開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

音羽電機工業

■音羽電機工業   100527



「雷」ソリューション企業の一つ。21世紀はアナログ型機械優位時代から
デジタル型電気優位の時代へ移行がはじまり、電気による制御機能を
「雷」等の超過電流で一種で破壊する危機管理が自動車のような固定型
でないものまで優位に変わる徴候があり、「雷」ソリューションの急速な
進化が急がれる次代がきています。

デジタルの最大の欠点は、超過電流による制御時のプラストリガーが反転
しマイナストリガーとなり、反対の制御指示へ変わる確率が、アナログ時代
より高くなりました。デジタル放送の異常、コンピュータのサーバー機能
(データの完全な破壊)等の確率は普及母集団の加速度的増加に伴い
危機管理ソリューションの進化を急ぐ時代に入ってきました。
半導体基盤の高精密で集積微小化の中の脆弱さ、宇宙ロケットのような
全数検査、全部品の整合検査で不良ゼロの追求が出来ない産業界では
道の組合せによる異常制御の発生確率を潜在的に持っています。

特に自動車等の移動物の中で、パルスが反転しない想定安全率を超えた
超過電流(サージ、ノイズによる)が発生し、逆転パルスとなると高速道路、
山道、カーブで発生した場合し人の制御と反対方向に操作した場合は、
アナログ時代の緊急の人対応が出来ないことが想定できます。
超高度な制御異常の防止機能を持つ飛行機でさえ「雷」で制御を失い墜落
の事例もあり、自動車メーカーのよる機能設計レベルで事故確率は格差が
あり、飛行機より母集団が多い車の場合、電気のみの制御に依存する自動車
の場合世界で発生する事故量は想定を超える時代が近づいています。
高速走行時従来の過電流対策の簡易法「ヒューズ」が切れても、慣性の法則
機械制御が緊急稼動できるしくみがない場合、1秒2秒の間に想定外の事故
の発生確率は高い。「ヒューズ」機能を機械制御への切り替えトリガーへ切り
かえる方法等今後必要な発達しなければならないソリューション分野があり
ます。

◎パルスを逆転させる過電流発生の要因と、安全率、予防技術等、20世紀
では未発達分野が21世紀新たなビジネスチャンスの時代が拓けてきました。
 

 更新 2010.05.27

□音羽電機工業

「雷」ビジネスで活力ある21世紀のエクセレントカンパニーを目指す「雷」トータルソリューション会社









 

◆会社概要

◆会社沿革

◆経営ビジョン
 時代の進展による電気社会の発展と技術革新には目を見張るものがあります。21世紀は情報通信分野での技術革新が急速な社会変革を興すと予測され、電気を媒体とする高度情報化社会は電気の品質と信頼性を更に問われる時代となりました。一方、地球の環境問題が叫ばれる中で、温暖化は避けられない事実となり、各地で集中豪雨などの異常気象が起こり、電気の大敵である「雷」の発生頻度も高くなっています。また、高密度化した電子機器は低電圧化し、雷サージ・ノイズの影響を受けやすくなっております。あらゆる電気設備・機器から建物全てに及ぶ「外部雷・内部雷保護」に関して、半世紀以上に及ぶ豊富な経験を持つ当社は、雷対策のご要望にお答えできる日本唯一の「雷の総合メーカー」として、新しい21世紀、「IT時代」の社会ニーズに迅速に対応して参ります。
 

●ニュース

●イベント

●セミナー

 

◇技術情報



























































 

◆アレスタ(SPD)とは
SPDは、アレスタまたは避雷器ともいい、落雷によって発生する雷サージ(過電圧のこと)を、電気設備や電気機器の絶縁レベル以下に制御して、施設や機器の絶縁破壊を防止する機器です。アレスタ(SPD)は雷サージのような異常な過電圧に対してのみ動作し、雷サージ処理後は元の正常な系統状態に自復する機能を持ち、通常の回路に何ら影響を与えません。
 

◆アレスタと避雷針の違い
 避雷針(受電部)は落雷をこれに誘い、人身事故を始めとして、建物の火災防止、その他諸設備への被害を防ぐことを目的としています。避雷針(受電部)で雷電流を捕捉できれば、雷放電の大部分のエネルギーは大地に流すことができます。しかし、避雷針(受電部)だけでは、大地電流による誘導雷から機器の被害を防ぐことができません。しかし、この誘導雷に対して効果を発揮するのが、アレスタ(SPD)なのです。
 

◆耐雷トランスとは
一次と二次線間に静電シールドを施し、一次・二次間の絶縁強度を上げた1対1の変圧器で、入力電源から侵入した雷サージをシールド板により出力回路への移行を防ぎ、アレスタにより耐雷性を持たせた機器です。

当社製の耐雷トランス(製品名:サージシェルタ)は、1次線、2次線および接地線から侵入してくる雷サージを内部に取り付けられたアレスタ(SPD)と3重の静電シールドによって遮断し、1/10,000まで減衰させます。また、内部にコンデンサが取り付けられており、ノイズ減衰効果もあります。
30kVの雷サージが侵入してきても、2次側には3Vしか電圧を発生させません。その為、アレスタ(SPD)で保護しきれないような、半導体を多く使用しているコンピュータ等の、耐電圧が低い機器の保護に最適です
 

◆サージとノイズの違い
○サージとは
 サージは電気回路や電気系統に通常の電圧を超えて、瞬間的あるいは、断続的に発生する過電圧のことを言います。このサージ電圧によって、電気機器は絶縁破壊や機能停止、劣化などの影響を受けます。

サージは下図に示すように、高電圧、低周波です。サージの発生原因としては、自然現象による雷サージ(直撃雷サージ、誘導雷サージ)、電気回路系統の過渡現象による開閉サージ、故障などによる過電圧があります。
○ノイズとは
ノイズは、半導体など弱電機器を破壊するほどではありませんが、正常な動作に支障を生じさせたり、ディスク内の記憶を喪失させたりする恐れのあるレベルの異常電圧のことを言います。
ノイズは下図に示すように、サージに比べ低電圧、高周波です。

◆雷の種類と特性

・熱雷(夏季雷)  ・日本海沿岸の冬季雷  ・界雷 

○電源線や通信線に生じる雷過電圧
・直撃雷
配電線(高圧、低圧)や通信線、建物、アンテナ、機器などへ雷が直接落雷した場合に発生する過電圧で、極めて大きなものとなる。
・誘導雷
 近傍の樹木や避雷針に落雷した場合に、雷の放電路を流れる電流により、周囲の電磁界が急変することにより、線路に誘導される過電圧。
・逆流雷
建造物などに落雷した場合に、その接地電位が上昇し、その建造物に引き込まれている配電線や通信線に雷電流が逆流することにより、線路に生じる過電圧。

 

◆外部、内部雷保護
○外部雷保護
 避雷針(受雷部)および設備のシステムにより、雷の大部分を建物内部や設備に侵入させないようにする。
○内部雷保護
 防雷対策をくぐり抜けて侵入した雷から電気設備を保護する為、侵入経路ごとに雷サージを避雷器で低減させる。またはサージシェルタにより阻止する。
 

◆酸化亜鉛素子とは
 原料の酸化亜鉛に数種類の微量添加物を混合したものを用途に応じたサイズに成形して、高温で焼結させたセラミックスで、優れた電圧−電流特性と高い放電耐量を持っています。

 

◇製品情報




 

◆用途別検索
使用、用途により検索  低圧用、高圧用、警報器
 

◆形式別検索
形式により検索
 

◆全商品ラインナップページ
紙カタログ内容を表示

 

○雷知識















 

・雷写真コンテスト
・雷害関係ニュース

・家庭の雷対策について
落雷による被害は直撃雷と誘導雷によって起こるのですが、パソコンの故障は主に誘導雷によって引き起こされます。パソコンは高密度かつ省電力型の電子精密機器なので、一般の家電製品と違い、ちょっとした電流の変化で電気信号が流れ誤作動を起こしたりします。特に落雷時のような、数千アンペアにもなる誘導雷がコンセントなどから侵入した場合、過電流がパソコンの電源ユニットを経由して、マザーボードを壊すだけでなく、CPU、メモリといったものまで被害が及んでしまい、パソコンが故障するのです。

誘導雷がコンセントなどから侵入した場合、パソコン本体だけでなく、モニタやプリンター等も故障する場合があります。また、近年インターネットの普及により、電話回線やISDN回線等にモデムやTA(ターミナルアダプタ)を接続しているパソコンが多くなりましたが、落雷で一番被害にあうのがこれらの通信機器です。これらの機器は、データ通信をする為の精密機器なので、もともと大きな電流が流れるモノではないのです。ところが、誘導雷が電話線などから侵入してくると、真っ先にぶつかるのがこれらの機器なので、壊れる確率がぐっと高くなるのです。

・雷雨の発生日数
・夏の雷
・冬の雷
・雷Q&A
 

 

 

 

商品一覧