開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

双葉電子工業

■双葉電子工業  100527




私共が産業社会に提供出来る利益が大きい程、吾々の享受する利益も大きい事
を経験して成長しました。将来もこの信念を貫き生きる事が私共の願いであります。

私は、すべての仕事は「本質を直視して…」を行動の規範として、全社員が経営の
心に徹して円滑に遂行できたとき、はじめて目を見張るような成果が得られるもの、
と確信しています。                                                      挨拶の抜粋

経営理念
工業社会の一員として、基礎器材を供給し、産業界の発展に貢献する。
私ども双葉電子工業は、社会の一員として、世の中に是非とも必要な新しい器材
やサービスを、たゆまぬ技術開発により、信頼いただける品質と価格で、安定的に
提供し、社会の進歩発展に貢献していきたいと考えております。

 

 
更新 2001.05.27

□双葉電子工業











 

◆会社概要            ●組織図

◆挨拶

◆企業理念

◆沿革
1948年、受信用真空管の製造・販売を目的として設立されました。真空管技術を活かして、蛍光表示管の製造を開始。続いて1962年にはラジコン機器とプレス金型用部品を製品化し、現在の双葉電子工業の基礎を確立しました。さらにモールド金型用部品を開発し、近年の蛍光表示管モジュールを加え、主要製品のラインアップが完成。
「一つ一つの部品すべてを自社で製造する」という強い信念のもとに、治具、工具、生産設備に至るまで自社内で作るという双葉電子の独自スタイルを築き上げてきました。
 

◆双葉のキャラクター

◆社会・環境への取組み

◆投資家の皆様へ
 

●研究開発
最新の技術と知識、柔軟で斬新な発想で産業の発展に貢献する優れた製品を創造しています。
 

●拠点

 

◇事業案内






































 

◆電子部品部門  「真空管の技術」 ⇒時代適応変化

●蛍光表示管
進歩を続けるエレクトロニクスの分野でますます拡大する電子部品のニーズ。マン・マシン・インターフェースの主役となる多様な製品の開発に積極的に取り組み、未来の技術の一翼を担っています。

●蛍光表示管モジュールを製造
 蛍光表示管モジュールは、POSシステムをはじめとする事務・計測・通信機器や端末機器などの表示部分として幅広く使われています。情報技術は社会のあらゆる部分に浸透し、それにともなって多様化する情報機器類へのニーズに応えるために、表示輝度・軽量・薄型設計などの優れた特徴を生かした製品を作り出しています。文字情報を鮮明に表示するスクロール表示器など、技術の進化はさらに広がっています。
 

◆精機部門   「真空管の部品製造」 ⇒ 時代適応変化

●金型用部品、搬送装置等を製造


それぞれの部門で必要とする専用機や治工具、金型等の製作で蓄積された技術をお客様のニーズに生かしてきました。プレス金型用ダイセットやプラスチック金型用モールドベースをはじめそれらの部品を規格・標準化し、省力機器やダイ・マチックシステムの開発へと進展させました。今や電子カタログによる新しい受注チャネルの提供や、あらゆる加工の要望への対応など、総合力を結集して生まれる製品は、産業界の発展に大きく貢献しています。
 

◆電子機器部門  「回路技術」 ⇒ 時代適応変化 

●ホビー用ラジコン機器/ホビーロボット用機能部品を製造
これまで培ってきた高い技術力は、さらに独自のフィールドを開拓し、ラジコンシステムという世界にその名をアピールする製品を生み出してきました。その実力は世界ナンバーワンを誇ります。高度な技術力を駆使して完成度の高い製品を次々と発表してまいります。
一方、ロボット分野の技術が急速に進歩していくなか、当社にしかできないロボット開発とは何かを考え、それを形にしてきました。その集大成が、ロボットの関節にあたるコマンド式サーボや数十個のサーボをコントロールするプロセッシングユニットなどのホビーロボット用機能部品です。また、これらの専用部品を使って完成したロボットは、専用リモコンによる無線操作や、パソコンを接続して直接操作をすることが可能です。
 

◆開発研究所   「未来を拓く」
当社グループ(当社および連結子会社)は、「産業界に基礎器材を提供する」との基本理念の下に、当社の開発研究所と各事業部門および国内外の子会社とが一体となり研究開発活動を推進いたしております。開発研究所では、各事業部からの委託研究を受入れるとともに、独自に新技術・新製品開発テーマを設定し、研究開発を進め、事業部では、既存製品の改良や、その応用展開のための製品開発および製造設備の自社製作までを含めた生産技術に関する開発活動を行っております。また、グループ全体としての技術力向上と顧客の要求する高付加価値製品の開発に資する知的財産の蓄積をはかると共に、大学との共同研究やベンチャー企業との共同開発にも積極的に取組みます。
 

 

◇製品情報













 

◆ディスプレイ
 自動車用インパネ、ステレオ、DVD、VTR、POS端末などの表示部に幅広く採用されている蛍光表示管は、長年にわたり取り組んでいる当社の代表製品です。
 

◆金型用部品、搬送装置、設備用部品
 今や世の中になくてはならない金型。その金型用部品や生産器材を高品質・短納期、かつ安定した生産体制で供給しています。
 

◆ホビー用ラジコン機器
 夢のあるホビーとして、マニアはもちろんのこと多くの人に愛されているラジコン。その実力は世界ナンバーワンを誇ります。高度な技術を駆使して完成度の高い製品を次々と発表してまいります。
 

◆産業用ラジコン機器
ホビー用ラジコンで培った技術を運搬・土木建設・薬剤散布・物流・油圧制御・監視・計測など、困難な条件下での無人作業、信頼性の高い無線データ通信など、各種産業ラジコン機器へと発展させています。

 

 

 

 

商品一覧