開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

農村工学研究所

■農村工学研究所    100529



農村工学研究所は、(独)農業工学研究所を母体とする、2006年4月に統合・新設された
(独)農業・食品産業技術総合研究機構の研究所です。

農村工学研究所は、新法人全体の理念・目標等を共有しつつ、農村の振興という政策
目的の達成を固有の使命としています。中期目標における「美しい国土・豊かな環境と
潤いのある国民生活の実現」を目的とする研究の中核を担い、以下の研究に取り組み
ます。
 

 
更新  2010.05.29

□農村工学研究所

(独)農業・食品産業技術総合研究機構の研究所
 

◆概要、沿革

◆あいさつ

◆組織図

●報道発表

●知財情報

●交付金プロジェクト

 

◇産学官連携















 

◆ポータルサイト
2009(平成21)年3月に農林水産省食料・農業・農村政策審議会農業農村振興整備部会において決定した「農業農村整備事業に関する新たな技術開発五ヶ年計画」は、
@農業農村工学以外の学術分野との連携の強化、
A試験研究機関、大学、民間企業の役割と連携の強化等
が求められています。
このため、農業や農村の活性化に関する技術開発の主体を担う農村工学研究所は、自ら発信する情報に限らず、この分野の技術開発・人材育成に係る大学、民間企業、関係独法、関係学会等で取り組まれている各種の情報を収集し、発信していくことを目的としてサイトを開設します。なお、情報は各機関から提供頂いた情報のみを掲載することとしております。
 

◆産学官連携コーナー
 (H13〜H20までの研究のうち,農業や農村の活性化対策に関連すると思われるものを掲げています。)農村工学研究所は,農業や農村の活性化や農村環境の維持と農村の生成に資する研究を行う研究機関として各種事業等に関わる技術的課題を解決するために,以下のような受託研究を実施しています。特に最近は農村環境の維持と再生に必要な人材育成やストックマネージメントのための施設機能の鑑定・評価等にも力を入れています。
 

 

技術研修




 

(独)農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所は,農村工学技術者の技術力向上と研究成果の普及を図るため,研究者が講師となり農業農村整備の推進に必要な技術の受け渡しをしています。この研修は,1956(昭和31)年に農林省農地局設計課によって始められたものであり,1961(昭和36)年12月に設置された農業土木試験場に組織と業務が継承されました
学生教育ではJABEE(日本技術者教育認定機構)が、社会人の技術者教育ではPDE(Professional Development of Engineers=技術者専門能力開発)協議会や建設系CPD(Continuing Professional Development=継続能力開発)協議会が,各学協会の協力を得て一貫した能力開発システムの構築を進めています。
 

◇お役立ち情報
 

ソフトウェアとデータベースの種
平成10〜20年度農業工学研究所成果情報の中から,ソフトウェアやデータベースの種になりそうな成果をピックアップしました。
 

◇パネルライブラリー

 

各部の研究内容をpdfで閲覧できます。

農村総合研究部、農村計画部、農村環境部、農地・水資源部、施設資源部
 


◇農工研要覧


 

 「要覧」表紙をクリックすると、すべてのページが閲覧できます。pdf

◇イベント、お知らせ

 

◇研究成果情報

農村工学試験研究連絡会に提出された主な研究成果の中から、外部専門家による評価と試験研究連絡会の検討を経て選定された成果を掲載
 

◇刊行物一覧
 

 

◇図書室案内
 

原則として農村工学研究所の職員に限っておりますが、外部の利用希望者は「来館者受付簿」に 必要事項を記入の上、当所職員の利用に差し支えない範囲で利用することができます。
 

○公開情報(農工研)

◆「農業水利施設のマネジメント工学」内容紹介

◆技術開発ビジョン「グルーンいんべーしょん」(仮称)のとりまとめ
 

○食と農の科学館

  つくばリサーチギャラリー

農林水産省の試験研究機関は、2001年4月、独立行政法人の研究所となりました。 研究所では、農業・農村の未来を切り開くため、国民の豊かで安全な食生活や農山漁村のかけがえのない自然環境、生態系の維持・保全に関する研究を進めています。 研究所の研究成果は、農業者や一般の消費者にとっても身近で興味深い内容にあふれています。食と農の科学館では、研究所における最近の研究成果や開発された新しい農林水産技術をわかりやすく紹介しています
 


○農業農村整備を担う技術のキーステーションで、農村振興のための研究をする。

                                  pdf

 農村工学研究所企画管理部

○(独)農業・食品産業技術総合研究機構

◆業務の概要
◆挨拶
◆沿革






 

(独)農業・食品産業技術総合研究機構(略称:農研機構)は食料・農業・農村に関する研究開発などを総合的に行う我が国最大の機関です

◆研究課題、チーム
農研機構で研究を実施している次の機関名をクリックすると、該当機関に所属する研究チーム等の一覧がご覧になれます。

◆研究成果情報
水田・畑作、園芸、畜産の専門研究分野と北海道から九州・沖縄までの地域農業研究分野の研究成果を年度に分け紹介しています。また、キーワード検索もできます。

◆サイトマップ

●農研機構RSS情報
RSSとは ページのURL、概要などの更新情報を利用者に通知するための仕組みで,XMLで記述されています。このように記述された情報はRSSフィードとも呼ばれます。多くのWebサイトで、やのようなアイコンで、RSSを提供していることを知らせています。

RSSリーダと呼ばれるソフトウェアなどを利用し、購読したいRSSフィードを登録します。情報の更新はRSSリーダが自動的に行います。
RSSリーダの例を挙げますが、農研機構が利用を推奨する、あるいは動作を検証したものではありません。自己の責任においてご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧