開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

若い最先端知識人で地域の知恵を進化

若い最先端知識人で地域の知恵を進化  110912

地域密着型CATVの地域との融合現状>若い最先端知識人で地域の知恵を進化
 


 

 
更新 2011.09.12 

 地域の財政基盤である中小企業が勝ち残るために、若い最先端知識機関で育つ多様な人を実業の場で、地域をよくするための新規事業の実証、検証の事務局機能を持たせ、地域の知恵が加速度進化をするトリガー人財に育て、未来の地域の牽引者を多数輩出させるしくみづくりの時です。

地域の問題解決の期間を速め、時間生産性をアップするためには、「できない
思い込み」「すでにやったがだめだった」等最初から思考の壁を造る人(体験
累積総量のマイナス要素がやらないでムダと決めてしまう人)の視点を補正
するために「先入観の少ない、できる可能性だけを追求する若い知識だけの
専門家」の視点での挑戦に協力し、実証検証している間に「過去の出来ない
ことが今なら出来る環境」になっていることに気づけます。実務の専門家として
成功確率が高い方法で一気行動すると、想定以上の速く問題解決できる場合
が多い。

地域の近くに、地域の戦力化できる若い世代がいます。
現在は、多くの学校が思い思いで地域貢献を標榜していますが、第三次産業
への趣味の協力が本流のようです。すばらしい力を、地域が豊になるしくみ
システム構築の一端を担うようにベクトルを向けるのは、地域の制御人財で
あるあなたの役割の一つです。
                                     



□農業関連大学&水産関連大学

 

地域には農業畜産関連大学や水産関連大学があります。
世界の最先端の先人の知恵を体系化して学び、実習で、実務の基本ができるための訓練をしています。大学院は事業化のための若い先入観の少ない視点から儲かる提案と成果が出るための連携を待望しています。

地域の中小企業は、若い体系化した知識を活かし、地域の中小企業の食品産業の中で生き残った知恵、実務者と実戦力と連携して、TPPの環境下でも地域地産地消で勝ち残るしくみシステム人財数を持つための機能は揃っています。
 

□国立高等専門学校
















 

地域の「ものづくり」「いきものづくり」に従事する専門性の高い人財を多数輩出する目的で5年間地域で育つ若い人達がいます。
21世紀「ものづくり」は世界市場規模でなければ生き残れない時代となり、高度なしくみシステム化と超省人化時代に入り、国内の就業創出機能が加速度的に減少し、地域の「ものづくり」の中小企業は、下請け型が多く、安定供給先企業からの成約は減少傾向となり、地域の就業創出能力はほとんでゼロに近づいてきています。地域の「いきものづくり・食品産業」を進化させ「第四次産業・複合食品産業」へ成長させる未来の幹部候補人財を養成するための事務局人財として、じっくり、実務専門化てして育て概がある機能が揃っています。

・地域を「スマートコミュニティ」化して、天変地異のリスク管理のために強いしくみ、インフラに変える。

・地域のエネルギー革命に適応したしくみシステムへの変える。
「天然ガスコージェネレーション」 
・地域の財政が潤沢になるため
の中小企業黒字化数の増加
・地域は食品産業を産業の基幹として、海外市場への事業展開ができる体制の構築。
・地域CATVを第三者機能として、地域のモノ、情報、人を繋ぎ、守り(リスク管理)攻め(創市場・創客)と就業創出インフラの役割を発揮させる。高齢者、身障者等も含め個人所得を増加できる機能を発揮させる。
どの商店街を交通商流インフラの中に組み込み、「腹八文目」でど儲かる平準化のしくみをつくる。
インフラを最適日常運用するためには地域ATVを中心にした方が企業の{我」「自分だけが」を排除し、均等で富裕度に無関係な均等運用のしくみでなけらば、過去の歴史の如く高度なインフラは「ネコに小判」「宝の持ち腐れ」「ブーム飛びつき購入した健康器具」になる確率は高い。全機能を使いきれる機能が地域CATVに揃っています。
「地域密着CATVの地域との融合」
 

□専門職大学院
 

地域の当面する問題解決期間を1/2にする目的で、具体的解決テーマを決めて、該当する大学院の実証試験検証の場として、地域と連携しスポットで活かすと、気づけなかった方向が明確化できスピード解決のための加速ができる確率は高い。
 

□技術経営(MOT)系専門大学院協議会

 

蓄積した最先端の技術経営理論を地域の中小企業で実証検証のための場を連携して提供する。成功体験は担当専門大学院の
「知行一致理論」の暗黙知となる。
1社単位の中小企業の食品産業の生産工程のコストカッターと、時間生産性工場の一生懸命工夫して結果の極限を超えて、シンプル化思考で、2/3以下に複合型食品産業をして、TPPの最悪条件下(超円高環境50円)でも勝ち残ることができるようにする。
 

□TLO(技術移転機関)を活かす






 

各大学のOBで、産業界で、専門知識、知恵を備えた実務家が、地域の問題解決のために具体的な知識を要領よく、核心を突きそうな事例(技術)を紹介してもらえる機能があります。ただし,
地域の問題解決担当責任者は、先生として受身の姿勢で連携するのではなく、不足しているテーマ解決のパートナーとして、アドバイスを活かして実証しながら、問題解決するまで、さらに新たに出たテーマ解決の方法を探がしてもらう「知恵袋」の役目をしてもらう。地域や社内のベテラン以上の優れた時間生産性の高い暗黙知を各人持ち、具体性が高いないようです。

地域の多くの玉石混交の登録部分型専門家か机上型専門家と異なり自社内で育ち難い超専門家人財を保管する機能があります。
 

 

 


 

商品一覧