開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

CATV業界収益があがるしくみc

■CATV業界収益があがるしくみ   080625

地域密着型CATVの地域との融合現状>CATV業界収益があがるしくみ

 



更新 2010.03.24

アナログ放送が終了する直前の年
デジタル放送が普通になる時期に備えて、CATV企業の格差が明確になり、
広域型CATV投資力格差が鮮明になってきました。


地域密着型CATVは ニッチでの生き残りと地域貢献を鮮明にするための
実証検証段階になりました。蓄積したコアをどのように活かすか、総点検
を推奨します。

地域に貢献するためには、地域インフラに関連する企業と連携か株主政策
により、内部の協力者として事業に参画してもらえるかが、未来の成長速度
と相関があります。


参考コンテンツ

 ◎地域CATVで押さえる着眼
   
2008.06.25から業界は本格成長期へ向かって着実に進化しています
  
 ●CATV業界関連団体広域企業
   規模の拡大に対応して、組織内容が変化してきました。   

  ●地域密着する各地CATVの内容比較
     ・地域CATV1(北海道、東北、新潟、関東、東京)
   ・地域CATV2(北陸、中部、関西)
   ・地域CATV3(中国、四国、九州、沖縄)

   A志援サイトに来訪した社員いる企業です。勉強仲間として
    地域への密着の事業展開の知恵を活かし、共に成長し、連携を推奨します。

  ●地域密着型CATV企業の役割  
      短期で事業展開を加速してきた原点から総点検      
   


 



◎2008.06.25  時の内容、実現度はどの段階まで進化しましたでしょうか?

□CATVの保有する機能(現在、未来) 


1.多チャンネル













 

 
 ・地上、BS、CSデジタル放送(大企業と選択連携)

 
・コミュニティチャンネル
  自主放送(スタジオ設置)
  市民チャンネル(地域活性化支援機能) 
  教育補完放送
   (生まれる前から死んだ直後まで支援機能
  地域の歴史伝承放送(民話、童話、職人、地域の歴史)
  地域の観光紹介放送
  企業の視聴率分析付き広告宣伝と企業紹介放送
  地域活性化活動放送
  地域企業活動支援放送
  地域細分化気象放送
  地域商店街活性化支援放送(集客販促支援)
  地域イベント支援放送(お祭り、もようし等)
  地域町内会支援放送(回覧板、もようし等)
  

 ・ハイビジョン/5.1chサラウンド
 ・EPG(電子プログラムガイド)
 ・VOD、PPV  
 

 2.IP電話


 

 
 ・ケーブル電話
 ・遠隔地間でテレビ電話機能(IP電話と併用)
 ・企業のテレビ会議機能(IP電話と併用)
 ・医療用のテレビ(ハイビジョン)で患者の顔色をみた医療支援機能
 ・子供電話相談機能
 
 

 3.携帯電話
  無線電話 
 

 
 ・ワンセグコミュニティ放送機能の付加
 ・GPS機能、遠隔操作機能
 ・IPv6機能
 ・無線電話でのインターネット接続機能
 
 

4.ケーブル
 インターネット



 

 
 ・ブロードバンドコンテンツ
 ・ストリーミング
 ・広域インターネット網
 ・セキュリティ
 ・ウイルスチェック
 ・地域情報ポータルサイト
  (地域活性化支援機能、カアライザー機能) 
  ・高齢者支援システム
 
 

5.ラジオ(停電時、
 手動発電付き)





 

  
 ・有事のケーブル分断時の対応機能(手動発電付)
  ライフラインの最新情報提供機能
 ・AM、FM、短波(加入者「ながら族」への機能
  ケーブルテレビ有効使用時間の増加になる。
 ・緊急地震速報、防災情報 
 
 ◎ラジオは 映像とは異なる。音によるコンテンツは「ながら聴く」
  ことができる。個人型ブルーバンドの補完機能ができる。
  (飛行機式でジャンル別にチャンネル分類し、生放送の機能が
   なくても可能、地域専用(加入者参加)を録音し流す。生番組
   の必要性は大企業に任せればよい。手法は沢山あります)
   
 


6.宅内LANシステム
 

 ・防犯システムの導入機能
 


7.ICタグ
 

 ・児童、高齢者等見守りシステム

8.インフラプロジェクトのカタライザー機能
(実戦型コンサルタント
機能)







 


・インフラプロジェクトを成功させ、コンテンツ化するために
 カタライザーとして、リーダー支援をする。
リーダー養成のセミナー講座を運営する(7回コース)
 (外部の力を活かして最新内容で運営する。)
 1期目は、30名以下にする。2期目からは担当できる社員人財数で
 定員を決めればよい。
 現在のリーダ-、リーダー候補限定とする
 すでにインフラプロジェクトがスタートしている場合は、そのものを
 事例にして、基本を学びながら、カイゼンする
・班の講師コーディネータを社内の人財が担当し、現状の内容ノウハウ
 を吸収し、コーディネータとして、現場でのアドバイスのリハーサル
 訓練に活かす。
・外部の一流講師を呼び、参加者と一緒に不易流行のノウハウを
 学ぶ。
・現場実績力は、進化し、社員人財の数も増加する

 
 

9.創客のための宣伝
広告機能


・視聴率分析機能を活かし、宣伝広告機能に活かす
・クライアントに合わせたふさわしいコンテンツ構築能力
・加入者法人に限定し、加入見込みない場合で、加入者の競合企業
 は、正式に大企業に紹介し、バーターメリット得る。
 

10.全国のCATV企業は中央官庁とすべて繋がり、面のライフラインができ、国内の例外
地域がなくなる機能















 

・行政の幹線である中央官庁⇔都道府県⇔市⇔町村機能強化
 (従来の形で企業、組織、団体や人との格差のある繋がりが
  整合された均質な形でさらに高度化進化ができるようになる)
・ライフラインは都道府県単位で繋ぐ。
  ⇔市⇔町村町内
  ⇔、企業、集団、組織
  ⇔人
・県を地上デジタルの直接可聴範囲で区分する
 区分の範囲を地域密着CATVで分割する。地域密着CATV企業が
 自力で存続できない場合は、全国規模のCATVの拠点が、分担され
 た地域密着CATV企業を補完する。
 企業密着CATVに 県が必要とする、品質、コンテンツ内容、サービス 機能が基準に達しない場合は、地域密着型企業を独立的な統合
 連携をさせ、不足機能を補完させる。 
 (地方の活性化を目的に、地域に密着した、総論(マクロ的)対策から
  具体的詳細対策(ミクロミクロのレベル)まで可能になる。) 
・地域密着CATVはそのエリアに存在するライフラインに関する単位
 をすべて繋ぐ
   ⇔企業、集団、組織 ⇔人 
   ⇔人   
・最小手段単位 町内⇔人

◎従来の企業別、組織別、集団別のインフラは、すべて上記
 ライフインの強化となり、有事に、分断されたライフラインを補完
 する機能がある。
◎従来のインフラとCATVが繋がっているため、CATVを整合企業
  として、重複をシンプル化でき、その機能の有効部分は、強化
  できる。  
                

 

                                                     2008.06.30ms

 


□CATVの地域密着インフラのテーマ


◇家庭

































 






 

 
  ・地上、BS、CSデジタル放送
 ・電話
 ・ケーブルインターネット
 ・ワンセグコミュニティ機能付き携帯
 ・緊急地震速報システム
 ・防災情報システム
 ・児童等見守りシステム
 ・ビデオオンデマンド(VOC)
 ・音楽配信
 ・ホームセキュリティ
 ・在宅健康管理
 ・通信販売
 ・掲示板
 ・正規のエリア内全町内会活動支援
 ・幼児教育、小学生までの家庭でのしつけ、養育支援
 ・義務教育期間の学校での習得の補講支援
  (ケーブルテレビ方式&学校方式&文化センタ方式)
 ・地域民話、童話の伝承支援(他地域CATVで共有化)
  ローコストの映像使用しないラジオ方式も併用
  就学前幼児のお休み番組
  ・結婚適齢者の出会いの演出から、地域手段に祝福され結婚
  子育て、その子の結婚、先輩と、次の結婚適齢者への
  体験談等、加入者主役の生涯を、結婚前の人、結婚の人、同居人  妊娠の人、子育ての人、現在に時点で、定期的に番組をつくり
  全員が情報を共有する番組
 
 ・就労適齢期の地域企業との出会いの演出、その企業での成長
  支援、役職者になり、プロになる情報共有の番組、他地域で
  活躍状況は、他地域のこ広告時、中に、自地域の出身者が
  登場するように制作する。
    

◎幼少期育った故郷を離れた全世代と現在とのコミュニケー
    ションの架け橋
  
分断し個人化、マイナス領域に生きる人間をプラス領域へ
  変えるトリガー(引き金)役、日本人が、長い教育体系の
  中でで失わされた本質的な”よさ”を復元する、今に日本
  の中にある最善のしくみ、システムとしてされに急速に
  成長する業界     

◎育てた子供が故郷をさり、残された高齢者(特に過疎地)の
 人たちと今住む子供たち、親戚、兄弟との架け橋
 
住むエリアのCATVで故郷の自主番組、その中に時々、登場する
 と、同じ話題で、コミュニケーションができます。 

 
分断されたコミュニケーション、再開の機会ができにくい機会を
 補完してくれます。故郷にたまに帰省しても記憶の連続性が
 うまれます。   

◎類似NHKの番組の視聴率が継続的に高い。同様な機能を
 地域密着型CATVが全国で連携し、見たい地域の情報も
 1地区の加入者は選択設定で見ることがでる機能を創て
 ほしい。(オプションで低料金有料の方がよい)

                           20080630ms
 

◇企業







































 

 
 ・創客のための宣伝広告と視聴率報告(収入源)
  地域密着の評判のよい定評住宅、不動産業者の宣伝を
  総収入の2割以上確保する・・・臨床根拠あり)
 ・地域密着販路がエリア内企業紹介(自主番組機能)
 ・病院、介護ビジネス、食材宅配とのネットワーク情報
 ・寺社、葬祭のネットワーク情報(イベント、個人の連絡網、法話)
 ・企業間データ伝送
 ・文書伝達保管
 ・自動検針(ガス水道、電気)
 ・新聞販売店のネットワーク情報(顧客へのイベント支援)
 ・市況情報(県、市、町の統計支援)
 ・商品製品情報(新製品、新商品を加入法人限定で紹介)
 ・商工会議所、商工会情報(活動、イベントの集客支援)
 ・団体、サークル活動情報(探訪方式で地域へ紹介
                  リーダーの活動支援)
 ・商店街活動情報(商工会議所青年部活動支援)
  ・ものづくり進化への支援
 ・地域の農業、食料自給活動支援(国と地方の連携支援)
 ・地域のエネルギー自給活動支援(国と地方の連携支援)
 ・地域の最先端技術導入活動支援(国と地方の連携支援)
 ・企業誘致、工業団地があるエリアは、他地域からの誘致の
  支援
  ・企業の業務効率化、新商品製品を複数メーカを同時に実施
  する全国規模の高品質、好フロー体制を備えた、実務セミナー
  の集客支援をする。(実務型各論に特化する。実務家でない
  大学、研究機関以外の講師は大企業に任せる)
    社内に事務局的コーディネータ人財機能を持ち、関係機関の
  独立性、自主性を活かしながら、支援をする。(黒子のリーダー
  役に徹する)           

◎中小企業個別でできないコンタクトセンター機能をCATV
  が持つ。

  (第3者機能を持ち、どの企業も平等、個人情報、守秘情報漏洩
  が少ないしくみ構築のため。行政でもよい)に行政と連携し、
  商工会議所と連携し、会員企業のコンタクトセンター、新規開拓
  のための見込み先探し、固定客化のための定期的継続フロー
  機能を持ち、リストの総合的管理、名簿のクレンジング、各企業
  の顧客管理の基礎データの最新化支援等複合的に活用する
  新規参入エリアは地域CATVの連携で、相互に効果が上がる
  シクミを創り企業黒字化の営業戦略支援をする。

  行政のコンタクトセンターも兼ねて、県単位で総合機能、地域
  行政単位をエリアでわけ、存在する個人、法人、団体の100%
  の顧客を保有する。コンタクトセンターは、刻々変わる情報を
  常に最新化し、過去の履歴は別管理する。
  有事危機管理の目的で個人の背番号制と同様に法人等も、
  もれなくコード化する。
  精度の高い企業管理のシクミは、国税、厚生年金、国民年金
  厚生年金基金、国民年金基金管理だけでなく、増収への
  具体的支援を個別にできるようになる。(重複業務の共同化
  業務は集約し、経費を削減する。 )        20080630ms
 

◇行政








 

 ・行政情報
  全体情報と、詳細な各部署別情報を定期的に紹介
  特に法制、規制の変化はタイムリーに紹介
  理解度は、加入者を選び、臨場感演出をする
 ・緊急地震情報システム
 ・緊急告知情報
 ・防災情報
 ・議会中継
 ・各種証明書の交付
 ・農業気象観測
 ・河川水源地監視
 
 ・コールセンター機能のきめ細かさの発揮

 

◇学校






















 

  ・学校間交流
 ・教育情報
 ・IT教育支援
  (独)情報処理機構が整備最新化しつづけるSaaS、ASPを
  活かし、民間よりローコスト活用を啓発機能
 ・妊娠から乳幼児の母親家族問題解決支援機能
 ・就学前幼児教育の支援機能
 ・小学校、中学校対象の授業の補講機能
  現役の教え方の上手な先生を各学校から選抜し、教員免許
  取得者(予定)の地元就職予定のの大学生大学院生をサブ
  にして、赴任前の教育技術をレベルアップの機会を兼ねる。
  (育成のカリキュラムは事前に準備し、都度カイゼンする)
     
 ・小学校、中学校対象の道徳、倫理教育の補完定着機能
 ・高校生の予備校機能
 ・大学生、大学院生の世界観、地球観、宇宙観人財の輩出支援
  機能

 ・就労前1年間の、希望業種、業態の入社前教育の機能をCATVの
  自主番組を担当する。6ヶ月は学歴予定で、グループにわけ
  価値判断の違いを高いグループにレベルアップさせる。
  6ヶ月以降、学歴に無関係で、成長レベルグループ化して、
  成長の遅いグループは最強のコーディネータが対応し、
  終了時は、高いレベルでの均質にする。(加入者に限定)
 
 ・定点チェックのために定期的にOBとして、就職先教育担当者
  と連携して、在校生向けの出演をさせ、成長スピードを減衰させ
  ない歯止めと同時に、減衰の真因をカイゼンするカリキュラムの
  内容カイゼンに役立て、CATVを活かしたOBが人財化成長確率
  が高い実績を外部に評価されるようにする。   
 
 ・商工会議所の黒字化による、地場の就労率が上がり、社員として
  の機能を活かす地域CATVに集約し、地域外就労希望者は、
  該当地区のCATV企業と相互に連携する。  20080630ms
 

◇公共施設





 

  ・図書館情報
  活用の仕方を加入者参加で学ぶコンテンツを作る
 ・文化センター活動支援
   各テーマを加入者参加で、紹介し、孤立した人を集団に
   巻き込む
 ・公共施設利用予約
   活用を加入者参加で、紹介する
 ・道路情報(ライブカメラ)    
 ・積雪、豪雨、台風情報(ライブカメラ)
 ・公園
 ・交通移動ライフライン情報(鉄道、バス、タクシー、道路ナビ)
 ・駐車場監視
 

◇病院、介護、
 老人ホーム









 

 
 ・健康支援管理
 ・遠隔医療支援
 ・救急医療ネットワーク機能
 ・僻地高齢者、無医村、健康支援管理
 ・産婦人科ネットワーク機能

◎幼少期のふるさとのCATV自主番組は最良の良薬
  その中に、知っているふるさと、人が登場するとまた
  家族が出演ていると、現実逃避マイナス発想の催眠が
  とけはじめる自身の治癒力は従来より高くなる確率は高い。
  ・患者特にガン等不治、退院の希望が少なくなった人に
   活力を生みます。介護も同様な場合が多い。
  ・老人ホームは短期で痴呆化する真因は、現実逃避の心理
   作用が増幅されある限度を超えると、脳の機能に障害を
   発生する確率が、他の場合より高いためです 
    
 

◇地域活性化





























 

 ●「地域活性化センター」活動との連携活動
  ・地域活性化活動(全国の成功事例の展開支援)
  ・ふるさとづくり広報活動(活動状況を、他エリアに情報発信
  ・地域の個性を活かしたイベントの展開支援
  ・地域活性化情報
   全国の中心市街地の活性化、地域ブランド、特産品、
   企業&起業支援、就労支援、移住&交流支援等
  ・各地域CATVと連携し、地域の販路開発から、企業支援、
   労働人口の移動支援をする 
  ・地域活性化フォーラム
  ・地域づくり団体等の活動に対する助成後の、地域ナンバーワン
   への育成支援
  ・地域活性化フォーラムの共済開催
  ・地域逸品づくり支援と
  ・ふるさとイベント大賞への挑戦支援

 ◎短期目標は、地域の商工会議所、商工会の所属する会員企業の
  60%が黒字化できるようにCATVを中核にした成長。
  商工会議所、商工会に所属しないと、その企業の成長を遅らせる  しくみ、システム                               

 ◎地域の県単位の地方銀行、信金金庫、信用組合、地域JAバンク   が融資した企業が商工会議所との相互支援のしくみ、システム
   で60%以上、融資効果が上がり、元金返済完了期間を1年短縮   させる、企業への個別体制。公益法人の総能力も各地域で
   活かしきる。                                

 ◎1企業、1組織での支援体制では、最強のノウハウと人の数で
  競合する大企業、海外の事前に日本戦略を綿密に組んで参入
  する企業に対して、集団相乗効果を活かさないと、対抗する
  総能力量はたりなし。勝ち残る企業はその20%以下になる
  確率が最初から決まってしまっている。  

 ◎広域型インターネット、IT化は偏重思想の催眠からさめ、地場
   中小企業の生き残り勝ち残りは企業の規模により、アナログ
   思考とデジタル思考を整合させて最適な企業の存在価値を
   発揮することです。(利益が継続的にあがり、税金を継続的に
   払い、融資の返済を1年早くできる体質です。)この実現できる
   機能を日本の中では地域密着型CATVを中心としたライフライン
   インフラの成長が最善です。(最適手法はまだ世界の中で
   まだ、探しあてていません。) 
   
  
                     20080624ms

◇社会的責任
 (CSR)
































 


加入者を人間成長、地域成長に関係ある層に重点を絞る。
コンテンツの重点絞れば、誰でも加入できるようにする。
自分に会わない加入者は簡単に解約するため、要望に合わせ、
そのコンテンツを提供してきる企業を本人より先に加入見込紹介し、
加入を誘導する。 
(勉強仲間、建設的プラス発想の仲間の数が、55%を越えると、
周囲のマイナス発想のグループを個別に変える機能を発揮し始め
ます。)

成長期の顧客選択が、企業の中身を変える。
核家族化し、少子化で、家庭での兄弟姉妹、価値判断を持つ人間が日常細かく成長時の岐路を誘導できなくなっています。
倫理、道徳、日本人としての誇りを加速度的に復元できる可能性を持ち、草の根で徹底させる機能をもつのは唯一CATV業界です。

戦後の教育体系が人間の尊厳、集団の中の倫理、道徳観への歪
が明確に表面化してきました。重要なものが欠落し、定着していない
だけです。価値判断を修正するために、継続的「視聴覚」情報、
すぐれたコンテンツを提供できるのは地域密着型CATVが、現在
の段階では最善です。 

◎あらゆる生活活動に関連し、継続的に最先端の視聴覚を総合的に活かしきる機能を持つCATV業界の展開が、まず正常な日本的日本人に修正し、赤字日本国を黒字化するために、海外へ資金流出が
加速した、現在のしくみ、構造を変え、海外から富を日本へ誘導する人財を短期で多く輩出する可能性が高いです。人財輩出の機能を
他と比較して持っています。

短期で税収を段階的に増やすために地方行政団体の機能を活かし、黒字企業を地域に継続的に20%30%と増加させる仕掛け人、動機付け、誘導機能全てを持つのは地域密着型CATV業界です。

◎企業規模が小さいので、大企業のように全てをお客対象にする必要はありません。ふさわし加入者、法人を優先できます。重点集中戦略が必要です。目先の利益より、中期長期継続の業績基盤となる
「相の良いグループ」選択が重要です。草の根汗をかき善循環させるコンテンツプロジェクトの加入者、推進支援社員のパワーを減衰させる
要因は除く方が賢明です。有料機能活用希望企業が「ふさわしくない」ばあいは、必ず受け入れる企業があります。その候補情報をその企業に提供するきめ細かい気配りが重要です。顧客の選別の割りきりが、地域密着型CATV企業の成長の分水嶺になります。
逆に、ふさわしい顧客は、積極的営業戦略を、加入者の協力も付加
して実戦し、成約すると、その加入者を含めた集団の満足度は必ず
あがります。 

                               

 

                           2008.6.24ms





□最新の戦術戦闘業務の価値判断を進化させる。

 
大企業方式でなく、高収益を継続的に維持できる最適規模の追求が重要です。
 地域密着インフラの使命で、加入者へ利益還元しすることが存在価値になります。
 最適規模にはヒト、モノ、カネの最適整合が必要です。加入者が増加し、加入者との
 善循環システムが崩れはじめたとき、同様な最適規模の拠点(子会社、関連会社)を
 増やす時です。最適経営のシステムと、将来の経営層候補人財を核のした新編成
 で、共有ノウハウと、適切なアドバイス、率先垂範支援で進出エリアをキチンと運営し、
 拠点間をさらに「毛細管、末端神経網」を充実させる戦略をとり、グループ型拡大の
 方が、強力な競合他社と棲み分けして、競合他社も連携パートナーとして維持発展
 する方法です。

   
 地域蜜着型企業のため、最初は非効率、生産性が低い。汗、忍耐、継続力が重要。
 ただし、ノウハウ蓄積量は、増加累積し、ある変曲点(企業で時期が異なる)を越えると、
 急激に善循環体制に変わります。 進化度合いが経営格差


■従来の対症療法型
 


■善循環が始まる真因療法型
 

●大企業系列のCATV及ぶ関連企業が増加し、競合が激化をはじめた。多チャンネル化等コンテンツ充実と営業担当者を増員される体制ができると、自社の加入者増がむつかしくなり、他の収益源を考えて、収益の不足を補わなければならなくなつてきた。自力存続に黄色信号が燈り
始めてきた。












































































 


●地域密着し、出演者、内容が地域の人や場所で
ある自主放送の手作りコンテンツの強みを、全国CATVが共有の総合力を活かす。
地域限定の加入者参加情報を提供できる。その強み
を求めた市場での加入を展開いただきたい。

新加入者の要望に応じた地域密着の強みを活かす
コンテンツを継続的に構築し、循環方式の予定日を
2ヶ月前に決めた再放送日を公表していただきたい。

◆幼少期の故郷を出た人、残った人、故郷との
  コミュニケーションの架け橋機能を活かす


・幼少期育った故郷を離れた全世代と故郷とのコミュニ
 ケー ションの架け橋
 分断し個人化、マイナス領域の人間の精神をプラス領域
 へ変えるトリガー(引き金)役、日本人が、長い教育体系
 の中でで失わされた集団のよさを自主番組で見せ、啓発 し、個人、孤独から集団の世界に呼びもでせる。

◎地域の加入者に関係する、兄弟、姉妹、子供、孫、親戚
 を、機能をわかりやすくまとめ、現在住居エリアのCATV
 を紹介情報を流して連携する。
 

・幼少期を育った子供が故郷をさり、他の地域で生活を
している人達と、残った高齢者(特に過疎地)の人たち双方のコミュニケーション機能を発揮する。
現在も住んでいる、親戚、兄弟の住む地域のCATV自主番組、その中に時々、登場すると、同じ話題で、コミュニケーションができます。同様に故郷を出た子供たちの現在の
地域での現況をその地域のCATVに登場させることもdきます。

◎加入者の故郷の自主番組を見ることができるようにする 故郷に残る親、兄弟、姉妹、親戚、友達と自主番組で
 共有情報を持ち、故郷とコミュニケーションの架け橋を
 創る。学校のCB会の内容を自主番組のコンテンツに
 加えると効果的。まだ、故郷で加入していない人を
 入会させることができます。    

 類似NHKの番組の視聴率が継続的に高い。同様な機能
 を地域密着型CATVが全国で連携し、見たい地域の情報 も1地区の加入者は選択設定で見ることがでる機能を
 創てほしい。(オプションで低料金有料の方がよい)

◆寝たきりの人、介護の要する人、癌等退院の見込みの
 少ない人、処方しながら治癒が遅れている人に             
 幼少期のふるさとのCATV自主番組は最良の良薬

  その中に、知っているふるさと、人が登場するとまた
  家族が出演ていると、現実逃避マイナス発想の催眠が
  とけはじめる自身の治癒力は従来より高くなる確率は
  高い。また人生の最後を平穏に終了支援ができます。

◎病院、介護施設の、病とに現在のカード型アナログ
 テレビの買い替え地デジ化のチャンスを活かし、いやし
 機能を重点に加入者促進をする。 
  
◆老人ホームの各部屋にボケ防止の特効薬として加入
 促進する。
 短期で痴呆化する真因は、現実逃避の心理作用が増幅 されある限度を超えると、脳の機能に 障害を発生する
 確率が、他の現委員より高い(特に無趣味の過去の
 仕事人間の男性)ためです。

◆商工会議所との連携強化し、自主番組も地場中小
 企業の活性化、黒字化をテーマし、商工会議所事業の
 集客支援機能を持ち、商工会議所会員の全員加入、
 その社員、家族の加入により、連絡網の漏れをなくし
 必要に応じてコールセンター、コンタクトセンターとして
 機能させる。 

◆ライフライン関連企業、団体、行政を加入させ、その
 ライフライン機能が、加入者に役立つよう活性化支援
 をする

◆地域の農業生産者を加入させ、生鮮品の毎日完売
 のシクミ、自主番組をつくり、加入を促進する。

◎ライフライン統合機能の強みを活かすと、加入市場は
 無限に近い。(発想を柔軟化) 
 
 


●「従来のように顧客の解約を申し出時
  慰留を勧める。」


・現在営業担当者の行動、強力な競合企業へ
 の対応の仕方、
・現在のコンテンツの考え方

・解約の真因を調べず表面の解約理由と
 して残す。

・解約後は、定期的なフォローや、再度の
 アプローチをしないで、名簿だけ保管














 


●「生活インフラとして、加入しないと周囲集団の活動
   からずれ、損になる」ように総合インフラをシクミ化
 する。


・解約者は大企業に見込み客として積極的に紹介をア
 ピールし、そのバーター戦略に活用する。(変わる予定先
 に先手で顧客より先に連絡する。切り替えの支援をする)

・加入者がどれかのインフラで、コンテンツの中に参加する
 シクミをつくる。(運営の仲間へ組み込む)
・連携インフラ企業(住宅、新聞店、ガス、電気、水道、JA 等)が 集客が必要なとき、加入者招待、優待等の機会
 共催形式で便乗する。
・連携インフラに所属しない加入者は、現在映像時代で
 役者素養の人が家族に一人はいますので 計画的に
 コンテンツ参加させる。(そのしくみの存在は公開せずに
 「あなたが候補者に選ばれた旨連絡する方式を採る。
 同時に未加入者も参加させる。ただし本人意思で加入  を奨めなくても、自分が出演している場面があると後日
 入会するので、その場での加入はすすめない。
 (ビデオ自慢のさらに満足度を高める。)
・加入者の誕生日情報を必須記入とし、大義は「誕生祝」
 を送るためとする。物品だけでなく、年齢層に合わせて
 毎年企画する。在宅頻度が高い活用頻度が高い加入者
 本人の誕生日には問診型アンケート調査(世間話に組み
 込む)を実施し、同時に「要望や不満のガス抜き」をする。
 家族構成に応じてコンテンツ活用の仕方等をまとめて
 持参し、操作の方法説明と同時に、具体的に見せる。  
 

●「加入者を獲得し増やす」
・すでに加入成功事例豊富な人財が成長して
 きているために、ノウハウの共有化、組織営業
 への展開が速くなってきた。
・営業情報は多くあり、それを参考にする。

・最強の競合他社が参入した時から、加入者数
 の成長鈍化、解約者率の増加が始まり、
 さらに営業生産性が下がり始め、カバーする
 ために営業増員を検討段階にきました。

・先行投資による設備の最新化で、累積利益が
 減少、管理会計で月次の損益分岐点が赤字
 の月が 出はじめた。
・公開セミナー、研修会参加して手法を学んでも
 減少の歯止めがかからず、業績目標達成者の
 数より未達成者の数が多くなり、中間的なタイ
 プ(達成する月としない月がある)も連続未達  方傾向になってきた。






●「加入者が、加入者をよぶ」しくみを創る


・解約しても再入会したくなるしくみ。
・加入者参加型
・加入者家族全体、企業組織全体の加入数を増やす
 しくみ。
 (1家族 1法人組織のインストアシェアを増やす
  CATVの使用契約のの複数化)
・地域を活性化し、ライフラインとして必要なテーマを
 実現支援し、活用、利用の促進啓発

・地域にいる限り、地域に戻ったときCATV機能と
 関係するしくみ。

・学校を含めOB会の機会をコンテンツとして活用

・企業、商店街のような公共性のある寄り合い、正式の
 会議はコンテンツに加える。 






 


●コンテンツプロジェクトは 目先必要と考え
  た一テーマについて 「費用対効果」で
  内容を計画している。


・戦術戦闘(すすめ方)の選択をする。
・コンテンツプロジエクトは、その参加者任せで
 結果の成功不成功は、任せきり、
 成功へ導くアドバイス、支援はしない。
・一過性で終わる場合が多い。
・費用をかけず、現状を映像化するだけで、
 その内容と、成果が地域への貢献度と
 相関が少ない。






 








 


●コンテンツプロジェクトは「加入者が、加入者をよぶ」
  しくみエンドレス型のなかみにする。


・従来の費用中で、戦略的に「費用」を予算化する。
 CATV計画のコンテンツごとに年間予算の10%上限と
 して、スタート時は0 中間時 5%終了時5%人件費の
 補填とて支払基準で、参加総時間の60%以上の人
 全員に支給する。(双方が得をするしくみにする。
 コンテンツの記録はCATVが保有できるしくみにする)

・スタート時(計画内容も含む)、中間、終了時(2期目の
 計画も含む)、節目と告知をせずに、進行チャックの
 ために記録をとる。その内容で、CATVのカタライザー
 とコンテンツのリーダー、推進メンバーとで、成功へ
 導くためのカイゼン方向と、外部の智慧を借りる。
 コンテンツプロジェクトの経過を公開する。
・小さな成功はとくに良い点を紹介し、継続する活力を
 高める演出と、他の人への有言実行力、やらざるを
 えないしくみを創る。
・経過報告のコンテンツ公開準備が見直しカイゼンの
 方向探しの機会となり、ノウハウが不足している場合は、
 タイムリーに外部の専門実務家の力を借りるための
 コーディネータ役も努める。
・ 加入者外のメンバーも、コンテンツに痕跡が残るので、
  加入者数になるように誘導し、加入者目標強制では
  なく本人が加入を決めるような、集団な動を創る。
・「費用対効果の」不足した場合はその補填法として、
 そのコンテンツを加入したら得になる方法を事例を変えて
  機会を捉えて話い続ける
 


●多くのCATVは「自社だけ利益を出す」
  原則があり、関係者は無償か薄給で
  逆に、コンテンツ放映する料金を
  請求する場合がある。


  「我」の経営 地域貢献とは無関係
コンテンツプロジェクトの関係者、集団への
 出費は最小限にする。
・逆に自主番組 放送の代価として広告費用を  とる。
・主催では費用が発生するので、後援型、場合
 によっては共催で、折半で出す。
・外部への支払いは、社内ではコストダウン
 社員に要求する。


●地域インフラ整備の企業であるため、コンテンツプロジェクト進行支援に戦略的に予算を決め地域が
「共に豊かになる」費用の補填をする。

・利益を計画的に必要経費として地域に還元する。 
   
・地域の共有化コンテンツには、他分野に予算内で貢献
 し、予算不足の場合は、関係機関の助成制度を採る
 支援し、費用捻出の支援をする。

・コンテンツはCATVの保有とする。他の地区との情報
 交換で活かす。放映は原則としてCATVが放映する。
 大企業間の場合、他のコンテンツが有料の場合
 有料で協力する。  

 

●従来の資金の調達方法
  
・外部からの借入、親会社からの出資
 (関係企業の利益誘導型、コンテンツに
  関係企業の意思が入る可能性が強い)

・上場により資金調達をする。
 (親会社の戦略変更で主株主が交代した
  時点で、従来の経営方針が変更される
  可能性がある) 
 





















 

 
●成長しても上場しない。

・常にCSR(社会的責任)ライフライン企業として、
  独立性を確保する。
・資金調達は上場以外の別な方法を採る。
 インフラに関係する:市町村、銀行、商工会議所
  電気、ガス、水道、鉄道、農協、漁協、商店街、
  地域の有力企業(市場広域型で地域密着型でない)
  から、単独で10%未満にする)
・地域の行政機関から資本参加してもらう。
 合計10%未満とし、株式配当として、税金とは別に
 収益を還元できる。コンテンツプロジェクトにの
 アドバイサーとして参加してもらう。

・自己資本比率を50%以上を維持する。
 社員持ち株を30%以上、経営者20%以上保有する。
 (社員の努力を配当で還元する、持ち株配分はインセン
  ティブと連動させる)
・社員に成果により、ボーナス支給で資金流出させると
 資金不足になり、その成果報酬をインティブとして、
 持ち株で支給し、退社時、会社査定価格で買取り、
 一時金として現金支給の原資とする。
 初期段階はライフラインを繋げる、社内インフラ整備、
 コンテンツプロジェクトのカタライザー能力をプロ化する
 能力を身に着ける自己啓発、徹底研修、現場での
 コンテンツのリーダー、推進メンバーへの支援、
 新人社員の教育育成等、多忙をを極めます。家庭
 も犠牲にします。本稼動を始めると、時間余裕は
 出てきますが、さらに高度な仕事ができるようになり
 労働生産性は、現在の3倍以上になりますが、
 固定費としての昇給は、企業存続と計画的投資で
 できません。総人件費1/3の原則を守るために、
 持ち株方式が重要になります。
  
 


●企業の広告宣伝を受注し、視聴率分析
  報告をする。収益の柱にする。

 
  ・従来の視聴率調査の統計手法の推計方式
   から、直接、加入者からの実際の使用
   情報を、そのまま解析できるため、地域の
   信頼度の高い情報がクライアントに提供
   できます。















































 

 
●企業の広告宣伝を受注し、視聴率を報告する。
  収益の柱にする。(左と同様)
  
  広域型企業のクライアントの場合、費用だけかかり、
  視聴率(低)報告と、費用に会わない引き合い件数
  が計画より少ない場合が生じます。広域型大企業
  から高額な広告宣伝の依頼がこない場合が多い。
  CATVとの費用対効果は今までのやり方では
  大規模CATV企業とブランド力格差が出て、クライ
  アントの不満足の評価が定着ししまい、類似業界
  からの受注が見込めない可能性が出てきます。
  

 ●加入者法人の許可を得て、地域のコールセンター
  機能を持つ。クライアントのコールセンターと連携する
  各インフラのコールセンターへの誘導機能のしくみ
  を創る。通常広告宣伝と連動させて機能させる。 
  ・インフラ別に個別許可方式をとる
   営業の魅力説明次第で納得者は増える
  ・広告宣伝とコールセンター機能と併用し、さらに
   収益にプラスαにする。 
  ・クライアントに、具体的な見込み情報を提供できる。
   顧客の増加の支援機能を発揮でいる。

 ●このシクミが機能を始めると 

   ・行政が助成した企業はスタート時企業規模が小さい
    ので80%以上 社会が要望するものは黒字化で
    きます。
    ただし、広告依頼企業に関して、地域の市場性、
    地域で要望が少ない、また加入者にふさわしくない    企業の場合は、断る割り切りが重要。逆に
    信頼度があがり、口コミで引き合いが上がります。

  ◇複合的効果
   ・コールセンターの管理者、アドバイス等は専門社員
    オペレータは養成、熟練度が必要なので3割は社員
    (言葉、頭脳は正常、社会経験がある身体障害者も
     含む)
    3割は派遣3割は加入者アルバイト(大学生:企業の    新規開拓の能力を実戦で入社前に体得し、収入も
    える)及び定年後の現役で新規開拓経験者(経験を
    活かし、クライアントの成果の満足度を上げる)
   ・業種別、商品別ノウハウが蓄積できると、行政の
    企業活性化支援の中の創市場、創客の部分を
    担当し、短期で黒字化させる支援ができる
   ・他エリアのコールセンター導入CATV企業と情報
    地域の違い、共通性情報として共有する。
   ・縁あるコールセンター専門企業の、地域を補完する
    コールセンターとして連携し、クライアントの満足度
    を現在より高める。

   ・地域のインフラを進化させるイベントに、集客の目標
    以上になる支援をできる機能ができてきます。
    

 

 ●競合他社の導入に遅れない形で、資金に
  あわせてハード、ソフトを機能アップ
   する。



























 

 
●加入者がリーダーの自主コンテンツを複数支援する
  社員の時間生産性を上げるものを最新化する。
  テープレス化、コンテンツ創りのスピード重複作業、
  分業型ローテーション等、ハードソフト人材の
  工程管理型仕組みにする。コンテンツ作成の回転率
  を現在の3倍可能な体制にする。

 ●加入者の装置を、地デジ対応型へ変更字STB、
  視聴率使用信号がでる機能のものに変更する。
  全加入者に計画的に切り替える。

 ●コールセンター機能、加入者企業ですでにある企業が
  あれば、管理者とする社員人財候補者複数と、責任者  (将来の役員候補)で、新部門の」準備にはいり、
  その企業の受注支援をる。同時に徹底的に運営ノウハ
  ウを学ぶ。資金確保でた段階で、小規模でスタートする  受注の処理能力以上は、信用がリーピ-トの源泉の
  ため、協力企業に紹介する。

 ●業務統合型シンプルで、高い品質の最善の内容の
  プランをつくり、業務効率化効果が高いものから、段階  的に統合時の整合性を前提に資金にもとづき導入する
  
 ●旧設備は、研修講座開設時の、実務訓練用に
  整備しておく。社員増強時の、実務基本訓練で原理
  を学ぶ題材とする。 

  ◎機械の性能アップのスピード、新規参入企業が多く
  進化に合わせて、対応できるほうがよい。
  買取方式より、リース、その他月次管理会計で
  負担がすくないようにする。      
    

 
●事業展開意識せず、揃えた情報をリンク
 コンテンツとして提供する。
  
社会的責任CSRより、均価値判断レベル
  加入者が満足する可能性が高いものを優先
 に選択する。 

 リンク情報は、全国規模が多く、通販運営会社 に販路開拓の市場を提供している場合が
 多い。 

 利用するどうかは、加入者まかせ、どうしよう
 するか、どんな価値があるか、製作者だけが
 熟知し、ページの構成上周囲はわかり難い
 形になっている



















































  


●地域密着の事業展開を想定してコンテンツを
揃える。(共有コンテンツ化)

地域に限定し、近隣エリア(行政隣接エリアで共有)
独自の情報集約コンテンツを行政、加入者法人、商工会議所等分担で更新体制をつくりインフラとして整備する。
コンテンツの利用の仕方、使用者体験を紹介する。
「活用すると得」になる動機付けをする。

有事のとき特に重要なインフラであることを加入者に日常
徹底し、使い慣れておき、緊急時スピード対応のリハー
サルをしておく。

コンテンツの種類 

◇行政(県、市町村)活動

◇商工会議所、団体活動

◇地域企業活動

◇地域コンテンツプロジェクト活動
  ・
テーマ別地域活性化活動) 
  ・テーマ別地域活性化リーダーの養成研修情報   

◇商店街活性化活動

◇町内会活動

◇各インフラ別開催イベント活動
 
(ケーブルテレビ共催)

◇優れた地域にふさわしい全国型コンテンツ、通販も含めリンクする
  ・各CATVが共通リンクしている中で、地域活性化、
   地域の加入者の人生成長にふさわしくないものは
   除く(社会的責任CSRにもとづく)

◇くらしの情報・生活サービス 
・娯楽スポーツ ・スポーツ健康 ・美容理容 ・医療福祉 ・公共サービス交通・カーライフ ・イベント冠婚葬祭 ・学習資格・宿泊施設 その他

◇ショッピング・ファッション 
・生活用品 ・生活家電 ・書籍音楽映像・食品飲料 
・デパートスーパーコンビニ ・趣味ギフト その他

◇飲食店
・和食 ・中華ラーメン ・洋食 ・焼肉各国料理 ・ファースフーズファミレス ・居酒屋バー ・カフェスイーツ 

◇役立ちリンク集
・天気情報 ・交通空港情報 ・テーマパーク情報・旅行 ・新聞ニュース ・図書館 ・辞書翻訳・郵便宅配 ・医療健康 ・歴史
・育児子供(母親を支援し日本の人口増加に貢献)
  子供の救急、ビジョンインフォ、ベビータウン eSampo    Baby&Kids、すくすく.com、i-子育てネット、 
   Yahoo!きっ ず図鑑

◇CATVの推奨のネットワーク
 例 ひまわりネットワーク(愛知)
  ・まちクル千客万来  
  ・グランパスSTADIUM 
  ・まち:ネタ  
  ・グルメ@NAVI 
  ・ディロの樹の下で、アピの見た海
 

 ●自主放送コンテンツは、コンテンツ制作に
  戦略てきに加入者を入れることはしない。
  加入者と別の次元で制作し放送












































































 

 
●地域の活性化を推進支援する目的で、行政、団体と
綿密な打ち合わせをして、3年計画(完全地デジ化まで)
で、複数の活性テーマを地域の未来の推進者の若手で
推進する

◎推進リーダー、推進メンバーの候補は類似の組織は
あるが、地域定住し、次の中小企業を実業として経営
しなけらばならな「商工会議所の青年部」メンバー、行政の
商工指導部の将来の責任者候補が最善です。たのメンバーは、未加入者でよい。(将来の加入者見込)
活性化テーマが、自社経営の創市場、創客になる内容に合わせて、メンバーを配置し、各活性化テーマを推進させる。自力では日本青年会議所のネットワークで、各地の同様な形で進行している地域密着CATV企業と連携し情報共有化し、CATV社員は、推移を管理し、外部の智慧を導入する役割をします。その前に、そのときまでの内容を中間報告として、自主放送のコンテンツとしてまとめさせる。現状の問題点が明確化されるので、外部からの智慧の導入の成功確率が高いアドバイスができます。推進者全員が、主役の番組とし、地域での若い力の台頭をアピールする場を提供する。
「商工会議所の青年部」メンバーは、卒業後、商工会議所のリーダーの役割になります。次の「青年部」のメンバーを見守り支援でき、さらに内容がじゅうじつしてきます。
卒業した「青年部」、自社の経営者、取締役になると、すでに創客、創市場の種まきが終わり。育ていますので、刈り取りができて、規模が大きくないため、黒字企業になり、税収を上げることができます。

◎CATVは関係専門者、期間と連携しリーダー養成講座
(7ヶ月毎月1泊2日の集中OFFJT、OJT組み合わせ型研修)受講料有料(ただし、参加者は、現在進行中のどれかのプロジェクトに組み込む、賃金の支払いは基準にもとづき支払い、実質受講料が、戻るようなしくみにする)
社員のプロ人財は、各班の講師コーディネータとして 参加し、実務型コンサルタントの能力を同時に磨く。

スタート時は、プロジェクトを協力に推進する2割の人財
確保に苦労しますが、毎年、CATVの社員と同等の
実戦力人財が豊富になり、同一プロジェクトをエリアを
変えて立ち上げ、比べ競い、学んでさらにレベルを上げる。


◎幼児、幼稚園児ためのコンテンツ(加入者の子供家族が
参加を推進する)

民話、童話等によりの地域の歴史を伝承する。
講師はオーディションを通った加入者に専門家の指導を
受け、事前のリハーサル後、出演料を基準にもとづき支払い、責任を持つ形で、内容の方向性を決めて収録する。
高齢者にせず、加入者の父兄で、その家族でもよい

楽器(右脳教育)、絵画、折り紙等のカリキュラムのコンテンツにする。大企業の子供番組と違う手作り形にする。


◎小学校低学年の授業の復習形のコンテンツを学校と
連携し全国比較で低く、日常でも、5割以上が十分に理解できていない内容を重点に、そのテーマ地域の学校で
教え方の上手な教師を選抜して補講をする。授業では、
あてる方式の恥を方式はしない。親の了解をとり、全員
ローテーショウンで参加させる。学区の違う生徒、日常の
成績レベルを先生と打ち合わせて実施する。同じカリキュラムを時間帯を変えて放送し、再復習、定着の動機付け
をする。参加者の、成績を追跡調査し、2回目のローテーションじの個別指導の参考にし、個人別カリキュラムのアップ
コースへ変えていく。加入者の子供の勉強に足しうる、自主性「できる」自信を育てる。理解度格差に応じて個別
指導のレベルを上げていく。応用力をつける個別内容も
準備しておく。

◎倫理道徳躾等で家族で強く教えきれない内容を
アニメ形式で、組織、集団で 良い事、悪い事 ○か×を
明確に対比させ、良い行動で得意よう事例、やり方を
家庭教育が行き届かない加入者の子供を、特に良い行動の出演者にほめられるシーンを撮るローテーションで選ぶ。多くの周囲が日常悪いと判断されても、悪い側の行動量に自己規制がかかり始めます。



 


●商工会議所との連携度
は特に意識せず、
商工会議所が熱心な推進者がいる場合、
連携度が蜜になる。他力的連携





  




















































 


◎地域企業の健全な成長を支援する商工会議所と戦略
的に連携する。県単位の地方銀行、信用金庫、
信用組合の融資先に限り連携し、その銀行の所属し
経営支援を主業務とする中小企業診断士グループと
連携する。

商工会議所メンバー企業の黒字化率を上げ、メンバーの増強、商工会議者事業の活性化支援に現在ある最善の
パートナーとなれる可能性をもつています。
上記で縁があつた「青年部」の卒業メンバーの数が増えるとさらに連携を強化できます。

◎日本商工会議所との全国、地域との連携が地域密着
CATVにより機能を増幅できる。


地域CATVの役割は、創市場、創客をその企業の損益
分岐点以上の売上げを確保する、顧客数を創ることです。
機能と必要なししみ、システムを準備すればできます。
商工会議所の事業が、損益分岐点以上の利用者集客
ができらば、健全な経営を企業へ定着させる確率は上がり、活用しない企業との格差が開き始め、使用しない企業の
数はある段階に達すると、急激に減少をはじめ、商工会議所に地域企業は参加する比率が増大します。企業活性化の分科会機能も善循環をはじめ、地域の企業のレベルも
全体でアップし、黒字企業比率が上がります。相関的に
個人加入者である企業に所属する社員の所得もプラスへ
変化し始めます。

会員企業は地域の自社以外の場合もあるが、できるだけ
多く、自社に加入促進する。企業内で、休み時間、自主放送や他のコンテンツを活用できるしくみを創り、社員の
加入比率を上げる。特にその企業に役立つコンテンツや
一部企業の社員が参加したものは、職場で見ることが
できるようにする。

地域CATVの自主放送(商工会議所活動)で定期的に
事業、行事の告知を映像、メール、コールセンター等併用して集客の総合的支援をする。

特に商工会議所会員以外の非会員へも、入会促進のためのイベントへは、新規加入者候補リスト、見込み先、
将来の加入者候補の新規開拓用選別リストへ、商工会議所のDM販促費をもらい集客する。

商工会議所の事業の中にコンテンツ企画制作をまさせ、
内容はCSRに則したものだけとし、例外はしない。
放送機能を重点に担当する。



地方行政の収入源は税収です。黒字企業の増加は、税収がプラスへ変化し始めます。


地域の税収を増やすのは、地場企業の黒字企業を増やし
地域の企業に勤める社員の所得が上がる仕組み、
黒字企業は、就労率をアップの方向に流れ、厚生年金、
税収が上がる効果の高い突破口です。

◎商工会議所を中心に関係する経営支援組織と連携して CATV機能を活かし、地域中小企業の黒字化ノウハウが
 できた段階で、中小企業基盤機構の各県の拠点と連携
 し、企業集約団地企業(広域型)の黒字化を、市場性の
 高他地域のCATVで繋がるライフラインを活かし、創客
 作戦を展開し、黒字化を促進する。
 


●コンテンツプロジェクト
(自主放送を目的の
地域活性化コンテンツ)は、制作が目的で、
その放送後の効果、その後のコンテンツに
関しては一過性として、都度完結してしまう。
 


●コンテンツプロジェット進行に応じて、CATVの表彰制度
の応募したり、他の地域密着型CATV企業の要望に応じて水平展開をする。各地の黒字企業を増殖させる。

日本の税収増へつながります。
 


●広告宣伝で費用対効果が大企業中堅企業のクライアントの費用対効果で満足度高く、リピートがあるのは大企業全国展開のCATVの場合が
多い。
地域密着CATV企業は一過性の活用の比率が
高い。視聴率分析報告も、統計学推計型で、
現在の視聴率調査と精度に差が少ない。
 

●加入者の事前に登録した、要望広告宣伝を、自主放送の視聴率調査データだけでなく、直接メール、FAX、コンタクトセンターから直接告知ができる。


未加入者の多い法人

●国鉄民営化で、地方の不採算エリアの
有事大量輸送機能が分断、消滅し、一部
地域の自主努力で大企業が放棄した路線を
ほそぼそ、地域のライフラインとしてローカル線
として残っている。自動車、バス輸送(縮小)で
代行









































 


●石油高騰を機会に、自動車の使用台数を減らし、人口
高齢化自動車移動の危険度増大年齢層のために、海外のように、循環電車を地域ライフラインとしてつくり、ロード型大企業は車の人間にまかせ、名所旧跡、商店街、病院を繋ぎ、行政をつなぐ形に、高齢者仕様の駅電車で創る。

すでに、先発地域でノウハウができはじめました。

地域の地銀、信金、信組、商工会議会員、計画路線の地主(不動産売買買収方式でなく、賃貸方式、株主の地株での利益還元方式)、西欧の路線のように独立化し、幹線乗り入れはしない。バス会社も資本に加わり、バス路線は
循環路線の補完として、駅までの移動の役割で、小型化、
路線型タクシーも組み込んでおく。特に学校集約に対応
して、小学生までのスクールバス通学もライフラインに含める。単独企業努力を、地域の総合力で、利用客が相乗で増加する、生活路線として、観光路線とする。

環境保全を理由に、黒部地区のように観光バス、乗用車
の乗り入れを禁止し、低炭素電気自動車の活用、電気式
トロリーバス(西欧方式)のしくみも始まっています。


●地域の大量物流は地域CATVの中のJRの大ターミナ   ルを整備し、遠距離物流は複数のトラックに荷を積んだ
  コンテナも併用、トラック運転手宿泊列車を増結して
  輸送し、時間通り到着したトラックで、小口配送を
  そのままおこなう。帰りの空のトラックに地域のものを
  乗せて移動する。長距離トラック(ガソリン高騰、
  排ガス問題、環境改善、道路維持費の節減等、
  物流コストの低減、海外商品、製品にコスト対応)

  すでにこの方式の物流を専門にする会社はあります。
 
  小口配送は、小口ターミナルを地域別に配置し、
  加入者が分担する。届けと同時に、過疎地の注文
  もとり、地場のものを届ける(協同配達のしくみ)
  運行を、ダイヤグラムで決め、定期化する。 

  全国規模の物流にだけ依存せず、地域の物流企業
  を地域総合物流に組み込む。(ただし、一定の基準
  以上だけに規制する。)加入できないと、地域物流と
  して企業存亡にかかわり、低レベルの企業の、淘汰と   成長を促進することになる。
    
    この物流網は、有事の人の移動に役立ちます。
  ライフラインとして、大企業依存だけでなく、地域の
  こまわり型も併設が必要です。 
 


●地域活性化の支援方法は統合カタライザ
 ー人財数が少なく、成功確率が低い。
  

  ・自力作成の企画、事業計画による助成金
   カネはだすが、黒字化も途中挫折も、元金
   回収できず、放棄の場合も誰も責任をとる
   しくみがない。(国民の血税をゼロ、日本国   を赤字にしても、同じ失敗を繰り返し、歯止
   めをする人財がまだ輩出していない。
 ・知識でサポート機関は、本人の実戦力、実行  力に関係なく、アドバイスをし、実戦での
  黒字化にその内容にふさわしい戦術、戦闘
  と逆で、うまくいかなくても、本人責任とし、
  アドバイスの不適切さに責任をとる人財が
  まだ輩出していない。
 ・金と智慧を総合的に、必要な実務直接人財(
  人財の数で人材、人在の数は決まる。間接
  型の経営者、経営層のレベルとは違う)を
  養成確保し、ふさわしい戦術戦闘を、黒字
  を執念で必達させる実務経験豊富な、いざと
  なれば自ら率先垂範できるカタライザー機能
  の人財が必要人数まだ輩出していない。 
 ・地域プロジェクト(企業も含む)の計画責任者  は、環境、関係他人に失敗の原因を求め、
  国民の血税をムダにし、日本国に損害をかけ
  た責任をとらず、本人からカネを回収する
  しくみのないため、自己責任で返金する
  自己責任がた人材がそだっていない。



















































































































   

 
●地域活性化事業が、黒字化するために、全ての必要機能を統合集約できる、直接短期緊急戦術、戦闘力付加を重点テーマに集中動員指示するりーダーができる地域密着CATV企業と、その他地域の地域密着CATV企業と
連携して実現できます。

行政、ライフラインを繋ぐ地域CATV企業(業界)が21世紀日本国の総合的ライフラインであることに気づき、実行の
スタートをきる汗をかき実戦する人財の輩出を待望します。ネット時代、日本人の実戦を嫌がり、人にやらせる、机上の自称戦略家的戦略オタクの増殖スピードが加速し、
仮想と現実を同等に考える「明日、ローマをつくる」話に
幻惑は無用です。できないのは、「環境、他人のやり方が悪い」と自己保身人に実戦する力を弱める必要はありません。

日本国の赤字を黒字化するには、政府、官庁、地方行政
学校、全てライフラインに関係する人財を多く輩出スリード
あげ、特定の大企業に期待するのではなく、全国民の総力
が重要です。その総合力を発揮する統合し智慧を統覚する
機能は地域密着CATV企業は持っています。

事例  北海道エリア
    
ライフラインの要を、光、北ガス、北電、
    地域CATV企業(まだエリアは都市型)で
    全道の家庭を繋ご、行政単位ごとに
    インフラの整備がすすみます・

◎周知のプラス、マイナス資源を全てプラスとして、
 プラスを増幅させる。上記のCATVと同等機能
 企業が推進カタライザー(触媒)の役割をし、
 実施事業の全ての進行を整合させ、進行時の
 問題解決は、近く、日本の最先端ノウハウと、
 実戦できる人財を、自力人財が育つまでの、
 推進兼実戦力移転の教育講師コーディネータを
 招聘する。「全道の商工会、商工会議所の青年部」
 を将来の継承じ、自社の新規業績基盤づくりとなる
 テーマの、リーダーグループに加える。日本青年
 会議所の場合は実業家を優先し、間接的なメンバー
 は、第二段階に参加してもらう。 
 

 ・「日本のテッペンから本州を・・・」(稚内)を関係企業
  の黒字化率を計画的にアップできる。 
     
 ・日本の食料水産の生産地として、成長し、国内だけ
  でなく、北との貿易基地と物流の拠点になれる。
  陸、海、空(ハブ空港構想がされに加速)
  国の成長率が高く、国民の食の贅沢化が加速度進行
  に対応できる「近いロシア市場、中国市場へ市場拡大」
  <市場拡大の可能性>
  ホクエン、魚協をはじめ、卸市場等の生産から物流
  拠点機能は、全国で上位ランク、規模の拡大の土地
  も本州より豊富。

 ・食料基地として「食料の自給庫として大植物工場」
  「安定水産供給源としての石油高騰が決断時期の
  大養殖工場」(天候人工化)全道分散で地域の
  人材に合わせ、多品種大量生産型と、商品開発
  型施策工場とを、大企業、大商社の協力は得るが
  エゴ「我」は調整し地場の中小企業群としての
  独立性を維持しながら道全体の有事のライフライン
  を検討し、整合する形で10年構想でグランドデザイン
  を描き、20年後の波及効果を想定して準備する。
 
 ・弱み雪をローコスト環境に植物工場温度調節源
  として活かせる(すでに量産段階に来ている) 
 ・自然エネルギー型発電を総合的に活用し、
  電力供給、石油ガスの使用を最小限にした方法で
  計画する。
 ・全天候型ドーム型 植物工場、養殖工場に関して
  寒冷地試験は野球場ですでにできており、
  観光資源として活かせる修正をすれば実用化
  の可能性段階にある。
 ・必要なインフラを揃える最先端固有技術を持ち、
  人財の豊富な企業、団体と、プロジェクト計画
  できる企業、広告宣伝できる企業(世界を市場
  として)、人は、各大学院から幹部候補生と
  して人財を参加させ、派遣した学校の、大規模
  実験室として、実戦内容を体系化し、日本の
  固有ノウハウにする。北海道に住む就労人口
  をフルに活かし、CATV単位で、コンテンツプロ
  ジェクトに会わせて小型の基地を構築する。
  A志援サイトに、実現可能な企業団体を揃えて
  あります。行政の力で組み合わせれば、実現も
  可能な日本企業の成長が進んでいます。
   

  工場は見学できるようにし観光資源として、全国
  海外から集客する。プロジェクトは、地域のメンバー
  が推進し、地域の人材の就労を最優先にする。
  資金は、行政と北海道を本社に持つ地銀、信金
  信組が、自社の営業エリアにあわせて出資する。
  資本構成は、社員持ち株30%限度で不足は、
  経営者が負担し、社員に褒章時のインセンティブ
  として購入させる。生産に関係する企業は、
  地場企業を優先し、地場企業のしくみシスエム、
  も同時にレベルアップし、本州の標準企業レベル
  以上にする。人材も短期で人財化する。(全国、
  海外の最新ノウハウを知識として学べばよいので
  想定以上に促成養成ができる。 
  地場金融担当者(信用度、人質、道徳、倫理の
  価値判断は地場で高いグループで均質度たかい)
  ので、郵政民営化で一人3役4役の働がなくなり、
  末端への直接の訪問の労働生産性のあるのは
  これらに所属する社員が分担するインフラしか、
  ありません。そのときの人の要望を、コールセンター
  で受け、担当すする企業への中継はCAYVが担当
  する目的です。大銀行では、その機能は社員数
  で不可能なため、ライフラインが目的のため
  この方法が現在の最善のようです。  

  雪の期間の安定収入、炭鉱の地下の空洞の有効
  活用は、すでに先人で臨床事例がある)
  

・夏の観光客増加 雪も日本最大の観光集客地とする。
  現在、東京ディズニーランドが、他地区(収穫利用度
  が集客の前年増加率鈍化から、さらに、成長軌道に
  変える、さらに創客を誘導するための、出前型をエリア  を探しはじめています。植物工場、食材自給の動け
  があります。(屋内、屋外全天候型活用式)

  千葉ではできない財産である雪の国のディズニー
  ランドの誘致推進構想(夕張-旭川、札幌が近い)
  地域行政の再生、全道の観光資源は収益が変わりま  す。

  もし、実現可能性が低い場合、大阪のユニバーサル
  スタジオ(北海道人人口の利用度は低い)夏、冬
  のイベント(室内、屋外の総合活用

  富良野のような北海道観光の通過地区として

・ライフラインの電気、ガス北の大地の風力、地熱、
 風力+太陽電池で食の工場群の自給で経費低減し、
 市場の食の相場と同等程度までコストダウンする。
 食の産地、安全とレーサビリティでは日本人の食
 生活にマイナス要因は少ない。

・冬、悪天候に日本で最強な物流網がすでにあり、
 地域CATVを集約センターとして、自在に全国
 海外へ可能な段階になっています。JRのダイアグラム
 的な総合管理センター機能へ進化します。 
   

・「全国のコールセンター基地化が始まっています。
 北海道で、全国対応の1社のノウハウは揃いはじめ
 ています。業種、業態多岐で、必要テーマに応じて
 自在に使い分けできます。  
 地域CATVの地域コンタクトセンター。コールセンター
 との連携をすると、クライアントの要望への対応も
 従来よりミクロ化できます。上記のプロジェクトの
 黒字化のための顧客数を計画的に、複合的な組み合わ せで、新規開拓から、固定客へ段階的にレベルアップ
 できます 」
 「地域の事業創造、現在の企業の黒字化、により、地域 就労率の加速度的増加し、北の大地で育つ、大学生、
 大学院生を頂点に人口流出より、流入増がはじまり
 ます。 )

・北海道以外の他地区は、種々の規制、環境条件があり、
 上記のような超大型プロジェクトは進行しがたいですが
 中小企業基盤機構が推進する各地の誘致企業団地を
 全社黒字化する、総合戦略をCATVを各に進めることは
 可能です。
     

●ライフラインは計画どおり、つくればよい。
 活かすかどうかは、本人の意思で決まる。
 時々、有志の訓練を実施し機能が確認されれ
 ばよい。






 

●ライフラインを日常加入者が活用し、平時も緊急時も
  日常の通りで動くことができるようにする。

地域CATVが、各ライフラインを活用する状況、活用の
しかた、集団での動きを、加入者全員が分担し、参加
の状況をコンテンツの中に登場人物として、紹介する。

全ライフラインのコンテンツを、定期的にローテーションで
回転させながら、一定期間で、全ライフラインを体験するようにする。自主放送で度の時間帯でも、選択してみることができるようにする。(自分が主役なので、見る可能性と
会ったときのコミュニケーションの話題となり、個人の
「ガス抜き」ができ、正常人の数が増える善循環に入る。 

  

 

                         080626ms





◎実現のための固有技術を持ち、社員数が多く、全国規模をA志援サイトは
 ご紹介しています。具体的戦術、戦闘方向が決まったとき、閲覧し、
 全体フレームを構築した上で、各企業団体に連絡しますと、解決の仕様が
 速く決まります。



□加入者の数を増やす4つの方法



1.加入者満足度を増やすこと。CATV機能を活かす創客作戦

 ◎共に豊かになる手法で、加入者が加入者を複数増殖するシクミの構築
 ◎地域密着型CATVの加入者が非加人者と人生のライフライン機能に関して
   明確な差を演出する。(差を見えるような演出し、加入者が納得した差を
   口コミで伝える流れをつくる。強制をしてはいけない。)

2.CATVの機能を活かす取引先の満足度(費用対効果)を増加し加入解約数を
  減らす。
(解約の引き止め活動はせず、他の大企業のCATVを紹介する。
 加入者の価値が、地域の集団の価値になってきた段階で、再加入が始まります。 )
 
 解約者は、大手CATVの新規開拓者の見込み情報として提供し、バーターとして、
 コンテンツの追加または導入のコストダウン等に積極的に活かす。

 ただし、そのお客様が、地域蜜着型CATVの進化により必要ライフラインと判断(年齢)
 したとき戻るように、元加入者として、他の連携機関のラインで継続フローをする。
 加入しないと集団の中の共有情報で損をすることを気づく演出を総合力で定期的おこ
 なう。

3.CATV企業全体のローコスト化、時間生産性、労働生産性のアップをするために、
 地域密着型コミュニティとして、加入者をCATVの運営の参画者にし、よきパートナー
 として社員の生産性を上げる戦闘力として育て、その時の貢献利益を戦略的種まき
 費用とその加入者に協力費として還元し、地域の利益の創出源とする。善循環が始まる  と、2の解約は減り、1は仲間やグループを一緒に巻き込み始めます。
 仲間づくりにより営業支援パートナーの数が増加をはじめ、儲かるしくみができてきます。
 利益を機能の加速度的進化に対応した、自力の計画的先行投資資金が確保できる
 ようになります。

 インフラに関係する組織の活性化支援の仕掛け人、カタライザー、優秀リーダーを養成し その具体的プロセス、内容をコンテンツに加えます。同一系統内容を最低5件づつ同時に
 育て、進捗格差を比較し、優れたグループの蓄積ノウハウを定期的共有化させます。
 戦略的プロダクトアウト型 コンテンツと地域の必要から発生したマーケットイン型コンテン
  ツを他地域のパートナーCATV企業のコンテンツと自地域のコンテンツ比較し、相互に
  プラスアルファノウハウを 提供します。その体系化ノウハウが他のコンテンツ開発に
 応用できます。
 (今ある人材の強みの分野から始めればよい。経験が10件を越えると次の強み分野
   が生まれてきます。1名のノウハウ増殖スピードは戦術戦闘プロセスを業界人の得意の
  「シナリオ」型で準備すればよい。経験が人財に育てます。)

 1名の労働生産性が3倍を越えてくると、事務業務の効率化のためにローコストで変動化
 できる社員候補の増員、システム化、仕組み化による業務カイゼンが始まり、一人の
 時間生産性をアップできるようになり、通常残業をしない生活リズムを創ることができる
 ようになります。 余裕の時間はプロ人財に成長が始まり、、業務を越えた大局的見地で  業務に必要な情報を吸収する生活リズムができてきます。家族を大切にし、家族サービス
 のできるリズムが、地域のカタライザーとして進行するプロジェクトにプラス影響を始めて
 きます。その地域CATV人財の地域での価値は増加を始めます。
 

4.適性規模に合わせて、先行投資予算を含めて損益分岐点以上の付加価値を生む
 ために社内の全機能を活かすプロ人財を育成し、新コンテンツノウハウを増殖させる。

 CATVは 地域活性化、貢献できる人財が育つ機会があり、「超プロ人財」が育つ
 土壌があります。
 加入者(企業も含む)がすべてのコンテンツプロジェクトの主役です。そのコンテンツ
 プロジェクトが、地域活性化、地域貢献の成功度は、CATV人財の、カタライザー、黒子
 の役割できまります。経験の累積量ができ、プロジェクトコンテンツの進行総合的
 ノウハウができ、一定量を超えると、各プロジエクトコンテンツ担当リーダー(加入者)と、  推進メンバー(加入者)を重点に、軌道修正すれば、工数を少なくしても想定以上に
 の成果がでるようになります。 あなたは、さらに一ランク高い業務にとりかからば
 よい。
  

 ●超プロとは、自ら緊急時は全てを代行できるが、平時は、自分の存在価値のある
   付加価値の高い仕事、代行者のない事項、時間生産が悪く、事前に土壌をつくり
   を遂行し方向性を決め、他のメンバーを育てる目的で、引き継ぎ、まかせ、進行
   見守り進化の節目ごとにアドバイスを継続できる人財。

  ・さらに1段高いテーマ、新しい進化の方向のノウハウを構築するような未来構築業務
   を重点を実戦することができる人財。(最初のノウハウの構築者、パイオニア)
  ・責任範囲内の個別の業務を遂行する自分と同等以上の人財に育てながら、他の
   業務間とのより効率的にするための調整できる人財。
  ・決められた総人件費内で、必要な、時間人工数が不足する場合は、社員外のパート
   ナーも活かし、成果に応じた報酬を確保する支援ができる人財。
  ・業務に精通した、一流人財以上の人にしか、その人財の動きが観えない存在です。
   従って、現実的評価と乖離します。引き継いだ育てた人の評価が高い場合が
   通常です。普通人は本人も自力で成長したと気づかない存在です。
   その時の普通の人の評価は動きが見えないため低いことを当然と割りきり自分の
   存在価値をさらにます成長を志す組織価値優先人財。
   さらに関係する人たちの業務が円滑にすすむことになります。その人財が入ると
   赤字、成果が出ないコンテンツプロジェクトも必ず黒字化、優れた固有ノウハウが
   生まれるようになります。
  ・コンテンツプロジェクトの成功は、すべてそのリーダー推進メンバーの外部評価に
   なりますが、そし インフラに関係する人の価値判断は、多様ですが、このような
   日常行動ができるようになると、会う人の要望する声が聞こえる世になり、
   焦点の合ったコンテンツを生むことができるようになります。


◎CATV企業は、装置産業(ハード)と創造的コンテンツ産業(ソフト)
 地域のコミュニティの活性化仕掛け人として最新の情報発信源追求が 必要で、
 人財グループの成長が早くする必要があります。 


◎自エリアの現在の加入者の分析をし、過去の加入取り消し者の分析をし、加入者を
 優先し、加入者と共に地域を変えるテーマを決め、それにふさわしい戦術戦闘内容
 (すすめ方)を現有の社員数で費用を最小にし、 2008年後半をテストマーケティング
 として、選んだテーマの協力推進者がいるものを早期に立ち上げ、ノウハウを構築し、
 成果の徴候を出すことが初期段階です。

 他の地域CATV企業で、熱心な企業の先進情報を吸収しその推進人財を招き、自地域
 のリーダーを短期養成の内容を高度化する。

 自エリアの成功事例はバーター方式で、そのCATV企業に要望が あれば総力で支援
 する。(他エリアで展開すると、気づかなかったプラスノウハウ追加されたノウハウがわか
 り、さらに自社コンテンツが進化します。非公開は進化にブレーキをかけます。)
 地域密着CATVの場合、地域に関係した各業界の固有ノウハウをもつ人財との連携が 
 できるためインフラの充実スピードを上げる機能を活かし、基本的整備を複数テーマ
 同時に進行できます。

 ただし、地域のそのときの条件、人材、人財の成長度合いが異なるため、成功度格差が
 でますが、各テーマのNO1エリアを重点にさら進化させ新ノウハウを構築する。続けて、  その追加ノウハウを関係CATVへ要求がなくても提供しするとが重要です。(そのことが
 提供先の他のテーマの追加情報が、自エリアのカイゼンのヒントになる場合が多い。
 相互のプラス姿勢が重要です。 地域蜜着CATV企業は必ず、未来へ前進します。
 縦型組織に属さない地域CATV企業は、神経細胞「ニューロン」の役割ができます。

 ●毎年のケーブルテレビショーで、地域の進化を定期的に公開し、比べて学んで吸収し    自社の戦術戦闘に付加し合う、情報共有化の場としてその開催に合わせて、拮抗した
  経営努力をお奨めします。
    現在のイベントは、加入者を増加する役割と少しづれています。来年は修正が
  必要です。逆に、日本、地域、業界を進化させる年1度の機会(継続的)という
  視点で考えると何を重点にすべきかわかります。
 
   日本国を1社の企業とした場合の、全社研修会で成功事例に学び、その戦術、戦闘、   全ての体系的ノウハウを共有する成長企業の研修手法。研修参加者は、実現力、
   応用力人財及び候補者に絞り選抜参加させ、帰社即社内共有の研修を実施し、
   自エリア内戦術、戦闘の中身を具体的に組み立てる。 地域CATVがライフライン
   で重要な機能をし、加入して、活かしきる方向を多くの人に納得をしてもらう
   プレゼンテーションの場も必要です、表彰だけでは、インパクトがありません。
 
 
◎CATV業界の持つ、全個人、組織の情報が、戦略的に集約できる「磁石的産業」
  
であり「限られた人の生まれて死までの人生設計」の選択素材を提供できる。
  経営陣がCSR(社会的責任)として、日本観、世界観、地球観、宇宙観を持つ人財
  出なければ、ライフラインが、人間の破滅へ導く力を持っています。

 ●「磁石産業」として、個人、組織を動かす志援のカタライザー(化学反応の触媒、
   協力支援型)人財をいかに多く養成するかが重要です。
     短期で人財としての基本素養を蓄積すると、机上の新聞業界よりも 各論現実化
   能力が高いため、カタライザーもどき「我」型、指導者型(周囲後継者が育たない)で、
   人にやらせる各種のコンサルタントが 想定以上の短期で出現してきます。
   蓄積すべ追加ノウハウ量の増分は低く、関係者の評価が悪く、逆に中長期視点で
   マイナスになります。経営陣が、人生哲学をプロセスを  踏んで超一流化した人財の
   素養がなければ、一家言を持つこれらのモドキ人材を正常の人財へ変えるパワーに   格差がでます。実現時間に格差がでます。人間の未来にプラスへ誘導する確率に
   相関性があります。

 CATV業界は「カタライザー」現実処理業の能力があり、提供するクライアント
 (契約顧客)に、支払い能力に応じて、工数人件費が原価型の粗利率の高い
 収入源
ができます。その収益が、先行投資へ組み込むこができます。人材の
 実戦量の増加とともに、想定以上の成長となります。
 すでに導入期、成長された人財が全国で輩出してきましたが、まだ、収益源として人財
 ノウハウの価値に気づく、周囲も、経営陣も少ないのが現実です。

 ◎お金を助成し、支払うところから、関係者一人から価値への対価をもらう方法は、多種
  あります。ただし、成功へ導き、そのリーダを養成する責任が発生します。
  最初は、「真似した方式」成功検証内容からはじめ、細部のアドバイスは専門家を自在
  にコーディネイトする方法等、状況に合わせた戦術はあります。  

  人が情報を知る情報源、波及伝播速度は、想定以上に加速され、その情報の地球の
 未来、宇宙の未来にプラス要素が多い方向へ価値基準を成長させなければ、価値判断
 が狂えば地球の破壊ができる時代になりました。

 情報氾濫の時代、日本人の日常行動が集団の中で、ふさわしくない価値判断をする人
 の数、大人として倫理道徳の模範となるべき世代の「子供戻り」の増殖の歯止めは、
 地域個人のコミュニケーションを有線(確実)につなげ、正しさの目を開かせる動機付け  それが定着してきたかを定点チェックできる機能を持つています。
 
 
 「神経末端、毛細血管機能」を持つ、ミクロミクロの接触が可能なシクミをつくることの
 できるCATV業界の存在価値です。
 (そのすすめ方は多数あり、自社の現有人材の能力強み部分から始めればよい。
 継続すると、手法は無限に増加します。共に成長するCAYV企業間の情報共有で、
 実現スピードの加速ができます。) 
 
                                            2008.07.01
 


商品一覧