開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

中小企業応援センターネット

■中小企業応援センターネット  100528


狭域高密着型地銀信用金庫の潜在力
>中小企業応援センターネット




中小企業基盤機構が運営。
地域の中小企業団体、地域金融機関、税理士、NPO等における中小企業の日常的な
経営支援に取り組む支援機関等の経営支援補完機能が地域別に整理され、地域の
近くの知恵機関、知恵人財が見える化されてきました。


地域密着CATVは地域の知恵を自在に活かすしくみシステム構築の段階にはいりました。

狭域高密度地銀信用金庫の潜在力と地域密着CATVが戦略的協業をはじめ、地域の
個人の物心を豊に変えながら、その所属するあらゆるインフラ機関、法人を一人の人
の如く分担機能を持つ組織体に変え始める時代に入ってきました。

2010.04.01の「中小企業応援支援センター」の採択窓口企業もあります。

従来の窓口の待ちの姿勢から、地域CATVの物心共に豊になるプロジェクトコンテンツを、
地域の行政法人スポンサーを集め立ち上げ、そのリーダーやリーダーのサポート参謀
役として活躍の場を開き、その成功事例を、共有化し、水平展開し、地域で成功体験
人財の数を増やし、地域へプラスノウハウを発振したり、融資企業を黒字化するための
総合プロジェクトが組み支援できる組織としての整合活動ができるようにする。

採択窓口が、相談の場提供段階から、地域CATVの機能を生かし、実現化するやらざる
をえないしくみ(見える化機能、プロセスチェック機能、使用前使用後の成果確認機能等)
を生かし、特に融資回収の完全回収と、追加融資がほしくなる体質に人づくりも含め複合
的に管理し、業績の黒字化会社を地域に増加させる役割をはじめる必要があります。

従来は、登録個人能力の上限、下限範囲等は自己申告、本人責任でしたが、信用金庫
(地銀、信用組合)の成果実績がでるように、登録の人の評価ランクづけの業種テーマ別
ランクづけ第三者評価の役割をし、そのランク維持のためにて2年ごとの更新のしくみ
を構築することを推奨します。過去は本人管理とし、今後の実績の履歴を相談者だけ
閲覧できるようにし、現在の活動を見える化方が、現実の知行一致との乖離は少ない。


 



 更新 2010.05.28

□中小企業応援センターネット

 都道府県名をクリックすると各応援センターの情報やコーディネーターのプロフィールを見ることが出来ます。
 

◇事業概要

 



○ニュース一覧

















 

1.目的
中小企業の日常的な経営支援に取り組む支援機関等の経営支援能力を補完・強化するため、その後方支援機関として中小企業応援支援センター(以下、「応援センター」という。)を整備し、中小企業の(1)新事業展開、(2)創業、事業再生及び再チャレンジ、(3)事業承継、(4)ものづくり支援、(5)新たな経営手法への取組みといった高度・専門的な課題に対し、これら支援機関を通じた支援等を行うことにより、中小企業が中長期的に発展するための経営基盤の強化を図るとともに、これを通じ、地域における支援機関の機能強化に資することを目的とします。

2.概要
 地域において中小企業の支援に関する専門的な知識、能力及び経験を有している者をコーディネーターとして実施機関が選定し、当該コーディネーターが中心となって、高度・専門的な課題に対応するための次に掲げる支援事業を実施します。

(1) 中小企業支援機関への専門家派遣
(2) ビジネスセミナー・ビジネスマッチングの開催
(3) その他中小企業からの相談への対応

3.高度、専門的な課題
(1) 新事業展開(経営革新、地域資源活用、農商工等連携、新連携)(2) 創業・再チャレンジ
(3) 事業承継
(4) ものづくり
(5) 新たな経営手法への取組み(ITを活用した経営力強化、知的資産経営)

4.中小企業基盤整備機構の役割
 中小企業基盤整備機構は、中小企業応援センターが行う事業が円滑に推進されるよう、「中小企業応援センター総合支援本部」を設置して、機構事業を活用しサポートします
 


◇中小企業応援センター







 


○地銀  ○信用金庫 ○信用組合が窓口になっているエリアがあります。

「中小企業応援センター」の採択について(平成22年度中小企業経営支援体制強化事業」  2010.04.01

 中小企業にとって日常的な経営相談先である各地の中小企業支援機関の経営支援機能を専門家派遣等によりサポートし、中小企業の新事業展開や事業承継などをワンストップで支援する「中小企業応援センター」を全国で84件採択しました。
中小企業応援センターは、2010(平成22)年4月1日(木)から全国一斉に事業をスタートしました。

 

◇資料ダウンロード

 現在、このページは準備中です。
 

◇高度人材の検索



 

◆IT化に関する相談をしたい
・ITコーディネータープロフィール

◆経営に関する課題を相談したい
・ビジネスクリニックは

◆法律に関する課題を相談したい
・弁理士ナビ
 

 

 

 

商品一覧