開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

地域密着型CATVの地域との融合現状

■地域密着型CATVの地域との融合現状 100607

新製品・新事業開発のための情報>地域密着型CATVの地域との融合現状



 

更新 2011.01.25

「A志援サイト」に 勉強仲間として、集まった地域CATV企業に関係 がある
自社を発展を託された人財のあなたが、地域のライフラインの整備、その機能を
活かし、地域の活性化の指揮者の役割として、地域の多くの人を巻き込むため
行動が全国で一歩一歩前進を初めています。 

戦略は”あなた”が主導で創ること、地域ごとに重点集中テーマは違います。
”あなた”が選び未来を創る役割を待望しています。


他の業界の人財にとっても、CATV業界の変化検証することは、自社の
所属する業界での事業展開を創るときの重点ポイントがわかってきます。
現地現場での変化の検証をお奨めします。


「次世代照明技術団体関連」
  多くの業界に関わる照明技術は、LED、有機EL等次世代照明技術と複合活用
  できる新しい機能段階に入ってきました。新機能開発競争時代が到来してきました。
    太陽を活かし、太陽の機能不足を補完し、夜の地域の生産性を上げ、高齢者の
  収入源となる事業投資を推奨します。



「新製品、新事業開発のための情報」
  地域のインフラに関わる21世紀加速度的進化事業を、地域が共に豊になるように
  活かす最適規模の持続的発展が、生業家業、中小企業の選ぶ道の一つです。
  個別企業で企業視点の我の経営による「剛行動型」から、地域の中で整合し、
  「もちつもたれつ」の「柔行動型」経営へ、脱兎のごとく、領域を変える時がきています。
  地域密着CATVを核に、国他力の不足を言う他責はやめて、棲み易い地域へ変える
  行動をはじめるときです。あなたが活かされている存在価値を地域に残すことを待望
  しています。あなたが変わると周囲が変わりはじめます。
  地域の時間生産性200%以上変えるパワーは 40代50代60代の女性群です。
  子ども帰りミーハー型現実逃避、仮想の世界(視聴覚の虚構)へ向かう自分に気づき
  身近な社会をもうちょっとよくする視点へ集団パワーのベクトル方向へ変えることを
  待望します。 あなたから変われば地域のちょっと変な日本人を矯正できる総能力
  はあります。時間とお金を地域の生産性の高い富の循環型に活かし、子育ての実績
  は、地域を育てる知恵、行動総能力が短期で発揮できる確率は高い。
  「地域密着CATV」をどのように活かすか、自らの収入源とする努力が、地域をよく
  する方向と整合させた行動ができる「無欲の欲」行動に気づく人数が加速度増加を
  待望しています。日本のどの地域から変わり始めるか、20世紀前の負の行動を支えた
  全体主義最大のパワーがだれであったかに気づき、21世紀は正の行動で、全体主義
  最大のパワーを発揮し、短期で、日本国の存亡に歯止めを掛け、反転させることが
  できる限界の分水嶺の時代によい方向へ選択できる確率は高い層の一つであること
  に気づくときです。
 



国家的企業環境変化 20世紀型アナログ型から21世紀型デジタル型へ
インフラの本流が本格的に変わる時期が近づきました。


経営の舵取りプロセスの先行管理が将来の企業存続の軌道を
決定する時期です。企業の「キー人財・制御人財」である”あなた”が、
全知全能を活かし現場力を発揮し、活躍しなければならない時です。

地域を重点業績基盤とする企業、その地域に所属する人々は
そのしくみの中で生きることになります。CATVはその地域の
「プロフィットセンター」として日本国の重要な役割をするようになります。


日本国内の全ての優れた人財でさえ未知の緊急度の高い企業環境変化を
経験します。20世紀の経験者はゼロです。

◎アメリカが2009年からデジタル化されました。先人の変化を過去のように
早期に学ぶ真似るのも一方法です。
しかく 国土が狭く、人口密度が高い狭い日本にとって、地域密着型CATVの機能を
活かしきる重要度は高まってきました。機能の正常進化を待望する分野です。

インターネット社会の情報知識優位の左脳機能の成長を補完する個人固有の暗黙知
である右脳機能を正常化し、地域の整合された人組みによる総合暗黙知の量がある
段階を超えると、左脳を抑制制御できる確率の高い機能を持があります。日本国の
地域密着CATVは、日本でベクトルの方向がバラバラで進化している機能を整合する
ために財と時間と、多くの人材を浪費するより、ベクトルの方向が同じ方向がまだ
優位な地域CATVが最適実現度確率が高い方法の一つです。
広域CATVの中に地域CATVが組み込まれる前に「超磁力(経営資源を集約吸引する
力を持つ)」に気づき、地域の環境変化に適合して「太陽下ひまわり」のよう自動制御
機能を発揮する時が近かづいています。




首都圏、近隣大都市、海外の人口集約都市等の市場で地域CATVを中心地域の全インフラ、
地域の人を活かして、物心ともに豊かになるために地域に財(儲かる)を誘導制御する機能を
発揮しはじめる段階になってきました。
事業の全サイクルをループさせ、小さい成功事例を創り初める時です。
地産地消に固執し、地域内財の循環型は、外部からの地域参入機能の進化スピードが想定
以上早い時代は衰退待つだけです。極小の大企業に依存する時代から、大量の地方中小企業
を整合させ、融合企業として大企業と比肩するしくみシステムインフラを構築できるITの進化で
出来る確率が高くなってきました。大企業と拮抗できる地域の固有技術を持つ中小企業集団に
なれば、大企業、中堅企業と地域企業集団とが相互連携し、オールジャパンで海外戦略を展開
出来る段階になつてきます。あなたの地域から始めなければ何もできない。原因他人論、他人
責任から、自分責任、自分が変えるトリガー役をはじめる時です。

地産の総能力機能は 他地域からの参入に対し障壁を高くなり、勝ち残る体質へ変わりはじめます。
競争激化の大市場で着実に勝ち残る総質量の対応力を構築し続ければ拮抗できはじめます。
地域の固有の暗黙智(知)領域の強みを継続的に構築しに重点比率を60%以上にすることが必要
条件です。時のタイミングがずれると復元できにくい分水嶺が近づいています。


CATV業界の第一次進化は 従来の先人の知恵である形式知のクラウド機能
を活かし先進国の体系化ノウハウを活用できる投資金額の潤沢な大資本型の
全国広域型CATVが、戦略的に経営統合により急速に拡大事業展開する
市場の成長段階が入りってきました。20世紀代では想定できないスピードで
シェアの寡占化の徴候が顕在化してきました。

地域密着型CATVは、勝ち残るために自社の総合能力量の中で中期短期内で
実現できる形式知機能の限界を見極める分水嶺の時が近づいています。
広域型CATVの強みである多種類サービス機能は、最小のローコストで
コンテンツの進化に対応して活かすために有料補完活用をすることが重要です。
加入者の6割以上の人が企業を選ぶ価値判断は泡のようなブランドと形式知
内容を優先にしています。これからの中期生き残るためには具備しないと加入
取り消しの条件の一つになる徴候が顕在化してきました。
従来の成功体験である形式知を重視する顧客サービス満足度を維持する上では
必要条件となります。

大企業の類似のコンテンツを同等レベル内容で自力で構築する場合には
想定以上の人資金時間が必要になります。知名度出演者をローカル型出演者に
変えると相対比較すると見劣りする傾向があり、顧客満足度のプラスになる確率は
低くなりました。

現状の形式知の視点からみると、地域CATVの事業存続がふさわしくない市場成長
段階に入ってきたことを早期に感知することが必要です。
小資本同士が経営統合しても、その統合効果は、短期でその効果を超えるコンテンツ
が構築できる機能をすでに大規模広域CATVである大企業グループは実現できるしくみ
システムを急速に進化させ、大量の人を均質成長スピード養成できる段階になって
きました。


地域密着型CATVの勝ち残りの領域を「暗黙知」へ重点をシフトさせる時期が
きました。


事業エリアの地域のヒトモノカネの進化の履歴を実証し記録し、「形式知(データ、
マニュアル、技術、規模等)」と次元が異なる「暗黙知(主観的、直感的他人に伝達
して共有化が出来にくい智)」を重点に実践行動重視のコンテンツにし、地域ニッチ
戦略に事業展開の重点を置く軌道を変える分水嶺の時期が近づいています。

CATVの第二次進化、第三次進化は、大企業型広域CATVと地域密着CATVの強存
強栄のための棲み分け時代がはじまります。勝ち残りの戦略への切り替えを急ぐ
時です。地域密着CATVの存在価値は永続的善循環の中心的存在の段階に入り
ます。

国の施策は世界に比肩するために広域型大企業に有利にますますなりますが、
地方自治地方行政存続のためには、地域内で存在価値のある地域CATVを核にした
インフラ、地域の税収アップのために戦略的行動が必要になります。
従来の成功体験は寡占化が急速に進み、地域CATVの独自性はそのグループに
吸収される方向の規制緩和や施策の徴候がではじめました。


地域の暗黙知の構築(環境、成長過程、税収アップの方法等ミクロミクロ部分とまり
実践行動は異なります。)コンテンツを、有料で広域型CATVが全国規模形式知を
集約するときに、地域事例として提供すればよい。地域の暗黙知、他県の成功事例を
そのまま真似ても、儲かる量に格差があり、事例という情報知識であり、仮想の段階
です。実践現実化をするためには、ふさわしく成長した人の必要数以上が育っていな
きれば実現できません。地域CATVだけが実現できる固有の機能の一つです。

地域CATVは地域に棲む全員(幼児から高齢者、健康、非健康すべて)が地域を
存続させ、赤字国家日本を黒字化できかつ、世界的視野、視点での国の人財が
少ない時代、国に期待せず富裕な地方自治を目指す方がともに豊かになれる
分水嶺が近づいています。

地域の人が安心安全に生活する地域のインフラの進化とそれを地域の棲む人が
物心ともに豊かになる日本人としてふさわしい人を育てる機能を持っています。
現在の日本の中で即戦力化機能を持つ企業は地域CATVが最適です。
民主主義という多数決社会を正しい方向へ誘導できる機能は地域CATVが最適
な方法の一つです。

ただし地域密着CATVは、政治宗教主義等と等間隔の中心点にあり 偏軸の少ない
経営理念とビジョンを持ち、番組編成のための倫理委員会組織、政治宗教主義等は
想定できる球面比較方式で偏らないことが重要です。偏らないことはコンテンツを運営
する上で組織の整合時必要条件になります。メッセンジャ型マーケットイン思考では
なく、地域の理想追求型のプロダクトアウト思考を継続的に成長させ選択価値判断を
継続的にアップする方法をとり、現実を直視し避けず、地域にとりプラス領域人材数
の増加と保持をすることが行動指針の一つです。 


◎時代の幻惑から離れて、一人の自分が人生で活かせる時間の時間生産性
が上がり傍も共に豊かになる環境、インフラ整備方向を検討した場合、地域
密着型CATVの価値に気づく確率は高い。人が創る世界のどの地域でも、
日本のビジネスモデルは共有できる方向の一つです。


人間一人が自らの夢を実現するプロセス行動をとることのできる1時点での自らの価値基盤、行動領域は、
広域ではなく限られた領域内しか動けません。また全人平等の原則人生で活かせる時間は有限です。
夢の実現量を多くするためには、価値基準を着実に成長させる実行総能力の増加量に相関して現実社会
での実現量は増加します。(組織の人を活かす質量で更に増幅されます。)

・現実は、1時点では行動は地域の限定領域内で、近くの人とのつながりで毎日をすごしています。
地域のより正しい集団の中で、物心ともに正しく、地域CATVのコンテンツへの参加で収入の補填し
地域の集団の総能力質量を上げ、日本国の海外へ財の流出に歯止めをかけ、地域集団の総能力
で海外から逆に財を稼ぎ、日本国の実質財を増加させる確率は高くなってきました。「おらが町の
商工会議所(商工会は後回し)」、「おらが町のJA」、「おらが町の郵便局」、「おらが町の商店街}
「おらが町のガソリンスタンド」「おらが町の電気ガス水道」、「おらが町の病院」、「おらが町の学校」
「おらが町のお役所」、「おらが町の交通機関」等の機能を地域CATVが突破口として活かすライフ
ラインとして中期事業計画に組み込みがテーマとなります。おらが町の地産地消型事業を骨格に
地域の強みを活かす地域戦略展開をCATVが心臓であり血管回路を繋げる役割、脳からの神経回路の
役割機能があります。机上型のお役所の事業計画を具体的に実現するためには、実業の機能が整合
されて機能しなければなりません。民主主義、自由競争は、現在の日本国の世界での生き残りのために
上位富裕層優先で他は疲弊する方法が本流ですが、地域は、中間層の富裕化数の拡大させ、地域
行政の収入を増加させる方向へ誘導できる確率が高い現在ある機能は地域CATVが最適の一つです。
それぞれ、一生懸命で地域の成長ベクトルの方向は同方向ではなく、学にマイナス方向の総ベクトル
地域が50%以上で未整合状態です。全ての人も個人で正しいと行動していると思い込んでいますが
集団では、マイナス領域、マイナスの人としての下限限界点である法律以下の人の数が加速度増加
をはじめ、その人さえ正しいと思い込んでいる集団組織未整合時代の徴候が世界的になってきました。
未整合を整合しプラス軌道へ制御できる機能は地域CATVにあることに気づく段階にきています。


・CATVを見る時間は1日何時間でしょうか、その時間は仮想の時間で現実の時間ではありません。
貴重な人の時間を浪費させ、価値判断を成長させない、何一つ現実はよく変わらない、浪費時間の
増加方向から短い時間、地域全員主役型のコンテンツを育て、その中で、時間軸で進化する姿、
登場人物の年齢変化の記録、そのコンテンツは地域の収益源、共に豊かになるためのインフラの
充実、参加することが個人の収益源になるしくみができます。地場の中堅企業以上の企業の
臨床実証試験をテーマにして、スポンサー広告を提供してもらい、その広告料を、コンテンツ参加者
の人件費に充当する方式をとる。全国規模の企業の拠点単位で協賛し行うことも可能です。

現在は観光関連コンテンツに着目する場合が多いですが、地域の主力業種に関するコンテンツを
推奨します。資金の協力提供能力が必要なためです。短期にコンテンツ参加総人数を多数(交代)
育成開始し、多くのコンテンツを平行で実施し総合的なプロジェクトを推進できるリーダーを養成する
ことを急ぐことを推奨します。地域の主力企業の暗黙知は国際競争に勝ち抜くためのコンテンツであり、
その企業の戦略目的はブラックボックスとして、総合的運営責任者は、その企業の制御人財が担当し
将来の企業の役員候補の臨床の場として提供し、全国規模のCATVにコンテンツを販売する場合は
そのスポンサー企業の公開限界内の形式知で抑えることが重要です。コンテンツの参加者は、部分
の担当であり、代替可能なしくみにし、継続してやりたい人はエリアを変えて、地域内の他のエリア
でコンテンツを立ち上げ、相対比較させ、互いにさらに進化を加速するように誘導する。

大資本広域型CATVの場合コンテンツの中で演ずる人は、仮想で現実誇張をしなければ、大量の
視聴者が理解できないため、現実の人ではなく、らしく演じる人、知名度ハロー効果を活かし、映画の
セット型の人(人の中身、価値判断レベル格差は無限で、乖離しています)が必要です。バブル(泡)
だけで実態にない人が主役登場人物です。つくられ、編集され、不連続な仮想の世界です。
形式知が創る仮想の世界です。恐れ幻惑されることは相手の強みに自分の弱みと比較しているだけ
です。

地域CATVのコンテンツの主役は中身のあるその人の「生き様」を主役にして、中身の本質成長を
連続する実態(体)の人が対象です。
本物の人は、その場に棲む人であり、生活、人生そのものであり、その人を整合させ地域の1つの球体
(2次元比喩では織物のように)化を少しづつ継続的に次世代へ形式知、暗黙智(知)として地域CATVが
継承する機能価値を進化できることに気づくことです。


・現実逃避し、仮想の世界に時間を浪費、刹那的な感性(音楽等)、映像の中の人を現実仮想(マニア)
したり、浪費産業(ギャンブル等)等に少民族日本人が使用する総時間が、大民族国家の一人当たりの
使用時間と同じなら、有効時間の総能力は比較にならない時間量が少ないことに気づく時です。
2次元平面を立体に見える現実仮想を3Dで実現させる時代に入りました。
(大量の乱視人間の発生し2次元(平面)の文字を利用するモバイル小文字が異常現象を始めます。
脳の神経回路の3次元(立体)現実世界と仮想の2次元(平面)世界の錯視と同一視化による潜在能脳の
判断異常の発生により現実世界の異常行動の大量発生が始まる確率は高い)

ものの実現には必要総時間量が必要であり、日本人が世界に比肩できずますます乖離の時代に入った
悪循環時代に入り「勤勉を軽視する思想」が優位になってきたことに気づく必要があります。
その人たちを地域に貢献する地域密着CATVのコンテンツに参加させ、人生の時間生産性の高い時間を
計画的に確保させ、現実行動の中に個人に応じた喜びを演出することができる「新しい発見、感動」の
プロデューサーの役割が機能的に持っています。

・ローンのしくみは、現在の収入貯蓄以上の消費ができる、会社の約束手形のしくみの応用です。
現在の収入以上の総消費金額をバブル化させるしくみです。当初の支払い計画を継続できにくい環境に
なってきました。想定外の安心補填収入源として地域CATVは加入者が本気でコンテンツ参加を促進で
きる働く環境条件が潤沢に準備できる機能があります。すべたの年齢に対応したコンテンツを準備できる
機能を持っています。質素倹約の基盤は、1円を汗を流した稼ぐとはじめて分かる感覚感性です。
先楽後憂癖から、働く時間が長くなると、収入にふさわしい活かし方がはじまり、多忙はローンの必要度を
減少させる確率は高くなります。
地域CATVのコンテンツは地域貢献が目的であり、成功度に応じて、成功報酬型収益分配をし、肩書き
キャリアは業務内容の質量に応じてリーダーグループ(3年以上の継続者)だけ変え、その他のメンバーは
外部の役職、資格等に関係なく時間給と固定給型の長期パートアルバイト型で自己成長と連動させ、
1年間テーマで3年継続させ、多技能型リーダーを多数養成できるようにする。
短期時間給は、周囲の相場より低くし、固定費は3ヶ月以上継続者に支給し、同一テーマ3年で、リーダー
人財以外は他のコンテンツテーマへチャレンジさせ、多技能化を推進する。地域への企業就職養成の場
として、キャリアシート(職安方式)に強みが書けるOFFJT、OJTの教育体系も準備する。

・コンテンツ参加は自分が主役、映像化され記録され、公開されるため、マイナス行動要素を持つヒトには
特に抑制力がある行動の個別映像管理、定点チェックをする。要領のよい世渡り上手は通用にないこと
を自覚させ自己規制に効果を発揮する確率は高く、不適切な人は、地域から出ざるをえない場合があり
ますが、戻る場を常に準備し、地域の身近な周囲の力で、壁を超えるしくみもできる確率は高い。

・広域型全国展開する寡占化した大企業の地域の拠点の人の数は、地域密着CATを構成する地域
の大企業の拠点も含め、総人数にランチェスターの法則で明らかなように、地域全域で競合はできま
せん。地域の人が主役のコンテンツを1社で全国対応できません。逆にその拠点を窓口にして、全国の
地域CATVのコンテンツを形式知にし、日本国の平均価値基準を上げる役割の企画提案し、有料で詳細
コンテンツ事例として商品を販売することができます。全国でまとめ公開されたときはすでにその事例の
内容は「出し殻」で、すでに次の進化がはじまっています。暗黙知の部分で永遠に追いつけません。
逆に他地域のCATVとテーマ共有化して相対比較できるため、良いところは学ぶ、改善する情報知識
となり、広域全国CATV機能は、地域CATVのさらなる成長源になります。



更新 2010.05.18

◎地域CATVの地域の推進人材を多数育てる第二次第三次CATVの進化に対応
した推進リーダーを育て始める時がきました。

視聴者の家族個人情報を1家族ごとに町内単位で整備を始める。コンテンツ制作
協力ごとに、内容を追加する。
製品、商品、サービス等の顧客管理とは異なるアナログ情報(価値判断)を整備
する。ある情報量以上になると、その対象家族にプラスになる提供情報が何か
なにをすべきか分かり始めて来ます。
地域の法人企業地産池消型の業績支援ができる段階になります。
他の広域型の法人の地域開拓の広告費対効果を想定した他の媒体より高い
数値を実現できるようになります。

地域CATVとともにコンテンツの中で育てるターゲット
1.高齢者(50歳以上、60歳以上の人)実務能力人材を重点にする。
・机上型より、汗をいとわない、過去表舞台にでる機会がすくなかった人
 分布数が多いグループを活かす。3段階からはだれでもよい。
 未知のコンテンツを実行型コンテンツ(暗黙知)を構築する上の着眼。
 聴き実行する能力が高いため。

・社会保険だけでは生計の収入が不足し時間の余裕がある人
・地域に生きた証をコンテンツの中に残し、子孫が回顧できる
・残された人生を次の世代にプラス領域で残す生きた証

2幼児、小学校低学年まで、世界の最先端、人としての基盤を育てる。知識だけ
の時間だけでなく地域のよさ、地域、傍との融合の集団のよさを育てる。
遊びと学び、体力づくりを一体化する
・高齢段階になると故郷にもどり、生きた証を残す、帰省本能を育てる
・情報知識仮想でわかたつもりになることと、現実の実現「ローマはあすにできない」汗と反復時間の必要性をコンテンツプロジェクトで体験し、頭の中で結論を出すくくせを押さえ、実行実現の喜びを体験させる。
・家庭学校に少ない部分を補完して日本人にふさわしい成長に誘導する。
・価値観をプラス領域で成長できるように、軌道を乗換させる。
・家族がコンテンツの主役として活動する姿を見て、満足できるようにする。

3.商工会議所の活動との連動により、業界展示会運営、資格取得等の場を
構築する。法人視聴者を大量に増やす突破口。
eーラーニングの放送コンテンツ

現在の地域インフラ企業が株主の中にある場合は、その企業をモデルにして
小規模でスタートを推奨します。
「おらが町のJA」、「おらが町の郵便局」、「おらが町の商店街}「おらが町のガソリンスタンド」
「おらが町の電気ガス水道」、「おらが町の病院」、「おらが町の学校」「おらが町のお役所」、
「おらが町の交通機関」等


4.地産地消をテーマにコンテンツを構築する。

5.地域CATVで環境条件の異なる地域と1年間で相互補完できる形で共鳴共振
共働する地域CAYVと連携してコンテンツをスタートさせる。




◎現状認識と今後の勝ち残り事業展開の細部計画の構築

●「CATV業界関連団体広域企業」
CATV業界の発展を支援する業界業界団体から業界の最新施策、最先端情報
をまなび、業界先導する広域企業の内容を知り、自社のタイムリーな舵取りに
活用ください。従来のお客様満足度を維持するために上手に補完活用する。

●「CATV業界収益があがるしくみ」
加入者の数を増やす方法は、加入者満足度を増やすこと、CATVの機能を
活かす取引先の満足度(費用対効果)の増加、CATV企業全体のローコスト化、
時間生産性、労働生産性のアップの3方法があります。
地域密着しその地域にふさわしい実践型コンテンツを加入者参加方式で構築し
暗黙知の領域を無限に拡大する。

●「地域密着CATVの役割」
地域密着CATVは、ライフラインに関係する組織、集団の機能を相乗効果が
発揮できるようにするカタライザーの役割ができます。地域に属する人を
物心共に豊かにする機能も持つダイヤモンドの原石企業です。


●「地域CATVで押さえる着眼」
地域密着型CATVが成長期に入ってきました。
2007.10.15段階での誰も経験のない未知の分野の事業に参入するための着眼
事例。
先発各社の成長段階を検証して、世界各地で、地域に貢献できるための地域
現状認識時に活かし、その地で活かしてください。

●「地域密着する各地CATVの内容比較」
A志援サイトに縁あり、ときどきご覧になる人財がおられる各地のCATV企業が
千載一隅の企業環境変化、「2011年7月24日地上放送の完全デジタル化期限」
を活かし中期経営計画を綿密に練り、共に成長されるために比べて学び活し、
もうちょっと地域に貢献できる進化を待望しています。多くの地域インフラが
個別で地域に貢献したい、ベクトルを「三本の矢」の如く、ベクトル方向は同方向
が増えてきました、地域を変える本流づくりに束ねる時期がきています。もし、
そのタイミングを逃がすと、少数の超大資本グループの中で、「地主と小作型」
に棲み分けられる分水嶺が近づいています。

◆地域型CATVの存在価値発揮・エリア1 (北海道・東北・東京・関東・信越)
◆地域型CATVの存在価値発揮・エリア2 (北陸・東海・近畿)
◆地域型CATVの存在価値発揮・エリア3 (中国・四国・九州・沖縄)




◎地域CATVのコンテンツに外部資金の調達確率が高い顕在テーマ

 共に豊になる資金調達先は「狭域高密着型地銀信用金庫の潜在力
 を活かすと地域で財の循環と実体経済化が始まります。

 

A志援のコンテンツの中に最高確率の高い最優先テーマが多数揃えてあります。
あなたに最適なものを選択して活かした下さい。

1.エネルギー関連
個人家庭の太陽発電装置、風力発電装置、その他の発電装置の普及、電力会社の電力買い取り
施策は一般家庭普及により電力料金が高くなる方向で低料金と逆方向です。個人の発電装置
投資回収は、長期間かかり、発電装置の陳腐化と発電機能のある一定期間後急速に低減するため、
再投資た必要な商品であり、投資回収は疑問があります。
日本農産物が高いのは地主の分割小作人化であつた歴史をまた繰り返す何か変な方法です。

地域CATVは一定エリア内地域にふさわしい低原価で供給できる資源(太陽、風、地熱、波、水、
燃料等)を活かし、全天候型複合中規模発電装置を共同でつくり、地域の電力料金をどの地域より
も低料金化できるコンテンツを検討段階から完成、活用、他地域より電力優位地域になる履歴を
スタートさせることを推奨します。

加入者口数参加で、政府買い取りをプラスに活かすとICTの基盤インフラである電気の確保ができ
ます。地域の利用者の電気料金が想定以上に少ないことに気づきます。
個人が家庭で電気自動車はハイブリッド車の充電する(携帯電話充電の延長発想)で個人が高い
電気料金負担をわざわざすることより町のガソリンスタンドの受電能力を付加させて企業生き残りと
石油使用量が減少しても存在価値存続ができ、安く充電できるしくみシステムを構築することを
推奨します。
ネット社会、危機管理で電力の維持も自家発電方式のため緊急時に即時対応が可能になります。
運営は電力会社の地域の拠点が担当する方式で、その拠点の機能を従来と同様に活かす方式を
とる。(新規事業にしない、プロの機能を活かすことが着眼の一つ)

地域の発電装置は、地域の企業が共同で担当し、他地域の事業展開の技術力を短期で養成する
場に提供する。(有料)
稚内エリアのメガ発電等各地の発電型で、設置エリアのエネルギーのプロが高効率最新化できる
しくみシステムでなければ、技術進化が急速時期は、1〜2年で効率が悪く、生産コストを吸収出来
難い確率が高いためです。個人設備は、富裕層にまかせればよい。
すでに直流か交流か、日本、世界の規格で標準化とは別次元の国家競争時代。
次の段階は、標準化、規格化に入り、方式は、世界で最適な方にきまります。「ビデオのベータ
方式が淘汰された歴史」に学べばよい。富裕層でない場合は、個人は貴重な財を損しない選択も
一つの方法です。

電力会社はスマートグリット実証試験の地域として、地域CATVと連携して送電網を構築する。
(有料)。サポートは一定エリアにまとめた「町内会が緊急時対応」させ、地域CATVが各企業の
業務代行機能を持つ、平時は、従来方式、地域の代理店が担当してもよい。

発電システムの地域個人普及の高いコスト方式から、共同による個人の利用数(普及)を計画的に
拡大できます。(有料)

地域CATVの共同発電設備コンテンツは、完成すると地域の観光見学テーマで、発電装置も子ども
の見学、勉強を博物館科学館機能と併設し、しくみシステム働く人が見える水族館方式を採用し、
収益源とし、他地域たらの利益誘導に活かす。


2全天候併用型中規模植物工場関連(養殖栽培工場関連)
 <
露地型・半閉鎖型との共存併用>
植物工場に必要な電力をローコストで提供できる。
「おらが町のJA}と連携すると食材別にローコスト植物工場と販路を想定以上の速さで構築できる。加入者の農業人口の収益補填プロジェクトとして、地産地消段階から中期で広域産直販路の構築ができ、地域は安心安全で鮮度の高いものを大企業販路に幻惑されずに出来始めます。
準備段階からプロセス履歴をコンテンツとして残し、その中の地域の主役が実践経験(暗黙知)と体系化した形式知と映像で、地域のどこでも、更にローコスト化して展開ができます。販路は、大企業型、自分だけ儲かり、その他は疲弊しても競争社会の原理だとするビジネスモデルはまかせ、食料不足の海外の国との直接取引販路とし、冷凍技術を活かし輸出で外貨を地域に誘導することを推奨。
海外販路開拓は、地域の商社の販路開拓教育の物販事例として、自社の販売行動に連動させる。(有料)

養殖栽培工場も地域の漁連と連携すると、疲弊する漁連漁業人口の収益補填プロジェクトになります。冷凍技術を活かし、海外市場で外貨を地域に誘導することを推奨。

地域CATVだけできる海外に日本の財を流出させる歯止め企業の一つです。

地域の食料自給率の向上のプロデューサーとしてその趨勢記録が他エリアに形式知として水平展開できます。最先端ノウハウは、早く着手した地域の企業と人の中で育ちます。


3.人口増加へ方向を急増できる人口対策関連
個人に支給される子ども手当ては、使用内容を国へ報告義務がありません。支給された子どもの成長のために使われたかわからくしてあります。個人の支給金額では地域の人口増加、地域の子ども育ての環境整備とは別次元でなにも効果がありません。地域CATVは子ども手当の生きた活かし方の事例を加入者対象に啓発するコンテンツをつくり、良い事例つくるプルジェクトをつくり記録し、よい事例を形式知として普及できる機能をもっています。そのとき複合的に整備すべきインルラテーマが出るように誘導する機能を発揮する必要があります。地域の適齢期の男女が、産み育てるためには、近くの他人の時間の支援能力が必要です。
地域CATVが、集合インフラ(乳幼児対応施設)の分散均等の役割を果たし、
個人の不安を解消できる機能と、より時間生産性を高める方向への啓発機能があいます。病院、消防、救急等全てのインフラをつなぐ役割を緊急時発揮できます。
地域の保育所、幼稚園の行事の記録は、地域の人が主役です。人を集団の中でただしく育てることができます。

多くのコンテンツの中で、働く生き様を適齢世代の仲人役割を最適機能を地域CATVで持つています。高望みグループは他の多くの機関にまかせ、縁、長期生活を共にできる伴侶をバブルとは違う視点の本音建前の乖離のすくない自然体で結婚する数を増やし、その子ども家族の年齢変化を主役としてコンテンツ化すると、離婚率、家庭内幼児虐待等の社会現象も少ない地域にする機能があります。

4.低学年(小学4年程度)の人生の倫理観価値観の癖を、正しい領域誘導
学校、地域活動、塾、図書館、博物館、科学館、水族館、神社仏閣等の強みを
活かし、加入者の個人別不足分野の成長を支援でくるコンテンツを集団型で多角的に運営することが出来るのは地域CATVです。

参加した子ども達は成長し、成人すると地域CATVのプロジェクトを推進する人の数は加速度的に増加し始める段階に入いります。


5.大学生、大学院生と地域企業との産学を推進する
官(団体)の先人の形式知の集約を活かし、その人をサポートとして活かしながらプロジエクトを推進する。高齢者の安心生活基盤インフラの構築をテーマにする。介護等もその中に加える。目的は社会でのホスピタル感性の養成と体得です。この世代がホスピタル要素を持つとどの企業内でも組織の中でプラス領域の人材として将来は人財に成長できる人材基盤ができてくる確率は高い。
そのプロジエクトは、関係者全員主役、高齢者の家族が次の時代で生きた記録を見ることができます。(コンテンツレンタル方式も可能)
企業との連携は、入社前教育も兼ねて、地場企業への就職率を上げる方法の一つになります。企業の社員では出来ない、人数不足する部門、視点の硬直を和らげる刺激として、開発部門の社員連携はより効果的です。

 「国立高等専門学校機構」「農業関連大学&水産関連大学」「専門職大学院」や地域の大学
の若い世代が地域の人と地域を良くするための未知の未来を拓く、推進者になるために「訓練をしながら実戦力」を磨き、卒業後の実戦の時代は「実戦は訓練のように」行動し、評価され、実戦の場で
未来にプラスになる人材化確率の高くする支援を推奨します。
 


6.地域の環境改善
地域をブロックにわけて共通の検査項目で、ブロック内企業の環境対応の記録内容を定点記録し、
地域の総変化を記録し、見える化、良いブロックに真似る形式知の常にレベルアップをするしくみをつくる。

他のテーマとして水、川、土壌、海、森林等自然環境テーマを地域で最優先課題から始める。
行政依存を「おらが地域」行政の予算を上手に活かし、浄化の必要な関係者から資金の提供を受けて地域の高齢者と中学生までの子どもを主役に地域の保全を推進する。

子ども世代は健康な環境の中で生活するため、高齢者は、生きている間に子孫の自分達の破壊した環境を復元するために社会貢献しながら収入の補填をするため。共に使命感、環境価値が分かるため本気度は違います。その推進リーダーは大学生、大学院生に分担させる。企業の最先端機器を活用し、従来の一時的やったつもりふりの仮想ムード映像ではない。日日改善し改善し変わる現実を事例とする。

 林業再生「緑の社会資本」の現状
農林水産省は2001年6月それまでの林業基本法を抜本的に見直した「森林・林業基本法を制定、拡大像リン政策を基本にした林業行政を大きく転換、新法は「緑の社会資本」と位置づけ「100年先を見通した森林づくりと国産材の復活」を目指し、森林の多面機能の発揮と林業の持続的発展を基本政策にしています。


7首都圏進出企業で、地方企業の業績貢献度が1/3以上の企業の
首都圏侵攻深耕の現状


競合他社が多く、自社以上の大企業中堅企業の競争の中で、業績貢献するプロセスの記録を業種別に記録し、地域を離れ活躍している人の姿を企業探訪形式で記録化し、地域の首都圏進出時の先人の智慧のサポートと首都圏侵攻開拓のエリア別連携をし、営業パーソン数の補完戦略がとれる情報集約センターの役割を地域CATVが地域銀行の首都圏拠点と連携し、地域県人会等の組織と連携し地域の総能力を高める1企業では出来ない集団力を発揮させる。
地域の首都圏進出企業の支援する行政のしくみも活かす。
 


 


◎2007.10.15 段階での提言内容(原点回帰)

「A志援-創客.com」サイトを活用いただくCATV関連企業の
”人財のあなた”が、ビジネスチャンスを活かしきる時に役立つ内容にしました。

”あなた”が活躍するために検証・確証・確信・決断するとき、A志援のサイトを
自らの「智慧袋として活用できるように戦術・戦闘体制を組むとき役立つ内容」
を更新します。

「A志援サイト」に 勉強仲間として、、集まった地域CATV企業に関係 がある
自社を発展を託された人財のあなたが、地域のライフラインの整備、その機能を
活かし、地域の活性化の指揮者の役割として、地域の多くの人を巻き込むため
に必要な内容を重点に組み立てます。 

戦略は”あなた”が主導で創ることで、地域ごとに重点集中テーマは違います。
”あなた”にお任せします。


他の業界の人財にとっても、CATV業界の変化検証することは、自社の
所属する業界での事業展開を創るときの重点ポイントがわかってきます。
現地現場での変化の検証をお奨めします。


国家的企業環境変化が決まり、施行前「最終期の中期経営計画」
を展開する時期になりました。本稼動前の「助走段階」からホップ
ステップ、ジャンプするためには今が大切な時です。 

経営の舵取りプロセスの先行管理が将来の企業存続の軌道を
決定する時期です。企業の「キー人財・制御人財」である”あなた”が、
全知全能を活かし現場力を発揮し、活躍しなければならない時です。

地域を重点業績基盤とする企業、その地域に所属する人々は
そのしくみの中で生きることになります。CATVはその地域の
「プロフィットセンター」として日本国の重要な役割をするようになります。

日本国内の全ての優れた人財でさえ未知の緊急度の高い企業環境変化を
経験します。20世紀の経験者はゼロです。

今の企業の決断のスピードが今後の格差となります。
(海外の先人の情報はありますが、日本国内用には必ず整合融合が必要です。
 まだそのままの方法が成功確率が高いかどうかわかりません。)


◎日本国内の環境が20世紀代にない新しいインフラに変わり始めました。
  国主導のライフライン構築がスタートしました。 
  20世紀の成功体験の継続が正しいとは限らない時が近づいています。 

  
「2011年7月24日地上放送の完全デジタル化期限」があります。
  「2010年を目標年次として「u−Japan構想」が本格的に遂行段階に
  なっています。 「ICT社会」の実現へ進化がはじまりました。

  (ICT:Infomation & Communications Technology)
         
↓ クリック  
    ◇
「中小企業白書2008」のテーマは

    「生産性の向上と地域活性化への挑戦」です。
         地域が自力で勝ち残るために中央依存から自力で成長路線を
     構築する時代が始まりました。  
   

◎どの業界も、インフラの組み換えは千載一隅のビジネスチャンスです。  


□CATV業界、超高速通信網に関連する業界(参入緩和業界)の存在価値

  
1.日本国を一つの会社と考えて連想思考すると解かりやすい。
    ○経営者経営陣 ⇒政府官庁、国会
    ○経営戦略室 ⇒各省庁 ⇒現在の遂行の中心は「総務省」
    
○全社のプロフィット部門、部門横断の横串組織(全ての社内社外組織と
     事業計画を遂行する戦術、戦闘を組み立て実戦するためにつながっています)

      ⇒ CATV業界、参入業界(東西NTT、光関連、通信等)


    ○
各部門(縦串組織) 関係部門と連携するが独立して存在する組織のことです。

      ・大企業等の場合は「ホールディング」方式で、戦略企業を核として、事業展開します。
       その役割がCATV業界と機能が似ています。
       企業グループ化しても、その企業グループに所属しない企業が必ず存在します。
       その影響領域は限られます。人との関わりも、取引に関係する人に限ります。
       日本国を考えた場合、この大企業も、CATV業界に繋がる「縦串組織」の一つ
       にすぎません。
       
      ・CATVが繋ぐ組織は ライフランを繋ぐ役割で、すべてに繋がります。

       中央主管省庁 ⇒ 地方官庁(県、市、郡等) 団体、法人、個人企業等
       を日本国を集合組織とすると、将来も無限の広がる領域で展開できます。

    ○社員 ⇒就業年齢の国民すべて何かの集団組織のどれかに属しています。
           ただし、無職の人の職業安定所等の属しています。)
           (現在はまだ例外の人がいます。現住所が不明な人はまだ例外です。)  

    ◎お客様 ⇒国民全員(社員の家族、一族を含め、すべての世代の赤ちゃんから
            始まり、生存している老若男女)


     2.CATV業界及び参入類似機能企業は、全ての「国のライフライン横断組織」
   としての役割をします。そのために、どのような役割がふさわしいか当面の
   中期計画だけでなく、長期計画構想も重要になります。

  ◎各社の進化から、定期的に、「地域にふさわしい」内容を真似、付加したり
   魅了的コンテンツ開発のヒントとして「比べて学ぶ」ことが重要になります。
   20世紀と違い、実現までの期間が短縮しなけらば、競業他社から淘汰され
   てしまう、スピードの時代になってきました。

   自社の自主放送の良い面部分は提供し、さらに、自主放送の内容を充実
   することが重要です。特にライフラインとしての機能と地域貢献の展開
   の進化が重要です。

   地域の出張所、事務所のある場所のエリアは、そのエリアの地域密着型
   CATV企業と短期で連携を決め、自主放送の連携をして、地域の出身者
   を相互に加入促進をするような手法(例)が必要です。自力だけでなく、
   すでに智慧を持つグループとパートナーになり「共に豊かになる手法が、
   1つの目的の実現に、すべての関連ノウハウを集中させるベクトルの
   整合ができます。その整合を加速するカタライザー(化学反応の触媒
   音楽の指揮者)の役割をする人財の”あなた”から実戦をはじめないと
   何もできません。 

   地域CATV企業の全国規模の、戦略的相乗効果を出すための連携に
   着手時期がきています。日本国を一つの会社と考え、成功事例の
   共有化スピードを上げる必要があります。
  





■食料自給率の推移

この数値をみると、食料自給率が低い品目ほど、国外品目の弱点を国内品目が優位になれば、国内市場は
無限であることに気づくはずです。公開し、頻度が多くいわれる情報は、なにか変では?
重点集中の方向を正確にすることが勝ち残る道です。
世界の人の月間需要が多い自給率の高いく、食料相場に依存し高値の品目は、日本の自然を活かし
完全安心安全生産新神話で、輸出拡大が想定以上にできる確率は高い。
福島原発事故は、各国の生産物が食の安心安全に懐疑的な人の増加を誘引しました。現在のままの
日本の生産物より良い可能性があると、妥協の購入をしているだけで、自国、現在の食の安全度の信頼性
が低くなり、危険な生産をする国は、短期で日本の新神話(新ブランド)で優位な販売ができる確率は高い。
                              A志援ms 2011.06.25




 主要品目別自給率

10年以前の現状、戦略的自給率低減の内容が見える化
できます。

  1965

  1975

  1985

  1995

  2000

 米

         95

        110

       107

       104

         95

 小麦

         28

           4

         14

           7

         11

 大豆

         11

           4

           5

           2

           5

 野菜

       100

          99

          95

          85

          82

 果実

         90

          84

          77

          49

          44

 肉類

         90

          77

          81

          57

          52

   牛肉

         95

          81

          72

          39

          34

   豚肉 

        100

          86

          86

          62

          57

   鶏肉

          97

          97

          92

          69

          64

 牛乳乳製品

          86

          81

          85  

          72

          68

 魚介類

        100

          99

          93

          57

          53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率

           62

          40

          31

          30

          28

主食用穀物自給率

           80

          69

          69

          65

          60

供給熱量総合食料自給率 

           73

          54

          53

          43

          40

生産額ベースの総合食料
自給率

           86

          83

          82

          74

          71

 

 

 

 

 

 


主要品目別自給率

TPPはどこに影響しやすいか見える化できます。
 

   2005

  2006

  2007

  2008

  2009

 米

           95

          94

          94

          95

         95

 小麦

           14

          13

          14

          14

         11

 大豆

             5

            5

            5

            6

           6

 野菜

           79

          79

          81

           82

         83

 果実

           41

          38

          40

           41

         41

 肉類

           54

          56

          56

           56

         57

   牛肉

           43

          43

          43

           44

         43

   豚肉

           50

          52

          52

           52

         55

   鶏肉

           67

          69

          69

           70

         70

 牛乳乳製品

           68

          67

          66

           70

         71

 魚介類

           51

          52

          53

           53

         53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率

           28

          27

          28

           28

         26

主食用穀物自給率

           61

          60

          60

           61

         58

供給熱量総合食料自給率

           40

          39

          40

           41

         40

生産額ベースの総合食料
自給率

           69

          68

           66

           65

          70

 

 

 

 

 

 

なぜ野菜の植物工場に固執するのだろうか? 果実は、人工的環境で、世界のすべてのものが、高品質で大量に安心安全レベルで生産できる技術段階ですが?小麦、大豆は、立体型、総面積を平地耕作面積の倍増させれば、自然環境と、人工環境併用すればすでに世界の市場価格以下で生産できる技術段階ですが?
根菜類がなぜ主要品目にはいつていないのか?食品加工の原料そしての輸入総金額は?すでに通常の根菜は、大量生産できる技術段階ですが?

 

 

 

 

 

 



2011年3月11日の福島原発の事故が、世界規模の長期間自然環境汚染の原因を起す
現実に直面し、情報の何が実体か潜在脳段階で気づく扉がひらきました。
日本の食の安全安心の自給率の向上は、人間の決めた健康の仮説の政府基準であり
真の安全とは次元が違うことに世界規模で気づく人が増えた確率は高い。
従来の日本の食の安全安心神話(ブランド)の泡が逆に他国より厳しい評価基準に
かわりました。いつ回復するかわかりません。
今、食は生命維持の要素、他のものは、アダムとイブの時代の必要条件でした。
後は、人間の欲望が創り出したものかもしれません。食が人の染色体、遺伝子異常を
少なくでき、現在があります。未来の生物が人かどうかわかりません。
衣⇒住その他は、生命維持とは別次元、煩悩が創る世界。
カネがなくても働くと、ふさわしい収入で100円ショップが出来た楽な世の中、生活は出来る
ようです。いかに自分が贅沢に慣れてしまったか、再確認し原点回帰できました。

実体以外の音楽や虚像、非現実領域で癒すのは瞬時の楽、現実逃避型で同情に甘え過ぎる
ことは実体の現実に戻ったとき、反作用として奈落の底を限りなく深く感じられます。
マイナス領域から抜け出せない慢性体質になる確率は高い。
未来へ持てる130%以上の総能力を発揮して、プラス領域へベクトル方向を向けて前進する時は
今です。多くの人の前進を待望しています。
20世紀の戦後直後、焼け野原、荒廃の中で、他力を期待せず自力で立ち上るパワーの源泉である
「食を最優先とした行動でした」先人の知恵を活かす方し21世紀型で子孫に残す布石は、過去の
復元なのか、国が財政破綻寸前、復興費用が投資回収でき、破綻の歯止めができるか、日本国が
すでに始まった、他の国の財政破綻を現実化するか分水嶺のときです。国に期待せず、地域最適の
食を核にした地産地消の実体社会へ変えるのも一つの方法です。
他力を期待し、長期間無為に過ごす時間しても期待以上のものが得られない確率は高い。
一万人以上の想定外の環境になった人がいる場合は、あなたの運不運で、極端な差ができ確率は
高い。努力では解決できない何かが世の中には確率を左右する何かがあるようです。
他力を期待せず、期待度高過ぎて不足した他力の量を非難せず、プラスがあれば儲けもの程度と捉え、
最悪を想定して行動すれば道は拓けはじめます。

就業の機会がないとき、地域の食に関わるいきものづくりをすることは、育つ姿をみていると、潜在脳を
音楽や虚像や非現実領域で癒すより、植物は不思議に平常心にもどり持続的安定化する自分に
気づく時があります。汗を流し、身体を疲労させると、煩悩は夢の中の範囲で、全力行動するときは
浮かばなくなる不思議な現象があります。

従来の自然農業を、環境汚染が少ない具体的技術が進化してきています。
耕作面積、海面水面型水槽は立体型にして、生産時期をずらして、最新の冷凍機能、物流機能
地域の人の巡回物流のしくみを構築すると、近くのコンビニ、店舗とは別の、20世紀昭和の行商を
21世紀車を活かし移動店舗型に毎日必要な量を完全に売り切って終わる現金商売でいよい。
巡回用の車は、大企業の研究開発部門に提案して、全国の高齢者が分散する地方の食の安心の
ための機能開発の実証試験用で無料で提供してもらえばよい。カイゼン情報を設計者に細かく日々
報告すれば、どの企業よりWinWinになる確率は高い。植物工場は、海抜50メートル以上の地域の
荒廃したビル活かし、A志援サイトに掲載企業で、実証試験に協力する企業だけで組立て、不足する
部分は地域の中堅建設業と連携すれば、協力企業ができる確率は高い。多くの働く意欲の高い人が
未就労でいます。第一段階は若い世代を重点時し、高齢者は地域のケーブルテレビと連携して、
地産地消のための顧客のネットワークづくりのために、ケーブルテレビの入会者と連動させ、入会が
安心安全で安い(大企業スーパーより会員は安くするしくみをつくる)ものを提供できるようにする。
特に防災網も兼ねた高齢者家庭をケーブルテレビで結び、緊急時の短時間大量輸送のセンターの
役割も兼ねる、実体コミュニケーション網を構築すれば、地域信金JA行政が投資した方が得であり
WinWinの善循環のしくみに気づく時が近未来きます。だれかが動き始めることを待望します。

地域のケーブルテレビは、地産地消実体経済へ変わるプロセスを、シナリオのない映像として記録し
地域のインフラ、事業展開に関わる企業は、個人に寄付として配分すると泡消えなにも残らないが
ケーブルテレビに自社の宣伝広告費として、自社の製品装置機械が、活きて活用される実体型
映像で見える化し、そこで出演する人は、地域のCATVの視聴者の誰かが主役で、現実の業務の
ポイントを見える化する。地域の大学が、理論家、体系化して、関係者には宣伝広告費を、スポット
収入として稼ぐしくみにする。成功実績があれば、そのプロセスを編集して、資料やマニュアル化に
活かし、そのノウハウを全国の希望する地域型CATVへ有料で配信し、全国規模の映像の場合は
映像企画量を別途で請求し、ノウハウの帰属は流用時、各様権利の請求をするしくみを創ればよい。
その収入を、地域の各種インフラ構築のための経費と、設備の最新化投資費用や、地域子供を裕福
な都市部の教育環境の揃う子供を以上の、人格形成した人材を多数輩出するしくみづくりに活用する。
WinWinで事業展開できる方法のヒントトリガーはA支援サイトに揃えてあります。活かせば成功確率
は高くなります。この記録は、世界の各地で、その国の人を主役に展開できる成功確率の高い方法で
伝播し、世界の食料自給率の向上と、人間だけの我で生物多様性の循環破壊に歯止めがかかる方法
の一つになる確率は高い。

実体と乖離した仮想の世界で、静止して過ごすのも人生、汗をながし実体の世界で
過ごすのも人生、選ぶのはあなたしかありません。現在は多くの人が、本気で係わってくださる千載
一隅のチャンスの女神が眼前にいる期間です。ある期間過ぎると、それぞれの人の煩悩ベクトルは
無限に分散し、統合に時間がかかる、東日本大震災、福島原発事故の前に先祖戻りしてしまう確率
は高い。実現は世界視野の強制的行動がなければ実現に時間がかかります。



「植物工場稼動と市場」

植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場

カテゴリ一覧
CATV業界関連団体広域企業c
CATV業界の発展を支援する業界業界団体から業界の最新施策、最先端情報をまなび、業界先導する広域企業の内容を知り、自社のタイムリーな舵取りに活用ください。
CATV業界収益があがるしくみc
加入者の数を増やす方法は、加入者満足度を増やすこと、CATVの機能を活かす取引先の満足度(費用対効果)の増加、CATV企業全体のローコスト化、時間生産性、労働生産性のアップの3方法があります。
地域密着型CATV企業の役割c
地域密着CATVは、ライフラインに関係する組織、集団の機能を相乗効果が発揮できるようにするカタライザーの役割ができます。地域に属する人を物心共に豊かにする機能も持つダイヤモンドの原石企業です。
地域CATVで押さえる着眼
地域密着型CATVが成長期に入ってきました。2007.10.15段階での誰も経験のない未知の分野の事業に参入するための着眼事例。先発各社の成長段階を検証して、世界各地で、地域に貢献できるための地域現状認識時に活かし、その地で活かしてください。
地域密着CATVを補完優位化する無線機能
地域の近くの自治体地域インフラ関連企業のセンター機能としての共用連携して、地域のビジネス通信、防災・危機管理、有事対応時に有線網と同時に無線網の構築を推奨します。地域CATVが保有する最適優位機能を活かす存在価値の突破口を拓くとき。
若い最先端知識人で地域の知恵を進化
地域の財政基盤である中小企業が勝ち残るために、若い最先端知識機関で育つ多様な人を実業の場で、地域をよくするための新規事業の実証、検証の事務局機能を持たせ、地域の知恵が加速度進化をするトリガー人財に育て、未来の地域の牽引者を多数輩出させるしくみづくりの時です。
専門職大学院
専門職大学院は、科学技術の進展や社会・経済のグローバル化に伴う、社会的・国際的に活躍できる高度専門職業人養成へのニーズの高まりに対応するため、高度専門職業人の養成に目的を特化した課程として、2003(平成15)年度に創設されました。特徴としては、理論と実務を架橋した教育を行うことを基本としつつ、少人数教育、双方向的・多方向的な授業、事例研究、現地調査などの実践的な教育方法をとること、研究指導や論文審査は必須としないこと、実務家教員を一定割合置くことなどを制度上定めています。
国立高等専門学校機構
高専は、大学の教育システムとは異なり、社会が必要とする技術者を養成するため、中学校の卒業生を受け入れ、5年間(商船高専は5年半)の一貫教育を行う高等教育機関。科学・技術の更なる進歩に対応できる技術者養成した人間基盤のきちんと構築できた多くの人材が、情報洪水の中でただしく、成長をはじめてきています。
TLO(技術移転機関)を活かすd2
大学等技術移転促進法(TLO法)に基づき、文部科学大臣と経済産業大臣により特定大学技術移転事業(TLO事業)の実施計画の承認認定を受けたTLOが企業に評価される実績を上げ始め、進化のスピードが加速されてきました。
技術経営(MOT)系専門職大学院協議会d
MOT専門職大学院全体の社会的認知を高めるための取組みの一つとして、MOT協議会と産業界が一体となってMOT教育コア・カリキュラムを開発し、2009(平成21年)度末からMOT専門職大学院で修得すべき必須の教育内容と到達目標・評価基準を公開できるようなりました。