開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

21世紀が創る新市場の現状

■21世紀が創る新市場の現状 100630

新製品・新事業開発のための情報>21世紀が創る新市場の現状




 21世紀世界規模で、時代の潮流に対応して、新しく創られた市場が、あなたの生活環境
を変化させ始めています。
自社の事業の業績基盤の中に強みとして組み込むことを推奨します。

 ●情報量「ゼタ時代」に適応した、情報を戦略的に活かす事業が成長してきました。

インフラに関連する新たに創られる市場は、国家規模で主導型のものが増えてきました。
短期で、複数の動きが並列的に進行する時代になりました。垂直思考型戦術では時代の
スピードに乖離する確率が高くなりました。


◎スマートグリッド

◎スマートコミュニティ・シティ

◎地域のエネルギー

◎植物工場

◎地域密着CATVの地域との融合
  
 

              ↓ クリック

カテゴリ一覧
植物工場の稼動と市場
全国で植物工場の稼動が増え、従来の市場の中での競合と、新市場の創造段階に入ってきました。自社の事業規模に応じた最適なしくみシステム、制御人財の数が必要な時期になりました。暗黙知質量が企業格差になります。持続的成長プラットフォーム基盤構築の時です。
新エネルギーの稼動と市場
21世紀、世界規模の環境保全の目的で新エネルギー、次世代エネルギーのあなたのまわりの環境インフラが変化をはじめました。自社の事業の中の強みの中に加えることを推奨します。
スマートハウス・シティの稼動の現状
新たなインフラライン「情報とエネルギーの双方向ネットワーク」により生活者に情報が入り込み、生活者がより賢くなることで、新たなライフスタイル・新たなサービスが創出される。ハウス・シティの情報活用基盤整備の進化に応じた稼動変化を知り新事業展開に活かすことを推奨
スマートコミュニティ社会
スマートコミュニティ社会はスマートグリッドに情報通信技術(ICT)を用いることでインフラ設備装置(ハード)とソフトが融合し、管理できるようになり、地域の人の危機管理も含め人とソフトが融合し行動する双方向コミュニティの形成方向実現が観える化してきました。
地方の空港は、地域人商物流の突破口
創業まもない茨城空港を事例に紹介。茨城地域は日本の中で優位の強みを持ち21世紀先導する要素が他地域り比較的に狭い地域に集約され、軽薄短小が優位な地域であり、中期で黒字化路線になる確率が高い。20世紀の過去の成功実績体験による多くの我の経営原則に捉われず、世界の視点から現実直視すると現実化具体化可能な突破口に気づく人財の輩出を待望しいます。
希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場
日本の保有資源の自給率上げる扉が拓かれてきました。2010(平成22)年4月1日に「改定土壌汚染対策法」が施行され、土木、不動産関係の中堅大企業が本格的にに事業展開に入りました。車、電機向け提案を強化。大量の集中洗浄、浄化段階から、その工程の中に希土類レアメタル等の再生素材資源の生産が可能な、鉱山型時代が近づいてきました。産業廃棄物の再生素材化、錬金術資源づくりも実用化を目指しはじまりました。