開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

植物工場の稼動と市場

■植物工場の稼動と市場  100630

21世紀が創る新市場の現状>植物工場の稼動と市場




 更新 2012.04.07

◎2012年の事業段階は、利益がでる業績基盤構築段階に
なりました。

先発企業は、事業の基本的全体フレームの体系化がおわり、コストダウンに
かかわる要素の企業別暗黙知蓄積のための実証検証数を、多数の品種品目
で最適条件探し、規模効率を検討する段階になりました。
すでに業界展示会には、暗黙知が豊富になってきた順調に成長する企業は
創客市場販路開発の機会を重点の出展方法を変え、2番手、開発途上企業
大資本の新規参入子会社の展示が重点となり、先発企業は開発部門が重点に
展示会見学者となる企業もふえて「真似した」でさらに暗黙知の拡大を始めて
きました。
植物工場の商品製品を活かした食品産業の二次、三次産業は、先発企業の
ホームページを相対比較して、現地現場で実体を選別できる段階になってき
ました。

●「真似した」方式で先人情報を入手して新規事業、事業拡大の応用するとき

検索エンジンを上手に活用し、さらにより深度を深める必要なテーマを仮想空間
演繹的思考で、大局を掴み小局着手の最適テーマを探すことを推奨します。

「検索エンジン活用事例(植物工場)」

世界の最先端情報を知り、さらに日本は、世界の海洋海産物が安心安全な食材に戻す
義務と責任があります。その成功事例を世界へ水平展開する危機管理対応ノウハウの
体系化が必要です。
日本の一次産業としての農業生産物のしくみシステム、第四次産業としての食品産業
の総合インフラを構築して、世界で原発を保有する国が想定外の事故を発生しても人が
安心安全に生き残れるしくみを世界に発信することが、辮髪事故先発の国としての貢献
すべき役割の一つです。

 
「第四次産業・複合食品産業」

 「地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化」



◎2011年3月11日福島原発事故で地域から安心安全食材生産インフラ
の構築を急ぐ緊急の時です。

●2011年3月11日福島原発事故により、すでに想定していた通り、平和ボケした日本人でさえ
放射能の影響が、多くの食材に、小出し方式で、すでにわかっていたことを、公表する政府、
メディアの方法で、気づいた人から危険性の深刻さ、影響地域の広さ、少しつつ、安全基準を
危険度の高いとこれおから小さくする、「昨日まで安全」と思ったものが「今日から危険」が茶飯事
になってきました。日本人は原発を容認した民族であり、人体実験から誰も逃げられませんが、
現実、実体社会の実務家が多数参画できない、机上で危険と無縁で、危機管理の希薄な本流
メディアの現実社会の人が騒ぐまで気づけない人の多さの現象で、特に机上の有識者ブレーンが
制御人財として機能していないためです。これが現状の本流の姿、当たり前と捉え、制御型人財
のあなたは、安心安全な食材を、日本国民、あなたも含め、緊急自給生産体制を構築するための
蓄積した全能力を発揮し、近くの集団組織、最小単位である地域から第四次産業・複合食品産業
のインフラを構築する時です。



ビジネスチャンスが現実化してきました。世界的にもまだ過去の成功企業の
少ない未知の分野です。 

創市場、創客のために一部事業展開の中で自社が勝てる分野に参入の
チャンスがあります。

日本の農業、水産業は 2011年3月11日の東日本大震災と福島原子力発電所
の事故の長期化は、食の素材の安全性のレベルが不連続で変化し、日本が
世界へ新たな国家戦略的な食の国際貢献をする先導する役割が出てきました。
従来の食の安全レベルでは、海外へ食の輸出量の加速度拡大の実現は長期
かかる確率が高くなり、国内の食の自給率は、日本国民でさえ、子孫に関係する
若い世代や子供から海外の輸入食材を購入基準へ変わり、自給率を上げても
国内需要は拡大しない現象が生じる確率は高くなってきました。土壌・水・海水
は、長期累積的汚染レベルの増加し、人体への影響限界へ近づく徴候が出て
きています。

すべての汚染ゼロ検査後のものだけを組み合わせてできる工場型食の生産は
国内自給率を上げるための差額を補完できる確率は高い。中期で成長させる
ことが、全世界の食の安全と安心方式の天候外部環境に依存しない食の計画的持続的増加をさせるしくみシステムの一つです。

21世紀は、未知の分野の場合、資本力格差は、新しくみシステム構築規模格差
と事業推進する人材の数を短期で増加できる時代になりました。
市場は小規模段階ではグループ内企業の市場で損益分岐点まで短期で必要な
数のクライアントを構築できます。総ノウハウの共有化の進みスピードに対応して、
儲かる事業と判断した場合は、短期で潤沢な資本を投入して、強い競合企業
になる確率は高い。

大量生産、不特定多数への販売を目指す戦略は投資回収前に、市場相場
の想定外価格破壊で事業生き残りが短期で困難になる確率が高くなりました。
生業家業規模だけが、生存維持ができますが、小中規模の農業水産業の
生存数の増加確率は低くなってきました。

植物工場の製品は、買いまわり品、鮮度物流の特色を生かし、スタート時から狭域密着営業、
一定量以上購入する顧客を55%まで常時確保する顧客数を増やす必要があります。
儲けすぎが出来ない、生活の必需品で、安さ追究型、のため回転率による総量の増加が原理。
常に安定成長に必要なお客様数を確保するために創市場創客の典型的商品製品の一つです。
狭い日本国内は、過当競争、TPPへ向かう価格破壊の輸入優位の時代になり、日本人も、
日本国に帰属意識の行動する人は、すでに45%以下の時代がきていることに気づくことが着眼。
「個人の建前と本音の行動」は歯止めがかからなくなり、周囲の個人を動かす総能力量を増幅
させなければならに2度と復元できない分岐点を超える時代になっています。 まだ国内優位を
目指す大企業中堅の海外輸入戦略と併用したしくみが、55%以上の人に無意識で指示され
待望されていることに気づく必要があります。

◎もし勝ち残りたい場合の仮説としての参考
1社の上限は20%以下とする。一定量購入者の総使用量/月次の多い商品に対して、
その購入者の要求品質以上のものを提供するために最優先で、製造工程のカイゼンとローコスト
化のしくみを構築する。自社の優秀人材を最優先で配置し、相場価格の低減限界を下げるカイゼン
を続ける。30%は地域密着型CATVと連携して、加入者に購入割引だけでなく、加入者の働く場
(24時間管理が必要なため、22時から翌日8時までの勤務に組み込む方法をとる。社員だけ商品
として出荷できないものを低単価で購入できるようにする。よい噂の発信源として、近隣家庭へ伝播
するオピニオンリーダーとして育てる。モニターとして、新商品の提案者であり、実際の開発や生産
へ組み込むしくみを創る)1部高単価のハングリー商品を製造し、高級食材を扱う得意先を創る。
旬にあわせた、旬の半月前を出荷目標とした商品を創る。旬の高値相場で売り切る。

商店街の、勉強クセのある時代の後継者の若手特に、各商店街の特定の店だけに出荷するハング
リー型とし、その店の収益源として、家庭用小型植物工場の店舗への展示と、キットの販売する。等
工夫が必要です。1工場規模で最適収益が得られるしくみシステム、人のローテーションのノウハウ
を構築を早期に構築する。中小企業は、その最適収益規模の工場を、計画的に、離れた地域(地域
密着CATVのエリア内で、進出させる。地域の点から面へ事業を展開す。一定以上の市場提供が
出来た場合は、地域の農家と共存するために、ハングリー型で、大企業のような競合弱小をつぶす
戦略はやめ、海外、他地区、都市部への出荷販路を拡大する。ただし、地場で地場の勉強仲間の
若い後継者の加工工場で付加価値をつけたり、市場より高く売れるハングリー売り切れ型ブランド
化する。安定供給は、大企業の市場戦略にまかせ、競合しない価値は分かる顧客だけに販売する。
評価されれば、モニター客とし、オピニオンリーダーとして、無償の営業数の増加になります。

大企業型の儲け方が主流の時代、中小企業の植物工場の販路づくりは汗を流し、地域のお客様
価格メリットと収入源を産むしくみを構築する方が持続的成長できる確率は高い。お客様と共に
地域を豊にする、その要に地域密着CATVを活かすことを推奨します。地域密着CATVが多くの
人の興味のあるテーマを、地域の加入者を主役にして、事業展開の記録を映像化すると、同様な
中小企業が、地域内で事業参入できます。本業の収益補完機能を発揮するか確率は高い。

●第一次産業の目的である、地域が全ての人が健康安全に生きる基盤をエンゲル係数を
低くするために、地域の第二次産業、第三次産業が事業サイクルの中で「儲かる」るしくみ
として地域のインフラを全て組み込み整合された地域活性化のための第四次産業の創成を
待望しています。

 
「日本標準産業によるデータ」
 「第一次産業のデータ」
 「エネルギーのデータ」

  「植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場」



◎2011年の市場の成長スピードより参入企業の増大期に入ってきました。
市場の拡大前に、自力で市場開拓し、潤沢に顧客を増大させるしくみづくり
を急ぎ、地域連携単位で毎日連続販売できるようにする。(生産者グループ
の卸売市場機能)、毎日客数を増加させる目標数値管理が必要です。

損益分岐点以上の既存市場を持つ企業グループ型企業があり、参入には自力で損益分岐点
以上の顧客数を毎日確保できるしくみで市場を創業準備段階から準備が必要です。

儲けすぎてはいけない食の市場は、創業もし易いが、多くの先人がなぜ挫折した、その真因を
無限に市場があるが、全て他人の占有能力が高かった場合が多い。特にしくみシステム型は
設備の投資が必要です。投資回収までの期間生き残るために日々のキャッシュフローが
分水嶺の一つになります。

 

2011年は市場成長段階に入り事業規模にミクロな固有適応が必要条件です。
生産量品質コストダウンの計画的低減、いきものづくりの本質に気づき、人海と
システム化の共存体制にする。不要なシステム化コストをカットするとシンプル化
をすると想定以上のコストダウンできます。

●まだ、露地物と差別できるほど美味しく、栄養価が高いわけではありません。
現在の業界は、「だから人工は、だめ」とする、出る杭をたたく見過ごせない
程度まで技術が成長してきています。マイナスの風評や、情報操作に幻惑する
必要はありません。

おいしく、栄養価を高くする技術向上は、生産工程のある成長プロセスの外部要素が不足している
だけで、事業展開の中の、品種別の研究開発がまだ始まった時の現象で、現在ある超一流と比較
し、比べて、学んで、追い越せばよい、次のステップの問題です。露地ものは、偶然にできただけで
再現確率は低く、再現確率が高い場合は、美味しくない、栄養価が低い現物の生産過程、プロセス
で他と異なる何か暗黙知の工夫のしくみがあるだけです。
比較すると、解決すべき成長の節目とそのときの外部要素が抽出でき、その内容を第一仮説として
実証し、成功確率がさらに高くなる、第二仮説第三仮説と持続的に成功に向かうベクトル軌道を持続
する機能開発の持続「汗をかく」行動だけです。「いきものづくりは無限のパラメータがあり、ものづくり
の人が見つける科学の原理は、量子力学のように終息(収束レベルではなくゼロ化・地球上生成物
化できない)出来ないことに気づくことが、成功確率を上げる実証検証アクション型原理で確率を
上げる方が確率は高くなるようです。
仮想の世界は、ある環境では、180度逆の乖離さえ発生します。福島原発の収束でさえ緊急終息
(収束ではない)のピントがずれた行動は、多くの10%以下の原子力の例外分野以外は他の多くに
ものづくりの人が通った道です。すでに1/3の期間で解決できる方向が観(診)える人は多いはず。
当事者は、未知の体験の行動ですが、20世紀中頃のレベルの手順であることさえ気づけないよう
です。

「いきものづくり」は人のアナログ性と汗をかき、実戦行動の中で、暗黙知的「なにか」が浮かび、
その、微差の累積が生産物の大差の違いになります。デジタル分野とアナログ分野の整合度が
最低のコストで、最大の人の就労と収入源となり、ともに豊になれる確率の高い方法であり、
世界のどの国でもその国の人を豊にできる方法の一つです。

すでに、天然(露地もの)より優位な特徴を持つ「植物工場及び工場野菜」の生産工程ができて
きました。
・天候と場所に依存しない。安定供給できる。(土壌、水、種子、苗、人設備等の無影響化が必要)
 福島原発事故のような人災に影響ゼロ化できます。東日本大震災でも短期完全復旧できます。
・品質の差が少ない
 露地物のホウレンソウは旬の冬と夏ではビタミンC含有量で7〜8倍の差がありますが、
 含有量を高い状態の生産ができて、同時収穫時の品質差が少ない。
 高品質を追求すると、露地物の商品相場より上限価格で売れる確率は高い。
・無農薬、細菌数が極端に少ない。洗わないで食べられるものもある。洗浄する、根菜も、
 循環濾過方式の細菌雑菌への対応が少ない低価格装置の投資で済む確率は高い。
・ロスが少なく、生産工程完全管理が出来るため、損品生産確率は低い。
・野菜の場合、まだ天然の一級品レベルまで工程品質管理技術ができていないため、
 中流品程度のそれなりのシャキシャキ感がある。露地物の中流品と拮抗できる段階になり
 大量生産しても、価格・品質で購入時選ばれる優位の品種も出てきた。
・光源としてLED栽培の場合、栄養価が露地物の平均より高い栄養価の品種も出てきた。

◎実証段階の事例データは揃ってきました。資金潤沢な富裕企業の生産設備の内容を分析し
1/3以下のコストで可能な工程があり、その補完を人海の方がより高品質化できる部分があります。
「いきものづくり」と「ものづくり」の違いである、高額設備投資しても生産の高品質が上がり難い
工程は、最適投資(過剰投資しない)で、人のアナログ機能を活用し、人海で不良品の廃棄と、
成長異常を早期に発見する方法を付加し、最低投資でスタートし、必要に応じて設備をタイムリー
に高機能化する、損益分岐点の低い事業展開ができる方向が観(診)えてきました。
設備は、地域の中小企業で可能な超高度な項目は少ない。生産工場の近くで、メンテナンスと
カイゼン小回り(大企業は採算があわないため孫請けがいやいや仕事をしている、儲かりの少ない
分野)で優位な少量特注型装置です。地産地消は地域の人と共に儲かるが原点、ともに豊になる
儲かる地域密着インフラの創造の一つになる確率は高い。

2012年は、学者先生の知識を 実業に活かし、地域の第四次産業として、複合型(多品種生産)
工場を創業段階になってきました。富裕企業の自社だけ儲け、排他型の我の経営方式の参入と
は異なる、自社も儲かり、地域の近くの企業が儲かる(他利)のしくみとして最適な事業の一つ
となる確率は高い。



2011年は植物工場がタイプ別に広がり段階になってきました。

植物工場・完全制御型

大型(日産1,000株以上)

中型(日産 数百株)

小型(日産 数十株) ⇒店産店消  

ミニ(日産 数株以下) ⇒展示用

 

植物工場・太陽光利用型

人工光併用型

太陽光のも利用

 

 



2010年は加速度的に全国で参入企業、行政支援の加速度的増加。
最新の事業展開情報は3つの視点から判断すると成功確率は高くなります。

1の視点 
 「世界、国内の最新の変化潮流を感じる・・感性と閃き」
   3つの検索エンジンを活かし、必要なテーマ解決の具体策を観(診)る。 
   ・Google  ・Bing  ・Yahoo  の活用方法を習熟する。
   2007年時は、まだ検索情報は希少でしたが、現在は玉石混交情報氾濫がはじまりました。 

  想定以上の工場型植物、漁業のコストダウン成功確率の高い内容情報も観える化してきました。 
    

2.の視点 
 「2009年までのA志援の先発企業をベンチマークして、事業化の進化
 の具体策を観(診)る。
    
先発企業が大企業中堅企業の関連子会社のプロ経営型新規参入企業と競合激化がはじまり、
   勝ち組負け組みが明確に見える化現象の徴候が出てきました。先発企業が連携吸収融合が
      の徴候が出てきました。自社の企業規模の拡大ではなく地域の地産地消貢献型事業展開を
   採るか選択の分岐点が近づいています。他山の石として、自社の事業展開に活かすことを
   推奨します。

   先発企業は、全工程の実証試験が終わり、設備投資の方向の仮説検証の確率は高くなり、
   高度なデジタル的専門性より、アナログ部分が優位であることに気づき、総花的業界展示会
   へは、暗黙知の流出防止のために、陳列参加をしない企業が増えてきました。

   新規参入企業の先人の通った道と、事業拡大に関連する付帯物ばかりが目立つようになって
   きました。
   新しい形として総合システムを販売するコンサルタント的の生産ノウハウをもつ植物企業プラント
   を販売する目的で、投資資金を持ちスポンサー型で短期大型プラント事業参入する企業向への
   提案企業もでてきました。 
 
  同時に2010年から加速度的に出版されはじめた書籍から先人の体系化
  した最新の情報、具体事例を学ぶ。」

   2007年時は 農業関係の新規事業化、植物工場に関する書籍は20世紀で時間が止まって
   いましたが、2010年から加速度的的に関連書籍が出版される時代になりました。
   新聞情報も時代の要望で多く記事に掲載される頻度が増加してきました。
   (特に地方新聞の事例は、自社の事業展開に役立ちます)

      自社の企業規模に最適なしくみシステム、制御人財の数確保にプラスαの暗黙知の付加の時期
   がきました。利益計画が6ヶ月以上の先行受注ができるようするには、何から布石を打つべきか
   経営のプロ能力の発揮が必要です。一過性利益の追求型は止め、儲けすぎてはいけない人の
   生存に関わる食品業界は、安定顧客数(品目数)の右肩上がりの計画的増加が必要条件です。
   儲かるしくみとして、「ブランドマーケティング」「インサイトマーケティング」の体得が必要能力の
   一つです。

3の視点
 「日本農業の強みに気づき、国内から海外の無限の市場の参入企業の最新の
  具体事例に学ぶ。」 地方行政の農水産業戦略の急務の課題
   安心安全な高品質、海外の市場相場と拮抗できる価格で販売できる超ローコスト化のしくみ
    システム、海外展開のための新規開拓人材が成長してきた企業から新潮流がはじまります。
    国際GAPの中での世界での競争段階になってきました。TPP(環太平洋経済連携協定)に
    よる完全関税撤廃の徴候を千載一隅のチャンスと捉え、輸出国関税を吸収し利益がだせる
    事業のしくみシステム化、人財化に着手し世界に比肩できる「よい農業」へ着手を推奨します。
    日本の政府の農業助成は、最大限もらい、他の企業では考えられない助成金額を、利益の
    補填に活用する一過性でその年でゼロになる金の使い方はやめ、投資が資金強い企業を
    有無、研究開発実証試験のための予算として、先行投資型を推奨します。
        
         ◎食品加工、小売販売企業対象の大商社の食品素材輸入、JTの食品素材輸入企業、
      中堅食品素材輸入企業の輸入価格(生産国売価+日本の関税)で比較するのではなく
      その時の生産国原価と比較し、輸出売価(国内生産売価+輸出国関税 )と比較し、
      コストダウン目標を明確化して円高を75円想定にすることを推奨します。
      円安が、常に利益に貢献でき、その利益を、しくみシステムのカイゼンのための先行投資
      のための含み資産にすることを推奨します。

    ◎農業の場合は、「もちつもたれつ」を戦術・戦闘として活かすために株式の1/3は社員持株
     制度として、業績貢献度に応じたインセンティブとして、20世紀代の退職準備金に相当機能
     を持たせ、業務カイゼン、新規開拓業績基盤を全員参加で行う。
     特に海外の安定固定客(3年以上継続)開拓貢献度を高くすることを推奨。   
 

    ISOのように農業にもEurepGAP(Good Agricultural Practice)が応酬小売業組合が2000年
    に策定して「悪い農業」から「よい農業」への転換を目指しています。食品安全、環境保全、
    労働安全、動物福祉を加えた4つの柱で構成され、世界共通水準を目指した本格的なもの
    です。
    2007年9月 GLOBALGAPと名称変更し、GAPの世界標準になりました。GLOBALGAPの認証
    を受けなければ、事実上EUへの食品輸出はできません。
   
    日本GAP協会が策定したのがJGAPです。日本国内の他のGAPの多くが食品安全に片寄る中
    JGAPはGLOBALGAPと同等性があると認められました。つまりJGAPの認証を受ければ、
    GLOBALGAPの認証を受けることができるという国際的GAPです。  


       ◎日本GAP協会

   
●福島原発事故の影響が、現在の手法は無策のまま汚染累積と農業環境条件を悪化させ
    続けます。長期化のために、現在のままの自然依存農業は、影響を少なくし、海外で安全
    評価される方が、国内での販売を拡大できる確率は高い。世界市場で売れる体制に生産の
    方法体制と、土壌(雨、大気の影響しない)、水(雨の影響しない)、種子(放射線ゼロ)と
    生産の環境が、大気、地下水の影響度が少なくする。使用する器具の検査、働く人の検査
    等、出荷時の生産物への影響が低い、均質ないきものづくりが日本の解決課題となりました。

    小規模農家は、従来の温室栽培から、土壌、水、働く服装等早期改善をすれば、出荷制限
    エリアでも、環境影響ゼロである検査のしくみを構築しておけば、逆に安心安全格差は競合者
    と差別化できます。まだ行動に入る人が少ないとき「汗をいとわない」行動型の人の漁夫の利
    のときです。行動スピードを推奨します。
    
    福島原発の事故は、各国の原発の周囲環境影響が通常でもゼロでなかった確率が高い
    ことに気づく人の数が、加速度的に増大をはじめました。きちんと手間をかける日本農業の
    生産物が、従来より世界で比肩できにくい高い生産方式の強みにする、標準化レベル向上の
    ための扉が開きました。
    55%以上のマイナス発想行動領域のマイナスと捉える日本人とは違いA志援に来訪したあなた
    は、プラス発想で日本市場、世界市場へ参入する千載一隅のチャンスのとき、あなたが動くと、
    マイナス領域から脱出をもがく行動型の人から、全国で行動の渦が展開できます。
    まず「日本GAP」(まだ低いレベルの基準)のレベルにして、より高い世界に比肩できるレベル
    に設定して、上場企業の農業参入企業のように、他の業界レベルでは「日本GAP」は最低水準
    と捉えてしくみシステム人の改革を始めるのも一つの方法です。


4の視点
  複合植物工場にふさわしいものを多品種単価別の素材を新規・応用開発
  する。「ものづくり」と「いきものづくり」の違いに気づくことが着眼。

  5の視点を想定して、実証臨床型研究開発部門の実験工場を準備する。
 
  
「現在は露地物と差別できるほど美味しく、栄養価が高いわけではありません。」
  
  美味しさ、栄養価を豊富にするのは、成長段階の臨床研究により、植物ごとの成長段階の研究    が遅れているだけで、植物単体ごとにある成長の節目でふさわしい付加をある範囲で人海により   対応すると果実のように自然任せより美味しく栄養が高く、見た目の格差をだすことができます。
  まだヘンリーフォードの時代の自動車大量生産段階と酷似しています。(安かろう悪かろう)
    種子も、苗も、植物工場用に最適な形ではなく、根の目的は何か、根の研究も遅れているようです。
  ある段階で剪定・間引きした方が、単位面積当たりの収量が増加する基本もまだできていない
  ようです。システム化できない人海によるしくみで毎年収量と品質安全、美味しさ、栄養価がアップ
  するカイゼンが必要な段階に入ってきました。自動化の先行投資をしても低単価な素材領域の
  生産物は、付加価値生産性が低く、いきものづくりの成長過程の節目工程を揃える上限下限の
  範囲管理では、複合の成長の節目に対応するときコンピュータ制御の例外が因子が多くなります。
  いきものはアナログ要素が多いが、人海により、個別にデジタル対応すれば、想定以上のすばらし
  生産物が出来る確率は高い。人海としくみシステムとの融合させ、最低のコストで、最大の納期
  管理型常時出荷するしくみシステム開発をする。先人の成功事例を学び、組み合わせると、企業
  の暗黙知領域が大きい「金型設計、半導体基盤設計」のような分野がある確率は高い。
  
  
5の視点
  複合型植物工場は地域の就業を持続的に増加できるインフラの一つ
  であり第四次産業の一つ

  
   いきものづくりは、ものづくりのようなナノを追求し高額投資と省人化により、大量コスト低減を
   でき、就業機会を減少させ、海外生産工場の拡大は、日本の就業機会としては、少ない。
   すでに食の生産できる生産物は、生産環境さえ決めれば、根菜、果樹等も含めた多品種となり、
   多品種定量(事業計画数)型、高単価スポット納期に会わせる受注生産が可能な技術運営段階
   に入ってきました。地産地消で損益分岐点操業度以上にする、地域密着CATVとの連携戦略で
   実現し、利益計画に会わせ、国内の生産機能の弱いエリア、大都市圏と海外は契約生産方法
   で販路を戦略的拡大する。海外は、複合型植物工場のプラントの設置と運営教育、その国の
   地域の人の就業のための短期大量基本の教育システムしくみと、働きながら熟練度を高め、
   勤続年数ごとに年収アップの実戦行動の自己啓発のしくみを定着させる儲かる事業運営まで
   支援し、暗黙知である知財は、方向だけ公開し、その国にふさわしい形へ微調整させる方が
   自力型の成功確率が高くなります。     
  
   
 

◎参照 太陽光採光システム協議会
   
大温室群の日照不足エリアの補完、植物工場の太陽光との併用によるローコスト化等閉鎖型
    空間への太陽光の誘導システムが実現可能な時代になりました。用途開発競争の時代、
    自社暗黙知の加速度的増殖を推奨。 


「次世代照明技術団体関連」

  多くの業界に関わる照明技術は、LED、有機EL等次世代照明技術と複合活用できる新しい
  機能段階に入ってきました。新機能開発競争時代が到来してきました。
  農業水産業は24時間管理で、収穫期を人工的制御可能な時代に入り、動植物の実戦体験を
  しくみシステム化し、人の人材教育の体系しくみを応用展開し、成長の節目の前の先行管理の
  しくみを構築すれば「ものづくり」の省人化の追究と180度逆の、1対1の個別対応型人海の要の
  業界である「生きものづくり」が、人の就職インフラの最適な事業であり、地域の人の安定就業
  インフラの最適な場であることに気づく人の数を待望しています。

◎零細、小規模の「現在農地を保有する利権を今持つj地主の皆様」へ
「子々孫々まで永続的農地が有効に農地として活用され、その活用の中で永続的に子々孫々が
就業の確保と、毎月の収入があり、あなも含め家族が働ける限り、生涯農業をする方法を採り
ませんか、相続税で土地による納付は、富裕層の農地の宅地転用確率は高い。土地を手放す
ことは、最低の総金額の刹那所得であり、一時の大金は、短期でなくなる先人の事例を真似る
必要はありません。」

近い将来、一般の不動産売買と同様に、土地の売買の時代が近づいています。誰が得をする
しくみか先人の十敗事例は無限です。日本国の農地は農水産業以外の土地価値がことなる
高い価格層に変える用途変更や、一部の財力が桁違いの法人や富裕層の利権になることが
プラス領域かマイナス領域か? 20世紀と同じ方法に一ひねり最適探しを推奨。

「世界に勝ち残る農業を建前でなく本音で志すすばらしい規模の小さい兼業農家の皆様、
本音で、今より要領よく、他の業種のように休みが採れて、年収が年度ごとにアップできる
未来を描いたことがありませんか?」「しくみシステム経営はプロにまかせ、大規模の土地を
複合型全天候農業生産工場に土地を賃貸して、農業生産従事者として、サラリーマンで
在りながらその企業の株主として共同経営の一員になり、自分の今までと異なり、生産の
プロそして働きたくありませんか?」「地域の人達と働く仲間として、共に家族と共に成長し
もとつもたれつ地域をよくする集団行動はしたくありませんか」「大規模農業法人の株主構成は
地域の行政、地域の銀行、社員持株主と、地域の事業展開に関係する企業からの共同出資
を安定株主として、上場しない地域法人として地域に税収貢献できる黒字企業で働きたく
おもいませんか?」「企業の経営陣幹部候補生の中にあなたの農業関連大学を卒業した子息
が入り、親は現場、子は経営陣、親子共に現場、多忙時、3交代の中にあなたの家族がパート
として働き、収入源が複数できるます。」子ども達は、大規模農業法人の生産工程のなかで
自然の体験を定期的に教育に組み込むことが可能です。このような実現をしたくありませんか?」
子どもが自然に接する総量の増加と相関して「切れる変な行動の子の」が減少する確率はたかい。
地域と融合した日本型大規模農業法人のしくみシステムを海外販路の国と共に豊になるために
システムを世界へ普及させ、その国の人たちの安定安心農業基盤をつくりたくありませんか?」

20世紀の「剛行動型」資本主義段階から、21世紀の「柔行動型」ともに豊さを持続的に追究できる
資本主義段階へかわる突破口が、大規模農業法人であり、人は、水と食料があれば、生存が
できることにに気づき、他の多くは、その後に発生した多様な煩悩の形態の一つです。

●持続的最適方法(案)の一つ
1.大規模植物工場、畜産業、養殖栽培漁業、大温室群に土地を提供して、5年短期の更新型
 賃貸契約を結ぶ。更新ごとに、大規模企業の5年間累計利益に応じたプラスαか現状維持
 で更新する。 
 大規模にする場合は、同一エリア内で、飛び地にしないしくみとして、地域行政、信金、JA等
 で集約して、同一地域単位面積当たり、農地価値価格を設定する。
 賃貸契約も集合型とし、相場の7割で賃貸契約を結ぶしくみを創る。(固定収入)
 企業法人が満額支払いを提示しても、腹八分目7割で契約する。創業時の年間固定費の低減
 の機能をするため。「参入障壁低減の法則」 

2.3割減の目的1は、月次総売上げの1%(例妥当な%を決める)の成功報酬型収入とする。

3.3割減の目的2は、賃貸契約を結んだ地主の家族の中で1名の時代継承者(40歳まで)を一定
以上の就業条件(農業系大学、大学院、水産系大学、高専等専門知識を習得した人)社員として
優先採用する。他の家族は3交代(2交代)の人海の必要なとき、パート方式で農業就業ができる
ようにするしくみをつくることを条件にする。社員になれる後継人材や働き手がいない場合は、
4親等内の親戚が代行できる等のしくみも必要。

4.大規模工場は 単品型、多品種型、エリア型等に応じて、従来の自営のようにブロックで運営
をさせる(小作農方式)として、エリア別に賃貸地主を配置し、そのエリアの収穫総金額が、成果
報酬の均等化連動のしくみにする。エリア管理のしくみは、工程管理、しくみシステム管理をして、
「もちつもたれつ」の組織にする。

5.賃貸契約の窓口である、地方行政、信金、JA等は、大規模工場の、販路開発のための地域の
コンタクトセンターと連携した新規開拓専門の代行のしくみを構築する。地産地消、国内大都市圏
への販路開拓を工場の戦略人材と連携して暗黙知ノウハウを構築する。海外販路開拓等のしくみ
を構築する。地域の農業の販路開発機能も、そのノウハウを水平展開し、地域全体をエリアわけ
して、地域の税収増と投資回収効率を上げる自力のしくみとして活かす。
 

大工場の働く人と、地域の農業人口との融合、人海就業機能が可能なのは、「生きものづくり」は
人と類似し、十人十色、人の環境変化に応じたアナログ型管理で、地域ぐるみのおらが町の工場
としてわが社帰属観が育つしくみになり、個人主義教育で失われた、日本のプラス領域の地域
行事も地域密着CATVの機能と相乗効果を発揮できる確率は高い
 
 


◎参考書籍
更新 2011.01.04


 「図解よくわかる植物工場」
 著者 高辻正基   出版社 日刊工業新聞社  サイズ 21.cm/154p 
                               ISBM 978-4-526-06410-4    発行日 2010.02  税込価格 \1.890

第T章 植物工場開発の歴史
・日本農業の抱える問題    ・植物工場とは    ・ヨーロッパでの植物工場の始まり
・アメリカでの植物工場の始まり     ・日本での研究開発の始まり
・日本での実用化研究の始まり     ・日本初の実用化植物工場
・植物工場の追い風となった技術革新と環境変化    ・食の安全、安心への関心の高まり
コラム なぜ植物工場の研究を始めたか
   
第U章 野菜栽培と植物工場の基礎知識
・水耕栽培の原理    ・水耕栽培の方式   ・水耕栽培の問題点  ・培養液の調節
・植物工場の構成    ・太陽光利用型植物工場    ・完全制御型植物工場
・植物はどう育つか   ・植物成長と光の関係    ・光形態形成   
・光合成と環境条件の関係  ・植物と人間の光の感じ方の違い
・光強度の単位   ・光強度の換算係数   ・要求される光量子束
・照明設計の方法   ・必要な蛍光灯の数と電力    ・植物工場で必要な空調
・植物工場での栽培の実際   ・移動栽培と密植栽培
・どんな野菜が工場で出来るのか   ・工場野菜のニューフェイス

第V章 植物工場技術の進展
・いろいろな栽培光源    ・LEDの長所と短所   ・LEDによる栽培実験
・パルス照射による生育促進   ・各種光源のコスト比較
・高圧ナトリウムランプ利用植物工場    ・蛍光灯植物工場の元祖
・HFFLとコンテナ式植物工場      ・LED植物工場   ・有機栽培による植物工場   
・植物工場の作業内容    ・生産コストの分析  
・海外の植物工場の動向   ・植物工場の技術課題
コラム 植物工場システム展と日本植物工場学会

第W章 植物工場ビジネスのポテンシャル
・農商工連携研究会植物工場WGが発足    ・国による支援策が具体化
・制度上の課題は何か     ・工場野菜の栄養価は高い
・野菜の抗酸化力や免疫力でも差別化できる
・野菜流通の問題点   ・工場野菜に対する消費者の声
・マーケティングの必要性   ・工場野菜の位置づけを明確化しよう
・中食、外食への対応   ・飲食店への適用広がる
・植物工場の市場規模はどれくらい広がるか
・2015年が普及のターニングポイント
コラム 植物工場、農商工専門委員会

第X章 植物工場が拓く未来の農業
・太陽電池利用への期待    ・花生産への応用   ・コメ生産の可能性
・都市型農業への展開     ・未来の植物工場「垂直農場」
コラム 植物工場の思想 
 


◎この本のような植物工場は、次世代統合型植物工場を構築するための、必要な生産要素をアナログ型暗黙知を、体系化し、共有化し、標準化するためのプロセスとしてデジタル化見える化プロセス管理に役立つ一つです。

農業を志す人が、多品種最適生産で最適利益を目指す大型農業法人へ投資するときの蓄積しなければならない暗黙知のテーマ探しに役立つ本です。

ただし、この本の植物工場の方向では、地域の就労機会として農業人口増大や世界の商品相場以下のコスト低減に限界があり、グループ内部型流通(一部原価をみかけゼロ方式)に貢献し、仕入コストが下がったように見えますが、日本農業の本流を変える方向としては、その補完する一部として貢献するだけです。早期に気づくことが事業規模拡大時に重要な分岐点になります。
農業に係わる技術、要素、方向等が成長した今、この本の植物工場(学者机上型)から、実務家経営者の視点から日本の地域の高齢者の就労機会を産み、共に豊にできる農業法人の事業化が現実化できる素材が個々に世界標準以上に成長しています。A志援サイトの情報を統合し、縁ある地域で次世代統合型実証試験に入る人財、企業を待望しています。統合型の暗黙智は、部分型暗黙知では整合統覚できません。統合型暗黙智は、時間軸で微妙組織、しくみ、システム、人の成長に係わる微妙な要素の増幅となり、投資力だけでは、追いつくのに時間がかかり、多品種最適生産、最適利益を追求すれば、持続的カイゼンとなり、本質的参入障壁を高くする確率は高い。市場の要求度が高まり、参入企業数が増えて来た今が大切な分水嶺の時代に入りました。クラウド、スマートグリッド、地域密着CATVの進化、産学官連携、地方の時代等、周囲の環境変化を追い風として活かすことを推奨します。想定以上の速さで、組み合わせると実現確率が高い時代がきています。

 

 

 
 
「プロが教える農業のすべてがわかる本」 カラー図解
   日本農業の基礎知識から世界の農と食まで
 著者 東京農業大学国際食料情報学部教授 八木 宏典監修
  出版社 (株)ナツメ出版  サイズ 21.cm/255p 
                               ISBM 978-4-8163-4915-5    発行日 2010.07  税込価格 \1.575

第T部 日本の農業早分かり
第1章 日本の農業はこうなっている
日本農業の現状と歩み、基本事項を解説する。
・日本の農業の基礎知識
 農地の現状 農業経済の現状 農家の現状
・日本の農政
 農地改革(1945年〜)  農業基本法(1961年〜)  総合農政(1970年〜)
 食料・農業・農村基本法(1999年〜)
・肥料と農薬の基礎知識
 肥料 農薬
・日本農業を支える組織
 農林水産省  農業協同組合(JA)
・世界経済の中の日本農業
 WTO(世界貿易機関)  EPAとFTA

第2章 日本農業の最前線を探る
日本農業の最新トピックを紹介する。
・加速する農業のビジネス化
 農業生産法人 相次ぐ企業の農業参入 植物工場 増える産直
・農業を進化させるテクノロジー
 バイオテクノロジー IT、ロボットの活用
・持続可能な農業に向けて
 有機農業 環境保全型農業 GAP

第U部 もつと知りたい日本の農業
第1章 米のイロハ
稲作と米についての基本事項を解説する。
・米の種類
・日本の稲作クローズアップ
 日本の稲作特徴と現状 戦後の米政策 米の品種 新しい米 米ができるまで
第2章 畑のイロハ
野菜、麦、豆、果樹についての基本事項を解説する。
・日本の畑作クローズアップ
・野菜を知ろう
 野菜の分類 野菜の生産 野菜の輸入 野菜の流通 野菜の消費
・麦を知ろう
 麦の種類 麦の生産 小麦について 大麦、裸麦について
・豆を知ろう
 豆の種類 豆の生産、消費
・果樹を知ろう
 果樹の生産 果実の消費 果実の輸出入
第3章 畜産のイロハ
畜産の概要、牛、豚、鶏についての基本事項を解説する。
・日本の畜産クローズアップ
 飼養動向 需給動向 畜産環境
・牛を知ろう 
 牛の品種 牛の飼養 牛肉
・豚を知ろう
 豚の品種 豚の飼養 豚肉
・鶏を知ろう
 鶏の品種 鶏の飼養 鶏肉
第4章 農業を始めよう
さまざまな”農”とのかかわり方や、就農のステップを紹介する。
・気軽に”農”を楽しもう
 体験農業 グリーンツーリズム 市民農園と体験農園
・農業を仕事にしよう
 新規就農 就農準備 就農計画 技術修得 就農実現へ 就農後

第V部 日本と世界の農と食
第1章
日本の”食”をめぐる状況を探る。
・日本の食料事情
・日本の食をめぐる動き
 地域特産農産物 地産地消 
 農家(農園)レストラン 
 マクロビデオティック 食育
第2章 世界の食はどうなるか
世界の”食”をめぐる状況を探る。
・世界の食料事情
・世界の食をめぐる問題
 食料危機と農業投資 遺伝子組換え作物 BSEと鳥インフルエンザ ジーンバンク
 フードマイレージ バーチャルウォーター

 

◎はじめ より抜粋
食料には工業製品とは違った特徴があります。食料は何ヶ月も消費しないで(食べないで)はいられません。多くの食料が腐りやすい上に、生産が天候に左右され、季節的な制約もあります。また、短期的であっても、食料不足になれば国民生活が大きく影響をうけるため、食料は毎日安定して供給されなければならないという課題もあります。つまり、農業は、新鮮・良質で安全な食料を消費者に安定的に供給するという、大きな社会的役割を担っています。このほかにも、農業は水資源の涵養、地域環境の保全、美しい景観や電灯の維持など、豊な国民生活のための大きな役割を果たしています。
 

海外の天変地異や国家間の抗争で海外から食料が必要輸入量を瞬時に断たたれたり、その国の存亡のため輸出量を急減される確率は増大してきました。
他国から日本人を長期計画的に男性を中性化し母胎を健常から不健全化し子孫を加速度的に減少をさせる食生活にすることができる国家戦略ができる確率は高くなってきました。
工業優位の時代、工業領域優位の偏向価値判断軌道を修正制御して、世界観視点から日本国の食を正しく決断できる人財の多数輩出が急務の時代にはいりました。この本で2010年現在までの現状のプラットフォームを知り、各分野で多くの制御人財が、虎(最高責任者)が正しく決断できるために、事業軌道コントロールする役割をする有能な狐役をして、新しいしくみシステムの構築を待望しています。 A志援ms

 

 


 
「LED植物工場」
  著者 高辻正基・森康裕   出版社 日刊工業新聞社  サイズ 21.cm/154p 
                               ISBM 978-4-526-06603-0    発行日 2011.01  税込価格 \1.890
 

第T章 植物工場ビジネスの現状
・植物工場のタイプ      ・植物工場の研究開発の歴史   ・植物工場の三っの波
・植物工場の実用化の経過  ・各社の植物工場   ・店舗併設型植物工場(店産店消)
・韓国でも関心高まる植物工場  
・生産コストと技術課題   ・生産コストと初期導入コストの概算
・消費者の認知と生産者の表現    ・現状の基本的認識

○コラム 植物工場・農商工専門委員会

第U章 栽培用光源としてのLED
・植物の光反応  ・いろいろな色素の働き   ・光強度の単位  ・光強度の換算係数
・必要な光束の求め方  
・栽培用光源の種類と比較     
・CCFLの特徴と発光原理  ・LEDの発光原理と種類   ・LEDの利点と欠点
・LEDによるパルス照明   ・植物栽培用LED照明の実情
・LED植物工場の照明設計   ・4元素系赤色LED素子
・導光板方式のLED面光源パネル   ・植物工場用LEDライン光源
・植光栽培に利用されるLED

○コラム 植物工場とクラウドシステムの融合

第V章 LED照射下での植物の生育
・LEDとLDによるレタスの生育
・LEDとLD照射下での光合成速度測定方法
・LEDとLDによる花卉の培養
・LEDの波長が短日植物と長日植物の開花に与える影響
・開花制御が可能なLEDインテリア照明
・LRDによるイチゴ栽培   ・LEDによる薬草などの栽培

○コラム 地球環境と植物工場

第W章 LED植物工場の実際
・世界は初の完全制御型LED植物工場「コスモファーム」
・コスモファームの照明技術
・コスモファームの生産工程
・LED栽培されたレタスの特徴
・大型LED植物工場の将来性と課題
・店舗併設型小型植物工場「シェフの農園」
・シェフの農園の野菜栽培方法と採算性
・店舗併設型小型植物工場の将来性と課題


 

 

 

 

 

 


 (社)農山漁村文化協会「農文協」の農業関係実務の専門書
 

近代化は、あらゆる場面で生産効率を高め便利な生活をもたらしましたが、自然と人間の関係を敵対的なものに変えてしまいました。農文協は、農と食・健康・教育を軸心として「いのちの流れ」を呼びおこし、都市と農村の関係を変え、自然と人間の調和した社会を形成することをめざして、総合的活動を展開する文化団体です。
本や雑誌の制作・普及とデータベース構築の活動、映像作品の制作と普及の活動 、調査・企画提案活動 、中国などとの国際提携活動 を主な活動内容にしています。

多くの先人の実践した知恵本を活用して、自分流に体系化し、しくみシステム標準化すべき部分(デジタル化)と人の五感を活かす(アナログ分野として残す人海の部分)を整理する。つぎに仮説を立てて、現実の農業事業を実証しながら、プロセスごとに最適法探しを持続的しカイゼンすると、収穫量の成功確率より高くすることが可能な時代環境になってきています。総合的視点で、多面的角度の本が集約された出版社です。

多くの分野別農業関係情報と整合複合活用すると自社の暗黙知の構築スピードは早くなる確率は高い。
 

 

 
更新 2010.11.17

自社参入のテーマに合わせて、さらにミクロミクロの探求を推奨します。
2010までの先行企業情報として、定点チェックを推奨します。

 ●3つの検索エンジンを活かし、必要なテーマ解決の具体策を観(診)る。 
   ・Google  ・Bing  ・Yahoo  の活用方法を習熟する。

  ●国際展示会により現地現場で変化を観(診)る。

 ●農業関連共有情報(世界視点で)を探し観(診)る

  

◇生産者


 イオン

野菜、果物など5千農家に栽培委託。プライベートブランド米は農業組合法人に委託。
自社子会社農業法人設立


セブン&アイ・ホールディングス

食品リサイクル効率化を目指して2008.08に参入。
4haの農地で大根などを栽培 

 カゴメ

福島県で8ヶ所で育てたトマトを出荷。売上65億円。2009年黒字の予定

 ワタミ

栽培面積475haの日本最大規模の有機農業生産法人。自社向けのほか、スーパー、ネット販売などへ出荷

 JR東海

グループ会社がレタス、トマト、トウモロコシを2009年から栽培。駅弁やレストランなどに利用


 キューピー

1980年代前半から植物工場の研究。福島県の工場で栽培したレタスは、業務用、家庭用に販売(TSファーム)


○TSファーム白河

 ドールの国産野菜

2001年農業生産法人を立ち上げ、北海道など7ヶ所800haで栽培、スーパーなどに販売


JFEライフ清浄野菜


 植物工場先発企業
 2004年日本経済新聞社から18点が最優秀
 
 JFEスチール系
 

 
 丸紅
省エネ型工場システム開発
神奈川県のアグリベンチャー企業と組み植物工場のプラントを販売る。葉菜や根菜など約30品目の栽培に成功している。
大阪支社地下2Fで植物工場。サニーレタスとラディッシュの実験栽培開始
ヴェルデナイト式植物工場
2009.11.05日刊

◆ヴェルデ
    別ページ
 

 
  JFEライフ

大企業JFEグループは先発企業として水耕野菜栽培をはじめ、ハイテクを駆使した清浄野菜として水耕栽培の事業化のしくみシステムが規模の応じた進化ししてきています。日経で表彰されました。


 住友化学 pdf

大分県豊後大野市で農業法人「住化ファームおおいた(仮称)」を設立し、2010年度からトマトの栽培を行う。既にイチゴ栽培に参入
住友化学はグループで農薬や肥料などの農業関連製品を手がけている。農業参入には、自社商品を使って農産物を生産することで商品の付加価値を高める狙いがある。5月には長野県でもイチゴ栽培の農業法人を設立しており、農産物の生産拠点を国内各地に広げる方針。

 住友化学(HP)

 三井不動産ららぽーとに植物工場

商業施設「ららぽーと柏の葉」(千葉)に植物工場を設置した。小型植物工場(みらい畑)でレタスやハーブなど6種類を栽培し、2009.10月末より販売をはじめた。

 2009.10.12日刊

三井不動産HP

◆(株)みらい






 

 
総合レンタル企業ニシケンのアグリ事業(福岡)

佐賀県三養基郡みやき町の
みやきセンター内に建設した当社植物工場「アコルくんのすいさい園」は敷地面積13,050u(福岡ドームのフィールド面と同規模)、延床面積10,584uいう広大な面積を誇り、国内でも有数の大規模植物工場です。 なお、植物工場の名称に含まれる「アコルくん」とはニシケンのイメージキャラクターです。 「すいさい園」はグリーンリーフやサラダ菜などのビタミン豊富な葉菜類を大量生産する能力をもち、低下した国内食料自給率を下支えする可能性を大いに秘めています。

 日亜物産

兵庫尼崎・日亜鋼業子会社

都市型農業で作った新しい野菜。

遊休倉庫を活用して野菜工場を稼動。レタスの栽培、大阪梅田のホテル、大阪市内スーパーに出荷している。「工場の管理は金属製品同様の繊細さで行っており、新事業といっても違和感がなかった」モノづくりのノウハウをいかした生産体制を協調。家庭用装置も発売。
・グリーンリーフ
・ビバロッソ
・フリルアイス
 
  2008.10.13日刊

 ハイテクファーム
 野菜工場

・ハイテクファーム武生工場
 福井県越前市
・ハイテクファーム園部工場
 京都府南丹市

ハイテクファームでは無農薬野菜の販売を行っておりますある野菜工場は、キューピー鰍フ開発した立体型の噴霧水耕(T・Sファーム)を使用した画期的なハイテク農業施設です。店舗用、業務用の無農薬野菜としてお使いいただけます。




 


 オオノタ

業務用食材、食品卸、食品小売
長野県安曇野市

・安曇野三郷ハイテクファーム
 

 フェアリーエンジェル

・エンジェルファーム福井
 福井県美浜町
・エンジェルファーム北山
  京都府京都市

経済産業省を中心に策定された「新経済成長戦略」に植物工場の先進的な取組事例として弊社及び事業内容が取り上げられました

◎フェアリーエンジェル 別ページ

 
(有)サンライフ野菜センター

 ○サンライフ野菜センター
 香川県三豊市

半結球レタス

高度なテクノロジーから生まれたKL式AGRI・SYSTEMS。それはまさに、植物工場。これまでの農業のカタチを大きく変えました。野菜づくりに最適な環境の中で、播種から収穫まで、全てがオートメーション化。21世紀の農業を担います

エスジーグルーンハウス(北九州若松区・西部ガス子会社)

無農薬リーフレタス(フリルアイス・
ピュアーヴェール・グリーンマリーゴールド)

 ラプランタ

1995年から、蓄積した豊富な人工植物栽培システムの技術、人工植物栽培シスエムの研究開発力により事業展開、サラダ野菜の生産と販売 をしています。ラプランタ式栽培システムは外界から遮断された室内でおこなわれる水耕栽培です。  土壌汚染の心配がまったくない完全無農薬を実現。 しかも生育促進剤などの添加物もいっさい使用していません。


 アグリポリュテーションジャパンc

 百年野菜
ヤマネ式循環養液栽培
完全無農薬野菜の特許・独自ノウハウ利用による生産及び販売
・完全無農薬野菜の特許利用生産プラント製造販売
・販売プラントに対するコンサルティングと資材供給、人材派遣

 
◎アグリポピュレーションジャパン
  
別ページ


GOKOアグリファクトリ

 信州伊那谷
 GOKOとまとむら
2002年にGOKOグループが設立した新事業部門です。
「徹底的な合理化によって、少人数で日本人の嗜好にあった安全な農作物をできるだけ多く作る」を目標に、カメラメーカーとして長年培った生産姿勢を農業への取り組みに活かしています。生産体制・栽培技術いずれにおいても改良を行い日本農業への貢献をめざしています。


ベルグアース
 愛媛  

2006年日本最大となる閉鎖型苗生産施設を建設、稼動を開始しました。この施設から生まれた新商品「e苗」シリーズは、「旺盛な生長力・無農薬育苗・花芽の低段化」などを実現した高付加価値の苗です。この他、定植作業を容易にした「アースストレート苗」、接木後即出荷し、お客様のところでお好みに合わせて仕立てていただける「ヌードメイク苗」を開発するなど、省力化、低価格化、オリジナリティを追いつづけてきました

◎ベルグアース
   
別ページ
 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 




経済産業省 「植物工場事例集」より全国の事業展開状況



□完全人工光型植物工場     
2009.3を基準として追加

     2009.3 の現状は 企業56%、農業生産法人等32%  ◎企業中心

   
既存販路を持つて、先行投資費用に対応できる企業の関連会社の方が、事業化成功が高い。
   まだ実証段階も兼ねる業界の場合、運転資金が想定以外の未知の必要な経費が発生するに
   確率が高い。農業生産法人として独立採算の場合は、年計画の損益分岐点に近い、大中販売
   販路を持つ企業グループと連携した方が生き残りの確率は高くなります。

   身体障害のある人たちの働く場として、行政が設備投資への助成するしくみがあると、販路に
   応じて適正規模でスタートでき、販路開拓スピードに応じて、拡大できます。努力すればするほど
   健康人の平均年収を超える可能性を持つ永続的収益を生む企業の一つになれます。
   障害に応じて、しくみシステムの中に、人を組み込む方式で時間生産性を健康人以上にすること
   が可能な企業の一つです。  
 

社会福祉法人クビド・フェア 

○コスモファーム岩見沢
 北海道岩見沢

リーフレタス


青森県(津軽元気野菜工場促進協議会)

○青森県産直野菜工場
 青森県黒石市

ベビーリーフ、トマト苗

(株)九州屋 

○住田野菜工房
 岩手県住田町

レタス、グルーンリーフ、サンチェ等

(株)セコム工業
 防犯警備のセコムのグループが参入
 
○セコムハイプラント 宮城県白石市

ハーブ

(株)安全野菜工場
 
○安全野菜工場
 山形県米沢市

 チマ、サンチェ


キューピー(株)
 
○TSファーム白河
 福島県白河市

サラダ菜、リーフレタス 


JA全農とちぎ

○全農とちぎ種苗センター
 栃木県宇都宮市

トマト苗

苗作り、MKVドリームの苗テラス導入事例

 

農業組合法人ハイテック羽生

○ハイテック羽生
 埼玉県羽生市

サラダ菜、リーフレタス

(株)野菜工房

○野菜工房
 埼玉県秩父市

レタス

 


 (株)みらい


○グルーンフレーバー五香店
 千葉県松戸市

レタス、サンチェ、グリーンリース、ミズナ、ルッコラ、パジル
 


(有)アーバンファーム

○アーバンファーム
 千葉県柏市

レタス、各種ハーブ類
 

(株)東京ドリーム

○東京ドリーム
 東京都小平市

リーフレタス、フルルアイス、ロロロッサ、サラダ菜等

小津産業(株)
 和紙の老舗の
 参入

○小津産業
 東京都府中市
日本橋やさい

リーフレタス

(株)松代ハイテクファーム

○松代ハイテクファーム
新潟県十日町市

レタス、サラダ菜
 

スマイルリーフスピカ(株)

○スマイルリーフスピカ
 富山県富山市

リーフレタス、ハーブ


(株)フェアリーエンジェル

○エンジェルファーム福井
 福井県美浜町

グルーンウェーブ、グルーンリーフ、ロメイン、サンチェ、フリルアイス、ミズナ、ルッコラ、春菊、小松菜

農業組合法人ハイテクファーム

○ハイテクファーム武生工場
福井県越前市

サラダ菜、リーフレタス、フリルレタス

(株)大戸屋
外食産業の葉物野菜の自社栽培工場

大戸屋グリーンルーム
 山梨県山梨市

レタス、グリーンリーフ、サンチェ等

(株)ラプランタ

○タプランタ諏訪
 長野県岡谷市

リバーブルース、フリンンジグリーン、ノーチップ

オオノタ子会社
(有)安曇野三郷ハイテクファーム

○安曇野三郷ハイテクファーム
 長野県安曇野市

サラダ菜、リーフレタス、フリルアイスレタス、わさび菜、ルビークイン、ベビーリーフミックス

(有)フレッシュグリーン

○フレッシュグルーン 静岡県静岡市

サラダ菜、レタス


日本アドバンストアグリ(株)

○Mama'sファーム
 滋賀県日野町

フリルアイス、ロロコッサ、ベビーリーフ
 

 (株)フェアリーエンジェル

○エンジェルファーム北山
 京都府京都市

レタス、ミズナ、春菊等

農業組合法人ハイテクファーム

○ハイテクファーム園部工場
 京都府南丹市

サラダ菜、リーフレタス、フリルレタス
 

(株)スプレッド

○亀岡プラント
 京都府亀岡市

フリルレタス、モコレタス、ロメインレタス、サンチュ、ミズナ、ルッコラ、デトロイト


(株)みらくるグリーン

○みらくるグリーン
 大阪府岸和田市

ベビーリーフ、ハーブ
 

日亜物産(株)

○日亜物産
 兵庫県尼崎市

グリーンリース、フリルレタス、ビバロッソ
 

(株)夢ファーム有漢
旭食品出資の第三セクター

○夢ファーム有漢
 岡山県高梁市

フリルアイス、リーフレタス等

 (有)竹内園芸
の関連会社
(有)徳島シーリング

○徳島シードリング
 徳島県板野市

トマト苗

 (株)グリーンタック

○クリーンタックファーム
 愛媛県今治市

サニーレタス、ベビーリーフ、ルッコラ


ベルグアース(株)

○ベルグアース
 愛媛県宇和島市

トマト苗
 


(財)柳谷村産業開発公社


○夢ファームやなだ
愛媛県久万高原町

サラダ菜、リーフレタス、フリルアイス
 

(株)夢ファーム土佐山
旭食品出資の第三セクター

○夢ファーム土佐山 高知県高知市

サラダ菜、リーフレタス

(有)夢野菜おおざいファーム

○夢野菜おおざいファーム
 大分県大分市

グリーンリーフ、フリルアイス、サラダ菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
□太陽光、人工光併用型植物工場   2009.3を基準として追加

  2009.3の現状は 農業生産法人等69%  企業31% 
  農業生産法人等が中心の傾向が出ている。

大規模農業で、独立採算型として創市場、創客が必要な場合はこの方式の方が商品相場への対応できる確率は高い。高単価商品開発は園芸分野も一つの方向。

◎根菜の植物工場化が汎用化した段階から、業績は上昇に入る。

◎大規模とは、平面の広大な土地を持を持ち商品相場を動かす農業輸出国と拮抗するためには可能な平面の土地を、立体型の活かし、延べ総面積で拮抗するようにすれば、想定以上の 生産性向上が可能になります。

突破口の一つは三菱化学のコンテナ方式を応用した、品種別に「旬」に大量生産時期をマツチングさせたブロック、ユニット生産積み重ね方式を応用展開すると、ユニット別出荷が可能となります。

生産条件は先人が既に商品別に上限下限条件が分析できてきています。失敗確率の歯止め方向が観え始めています。

ブロック、ユニット管理は、成長段階別に継続的に植物の成長異常、病気の早期発見の人海のしくみが分水嶺になります。異常は発生ブロック、ユニットだけ破棄対応し、他に広がらないようにすることも可能です。監視システム、データ管理と併用すれば、現在の、生産性を2倍以上にすることができる段階になってきました。個人型農家を、農業生産法人の社員化し、農業の知恵を担当するブロック、ユニットに活かし、現在より年収を多く、有給もとれ少ししくみシステムの価値に気づく時期が来ています。過去から戦前の「大地主と小作」のしくみを、共に豊になることを目指す「企業と社員」のしくみに進化させる、人育てと同様に、植物も生物、ものづくりの生産性とは異なり、植物の成長段階の節目ごとに
人海戦術を活かすことが高品質均質性を構築する上で分水嶺になります。地域の就業率アップ可能な
事業の一つとなります。(特に24時間3交代勤務が必要なため高齢者にも収入源の一つになります。)


動力源は、有線に固執せず、他の、太陽光、風力、ガス等発電方式等もローコスト化段階になって
きました。

水の管理も、農業にふさわしい水を供給できる汚染処理技術は進化してきました。

土壌も、ブロック、ユニットに応じて生産にふさわしい土壌技術も進化してきました。定期的な検査の
しくみもできてきました。農業生産法人にふさわしい場所も、その現状を総合的に事前検査して、
データベース化し、ふさわしい改善をすれば、継続的に単位面積当たりの生産性追及も可能な段階
になってきました。

◎まだ種から工場生産に入らなければならないですが、建設のプレカット工法と同様に、イチゴ、トマト等の苗の育成(完全人工光型植物工場の方が、均質生産性は高い)し、苗段階から生産体制に入る方が、出荷納期管理の精度はより高くなります。苗の大規模法人の成長を急ぐ時期が近づいています。
  
 


 農業生産法人神内ファーム21

○プラントファクトリー
 北海道浦臼町

サンチュ、サラダ菜、リーフレタス、イチゴ、トマト
 


(株)トヨタフローリテック
 トヨタ自動車が自動車以外の事業としてバイオ・緑化事業に参入し花卉の生産販売事業
 株式 トヨタ50% ハクサン50%(種苗、園芸資材、園芸商品)

○トヨタフローリテック
 青森県六ヶ所村


ミニバラ、ポインセチア、カランコエ

(株)熊谷園芸

○熊谷農園
 山形県鮭川村

バラ
 


 JFEライフ(株)

○土浦グリーンハウス
  茨城県土浦市

サラダ菜、レタス
 


(有)グリーンズプラント巻

○角田浜農場
  新潟県新潟市

ミツバ、ベフィーリーフ、ルッコラ等
 


(農)えちご魚沼

○えちご魚沼
新潟県魚沼市

ホウレンソウ

MKVドリームのナッパーランド導入事例
 

(有)花プラン

○花プラン
 新潟県新発田市

バラ
 


農業組合法人布引施設園芸組合

こもろ布引いちご園
 長野県小諸市

イチゴ、イチゴ苗
 

(株)ホト・アグリ
光産業創成大学院大学発企業

ホト・アグリ
 静岡県浜松市

リッチリーフ


 國枝バラ園

○國枝バラ園
 滋賀県守山市

バラ 
 

 JFEライフ(株)

○三田グリーンハウス
 兵庫県三田市

サラダ菜、レタス


 農業組合法人アリス

○アリス
 和歌山県紀ノ川市

レタス

 
MKVドリームのナッパーランド導入事例
 


(有)サンライフ野菜センター

○サンライフ野菜センター
 香川県三豊市

半結球レタス
 

 エスジーグリーンハウス(株)

○エスジーグリーンハウス
 福岡県北九州市

レタス


 (株)ニシケン
 総合レンタル企業

2010.1.6からアグリ事業として
 MK式植物工場販売開始 

アコルくんのすいさん園
 佐賀県みやき町

グリーンリーフ、サラダ菜
 


(有)スウェデポニック久住

久住高原野菜工房
 大分県竹田市

パセリ、パジル等
 

 

 

 

 

 

 

 

■事業展開に関わる情報
20世紀代の自動車ものづくり企業が関税撤廃、自由貿易の中で、新しい潮流の中で企業体質革命をし、
適応企業だでが現在生き残り、世界市場で競争しています。
農業水産業も21世紀、関税撤廃、自由競争の時代に入るカウントダウンがはじまりました。
日本の食料自給率を55%以上にし、大国土、豊富な資源、多数の人口を持つ国が優位な時代に入ります。
世界に比肩するためには、微小国土、微小資源、小人口であり、他国と海で独立していることを強みとして
勝ち残る準備に早急に入ることを推奨します。農耕民族としての強み「もちつもたれつ」の地域の強い集団力
を地域CATVを核として、地域行政、産学官、地域の人が共に豊になるためのプラス領域で行動を始める
千載一隅のチャンスの時代と捉えるプラス発想を推奨します。

20世紀の歴史に学び、いかに反対しても結局は世界の潮流に弱小の日本国は開港されてしまいます。
多くの全国の人は反対行動をすることは、関税撤廃の時期を遅らせてくれる力と捉え、あなたは、今日から
世界に比肩できる経営戦略、戦術、戦闘をくみ、短期で人を時間生産性、高効率、高品質、組織人化を
急ぐことを推奨します。


◎勝ち残る方向 

●2011年3月11日から福島原発事故と環境汚染は、今の無策な方法では長期化し、以前の現状
復元までは、想定以上の期間がかかります。

勝ち残りたいあなたは、従来の自然依存型農業水産業方法のままでは 以前のような日本の農業
水産業の安全安心神話は世界の多くの人も日本人でさえ、若い世代、子供等子孫に関係する人は
通用しなくなりました。

◎生産に関わるあらゆるものが、環境汚染と隔離した、閉空間型にすれば、生産物も、従来の環境汚染
していない安全安心神話は通用します。あなたが、以下に早く閉空間型の生産のしくみをつくれば可能
です。日本の農業水産業は工場型で、あらゆる要素の管理のしくみを構築する時がきたようです。
植物工場、栽培養殖漁業工場が幸いに、実証試験、関連業界の成長をしてきた今なら、本格的に事業の
採算性が高い方法でけきる確率は高くなりました。市場は世界で無限、冷凍冷蔵機能進化し、購買距離と
無関係に、毎日計画出荷できるサプライチェーン機能も高効率、儲かる管理の会計基準も世界標準化が
進んできました。農業水産業の生産原価の低減は設備投資より、人海の方が、高品質収穫量を増加できる
業界です。地方の就業インフラとしてどの業界より安定増加できる業界の一つであることに気づくと、
プラス発想のあなたならウズウズする21世紀の第4次産業(複合型企業体)の黎明の一つであることに気づく
はずです。

◎極寒さの広大な土地が、環境を活かし環境に左右されない農業、栽培養殖超大工場へ変身させると
国内の人の軋轢も「食足りて礼節を知る」想定以上の速さで減衰を始める確率は高い。
近未来、日本の実証事例を国家プロジェクトとして複合型工場建設を提案します。A志援ms 110623

(健康で長生きしたい人の何か変な食生活の催眠状態を解くために煩悩から覚醒させるために
「柔行動」を採る。「剛行動・説得は海外、中堅大商社優位の方法です」)

「柔行動」とは、4つの言葉を地域密着CATVで現状の問題点を各種コンテンツにして見せて
有識者の解説不要で現状を見せるだけでよい。この言葉をキャンペーン言葉にすればよい。

「あなたは早死にしたいですか」「病気になりやすい身体になりたいですか」
「心身共に健康な子孫を残したくありませんか」

「地域のものと海外・他地域のものと、安全安心度を比較するとあなたならどちらを選びすか」

「病気早死にしたい方はどうぞ海外のものを素材にしたものを食べてください」


◎地域の農業水産業の従事する今の人が共に豊に地産地消に係わる人にする。

今より楽に、時間生産性を上げ、安定収入が今よりあり、家族、地域の貢献できるようにする。

1.生業家業、中小企業のままで関税撤廃反対行動する人は除き、生産のやり方を変えたい人だけに参加
してもらうことが大切。家族単位ではなく、家族の一人でも共鳴共振共働する本気モードの人を集める。

2.関係する人を地域ごとに耕作面積を一定以上の単位にして、農業法人化する。働く人は、参加者を中心に
規模に応じた人の数を季節変動型雇用をする。すでに生産プロセス、方法は個人レベルで体得している人が
中心であるため、しくみシステム化と、植物成長の節目前後のプロセスコントロール等、行動優位から、段取り
訓練先行行動等工程の品質安定時期、土壌の先行準備等もの「づくりの原理」を「植物生産」に応用展開
してみる。産学官が、分担してブロックを担当する。地域の各ブロックが競争しながら、相対比較し、よりよい
方法を相互に活用するようにする。従来の情報交換より、時間生産性、問題対策、実施期限を明確にして
立ちミーティング方式にする。アルコール付親睦は別の機会に計画的にし、ストレスの発散の場もつくる。

協同組合、仲間組織はありますが、経営数値を見ながら計画予算どおりに売上を上げて利益を確保する場合
自動車業界が血の出る努力でコストダウン生産カイゼンをした方法が採れず、共倒れ確率が高い。

農業法人化すると、必要な売上、必要な利益、季節で必要な人数、先行投資予算、中間流通のない直販
ルートを構築する。

JA以外の中堅大商社は、海外から関税ゼロで安いものを購入し、最強の国内競合企業になるため、
JAとの物流連携戦略が地域の販路開発の方向を将来決める確率は高い。地域の密着CATVと地方行政
の活かし方が21世紀型販路開拓になる確率は高い。商店街との販売連携、病院、学校、高齢者向け等
食材の販路をつくる。地域型の外食中食の販路として、全国規模の店に拮抗できる流通経費ローコスト
にすることができる。(地域で配送ルートを地域の物流企業を核に日配方式にする)
地域行政が支出する食材に関する経費は、地産地産を循環させる金融財戦略を優先させる。
行政が保有する財が県外流出比率を20%以下限りなく少なくする。


3.耕作面積の近隣に、中規模の「太陽光、人工光併用型植物工場」併設する。
働く人は身障者とパート従業員の働く場として24時間連続管理のための3交代制度を構築する。農業法人の
社員とペア型連携をして、社員は、見守り任せ、異常は対応するようにする。(兼務の時間を就労時間の1/5
以下にする)
耕作面積で海外も含め冷凍倉庫物流による需給状況に応じた販路開拓地域の農業法人の損益分岐点まで
の確保ができるようになると、社員の安定収入が確保できるようになる。安定収入は地域産業の購買力と
地域銀行の預金率を高くする確率は高い。

4.土壌の安全と植物にふさわしい土壌にする。、種子の遺伝子組み換えがないものにする。

農業法人の土地は、土壌の全数検査し、土壌を正常に洗浄し、必要なミネラルは、成長の節目ごとに
不足を補充する。種子は、遺伝子組み換えをしない、交配による改良品種とする。
灌漑用の水質全数検査し、採り水、地下水の正常化の設備を農業法人共有した確保する。
雨水の測定をし、異常がある場合は、中和、改良等の対策を打つ。

低単価品の生産は、アメリカの大農場規模を基準とした単品生産を、地域の新農業法人が共有の生産
工場として、70%以上の自動化の徹底と30%の必要な成長の節目の集団行動、通常は、少人数の
全体管理と、共有企業から、計画的プロジェクトテーマに応じた人員を確保し、短期間大量人数が必要な
場合は、地域CATVの加入会員の臨時収入の場として、働き手を動員するしくみを構築する。
高品質が保証されたよい均質商品であるため、国内の大量消費企業を販路として、海外品より国産を
優先する企業にだけ提供する。海外との相見積による値引き交渉企業は、以後販路としないハングリー
マーケットにある段階から切り替える。当初は、契約企業ならどこでもよい、総利益が計画以上ならよい。
世界で拮抗するためには、ブランド力が重要で、食品関係の上位企業との取引戦略が必要です。

●食品加工工場ののISO22000、HACCPで、高度な品質安全のしくみシステムは、素材である生産物
の安全性を維持する最大限の努力をしても、入荷時に含有している異常物質をゼロにする確率は低く
素材の加工度が低い場合は、入荷時から腐食防止、食品添加物が加算されたものです。
食品添加物は世界の人種により安全数値は微妙に異なり、日本人でも個人差があります。

5.新農業法人の世界に拮抗するためのコストダウンのプロセス成果を地域密着CATVは、参加集団で
定点チェック方式で、地域の人を主役にコンテンツ化して、各農業法人の努力を相対比較し、第3者的に
ようい方法を共有化する方法を採る。生産までのプロセス、環境管理等を、見えるマニュアル化を目的に
成長の節目ごとに有識者にコメント図表、参考資料を付記しておく。この記録が、多くの農業従事者を
養成するため視聴覚型の資料になります。他県へは複製禁止の所有権を明確にした有料貸し出しの
ノウハウ型コンテンツとして、貸し出し、技術指導もコンサルタントとして期間型有料の業務にする。
その収入を、地域CATVの各種コンテンツの講座の講師の謝礼に充当させる。

地域の子ども達の見学コースを準備して、体験型学習できるブロックを準備して、農業法人の社員の
教育インストラクター訓練の場として、事務局案内役として担当させる。

地域で生活している人が、高学歴、高度なものづくりの知識がなくても、今のままで、スタートの賃金は
低い段階からはじまり、年功序列、社内の実務資格のアップでその会社に帰属する限り、キチンとした
行動をし、熟練度を時間経過とともに増加させると、右肩上がりの収入と、能力に応じた能力給がプラス
加算されるようにする。ブロック育成をするため昔の大地主と小作型で、大地主は、社員の7倍までを限界
して、社員に還元し、株主に還元するしくみにする。経営陣は、「もの対象のものづくり」と異なり、人工数
がなければ収穫ゼロになるため従業員に感謝「もちつもたれつ」の事業であることに気づくことが必要です。

●農業水産業は「物を対象にした従来のものづくり」と「いきものを対象にした新ものづくり」はやり方が違う。
○「物を対象にしたものづくり」は、21世紀は戦術戦闘のプロセスのしくみシステムの量質の構築としくみ
にふさわしい人の調達は、外部の機能活用も含めて投資能力と、販路構築能力の総投資能力が事業
優位化の原理になってきました。世界標準があり、それを上限として、短期でしくみシステムと人の養成も
可能な時代になりました。短期で最強の競合企業が出現できる事業展開のプロセルコントロールもできる
ようになりました。普通の価格相場を無視した規模による超低価格、価格破壊のしくみもできてきました。
企業規模に対して、働く人の数は、投資力豊富な企業ほど少なく、超省人化を戦略の一つにしています。
企業の存続は、投資戦略総能力と相関する時代に入り、ニッチ客を対処にしない生業家業中小企業は
赤字慢性化と、キャッシュフローの異常発生時が、存続が終わる確率が高い時代になりました。
特に、大量のお客様を夢見て創業したベンチャー企業は、固有技術より優れた商品製品サービスが、
投資力と豊富な人材により短期でカイゼンされ、市場拡大時期から準備期間実証をした上で多数参入
し、開発時代を過ぎ、市場拡大時期に企業存続できなくなる現象があります。


○「生き物を対象にしたものづくり」は、80%までは、「物を対象にしたものづくり」は、省人化を目指せなすが、
80%を超えると自動化精度をあげる費用の方が総人件費を超えるようになる確率は高い。
90%を超え無人化を目指すと「生き物」の成長格差品質が無限となり、パラメターの選択仮説とは、異なる
異常現象による生産不良が発生する確率は高く、80%の投資金額の2倍以上が必要な、研究室、趣味の
レベルとなり、素材産業としての農業水産業は実用から乖離したものになります。
現在の植物工場は80%以上を目標としているために、関税撤廃(TPP)段階になると固定の安定販路を持つ
企業グループ以外、現在の高固定費(設備投資額)では事業存続が難しくなる確率は高い。

生き物を対象にする場合は、物と異なり、育つ土壌、蒔く種子、成長の節目プロセスごとに適切な対応が
必要ですし、1対1の成長異常に対した、適切な対応、必要な栄養補給、病気の予防、病気の早期個別
対応、成長期は、キチンと成長させることが生産出荷時のよい品質形状栄養等と相関関係が高い。
人や庭の花卉、果樹、根菜と同じ、人のタイムリーなふさわしい対応が必要であり、天候等環境境依存型
に気づくことが重要な着眼です。

「物を対象にしたものづくり」のしくみシステムの高品質高生産のためのブロック化してプロセス監視のしくみ、
品質のブロック管理数値化、各ブロックの相対比較、ブロックの60%以上の成長段階を揃えるたねの総環境
条件のコントロールと、生育異常の下限ブロックの見える化、出荷時の全数検査のしくみと自動化、物流から
店頭、お客様までの物流冷凍倉庫とピッキングのしくみ等の投資可能送金額に応じた1期2期3期と段階的
な超省力化省人化をする。 残りの40%以下は人に力による、生産プロセスコントロールの節目ごとに人の力
をブロック別担当者を決めた人のコントロールと、その経過の都度報告と処置対策の先行行動をするように
する。相対比較データによる、人の行動の上限、下限をものづくりの機能設計開発と生産管理を兼ねたプロ
集団が、生産ラインの晴れ曇り雨3条件以上の模擬のプロセス管理と比較しながら行動のマニュアル化を
する。行動が上限下限の範囲内で実施したかどうか、個人で実行状況を見える化する。やったふり、要領よい
手抜きの人の行動人質は、生産結果と相関がでる確率は高い。ただし、他とあまり格差(販売価格、満足度
に関係する度合)がすくない場合は、管理の条件をカットする場合もあります。
赤ちゃんの成長と生物の成長と比較すると、長男長女は24時間、母親が赤ちゃんを見守り、寝るひまがない
クタクタの労働条件から、次男次女、3男3女は、長男長女に成長に応じた気配りをし、次男次女等には、
長男長女のときと異なり、重点時間と手抜き時間を多忙になったため総時間コンとロールする母親の方式の
インターバル方式の工程管理を優位にすると生業家業の農業生産者は、他の生育の先行管理に活かす時間
がある事に気づく段階がきます。生産技術は、物対象のものづくりと違い、年功による体得訓練、良いものを
育成する成功失敗の体験が熟練度になり、暗黙知の領域が生産結果となり、年功に応じた給料アップのため
に育成プロセスコントロールが必要な高単価品を大量生産できる新商品製品担当に業務シフトの55%以上に
するようにする。新入社員、途中入社社員の実務教育訓練(OJT重点、個人別)のエルダー役を務めさせる。
教えることは、体験を体系化整理が必要です。共有図書館に世界の最先端の専門書籍を揃え、実務カイゼン
のヒント、商品開発の提案ができるしくみにしておく。「生きのものづくり」は人の知恵、知識が暗黙知となり
全員が、共有化標準化以上のプラスαの能力を持つ人数が、その企業の投資能力では短期で真似られない
オンリーワンの企業のしくみになります。紙に書いて、読んでも、微妙なゆらぎのある現実の生産と結果の微妙
な差を、キチンと手をかけて正しく育てた子どもと同じです。世界に比肩できる、必要な価格で売り切り、必要な
人件費総額を毎年増加させ、企業存続する限り、競合他社の生産能力の向上以上にするための先行投資の
ための利益を確保できる安心安全業績基盤づくりに必要です。

株式は上場せず、社員(インセンティブ)、企業存続に必要な取引先(投資金額の銀行金利以上)を株主
として、取引先と「もちつもたれつ」共に連携しながら社員が整合された成長をするしくみとする。
世界、国内大資本、中堅大商社に拮抗できる企業力を維持するために必要条件であり、地産地消、地域の
身近な人に貢献できる企業になるしくみの一つです。ある規模になると、最適利益規模が観える成長段階
になります。ある規模以上に企業規模をすると、儲からなくなる分岐点があります。その規模の企業を、
地域内に戦略的の設立し、育った40歳以上の制御人財をグループ会社として分社したり、生産工程に関わる
戦略的の企業格差となる設備企業の高品質化融合度合を高める、中小企業の地域での「生き物対象もの
づくり」整合組織を推奨します。この段階になると、総合的な大企業と拮抗できる体質業績基盤ができはじめ
ます。地域に生活する日常行動の中に多くの人に働く雇用機会持続的に生む最適企業の一つであることに
気づくことが重要です。生産段階で、多くの子どもに植物の育成体験は、自分の子育てのとき役立つ本音人格
刷り込みの機会の一つとなる確率は高い。

この段階で企業集団としての中小企業群のノウハウを、食料自給に苦しむ、飢餓傾向の国の人財を育て、
その国の食の基盤構築に貢献する時代がくることを待望しています。
 



 

□農業法人の中堅大企業の待望

















 

農業法人は地域の中の近くの人を活かし、完全地産地消の生産販売のしくみ  システムの構築が創業基盤を創る全体最適事業展開ループの構築と、創市場  創客システムの構築、密着型お客様構築の原理です。地域密着CATVの機能を活かすと、他地域の見えない多数のお客様への販売、他力の卸ルート等で多くの人が考える汗を嫌うと、何年経過しても固定のお客様数は計画的増加は出来難い確率が高いですが、地域で評価され、損益分岐点以上の安定売上 ができるようになると、他の多くの人の手法が、地域ブランド企業としてのブランド効果(ハロー効果)が発揮され始め、想定以上の成功確率が高くなり、善循環企業になります。農水産は1対1の原理、地域での販路確保が先行成約管理の突破口の一つです。

●ISO、認証を活かす「強い会社」つくり
ISO取得可能なレベルでのしくみづくり、人の成長目標を明確化することが生き残りの条件。着実な改善の見える化システムが中。中堅規模の農業法人として参入する前提条件の一つです。
先人の真似をして、仮説でスタートし、行動しながら自社にふさわしい内容にカイゼンを持続する方が、標準化スピードを上げる方法の一つです。農業は、先人の実戦の知恵が豊富にバラバラである業界です。自社の必要な情報を統合すれば、想定以上に事業展開できます。
生産をしながら全工程の先人の資料を現実修正することを推奨します。植物工場のしくみは全体最適に役立ちます。

●日本農業法人協会

●漁業に関係する活動内容から学ぶ

●栽培養殖漁業2010
水産業も食の安心安全と、生産の安定供給、世界との比肩が農業と同様に必要ですが、総投資能力と、事業化までの先行投資が必要であり、中堅大企業規模の方が、成功確率が高く、現在の漁業従事者とセロからスタートの社員とは熟練度格差はあまりない業界です。
販路開拓が潤沢な企業と連携し、繁忙期は請負方式、閑散期は企業所属の社員として組織型で従事する方法も一つです。
 


□農林水産消費安全技術センター



 

科学的手法に「よる検査、分析により、農場から食卓までのフードチェーンを通じて食の安全と消費者の信頼の確保に技術で貢献することを使命としています。

○新農業法人が世界に比肩して生き残るためには、生産全工程、
生産物、その後の物流に関しても検査分析のしくみづくりが生き残り機能の一つです。
 


□プロジェクトに関係する建設土木








 

設備投資しプロジエクトをスタートするとき連携する建設土木関連の事例

●希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場
日本の保有資源の自給率上げる扉が拓かれてきました。
2010(平成22)年4月1日に「改定土壌汚染対策法」が施行され、土木、不動産関係の中堅大企業が本格的にに事業展開に入りました。車、電機向け提案を強化。大量の集中洗浄、浄化段階から、その工程の中に希土類レアメタル等の再生素材資源の生産が可能な、鉱山型時代が近づいてきました。

農業の土壌、土入れしたものが、食の安全に関わる確率がゼロであるかが、農業生産の品質安全性を決める要素の一つです。準備段階で、安心安全土壌でスタートし、生産プロセスで必要な要素の補填、次回生産時の土壌正常化への復元再生は持続的企業努力のテーマの一つです。
 

□農業資材・農業関連システムの進化





 


●農業をしくみ、システム化するための農業用機器、農業用資材、農業用ソフトの進化の現状

・収穫量を増やす大量な高品質土壌を準備する
・収穫量を増やす根にやさしい水の大量安定供給を準備する
・広大な農場を、工場をシステム管理する技術の進化
・調達コストを試算基準価格例
・アグリビジネスに必要な植物病理学の進化

●農業機械化関連
農業機械化の変化に関わる業界団体業界紙、企業の情報。大規模農業の生産性向上のために部分最適から整合機能としての最適追及段階に入っています。

 

□物流調達機能と事業展開との整合化





 


業務改善の一環に組み込む重要な要素になって来た。最適なシクミ、システムを自力 構築するとコストが上がり採算を出し難い分野で、外部活用を戦略的に検討する企業、連携する企業が増えてきました。
物流は製品、商品、半製品、原料を移動するときに発生する、関連業界の多い分野。
国際競争力を強化するとき、物流の効率化、高機能化は欠かせない物流業界の命題。
企業にとって、国外戦略企業ほど静脈産業として、コスト格差が大きく利益発生源である。

・運輸構造の最新変化を知る
・物流、流通業界の団体、機関の変化を知る
・SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン
 

□気象環境を事業に活かす







 

地球環境が安定期から不安定期へ変化がはじまり、気象環境が事業環境の影響要素となり始め、過去の異常気象が普通気象になる危機管理として予知し活かす時期が近づいてきました。
住む場所の選択があなたの未来指標になる確率が高い。「まさかの坂」が近づく兆候が全国各地で見える化されてきました。

特に食料と整備のしくみが遅れた周囲の環境への影響度が大きくなってきました。

新農業法人は、天候依存型従来農業型だけに固執せず、植物工場等天候の依存度が少ない生産方式、高単価中量、低単価大量の危険分散型を推奨します。
 

□温度制御の探求

 


植物、動物、鉱物、人・モノ環境生成時の温度湿度コントロールでアウトプットの品質、量に格差が生じます。
人間の男女でさえ、母体の環境の湿度と温度(体温)で変わります。付加価値プロジェクトの場合、温度制御は重要な要素です。
制御の精度はセンサーの選択が重要な要素となります。
 

□食品関連

 


●加工業界を顧客とする場合の事業展開内容を知る、見る、感じる情報源

・製粉 ・飼料  ・製糖  ・製油  ・製菓 ・製パン
・乳業 ・食肉、ハム、ソーセージ ・即席麺 
・冷凍食品  ・アルコール飲料  ・飲料
・調味料   ・その他
 
●食料品
企業情報


 

□「食と健康業界の変化情報」業界研究








 

21世紀は日本人存亡に関する危機の時代。子孫繁栄のために、人の健全判断、健康維持の改善常識基盤を変える必要が生じはじめました。
子供たちの健全な心と身体を培い、未来や国際社会に羽ばたくことができるようにするとともに、全ての国民が心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らす ことが出来るようにするための使命として食育基本法がスタートしました。
食事のバランス、食の安全・衛生・安心の意識が高まってきました。
親も子も 精神・価値判断が少し狂いはじめた現在、復元するための真因は、飽食の中で、偏食・加工食品が、身体の健全性のバランスを崩しはじめている食を正常化することも一つです。

食の業界は、「安心・安全」追求、物流の進化、日本国内の世界最低レベル自給率から国際的な輸入環境の変化により、農業生産のハイテク化工場化が国家的戦略となり始めてきました。

 


□地域密着型CATVの地域との融合の現状










 

新農業法人は地産地消型で、安定業績基盤として損益分岐点売上以上持続的確保を目指すためには、地域密着型CATVと連携して、地域の人が、「お客様の顔」と「生産者の顔」を両面持つしくみを構築する戦略が「柔行動」として必要です。自分が生産に関係して安全安心と信じることのできる商品と、他の不明商品と価格差が極端に高くなければ、日常選ばれて購入するだけでなく、最強の営業パーソンになる確率は高い。オピニオンクチコミは勝つ手法の一つ、売ることは、自分の収益源を安定化することになり、煩悩作戦が生きる一つです。

最初は地域の勉強仲間と連携することを推奨

◆地域型CATVの存在価値の発揮1
    北海道、東北、東京、関東、信越

◆地域型CATVの存在価値の発揮2
    北陸、東海、近畿

◆地域型CATVの存在価値の発揮3
    中国、四国、九州、沖縄
 

 □「農業」の販路開発














 

中、中堅以上の農業生産法人に成長するためには規模の変化に適応するために常に損益分岐点以上の先行安定販路開発と善循環的増加業績基盤づくりが最重点テーマです。

◎他力販路と自力販路の比率は自力販路開発能力の成長と相関関係が高い。

他力販路の活用度は、自社ブランド力のアップと相関関係が高く、 出荷価格のランクが高くなる生産能力ノウハウをレベルアップのスピードを上げる先行投資費用と考え出荷価格が自力開発販路と格差があっても、比率を変えない方がよい。ただし、自社の総売上げが増加率にかかわらず、他力販路の増加率は、下がる確率が高い。
他力販路の増加率が高くなっても、全体の比率以上にしないハングリーマーケット戦略をとる方が、自力販路増加の加速になる確率は高い。

●日本貿易振興協会(JETRO)
ジェトロは2003年10月、日本貿易振興機構法に基づき、前身の日本貿易振興会を引き継いで設立されました。独立行政法人として新たなスタートを切り、これまで以上に時代のニーズに対応し、質の高いサービスを機動的かつ効率的に提供。

 ◎市場を世界へ拡大するとき、最先端支援機能をもつ機関の一つ
 

□地方の空港は、地域商物流の突破口








 


◎地産地消型地域で地域の財を豊にし地域の人が豊になるためには、20世紀代の思考法、財の付加価値プラスが少なく、小額単位の財は、その場限りで消える泡沫刹那利益となり、先行投資のために貢献確立は低い観光にこれ以上費用を書けず人の移動数に幻惑されず、戦略的に航空貨物を事業展開に組み込む時代に入り、日本国以外は、豊富な財を投入する競争の時代に入り、日本国だけが、20世紀帰りをし始めています。国に期待せず、地方空港が、地域の海外からの財の収束する突破口の役割をするための地域の総合インフラの構築を推奨します。

地域で共有する鮮度物流、冷凍倉庫を活かし、世界市場の相場に対応した戦力物流拠点としていかす。

地方空港は、国際線の直行便が離着陸できる、必要航路の延長を
先行投資することを推奨します。海外からの輸入便の帰り便を活用して地産地消の輸出戦略を採り、海外路線への業績貢献機会の提供し貢献する。地域の輸入品臨時便を先行計画して、輸入販路の支援と、輸出先販路開拓を同時にし、海外の国際線は運行重点の業務にし、航空運賃をローコスト化する。

 

□狭域高密度型地銀信用金庫の潜在力








 

地域型新農業法人は、地域密着CATVと連携して、地域の地銀、信用金庫JAバンクを資金調達機関として活かし、地域の産学官との連携を地銀、信用金庫内中小企業診断士を事務局として、連携、経営のカタライザー機能を地域貢献に活かすしくみ創りを推奨します。

地域密着CATVと協業する地銀信用金庫の新戦略は個人の生活基盤も共に豊になる分水嶺であることに気づく時が近づいています。地産地消体質をつくり、海外を市場にして財を地域に誘導し、地域の財の総量を増加できるインフラ(しくみシステム)と高齢者、地域で働く人、生まれる人口数を増加させるしくみが必要です。
地域の金融を善循環させることが突破口の一つです。地域内富の循環は、流出に歯止めがかかり、あなたの地域から、共の増加が始まります。地域密着CATVが富の分配の役割、地銀信用金庫が、富の蓄積増幅機能をはたし始めます。
同様な機能をJAバンクがもつています。都市部が少なく過疎、零細農業が多いエリアでは、JAバンクと地域密着CATVとの協業も一つの方法です。法人の場合は、地域の商工会議所と協業しその機能も一つの方法です
地域密着型金融機関の複合協業により、加入エリアを分担連携管理をして、営業コストが逆ザヤにならない補完効果を発揮させ、地域事業の強みを全体最適整合融資戦略を目指する加入者への物心を豊にする対応機能が倍増します。

 

 

 

 

 


「植物、畜産、栽培養殖漁業、林業群複合工場」

  「東北地方太平洋沖地震」、「福島第一原子力発電所の事故」
 
  原因が天変地異で想定以上の災害だからと他に「原因」転嫁しない
  最大のプラス発想で「割り切る」「思い切る」。未来へ向かう行動への
  トリガーとして活かすことも一つの人生です。
  
  新しい未来に向かって、さらに飛躍した行動を力強くはじめることを
  待望しています。

    多くの過去想定していない要素があらゆる経営資源「ヒト・モノ・カネ」
  のしくみシステムに組み込む時代の扉が開かれてしまいました。 

  
すでに、多くの制御型人財が「岡目八目」型であらたな行動が各地ではじまりました。

  
  
食の安全安心のしくみシステムを事業化できるようにして、世界の
  皆様に役立つことが日本国民の一つの方法と考えています。

  世界の総能力のご支援があれば実現確率は速く高くなります。
  ご支援を待望しています。


  従来と同程度以上の、自然を活かすさらに進化した農林水産業の再生と併用して、
    子孫のために安心安全確率の高いプラスアルファ(α)のインフラ型「食」のしくみ
  システム、人組みである「植物、畜産、栽培養殖漁業、林業群複合工場」を
  地域の資金調達量に合わせて、ふさわしい規模ではじまることを待望しています。 
 

    人類生存の必要条件である第一先行指標の一つとして、世界での
  環境対応した「食」の加速度進化が前進するトリガーとなります。



「日本で複合工場実証試験関連技術」

 
日本国内の中に現在、総機能を整合させる最適化技術が
  構築できれば、すでに、個別の部分最適技術は進化してきています。




「新たな食の安全安心へ業務用計測技術の進化」

複合型工場は超資金投資がなければ大規模インフラには実現できるかどうか
分かりません。
短期間では実現する確率は低い机上の仮想・仮説型内容の一つです。

実務家である制御型人財は 現実適応を最優先にする必要があります。

従来の自然環境に依存する農林水産業の生産方式が、世界の市場で「食の安全
安心であることを表示するためには、食の加工品も含めて、最終商品製品が数値的
にその国の輸入基準の1/1000以下であることを数字で証明し表示するための
全数検査のしくみが速く開発されることを待望しています。

別次元の方法ですが、すでにはじまった「日本の産地証明」で輸出して、その国の
人が「買う・買わない」の購買行動を期待する方法がはじまりました。
従来の「食の安全安心」の日本ブランドのレベルまで回復ができるか半減期の
長い放射能の場合は海外の人の潜在能力領域での好き嫌い判断を顕在領域
を優位にすできるかどうかわかりません。

複合型工場を期待せず、放射能核種の業務用計測法と、安心安全なものだけを
選別するしくみを世界の叡智を集結
て構築を待望しています。
中期の世界市場の突破口戦略の一つです。



「放射能汚染に対処する食の安全基準の変化」

日本の中で最先端で活動している機関の情報の源流を知り、潜在意識(感情の心)優位の行動
から、現実界の顕在意識(5つの感覚器官の心、意識の心」により「流言飛語」「風評被害」に
幻惑されることなく、自社の放射能汚染の扉が開いた今、制御型人財のあなたは、自分の
行動範囲で、環境適応行動をはじめることを待望しています。


更新 2011.07.07 

■食料自給率の推移

この数値をみると、食料自給率が低い品目ほど、国外品目の弱点を国内品目が優位になれば、国内市場は
無限であることに気づくはずです。公開し、頻度が多くいわれる情報は、なにか変では?
重点集中の方向を正確にすることが勝ち残る道です。
世界の人の月間需要が多い自給率の高いく、食料相場に依存し高値の品目は、日本の自然を活かし
完全安心安全生産新神話で、輸出拡大が想定以上にできる確率は高い。
福島原発事故は、各国の生産物が食の安心安全に懐疑的な人の増加を誘引しました。現在のままの
日本の生産物より良い可能性があると、妥協の購入をしているだけで、自国、現在の食の安全度の信頼性
が低くなり、危険な生産をする国は、短期で日本の新神話(新ブランド)で優位な販売ができる確率は高い。
                              A志援ms 2011.06.25

                                                   単位 %


 主要品目別自給率

10年以前の現状、戦略的自給率低減の内容が見える化
できます。

  1965

  1975

  1985

  1995

  2000

 米

         95

        110

       107

       104

         95

 小麦

         28

           4

         14

           7

         11

 大豆

         11

           4

           5

           2

           5

 野菜

       100

          99

          95

          85

          82

 果実

         90

          84

          77

          49

          44

 肉類

         90

          77

          81

          57

          52

   牛肉

         95

          81

          72

          39

          34

   豚肉 

        100

          86

          86

          62

          57

   鶏肉

          97

          97

          92

          69

          64

 牛乳乳製品

          86

          81

          85  

          72

          68

 魚介類

        100

          99

          93

          57

          53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率

           62

          40

          31

          30

          28

主食用穀物自給率

           80

          69

          69

          65

          60

供給熱量総合食料自給率 

           73

          54

          53

          43

          40

生産額ベースの総合食料
自給率

           86

          83

          82

          74

          71

 

 

 

 

 

 


主要品目別自給率

TPPはどこに影響しやすいか見える化できます。
関税障壁の低い品目の変化が今のままだと始まります。
農産物の各品目が小麦大豆と同等になる確率は高い。
 

   2005

  2006

  2007

  2008

  2009

 米

           95

          94

          94

          95

         95

 小麦

           14

          13

          14

          14

         11

 大豆

             5

            5

            5

            6

           6

 野菜

           79

          79

          81

           82

         83

 果実

           41

          38

          40

           41

         41

 肉類

           54

          56

          56

           56

         57

   牛肉

           43

          43

          43

           44

         43

   豚肉

           50

          52

          52

           52

         55

   鶏肉

           67

          69

          69

           70

         70

 牛乳乳製品

           68

          67

          66

           70

         71

 魚介類

           51

          52

          53

           53

         53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率(何か変)

           28

          27

          28

           28

         26

主食用穀物自給率

           61

          60

          60

           61

         58

供給熱量総合食料自給率

           40

          39

          40

           41

         40

生産額ベースの総合食料
自給率

           69

          68

           66

           65

          70

 

 

 

 

 

 

なぜ野菜の植物工場に固執するのだろうか? 果実は、人工的環境で、世界のすべてのものが、高品質で大量に安心安全レベルで生産できる技術段階ですが?小麦、大豆は、立体型、総面積を平地耕作面積の倍増させれば、自然環境と、人工環境併用すればすでに世界の市場価格以下で生産できる技術段階ですが?
根菜類がなぜ主要品目にはいつていないのか?食品加工の原料そしての輸入総金額は?すでに通常の根菜は、大量生産できる技術段階ですが?国内需要も含め、相場に既存しない、食品加工業界へのローコスト素材の提供が可能な時代がきています。原発事故で国内の農産物は、風評と世界の人の日本生産物の潜在てき恐怖感がうすれるまで、日本の生産者のためになぜ協力しょうとしないのでしょうか?
魚介類の自給率の向上は、人工的な大量増生産の方向だけが日本の未来の方向では?魚介資源の卵の総数現象時代、世界の遠洋、輸入にも確率は低い。なぜ日本国内での大規模の増産工場投資をしないのでしょうか?
「いきものづくり」成長の節目で人海方式の方が、システム設備(超高額投資は除く)より、生産性が高く、地域の大量安定就業インフラなのになぜ事業化しようとしないのでしょうか?
複合工場は、ディズニーランドのような仮想の世界とは別次元の実体の総合的(品種グループ別)の大パノラマ水族館、魚介の成長過程の観察館、併設した有料セミナー、就業養成のために講座、研究者の専門講座、優性遺伝型卵の幼魚までは、ものづくりの機能開発と機能設計、医薬試薬試験段階と類似しています。なぜこの部分の生産化のしくみシステムが、植物の種業界レベルまで進化してこないのでしょうか?幼魚後の成長は生産ラインと同様で、しくみシステム化しやすく、生産工程で、成長の節目ごとに人海による全数選別のしくみで生産性を上げることができる確率は高い。なぜプロ人財が多数育つ時代がきているのに行動総量が少ないのでしょうか?

数字のマジック、関税障壁をとったものの自給率がどのように変化しているか?現在自給率の高い品目の関税障壁をとると、すでにないものと同様に現状の生産コスト(物流コストも含)推移する確率は高い。ただし自給率の高い品目は、人が必要なのは量、薄利多売の場合、総金額の減少はすくない。なぜ福島原発事故の補償でJAが請求する額が、少なすぎることに気づく人がいるとおもいます。国の自給率50%以上確保するには、単価の高い品目を少し、増加させれば明日でも達成できる方法がとれる。日本人の口に入るものはどのように変化するか、儲かるのは、外交を握る豪商の確率は高いようです。自給率操作も大商社次第で変化数字を変化できるようです。 日本の農水産業の総生産金額程度は、大商社で補完対応できるしくみの準備が出来ている確率は高い。
 

 

 

 

 

 

 

日本統計協会2011



■二人以上の世帯の消費支出の構成
 (1ヶ月間の支出金額、構成比


 

   1975

 1980

  1985

 1990

 1995

  2000


消費支出額円
 

  157 982

   230 568

    273 114

   311 174

   329 062

   317 133

   構成比%        

      100.0

    100.0

     100.0

    100.0

     100.0

    100.0

食料支出額  

    50 479

     66 923

      73 735

     78 956

     77 886

     73 844

エンゲル係数%

        32.0

      29.0

       27.0

      25.4

       23.7

      23.3

被服及び履物

    14 459

     18 163

      19 606

      22 967

     20 299

      11 018

      % 

         9.2

        7.9

         7.2

        7.4

         6.1

         5.1

住宅

      7 683

     10 682

      12 686

      14 814

     21 365

      20 427

      % 

         4.9

         4.6

          4.6

         4.8

         6.5

         6.6

光熱・水道

      7 097

     13 225

      17 724

      17 147

     19 911

      21 477

      %

         4.5

         5.7

           6.5

          5.5

        6.1

         6.8

保健医療

      3 945

       5 865

        6 931

        8 866

       9 845

      11 323

      %

         2.5

         2.5

           2.5

           2.8

        3.0

         3.6

交通・通信

      9 635

      18 416

       24 754

       29 469

      32 966

      36 208

      %

          6.1

         8.0

            9.1

            9.8

       10.0

         11.4

家具家事用品

      7 855

        9 875

       11 396

       12 396

       12 529

      11 018

      %

          5.0

         4.3

            4.3

            4.0

         3.8

           3.5

教育

      4 345

        8 325

       10 853

       14 471

       15 381

      13 860

      %

          2.8

         3.6

            4.0

            4.7

         4.7

           4.4

教養娯楽

     13 293

      19 620

       24 191

        24 191

        30 122

      32 126

      %

          8.4

         8.5

            8.9

            9.7

          9.6

         10.1

その他

     39 190

      59 474

       70 970

        81 966

        87 400

      80 302

      %

         24.8

        25.8

          26.0

           26.3

        26.6

         25.3

                                       

 

 2004

 2005

  2006

 2007

 2008

  2009


消費支出額円
 

   302 975

   300 531

  294 943

   297 932

   296 932

   291 737

   構成比%

      100.0

       100.0

     100.0

     100.0

      100.0

      100.0

食料支出額

    69 640

     68 699

    68 111

    68 536

     69 001

     68 322

エンゲル係数%

        23.0

         22.9

       23.1  

       23.0

        23.2

        23.4

被服及び履物

    13 396

     13 229

    12 776

    12 933

     12 523

     11 994

       % 

          4.4

           4.4

         4.3

         4.3

          4.2

          4.1

住宅

     19 230

     19 254

    18 115

    17 934

      16 897

     17 024

       %

          6.3

           6.4

         6.1

         6.0

          5.7

          5.8

光熱・水道

     21 012

     21 492

     21 278

    21 768

      22 762

     21 685

       %

           6.9

           7.2

         7.6

         7.3

          7.7

          7.4

保健医療

     12 231

     13 020

     12 787

    13 107

      12 523

     13 016

       %

           4.0

            4.3

         4.3

          4.4

          4.3

           4.5

交通・通信

      38 981

     38 717

     37 864

    38 075

      39 070

     38 070

       %

          12.9

           12.9

        12.8

        12.8

         13.2

         13.0

家具家事用品

        9 952

     10 047

       9 734

      9 706

        9 984

       9 975

       %

           3.3

           3.3

          3.3

          3.3

           3.4

           3.4

教育

      13 229

     12 475

      12 650

     12 748

       12 727

      12 909

       %

           4.4

           4.2

          4.3

          4.3

           4.3

           4.4

教養娯楽

      30 883

     30 729

       30 040

     30 976

       31 372

      31 274

       %

          10.2

          10.2

         10.2

         10.4

          10.6

          10.7

その他

      74 422

     72 759

       70 588

     71 999

       69 869

      67 469

       %

          24.6

          24.2

         23.9

         24.2

           23.5

           23.1

 

 

 

 

 

 

 

二人以上の世帯の実質消費支出は、第一次石油ショックの1975年以前お10年間には年率実質で4.4%という大幅な上昇を示し、1974以降でも年率実質1%と低いながらも増加を続け、消費水準は大きく向上しました。
1997年以降、2009年まで実質増加はほとんど見られないほど低迷が続いています。年間所得が、上昇より、実質減少があっても、一度拡大させた消費を絞ることが困難なためです。(贅沢は緊縮で難い現象)

●食料品の割合(エンゲル係数)は 1975年、消費支出額が少ない時32.0%と最高で、消費支出額の上昇ととのみ減少し、1995年23.7%となり、低下し、その後はその水準で推移して、2009年は23.4%でした。
その食の中味は、コンビニやファミリーレストラン等が台頭して、外食の機会が増加しても増えないのは、その他の日の食料費の内容が、ローコストの添加剤食品の使用が多くなり、本物食材の活用、家庭での料理等が
減少し、日本人の健康な食生活は建前で本音は逆ではないかということが観える化できます。地域が集団型で地域の食事を一緒に食べたり、デリバリーできるしくみを構築すると、地産地消型の健康な食事環境に変えることができる。地域のテーマ別プロジェクトの仕事は、食事付にすると、収入が他の消費に活かせ、傍の利益貢献できるしくみになります。健康な高齢者、健康な子孫繁栄のための現在の子供の食環境を変えると、地域、働き手の現象に歯止めがかかり、地域が善循環を始める確率は高い。また若い低所得層(生殖機能年齢)に健康な食事を提供できるインフラ、複合工場は地域戦略に必要な時代がきています。
業績によい社員がバリバリ働く大企業は、社員の健康維持管理のために、低単価の社員食堂を戦略的に活かし、社内コミュニケーションの場と、「食足りて、不満減衰の原理」を活かし増加傾向に入ってきました。
外部でのランチョン交際費も、社員社員食堂を活用でき、交際費削減効果も出ています。
日本の農林水産業地域内販路は、無限の創市場の場があります。地域密着型CATVに地域の顧客データを複合的共有化すると、行政の住民登録データ、危機管理の大量移動の指令センターとして、映像無線FAX、町内、人等複合的なネットができ、そのネットは、食を通してあらゆる商流、物流、人流ができて、複合工場の生産物は地域の食品加工業(惣菜、弁当屋も含む)で完全売り切り型受注生産サイクルができる確率は高い
食の贅沢を味わったひとは、質素はまずさと錯覚する人が55%以上になりましたが、従来の高級品以上の品質で現在の価格より安く販売できる食の生産物は、実質的な食の中身を悪化に歯止めをかけ、正常方向へ向ける確率は高い

「衣」被服及び履物は、1980年代には構成比が7%台を占めていましたがその後減少し、1990年代には単価の高い和服洋服ともに減少基調になり、2009年には4.1%になり、洋服の安売り店、ユニクロの出現、国内相場の破壊的価格破壊の輸入品で、外面をらしく「衣」は維持し、所得が多い時代のタンス在庫の流用で高級品は我慢している実体が観えてきます。ブランド品を購入すると、バーゲンを活かす多くの人の存在が浮かびます。国内の繊維業界は少ない富裕層を固定客化して生き残る企業が多い。(こだわり型商品)

●交通・通信の構成比は、1970年後半以降、品目の中で最も増加率が大きい。1960年代後半から始まった急速な普及により、自動車関係費が大幅に増加。1975年6.1%から2000年には11.4%、2009年は13.0%となりました。そのうちの7.0%が自動車関係費です。また通信の伸び率も著しく4.1%です。

●ものからサービスへ
消費支出を商品とサービスに分けると、1975年は消費支出に占める商品が71.7%、サービスが28.3%でしたが、2009年には商品が57.4%、サービスが42.6%と大きく構成がかわりました。ものが普及すると、サービスの格差が優位要素になるようです。
 

 

 

 

 

 

 

 





◎日本国内の食の生産は、日本の中小企業の事業家が、傍観者を止め、
儲かる種に気づき、「ものづくり」の総能力を「いきものづくり」に結集する
ときが来ています


    先行投資型「ものづくり」と 毎日の収入(造血)型「いきものづくり」と両輪経営にすると、
  地域に人と共に、豊になれる突破口の一つであることに気づくときがきています。
  大企業向け情報氾濫と、中小企業の核心を突く情報は180度逆の場合もあります。
  東日本大震災を機会に、鋭敏になった、催眠状態からさめた今が将来の事業展開
  の成功確率の高い方向を探すチャンスの時です。
  中小企業の長所を生かし、大企業の力を瞬時活かし、持続は自ら行動することを進めます。
  超大企業化は 幹線型で毛細管は非効率で、生産性が低く、時間生産性を上げる市場が
  世界に無限にあり、できてもしない事業領域です。地域の市場を冷静に分析すると、不思議に
  中小企業がブランド(泡)に幻惑されたシェアを想定以上のスピードで実体型で確保できる
  時代がきていることに気づく人が出てきています。
  とくに実体型第二次産業はターゲットです。第一次産業と連携して、地域の第三次産業の
  機能、公務に機能を活かし、地域の第四次産業として、中小企業の勉強・行動型の総合
  企業体として整合させながら異なる業種の複合工場にすると、世界の市場でも比肩拮抗
  できる集団組織ができる確率は高い。(過去の波長の会う遊び仲間的仲良とは異なる次元) 
  
  

2011年3月11日の福島原発の事故が、世界規模の長期間自然環境汚染の原因を起す
現実に直面し、情報の何が実体か潜在脳段階で気づく扉がひらきました。
日本の食の安全安心の自給率の向上は、人間の決めた健康の仮説の政府基準であり
真の安全とは次元が違うことに世界規模で気づく人が増えた確率は高い。
従来の日本の食の安全安心神話(ブランド)の泡が逆に他国より厳しい評価基準に
かわりました。いつ回復するかわかりません。
今、食は生命維持の要素、他のものは、アダムとイブの時代の必要条件でした。
後は、人間の欲望が創り出したものかもしれません。食が人の染色体、遺伝子異常を
少なくでき、現在があります。未来の生物が人かどうかわかりません。
衣⇒住その他は、生命維持とは別次元、煩悩が創る世界。
カネがなくても働くと、ふさわしい収入で100円ショップが出来た楽な世の中、生活は出来る
ようです。いかに自分が贅沢に慣れてしまったか、再確認し原点回帰できました。

実体以外の音楽や虚像、非現実領域で癒すのは瞬時の楽、現実逃避型で同情に甘え過ぎる
ことは実体の現実に戻ったとき、反作用として奈落の底を限りなく深く感じられます。
マイナス領域から抜け出せない慢性体質になる確率は高い。
未来へ持てる130%以上の総能力を発揮して、プラス領域へベクトル方向を向けて前進する時は
今です。多くの人の前進を待望しています。
20世紀の戦後直後、焼け野原、荒廃の中で、他力を期待せず自力で立ち上るパワーの源泉である
「食を最優先とした行動でした」先人の知恵を活かす方し21世紀型で子孫に残す布石は、過去の
復元なのか、国が財政破綻寸前、復興費用が投資回収でき、破綻の歯止めができるか、日本国が
すでに始まった、他の国の財政破綻を現実化するか分水嶺のときです。国に期待せず、地域最適の
食を核にした地産地消の実体社会へ変えるのも一つの方法です。
他力を期待し、長期間無為に過ごす時間しても期待以上のものが得られない確率は高い。
一万人以上の想定外の環境になった人がいる場合は、あなたの運不運で、極端な差ができ確率は
高い。努力では解決できない何かが世の中には確率を左右する何かがあるようです。
他力を期待せず、期待度高過ぎて不足した他力の量を非難せず、プラスがあれば儲けもの程度と捉え、
最悪を想定して行動すれば道は拓けはじめます。

就業の機会がないとき、地域の食に関わるいきものづくりをすることは、育つ姿をみていると、潜在脳を
音楽や虚像や非現実領域で癒すより、植物は不思議に平常心にもどり持続的安定化する自分に
気づく時があります。汗を流し、身体を疲労させると、煩悩は夢の中の範囲で、全力行動するときは
浮かばなくなる不思議な現象があります。

従来の自然農業を、環境汚染が少ない具体的技術が進化してきています。
耕作面積、海面水面型水槽は立体型にして、生産時期をずらして、最新の冷凍機能、物流機能
地域の人の巡回物流のしくみを構築すると、近くのコンビニ、店舗とは別の、20世紀昭和の行商を
21世紀車を活かし移動店舗型に毎日必要な量を完全に売り切って終わる現金商売でいよい。
巡回用の車は、大企業の研究開発部門に提案して、全国の高齢者が分散する地方の食の安心の
ための機能開発の実証試験用で無料で提供してもらえばよい。カイゼン情報を設計者に細かく日々
報告すれば、どの企業よりWinWinになる確率は高い。植物工場は、海抜50メートル以上の地域の
荒廃したビル活かし、A志援サイトに掲載企業で、実証試験に協力する企業だけで組立て、不足する
部分は地域の中堅建設業と連携すれば、協力企業ができる確率は高い。多くの働く意欲の高い人が
未就労でいます。第一段階は若い世代を重点時し、高齢者は地域のケーブルテレビと連携して、
地産地消のための顧客のネットワークづくりのために、ケーブルテレビの入会者と連動させ、入会が
安心安全で安い(大企業スーパーより会員は安くするしくみをつくる)ものを提供できるようにする。
特に防災網も兼ねた高齢者家庭をケーブルテレビで結び、緊急時の短時間大量輸送のセンターの
役割も兼ねる、実体コミュニケーション網を構築すれば、地域信金JA行政が投資した方が得であり
WinWinの善循環のしくみに気づく時が近未来きます。だれかが動き始めることを待望します。

地域のケーブルテレビは、地産地消実体経済へ変わるプロセスを、シナリオのない映像として記録し
地域のインフラ、事業展開に関わる企業は、個人に寄付として配分すると泡消えなにも残らないが
ケーブルテレビに自社の宣伝広告費として、自社の製品装置機械が、活きて活用される実体型
映像で見える化し、そこで出演する人は、地域のCATVの視聴者の誰かが主役で、現実の業務の
ポイントを見える化する。地域の大学が、理論家、体系化して、関係者には宣伝広告費を、スポット
収入として稼ぐしくみにする。成功実績があれば、そのプロセスを編集して、資料やマニュアル化に
活かし、そのノウハウを全国の希望する地域型CATVへ有料で配信し、全国規模の映像の場合は
映像企画量を別途で請求し、ノウハウの帰属は流用時、各様権利の請求をするしくみを創ればよい。
その収入を、地域の各種インフラ構築のための経費と、設備の最新化投資費用や、地域子供を裕福
な都市部の教育環境の揃う子供を以上の、人格形成した人材を多数輩出するしくみづくりに活用する。
WinWinで事業展開できる方法のヒントトリガーはA支援サイトに揃えてあります。活かせば成功確率
は高くなります。この記録は、世界の各地で、その国の人を主役に展開できる成功確率の高い方法で
伝播し、世界の食料自給率の向上と、人間だけの我で生物多様性の循環破壊に歯止めがかかる方法
の一つになる確率は高い。

実体と乖離した仮想の世界で、静止して過ごすのも人生、汗をながし実体の世界で
過ごすのも人生、選ぶのはあなたしかありません。現在は多くの人が、本気で係わってくださる千載
一隅のチャンスの女神が眼前にいる期間です。ある期間過ぎると、それぞれの人の煩悩ベクトルは
無限に分散し、統合に時間がかかる、東日本大震災、福島原発事故の前に先祖戻りしてしまう確率
は高い。実現は世界視野の強制的行動がなければ実現に時間がかかります。




植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場


完全安心安全な日本の農水産物は世界の商品相場の上限以上で売り切ることができます。
日本の高齢者、低所得層を市場としても、地域の地産市場なら、物流費は移動に必要な原価
(地域関連携と地域内共同配送のネットワーク、地域のバス、電車等、巡回自動車型エリア
循環コンビニで想定以上に小口物流コストが低減できます。
(大企業優位の情報映像は、中小企業生業家業の儲かり方とは別次元であると割り切ると道が拓けて
きあす。21世紀は大企業と地域の中小企業の中味の機能差は減少時代になっています。ある部分を
変えると、小規模小回りスピードが強みにかわり、手の届きすぎる(顧客が気づかない感動の扉)持続
てアフターフォローと、次の受注のビフォアフィローができる確率は高い。大企業の広域フローにWebや
電話のデータマイニング依存症は、現実のお客様との直接コミュニケーションの方が、あるデータセンタ
ーの弱い部分を、自社の強みでカバーすればよいだけです。大企業も世界への進出パワーを向上させる
国内での実証試験の持続的役割で補完するようにすれば、日本国総合整合能力で海外に比肩できる
日本国民の組織の中で自分を活か「もやい」の強みを持つ民族だから勝てる確率は高い。
全産業の中で、一次産業と、繊維業の世界の市場で国内で生き残るしくみシステムを応用展開して、
地域のものづくりの機能、地域密着CATVの視聴者をモデルに、地域の危機管理のしくみ連動させ、
スマートグリッド、スマートハウス、スマートグリッド、スマートフォン等ICTに関わる地域インフラを短期で
統合できる次代がきていることに気づき、第四次産業として、超大企業型企業グループに拮抗して、
世界戦略が採れる千載一隅の機会、地域の人のバラバラベクトルを地域を善くしたい煩悩行動と
マッチングさせると、想定以上の確率で、部分から始まり、アメーバーのように集まりながら増殖し
拡大し、ミトコンドリア的な第四次産業の形が見えてくる確率は高い。その成功事例を世界の各地で
その国の人達が運営できるように育てて、見守りアドバイスすれば、想定以上のスピードで、世界各地
へ伝播がはじまる確率は高い。21世紀型世界戦略「柔型行動」を発揮するときが近い。

昭和の時代、戦争という「剛行動」は反作用が大きすぎたことに気づいた日本民族と同じ道を歩む、
大企業の世界戦略(武器からカネへ)は、排他的な徴候が出てきました。国家間外交でさえ、豪商が
握り、他国のメッセンジャー型が優位とない、日本国さえ動かす時代、ある瞬間国益に反する逆現象の
時が輸出制限時代が漁業から始まり、素材、ものづくり、その国の人口増加と富裕層の増加は、その
国の自給率を低下させ、戦略的関税障壁と輸出制限が近づく徴候がでてきました。日本だけ完全関税
撤廃したら、なにが始まるか?

カテゴリ一覧
植物、畜産、栽培養殖漁業、林業複合工場
日本が放射能汚染地区として、海で隔離された環境の中で、食の安心安全生産ができる大規模型複合工場が緊急で事業化できるしくみシステム構築する時代にはいりました。
日本で複合工場実証試験関連技術の現状
2010年植物工場、栽培養殖漁業、周辺関連技術、参入企業も急速に増加し、大学の法人化の事業展開が成長段階に入り、高専大学大学院が日本農業水産林業の分野もノウハウの集約が出来はじめてきました。世界の最先端の大規模複合工場の実用化の経営資源ヒト、モノ、ノウハウが狭域の中に集約されています。
新たな食の安全安心へ業務用計測技術の進化
世界各国が潜在的に保有している21世紀の生命の危機を開く扉を日本国が完全に開いてしまいました。「新たな食の安心安全」の人が決める基準をゼロにする新しくみシステムに着手するトリガーと捉えて行動をはじめることを待望しています。
放射能汚染に対処する食の安全基準の変化
日本政府中心に超速度で食に関する機関が、日本国民をはじめとして世界の皆様に、安心安全な食が提供できるように、放射能汚染への対応に多くの人たちが行動をはじめています。