開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

研究学園都市コミュニティケーブルサービスc

■研究学園都市コミュニティ
ケーブルサービスACCS  
080826 

地域型CATVの存在価値発揮・エリア1 >研究学園都市コミュニティケーブルサービス
地域密着CATVの地域との融合



 

地域密着型CATVとして長期にわたり着実に地域のシェアを拡大し、進化
してきた事例として、比べて学ぶ時役立ちます。

ACCSとは、Academic Newtown Community Cable Service の略称

□ACCSとは
ACCSは、1981年に設立し、公的機関の下部的組織として、主として研究学園
都市建設に伴う放送の受信障害対策事業を進めてまいりました。
しかし、受信障害対策事業がほぼ終了した1990年代後半になると、通信技術
の驚異的な発展によって市民生活も大きな変化を遂げ、放送の一層の多チャンネル化や高度な通信サービスの提供という要望が大きくなってきました。

このような社会の変革にあって、ACCSも、皆様に身近な役に立つ機関として
自立することを目指し、業務改革、内部改革を行い、サービスエリアを拡大
するとともに多チャンネル放送の充実や通信サービスの開始・充実、ポータル
サイトの運営など新たなサービスの提供に努めてまいりました。

ACCSは、今後ともつくば地域の情報化推進の中核を成す「総合メディア機関」
として、技術の進展と地域・市民のニーズを的確に捉え、新しいサービスの
開発と提供を積極的に進めて、つくば地域の発展に寄与してまいります。

□ACCSの目的
筑波研究学園都市及びその周辺地区において、テレビジョン放送の受信障害
を解消するために有線テレビジョン放送施設によるテレビジョン放送の再送信
に関する業務を行い、さらにわが国における新たな都市開発に伴うテレビジョン
放送の受信障害解消に関する調査研究及び有線テレビジョン放送施設の高度
利用を図るための開発調査を行うほか、有線による自主放送番組及び通信
サービスの提供等を行うことによって、筑波研究学園都市の都市機能の保持
向上及びわが国の情報化の進展を図り、もって公共の福祉の増進に寄与する
こと

□ACCSの事業 
1.ケーブルテレビ施設によるテレビジョン放送の再送信及び自主放送番組の提供
2.ケーブルテレビ施設による通信サービスの提供
3.テレビジョン放送受信障害に関する調査研究
4.地域におけるコミュニティ情報、都市間情報等の通信システムに関する開発調査
5.ACCSの目的達成に必要な事業


■「あいさつ」の内容
ACCSは、筑波研究学園都市の建設に伴うテレビの受信障害対策をCATV で担うべく1981年に設立された財団法人で、学園地区を中心に着実に対策を進めてまいりました。その後、つくば市のバランスのとれた都市づくりに寄与すべく2001年の谷田部地区を皮切りに、最近では鉄道新線であるつくばエクスプレス周辺を含めたサービス区域の拡大を行い、市内全世帯の7割強をカバーしています。
 1983年に地上波再送信放送、1985年に多チャンネル放送を開始しました。一方、近年は、アナログ放送に比較して高画質でかつ音質の向上が図られ臨場感のある放送を楽しむことができ、さらにデータ放送・電子番組表による番組の選択や双方向サービスなどの利便性が向上するデジタル放送が普及してきました。このため、2003年には地上波デジタル放送を開始し、さらに2008年からは多チャンネル放送についてもデジタルサービスのみに改め、2011年のアナログ放送の廃止に向けて完全デジタル化を進めたところです。
 CATVは、当初テレビ放送として利用されてきましたが、近年通信回線としても注目され放送と通信の総合的なサービスが可能なツールとして利用されています。ACCSにおいても2000年に、ブロードバンドインターネットサービスを開始しました。全国的に見ると、2006年末時点ではブロードバンドインターネット世帯普及率は50%を越えると共にブロードバンドの更なるスピードアップが行われており、ACCSにおいても今以上に、ブロードバンドサービスの一層の高度化の推進を図ってまいります。
 また、2009年2月からは、KDDIとの連携により従来の固定電話の番号がそのまま利用できるプライマリーIP電話サービスを開始し、これにより、放送、インターネット、電話のサービスを同時に行う、いわゆるトリプルプレイサービスの提供が可能となりました。
 1985年に開始したコミュニティ放送については、今後ともつくばのCATVとして地域密着した、いわば「つくばスタイル」の創造に向けた番組制作を行い、更なる充実を図ってまいります。さらに、パソコン初心者に対する技術支援を行う「家庭内LANサーポートサービス」の提供、つくばのこと、もっとわかれば、もっとたのしい「ポータルサイトつくばもん」の運営等を通し、地域へのますますの貢献を図ってまいります。
 2007年からはいわゆる団塊の世代の退職が始まりました。ACCSは、今までじっくりテレビやインターネットを楽しむ時間のなかったこれらの人々に各種の興味深い番組や使い勝手の良いインターネット等を総合的サービスとして提供いたします。今後とも地域のオンリーワンのメディアを目指してつくば市の発展とともに歩んでまいりますので、何卒、変わらぬご支援をお願いいたします。
                                                                        内容紹介 2010.03.26

◎関連情報

   「地域CATVで押さえる着眼」
   
2008.08.26から業界は本格成長期へ向かって着実に進化しています  
          
 「地域密着型CATV企業の役割」
        
  「CATV業界収益があがるしくみ」


  地域密着型CATVは 
日常の必需ツール(携帯の相乗効果機能 として
 の機能の進化構築段階に入ってきました。

 実行スピードを上げるためには、特に筑波エリアの先進実証試験は日本国
 で重要な地域として先行して進化しなければならない使命があります。 
 

 高齢者社会の、低収入層が増大しても物欲を脱皮し、幸せ喜びの溢れる
 生甲斐のある地域自己完結社会の実現へ向けてしくみシステムインフラ
 機能を充実させる段階から、地域の税収増加のと戦略的連動する善循環
 機能をもつかどうかの分水嶺にときが近づいています。

   
 

 


更新 2010.03.26
             ↓クリック                                        ↓クリック                    

□研究学園都市コミュニティ
ケーブルサービスACCS




























 

◆財団案内
ACCSは、1981年に設立し、公的機関の下部的組織として、主として研究学園都市建設に伴う放送の受信障害対策事業を展開しています。
筑波研究学園都市及びその周辺地区において、テレビジョン放送の受信障害を解消するために有線テレビジョン放送施設によるテレビジョン放送の再送信に関する業務を行い、さらにわが国における新たな都市開発に伴うテレビジョン放送の受信障害解消に関する調査研究及び有線テレビジョン放送施設の高度利用を図るための開発調査を行うほか、有線による自主放送番組及び通信サービスの提供等を行うことによって、筑波研究学園都市の都市機能の保持向上及びわが国の情報化の進展を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目指しています。
 

◆あいさつ
 ACCSは、筑波研究学園都市の建設に伴うテレビの受信障害対策をCATV で担うべく1981年に設立された財団法人です。この間、つくば市のバランスのとれた都市づくりに寄与すべく2001年の谷田部地区を皮切りにサービス区域の拡大を行い2006年度末で市内全世帯の約74%をカバーしています。
2007年からはいわゆる団塊の世代の退職が始まりました。ACCSは、今までじっくりテレビやインターネットを楽しむ時間のなかったこれらの人々に各種の興味深い番組や使い勝手の良いインターネット等を総合的サービスとして提供いたします。今後とも地域一番のメディアを目指してつくば市の発展とともに歩んでまいりま
す。
 

◆沿革

◆法人情報
   ・役員名簿
 

◆600+R方式フィールド実験報告書
   
CATV高度化計画実証実験報告書 1999.6
  現在の環境変化を付加して、自社の資料
  として整理し、2年間隔での修正カイゼンを
  おすすめします。

 

◇ケーブルテレビについて

  
はじめての人、慣れていない高齢者で
 も理解しやすい工夫がありわかりやす
 すい事例













 

◆ケーブルテレビって?
ケーブルテレビのACCSでは、独自のケーブルネット
ワークを使って、つくば市の皆様にテレビサービスと
インターネット接続サービスをご提供しています。

◆どんなサービス?
テレビサービスなら、多彩なジャンルの魅力的で豊富な専門番組から地元の話題あふれるの地域コミュニティ
番組まで、幅広いテレビエンターテイメント。

◆体験できるのは
   
体験販売店でデモ展示  

◆サービスエリア
   
地域導入環境の違いでの説明事例
   
・民間集合住宅  ・公務員住宅
  ・公団県営住宅

◆導入について?
    
お住まいの建物を選んでください。

◆料金は?
    
選択しやすい説明事例

申込は?

 

 ◇受付窓口

・事務所
・電気店受付
◎受付コーナーを委託する店舗の選択は戦略的検討項目の一つです。入会戦略が双方の顧客密着のプラスになる方がより

・アクセス
 

 ◇お知らせ






























 

◎2010年3月1日(月)ACCSTV多チャンネル放送一時休止。地上デジタル11chが新名称「テレビつくば11」となりハイビジョン放送を開始します。

ACCSでは平成22年4月5日(月)より、現在、地上デジタル11chで放送しております地域コミュニティ番組「ACCSチャンネル9」をリニューアルし、新名称「テレビつくば11」として、ハイビジョン制作での放送*1 を開始します。
視聴者の皆様の身近な地域の出来事や話題を、高画質の映像でお届けしてまいりますので、是非ご期待ください。
また、一部番組編成を変更し、番組と一緒に天気予報や道路情報などの情報がご覧いただける「L字画面放送*2」も開始いたしますので、お役立ていただけましたら幸いです。詳しくは4月の番組表でご確認ください。
なお、これに伴いまして、J701chでの「ACCSチャンネル9」の放送は、4月4日(日)を持ちまして終了させていただきます。永らくのご愛顧に厚く御礼申し上げます。
現在J701chをご覧の皆様におかれましては、デジタル対応のテレビまたはセットトップボックスの地上デジタル11ch(TR111ch)で引き続きご覧くださいますようお願いいたします。
今後とも、コミュニティチャンネルをご愛顧頂きますよう宜しくお願いいたします。

デジタル化に合わせたその他のサービス内容の変化とともに、新対応に変化がはじまりました。


2008.8.26内容参考
○親子での見込み先づくりのイベント開催事例

つくばのケーブルテレビACCSでは、夏休みの良い思い出になるようなご家族で楽しんで頂ける「夏休み親子パソコン教室」を開催します。
親子で楽しくデジタルカメラを撮ったり、メールをやりとりしたり、インターネットでゲーム遊びをしたりします。ぜひお気軽にご参加下さい。
☆★ ご参加者全員にUSBメモリ(1Gバイト)をプレゼント!!☆★
 ☆★ 写真を持ち歩いたり、たくさんのデータを保存できます。☆★
 

 
◇メンテナンス情報
 

○先行型でサーバーメンテナンス情報提供事例

 ◇障害情報







 

○結果連絡だけでなく、素人でも理解しやすい内容
事例

この時期は、関東広域で局地的な豪雨が発生しやすく、降雨減衰によって放送が乱れる場合がございます。
衛星電波が遮断されてしまう程の非常に強い雨は長く続かず、通常の雨に戻ると自然復旧いたしますので、そのような状態が発生した場合には、大変ご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ち下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

◇ACCSTV

◆ACCSTVとは

◆チャンネルガイド
 

◇ACCSVnet






 

◆ACCSnetとは
ACCSは、1999年11月29日、郵政大臣から「第一種電気通信事業」の許可を受け、2000年4月1日からインターネット接続サービスを開始いたしました。
ACCSのCATVネットワークは、[600+R]方式という、わが国初の最新鋭のネットワークで、広帯域・高品質・双方向の特性を生かした、高速デジタルデータ伝送や50チャンネル放送を行うことが出来ます。
特に、インターネットは<高速・定額・便利>と三拍子そろったサービスを皆様にご提供することができます。
◆ACCSnet提供の条件

◆CATVインターネット
 

◇600+R SYSTEM

  ◎会社案内













 

CATVインターネット接続、在宅勤務、企業間通信、健康管理支援など各種通信サービスに対応できる。CATV-LANシステムです。
 「600+R」システムは,「上り伝送帯域の拡大」と「上り流合雑音の抑止」により,高品質で大容量データ通信を可能にしたCATVシステムです。CATV(ケーブルテレビ)インターネット接続,在宅勤務,企業間通信,健康管理支援,ホームバンキング,テレビ会議,防犯監視システムなど,各種通信サービスを並行して運用することができ,地上デジタル放送にも対応した最先端のインタラクティブ型ケーブルテレビシステム(CATV-LAN)です。
「600+R」システムは,財団法人研究学園都市コミュニティケーブルサービス(ACCS)と共同開発をした,放送と通信を融合したCATV(ケーブルテレビ)双方向システム
「550+R」の発展型です。この「550+R」システムは1997年7月から実証実験を行ない,1998年9月に「CATV高度化計画実証実験中間報告」としてまとめられました。その内容は,基本実証実験と応用実証実験でデータ
通信をする場合に問題となる流合雑音や,集合住宅における通信など各種実験が実施され,上り周波数帯域が10〜55MHzだけの双方向システムと比較して,通信品質の高さと高速性において,その優位性が実証されました。

 


◇つくばもん







 

◆つくば案内 
  ・グルメ ・ショップ ・暮らし ・遊び ・宿泊
 ・学び ・健康 ・交通機関 ・研究施設
 ・公共機関
◆みんなの広場
◆ふれあい伝言板
◆読み物
◆つくばもんTV 地域の動画が満載
◆つくばもんリンク
◆イベントカレンダー
◆つくばもん住民登録
 

 

 ◇リンク集











 

◆つくば市・その他の地域の生活情報
 つくば市のお店やバス・電車の時刻表など地域情報
 ページ
  ・つくばもん  ・つくばPiazza  
 ・生活情報地域情報リンク集

◆つくば市のホームページ
つくば市が運営するホームページ

◆つくば市の小・中・高等学校
つくば市の小・中・高等学校が運営するホームページ

◆つくば市の企業公的機関公共機関
つくば市の企業・公的/公共機関(図書館)のページ   

 

 

 

 


◎参考 2008.08.26 段階でのACCSの状況
 
ACCSは、1981年に設立し、公的機関の下部的組織として、主として研究学園
都市建設に伴う放送の受信障害対策事業を展開しています。
筑波研究学園都市及びその周辺地区において、テレビジョン放送の受信障害
を解消するために有線テレビジョン放送施設によるテレビジョン放送の再送信
に関する業務を行い、さらにわが国における新たな都市開発に伴うテレビジョン
放送の受信障害解消に関する調査研究及び有線テレビジョン放送施設の高度
利用を図るための開発調査を行うほか、有線による自主放送番組及び通信
サービスの提供等を行うことによって、筑波研究学園都市の都市機能の保持
向上及びわが国の情報化の進展を図り、もって公共の福祉の増進に寄与する
ことを目指しています。
ACCSは、
筑波研究学園都市の建設に伴うテレビの受信障害対策をCATV で
担うべく1981年に設立された財団法人です。この間、つくば市のバランスの
とれた都市づくりに寄与すべく2001年の谷田部地区を皮切りにサービス区域の
拡大を行い2006年度末で市内全世帯の約74%をカバーしています。

まだ、地域の法人・団体・行政・インフラ関係企業・商工会議所・大学院等との連携
はまだ進化がはじまっていないようです。

◎地域の世帯への普及シェアが70%を超えてきますと、情報の双方向の
接続ができ、人による情報感度に合わせ、ライフラインに関わる内容を全
員徹底できる基盤が出来ます。言葉、無線のような空間伝達の場合、外部環境の障害で個人への伝達がゼロ又はマイナス(うわさ等)が発生しますが有線の
場合はゼロに近づける確率が高くなります。(糸電話+映像の原理)


 

 

 

 

 

 
 

商品一覧