開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域密着型CATV企業の役割c

■地域密着型CATV企業の役割    080625

地域密着型CATVの地域との融合現状>地域密着型CATV企業の役割


 


「A志援-創客人財.com」サイトに来訪いただいたCATV関連企業の”人財のあなた”が、
ビジネスチャンスを活かし、検証・確証・確信・決断するときの「智慧袋として活用できる
ように戦術・戦闘体制を組むときに役立つ内容」
を提供しています。

戦略の組立は 地域ごとに核心が異なるために”あなた”主導で創らなければなりません。
”あなた”にお任せします。

他の業界の人財にとり、CATV業界の変化を検証することは、自社の所属する業界での
事業展開を創るときの核心がわかってきます。現地現場での変化の検証をお奨めします。

国家的企業環境変化が決まり、施行前「最終期の中期経営計画」を展開する時期になりました。
本稼動前の「助走段階」からホップ、ステップ、ジャンプと飛躍するためには今が大切な時です。
経営の舵取りプロセスシステムの先行管理体制に入り、将来の企業存続の軌道を決定する時期です。
企業の「キー人財・制御人財」である”あなた”が、全知全能を活かし現場力を発揮し、活躍しな
ければならない時です。

地域を重点業績基盤とする企業、その地域に所属する人々はそのしくみの中で生きる時代の
到来近づいています。
地域密着CATVはその地域の「プロフィットセンター」「コストセンター」として都道府県、日本国の
重要な役割をするようになります。

日本国内の全ての優れた人財でさえ未知の体験です。企業環境がダイナミックな変化する
可能性が実際にどのようなつていくか進行形で体験できます。もちろん20世紀にその体験を
した人はいません。

現在の企業ごとのその時直面する問題を解決する決断スピードが今後の格差となります。
(海外の先人の情報はすでにありますが、日本国内用には必ず整合融合が必要です。
まだそのままの方法が成功確率が高いかどうか誰もわかりません。)

 

■変化のテーマ

◎日本国内の環境が20世紀代にない新しいインフラに変わりはじめました。
  国主導のライフライン構築がスタートしました。   

 20世紀の成功体験の継続が正しいとは限らない時が近づいています。

 ◆「2011年7月24日地上放送の完全デジタル化期限」があります。 

 ◆「2010年を目標年次として「u−Japan構想」が本格的に遂行段階になっています。   
     「ICT社会」の実現へ進化がはじまりました。 
  (ICT:Infomation & Communications Technology)   

 ◎どの業界も、インフラの組み換えは千載一隅のビジネスチャンスです。

    

                  ↓ クリック   
 「中小企業白書」のテーマは    

  「生産性の向上と地域活性化への挑戦です。     

    地域が自力で勝ち残るために中央依存から自力で成長路線を構築する時代が始まりました。

   ◎地域密着CATVの役割の位置づけが、地域活性化格差になります。
 
             
   ◇「(独)情報処理推進機構IPA」の進化が加速してきました。

       IPAは、情報システムを盤石なものにするための施策を担う中核機関・プロフェッショナル
      集団として、グローバル化をにらみつつ、情報社会システムの安寧と健全な発展に貢献
      します。国際競争力維持強化のために「情報処理技術者試験が抜本的に改革」に着手
      されました。

                      
   ◇「(独)情報通信研究機構NICS」の進化が加速してきました。
        
        情報通信研究機構は、来るべきユビキタスネット社会を支える情報通信技術の研究開発、
        情報通信分野の事業支援等を総合的に行う独立行政法人です。
        情報通信技術(lCT)は、全ての産業活動を支える基盤となる技術分野です。
        半導体技術の進化の加速と相関して、日本のライフラインの中に加速的に組み込まれて
        きました。

   ◇地域の行政の情報公開、支援は進化が加速しています。(最先端東京関東事例) 
                 
    「首都圏創市場実現の智慧」

        ・行政の近くの拠点 ・都道府県市町村
    ・首都圏商工会議所関連 ・日本商工会議所 
    ・地域企業の経営支援と中小企業の自力成長を支援機能の進化が加速しています。

  
  ◇他の地区から進出企業を地域の収益企業へ育てる国の経営支援機能の進化は
    加速しています。
          
   「中小企業基盤整備機構」 


    ◇
広域関東圏の1都10県における地域産業の活性化を通して地域の均衡ある発展のお
       手伝いをしています。地域のモデルとして全国活性化センターも分かります。
       全国の産業活性化データベースを運営しています。

         
     「広域関東圏産業活性化センター」 

    ◇行政機関の調査情報に豊富な実績がある調査会社
          
     「市場的確把握既存情報を活かすプロ」

    


     

■CATV業界、超高速通信網に関連する業界の役割 
   (規制緩和で参入業界も含む)

 

1.日本国を一つの会社、一人の人間の身体と考えて連想思考すると解かりやすい。    

    企業

   ICT社会 

    人体


○経営者経営陣
 

政府官庁、国会
 

「脳全体機能の役割」
 


○経営戦略室

 

各省庁
 (現在の遂行の中心は総務省)
 

「脳の信号双方向伝達役割と脳機能を
進化させる役割」 
 


○拠点長 
 

都道府県の行政

「脳信号を受け双方向伝達と心臓の役割」

○部門長 

市町村行政


「大動脈、大静脈の役割と幹線の神経
細胞(ニューロン)、グリア細胞」
 


○全社のプロフィット部門


部門横断の「横串組織」全ての
社内社外組織とつながっています
 

CATV業界

参入業界(東西NTT、光関連、通信等)

「脳と繋がる多形状ニューロンと各細胞と繋がるグリア細胞」

○各部門(縦串組織)

 関係部門と連携するが独立して存在する組織のことです。

・大企業等の場合は
 「ホールディング」方式で
 戦略企業(核)として、企業グループの事業展開をします。そのグループ外の企業が多く存在します。
 


その役割がCATV業界と機能が
似ています。(近未来)

 CATVが繋ぐ組織は ライフランを繋ぐ役割で、すべての組織、集団、人が繋がります。

・中央主管省庁
 ・地方官庁(都道府県、市、郡等)
 ・団体、法人、個人企業等を日本国を 
   組織、集合体とみなすと

将来も無限の広がる領域で展開でき
ます。
 

「臓器、人体構成体の役割」
 ・細胞の集合体
 ・筋肉、皮膚等





 

○社員


就業年齢の国民すべて何かの集団組織のどれかに属しています。
(現在はまだ例外の人がいます。)
 

「臓器、骨格等を構成する細胞群」
 

◎お客様 

国民全員(日本国籍者)
・社員の家族、一族を含め、すべての
  世代の老若男女 
・日本国籍外の人は個別管理
 

「細胞の役割」

 

 

 


 

2.CATV業界及び参入類似機能企業は、全ての「国のライフライン横断組織」としての役割
をします。そのために、どのような役割がふさわしいか当面の中期計画だけでなく、長期計画
構想も重要になります。 

◎各社の進化の中から、「地域にふさわしい」内容を定期的に真似たり、付加したりし魅力的
コンテンツ開発のヒントとして「比べて学ぶ」ことが自社の進化加速に重要になります。   

20世紀のような自力でノウハウ構築する長い時間をとると、周囲の成長スピードに追いつけず、
最後には 生き残りさえ保証されない時代になりました。
自社の自主放送の良い面部分は提供し、さらに、自主放送の役割の現在個々の企業がばらばら
で「お客様」への接点創りの内容を、整合主役し、その多機能の内容を集約充実することが
重要なテーマになってきます。地域外、国外への機能も進化してきます。
ライフラインとしての機能と地域貢献の展開の進化が重要になってきます。   

大企業、広域企業の地域の拠点、出張所、事務所のある場所のエリアは、そのエリアの地域
密着型CATV企業と短期で連携を決め、自主放送の連携活用をすると地域の出身者を相互
に加入促進するようになります。(各地の県人会組織と同様機能)(例)   

地域CATV企業の全国規模の、戦略的相乗効果を出すための連携に着手する時期がはじまり
ます。     

(1)国策型の大企業の新規事業は資金潤沢、人材豊富現在は、まだ付加価値生産性が低い
  ため、配属人財の数は、多くはありません。
 仕組み、システム、生産性ノウハウ構築も海外の先進情報を潤沢に取り入れるのが優先で、
 まだ、日本に最善最適を模索中です。従って「採算無視の先行投資」と「先行して事業展開
 している既存企業」のノウハウを吸収する目的で合併、グループ企業化をして拡大するところ
 が増えてきました。本格化事業展開時期になると資金回収段階に入ります。
 投資回収の方法として、豊富なコンテンツ、コンテンツ追加制作能力を強みに中小のCATV
 企業に売ったり各拠点、系列化した企業としながら、直接ブランド力を活かし、加入者の短期
 総力での獲得をはじめます。 
   

(2)中小企業は、(1)と同様な手法を採っても、資金力、人材数で無理があります。
 業界導入時の苦労を回収することなく、吸収、合併、倒産の道の選択へ向かう可能性生じて
 きます。独立企業として未来を拓くためには、大企業と同様な方法でコンテンツにを自力
 では出きません。地域にふさわしいコンテンツ、自社のミッションにふさわしいものを
 大企業のコンテンツから選択し、できるだけローコストで入手できる工夫が必要です。
 多くの大企業のものを選択して揃えると、自社の強みができます。また、大企業のコンテンツ
 制作に積極的に一部に参加し、「地域、自社にふさわしいコンテンツ」にすると、自主制作の
 ものにプラスアルファが付加できた内容になります。その中の自社の地域だけの集約をすると 
  地域の人が、地域に必要なライフライン情報を入手できるようになります。      

 地域独自の自主放送のコンテンツ、コンテンツ追加制作能力は、インフラに関係するコンテンツ
  は無限に近いですが、当面の着手は、身近な関係者の役立つ機能をモデルに具体的な自社
   の固有ノウハウ構築のプロセス、しくみ、なかみのフレーム構築をするのが早道です。
   まず自社株主ごとに、株主の会社、加入済企業の中からCATV機能を活用すると役立つテーマ
   の中から選び、その対価として、収益が確保できる内容(現在他の方法で経費として支払って
   いる内容)から収益を継続に得ることが可能な、厳しい評価するお客様の役割をしてもらい、
   最低必要レベルまで コンテンツの内容上げ、同時に、コンテンツプロジェクトは、それに関係
   する加入済企業から同様な収益を確保しながら、厳しい評価するお客様の役割をしてもらう。
   短期で実戦力とカタライザー(コンサルタント力兼コーディネータ力)人財に成長性、体系化した 
   共有ノウハウを構築する。同時に従来のコンテンツ工数の1/3にする目標でしくみシステムを
   構築する。

 ノウハウをさらに進化する目的で、地域の企業集約地域に属する企業の中の加入企業を対象に
 商工会議所、地域の商工労働部、支援センターと連携して、赤字企業をCATV総機能活用して 
  黒字化するコンテンツプロジェクトを創り、そのプロセスを定期的に自主放送番組で放送し
  短期で黒字化することができます。その成功の記録を活かし、必要な組織、人財(ローコストで 
  高度なノウハウを構築できる実務のできる人財、人にやらせるタイプは、3段階後に必要ですが 
  当面 「百害あって一利なし」その人財は、その機能で地域で優れたノウハウを持つのは、
 上記の行政、団体の方が、第三者機能として役立ち、この黒字化プロジェクトを多数展開する
 とき、個人力、高費用企業の専門家依存では、展開に支障が生じる時期があります。上記の
 行政、団体の場合は、組織で対応でき、組織で不足人数を現在と同等か、同等以上で人財養成
  機能を持っているので、継続的進化が可能です。地域密着CATV企業が安定収益源を確保でき}
  るノウハウが構築できると、真の地域密着CATV企業の存在価値を発揮できるようになります。 

 目的は、現在の一人の労働生産性を3倍にする最大能力を短期で確保しておくと、費用体効果 
  の低い、非効率な、ライフラインに重要でありながら、国が赤字、地域行政に予算がなく、
  官の機関の民営化で経費節減で切り捨てテーマに費用を捻出でき、その該当する人に、
 加入者であるコンテンツプロジエクトに参加することで、利益還元できる能力をもつためです。

 また、その加入者が共に豊かに生き生きと地域で生涯を過ごせるように、変わる変化を記録
 に残し、出演者として自主放送に登場する姿は、マイナス発想、他人責任転嫁している現実
 逃避型の人の増殖に歯止めがかかり、プラス発想、自己責任型人の増殖がはじまる切替の
 役割ができるようになります。   

 自社の存続の使命、ミッション、日常の意思統一をより鮮明する必要があります。
 取捨選択して、加入者の必要とする順位の高いものから始める必要があります。 
  この決断が、未来の分水嶺となります。 
   

(3)大企業のコンテンツも買い取らない方法を工夫し、活用し、タイムリーにコンテンツ変更する
  シクミシステムが 小回りのきく他にないコンテンツの魅力になります。   

 いつも新しいものの追及の必要性はありません。大企業も再放送番組が増えてきたのは、
  制作費のコストダウンだけでなく、視聴者の満足度アップもあるからです。 
  音楽の回顧番組で、聞き漏らしの曲の多さに気づくはずです。全国の国自慢番組、旅番組、
 旅グルメに継続型スポンサーがつき、安定視聴率がとれるからです。
 時代の視聴者傾向の変化を活かすと地域CATV企業の連携で利益源は短期で構築できます。

 多チャンネルは、お宅型の加入者向きで、約70%の加入者は一度も見ない、無駄なサービスと 
 なりますし、見たいものがすぐ選べない複雑なリモコン機能は、選びやすい大企業の全国型
 コンテンツを見ざるをえないあきらめさえあります。 
 他の地域密着型CATVと相互に、コンテンツを交換し、定期的再放送にをすると不易型のコン
 テンツ、報道番組の連続的なコンテンツ、旅番組、趣味番組等の地域の加入者の視聴状況を
 STBで集約分析し、再放送専用チャンネルで常時放送する方法をとのも効果的です。
 加入者にとり、朝、昼、夜深夜 3つのグループの回転が加入者としてはありがたいしくみです。
 少しのあき時間が低所得者にとりムダな高額費用のかかる他の浪費産業や我欲を増幅する
 産業への支出を削減させ、「不満のガス抜き」効果もアップし、地域参加の得を感じはじめます。

 仕事や、家庭の生活サイクルで、見たくても見られない欲求不満が減ってきます。
 自主放送の加入者の要望にマッチする身近に役立つものである可能性が高いCATVになって
 くると加入者自身が、人生の進化が継続的にはじまるようになります。      
 録画は、不要となり「見るよりたまり、最新のコンテンツを優先的に見るため」イライラも
 解消方向へかわります。1日3回転すると、加入者はどこかの時間で見ることができるからです。
 (見れないの不満解消できます) 

 重複活用すると、出費を抑え、使用回転率が上がり加入者満足度を上げる双方善循環方法
  としても考えられます。 

 視点を変え、「日本国、地域に何をすべきか」で発想すると、工夫や案が無限で出てきます。
 真の業界成長段階がはじまります。 
 

(4)地域密着型CATV企業の「真の強み」「将来になくてはならない」存在価値であること
 に目覚め、戦術、戦闘にその強みを活かす方法を採る時期です。 

 沢山の地域活性化活動を定期的に内容、進行状況をコンテンツプロジェクトとして、自主放送
 すると、そのプロジェクト関係者は、進行の確認、目的を達成するための「カイゼン」方向が
 わかり、外部の智慧を加えやすくなります。 
 参加メンバー、出演するので、「やらざるをえない」シクミになります。 
 特にCATVの担当者は、複数のコンテンツプロジェクトを相対比較しながら次の「カイゼン」
 方向が明確化でき、リーダーや推進メンバーへのアドバイス内容も具体的な指摘ができるよう
 になります。       

 全てのライフラインに関係する企業を繋ぐ「磁石企業」また「プロフィットセンター」としての存在
  を活すために、戦術、戦闘、人材育成のためのシナリオ化と工程管理の見なおしに早期着手
  が重要です。 
 双方向機能を持つ「末端神経網、毛細管」としての機能に気づくと、戦術戦闘の具体的テーマ 
  が浮かんできます。                     

 どんな大企業でも、1社のできる総合能力には限度があります。           

  日本のライフラインを繋ぐCATV企業は、全て(企業と人)に双方向でつながり
 コミュニケーションとして、必ずケーブル(神経網)でつながり、会話のように空間ではあり
 ません。理想は情報伝達は100⇒100となる可能性があります。 
 ただし、人の価値判断で、減衰格差は生じます。(例100⇒60)減衰量は手法で大差が出ます。

 人ごとに個別に手法を変え、自在に減衰量を減らすことができる機能も持っています。
 あらゆる「ヒト、モノ」を日本国成長の方向へネットワークできる可能性を秘めている
 ダイヤモンドの原石企業です。
 現在ある原石からダイヤモンドへかわるしくみ・システム構築がはじまります。

 

3.世界の中の日本の「弱み」を「強みに変える」機能を地域密着CATVは持つています。

 日本の国土は小さく資源は少ない。地震は多い。有事対して経験世代は少数で飽食平和ボケ
 傾向、カードの普及で、現在の所得ではできない贅沢を「先楽後憂」でする質素倹約は急激に
 減衰(バブル体質へ変質化)等、世界の中で個人所得は多が、貧乏感個人が多い。
 不満、他人依存、他人責任転嫁で現実逃避型生活に歯止めをかける機能は現在はありません。
   歯止めから善循環への反転機能は、集団、組織力のパワーアップが必要な時代になりました。
 
 ◎A志援のサイトに気づいた人財がいるCATV企業から「強み」つくりをはじめてください。
 一から始めなければ何もできません。はじめると、周囲がかわりはじめます。
 最初に、”あなた”の企業と周囲から始めてください。何か変だ?何かしなければ!を感じる
 人が増加をはじめた今、地域貢献の中の集団に巻き込み、指針を示す価値は増加しています。
  共鳴、共振、共動(働)する人の輪を待つ人が増加をはじめています。動くタイミングです。  

      

(1)日本国が赤字の加速度的増加、国が自力で赤字累積に歯止めをかけ、黒字化へ反転する
 ための全国民に関係ある戦略的収益源のライフライン機能を民営化という形で投資費用の
 回収をせずに一部株式で回収する微少金額程度で、放棄同然、大企業の利権とかわり、自力
 の戦略的収益源は最後の一つもなくなり、ゼロになり皆無の状況になりました。あと自力の方法
 は、国民に負担をかける税収のアップと、社会保険支払い負担の減額方法、日本国の国内貫流
 のための予算の減額が残され道となってきました。日本国自力で赤字累積の歯止めと黒字化の
 可能性は、現在の施策だけでは成功確率は、高いものは少ない。逆に累積の増幅作用のある
 ものも多いようです。また金融政策で、国外へ資金の実質的流出は、国内貫流資金の減少に
 歯止めがかからなくなりました。ますます加速するのが現状です。 

 ●個人の一人が負う税収負担増には、生存に必要な限度があります。
  すでに、少数の富裕層と、家計の余裕度の少ない層の2極化が加速し、中間層の急速な減少
  をはじめています。

  増税も、全員負担方式で、現在より各人の負担は増加し、支払い能力がなけらば、購入量を
  節約するため税手の総収益は、あまりプラスに動かず、逆に個人の能力が減衰し、マイナス
  発想人間の増殖効果があります。          

 「すべて国民全員の責任で選んだ道」で現在の責任は、民主主義のルールで国民一人一人が
 責任者は自身です。他を批判、他にに責任転嫁はできません。過去へは戻れません。
 話題にすることはムダで、復元力を弱めます。
 ”過去を割り切り「今から何をすべきか」をスタートする時です。” 

 ◎その復元へのトリガー(引き金、キッカケ)企業として 日本の中に今、存在する
 「最適を探し、求めた」中で、選んだ最善の業界は「地域密着型CATV企業」です。
 その成長進化スピードは日本国の赤字累積に歯止めをかけ、黒字化へ反転する確率は高い
 方法です。
 地域密着CATV企業は地域の税収を上げ、日本国の税収を上げる機能を持つています。
 その成長は、継続的日本国税収の計画的な増収ができる機能を持っています。
 
 突破口は 地域の中間層の数の増加機能を進化させることです。

 「加入者」は総収入がアップしてきます。「加入者」を中間層に上げる支援機能があります。
 豊かになれば、プラス発想人間が増加し、ある変曲点を超えると急激に変わり、マイナス
 発想人間の集団に巻き込む力が生まれてきます。               

 大企業中堅企業から有料で営業生産性を上げる支援をするしくみを創り、そのしくみ運営の
 中に加入者が役割を担当してもらう機能を活かすと、加入者も直接プラス収入。
 企業が儲かれば、社員の所得が上がり、加入者の家族の総収入が間接的にプラスになる。               

 ●法人の地域の赤字企業を黒字化支援する。全ての地域法人はライフラインに関連企業です。
   ライフラインが、効果的機能の発揮とともに、地域貫流資金を増加へ転じさせると、地方、
  国の税収はアップします。黒字化は他地区から資金を流入させる地域のそう資金を増加させ    ることです。 
  特に地方行政、商工会議所、団体と相乗効果の上がるネットワーク機能は黒字化の突破口
  です。各個別のノウハウは、成功ノウハウ、事例を全国から入手できる共有化インフラは
  揃いながら、個別企業対象に相乗効果、重複工数をかけないシクミと、継続的人材育成機能
   も活かすノウハウがまだ未開発でしたが、CATVの機能で集約させると短期黒字化が企業規模
   が小さいため可能です。現在の蓄積能力を持ちながら、機能しない現状がもったいない状況
   まで 進化しています。CATV企業の機能の中に各企業の高品質化と総合的な顧客創造、
   市場創造の誘導役ができるため、黒字化企業を着実に、計画的、戦略的に社数を増やせます。

 1社1企業の個別のノウハウだけでは、不可能な総能力量を、可能段階まで上げることは、
 競合他社の進化が早いため、最初から出来る確率が低いことが短期で現状チェックが出来
 ます。問題点重点項目の企業任せでは赤字多忙でできません。「損益分岐点まで上げる」 
 まで地域の組織力で不足を補填し、黒字化の体質に変える支援できる機能を持っています。 

 その突破口は「創客、創市場、加入者も共に豊かになる大切な役割企業です。」  
 赤字国家日本国を黒字国家へ変える可能性を秘めた業界です。 

 CATV業界、拮抗企業の中で「世界観、日本国観」で戦略を組み、戦術、戦闘、善循環する
 まで、継続する汗を厭わない企業が増えることを待望しています。

 高い視点で、具体的方法を考えると、いま、何からすべきか、A志援サイトを探し当てた人財  
 ならできます。全国の各地で成功事例を構築する人財を待望しています。 

◎具体化するとき開眼ヒントが浮かばないときは、漠然とした総論的質問でなく、具体的な方法
 に関する「問い合わせ」の場合に限り、日本に存在する成功確率の高い可能性事例や、実現
 確率の高い企業をA志援はご紹介します。地域CATVの進化のご支援ができるよう最新ノウハウ
 を追求し続けます。    

  

■新市場の出現(20世紀にない市場)

 国家戦略 「ICT社会」を目指し、「u−Japan構想」の実現へ進化がはじまる。 

○日本の全国民(顧客)が全員新しい方式へ切り替える必要があります。
  20世紀にない新市場が出現しました。

○過去保有した商品製品は買い替えて、関係全企業は蓄積した関係技術ノウハウは 
    全て期限付きでノウハウの付加が必要です。

○日本国内では、知識、智慧全てゼロからスタートし、長期事業戦略として組み込んだ企業
    だけが、先行していますが、資本力格差で、その進化の格差を大きい。
 (マーケティングの「導入段階」でした。)

○CATV業界も含め、事前に十分先発企業のベンチマークを済ませ、投資予算も準備して、
 いよいよ強いまだ影しか見えない異業種も含め参入が加速される「マーケティングの成長段階」 
  がはじまりました。 
 中期経営計画段階で具体的な事業展開がはじまりました。

○いよいよ政府の規制緩和され国家戦略として、2008年3月から東西NTTが推進力強化し、
 NGN(次世代通信網)が本格的に始動しました。すでに5月から「ひかりTV」で地上デジタル放送
   再送信サービスがはじまりました。
 現在ケーブルテレビ局が提供している放送、高速インターネット、電話のトリプルプレーサービス
   と事実上、同様なサービスが提供可能になりました。 
 ワンセグ、コミュ二ティ放送も稼動が始まります。(規制緩和)    

○全国各地の集合住宅、都市共聴施設や辺地共聴施設などのデジタル化、改修工事は、
  本格化がはじまるスタート段階です。

○CATV業界を固有技術を応用展開する場として、多くの企業のすでに試作を試験が終わった
  商品製品サービスを、いよいよ市場で展開を始める企業が 出始めました。 

○日本国内の全ての優れた人財でさえ未知未経験の緊急度の高い機会です。
 決断のスピードと実戦力格差が今後の企業業績基盤格差となります。
 ただし 海外の先人の情報はありますが、日本国内用に必ず整合が必要です。 
 成功確率が高いかどうかの差だけです。 
 自社内で、あなたの人財力を発揮できる千載一隅のチャンス到来です。
 ご活躍を待望しています。 

◎CATV業界を事例として 他の業界の方は 「サイト内」の自社関連コンテンツで同様にすすめる
 ことができるように構成してあります。 

1.国家的な環境変化である。  

(1)国の施策  総務省 

(2)日本以外の先進国の情報を体系的に入手し、試験的に、実験的に臨床し、関連業界へ普及
 させる政府直轄の公益法人、関連学会、研究所等  
 事業存続の採算とは無関係で、システム、しくみ内容の視点です。  
 常に最新を追求し、進化の最先端情報を把握する必要があります。 

(3)CATV業界だけでなく、普及速度の加速のために、規制を緩和し、 同様な機能をもつ業界
     東西NTTが推進するNGN(次世代通信網)の展開を認可。
 (国の規制の変化の最新の動き:研究部会の内容で未来を予測し、最悪を想定して対応の準備
  が重要です。 )

 ◎官庁の最先端の施策、団体の最先端臨床情報、内容をキチンと最新情報を入手する。
  その内容に則したものを揃えてあります。 
  定点チェックにより、定期的に内容の推移を把握する必要があります。
  行政が打つ次の手が読めるようになってきます。

 

2.大企業が、新規事業として、本体の資本力を活かし、勝ち残るための先発企業のノウハウ
  (全てのハード、ソフト、経営の最先端を把握)を吸収し、プラスアルファの違いを明確化して、
   短期で計画的に参入する。波及効果を上げるために、官庁団体も全力で、業界育成のために、
   要望に応じた支援を行う。 

 CATVは、「マーケティングの導入期段階」で、創業企業の規模が小さく、資本力少なく、
 人財数が少ない、未成熟な場合は、先発企業我流で蓄積した加入顧客を短期で、企業の吸収
 方式で拡大し、短期で広域型大企業が出現します。 
 優れた人財、先進国のベンチマーク、日本の中の現在の最先端情報を戦略、戦術をいかし、  
  CATV業界のモデルとしての存在価値を「マーケティングの成長段階」に入ると発揮をはじめ、
 ますます他の企業との格差は広がります。 
 「マーケティングが成長段階」に入ると、ハード、システム、ソフト関連企業もノウハウが 構築
 できてきて、CATV関連業界が一斉に事業拡大戦略を採り始め、ハード、システムの進化は
 加速されてきます。特にハード、システムは大企業の新規事業として、本体企業の強力なバック
 アップで価格競争に優位な形で事業展開がはじまりました。その大企業の協力会社として、
 系列化もはじまりました。  

●大企業のハード、システム、ソフトの最先端進化機能を最小の先行投資で、最大の将来の進化
 に対応でできる自由度の高いものに重点集中し、後でも徐々に揃えれば 良いものと明確に
 導入計画を綿密にたて、スタートさせ、競合他社の進化を常に超える戦略が重要になります。
 自力で、全て構築する成長期間は スピードが速い21世紀では企業存続さえ保証されなくなり
 ました。先進企業の公開情報を定点チェック、ベンチマークしていますと、企業の変化の核心が
 読めるようになってきます。必ず兆候があります。人財だけに解かります。 「真似るが大切」

●CATVの企業存続の目標は 加入者を増加増加させ、エリア人口のシェアを多くとり、一顧客の
 家族の複数契約(インストアシェア)の増加です。  
 目的であるその企業営業戦略は、地域蜜着型でお客様の満足度を高め、地域がともに物心
 共に豊かになる可能性を持つ業界です。具体的実現のための戦術戦闘力を組み立てるために、
 協力する企業を選択する必要があります。 

◎最先端をいく企業の変化、戦略、戦術、戦闘の変化を、定点チェックし、対応し超える方法を
 創るためには 短時間でベンチマークできるしくみが重要です。  
 他に比肩する情報がない場合は、ご紹介企業との取引をお奨めします。 
 その内容に則したものが揃えてあります。 

 

3.CATVの加入者満足度をあげるためには、ハード、システムの進化情報が重要で、戦略的に
 対する設備投資計画と資金準備が必要です。  

◎CATV企業の収益を高め、投資資金を計画的に確保するための方法例を紹介しています。

 

4.地域密着のための各地のCATVの工夫を定期的にご覧になり、相互で情報の共有化し活かし、
  日本全体を有事のときに緊急対応できる正しい、冗長の少ない、信頼度の高い情報網として、 
 神経細胞が張り巡らせることを待望しています。  

 すでに地震、天災等で、存在価値の兆候はではじめました。
 エリア内で何で貢献するか、CATV局から分岐した身体の隅々まで張り巡らされた毛細管
 のような神経細胞網の存在価値が幹の神経を活かしさえすれば突破口は見つかります。  
 突破口はエリアで微妙に効果の差が違います。その微調整は、幹の神経企業だけではでき
 ません。
 各地の「A志援サイトを探し当てた、すばらしい人財」がおられるCATV企業は、何か特色を自力
 で出そうと努力する人財を育てる土壌がある企業です。勉強仲間と考え、将来は情報共有化
 したグループとして、日本に貢献する勝ち残る企業群への成長されることを待望しています。

 

 

商品一覧