡南飛行場

■鳥取県


 米子(美保)空港

共用空港 美保飛行場
 

 鳥取空港

■島根県 

  隠岐空港    出雲空港   石見空港

■広島県

 広島空港

 その他の空港 広島西飛行場

■山口県

 山口宇部空港

 共有空港  岩国飛行場

■徳島県


 高松空港

 共用空港 徳島飛行場

 

■愛媛県

 松山空港

 

■高知県

 高知空港

 

■福岡県 

 福岡空港

 

■熊本県

 熊本空港

 その他の空港 天草飛行場

■大分県

 大分空港

 その他の空港 大分県央飛行場

■佐賀県

  佐賀空港 

■長崎県

 長崎空港

 対馬空港  少値賀空港
 上五島空港 壱岐空港

■宮崎県

 宮崎空港

 

■鹿児島県 

 鹿児島空港
 

  種子島空港  屋久島空港   奄美空港   喜甲空港   徳之島空港  
  沖永良部空港    与論空港

 その他の空港  枕崎飛行場
 

■沖縄県  

  那覇空港

  粟国空港   久米島空港    慶良間空港  南大東空港    北大東空港   伊江戸島空港  宮古空港  下地島空港    多良間空港
 石垣空港  新石垣空港  波照間空港  与那国空港

 

 

 

 

 

 

 




□一人勝ちを目指す「羽田国際空港」以外の 大都市地方空港は、航空貨物を
戦略的に活かせる千載一隅のチャンスの時代に入りました。

消防防災ヘリ、ドクターヘリの事業が、都道府県で必要度を増してきました。
電力自動車鉄道等インフラ関係企業が 自社事業に関連した必要事業として設立した地方航空会社は、その
事業を運営代行し収益源が増加してきました。国内のJAL路線の減少を補完する機能が必要になりましたが
従来の人流は価格破壊、値引きで大企業優位のデフレ、儲からない方向です。ビジネスに関係する人を商流を兼ねた航空貨物で地域の商品を受注販売のしくみをつくり、一般の人より、ビジネスマンがまたその地域に
来訪したくなり、リピート契約が持続的に続くように、県内でバラバラ一生懸命で儲からない自由競争か世界観に視点を変えて、「もちつもたれつ」連携整合行動とすると、地域の大規模林業法人、新農業法人と食の加工
業界の販路拡大貢献と、子どもの夢を育む機能は 現在の地方の航空会社の業績基盤の中に成長してきて
います。統合連携して財を地域に誘導する突破口企業に一つである存在価値に気づくと、現在でも専門大企業に拮抗できるだけでなく企業規模が小さい強み、損益分岐点売上以上安定収入以上になる方向になって
きました。販売戦略の組立て方次第で今でも出来る確率の高い企業規模です。地域に貢献し財を地域に誘導
する遂行機能としてベクトルを揃え連携し、複数県がされに連携すると受注生産型国際航空物流に事業計画
と差額が乖離しない地域総合事業展開が可能になる確率は高い。


 「消防防災ヘリ、ドクターヘリの地域貢献」

地域の航空会社が、地域に貢献を待望される事業になる時間をかけた事業を世界観から地域に世界の富を
誘導する運ぶ使命を付加すると、地方航空会社の重要性と、この日本での成功プロセスは、広大な土地を
保有し、限られた点在地域だけに人口密集する国を豊にするしくみシステム構築の暗黙知となる確率は高い。
 

□全国4地域に国際貨物、国内貨物のハブ空港を都道府県が資本参加して共有空港にする。




















 

1.北海道エリア 新千歳空港
・ロシア圏と世界・従来機能の充実し全道物流のハブ化する。
・周囲に、地域地産地消の中で、戦略的に地域に財を流入したいものの物流団地を地域単位で集積させる。
・北海の農業、水産業「食」の輸出のための国際販路開拓型コンタクトセンターを機能としてもつ倉庫と販売物流専門会社(非上場)にする。
 
2.本州エリア   成田国際空港
・羽田国際空港に人流が加速度的に流出が始まりました。地方からの乗り継ぎ者がちょっと不便に60分内を、情報操作で何時間も違う錯覚刷り込みと1分に違いにいらしたする煩悩型現代人の特性で、流出の歯止めは90%以上の確率でできません。地方の貨物空港化し、成田国際空港も各地方空港も国際・国内航空貨物の大型機による世界国内大都市と縦横につなげることができる可能性が高くなりました。
・成田国際空港の近くに、都道府県別の、物流倉庫を設備し、都道府県の各倉庫の在庫を1元管理する共有会社(非上場)を設立し、国内、国際販路開拓を兼ねたコンタクトセンターを機能として持つ販売物流専門会社とする。

中部国際空港は、先人の知恵に学ぶ別格の選抜モデルとして、成田国際空港と、綿密な世界戦略のためのエリア連携ができるように成田国際空港機能を追いつくことを推奨します。

大阪は、都道府県連携は実現に時間がかかるため独立路線型、現在の
方式でよい。


3.九州エリア  福岡空港
・九州,、沖縄エリアの中型国際貨物ハブ空港として整備する。
・成田、新千歳との連携による国際貨物の世界戦略に活かす。

4.四国エリア  中部国際空港を当初は国内国際航空貨物物流とし、
成田国際空港が中部国際空港に拮抗できる成長後、2ヶ所を拠点とする。
四国エリアの戦略が、他の都道府県のモデルとして、さらに総能力を高める確率が高く、競いながらの成長の方が、日本国のプラスになる確率が高い。
 
 


□成田国際空港の国内、国外の都道府県物流のハブ空港にする。

都道府県共有の物流販売代行のコンタクトセンター企業が、参加県の関係者の3ヶ月出向担当者と連携して、業務を遂行し、各県の倉庫に関係する企業とネットワークを構築し、直接の商品出庫はそのその企業の連携専門部門が担当し、売上、メンテナンスフィローも担当し、コンタクトセンターを重点に参加県の商品製品の計画数量を売り切り、物流は触媒型、正常に機能するようにコントロールする役割企業にする。

■成田国際空港会社NAA

◆沿革   
◆民営化後の動き
2004年4月特殊会社化

●成田空港ーその役割と現状
  2009年11月発行

●成田国際空港株式会社法
・2003(平成15)年7月18日
・2008(平成20)年6月18日改定






 








































成田国際空港の稼働率の低下に歯止めをかけ、反転成長路線に入るために、人流に執着せず「割り来る」ことが突破口。羽田国際空港の弱点である首都圏大都市の繁忙空港は、離発着数の限界、時間が正確度の低い、臨時便の多い方式は、対応でき難いことに気づくことが重要です。

賓客集団の中型以下の頻繁なチャーター便は、大型優位、路線優位になり、の乗り継ぎは、団体は、予約期間が急な場合分散路線になる確率は高い。

・成田に国内路線用の滑走路を、先行投資可能できる段階で中期計画で設備する。

・成田の移動距離の長さは、価値観が玉石混交の人の全員のセキュリティ、防疫のためのチェックを移動期間でできる長所があります。自動車の成田空港から離れて、専用電気自動車へ乗り換え方式にする。
列車での移動の場合、移動列車内で成田駅までの間で、全員のセキュチティもれがないか、再チェック装置を準備しその距離の間に完了するしくみを構築する事が出来ます。航空貨物は、航空コンテナ別に確認できる移動の余裕をあるように地方航空路線の運航を組めば、全数チェックができます。地方の空港のセキュリティの脆弱さを補完できる機能があります。
・人モノの危険度は本音人格が正しく刷り込まれない、人機能が動物本能の人が加速度増加時代に入ります。「危機管理しすぎ」はありません。

千葉県を事務局として、都道府県の空港を貨物空港化して、損益分岐点売上以上の安定収益を確保したい共鳴共振共働く県5社でスタートさせることを推奨します。

JALの航空貨物からの撤退とJALの指名解雇候補の人受け皿にした貨物専用会社を「ヤマトホールディングス」の既存のしくみシステムを活かし、地域物流会社とのインターフェイスができやすいしくみを創る。(大商社グループの場合、地域の企業に残り福の業績をプラスにする共に豊にする戦略とは逆の共有が独占に変わる確率が高い。次の段階から他の物流専門会社と共同出資の会社(非上場)を設立する。(目的は、総合的なプラットフォームと、個別の超最低コスト運営のしくみを短期で構築するため、既存の最先端に育った機能を活かすためです。JALの整備工場のある空港がスタート時ローコストの方法です。 地方の航空機会社に航空貨物物流機能を付加に一定期間かかり、全工程のしくみシステムの標準化方向案が出来た時点で短期で水平展開した方が実現確率は早くなります。

スタートに参加する都道府県は、陸上高速道路網の隣接した物流団地を
各県別に物流倉庫、ピッキング機能を共有できるシステムにする。
世界販売戦略、当面国内販売戦略機能をもつ共用のコンタクトセンターをもつ販売物流会社を設立する。(既存の物流機能を持つ倉庫の一部を専用ライインとして借りて、行動の一歩を踏み出すことを推奨します。)
今回の都道府県連携、出荷製品の各メーカーとの受発注のしくみは、既存のシステムの一部に、専用ブロックのプラグラムを付加すればよい、超ローコストソフト開発も可能な時代になっています。

各県の上位3位内のコンタクトセンター企業(大企業の拠点でもよい)の中から、1社選び、各県の顧客管理(企業の拠点に相当)と全体共有統合(本社の機能)する。各県の顧客管理は、各生産企業の在庫管理と連動できるしくみにする。

設立した販売物流会社の実務責任者は、各県の、30%以上の在庫数を持つ企業の販売ノウハウを最高に持つ人財の中から3ヶ月出向させ、コンタクトセンターの応手話法のノウハウを構築する機能開発を担当してもらう。(未経験の構築は一般論となり、新規開拓総能力が不足する確率が高いため)海外販売戦略商品をあずかる企業を、業種商品が重複しない形でローテーション型で、短期、中期で、県別の重点商品のコンタクトセンターを充実させる。コンタクトセンターの受発注は、そのまま、該当企業の連携専門部門が対応し、海外出張は、該当商品を搭載した国際貨物航空に
乗り、製品商品と一緒に移動する。バイヤー等も貨物便の輸入品調達品と同乗方式にする。

チャーター利用の賓客は、目的の業務だけでなく、空いた時間を、地方空港(出発、帰国乗客が少ないことが強み要素)が、送迎体制を賓客に関係する企業が組み特色ある歓送迎のしくみを創り、専用バスで移動を兼ねた観光バス(名所の紹介を移動の時間でする)。チャーター便の一部の時間は、ビジネスマンなので、希望者は地域の産業を見る紹介の場に活用するとともに、事前に予備知識として映像イメージで紹介する選出をする。
多忙なビジネスマンは、他の路線では、外国に業務出張しても、目的地の往復しかできない。ただ行っただけの場合が多く、時間生産性た高い移動時間の有効活用のしくみを創ることができます。貨物と兼用なので、一般客の玉石混交とは異なり、同じ目的、知識レベルの人が中心なので、
従来の機内サービスが何か、20世紀のマンネリと形の思い込みであることに気づくことが、賓客(将来の世界のお客様固定客化)サービスとは何か、無限の進化に分野があります。宿泊も体験できない宿泊先(地域の上位10位に分散させる)その10位レベルにカイゼンしお客様対応が出来た宿泊先から追加し、その宿泊先間のノウハウを共有し、全従業員レベルを徹底訓練して高め、他の地域のカイゼンの標準モデルにさせる。

■成田空港の変化
○2010.11.26朝日新聞
成田国際空港会社(NAA)は25日、ビジネス機の駐機場を12月16日から現在の10から15に増やすと発表した。
羽田空港も、10月末の国際化に合わせて受け入れ態勢を強めた。「ジャパン・パッシング」を避けたい国の成長戦略に歩調を合わせたものだ。
ビジネス機は、主に企業が商用目的で使う小型機。NAAによると、成田での運航回数のピークは2006年度で、その後は減少傾向だ。ビジネス、政府関係者からの発着希望は多いが、現在は月に10機ほどを受け入れられずに断っている状態という。
NAAは今回、ビジネス機を連続して駐機できる期間も現行の7日から14日に延ばし、利便性を良くする。
羽田でも国際定期便が就航した10月31日以降、
(1)国際ビジネス機の昼間の利用を解禁
(2)ビジネス機の昼間の発着回数を最大4回から8回に増加
(3)連続駐機期間を最大5日から7日に延長――といった利便性向上に乗り出した。

国土交通省は「首都圏空港のビジネス機の利用促進」を成長戦略の重要課題の一つに掲げる。
欧米でよく使われるビジネス機の発着が不便だと、外資や国際会議の誘致などで不利になるためだ。  
ただ、欧米主要都市近郊にはビジネス機専用(優先)空港まであるのに対し、首都圏の空港には
専用ターミナルすらない。運航回数も少なく、差はまだ大きい。

◎チャーター型三菱重工MRJ小型ジェットを地方大都市で、国際会議、国際展示会頻度の高い都道府県が共有管理し、「ビジネス機専用(優先)空港化する。賓客が効率複合的ビジネスに活かせる日程管理、移動スケジュールとセットにした人流のしくみの「もちつもたれる」戦略を推奨します。
「茨城空港は短期で「ビジネス空港」として世界に地方空港の成功事例を創ることを推奨します。

富裕な個人の小型ジェットの管理は、大空港にまかせ、ビジネス決裁者、制御人財を対象にした、団体型チャータービジネスジェットの必要性に気づき、移動の効率化でゆとりの時間を演出し、地域の観光とセットにし、目的の企業の見学ラインを準備し、暗黙知の「ちらリズム」は、成約見込み度を地域のしくみとして上げることができる確率は高い。ホスピタリティ視点に立つと無限の方法が構築できます。
 

 

 


□三菱重工の航空部門の製造機能とグループ会社の三菱航空機(株)を地方空港共有のふさわしい専用仕様の航空機にし、保有するしくみシステムを活かすことが出来る時代になりました。


◆三菱重工「航空」

◆三菱航空機(株)
愛知県名古屋市

航空機の開発、製造、販売及びアフターサービス。
 2010.09.30MRJの製造始まる。 



◎ビジネスチャーター型、航空貨物の
小型ジェットは、工場団地群の共有
活用が必要な時代が近づいています。販路のある機能開発方向の一つ。
富裕層ゴージャスはオプション、シンプルでゆとり遊びとビジネスの切り替えが鋭角的にできる単純快適機能の方がよい。客相を絞ると通常の航空機の方式は、開発が「思い込み」何か変であることに気づくはずです。

茨城空港を地方空港の「ビジネス空港」のモデルとして、短期で、ローコストシンプル用途開発の構築をして、暗黙知であるオンリーワンノウハウの構築を推奨します。

茨城空港へビジネス団体を海外から団体単位での誘導する戦略が出来るのは三菱グループの総力を活かせば無限にあり、明日からでも運航先行管理ができる確率は高い。

他の地方空港が地域の商流の重点を明確にし、都道府県で整合グループ化すると、標準化により想定以上のローコスト化プラットフォームが可能で、地域の特色をオプション型で付加すればようだけです。過去は、バラバラ自由競争で、一生懸命、コストは膨らみ、コストダウンとは無縁な方法から「もちつもたれつ」30%以上のコストダウンができないのは何か変、赤字も何か変なやり方をしているだけです。


 


三菱重工が 海外の航空機メーカーと協力して民間機の主翼や胴体などの主要部品の開発、製造に長年携をっています。そこで培ってきた世界最先端の航空機開発、製造技術を踏まえて、グループ会社である三菱航空機(株)が中心となり。人と環境にやさしい最新鋭の小型ジェット旅客機MRJの開発、販売に取り組んでいます。

汎用仕様がまだ模索段階、ゼロ実績からの新規開拓の段階で、世界を市場に世界の選抜航空業界に拮抗するためには、小型の強みを活かし、エアバス方式の、航空貨物と乗客と兼用(航空用コンテナ2〜3格納規模)の実証試験も兼ねた、成田国際空港を航空のハブ空港として、最初に参加した都道府県の地方空港(滑走路延長まで国内航空機への積み替え方式)て、地方空港へ人の場合は乗り継ぎで短時間で移動可能にすることができます。国内での各地での使用実績がふえ、日本人の悪さ指摘クセを活かし、航空機標準仕様をカイゼンし、よりローコスト化させると、現在の販売戦略計画より先行した、世界での展開が可能になる確率は高い。
20世紀大のYSがなぜ終わったか、日本国の物流網を都道府県毛細血管、神経網として活かす視点にかわると、全世界のお客様の広大な土地を持つ国で、なくてはならない展開が可能になります。先人の知恵、アメリカでなぜ「日本の小型中型車自動車が、爆発的に売れた時代があり、今も持続している」のはなぜか、気づくと、国内で短期で、標準仕様のオプションパターンを開発することの必要性に機能設計の制御人財なら気づくはずです。気づいたその制御人財と機能開発を目的での成田国際空港を基点にハブ機能の構築に必要な飛行機と操縦運営に関する想定外のコストではじめまる確率は高い。最初にスタートする県の地域の共鳴共振共働する銀行内ベテラン中小企業診断士と県の行政の産業労働部のベテラン中小企業診断士を事務局にして、このサイトの方向事例を参考に、連携交渉を推奨します。今なら不可能でない交渉テーマです。成功するための全知全能を活かす工夫を待望しています。


◆MRJ(Mitsubishi Regional Jet)
2008年春に三菱航空機(株)を設立し、MRJ(Mitsubishi Regional Jet)を正式にローンチ、本格的開発・販売活動を開始しました。
MRJは世界最高レベルの運航経済性と客室快適性を兼ね備えた70〜90席クラスの次世代リージョナルジェット機です。
新型エンジンの搭載や最先端の空力設計、複合材の使用などが相俟って、燃費の大幅な低減を実現、エアラインの競争力・収益力向上に大きく貢献します。

◆航空機

◆民間ヘリコプター 
S-92輸送ヘリコプター
米国シコルスキー社の取りまとめにより,当社のほか,中国,スペイン,ブラジル,台湾が参加して世界規模で共同開発されている19人乗りの大型双発ヘリコプタで,当社はキャビンの製造を担当しています。S−92は,「ヘリバス」とよばれ,海洋石油開発やヘリ・コミュータなどに利用されています。

◆フライトシミュレーション

研究開発や飛行訓練用シミュレータの開発経験を活かし、気軽に飛行感覚を体験できるアミューズメント用や、飛行機原理の教育や飛行制御則の研究開発に使用するものまで多種多様なフライトシミュレータを製作しており、お客様のご要望に応え自由な発想を形にしております。
 

 

 


 

カテゴリ一覧
消防防災ヘリ、ドクターヘリの地域貢献
消防防災ヘリ、ドクターヘリが都道府県に配置され、地域の必要貢献度が高まり、活用数の増加と機能充実の段階時代に入ってきました。
航空貨物物流の最新のしくみを活かす
既存の航空貨物の運賃体系を知り、地方の空港を核とした地域物流効果を最大にする方向を探す。