開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

JAバンク

■JAバンク  100609



◎JAバンクは、メガバンクの強みを真似て、超速度の合併統合し、多くの銀行との
優位格差が急速になくなり、地域での優位性は急速に減少徴候が顕著になり、地方型
信用金庫の統合合併により存在価値の減少に歯止めがかからない現象と同傾向が
各地で出はじめています。メガバンクにできない最大の強み「狭域高密度営業」に原点
回帰を推奨します。店舗数は現状維持、増やさず、過去JAグループだけで多店舗
展開をして、強みを発揮していましたが、同様に総人件費削減のために店舗を縮小
した地方銀行、信用金庫と連携し、銀行で働く人を共有化し、各保有する強みを、地域の全ての人を対象にルートを分担し、お客様のニーズに合わせ複合対応できるしくみ
をつくり営業エリア内調整をする方式、連携相乗効果を上げる経営整合を推奨します。
社員の地域の構成員であり、地域の人を一対一対応が出来る確率は高くなります。
さらに、第三者機関である地域密着型CATVの地域共有調整機能を活かすと実現
でき確率は高くなってきました。メガバンクとは次元の異なる競争領域になり、よい
方法は真似る対象となり、競合とは別次元に入ります。

日本国が疲弊し、地方分権化で延命策(明治維新前の地域単位の時代に昔帰)します。地産地消型の
実体の富の循環方式に戻ると、長期に累積した強みが地域にまだその世代の人が高齢化して残って
います。まだ残っている今が原点に戻り、地域ごとに貢献に専念し、全国の成功事例をクラウド型に
ノウハウの共有化し、市場は国内ではなく、海外市場シェアを20%以上にする販路開拓をはじめる
千載一隅のチャンスの時代に気づき、地域CATV、JAグループ全機能を地域別に、戦略的に
地域インフラの充実の神経回路、毛細血管網を汗を厭わない人材基盤が残ってしる今が大切時間との
戦いの時です。JAグループが高密度連携に入る時、大企業群の「ホールディング」的戦略機能部隊を
JAバンクが主導で指揮者の役割をする段階にきています。内需型、セロサム市場は、やめ、強存強栄
戦略を採ると、お客様が、他との違いメリットに気づき、中流家庭が、下流家庭化増加に伴い、追い風となり
JAバンクの強みが地域に浸透しある段階から、想定以上の顧客、投資ニーズがではじめます。
その段階になると、消費税の増税により、一過性ブランド指向から、実体価値の方が持続価値になりはじめ
ます。

狭域での地域の人への金利相当のサービス、招待旅行、イベントも都市型で、知らない人の数が増加し、
日常の多忙な農業の時間の中での楽しみが、近くの知人の仲間意識から、多くの銀行と同等レベル、
知らない人が、生産の情報交換も建前型となり、担当者もいつも来てくれる人は参加しないようになり、
参加者どうしの緊急時の助け合機能はゼロ化してきました。旅行が次の投資の種探しの精度の高い
一人一人(一軒一軒)個の情報と、支援テーマ、提案の機会等が メガバンクと同じレベル個とは別次元
グロス対応となり、顧客ニースの精度格差はゼロ化してきています。強みを残す歯止めができる限界に
近づいています。JAは、50歳代以上の人材、OBが全て戦略展開にプラス人材群として生きてきます。
21世紀型企業では少ない体質を潜在的に持つ企業です。ITクラウド、スマートグリッドのしくみシステムを
地域の大学院大学と連携すれば、地方型の21世紀型組み込みも短期で可能な時代になつています。


◎強みと成功実績は豊富です。

身近な速戦力としての総合詳細サポート機能物人が多数います。

農家の方への融資サポート。
農業の明日を担う皆様の運転資金、設備資金などの資金ニーズに対応。

JAバンクは、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)で構成するグループの名称です。
全国に民間最大級の店舗網を展開するネットワークと総合力で、地域のみなさまの、
身近で便利、そして安心なメインバンクとして、お客さま一人ひとりのニーズに応えます。

 

 

更新 2010.06.09


□JAバンク





































 

◆JAバンクの概要
 

◆JAバンクのしくみ
 JAバンクは全国に民間最大級の店舗網を展開しているJAバンク会員(JA・信連・農林中金)で構成するグループの名称です。 JAバンクはグループ全体のネットワークと総合力で、地域の皆さまに、より身近で便利、そして安心なメインバンクとなることを目指しています。
 

◆JAグループの紹介
「JA」とは、農業協同組合(農協)の英語名称「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字をとったものです。 JAは、相互扶助の精神のもと、さまざまな事業や活動を行う組織で「農業協同組合法」を根拠法としています。 主な事業には、組合員の農業経営の改善や生活向上のための指導事業、農産物の集荷・販売や生産資材の供給を行う経済事業(販売・購買事業)、生命共済や自動車共済などを扱う共済事業、貯金やローンなどの金融サービスを提供する信用事業、地域の医療や福祉に貢献する厚生事業などがあります。 JAグループは、日本の農業やJAをめぐる環境の変化を受け、経営の合理化やJA合併を進めてきました。1991(平成3)年3月末に全国で3,000以上あったJAは、合併により2010(平成22)年4月1日現在、719となっています。
 

◆JAバンクの基本方針
組合員・利用者の皆さまから一層信頼され利用される信用事業を確立するために、「再編強化法(農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律)」に基づき、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)総意のもと、平成14年1月に「JAバンク基本方針」を策定しています。この「JAバンク基本方針」に基づき、JA・信連・農林中金が一体的に取組むしくみを「JAバンクシステム」といいます。「JAバンクシステム」は、JAバンクの信頼性を確保する「破綻未然防止システム」と、スケールメリットときめ細かい顧客接点を生かした金融サービス提供の充実・強化を目指す「一体的事業推進」の2つの柱で成り立っています。

◆JAバンク中期戦略
JAバンク(JA・信連・農林中金)では、平成22〜24年度の事業戦略として、「農業メインバンク・生活メインバンク」機能の強化を柱とした、JAバンク中期戦略(平成22〜24年度)を策定いたしましたのでご覧ください。

◆JAバンクの貯貸金動向等
JAバンクの会員数・店舗数等は以下のとおり。JA合併の進展等により、会員数は減少しました。

●JAバンクの社会貢献活動
JAバンクは日本の農業、農村に対する支援、貢献策を展開しています。JAバンクは、大きな変革に直面する日本の農業・農村に対しこれまで以上に踏み込んだ支援・貢献策を展開し、自らの社会的使命にこたえていくため、「JAバンクアグリサポート事業」を創立しました。 

「農業担い手の皆様への支援」「農業および地域社会に貢献する取組みなどへの支援」「消費者の皆様などに農業への理解・関心を高めていただくための取組み」の3つの切り口から、農業振興等に貢献する事業を展開していくもの。
 

 

◇JAバンクアグリ、エコサポート基金






















 

 事業実施主体であるJAバンクアグリ・エコサポート基金は、農業振興や環境に貢献する事業をサポートするために、JA バンクにおいて2007(平成19)年10月に設立されました。
農業振興や環境に貢献する事業を支援するために創設されました。
農業の担い手への支援策、農業および地域社会へ貢献する取組みを行っています。

●組織紹介
●事業紹介
JAバンクアグリ・エコサポート基金は、以下の 3つの視点から、「JAバンクアグリサポート事業」と称する農業振興や環境保全に貢献する事業を展開しています。
(1) 農業担い手の皆様への支援
(2) 農業および地域社会に貢献する取組みなどへの支援
(3) 消費者の皆様などに農業への理解・関心を高めていただくための取組み

●活動報告
◆利子助成事業
厳しい経営環境に直面する多様な農業の担い手の皆様への支援として、JAが融資する農業関係資金への利子助成を行っています。

◆投資事業
農業・環境特化型のファンドであるアグリ・エコサポート投資事業有限責任組合に20億円の出資を行い、農業振興・環境貢献に取り組む企業経営体をサポートしていきます。

◆JAバンク食農教育応援事業
子ども達に、農業、食料、環境、金融経済などの理解をはぐくみ、農業ファンの拡大や地域の発展に貢献するため、小学生向けの補助教材を作成し、全国の小学校高学年に無償配布しています。

◆食と地域の文化発信事業
株式会社NHKエデュケーショナル・読売新聞・JAバンクアグリ・エコサポート基金で構成する「食と地域を考えるフォーラム委員会」により、「食」を通じて地域のあり方を考え、地域の活性化を目指した取組みをサポートするイベントなどの広報活動を行っています。
 

◇はじめてのお客様へ


JAバンクについて、より理解を深めていただけるコンテンツや、取扱いしているサービスを紹介
 

◇安心便利な理由

















 

JAバンクは、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)で構成するグループの名称です。 組合員・利用者の皆さまに「便利で、安心な」金融機関としてご利用いただけるよう、JAバンク会員の総力を結集し、実質的にひとつの金融機関として事業運営を行っています。

◆JAバンクシステム
組合員・利用者から一層信頼され利用される信用事業を確立するために、「再編強化法(農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律)」に基づき、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)総意のもと「JAバンク基本方針」に基づき、JA・信連・農林中金が一体的に取組むしくみを「JAバンクシステム」といいます。「JAバンクシステム」は、JAバンクの信頼性を確保する「破綻未然防止システム」と、スケールメリットときめ細かい顧客接点を生かした金融サービス提供の充実・強化を目指す「一体的事業推進」の2つの柱で成り立っています。

◆選ばれる金融機関として
JAバンクでは、わが国有数の規模と存在感を持ち、個人メンバーシップを中核とした独自・強固な顧客基盤と充実したきめ細かい顧客接点を有する効率的な金融サービスグループを目指して「一体的事業推進」に取組んでいます。 また、「ローン・メインバンク」として住宅ローンなどの各種ローン商品、貯金・国債・投資信託など、皆さまにとって「より利用しやすい金融機関」を目指しています。

◆JAバンクセーフティネット
JAバンクでは,「破綻未然防止システム」と「貯金保険制度」により「JAバンク・セーフティーネット」を構築しています。これにより,組合員・利用者の皆さまにより一層の安心を届けています。
 

 ◇商品の案内

















 

■農業融資
農業の明日を担う皆様への運転資金、設備資金などの資金ニーズにお応えします。

◆担い手金融強化
新たな食料・農業・農村基本計画の策定等を受けて、JAグループあげて担い手支援に取り組んでいく中で、JAバンクとしても、JA・信連・農林中金が一体となり、「担い手のメインバンク」としての地位確立・機能発揮をめざし、担い手金融強化に積極的に取り組んでいきます。

それぞれ役割分担としては、JAは、認定農業者(農家)や集落営農組織、JA出資法人等の担い手を主体に金融対応を行います。また、信連・農林中金は、JAの取組みを推進・支援するとともに、「JAの対応が困難な農業法人等の担い手」に対し、直接融資、またはJA(信連)との協調融資等により積極的な金融対応を行っていきます。

◆JAの農業融資
業の明日を担う皆様への運転資金、設備資金などの資金ニーズにお応えします。

■JA預金

■資産運用

■各種ローン

■カードサービス

 

 

 

 

商品一覧