開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

最先端医療の現状

■最先端医療の現状   100602

 自分を変え周囲が変わる価値判断>最先端医療の現状
 新製品・新事業開発のための情報>最先端医療の現状

 地域型CATVの存在価値発揮・エリア1 >最先端医療の現状
 
地域型CATVの存在価値発揮・エリア2 >最先端医療の現状
 
地域型CATVの存在価値発揮・エリア3 >最先端医療の現状


 

最先端医療の現状を知り、高齢化社会、人口の増加率減少傾向の中で、心身の
健康維持、延命法は減少の歯止め効果のある基本原理の一つです。

あなたがあなたの心身にふさわしい最適高品質探しと、実戦総量、必要継続
期間を超えたかどうかで今の健康度に格差が生じます。

あなたの心身の健康度合は、あなたの実戦の結果が今の現状です。
誰にも責任を転嫁することの出来ない領域です。他人責任にしても何一つプラスに変わらず、逆に
マイナス領域を加速するだけです。あなたの健康は自力本願が唯一の方法です。

傍でできることは、その人の環境の中で、プラス領域へ導き、克服できる確率の高い方法に接する
機会を創ることです。ただし、その人が、「水のみ場で水を飲まない馬」現象が、あつても「無償の愛」
繰り返し、水を飲む方向がプラス領域であることに気づき、行動の壁を超えるまで、左脳の知識を注ぎ
続けることが必要条件です。ある量まで達すると、溢れ始め、右脳の「何か今よりよくなりそうだ」と
いう感性のトリガーが機能をはじめ、最適実戦に向かって行動が始まります。ある期間継続すると、
体質が変わり始めます。「体質がプラスに変わる量が少ないか何も変わらないように見えるのは、
その人の継続期間と、選んだ方法が最適でないためです。もうちょっと続け、もうちょっと最適を探し
続けるように知識の量を付加し、人間本来の治癒力が起動をはじめ、周囲の力に感謝し、溢れる
喜びがでてくるまで時を待つ必要があります。そのときがくると、その人の人生は選んだ周囲の力の
支援によつて善循環軌道に入ります。
成功体験が、次々と出現する壁を超え続ける起動パワーの発揮を誘発しはじめます。

◎赤ちゃんが歩き始めるまでの足、カラダの本能的な想像を超える運動量と反復継続期間があり
ある日歩き始める姿。周囲がムダに見える話しかけ量がある量を超えると、溢れるようにその周囲の
人の言語で話はじめる姿。人には、環境適応に最適に変わる力を平等に持ち、その人の成長過程の
累積が今の健康であることに気づくようになります。今の健康はその時、時でその時の身近な周囲
に影響され、傍に感謝できる「生かされる自分」に気づく段階になります。
傍をプラス領域に導く制御人財機能の多数発揮を待望しています。



健康維持機能延命機関。健康機能障害再生復元機関。健康延命機関。
地域でのその人の機能の欠落や衰えを、相互で補完できる身近な機能は地域
密着型CATVが持つ手います。地域全員に「観える化」させるインフラ機関を
集約し、地域の人の心身健康基盤の構築をすることができる、現在進化した
中で突破口としてふさわしい機能を持っていることに気づき。企業成長の初期段階
から、事業展開のオンリーワン項目として高密着深耕を継続すると、他のCATV
が比肩できない最強の一つが備わってきます。
 
あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、医療進化へ循環させるしくみ
構築をスタートさせることを待望しています。

人間の健康は、自力対症の限界を超え、生きる可能性を伸ばすためには他力の
進化が延命確率を高める方法の一つです。

自力健康保全、予防と医療、医薬等、あまたの周りの現在の最先端を活用する
ことを推奨します。あなたの健康は、周囲が明るく変わるためのトリガーの一つ
です。あなたの実行レベルに相関したあなたがいるだけです。
やるかやらないか、実行は完全自己責任です。


◎他の検索サイトを探していただきたいテーマ

心理学、カウンセラー、精神分析、催眠、精神に立脚する思い込み手法等 右脳刺激型で行動実践
とは異なる次元領域で、ある条件によりマイナス領域が固定する確率が高いため掲載してありません。
 
 




更新  2010.07.10


□最先端医療研究


 (財)先端医療振興財団

我国では、21世紀の成長産業である、健康・福祉・医療関連産業の振興が推進されています。 そして神戸地域においては、神戸経済の活性化、市民福祉の向上、 さらには、国際社会への貢献を目的とする神戸医療産業都市構想の推進が課題です。 財団は、これらの背景の中で、産学官の連携による先端医療の臨床研究や技術開発を行い、 次世代の医療システムの構築を通じて、医療サービス水準の向上と医療関連産業の集積形成を目指します。

◆先端医療センター病院
標準的な医療では対応困難な病気を克服するため、基礎医学の研究成果を臨床に応用する橋渡し研究を行う診療・研究施設として位置づけられています。従って、病院で実施している医療はいずれも高度先進的なものであり、現在次のような高度専門医療に取り組んでいます。 @造血幹細胞移植および増殖臍帯血幹細胞移植、A下肢血管再生療法、B高精度放射線治療、Cがんの総合的治療、D新薬の治験、EPET−CT検査、F脳血管内治療、平成20年度から臨床研究として開始する予定の医療は、G角膜移植、H難治性骨折の細胞移植、I関節軟骨移植などです。これらの医療をご希望の場合は、かかりつけ医からの紹介状(診療情報提供書)をもらって受診してください。

◆先端医療センター研究所
○医療機器の研究開発
○再生医療の臨床応用等
○研究支援

◆臨床研究情報センターTRI
基礎的な医学の研究成果を臨床の場に生かしていく橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ:TR)を推進するための情報拠点として、 2003 年にわが国で初めて整備された研究施設です。 国際的に激化しているライフサイエンスを基盤とする創薬・臨床開発の中で、日本の研究成果が真に国際的にリーダーシップをとれるように、臨床試験・臨床研究を支援し、それらの支援を通じて、国民全体の健康向上に貢献しています。
 










 

 未来ICT研究センターKARC
  
1989年設立

神戸研究所 未来ICT研究センター(KARC: Kobe Advanced ICT Research Center)は、情報通信分野における国の唯一の研究機関である(独)情報通信研究機構(NICT)の一翼を担う基礎研究の拠点として活動しています。全く新しい観点から知識の創造とイノベーションを目標に、バイオ、脳、ナノテクノロジー、超伝導や量子など様々な研究を行っています。また、学術的貢献のみならず、当センターのもつ情報通信用材料・デバイス作製技術、様々な計測技術などをベースに、実用化を念頭においた研究開発も関連企業・大学の皆様と協力して進めて行くことを目指しています。

◆センターの目的、概要
◆沿革  ◆ニュースリリース

◆研究項目  

●企業の方へ
産学官連携制度をご利用いただく事でNICTのリソース(ポテンシャル)をご活用いただけます。

●研究関係機関の方へ
情報・ナノ・バイオの研究を通じて未来のICT技術の創出を目指しています。

●一般の方へ
ナノ研究・バイオ研究を通じて、全く新しい視点から情報通信技術のイノベーションに挑戦しています。

○(独)情報通信研究機構本所
来るべきユビキタスネット社会を支える情報通信技術の研究開発、情報通信分野の事業支援等を総合的に行い、神戸研究所はその一つ






















 


 生理学研究所NIPS
(・大学共同利用機関法人自然科学研究機構
  ・総合研究大学院大学

大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所は唯一の人体基礎生理学研究・教育のための大学共同利用機関であり、人体の生命活動?特に脳と人体の働き?の総合的な解明とそのための国際的研究者の育成を究極の目標としています。即ち、生理学研究所は「ヒトのからだと脳の働きを大学と共同で研究し、そのための研究者を育成している研究所」です。研究を通じて、人々が健康に生活するための科学的指針を与え、そして病気の発症メカニズムの解明のための基礎となる科学的情報を与えることを目指しています。

◆生理研とは
○概要沿革    ○あいさつ
○生理学とは
○目標使命運営方向

◆研究活動/共同利用研究
最先端の生理学を「研究する」
研究機器
・超高圧電子顕微鏡
・磁気共鳴断層画像装置
・脳磁場(脳磁図)計測装置
生理学研究所の多次元共同脳科学推進センターを中心として、工学や心理学など多分野の連携による多次元的な脳科学研究の推進と、若手研究者育成を行っています。また、サバチカル制度による国内の他大学・研究機関の教授・准教授の受け入れを行っています


◆大学院(総研大)
最先端の生理学を「学ぶ」
生理学研究所は総合研究大学院大学・生命科学研究科・生理科学専攻の担当や、トレーニングコースや各種教育講座の開催によって、大学院生や若手研究者を国際的な生理科学研究者へと育成すること、全国の国公私立大学をはじめとする他研究機関との各組織の枠を越えての共同利用研究を推進すること、そして全国の大学・研究機関へと人材供給することも使命にしている。

●生理研が関わる研究活動プロジェクト
生理学研究所の研究者や職員が中心的な役割を果たしている国内外の学際的研究プロジェクト等を紹介

●日米脳日米科学技術協力事業「脳研究」分野事業募集

●脳とからだの不思議
一歩一歩学ぶ生命科学(基礎編)
  登録が必要です。


 


 日本再生医療学会

「再生医療の進歩、発展及び育成を図ると共に人類の健康増進と福祉の向上に寄与すること」を目的とします。「再生医療」とは、機能障害や機能不全に陥った生体組織・臓器に対して、細胞を積極的に利用して、その機能の再生をはかるものであります。現在、慢性的臓器機能不全疾患に対しては、臓器移植又は人工臓器による治療しか有効ではありません。しかし、臓器移植には、常に拒絶反応、免疫抑制の医学的問題と深刻なドナー不足という社会的問題を抱えています。人工臓器も生体機能代替性、生体適合性の問題があります。これらの諸問題の解決策として、「再生医療」の実現が求められています。「再生医療」は、臨床医学、基礎医学以外に分子細胞生物学、発生工学、細胞工学、組織工学、材料工学等、さらに、生命倫理学、法律学、医療経済学等を包括して成立する領域であります既に、皮膚や骨の分野においては、組織移植として実用化され、世界的に臨床応用されていることは周知のところであります。近年、バイオ人工臓器(ハイブリット型人工臓器)や幹細胞を増殖・分化させる技術の目覚ましい発展があり、臨床への 応用も近い研究分野もみられ、その成果が待たれています。

◆本学会について
○設立の趣旨   ○沿革
○あいさつ
・再生治療のための細胞ソースの確立
・ティツシュエンジニアリング治療のブレークスルーと幅広い臨床応用を促進する前臨床及び探索的臨床研究の強化
・臨床研究、治療の推進体制の整備
・再生治療社会の確立を目指して
・国際連携システムの促進
  
◆会員の皆様へ
○再生医療ハイライト
○国内外のニュース

◆一般マスコミの皆様へ
○再生医療とは
・「視力の復元」 
・「生命のマエストロ」
・「驚異の小空間細胞」

○提言、声明
◆学会誌
◆関係先リンク

 
九州工業大学大学院生命体工学研究科

21世紀は生物の時代と言われています。生物の持つ微小性、エネルギー効率性、物質変換、認識、言語などの優れた機能、すなわち生命原理に着目し、これらをシーズとする新しい分野を「生命体工学」と名付けました。学部を持たない独立研究科である生命体工学研究科は、生体や脳の持つ優れた機能を工学的に応用することを目的としています。生物が分かる工学技術者、脳が分かる情報技術者を養成します。このような複眼的思考の可能な技術者は、技術の複合化・融合化の時代に、活躍する人財を養成しています

◆生体機能専攻
生命科学を応用するシステム技術者を養成し、生体応用マイクロマシン、人間親和型ロボット、生物的ゼロエミッション等の開発する生体機能専攻
・バイオメカにクス ・バイオマテリアル  ・ヒューマンインターフェース
・ケミカルバイオロジー ・バイオセンシング ・有機エレクトロニクス

◆脳情報専攻(脳情報工学)
高次脳機能、神経生理学、ニューラルネットワークモデル、脳型デバイス、ロボティクスの分野が有機的に連携する脳情報専攻
Brain Science ⇒
Neural Computation ⇒
Brain-inspired Infomation Technology
























 (財)医療科学研究所

厚生省の医薬品産業政策懇談会は、医薬品産業を省資源・知識集約型産業として位置づけ、技術立国を目指す我が国を代表する産業として一層の研究開発努力を要請していた。こうした産業政策的視点からの要請に加え、医療の効率化に寄与するためにも我が国の製薬企業は開発志向型企業としての発展が期待され、そのための戦略的・経営的側面の研究が重要な課題となっている。このことと関連して、医薬品卸売業も医療の効率化の発展に果たしている役割についても適正に評価しなければならないであろう。当研究所が設立目的の一つに医薬品の研究開発・生産・流通に関する調査及び研究をかかげる理由である。

医療および医薬品に関する経済学的調査・研究、医薬品等に関する研究開発・生産・流通などについての調査・研究を行い、また、医療とその関連諸科学の学際的研究・調査を推進することでわが国の医療と福祉の発展を図る。

◆財団について
◆財団の活動
『医療と社会』は、医療に関する経済学的調査研究、医薬品と医薬品産業に関する経済学的・経営学的調査研究、または医療とその周辺諸領域の学際的研究を対象とした学術論文誌です。論文の掲載にあたっては、複数の専門家による厳格な審査を行っています。

◆賛助会員について

●機関誌「医療と社会」
医療に関する社会科学的研究を対象とした学術論文誌を発行しています。
●研究助成
医療に関する社会科学的調査研究に対し、助成を行っています。

●委託研究
医療科学の調査研究推進のため、各領域の第一人者に研究を委託しています。

●研究会
医療における経済、経営、流通、システムなどをテーマに研究会を開催しています。

●書籍出版
医療科学に関する専門書籍を刊行しています。

 

 

 

 
 
日本生理学会

身体の基本的な機能と仕組みを解き明かそうとしています。これにより、ライフサイエンスの進歩を目指しています。この活動を通じ、より健康な体づくり、病気の理解、治療、予防に貢献しています。
 


 
日本臓器保存生物医学会

各種臓器、組織の阻血、保存、加齢等による機能低下の防止および改善、これら青果の臓器技術医療への応用、並びに同種及び異種臓器、組織間補完性に関する生物医学的研究およびその関連分野の進歩普及をはかり、これを通じた学術文化の発展に寄与することを目的とする
 


 
日本炎症・再生医療学会  

日本の炎症・再生医学研究を代表する学術団体であり、炎症・再生医学研究の相互フィードバック、統合を通してこの分野の発展を図ることを目的とします。1972(昭和47)年4月に炎症研究会として発足いたしましたが、1980(昭和55)年からは日本炎症学会として学会に発展し、2001(平成13)年には現在の日本炎症・再生医学会に改称いたしました。これにより、炎症学から再生医学にわたる広い領域をカバーするとともに、新たな学際的領域の形成に貢献して参りました
 


 
日本分子生物学会

分子生物学が、生命科学の多くの分野における基盤科学として、これらの分野を統合し発展させる役割を担ってきたことは広く認知されています。本学会の会員諸氏が、近年の生命科学研究の急速な展開に深く関わり、常に中心的な役割を果たして来られたことは、本学会の誇りであります。

 

 日本免疫学会

○免疫学Q&A
 免疫学に関連するよくある質問に対して、各分野で第一線の研究を進める専門家が平易な日本語で答える「免疫学Q&A」を開設いたしました。

○からだをまもる免疫の不思議 

 

 日本血液学会

血液学の発展に意義のある学術的研究を支援し、医学教育と血液診療の向上に必要な学術調査や人材育成を積極的に推し進め、これら成果を社会に還元する。


 
日本サイトメトリー学会
 
1990(平成2)年、従来のフローサイトメトリーにこだわらず、細胞の持つ特性を計量的に研究し、医科学に役立てる事を目的に、広く計量細胞学を研究する学会として、「日本サイトメトリー学会」が誕生致しました。
 


 
日本バイオマテリアル学会

 生体に使用する材料およびその応用に関する科学・技術を発展・向上させることを目的とし,1978年12月4日に設立されました.医学,歯学,工学,理学,薬学,生物学などをつらねた学際領域の確立を目指し,会員もこれらの分野に携わる全国の大学,国公立研究機関,企業の研究者を中心に広い専門分野の人たちで構成されています.国際的にも世界バイオマテリアル学会の構成学会として活躍しており,
 


 

 


  (社)日本理学療法士協会

 理学療法とは,検査,測定/評価に基づき,何らかの疾病,傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力,関節可動域,協調性といった身体機能,および温熱,水,光線,電気などの物理療法による疼痛,循環などの改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき,基本的動作や日常生活活動を改善するための指導,そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなどが含まれます。近年では,生活習慣病の予防,コントロール,障害予防も理学療法の対象になっています。

◆理学療法とは
◆協会の活動

◆E-SAS(イーサス)
E-SASにおいて工夫している点は、「運動機能」に加えて「高齢者のイキイキとした地域生活づくり」を目指した心理社会的な概念および生活空間に着眼し、実践的ツールとして構成したところです。「イキイキとした地域生活」が障害の予防や重度化予防のための鍵であることを、参加者とその家族、介護予防に関わるすべてのスタッフにわかりやすく見せてくれます。
○使ってみよう
○6つの項目とアクションプラン
○イキイキ地域生活ノート
○Q&A

◆出版案内       ○学会誌「理学療法学」  ○書籍販売

◆理学療法参考資料
○医療福祉チャンエル774(SKY perfecTV)
○ICFライブラリー

○養成校一覧 

「理学療法は広く認知されつつありますが、理学療法士の社会貢献は十分とは言えません。その育成は4年制大学、大学院教育と充実してきましたが、様々な障壁により、理学療法士が実力を発揮できる職域は決して広くありません。高齢者をはじめ。様々なハンディキャップを持たれている方々の豊かな生活を実現するために、理学療法士のサービスを提供できる体制を実現することが急務だと考えています。 」ある団体の活動重点を引用させていただき、他の角度からの浸透を推奨します。
現在の法人本流の介護は営利が事業目的で、地域の近くの人たちを地域生活の一員として集団で相互支援機能より、個人孤立化の方向になる逆ベクトルに向く確率は高くなりますが、イキイキ生活ができる
日本で育ち始めた新しい総合インフラを地域行政が制御人財の役割を発揮する人財輩出が必要な時期が来ています。(有能な官僚は制御人財機能であることに気づく、あなたからはじめる時期です。) 

地域密着CATVを中心に地方地域行政が高齢化の加速に対応して地域の人施策として地域の全員が対象のために「他力本願の政治宗教主義等の機能」とは一線を引いた形で、自力本願の草の根戦略を急ぐ時期がきています。実現の期間短縮のために定着した本流づくりを 自力で一歩一歩前へ前進させることが必要です。日本国、国民の本流が変わってきたとすべてプラスに関を切った流れを構築する時代が夢ではない確率は高くなつてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 


□病院

 
 (財)脳血管研究所
  (旧「美原記念病院」付記)

附属施設として、美原記念病院、介護老人保健施設アルボース、訪問看護ステーション グラーチアを有し、脳血管障害の成因、治療、予防に対する研究に取り組んでおります。また、美原グループとして、特別養護老人ホーム アミーキを開設し、地域の皆様の福祉、健康増進のため、そして医療の発展のためさらに努力を重ねてまいります。

◆美原記念病院
美原記念病院は、脳卒中を主とした神経疾患の専門病院です。
『 脳血管障害の急性期治療、早期からのリハビリテーション、そして家庭復帰まで一貫して治療に当たる』ことを目的に開設されました。
○あいさつ   ○沿革
○病院概要

◆アルポース
介護老人保健施設 アルボースの役割は、『在宅復帰・在宅支援』。
個別ケアの充実のため、 ユニットケア、身体拘束ゼロ、音楽療法など積極的に取り入れ、ご利用者さま・ご家族さまの支援をさせていただいております。
○施設概要  ○施設案内

◆アミーキ
社会福祉法人 パトリア特別養護老人ホーム アミーキは、ご自宅の環境に似かよった安らかな生活、利用者さまとスタッフとの馴染みの関係など、個々の生活ニーズに応じたケアを行う新しいスタイルのホームです。
○施設の概要
○施設内紹介









 


 (社福)三井記念病院

 三井記念病院がある場所は、日本近代医学発祥の地、「お玉が池種痘所」に近い由緒ある地で、徳川幕府の「西洋医学所」のあった場所です。幕府が倒れた後には、明治政府によって東大医学部の前身として活動していました。そして東大医学部が本郷に移転したのち、明治39年(1906年)三井八郎右衛門氏が新たに病院を設立したため、「三井慈善病院」と呼ばれていましたが、以来数度の呼称変更を経て、昭和45年(1970年)現在の建物が建てられたとき、「三井記念病院」と改められました。当院の規模は482床ですが、多くの大学病院と同様に内科学会や外科学会を始め、多くの学会から専門医認定施設の承認を受けるとともに、若い医師を育成する臨床研修病院に指定されています。今や医療は、驚くべき速さで進歩しています。新しい診断機器、新しい治療法などが次々に登場しているなかで、当院は多方面にわたる専門医を擁し、最新・最良の医療を提供することを目指しています。

◆三井記念病院について
○アクセス

◆患者の皆様、受診希望の皆様


◆診療科一覧
診療別の外来診療表を確認したい方は、該当診療科をご覧下さい。

◆医療関係者の皆様
○地域連携室
○登録医制度の案内

◆かかりつけ医の案内
登録医検索について
「かかりつけ医」とは、日頃からの健康相談や病気の初期治療、慢性疾患の治療、緊急時すぐに相談できる地域の診療所やクリニックの医師です。

◆医療関連施設
○三井総合健診センター
○特別養護老人ホーム三井陽光苑

 佐賀大学医学部

◆地域医療科学教育研究センター
地域の医療サービス、福祉、健康生活の充実をめざす地域医療科学の教育研究を行うことを目的としています。情報化と標準化による住民本位の地位医療連携も出るの作成と実現、高齢者・障害者に対する生活自立支援など教育研究を通じて、包括的な地域医療の発展に貢献する人財育成を目標としています。

◆先端医学研究推進支援センター
本学部における医学研究活動をより一層推進するため,学際分野を含む医学教育の先端的・中心的な役割を担い,もって学内外への情報発信を行うとともに,本学部における教育研究の基盤となる高度な技術的支援とその研鑽を組織的に行うことにより,関連する医学・看護学の課題に関して重点的に 研究を発展させることを目的とする。

◆総合分析実験センター
総合分析実験センターは教育研究支援を目的とした生物資源開発部門,機器分析部門,放射性同位元素利用部門の3分野から構成

◆総合情報基盤センター
医学サブセンターは、センターの情報システムを整備運用し、本学における教育、研究、事務運営その他の情報処理のための共同利用に供するとともに学術情報システム等の開発を行い、それらに関する情報処理を効率的に行うことを目的とする学内の共同施設です。








 

 

 

 

 

 


□リハビリテーション・スポーツ

 国立身体障害者リハビリセンター

 障害者基本法には、法の理念として「すべての障害者は社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられる」とあります。国立身体障害者リハビリテーションセンターは、この理念の実現に向かって活動している国の機関です。
障害者基本法では、障害を持つ人々(障害者)とは、「病気またはけがなどにより、心身の機能が低下」したために、長期にわたり「日常生活または社会生活に相当な制限をうける」人と定義されています。
障害を持つ人々が「病気またはけがによる心身の機能の低下 」の回復、維持、向上をはかり、「日常生活または社会生活の制限」を軽減して、社会の一員として、あらゆる分野の活動に参加することを支援する活動を、保健、医療、福祉の分野で展開しています。

◆センターの紹介(あいさつ)
・設置の目的 
 
●自立支援局
・自立支援局の紹介

◆病院
・病院の紹介
障害のある方やその家族の方々から、信頼される良質なリハビリテーション医療を提供するとともに、リハビリテーション医学の発展と専門的医療者の育成に努めます。

◆研究所
・研究所の概要
日本におけるリハビリテーション技術の研究開発の中核機関として1984年に設立された。医学、工学、社会学、心理学に焦点を当てており、他に類を見ない学際的かつ任務遂行型の機関である。研究所の活動はセンターのリハビリテーション業務に密接に関わっており、その成果はセンター内の他の組織によってテスト、評価された上で利用される。現在、障害者の多様な要求に答えるために、特に評価方法、支援技術、新規な用具の開発に力点が置かれている。さらに、これらの目的に関わる基礎的研究も行われている。

◆学院    ・学院の沿革

◆国際協力

●発達障害情報センター
・はじめての方へ
発達障害情報センター・ウェブサイトでは、発達障害情報センターで収集・分析した正確かつ信頼ある情報を、各ライフステージにおいて、いろいろな立場の方に利用しやすい形で提供します。

・発達障害に気づく
幼児期に芽生える、本人は正しいことが、周囲第三者が社会の中で異常に気づき、異常を補正する役割が必要な、文明進化の高速化にミスマッチしたひとの数の増加減少。高速化非対応現象。

◎順応化から個性型育成化へ
発達障害を強みとして人生を生きる個性化が生きる存在価値強み活かしの成長支援の進化を待望。
















 

 国立職業リハビリテーションセンター

障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく「中央広域障害者職業センター」と職業能力開発促進法に基づく「中央障害者職業能力開発校」の2つの側面をもっています。厚生労働省により昭和54年に設置され、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構が運営しています。隣接する国立障害者リハビリテーションセンターとの密接な連携のもとに、障害のある方々の自立に必要な職業指導や職業訓練などを体系的に提供する、我が国における職業リハビリテーションの先駆的実施機関です。

1.入所機会は年間約10回あり、年間を通して技能を身につけた訓練生を養成しています。
2.個々の障害の特性に合わせた訓練を行います。
3.訓練生毎に個別の訓練カリキュラムに沿って訓練を行い、実力を伸ばします。
4.全ての訓練生にIT基礎訓練を行い、パソコンの基礎的操作(ワープロ、表計算、インターネット)を学びます

◆センターとは
・トピック

◆入所の方法
身体に障害のある方、脳外傷や脳血管障害により生じた記憶、思考、言語等の機能障害(高次脳機能障害)のある方

◆指導技法の提供
障害者に対する職業訓練においては、企業ニーズへの的確な対応や職域拡大を念頭に、より就職に結びつく職業訓練の実施が求められるとともに、特に今日では、知的障害者、精神障害者、高次脳機能障害者等を含む職業的重度障害者に対する職業訓練に充実が求められています。
こうした課題に実践的に取り組み、これらの職業的重度障害者に対する訓練カリキュラム、指導技法等の開発を行うとともに、得られたノウハウ等を実践報告書等として取りまとめ、他の職業能力開発施設等に積極的に提供しています。

◆職業訓練
職業人として必要な知識・技能の訓練を行います。職業に就くための訓練は、1年の訓練コースと2年の訓練コースがあります。
このほかに短期で就職を目指す方を対象とした6ヶ月の訓練コースもあります。また、在職している方の技能のレベルアップを図るための訓練(能力開発セミナー)があります。

◆職業評価、指導
職業自立を支援する

●事業主支援、求職情報
企業の採用担当者の方々に、訓練生の訓練状況を実際にご見学いただきながら、障害者の採用計画や雇用管理、能力開発等の方策について、当センターのスタッフが具体的な助言を行います。

◎健常者の弱点を補完するために障害の中で「まだある強み機能」を事業の中で発揮できるしくみシステムに個人別に適応させ生活基盤の構築進化させるために、国の財の分散政策をする人に歯止めをかけ日本国で加速度増加をする分野へ重点集中で先行投資させる役割が官僚の本来の機能であり、制御人財型機能を発揮できる人財の数の早期成長を待望ています。
 








 


(独)高齢・障害者雇用支援機構


誰もが職業をとおして社会参加できる「共生社会」を目指しています。

2003(平成15)年10月1日、日本障害者雇用促進協会の業務に国及び(財)高年齢者雇用開発協会の業務の一部を加えて実施する、「独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構」が設立されました。

高年齢者等を雇用する事業主等に対する給付金の支給、障害者の職業生活における自立を促進するための施設の設置及び運営その他高年齢者等及び障害者の雇用を支援するための業務等を行うことにより、高年齢者等及び障害者の職業の安定その他福祉の増進を図るとともに、経済及び社会の発展に寄与することを目的としています。

◆機構について
・機構のあらまし
・沿革

◆高齢者の方へ
高齢期における職業生活設計、再就職、退職準備をお考えの高齢者の方のためのサイト情報を掲載していますのでご活用ください
○セカンドキャリアに関する各種情報提供

◆障害者の方へ
地域障害者職業センターは、障害者に対して、ハローワーク(公共職業安定所)と協力して、就職に向けての相談、職業能力等の評価、就職前の支援から、就職後の職場適応のための援助まで、個々の障害者の状況に応じた継続的なサービスを提供しています。
○地域障害者職業センター所在地一覧

◆資料情報
各種資料の案内、参考資料リンク

●事業主の方へ(高齢者雇用)
高齢者の雇用問題に関する専門家である高年齢者雇用アドバイザーを全国に配置し、高齢者雇用に必要な人事管理制度の見直しや職場改善などについての相談・助言を行うとともに、「70歳まで働ける企業」の普及・促進のための活動を行う70歳雇用支援アドバイザーを配置し、企業のニーズや実情に即した専門的、実践的な相談援助を行っています。

●事業主の方へ(障害者雇用)
障害者職業カウンセラーが配置され、公共職業安定所等の関係機関との密接な連携の下、地域の職業リハビリテーションネットワークの中核として、地域に密着した職業リハビリテーションサービスを実施しています
◇地域障害者職業センター所在地一覧

●関連法人
◇都道府県協会
高年齢者等及び障害者の雇用に関し、各種事業を行うことにより、その職業の安定と福祉の向上に寄与することを目的に設立された法人です。 なお、高齢・障害者雇用支援機構では、当該法人に対し、高年齢者等及び障害者の雇用に関する相談・援助、給付金支給申請の受付、障害者雇用納付金制度に基づく申告・申請の受付、広報・啓発等の業務を委託しています。

◇(社)全国重度障害者雇用事業協会
  障害者の雇用の促進及び職場定着を図るため、調査研究、事業所、社会福祉施設、学校、家庭その他関係団体に対する情報の提供及び啓発並びに相談、援助等を行うことを目的とし、様々な事業を行っています。なお、高齢・障害者雇用支援機構では、当該団体に対し、 重度障害者雇用促進事業、障害者職域拡大等研究調査事業、各種研修の開催、全国障害者雇用促進展示会等の業務を委託しています。
 


 国立吉備高原職業リハビリセンター

障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく「吉備高原広域障害者職業センター」と職業能力開発促進法に基づく「吉備高原障害者職業能力開発校」の2つの側面をもつ、職業リハビリテーションサービスの先駆的実施機関です。

厚生労働省により1987(昭和62)年に設置され(独)高齢・障害者雇用支援機構が運営しています。当センターでは入所された方々に対して職業適性等を理解・把握していただくための職業評価就職に必要な技能・知識等を習得していただくための職業訓練就職活動に必要な情報提供や指導を行う職業指導等個々の特性・能力に応じたきめ細かな総合的な職業リハビリテーションサービスを提供し社会で活躍する職業人を目指した人材育成に努めています。また、当センターでは障害の重度化、多様化に応じた訓練ニーズの変化近年の経済・産業構造の変化や、IT化をはじめとする技術革新による企業ニーズの変化に対応すべく訓練内容の見直し等にも取り組んでいます。

◆あらまし   ◆沿革

◆特長
・障害の種類別に年間複数回の入所を行っています。
・短期課程(レベルアップ訓練)も年間複数回の入所を行っています。

■入所を希望される方へ
◆職業リハビリの流れ
職業能力の評価、職業訓練、職業指導、就職後のフォローアップまでの一貫した職業リハビリテーションを障害者の障害特性に応じ行っています。

◆職業評価
評価は初期評価と作業評価を実施します。

◆職業訓練

◆生活支援

■事業主の方へ
◆事業主援助
事業主の方に対しまして、障害者の雇用(受け入れ、雇用継続)に関する様々な助言や情報提供(職務  内容、配置、配慮事項、環境整備等)を行っており、次のような機会を設定しておりますので、是非ご活用ください。

◆企業連携職業訓練

職業訓練上、特別な支援を要する障害者に対して、障害の特性に応じた訓練メニューに基づく企業内訓練を行うこととし、委託先での就労に必要な技能・技術、知識の習得を図るとともに就労の可能性を高めるものです。









 


 障害者職業総合センター研究部門

職業センターでは、研究の各部門と連携して、これまでの支援技法では効果が現れにくい発達障害、精神障害、高次脳機能障害について、その障害特性や事業所ニーズに対応した、先駆的な職業リハビリテーション技法の開発を行っています。 また、開発した成果は、実践報告書や研究発表等により、地域障害者職業センターをはじめとする職業リハビリテーション機関に提供しています。

◆職業センターの活動
3プログラムについて、技法開発

1.発達障害者のワークシステムサポートプログラム
発達障害者に対して、就労セミナー、作業、個別相談を相互に組み合わせた職業的自立のためのスキル付与支援を行うとともに、環境を調整したり個々人の状況に応じた最適な支援方法を選択するためのアセスメント技法の開発を行います。

2.精神障害者のジョブデザインサポートプログラム
職場復帰をめざす在職精神障害者に対して職場適応能力向上及び職務再設計によるキャリア形成を支援するとともに、雇用事業主に対する労働環境整備を推進するための支援技法の開発を行います。

3.高次脳機能障害者の職場復帰支援プログラム
職場復帰等をめざす高次脳機能障害者及び求職中の高次脳機能障害者に対して、障害認識の促進、キャリアプランの再構築及び職業生活維持のための家族支援方法等に関する技法の開発を行います。

◆組織の業務

◆研究計画

◆研究成果紹介
・調査研究報告書
・資料シリーズ
・各種教材、ツール、マニュアル等
・刊行年度別報告書名、紹介

◆職業リハビリテーション研究発表会
職業リハビリテーションに関する調査研究や実践の成果を広く周知するとともに、参加者の間で意見交換、経験交流等を行うことにより、我が国における職業リハビリテーションの質的向上と障害者の雇用の促進に資することを目的として、毎年、職業リハビリテーション研究発表会を開催しています。

◆就労支援機器ライブラリー
障害者職業総合センター1階の就労支援機器ライブラリでは、障害を持つ人達の就労を容易にするのに役立つ様々な機器、ソフトウェア、自助具及び視聴覚機器等を実際に試用できる形で展示しています。  また、研究部門で試作した支援機器も併せて展示しています。

●図書情報閲覧
障害者職業総合センター7階の図書情報閲覧室では、職業リハビリテーションに関する図書、雑誌、政府刊行物、視聴覚資料等を中心に広く周辺領域の情報を収集し、閲覧、貸出を行っています。
  

 視覚障害リハビリテーション協会

視覚障害者(児)に対する、福祉・教育・職業等の分野におけるリハビリテーションに関心をもつ者の相互の交流・理解を深めるとともに、指導技術の研修を行い、専門性の向上を図り、視覚障害者(児)のリハビリテーションの発展に寄与し、社会を啓発することを目的としています。
1972年、厚生省の委託事業として日本ライトハウスの歩行訓練指導員講習会を修了した人達が、歩行訓練士研究会を結成し1992年2月15日に「視覚障害リハビリテーション協会」が設立

◆協会の紹介
◆会則
◆研修事業関連
◆調査、研究事業関連
◆地域活動支援事業関係






  ■東京都リハビリテーション病院

当院は、リハビリ専門病院として東京都が建設し、2006(平成18)年4月1日より(社)東京都医師会が指定管理者として運営することになりました。「(財)日本医療機能評価機構認定を2006年7月24日に受けました。」

◆あいさつ
◆病院の概要
◆運営方針
◆医療福祉連携室
2001(平成13)年12月に当院は、東京都第1号として墨田区・江東区・江戸川区における地域リハビリテーション支援センターの認定を受け、地域リハビリテーション科を事務局として現在まで3度にわたる再認定を受けております

◆診断の案内
◆各部門から
◆研修、広報事業
◆研究活動

○リハビリのいろいろ
関節を動かさないでいると、拘縮という関節のまわりが固まってしまう状態が起こります。また、動かさない筋肉には筋力低下が起こります。1週間ギプスで固定するだけで、その固定された筋肉は数十%も力が落ちます。筋力維持には力を入れることです。条件によりますが、1日数秒おもいきり力を入れるだけで筋力がほとんど維持されるという話もあります。寝たままでは自律神経系も調子が悪くなります。例えば起立性低血圧となりましょう。これはいわゆる立ち眩みです。このようにならないためには、ギャッジベッドなどで良いですから起きている時間を作ることです。 骨に関しては、骨粗鬆症となりやすくなります。この予防としては、骨に荷重をかけること、筋肉(付着部)による刺激を与えることなどがあげられます。皮膚では褥創が出来やすくなります。予防は早めの体位交換でしょうか。知的面でも廃用が起こってきます。いわゆるぼけ、のたぐいです。この予防には環境の変化を絶えず与えることが必要です。

 

 

 

 


■健康維持に関する機関


(社)日本ペストコントロール協会 
 

◆国立感染症研究所

 


国立医薬品食品衛生研究所
 

 

 


国立がんセンター
 

国立国際医療センター

東京大学医科学研究所


京都大学ウイルス研究所
 

大阪大学微生物病研究所

長崎大学熱帯医学研究所


東京都臨床医学総合研究所
 

理化学研究所・感染症研究ネットワーク支援センター

地方衛生研究所ネットワーク(地方衛生研究所全国協議会)

 

 

 


国立健康・栄養研究所
 

国立保健医療科学院

神戸大学医学部保健学科

 

 

 


基礎生物学研究所
 

国立遺伝学研究所

科学技術振興機構


理化学研究所
 

産業技術総合研究所

 

 

 

 


厚生労働省
 

医薬品医療機器総合機構

 

 

 

 


(社)予防衛生協会
 

バイオメディカルサイエンス研究会

知の市場 -「化学・生物総合管理の再教育講座の新展開」

 

 

 


日本ウイルス学会
 

日本細菌学会

日本感染症学会


日本小児科学会
 

日本寄生虫学会

日本ワクチン学会

 

 

 


■健康保全・予防 


 (独)日本スポーツ振興センターNAASH

目的は、「スポーツの振興と児童生徒等の健康の保持増進を図るため、その設置するスポーツ施設の適切かつ効率的な運営、スポーツの振興のために必要な援助、学校の管理下における児童生徒等の災害に関する必要な給付その他スポーツ及び児童生徒等の健康の保持増進に関する調査研究並びに資料の収集及び提供等を行い、もって国民の心身の健全な発達に寄与すること」とされています。センターは、スポーツ振興基本計画並びに学校安全、学校給食及び災害共済給付などに関する国の施策の方針に基づき、文部科学省との密接な連携・協力の下、各業務の適正かつ円滑な実施に努めています。

◆NAASHについて

◆学校安全Web
○学校給食  ○学校安全

◆国立スポーツ科学センター

◆味の素ナショナルトレーニングセンター




















 


 日本臨床スポーツ医学会

 現代社会において、人々のスポーツに対する関心は高まりつつありますが、医学会 からの対応も様々な形でなされております。この中でもスポーツ医学の臨床全科に わたる研究会としては、東日本スポーツ医学研究会、西日本臨床スポーツ医学研究 会が従来より、毎年開催されておりました。また、研修制度としては近年、日本体育協会、日本整形外科学会、日本医師会が それぞれ独自の研修会を開催し、スポーツドクター(あるいはスポーツ医)の認 定をしております。このような折、スポーツ医学の全科にわたる臨床医相互の学術研究、情報交換、臨床研修を図るため、全国的な規模における「日本臨床スポーツ医学会」が平成元年 に発足し、例年、秋には「日本臨床スポーツ医学会学術集会」が開催されております。

◆学会
◆学会誌
◆委員会
























 


 日本トレーニング科学会


「トレーニング科学研究会」は 2005年1月1日より「日本トレーニング科学会」へ会の名称を変更

1988年10月にトレーニング科学研究会として発足し、1989年1月の第1回研究会大会を皮切りに、毎年、研究会集会(研究会大会やシンポジウム、カンファレンス)を定期的に開催するとともに、機関誌「トレーニング科学」や関連書籍の編集をおこなっています。研究会では、健康・体力づくりの運動/スポーツからエリート競技スポーツに至るあらゆるスポーツや運動の実施現場で、トレーニングに関する情報の集積と、これについての指導者や研究者など専門家の意見交換の場を共有することを目指して活動を行っています。トレーニングやコーチングに関する実践報告、アイデア、意見あるいはトピックスなど、実際のコーチングに携わっている方々からの発想、練習計画や成果の成功例,失敗例など、実践現場からの貴重な情報を大切にしていきたいと考えています。

◆学会紹介
◆学会誌

◆カンファレンス

◆Q&A
学会誌「トレーニング科学」に掲載された記事をもとに、トレーニングに関する科学的Tipsを紹介します

◆リンク

□書籍案内
◆「トレーニングの科学」
    シリーズ

・レジスタンストレーニング
・エンデユアタンストレーニング
・コンディショニングの科学
・加齢とトレーニング
・競技力向上のスポーツ栄養学

◆競技力向上シリーズ
・競技力向上のスポーツ科学W
・競技力向上のスポーツ科学V
・競技力向上のスポーツ科学U
・競技力向上のスポーツ科学

◆トレーニング科学ハンドブック
 


 
(財)日本オリンピック委員会

◆オリンピック
◆オリンピズムとは
 









 


 
(財)日本アンチ・ドーピング機構 JADA

◆JADAについて
◆規程、国際基準
・文部科学省ガイドライン

◆ドーピング検査関連

◆加盟団体 




 


  
日本体質医学会

本学会は,遺伝素因に環境要因が加わり発症する,がん,糖尿病,肥満症,高血圧症,高脂血症などの生活習慣病やメタボリックシンドロームを主な研究対象としています。本学会では食事療法,運動療法などのアプローチから「体質改善」を図り,これらの疾患の発症予防,合併症予防を行うことを目的としています

◆学会について
◆学会誌
◆関連リンク

  


 
日本臨床バイオメカニクス学会

 
整形外科分野におけるバイオメカニクスに関する研究発表と情報交換を目的とする学会で、具体的には医学の問題を工学の研究方法を用いて解決するということを行なっている研究者の集まりです。

◆学会概要
◆学会誌

 








 

 
 
日本体育学会

体育学に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、会員相互及び内外の関連学会との連携協力等を行うことにより、体育学の進歩普及を図り、もって我が国の学術の発展に寄与することを目的とする。

◆学会紹介
◆学会誌  「体育学研究」













 


 
日本体力医学会

体力、スポーツ医科学の専門分野で確固たる地位を築いています。身体運動が人間の身体機能に与える影響の全貌は明らかではなく、運動のやり過ぎによる怪我、障害、事故、疾病などの弊害も起こるようになってきています。体力医学の分野では、年齢を問わない一般人、運動愛好者、アスリートそれぞれの健康保持・増進、効果的な競技活動を推進するために、基礎医学である生理学的・生化学的・解剖学的・分子生物学研究から、体育学あるいは運動学におけるトレーニング指導、運動処方、さらには臨床医学や心理学など多岐にわたる研究が進められています。

◆学会について
◆学会誌 「体力科学」

◆スポーツ医学研修会 pdf
◆健康科学アドバイザー
◆プロジェクト研究 2010.05.13

  


 
運動生理学会

運動・スポーツの生理学に関する専門的,学際的研究の発展を図るとともに会員相互の連絡と関連諸機関との協力を保ち,広く知識の交流を求めることにある.

◆会則
◆学会誌


 
日本バイオメカニクス学会

日本バイオメカニクス学会は、人間の身体運動に関する科学的研究ならびにその連絡共同を促進し、バイオメカニクスの発展をはかることを目的としています。

◆学会紹介
◆学会誌
第13巻4号 特集は「スポーツ障害のバイオメカニクス」です。
 

  トレーニング科学ラボ

  
東京大学安部研
・健康科学セミナー
今がわかる、そして世界がわかる

  
早稲田大学川上研
運動生理学、バイオメカにクス(骨格筋のメカニクス)


 
バイオメカニズム学会

 本学会の前身は,ロボット,人工臓器,バイオニクスなどの言葉がようやく話題になりだした1966年に遡ります.この秋,工学・医学・生物学などの関係者が集まり,情報を交換するための人工の手研究会が発足しました.その後,対象がヒトと動物の全身,機能の全般に及ぶに従い,1973年秋にバイオメカニズム学会と改称されました。  バイオメカニズムの研究とは,生物の形態・運動・情報およびそれらの機能について,工学・医学・生物学・心理学などの立場から,多面的総合的な解析とその応用を行うものです。当初は,バイオメカニクス,機能代行およびロボットが主要テーマとなっていましたが,最近ではこれらに加えて生体情報処理も含めた人間そのもののメカニズムの解明が大きな課題になりつつあります。 本学会ではこのような研究分野の進展をはかるとともに研究者間の交流を深めることによって,芸術文化,社会福祉さらには産業の発展に貢献することを目的とする団体です.現在,理工学・医学・体育学・人類学等から構成される学際領域における基礎研究はもちろんのことリハビリテーション工学に代表されるような臨床現場における実用研究に至るまで,幅広く活発な研究交流の場を提供し,さらに啓蒙活動を展開しています.

◆主な事業
◆学会誌
◆論文集
◆ライブラリー
バイオメカニズムとは,人間を含む生物の形態・運動・情報および機能との関係を,工学や医学・生物学などのさまざまな方法論で解析し,その応用を図る学問分野です.同様の研究領域を持つバイオメカニクスと対比させれば,単なる力学解析ではなく,生物が本質的に内在している「機構」がキーワードになっているといえます.このこだわりが,その後,ロボット工学やリハビリテーション工学に大きく発展することになりました.
 


 日本体操学会

日本及び世界における「体操」の普及・発展に貢献するために、体操の学術研究者、社会体育の体操実践指導者などの幅広い分野の体操関係者に参集して頂き、「動いて学ぶ会」として平成13年に創設されました。日本体操学会の創設以前には、体操研究会(日本体育学会・体育方法専門分科会の下部組織)が、20年間にわたり活動し開催されてきました体操研究会が母体となった学会です。平成19年9月に日本学術会議の日本学術会議協力学術研究団体として認証を受けました。

◆学会紹介

◆ジャーナル「体操研究」
オンラインジャーナル








  
(財)健康・体力づくり事業財団

健康・体力づくり事業財団は、発足以来、一人ひとりの豊かで健康な人生の実現をめざして、健康・体力づくりに関する「情報提供」、「指導者の養成」、「調査研究」等、さまざまな普及・啓発活動を展開してまいりました。 現在のように、都市化が進み、複雑で、ストレスの多い時代を乗り切るためには、地域や社会全体で、個々の健康の大切さを認識していく必要があります。そのため、これからの活動では、「当財団の事業に対する国民のみなさまのご理解」、「企業も含めた関係団体等との友好な関係づくり」、「研究者に代表される専門家からのご支援・ご協力」、そして「地域に根ざした活動を行うNPO法人等との連携」を図りながら実施していくことが、今まで以上に大事になってくると考えております。少子・高齢社会を活力あるものとしていくためには、健康や体力を維持し、生活の質を高め、楽しめることが大切です。当財団も、健康寿命の延伸等を目的とした健康・体力づくり運動を推進し、みなさまの健康的な生活の一助となるよう、努力してまいります。

■概要
◆事業内容

■健康・体力アップ
○自分のカラダを知ろう(一覧) 
◆運動不足チェック   ◆体力年齢チェック  ◆体力チェック

○運動してみよう(一覧)
◆ウォーキング   ◆ストレッチング    ◆筋力トレーニング

■健康運動指導士、健康運動実践指導者
健康康づくりのための運動指導者に興味のある方へ、資格取得までのプロセスをご案内いたします。

■体力つくり国民運動
健康・体力づくり事業財団が行う体力つくり事業を紹介いたします。
1964年の東京オリンピック直後に閣議決定された「国民の健康・体力増強対策について」に基づき、行政・民間団体による「体力つくり国民会議」が発足しました。これら233団体(2009年4月現在)が連携しながら国民の健康・体力の保持・増進のために活動しています。
○体力つくり国民運動とは     ○体力つくり事業の概要

■調査研究

健康・体力の維持・増進に関する調査研究を報告いたします

■研修会

■出版物
広報誌 月刊「健康づくり」や 教育用教材・報告書
 


 全国ラジオ体操連盟

ラジオ体操は、国民の体力向および健康の保持・促進を図ることを目的に簡易保険が1928(昭和3)年に制定、「国民保険体操」の名称で始められました。今日は「ラジオ体操」として全国に定着しています。

◆あいさつ
◆ラジオ体操の歩み

◆全国ラジオ体操連盟ネットワーク

◆「ラジオ体操・みんなの体操とコミュニティの形成についての実態調査」の概要 pdf

◆「高齢者福祉施設におけるラジオ体操の普及状況等調査」の概要
pdf

◆小学校におけるラジオ体操の実態調査」の概要

◆ラジオ体操とみんなの体操
○動画と図解
○テレビラジオの放送時間


◆全国ラジオ体操実施会場簡易検索
全国のラジオ体操実施会場が検索できます。



●NHK「テレビ体操」「みんなの体操」「ラジオ体操」

みんなの体操、ラジオ体操楽譜、図解を購入できます。

 

 

 

 


●スポーツ団体  
やりたいスポーツ基本を学ぶと実力涵養のトリガーの一つ。

  (財)日本体育協会

 (財)日本オリンピック委員会(JOC)

 (財)日本レクリエーション協会

 日本スポーツ芸術協会

 日本スポーツ芸術協会

 (財)日本陸上競技連盟

 

 

 

 Jリーグ((社)日本プロサッカーリーグ)

 バスケットボール日本リーグ機構

 (財)日本テニス協会

 (財)日本サッカー協会

 (社)日本ホッケー協会

 (社)日本アマチュアボクシング連盟

 (財)日本バレーボール協会

 (財)日本体操協会

 (財)日本スケート連盟

 (財)日本レスリング協会

 (財)日本セーリング連盟

 (社)日本ウェイトリフティング協会

 (財)日本ハンドボール協会

 (財)日本自転車競技連盟

 (財)日本ソフトテニス連盟

  (財)日本卓球協会

 (社)日本フェンシング協会

  (財)全日本柔道連盟

 (財)全日本スキー連盟

 (社)日本ボート協会

 (財)全日本弓道連盟

 (社)全日本アーチェリー連盟

 (社)日本馬術連盟

 (社)日本トライアスロン連合

 (財)日本バドミントン協会

 (社)日本ライフル射撃協会

 (財)全日本剣道連盟

(財)日本ラグビーフットボール協会 

 (財)全日本空手道連盟

 (財)日本アイスホッケー連盟

 (社)全日本銃剣道連盟

 (社)日本クレー射撃協会

 (財)全日本なぎなた連盟

 (財)全日本ボウリング協会

 日本ボブスレー・リュージュ連盟

 (財)日本野球連盟

 (財)少林寺拳法連盟  

  (社)日本武術太極拳連盟

 (社)日本カーリング協会

 (社)日本パワーリフティング協会

 (社)日本グラウンドゴルフ協会

 (社)日本トランポリン協会

 日本テコンドー連盟

 日本セパタクロー協会

 (社)日本スカッシュ協会

 (社)日本ビリヤード協会

 (社)日本ボディビル連盟

 日本アマチュアサンボ連盟

 (財)日本バスケットボール協会

 (社)日本カヌー連盟

 (社)日本山岳協会

 (財)日本ソフトボール協会

 (社)日本近代五種・バイアスロン連合

 (財)全日本軟式野球連盟

 日本トップリーグ連携機構

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


□福祉医療


 日本調剤

信頼される医療のあり方=「医薬分業」 「医薬分業」とは、医師と薬剤師がそれぞれの専門家として明確な役割分担と強固なチームワークを持って患者さまをサポートする医療制度であり、信頼される医療のあり方として社会が望むものでもあります。日本調剤は、創業以来一貫して「医薬分業」を企業理念として掲げて、自ら「医薬分業」の先駆けとして全国に展開してまいりました。調剤薬局のこれからは、社会にとって、国民にとって必要とされる存在になること。それが真の「医薬分業」の姿だと日本調剤は考えます。今、医療費抑制を背景とした「ジェネリック医薬品」の普及・浸透には、医薬分業の担い手である調剤薬局、薬剤師の活躍が不可欠です。社会から必要とされ、国民の皆さまから感謝される存在へ、日本調剤は、医療用医薬品のプロフェショナルとして、グループの総力をあげて、真の「医薬分業」の実現に取り組んでまいります

◆会社情報  ◆IR情報
・企業理念 ・会社概要 ・沿革

◆事業内容
◆店舗紹介




 


 (独)福祉医療機構WAM

2003(平成15)年10月1日に福祉の増進と医療の普及向上を目的として設立された独立行政法人です。少子・高齢化が急速に進行する中で、国民一人ひとりが心豊かに安心して暮らすことができる社会を築くためには、社会保障の基盤を揺るぎないものとしていく必要があります。このため、福祉医療の分野では、国及び地方公共団体において、社会福祉施設等の計画的整備、質の高い効率的な医療を提供するための医療制度改革に即した医療提供体制の構築など、社会保障を支える福祉医療の基盤づくりのための施策が進められています。

◆機構の案内
・機構とは   ・沿革  
・経営理念  ・あいさつ 

◆事業案内
・福祉貸付事業
・医療貸付事業
・経営支援事業
・社会福祉振興助成事業
・退職手当共済事業
・心身障害者扶養保険事業
・福祉保険医療情報ネットワーク(WAM NET)事業
・年金担保貸付事業、労災年金担保貸付事業
・承継年金住宅融資等債権管理回収業務

◆セミナー情報
◆刊行物
◆統計資料
 


 日清医療食品

「食」の側面から医療、福祉を見つめ支えるヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーの一つ。日清医療食品は、「おいしく食べて元気に!」をモットーに、医療・福祉施設に特化したヘルスケアフードサービス 事業を展開しています。病院・老人福祉施設・保育所などの給食業務受託事業を展開。
健康時の日常において、バラエティにとんだ豊かな食生活が普通に営まれている今日のわが国では、「医療機関または社会福祉施設内での集団的な食事だから、 きめ細かく充実したものでなくてもやむを得ない」などという考えは、全く成り立たないことです。むしろ、病気または療養中だからこそ、量的ではなく質的に、なお一層優れた食事である必要があると思います。まるで、家庭または高級レストランで(個別対応的に)お料理を作る時と同じ感覚です。

特に介護施設では、2005(平成17)年10月1日から、食費・居住費などは、入居の方の自己負担となり、今述べた事柄がもっと強く求められるような状況となりました。 しかも、以上のような点を踏まえて行う給食業務の受託は、委託されるお得意様にとって、直営の場合に比べれば経営効率が向上するものでなければなりません。「お客様には仕事をさせていただいている」の精神で仕事に向かうことではないか、と考えています。業務を担う私たち自身の仕事はまた、科学性があり、効率的でなくてはなりません。 きちんとした美しい(=良い)仕事、会社の全員、これを通じて多くのお客様に満足していただきたいと願っております。
 

 

 

 

 

 

 


□健康法


 (社)真向法(まっこうほう)協会

赤ちゃんの時のように、”あなた”の治癒力で関節、筋肉、柔軟性、身体の機能を回復・維持できてきます。継続は力、微差が大差になります。身体の要求する食の内容も変化してきます。 体調不良、腰痛、肩こり等でお困りの方色々な健康法を試したけれど長続きしない方へ「真向法」は畳一枚の広さがあればいいいつでも、どこでも、誰にでも一日3分、四つの動作で手軽にできる健康体操です。

◆真向法協会の紹介
◆真向法体操を「知る」
◆真向法体操を「習う」
●真向法ひろば

 


 西野塾

西野流呼吸法はソクラテスの「無知の知」、自分がなにも知らないことを知り、真理を追求する姿勢、「身体知」の必要性に気づきます。60兆の細胞を正常化し内臓活性化、頭脳も「空」「無辺」に活動を初めます。体内の食の吸収土壌が本来の正常状態にもどってきます。今、何が”あなた”の企業に必要か観えてきます。多くの人財が実践しています。
 西野皓三が創始した西野流呼吸法は身体の60兆の細胞を蘇らせ、若さと美しさをつくる画期的な呼吸法です。その西野流呼吸法が究めた由美かおるの健康美の秘密も、紹介しています。

◆西野流呼吸法
◆あいさつ   ◆西野語録
◆呼吸法を実践してよかった
体験談
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧