開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域CATVで押さえる着眼

■地域CATVで押さえる着眼  100320

 地域密着型CATVの地域との融合現状>地域CATVで押さえる着眼



更新 2010.06.15


地域密着型CATVのような、日本企業が先例を持たない分野
が期間限定で政府主導、行政主導で広域市場創造されるとき

またその市場は地域インフラと関連して、裾野の広い市場です。

新市場を、事業展開の中に組み込みができましたでしょうか

本格成長に入る前に、もう一度原点確認するときに生きる情報

◎世界展開する企業が、進出地域で戦略的に地域密着型
CATVを活かすと、永続的な地域貢献のしくみシステムが
構築できる一つの突破口になります。
世界で事業展開する企業は、本社、拠点を起点として、地域
貢献の臨床実験を推奨します。経営資源の全機能を複合的
縦横に活かすことが着眼です。

特に自動車業界では想定以上のハロー効果が発揮できます。


 

◎地域の行政、団体等の全機能を整合した形で制御できる機能は、CATVを核にして球体で発展成長
できる最適な可能性を持っています。
CATVのコンテンツ制作参加すると、加入者全員の収入増に貢献できる機能があります。

 個人はゼロ金利状態の銀行貯蓄、ハイリスクハイリターン型で貯蓄量はの減少方向の時代です。
 社会保険・低所得者支援にすがるても、総金額は減少方向の時代なりました。固定収入のない人の
 CATV機能に参加することが、収入源の一つになります。
 法人企業はCATVを戦略的に活用すると創市場・創客と安定業績基盤、企業力強化ができます。
 エリア限定型生業家業企業、ベンチャー企業も短期黒字化、地域の税収貢献が可能になります。


1.他社制作コンテンツを活かしきる。
  加入客の分析をして視聴傾向、目的、波及効果等を分析する
 (1)基本コンテンツ。すべての地デジで共通コンテンツ。
   予算管理、予実績管理による計画総予算を減らし、減らした金額を追加コンテンツに活かす工夫が
   重要です

 (2)加入客の多い層(実際の視聴者が明確な方が精度が高い)に合わせた効果的コンテンツ。
   ケーブル(有線)の強みを活かす、従来の確率論的アンケート調査ではなく、実体調査ができます。
   加入者協力への礼金の替わりに、有料コンテンツの期間限定サービス方式でよい。
   出金不要。有料コンテンツの見込み客の増加になる複合効果があります。
 
 (3)独自の地域密着型CATV連携分担共有テーマコンテンツを創り年間計画でローテーション制作し、
   過去、現在、未来(予測)を見える化する相対比較コンテントを創る。

   ◎連携は勉強仲間である下記のA志援サイトを探し当てた人財が成長している企業から始めるのが
     最適。良ければ後から多くの企業が真似るので、次の段階は本流に切り替わります。
     加入者の価値観は無限、政治・宗教・主義等は除き、逃げることが出来ない地域の中に敵味方を
     創らないテーマにする。社会問題、政治問題、娯楽時間浪費テーマは基本コンテンツを制作する
     企業にまかせればよい。加入者の個人判断で自由に参加させ、一切タッチしない方式がよい。
     地方の局がある場合は、すべて任せる割り切りが重要です。(定款で可能性の芽を初期段階で
     摘んでおくことが、地域密着型機能発揮の量の格差と、存在を否定される芽を摘むことになる。
     
   テーマ例
    時代の視聴者の意識の高いもの、地域の活性化、制作参加者の収入源となるテーマ。制作費の
    100倍以上稼ぐ可能性の高いものを30%目標で計画する。(CATVの内部留保を継続充実させる
    ためです。進化が急速な最新ハード乗り換えとふさわしい少数人財確保に経費がかかるため)

   @食料自給、地域内での冷凍冷蔵使用を最小限にした、善循環のしくみ、小規模農家の青色申告
     黒字作戦。大資本の誘致で労働の増加作戦。「食への関心度は高い。」
     
     広義の植物工場関連、栽培養殖漁業は地域の事業創造のテーマの一つです。農業人口の高齢
     化をしくみシステム化し、蓄積した智慧を活かし、衰えた体力の補完と、法人化による固定収入
     確保が可能です。大企業中堅企業の新事業の場を提供できるノウハウの準備段階からの記録
     を継続的にすれば、休耕地を農地のまま活かせる可能性が高くなります。住宅では、土地の
     生産性は一過性となり、不動産税だけが税収となります。しかし、この方式なら、継続的総合的
     (人・もの・生産物)な税収が見込めます。全国網への有料貸し出しコンテンツとして収入源の
     一つになります。

     生産⇒物流⇒卸(JA含む)⇒小売(商店街含む)のトレーサビリティ、サーベランスに関連する
     ポイントを見える化する。自給需要以上のものは、産地のブランドをアップする見える化の演出
     ができる。加入者の出演の場を計画的にできると同時の、制作予定を告知し、既存加入者に
     参加メリットがあることがわかる演出をして、その制作ごとに地域の住宅地図に基づきインストア
     シェアの増加作戦をする。(従来のピン方式のあなた任せ方式の加入方式から、面方式の加入
     方式にし、地域別インストアシェアを明確にする。食料(動物、植物、魚等)すべてのエリアを
     まわることができ、加入の営業も兼ねて活動でき人の生産性は高くなる。制作担当の方が
     営業より、お客様に対し、自社の強みを発揮できます。(大企業の効率営業方式では人数的に
     都市部以外は優位に立てる方式です。) 

    A新エネルギーのモデル地区化。地域での自給型エネルギー供給
     
      地域環境に応じて、 製造メーカー、プラントメーカーの地域進出モデルとしてCATVが行政と
      連携して、試験地域に場所提供をして、継続記録、波及効果の経過を見える化して提供
      (企業秘密の場合は、3年間非公開コンテンツとして、4年目から有料コンテンツとして他地区
      に貸し出す収入源の一つとする。最低の投資で最大の効果を狙う。設置に対し、行政主導で
      地域最高の技術力、サービスメンテナンス企業をメーカーの代理店として参入させ、人材の
      成長プロセスを制作コンテンツにする。

      地域に普及させる効果の高いものに関したは、その映像をテーマに、複数のメーカーの代理
      店教育のカリキュラムを創り、社員育成コンテンツとして活かす。  
      
      可能性のある新エネルギーを、加入者のインストアシェアを見ながら、分散させる方式を採る。
      加入者の出演機会を平準化継続できる方式を採る。(エリア限定の強みの一つ)

      最新最先端、第一号を導入試験地域として提供。事業化失敗の自己責任はメーカーが負い、
      失敗の経過の記録を次の事業化へ活かせるカイゼンに使用できるようにする。
      失敗の記録は企業秘密とし、10年後業界の進化が明確化した段階で、過去の記録として
      公開の一部として活かす。(他にないコンテンツになる。)
      
 

    B地域の健康(心、身体、精神、技術等)の増進のしくみ。
      家庭個人では格差無限時代に入り、地域の下限を決めて、全員下限以上に地域集団で変える
      方法が重要です。教育(左脳型)で倫理道徳のような右脳型価値判断の成長とは相関は低い。
      見える化で継続的に「良い、悪い」を比較し「良い方が個人に得」であることが本音で意識する
      ようになると、自然に良い方の地域の人の数が80%を超えてくると、日本人の強み集団の力
      で自浄作用が働きはじめます。

      文化センター、教育、セミナーは、主催は CATV企業が企画し、日本の最高レベルを特別
      講師とし、主催は行政、団体等母体機関を明確化し、運営に地域の最高レベルの衆知を
              集め、地域で権威をもたせ、修了証書の発行できる方式を採る。
      地場に専門性の度と高める既に資格教育がある場合 集客の支援として、見える化効果
      のある実技はプロセスを加入者に出演してもらい、その後継続的に成長の記録をとり、
              見える化した共有情報として、企業教育のコンテンツとした有料で提供する。出来れば
      出演者には、CATVの他のコンテンツの活用サービスを提供する。(費用として出費するしくみ
      にしない方が、よい)

     
     C個人の正常機能しない介護の必要な高齢者、健康機能を失った人(精神・肉体)の支援の
       しくみと、生甲斐づくり。社会貢献できるしくみ。

     D行政の計画・実行プロセス・結果・その後の計画との乖離状況の現実の経過をテーマにする。
      各担当部署ごとに、関係者の実行記録を地域の人を主役にして制作する。見える化するために
      衆人監視の前で進行するために、進行以上があれば早期に対策改善ができます。
      従来終わって直しする膨大な経費と時間の冗長は減少できます。
 
      特に土木、道路工事等の集約情報をCATVの3ヶ月〜6ヶ月先行予告公開情報の一つする。
      その対象地域に関係した工事は同時期に施工する工程貢献をする。
      常時繰り返される工事の無駄の削減となり、その費用を、他の計画外必要工事の追加として
      活かす。(従来のコストダウした金額を、プラスに流用する発想に切り替える)

      他の計画外必要工事とは、企業の誘致等、地域の収益基盤を増加させるための施策のこと
 

     E地域の商工会議所、団体が法人へのプラスの施策へ積極参加し、企業が黒字化、税収アップ
       に貢献したCATV加入法人を重点に、施策の導入から企業の改善変革の記録のための関係
       社員を主役にして制作する。
       講演教育は、参加者の実行能力、価値判断で効果格差は無限。通常は地域企業で微妙な
       修正が必要なため一過性でおわる。費用の無駄遣い傾向がありますが、現実の実行なので
       企業黒字化のしくみとして見える化効果は高い。企業が黒字化し、安定業績基盤が出来ると
       働く社員の収入が増加し、地方税の収入増に貢献できる善循環効果を発揮する。
       商工会議所、団体の、地場企業(本社がある企業のみとする)が黒字化率50%を超えて、
       社員の年収が、中堅企業レベルになると、地場就職率はアップしてくる。(「他人の芝生が
       よくみえる」幻惑で動かされる数は減少をはじめる。) 

       ◎商店街の計画的継続的集客、活性化の地域のクチコミはCATVの見える化効果は最適
        加入率の高い商店街から始めれば良い。加入率が低い商店街は詳細情報はのせず
        名前だけの表示にする。加入者のインストアの管理と連動させる。
        ただし加入率の高い商店街の未加入者も同等の扱いをし、強制はしない。
    
        商店街のトピックのある店を3店をモデルに60分コンテンツで紹介をする。そのとき、その
        店の売上の上位20%貢献する地場のお客様にその時間に来客してもらう。ただし、事前
        打合せをせずに、紹介する。貢献度の高い客はその店の最大のプラスを宣伝すると同時に
        弱点も言う。弱点もそのまま放送し、店主(出来れば後継者)に弱点をこんな形でカイゼン
        しましたと言葉と同時に、カイゼン後を見せる。商店会長等のコメントは不要、悪循環と
        他人責任の発言が多く、原因他人論の衰退の真因の場合が多いので、集客にプラスは
        少ない場合が多い。事前1ヶ月制作計画だけを  


     F産学官の連携の地域の法人の安定業績基盤貢献度、黒字化貢献度の高い事例を重点に
       地域の大学、大学院をモデルにコンテンツを制作し、知名度を全国的に高め、少子化時代の
       生徒を安定的に確保できるしくみを大学と連携して創る。
       地場への就職率を上げ、地場で成長欲の満足度を高めるしくみを創る。
       情報化時代になると、地場の優秀企業が、安定業績基盤を持ち、創市場創客をできるしくみ
       があれば、他の企業への就職の価値は少なくなってきました。
       官僚志向も重要ですが、地域大学卒では、出世限界があります。地域の行政が官として
       機能すれば地場の就職率は上がる。
             


2.ネット、携帯(エリアは無限)は活かしきる。IP電話、PCネットワーク等
  最新の他社の開発したしくみシステムを活かしればよい。

3.地域限定ラジオ(県単位)
 天変地異等緊急有事のときケーブル復旧の危機管理を想定し常時、活用の習慣化をする。
 画像は携帯への配信も可能となり、どこでも見ることが出来るようになってきました。
 仕事、業務、何か行動と併用して「ながら利用する」ためには耳のみから聞くラジオは有効な手段であり、
 地域参加型の自主ラジオ放送は、地域の人をつなげる
 トリガーになります。若い世代の加入者を増やす種まきになります。

4.自社の重点を自主放送の専門化に割り切りエリアの強み機能を活かする段階になりました。


◎地域の行政、団体等の全機能を整合した形で制御できる機能は
CATVを核にして球体で発展成長できる機能をもっています。
  
地域内での整合され、接点エリアは共有エリアとして、加入者が、境界を両方
活かせることが、加入者優位の方法が最大の強みになります。県境の行政中心に
全てのインフラの恩恵が少ないエリアですが、地域の狭域密着のしくみ構築に重要
なオピニオン人材化を推奨します。よい伝播を地域の人が主役になると、想定以上
の速さでよさが伝わり始めます。


 地域密着型CATV事業展開拡大徴候が出てました。



■地域のCATVと地域情報


 北ケーブルTV(東京 北区)c

 Net Cityとの連携、北区地域情報推進協議会との連携、北区街ナビ、北区商店情報、北区観光、北区事業所紹介等、北区で企業活動する上の情報が整備されています。

 

 KCN京都(旧キネット(kinet))c

KCN京都(旧キネット(kinet))は関西学園都市のケーブルテレビ(京都)


 松本インターネットサービスc

松本商工会議所が運営するインターネットプロバイダーです。◎商工会議所とCATVとが連携し地域発展への寄与、お客様への情報提供源として、自力での提供よりタイムリーな更新ができる方法です。ただし、必要情報を選択して、自社お客様優先のメリットの付加が重要です。
 


東京ケーブルネットワーク(東京)c

1985年「文京ケーブルネットワーク」として文京区に開設。事業内容は「有線テレビジョン放送事業、有線ラジオ放送事業 、テレビ電波受信障害対策工事の受託 、放送番組の制作、販売 、ビデオソフトの制作、販売、出版物の刊行、販売、広告取り扱い業務、各種スポーツ、コンサート等の興行、仲介、デジタルデータ伝送サービス、通信情報処理サービス 、物販及び流通サービス 」と複合的事業展開をしています。
 

 ケーブルテレビ品川(東京)c

 東京ケーブルテレビ(愛称:ケーブルテレビ品川)は、ケーブルテレビ放送とケーブルインターネットを通して ・ 喜びと感動を伝え  ・相互理解を深め ・安心、安全な街づくりをサポートし、 地域のお客様および地域を取り巻く皆様と共に、 豊かな社会を実現することに貢献します。

 上越タウン情報 (上越ケーブルビジョン) c

上越市、妙高市 出資の第三セクター の企業です。「上越タウン情報」を運営しています。


 研究学園都市コミュニティケーブルサービス c

1981年設立し、つくば研究学園都市にて多チャンネル放送と高速インターネット接続サービスを提供しています。地域のシェアは74%を越えてきています。地域密着型CATVとして長期にわたり着実に地域のシェアを拡大し、進化してきた事例として、比べて学ぶ時役立ちます。


 

 京都メディアステーションc

 (財)京都産業21が 京都の発展をサポートする公的な総合支援機関が、企業・団体を対象に「京都メディアステーション」を中小企業の情報発信支援しています。.




 


 
豊橋ケーブルネットワーク c

  豊橋市において放送サービスだけでなく通信サービスを含めたフルサービスを提供する新世代のケーブルテレビ事業を実現することを目的に、平成7年8月に設立されました。多様な専門番組に加え、行政情報をはじめ多様な地域の情報を市民のみなさまにお届けするコミュニティチャンネル、さらに通信によるオン・デマンド型サービスを通じて、『市民の豊かな生活と潤いと活力ある地域づくり』のためにお役に立てるコンテンツを目指したいます。
 


 NICE TV (富山県魚津市)c

NICEネットは富山県魚津市の地域密着型CATVの運営会社は 地場から全国規模に成長し、現在も地場に複合貢献するITホールディングス(インテック)の傘下会社の一つです。地域インフラ網深耕の知恵企業の一つ。
 


 和賀有線 TV(岩手県北上市和賀)c

農業協同組合が母体の第三セクター型CATV企業。岩手県北上市和賀地区の地域密着型機能事例として今後の方向の参考の一つです。農産物の全国での特産交流のしくみが成長してきました。
 


 JA兵庫六甲ろくちゃんネットc

 
JA兵庫六甲は 農と地域に根ざした活動を通じて地域社会に貢献するJAのきめ細かい内容事例。植物工場、地域CATVが地域に貢献する場合、農業人口の比率が高い地域は、販路支援も含めて、地域のJAとの連携し共に豊になる戦略が着眼の一つです。


 知多半島ケーブルネットワークc

 
知多半島ケーブルネットワークは放送と電気通信のサービスに加え、自ら所有するケーブルインフラを最大限に活用し、新装なった本社ビルの機能発揮と併せ、暮らしと地域の役立つ情報通信会社として、その役割を果してまいります。
 

 

 

 

 

 


□共有技術

  

NHKグローバルメディアサービス

(株)NHK情報ネットワークは、2009年4月1日、株式会社日本文字放送と合併し、(株)NHKグローバルメディアサービス(通称Gメディア)となりました。地域CATVが連携するための障壁が低くなってきました。



 


 
国際航業
 国際航業は360°moveはユーザーが視点を自由に「動かせる」新しい動画サービス事業を角川デジックスと提携して開始。今までに無い映像コンテンツの提供が可能となりました。コア・テクノロジーの活動領域は、大地と海洋のカタチや表情のありのままを、様々な視点からとらえ情報化することです。この空間情報から、都市、道路、国土の整備・利用・保全、環境や防災、そして公共サービスの電子化など、魅力あふれる製品やサービスを提供します。
 


 

 

 

 


□地域行政、インフラ関連

 
  
京丹後市

京丹後市は地域のくらしと行政が一体化し、活用目的に対応して短時間で必要情報を活かせる形になつています。地域CATVと「おらが町の銀行」と連携すると地産地消型財の循環システムしくみを行政の地域戦略展開に合わせて、実現の確率は高くなってきました。

 西日本技術開発

九州電力グループの「土木、環境、建築、火力、地熱、原子力、電気の各部門における調査、計画、設計、工事監理等の総合コンサルティング」を事業展開 。地域のインフラ相互を連環した形で繋ぐ企業の一つ。


 
ふれ愛タウン美濃加茂中部台

人・自然・文化をネットワークでむすぶ最先端コミュニティタウンの事例
美濃加茂中部台では、人・自然・文化の「ふれあい」をテーマに美濃加茂の美しい自然に恵まれた街で、ITを駆使した最先端の街づくりを進めています。

 

 


  
神戸市の主な取組み

 
神戸市は地域の持続的収益を上げる投資効果の高い事業を核にした最先端都市計画が戦略的「産学官連携」により直実に進化をはじめている地域の一つです。神戸医療産業都市、次世代スーパーコンピュータ開発、神戸空港も含めたポートアイランドが2期目に入りました。
 

 

 

 

 

 



◎CATV業界の進化のハイスピード広域伝播スピード環境に適応し変化する。
地域密着型CATVは戦略的に現有既存総能力を活かすことが成功確率を高める
方向です。


CATV業界、関連業界の進化スピードは、クラウド、スマートグリッド、エネルギー革命、自動車革命等、日本
国民の未経験の新規事業でさえ実業化への成長軌道修正ピードは、20世紀想定できず、 投資戦略がハイス
ピードで推移しています。事業領域の可能性と、巨額投資力をもつ海外、国内大企業群の最先端の変化を
タイムリーに活かし、自社の事業展開に活かす「真似した型」が実業の事業開発で環境適応進化ができます。
自社の少数人財では大企業型人材豊富な集団の総知識知恵を超えるには長期間かかります。即適応し
拮抗できる方法は、全てを素直に活かし、地域の全員が地域密着CATVを中心として参加し「イキイキ」活用
する地域の強みを活かす集団化するかです。地域密着CATVも同一県内他地区の同様の地域密着CATVと
共鳴共振共働度合の高い勉強仲間同士拮抗しながら自力でプロセスノウハウを共有し共に成長を待望して
ください。外部の力を期待せず、全て追い風として活用し、実体のプラスになった時から活かすことを推奨します。
一億総批評家時代「ツイッター」の価値判断レベルで幻惑すると、時代適応から乖離がはじまります。
すでに大企業が地域CATVを傘下に吸収徴候が大都市エリアではじまりました。タイミングが遅れると、存亡
に関わる時が想定以上のスピードで近づいています。現在は「地域の一人一人に役立つしくみシステム」を
仮想(仮説)してプロダクトアウト型で、重点集中で縁ある地域の人を活かすことが重要です。広域CATVの
「マーケットイン型」手法の成功部分だけをタイムリーに活かせばよい。その方法は、ローコストで活かすことが
できる技術は、地域の先導企業なら短期で真似ることが出来る国内技術の高いレベルでの共有化される
時代が来ています。地域密着CATVは本流の業績の幹となる幹線事業のループを早く構築し、毛細管網を
地域に張り巡らす時です。
 


□業界の最先端進化の現状を把握する。

◆CATV業界団体広域企業から学ぶ

CATV業界の発展を支援する業界業界団体から業界の最新施策、最先端情報をまなび、業界先導する広域企業の内容を知り、自社のタイムリーな舵取りに活用ください。
 

◆地域CATVの全国展開の現状から学ぶ

 


○地域型CATVの存在価値発揮・エリア1(北海道・東北・東京・関東・信越)

○地域型CATVの存在価値発揮・エリア2 (北陸・東海・近畿)

○地域型CATVの存在価値発揮・エリア3(中国・四国・九州・沖縄)
 

 

 


□地域密着CATVが持つ地域の中心球体事業の可能性と時間軸趨勢機能

◆CATV業界収益があがるしくみ

加入者の数を増やす方法は、加入者満足度を増やすこと、CATVの機能を活かす取引先の満足度(費用対効果)の増加、CATV企業全体のローコスト化、時間生産性、労働生産性のアップの3方法があります。
 

◆地域密着CATV企業の役割

地域密着CATVは、ライフラインに関係する組織、集団の機能を相乗効果が発揮できるようにするカタライザーの役割ができます。地域に属する人を物心共に豊かにする機能も持つダイヤモンドの原石企業です。
 

◆地域CATVで押さえる着眼

地域密着型CATVが成長期に入ってきました。2007.10.15段階での誰も経験のない未知の分野の事業に参入するための着眼事例。先発各社の成長段階を検証して、世界各地で、地域に貢献できるための地域現状認識時に活かし、その地で活かしてください。
 


○地域CATVの地域との融合の現状
 


地域密着型CATVの地域インフラと融合して地域の総合的高密着機能を発揮する徴候が全国で出始めました。地方分権、21世紀未知の新規事業、方向は江戸時代へ回帰方向ですが、バブル、世界金融が実体と乖離度を増幅する時代、実体経済の原点地産地消型から、財の循環を初め、21世紀の新しいしくみシステムの構築が日本国生き残りのために急がれる時代になりました。
 

 

 

   
地域のあらゆる事は計画し、実行し、良い結果、悪い結果。早くできる、遅くなる、納期内にできなくなる。
すべて実行段階のプロセスが正常に機能しないことが真因です。
計画の机上論が現実と乖離する確率が高いためです。経過途中でのカイゼンが可能なプロセスコント
ロールできるCATVの見える化機能は可能性をアップします。 

 (1)GATVの機能は、計画時の先人の智慧(世界、最新でさえ)を事前に映像、見える化できる。

 (2)実行のプロセス、奨め方、時間経過での変化の記録を見える化できる。
   しくみ、システム、人の組み合わせも自主放送として伝えられる。(やらざるをえないしくみ)
   当事者のやり方カイゼンは上位経験者が見るとポイントがわかり、進行を制御して成功確率
   の高い方向へ仰角を修正できる。

 (3)スタート前の記録、実行後の記録。過去現在を相対比較見える化できる。
   食品で新聞に良く出た、トレーサビリティ、サーベランス機能はCATVが持っている。

 (4)幼児教育、義務教育期間の公立学校の私立に拮抗した教育を提供できる。個人別のフォロー
   は、先生OBの一定レベル以上の高齢者と現役の先生との連携で学校別に対応できる。
   
   塾との連携もできる。

 (5)多くのテーマに応じて高齢者の地域貢献の場を提供できる。収入の少ない場合の補填ができる。
   出演で、若さを維持する自力力がアップする。故郷を離れた子供へのビデオレターの役割ができる。

 (6)その他

 
 


□CATV業界での未来への対応変化テーマ
  
                                                      2009ケーブルテレビショー 2009.6.18-19

1.ケーブル・アナログテレビ対応簡易STB
アナログ放送 20011年7月24日終了までに、デジタルテレビに買い換えることは、経済的及び環境的な
負担が大きく、家庭内には2〜3台目のアナログテレビが残存する可能性が高い。これらのアナログテレビ
に対応するために、最低限度に限定したSTBを日本ケーブルラボで仕様化し、サービスを可能にします。

2.ケーブルテレビ用簡単リモコン
簡単操作がメーカー、CATV企業でカイゼンが始まっています。
最善をお客様に提供する準備が必要です。

3.全国ケーブネットとコンテンツの全国流通
ユビキタス社会を地域で実現するためには、ケーブル事業者同士の相互連携型ネットワークを構築する
必要があります。今後、全国連携が必要なサービスを提供するためのオールジャパンCATVネットワーク
(AJC-Net)構築。コミュニティコンテンツをコアコンピタンスなキラーコンテンツとして全国のケーブル
テレビ局が共有し、活用するためコンテンツ全国流通グランドデザインが出来てきました。
 

4.IPv6検証テストベッド
IRv4アドレスが枯渇する時期が迫っています。2011年初頭には対応を整えることが必要になってきました。
枯渇対応としてIPv6に対応する機器とサービスの検証と技術者養成がはじまりました。

5.地上デジタル放送普及委員会/地デジ電障対策特別委員会
「ケーブルテレビにおける地デジ移行への取組み」
アナログ放送しか対応していない電波障害対策施設のデジタル化をケーブルテレビが肩代わりの成功
事例や利点が顕在化してきました。
 

6.「光」を超える「光」 光ハイブリッド・フィーラム
光ハイブリッド・フィーラムは ケーブルテレビを推進する世界標準のネットワークである光ハイブリッド
(HFC) をキーワードに、ケーブルテレビ各社が自主的に参加し、共同プロモーションを推進し、効率よく
訴求力のあるブランディング活動をおこなっている団体です。ケーブルテレビの優れた潜在能力、サービス、
さらに可能性を高める活動をしています。

7.地域活性・防災利活用 有線/無線の融合ソリューションケーブルテレビ無線活用
促進協議会
ケーブルテレビの光や同軸の有線ネットワークと無線を有機的に結合させ、地域活性、防災などのサービス
提供が期待されています。今 CATV企業はは地域WiNAX、ワンセグ放送の導入を検討をはじめました。
無線と有線を融合した、災害時第2通信網、防災サイネージ、監視カメラ、エリアワンセグなど、自治体、
地域住民向けソリューションが進化を始めています。
 

 

□現場の生産性向上支援する事業が進化してきました。  


 更新 2010.02.17


  松浦機械製作所
  徳島  未上場

 「とくしまマラソンで使用した
 無線LAN中継システム」

・双方向通信を自転車移動中継車で実施。最小器構成でユニット化し自転車に搭載(特許出願中)

・スピーカーを搭載し本部から声援をランナーに届けるマラソン移動中継車では日本初。  

・少人数での運用
2台の自動中継車(自転車)、2ヶ所の固定中継局、本部局、すべてネットワークカメラを本部で遠隔操作
8名の少人数構成
・ローコスト高パフォーマンスを実現
通信機材、無線LAN基地局(1台)
無線LAN子局(5台)、カメラ音声機材、ネットワークカメラ(4台)、自動
追尾雲台、専用ソフト雲台追尾ソフト、電界強度ログマップソフト

・インターネットでライブシロリーミング配信、マラソン終了後に映像解析

多様な現場にの記録をし、コンテンツ編集もチーフが映像確認しながら
自在に取材ポイントアングル修正が
できるため、モレの少ない重複取材工数の生産性も上がる可能性があり、車の入れない場所で現地取材
もできる可能性があります。





目的
◎現場取材、連続取材の生産性を
上げるための進化。(少人数体制)
で同時並列のプロジェクトをする
ための進化

 
 

 共信コミュニケーションズ
  東京品川 未上場

「限られたヒューマンリソースの省力化」をコンセプトに、オリジナル自社開発ソフトウエア、ファイルベース商品は地域密着型CATB企業での実績検証ができてきました。

1.タッチ議会中継システム
タッチパネルを使用し、簡単操作でカメラ移動、スイツチングを行い、テロップを自動表示する議会中継が可能。最新SONY製HDカメラ対応
2.ワンマンスタジオ
自主放送番組をひとりで収録できます。HDシステム対応
3.AmberFin社製のiCRはファイルベースコアシステムとして次の機能があります。
・インジェストクオリティコントロールQC、方式変換、フィルム交換(Web,VOD,IRTV、モバイル)
4.取材、撮影
メモリーカード収録カムコーダーからノンリニア編集機へ「ファイル転送」という新たなワークフローも可能にします。
5.HD情報告知L字装置は静止画、CMS、音声合成に対応し情報を伝達することが可能です。






 

 
目的
◎限られたヒューマンリソースの
省力化。
実戦カイゼンの永続的進化とスピード化の追求と進化
 


 日本ソフト開発
  滋賀  未上場

「ビジネスモデル実現ツール」

デジタル自主放送を中心に、従来
の一方向の情報配信に、双方向サービスを加えることによる地域イノ
ベーションを提言。
地域活性化、持続的な利益創出を
念頭に、データ放送と双方向アプリ
ケーション連携によるビジネス
モデルを実現することにより、
加入者維持は勿論、地域住民や
企業、商店の積極的参加、利用に
伴う収益向上と、更なる行政連携
強化により、ケーブル局が地域メディアセンターとて付加価値の高い
サービス展開がはかれます。

ビジネスモデル実現ツールとして
新しく生まれ変わる、
・New「Channel-i」
デジタル自主データ放送、L字レイアウト放送、全画面文字放送、ホームページ配信、メール配信、双方向アプリケーション等
・WiMAXを活用したビジネスモデルとして「移動体管理システム」
・J-ALERT対応、防災情報管理システム
・地域トータルセンシングを実現する「M-SCADA」等のアプリケーション等


目的
◎双方向サービスによる、地域活性化と持続的利益の創出できる
しくみシステムの構築を目指す。



 


 うぶすな
 東京渋谷 未上場
  代表取締役 吉井靖は
 総務省「地域人材ネット」に
 登録されています。

「ITX地域=地域活性化」を標語に
地域商材をコンテンツとして開発、流通する会社です。
地域の魅力を取材、伝達する専門
の女性チーム「Blossom」、地域活性化に関する国家施策を獲得、遂行する専門チーム、知的財産権保全する法務チームを社内に有し、佐渡を笑いでアピール「お笑い島計画」、世界的デザイナーである「浅田克治」とのコラボレーションによる地域商材開発、トヨタ自動車が運営する「」Gazoomura」における地域調査、開発業務、経済産業省の施策であるe物産市や石川県海外富裕層誘客映像制作を行うなど、地域のコンテンツ化、活性化を目指した活動を共に行うことを希望しています。「ITX地域」でヒトとおカネを地域に移動させるべく準備と成功事例が出てきています。



目的
◎地域の総合的な創市場、創客は
自力だけでは、地位の先導者の
能力以上には出来ません。その先導者能力を超え、片手間型のしくみ
ではなく専業方式を探し活かすことが重要です。未知のノウハウを構築
する段階は、業績責任、費用対効果をきちんと管理できる企業との
連携が必要です。ノウハウ蓄積が
出来た段階で、地域企業、NPO組織を本格的に活かす段階に入ります。
















 


 オーエスエスブロードネット
  神奈川 未上場

 ケーブルテレビ伝送路総合監視
 システム

OPEN ADMIN/STMシリーズは既存DOCCSIS設備を積極的に活用し、
伝送路や加入者向けサービスの監視および、統括会社向けの統合監視システムを提供するWebアプリケーションです。
プラットイーズのハードシステムを
提供
 
 プラットイーズ
  東京 渋谷区 未上場

オーエスエスブロードネットのデータ
を見える化して営業戦略に活かすための視聴者からのニーズEPG(Electronic Program Guide)しかし、その登録、変更、送信業務は放送局にとって手間とコストがかかります。今後新たに登場してくる各種メタデータに対応した運用も可能です

アウトソーシング内容
メタデータセンターのサービス例
・番組編成業務
・フォーマット管理
・Qシート作成
・CM線引き、契約管理
 営放システム「綿引屋」
・素材エンコーディング
・番組素材管理
・メタデータ収集・DB化
・番組広報
・EPG作成、加工
・視聴率集計
 視聴率倶楽部
・素材割付、プレイリスト作成
・放送準備(スタンバイ)
・マーケティング業務


目的
自エリア内の制御人財がいる企業
で同様なアウトソーシング方式か、自社関連子会社で事業化し、
自社グループの固有ノウハウの蓄積量が企業格差になります。
特に超職人的な人財数が、エリア内活用率100%にする突破口になります。自社流の世界標準化を
スタート時から準備すること、高生産性の格差となります
。 


富士通ネットワークソリューションズ
 神奈川 未上場

 ケーブルテレビの可能性を広げ
 発展を目指す「FNETS Dream
  Onward」

・地域WiMAXソリューション/BWA
 ソリューション
・データ放送連携システム
・ケーブルテレビモデム運用管理
 システム「収集くん」
・サーバラック免震工事サービス
・コール受付ソリューション
 「COMPACT IP CallBox」
・見える化ツール「Infoput」
 防災マップ
・入退室管理システム
・映像資産管理&配信ソリューショ
 ン




目的
◎均質高品質、常に最新化能力を
持つ大企業中堅企業がハード面で
CATVのための装置、システムの
提供する企業の参入が加速してきました。想定以上の高機能ローコスト化が可能になり、CATV企業の工夫能力格差


◎優れたハード、ソフトが集約展示
さえる業界展示会は、実務担当者
は必ず参加し、他社との相対比較
と自社の強み、短期で智慧の吸収を推奨します
















 

 


 富士コンピュタサービス
 徳島 未上場
 
CATV企業の基幹業務を強力に
サポートす加入者管理システム
「かにゅう君」

都市型局向けシステム
 ケーブルテレビ徳島と共同開発
自治体局むけシステム


目的
.この内容と類似した基幹システム
とお客様の視聴状況、CM反応傾向
プロジェクト参加状況の記録等顧客情報を記録するデータベースを別
ブロックで構築する。個人情報も
確認都度追加する(更新は6ヶ月)
特に単位の個人の収入源を明確に記し、その収入源の昇給支援作戦をする。自力収入源がない場合は、
制作プロジェクトに参加させ、アルバイト自給を支払うしくみを創る。
(クチコミ、紹介が、加入者増と
なる。平準化したしくみと、上限を決め他の人に切り替え方式にする)


リア内加入者率が50%を超えた段階から、他システム加入者を除く、ケーブルテレビ方式でない全エリアの家庭法人団体を登録し、「加入した方が得」であるキャンペーンを定期的に、新聞チラシを活用して
潜在意識に定着方式を継続する。

 


 ◎コンテンツの早期実現をし、
  内容を自主番組が観たくなる
  しくみを継続的に進化させる。

 加入者を主役に、集団参加の
 機会を活かし、コンテンツの中で
 事前に打合せの上、リハーサル 
 をして重点取材する。


1他県他地域へ出た人たちの、地域とのつながりを演出する。

他県から帰省者を事前に把握し、
イベントの中で、残された家族と
一緒のコマ、取材、孫等も出演させる。
@年末年始、お盆、お祭り、夏休み
春休み、成人式等

2.全町内会のイベントローテーションで取材をする。役員(責任者ではなくメンバー重点)に、加入者バッジを事前につけてもらい、重点的に出演ポイントにする。他の未加入者も
同時に刷り込む。

活用者100%にするためには町内会の活動の推進が重要になります。

3.全商店街のイベント、バーゲン
情報を先行掲示し、計画的輪転取材をする。当日の取材者は加入者を重点にする。

4.商工会議所団体の行事を先行で
掲示し、講演会は記録し、コンテンツとして使用する。地域に必要なター間、CATVで入手したい情報は、積極提案し、地域活性化のコンテンツにする。
  

 5.行政の各部署ごとの日常活動を
リレー方式で放送する。

活用しやすいように
毎週2からー3回時間帯を決めて
定期的放送にする。

特に施策等の進行プロセスもわかるように演出する。

6.地域インフラ関連企業の日常活動をリレー方式で放送する。
加入を対象に取材する。

その他の場合は取材有料にしても
よい。


7.農業関連人口の多いエリアは
加入者重点に日常活動をリレー方式で放送する。


8.公立学校重点に、学校行事を取材し、生徒(加入者の家族)が出演者になるように演出する。

その他


目的
自分の写った写真は必見る心理
家族が写ると、家族を探した見る

多くの加入者が20世紀型テレビの一方向型見方に習慣化されていましたが、21世紀型双方向活用習慣
に変える戦術を採ることが重要です。地域に深耕方式を早期着手が企業格差になります。


 

 

 

 

 
□高速電力線通信(PLC)システム 国内市場へ展開が始まりました。 
  Power Line Communication

地域密着CATV企業が、エリア内全単位(あらゆるインフラと家と僻地も含めLAN網を構築するためには、
ホテル客室向け電力線SS-PLCインターネットシステムの拡張として、CATV企業が管理機能を持つ
発想で、地域の電力会社と連携して構築を早期着手してください。この方式は、急速に変革時期が迫る
電力業界にとり、地域に行政にもICT実証試験をするための貴重な役割になります。投資費用は全単位に
繋げる役割を担当し、その他の開発費用は関連各社、地域の最先端技術力企業も開発に参加させ、
人財技術、ハードを提供してもらい、そのノウハウを、事業化した、開発費用を回収してもらえばよいので
可能です。総務省に地域開発モデルとして申請すれば、国の保有する最先端ノウハウ、団体大学の協力
は可能です。特に電力会社が株主として参加している企業は、早期に着手を推奨します。
 


  きんでん  関西電力系。

  きんでん関係会社の一つ
  プレミネット
出資 きんでん51% YITAN、
関西電力、パナソニック、マクニカ、アンデス電気

   2006topic

2004年中国「中電飛華通信」で電力線通信へプレミネット・ライコムグループで取り組みはじめました。







 


高速電力線通信(PLC)とは
電力線を 高速データ通信のメディア(通信線)として使用する通信システム。これま電力線にはさまざまな機器が接続されているためにノイズが発生しやすく、汎用性は認めながらも通信網として利用は不適当とされていましたが、YITRAN社が独自開発したスペクトル拡散方式によるデータ通信LSIを使用することで、その問題をクリア。電力線に高周波信号を重畳し、伝送路として通信を行う技術。
1.いつでも、どこでも簡単ネットワークに接続できる
2.マルチメディア対応高速通信(2.5Mpbs〜24Mpbs)を実現
3.安定、確実性、安全性に優れている
4.新たな機器の設置が少なく低いコストではじめられる
5.機器への組み込みで家電製品の監視や制御が簡単にできる。

現在はホテル客室向けSS-PLCインターネットシステム
LAN配線の困難な施設でのネットワークの構築に最適

拡張性は多様
消費電力量の「見える化」の実現可能。
専用Web管理サーバーでの積算データ一括管理
簡易性に設置してネットワーク管理ができる


 


高速PLC実証実験関連情報
  PLC-Jについて

 

「高速電力線通信推進協議会(PLC−J)」はこうしたPLCの実用化を実現することを目的として2003年3月に民間のアライアンスとして設立されました。

 

 

 
■コミュニティバスCB   

検索サイトの交通網の中に掲載される路線が増えてきました。各地で機能が評価され始めました。 

 コミュニティバスCBと地域VATVは両輪として、ICT時代 情報と人の左脳型と右脳型の機能を
補完しながら活かす段階に進化してきました。


コミュニティバスCBとは市・区・町・村など行政区域内で住民が移動手段を確保するために運行する路線バス。
営利目的の路線バス等交通機関を幹線として、毛細管に相当する交通空白地帯、過疎地、高齢者の足、商流として、全国各地でICTの本質に気づいたエリアから21世紀型進化がはじまりました。
 

 

 

 


■NHKグロール・メディアサービス  
 
◎地域密着型CATVが 地域のあらゆる世代、あらゆる階層の満足度を永続的に高めるためには、事業基盤であるメディア技術に関するしくみシステムを継続的にレベルアップするが必要があります。
公共性を持つ日本で世界に比肩できる最先端の技術が揃っているNHKグループを活かしきり、連携して、「当面の解決すべきテーマ」を最優先に選び、社内のプロ人財を戦略的に短期で養成することが企業存続の分水嶺となります。その他の企業との連携の場合は、大の中に組み込まれる確率が高いですが、Gメディアは自社の独立性を維持しながら事業展開できる確率は高い会社の一つです。

Gメディアの創業時に連携をスタートすることは、共に今後の展開にとり、デジタル放送へ切り替わるまでに加速度的ノウハウ充実に重要な役割となります。
観光庁がスタートしました。地域を世界の市場への展開も可能性が広がりはじめました。ジェトロの動きとの連動しやすい時代がきました。地域密着の目的を戦略的に日本国の財政黒字化へ結びつけたれる制御人財の多数輩出を待望します。
 

 


■観光庁 
(国土交通省関連)  

観光庁は 2008(平成20)年10月1日発足しました。
観光は、旅行業、宿泊業、輸送業、飲食業、土産品業等極めて裾野の広い産業です。
また、その経済効果は極めて大きく、2007(平成19)年において、二次的な経済波及効果を含む生産効果は・国内生産額949.1兆円の5.6%の53.1兆円、
・雇用効果は総雇用 6,425万人の6.9%の441万人

と推計しています。

あなたの地域のシェアをどのくらい確保して、税収アップに貢献したいですか?

◎過去の官庁に対する指示待ち型の姿勢から180度かえて、観光庁の発足は 都道府県各地域に平等に与えられたビジネスチャンスとして地方行政の財政をプラスできる可能性の高いしくみ、システムの一つと捉えて、千載一隅のチャンスとしてを活かすことが重要です。まだ、過去の伝統的優位差だけで、優位差の少ない地域は、ノウハウを付加して優位差を超える可能性があります。
大企業、中堅企業は 急速に活用を加速していています。中小企業、地方の行政は個別に観光庁活用の動きをしても競争に勝つ確率は非常に低くなりつつあります。

逆に、大企業、中堅企業のしくみシステムに積極的組み込まれ、観光庁の国内戦略海外戦略の中で 地域への集客と、観光に関連企業により多く業績貢献できる提案と融合をはじめてください。

地方行政主導で地域にふさわし企業の上位20%を選び、戦略的に融合支援し、成功事例を創ることが地域格差の分水嶺となります。必ず地域CATVも組み込み地域の人達の「ホスピタリティ」の総合力発揮のしくみが突破口とになります


◎海外からの観光客を増やす目的で、国が政策支援・海外への観光情報媒体の増加徴候がでてきました。
就業ビザではなく、短期滞留のため、各国と同様に国際的広域犯罪の増加と相関があります。
日本の対応策のレベルアップは現状との格差が拡大傾向の徴候がではじまりました。

・羽田空港のハブ空港化促進。(高額の航空貨物ハブとは逆)
・高速道路の割引と無料化による広域自動車の増加促進。(環境対応の逆策・道路維持費用の自力補填かゼロ策、税金投入増加策)
・中国の旅行者の規制緩和策の段階的促進、他の国も規制緩和徴候
・外国からの各地への直行便の増加
・地方行政が、他の公共、地産投資より投資金額が少なくて、関係者の多い生業課業型の集客増加策によりわずかな日銭の増加を狙い、多くの人が行政評価確率が高い方法の一つとして都道府県が増加する傾向が出てきました。   
・ミシュランの日本の有名店、ホテルの紹介のきめ細かさの増加
・旅行業界、観光業界、交通関連業界、地方行政の検索エンジンの総合情報サイトが、加速度的に便利化
してきました。
・マスコミ、情報業界の旅情報は、番組の低価格化、とスポンサーの安定確保率が高いため、過去と比して、
増加が鮮明になってきました。
・観光案内所、ボランティア型高齢者の観光案内人の増加が鮮明になつてきました。
・コミュニティCB、循環バス路線の整備で、乗用車より便利なローコスト型交通手段が増加徴候がでてきました。


 

 


■全国の農政局・経済産業局の動向 

地域のインフラを充実スピードを上げたい場合は、国の機能を活かすことが成功確率を上げる方法です。
地域活性化、住まい、まちづくりに関係し、交通網の充実に関係する国土交通省やその関連機関を上手に
活かし、協力を受けながら、実現スピードを上げる方法が自力よりはるかに成功確率を上げることができます。

世界への市場から、売上を上げたい時、日本貿易振興会(ジェトロ)を戦略的に活かす方が実現の早道です。
CATVが、地域の事業展開が海外での波及するプロセスを定期的(ある時間間隔で)現状を見せ、計画より
遅い場合は、地域の総合的智慧をCATVで対策編をつくり、カイゼンさせるしくみを創ると、地域の成功ノウハウが構築できるようになります。地域の若い世代の活躍の場が開けてきます。



「農業の販路開発」
 
中、中堅以上の農業生産法人に成長するためには規模の変化に適応するために常に損益分岐点以上の先行安定販路開発と善循環的増加業績基盤づくりが最重点テーマです。


「植物工場2010」
2009年政府の政策支援が始まり、市場参入企業増加が始まる。本格的2008年植物工場・養殖栽培漁業の市場化実績ができきました。2007年紹介企業のさらなる進化と補完して観ると自社で何をすべきか新事業計画が具体化し易くなってきました。
地域の地産地消型、日本の食料自給責任を地域の人の多数の安定収入源を確保するインフラテーマとして、ばらまき分散小額化した「変なやり方」、その瞬間で消え、収入源増とは別次元です。次は消費税の想定以上の増税、もらった以上の出費、益々中流から下流層へ転落した多くの地域の人は赤貧化になります。上流層にはほとんど影響はありません。地域の投資可能な金の使い方を小額化方向を180度変えて、重点集中で、地域CATVを中心にした地域型プロジェクトで、構築時、構築した後は、多くの地域の人の収入源とどこよりもローコスト商品が地域の人が購入できるテーマへ投資を推奨します。


「栽培養殖漁業2010」
栽培養殖漁業のしくみシステムの進化により市場成長段階に入ってきました。地域の地産地消型、日本の食料自給責任を地域の人の多数の安定収入源を確保するインフラテーマとして、ばらまき分散小額化した「変なやり方」、その瞬間で消え、収入源増とは別次元です。次は消費税の想定以上の増税、もらった以上の出費、益々中流から下流層へ転落した多くの地域の人は赤貧化になります。上流層にはほとんど影響はありません。地域の投資可能な金の使い方を小額化方向を180度変えて、重点集中で、地域CATVを中心にした地域型プロジェクトで、構築時、構築した後は、多くの地域の人の収入源とどこよりもローコスト商品が地域の人が購入できるテーマへ投資を推奨します。


農業法人の中堅大企業の待望」
日本国に世界の商品相場に対応できる生産者型の中堅大企業の早期成長を待望しています。世界標準を越える調達・物流、販路開拓する中堅・大企業は既にせいちょうしてきています。遅れているのは生産規模が脆弱な現状であり、食料自給国家になれない真因の一つです。 重点重点集中型投資で創業した最先端のしくみシステム企業は、若い世代中心に、国内の他地域のシェア蚕食方式の大企業メガ企業型戦術はやめ、世界の市場に、世界の相場に対応できる、総能力が日本の育ってきています。原価低減戦略、物流戦略、不良率の低減戦略、多数の地域の人の24時間完全プロセスコントロールをし、多品種変容生産を計画的に運営すれば可能です。過去の実績で経営人が想定以上の人件費は、未知のテーマです。経営の見える化のしくみを活用すると払う必要性は、少なく、大学院生が、大企業等で活躍するための臨床の場として、産学連携で
経営をすれば、IT時代にふさわしいシンプルな経営ができます。70%以上の50代以上の中小企業、団体の高額人件費要求層の事業成功確率は高くはないグローバル時代になっています。役員層に払う金額を、農業、漁業の場合、現場の熟練感知力暗黙知の豊富な現場制御人財へ支払い、管理者数の少ない基本給とで賃金均等化し、3年目以降は、熟練暗黙知量(現場不良率が少なく単位面積収穫量相対比較と相関)による成果報酬と、年数別の増加(母金額はその都市の収穫量と売上金額にスライドさせればよい)
研究開発部門は地域の機関が、その機関の強みだけを委託する。知財情報共有化のしくみ情報集約を地域CATVが持つしくみを創り、暗黙知領域しする。必要な場合は有料化して公開する。地域に投資した金額がお金を生むようにする。地域のJAの機能を活かし共に豊になるための経営統合戦略をとる。
 

 


 ■冠婚葬祭  

古来の四大礼式。元服、婚礼、葬儀と祖先の祭礼。自力個人型価値観、他力孤立型の環境を地域コミュニティが補完しなけらば日本の人口減少の歯止めがかからない、また、周囲と孤立した人生の終焉の歯止めがかかからなくなり、世界に比肩できる、日本国を牽引できる人財の小型化と減少傾向の悪循環が加速する分水嶺の時代になりました。歯止めをかけ善循環にかえる第一歩として危機管理も含め近くの隣人との融合のしくみシステム構築をはじめるときです。
 

 

 

 


  
■FAX情報サービス  

 
FAXは 地域の共有情報を確実に送信する手段として、共有徹底が必要な情報を郵便物よりローコストで、パソコンWebの活用能力が低い世代(高齢者、低学年齢、障害者、要介護者等)の所帯向けに、また日中不在所帯に対して、地域インフラ機能の一つとして一斉同報機能が生きてくる用途が増えてきました。
地域密着CATVの機能の中に付加すると、個人、法人への視聴者へのサービス機能が増えます。
ケーブル方式の強みの一つになります。地域のインフラの関係する個別対応情報の中で年間計画的に相乗効果のある、タイムリーな BtoB BtoC 情報センター、具体的対応処置の役割ができます。

契約者を固定化し、新規客増加の販売ツールとして、契約解除の歯止めとして戦略的効果の高い方法の一つです。
 

 

 

 


 ■最先端医療の現状
最先端医療の現状を知り、高齢化社会、人口の増加が減少の中で、心身の健康維持、延命法は歯止めの基本原理。あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、医療進化へ循環させるしくみ構築を待望しています。
地域CATVが健康をテーマに事業展開し、地域の一人一人に対応できるオンリーワン機能に気づき、地域での貢献価値を急速に増幅し、地域CATVに属さないと日常生活に情報マイナス、生活基盤づくりにマイナスになるしくみの構築テーマの一つです。この機能の進化は地域の安心安全、緊急対応機能として、現地現場対応が短時間で可能になります。
 

 

 

 


 最先端下水道の現状
人間の産業生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内生命水に変化循環します。全ての環境保全の循環悪化に歯止めをかける重要な関所である下水道業務が、安心安全の基幹業務であり、科学の最先端進化が待望される分野の一つであることに気づく人財数を加速度的増加が必要な時代になりました。あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、水の環境保全の進化へ循環させるしくみ構築を待望しています。

地域の過去現在未来の推移を「見える化」し、最優先地域の人および法人の普及のプロセスを公開し、成功のしくみシステムを、地域の他の地域に水平展開するための啓発機能も発揮できます。地域CATVの強みを発揮できるテーマの一つです。

 

 

 

 


 ■狭域高密着型地域信用金庫の潜在力
地域密着CATVと協業する地銀信用金庫の新戦略は個人の生活基盤も共に豊になる分水嶺であることに気づく時が近づいています。地産地消体質をつくり、海外を市場にして財を地域に誘導し、地域の財の総量を増加できるインフラ(しくみシステム)と高齢者、地域で働く人、生まれる人口数を増加させるしくみが必要です。地域の金融を善循環させることが突破口の一つです。地域内富の循環は、流出に歯止めがかかり、あなたの地域から、共の増加が始まります。地域密着CATVが富の分配の役割、地銀信用金庫が、富の蓄積増幅機能をはたし始めます。同様な機能をJAバンクがもつています。都市部が少なく過疎、零細農業が多いエリアでは、JAバンクと地域密着CATVとの協業も一つの方法です。法人の場合は、地域の商工会議所と協業しその機能も一つの方法です。地域密着型金融機関の複合協業により、加入エリアを分担連携管理をして、営業コストが逆ザヤにならない補完効果を発揮させ、地域事業の強みを全体最適整合融資戦略を目指する加入者への物心を豊にする対応機能が倍増します。
 

 

 

 


 ■京丹後市
京丹後市は地域のくらしと行政が一体化し、活用目的に対応して短時間で必要情報を活かせる形になつています。先端モデルとして、真似ることを推奨するとともに、京丹後の地域起こしのやり方をあなたの地域のキー人財と繋ぐ機会を演出することを推奨します。
地域CATVと「おらが町の銀行」と連携すると地産地消型財の循環システムしくみを行政の地域戦略展開に合わせて、実現の確率は高くなってきました。
◎地域CATVのあなたの「おらが町もお役所」の町単位の地域の全機能を町役場で集約し、地域内市ごとに集約し、市と町(村は町の中に融合)と集約して県の集合体をつくる第一歩を歩み始めることを推奨します。
地域CATVは早期に県内の勉強仲間のエリアと、加入者100%目標で、拮抗した共に成長を競う戦略的事業展開をはじめるスタートの段階になつてきました。地域を事業領域とするインフラ関連の販売ベクトルは、人工数と時間、移動コストのかかる深耕型農耕型営業方向へ、ベクトルの本流が集約されはじめてきました。一社だけで儲けようとしても利益増より赤字化の企業増加になってきました。地域の企業の営業工数を整合連携すると相乗効果になりお客様も役立つ時間生産性は想定以上にたかまります。企業の我、行政の我、個人の我を整合させる最適機能を地域CATVが発揮する時代が近づいています。あなたに共鳴共振する影響力の高い実務能力の高い勉強仲間から動か制御人財としてのトリガー能力を発揮するときが近づいてきました。

京丹後市は地域のくらしと行政が一体化し、活用目的に対応して短時間で必要情報を活かせる形になつています。地域CATVと「おらが町の銀行」と連携すると地産地消型財の循環システムしくみを行政の地域戦略展開に合わせて、実現の確率は高くなってきました。
 

 

 

 

 


  
□CATV業界関連団体・広域企業

 

CATV業界は進化を加速しています。その発展を支援する業界業界団体、広域企業の内容を知り、
自社のタイムリーな舵取りに役立ちます。

地域と共に活きるCATVの存在価値を発揮し、活動範囲が限定された高齢者、事業エリアが狭い中小
企業、地域の行政機関と連携した地域活性化、地域緊急時対応力、家族の学校教育の補完、
視聴覚ITネット社会への窓口等に貢献時の戦術探しに役立ちます。

業界の進化の中で常に、どのように存在価値を置くべきか勝ち残る経営戦略、事業展開のために定期的な
ベンチマークを推奨します。


□(財)日本開発構想研究所  


日本開発構想研究所は、「くにづくりから、まちづくり、ひとづくりまで」、活力に満ちた明日の社会の形成に
役立つ学際的な研究調査を、人と人とのふれ合いを大切に、地道に進めるために設立された研究機関
です。
21世紀に入り、日本は大変革を要請されております。グローバリゼーションの大波、急速な情報ネットワーク
化の波、劇的な人口減少化の波が重なり合って日本におおいかぶさってきております。
この時代情況を如何に読み解くかがこれからの日本のかたち、地域のかたち、社会のあり方を構想する
上での基本課題にちがいありません。
と同時に、この大変化の中で、ともすればぶつ切れになりがちな人間相互の信頼の絆、信頼のネットワーク
を如何に保持し、再構築してゆくかがきわめて重要な課題であると考えます。私どもは、ひとづくりから
まちづくり、くにづくりについてこの視点かを大切にしてゆきます。

 



商品一覧