開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン

■SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン 100421

物流調達機能と事業展開との融合>SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン




事業展開は「もづくり、ものはこび」のしくみシステムのループを構築することです。
シンプル化し体質化し、そのループにプラスαを付加する栄養素(次回転資金)である
「創市場創客」が必要となります。 事業基盤をループで循環させるとき、そのループが
SCM機能です。

調達倉庫物流の対症療法方式は従来の20世紀型方式です。世界で勝ち残るためには
総合物流を経営資源として総合的に組み込み、経営に関するすべてのループがITを
基幹にして整合し、ループ内の循環回転スピードを、規模拡大に応じて柔軟に拡大
できることが着眼です。
総合物流の対症療法型しくみシステムが進化し、多国籍型海外戦略でも基幹を整合
できる機能が汎用化され始めてきました。21世紀型が本流化へSCMを突破口として
始まる徴候が出てきました。まさに対因療法方式を実現可能段階に入ってきました。
中味のしくみ進化は、企業の弱点がある分野の品質レベルで決まります。内部監査の
しくみで着実に進化できる確率が高くなってきました。

●対症療法とは
物流、調達、倉庫等を自社の機能不足を補完し、ローコスト化するためにアウトソーシング、連携、子会社化等
をし、総合管理のために、物流、調達、倉庫等それぞれのしくみシステムを蛸足配線方式で各機能をアップする
方式です。機能の総合整合した進化とは別次元の構築方向でした。それぞれの個別最適をめざしていました。
経営の基幹とは十分な整合をしていない、発達がまだ未熟な段階。グループ企業、子会社、取引企業は、
大企業の「ジャストインタイム」「看板方式」の主導の中で他力規制で事業を展開していた段階です。
大企業親企業だけが優位な総合物流もどきをしていただけです。

●対因療法とは
事業を構成する全ての大企業から中小企業まで総合物流を見える化して展開する方式。総合事業の全体の
「ものづくり、ものの移動」の整合(仮説仮想し、時間軸に対応)しさらにループ回転スピードを上げことができ
ます。

大商社のグループ企業、子会社、関連企業、取引企業内でループが完結し、ループの回転スピードを上げる
ことができる企業も現われる徴候がでてきました。この段階になると、異業種参入しても、創業段階からしくみ
システムにより短期黒字化があるレベル以上の経営者訓練人財でできる時代にはいりました。
全体最適方式を戦略的に採ると、競合他社より想定以上のコストダウンができ、その金額を次の戦略的投資
へ向けることができるようになってきます。善循環ひまわり型企業グループが出現しはじっます。

小規模の固有技術を持つベンチャー企業は、そのループの中に組み込まれると、ニッチ企業としての存在価値
は出てきます。20世紀代の成功体験とは不連続なグローバル化、ITの急速な進化にゆる別次元の段階が
最先端企業グループでははじまりました。
官公庁行政の指導は、自力で出来ない平均以下のレベルで総企業数の多い領域の施策が重点です。
情報に幻惑される経営判断誘導時代に入りました。本質を掴み、自社の舵取りはレベルの高い先進企業
「上を観る」に徹して適切な選択が企業存続の条件になってきました。

 

 
更新2010.04.27


■SCMソリューションのシステム提供企業

事業展開の「物を移動する」静脈系から「調達、代金回収等」の動脈系としてた整合されたSCMにしくみシステムを段階的に軌道を変えることが企業存亡の分水嶺が近づいています。

●参考情報  SAPジャパンの資料引用
「ものづくり」と「ものはこび」、ロジスティクスの中核となる二つの活動の連携が、いま改めて問われています。サプライチェーンの現場がグローバルに広がったことで、SCMは多くの課題を抱えることになりました。新興国販売における不確実性と不透明性、各国の法規制への対応、環境負荷低減への配慮、そして経済環境のめまぐるしい変化。新しいグローバル経済環境を勝ち抜くには、変化に素早く柔軟性と効率性を両立させる必要があります。ものづくり。ものはこびを世界規模で統合して、原材料の仕入れから販売代金回収までのキャッシュサイクルの改善を目指す、SCMの新しい挑戦が始まっています。・・・・
 


  □ヤマトシステム開発 YSD
  ヤマトHDグループ 
業務プロセス効率化パートナー

ヤマトグループのITを30年以上わたり支え続け、「お客様」「エンドユーザー様」の満足までみつめて「ITソリューション」を提案できるようになり、志援するために現地現場でさらに進化するしくみなかみができた企業です。食の鮮度物流が進化を始めました。

○会社情報       ○トピック
設立 1973.01.20
○サービス
■課題、事例から探す
・店舗間のネットワークを早期に構築、強化したい
・売上を増やしたい  
・通販事業を安く、早期に始めたい
・物流業務を効率化したい
・ムダな在庫や作業を削減したい
・モノの所在を正確に把握したい

■業種から探す

農業、漁業
・ビジネスマッチングサイト「クロネコバイヤーズダイレクト」
インターネット上に「売り手」様の商品を掲載し、それを閲覧した「買い手」様が直接購入する企業間取引のサイトです。
・産地直送販売支援産直通販システム「産直9
産直販売にかかわる事務作業の軽減と販売活動を支援するパッケージシステム
・小売通販(通信販売)顧客管理「リピートくん9」
販売活動を支援する小売業・通信販売向け顧客管理システム
・宅急便(宅配便)追跡「宅急便追跡ASP」
 通信販売等で多くの宅急便を出される企業様向けサービス。宅急便荷物の配達業務を効率化!運送業者様にも荷物追跡システムをご提供しています。

◆運輸業  ○全業種
・荷物追跡シスエムの導入「運送業向け荷物追跡ASPサービス」
宅急便で蓄積した荷物追跡ノウハウを運送業他社様にご提供するサービスです。
・WMS倉庫管理システム「倉庫(見える化).net
正確な数量管理と情報共有を基本に、受注から配送までの倉庫内システムを最適化。物流品質を高めます。

◆飲食料品製造業  ◆機械器具製造業
◆衣料品小売業  ◆機械器具小売業
◆飲食店、宿泊業  ◆サービス業その他
◆建設業  ◆医療品製造業 資格情報通信業
◆卸売業  ◆飲食食料品小売業
◆金融保険業  ◆教育学習支援業

■キーワードから探す

○事例  業務改善を具体的な事例で紹介。

○イベントセミナー












































 


 セイノー情報サービス
     西濃運輸グループ

 セイノー情報サービスは 1984年西濃運輸電算部門が分離独立、西濃グループの基幹部門のITを業務として、物流サービス、ITサービスの各種アウトソーシングをし、現地現場でさらに進化するしくみなかみができた企業です。食の鮮度物流が進化を始めました。 先進のロジスティクスでビジネスの可能性をテーマに進化を続ける企業企業を取り巻く環境が大きく変化している時代、企業価値を最大にさせるためには「営業利益の増大」と「資本コストの改善」が不可欠で、この部分に固有技術を特化し、企業価値向上のために、物流活動の領域全般にわたる様々なロジスティクス変革を支援しています。LLP(Lead Logistics Provider)として、ビジネスに新たな可能性を拓くベストパートナーを目指しています。

○会社概要
○サービス
■サービスから選ぶ    ■課題から選ぶ

◆在庫管理を効率化 
製造工場や倉庫にたまる在庫の最適化
・SLASH
欠品や在庫過多を抑止しながら、在庫管理を自動化し属人化から脱却します。
・最適在庫分析
在庫量は適正かどうかをコンピュータシミュレーションで簡易分析します。最適在庫量の判断にお困りのお客様に好評です。

◆物流センターを快適に
複数の業務が絡み合う物流センター内をスッキリ
・検品Pro
検品を効率的に行う事のみを狙います。導入にかかる手間も小さく即効性があります。
・SLIMS-WH
物流センター内全てを可視化し完全管理を目指します。検品Proの機能も含まれます。
・SLOTS
SLIMSを食品業界向けにカスタムしたツール。トレーサビリティや鮮度管理を実現します。

◆コンサルティングで物流改革
経験豊富なコンサルタントが的確に分析・診断・変革提案を行います。
・物流アドバイザリーサービス
物流改善プロジェクトに弊社コンサルタントが参加する形で、問題解決に向けた効果的なアドバイスをいたします。
・物流改革支援サービス(ReVIVE)
物流変革が必要とされるお客様に対して、実践的な変革モデルをご提案します。
・ロジスティクス価値分析Q-val
特にロジスティクスネットワーク(物流拠点)に疑問を感じておられるお客様に、現状の分析と、新しい変革モデルをご提案致します。

◆輸配送を徹底管理
目の届かない実際の配送現場を人に変わり監視
・ASPITS
車両位置をリアルタイムで取得することでお客様からの問合せに即座に応対出来ます。
・ASPITSオプション
配送予定を入力することで、それと実際の配送状況を照らし合わせ自動でアラーム通知


◆業務の一部をアウトソーシング
プロが行う物流サービスとITサービス。安心してお任せください。
・キッティング ・物流技術サービス
・データセンターアウトソーシングサービス

◆円滑なサプライチェーンを支援
・EDI ASPサービス
2000社を超える企業様にご利用いただいているデータ交換「EDI」。安心・安全な運用をご提供します。
・物流ゲートウェイサービス
調達・生産・販売・回収に関わる物流ニーズに対して情報化及び物流資源の有効活用によりSCMを支援します。
・物流レベル診断 FOCUS
物流に関する8つの領域について物流レベルを診断します。貴社にとってどこが強み、どこが弱みなのかを発見するのに最適です

◆ウェブサイト構築
・ウェブサイト&インターネットショップ構築サービス

○導入事例  ・鮮度管理
○セミナーの案内
●ASPITS試用案内
車両位置管理サービス ASPITSを無料貸出いたします
●在庫削減の具体策(キャンペーン)

●週刊物流IT情報
物流とITの総合ポータルサイト

●セイノーショッピングモール
大切なあの人への贈り物、言葉では伝えきれない気持ちをお届けします。
 

 


 □日本通運

 日本通運株式会社は、1872年に設立された「陸運元会社」を前身とし、1937年に創立されて以来、130年以上にわたり日本の物流業におけるリーディングカンパニーとして、人々のより良い暮らしと産業界の発展を支えています。 2007年3月末現在、357社で構成される日通グループは、運送事業、販売事業、その他の事業を世界で展開しており、創業以来着実に築き上げた国内営業基盤に加え、世界37カ国、196都市に340拠点を擁する、グローバル企業グループとしての地歩を固めています

○会社情報   ○株主投資家
○個人のお客様
○法人のお客様
■ロジスティクスソリューション
日本通運は、現在まで培ってきた豊富なノウハウを元に、様々なニーズにお答えすべくオーダーメイドでご提案いたします。
◆3PL(サードパーティロジスティクス
豊富なアセットやノウハウを有する総合物流企業として、高度な3PLサービスを提供します。お客様のニーズにも柔軟に対応し、最適なロジスティクス環境を構築し、『Win-Winのビジネスパートナー』として、「究極の物流」実現をお手伝いいたします。
「Third(3rd)Party Logistics(略して3PL)」とは、一般的に荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託し遂行することを言います。

◆グローバルロジスティクス
国際物流において、高度化したニーズに確実に応える為、日本通運は進化したロジスティクスを提供しております。また、グローバルに展開したネットワークや最適な輸送モードを活用し、個別のシステムコンサル力をもって、顧客ニーズにあわせたロジスティクスを実現するグローバルロジスティクスプロバイダーを目指します。

◆グリーンロジスティクス
日通のグリーンロジスティクスサービスは輸送モード転換や物流効率化、資材リユースによるCO2削減を目的としたサービスから、リサイクルなどの循環型サービスや産業廃棄物処理などの環境保全型関連サービスなど、多種多様なグリーンロジスティクスサービスをご提供しています。


◆提案事例集
◆物流情報システム
「ロジスティクスの要は、いかにタイムリーに“情報”を活用するか」、そんなニーズにお応えする物流情報システムです。
・グローバルポータルサイト
海外、国内を問わず分散する拠点での在庫情報、入荷情報、出荷情報、輸送情報の照会を可能とするポータルサイトです。
・物流センターシステム(WMS)
物流センターの規模やニーズに応じて、最適なシステムをご提案いたします。
・配送関連システム
お客様の配送オーダを取りまとめて効率的に配送を行う共同配送や、遠隔地への出荷手配などをいたします。
・決済代行サービス
通信販売の商品の輸送と料金決済を一括代行いたします。煩雑な販売・入金管理と輸送管理が簡略化し、事務の省力化が図れます。
・物流関連システム
入出荷検品システム(e-chekl)
たな卸し支援システム(@Count)
二酸化炭素排出量算出ツール(ココCALCL)

◆物流コンサルティング
45年以上の実績を持つ『ロジスティクスのプロ』として、「ひと」「モノ」「環境」という幅広い視点から、物流コストの削減、作業の効率化、品質向上という身近なテーマに加え、下記のような多岐に渡る課題に取り組んでいます。
・日通総合研究所  ・コンサルティング
・調査研究  ・教育研修

■国内輸送
日本通運の一番の強みは、陸、海、空、すべてのモードを自由に組み合わせて最適なロジスティクスを実現できること。トラック輸送、鉄道輸送、航空輸送、海上輸送、あらゆる輸送を駆使してお客様のニーズにお応えします。

■国際輸送
日本通運は1962年、米国日通を現地法人として開設して以来、国際物流の広がりとともに、世界各地へ進出し、世界最大級の独自ネットワークを構築しています。

■専門輸送
輸送が困難なものを運べるのは日通ならではの強みです。オフィスの移転から国宝級の美術品輸送、重量品の輸送・架設・建設、万全のセキュリティを要する現金輸送など、信頼の物流サービスをご提供します
■保管(倉庫)
日本通運は国内No.1の倉庫面積とネットワークを保有し、多くの企業の原材料や製品の在庫拠点、供給拠点としての利用や、国際輸送をサポートする拠点など、物流センターを核としたさまざまなお客様のニーズにお答えしております。戦略的ロジスティクスの中心は、物流センター。日本通運の倉庫施設(ロジスティクスセンター)では、入出庫・保管サービスを始め、より付加価値の高いロジスティクスサービスをお客様にお届けしています。また、VMIやJIT供給センター、リペアセンターやキッテングセンターなどのソリューションもご提供しています。



















 


  □東洋ビジネスエンジニアリング

 東洋ビジネスエンジニアリングは ・製造業へのこだわり ・サプライチェーンへのこだわり ・日本発グローバルへのこだわり ・先取りへのこだわり ・プロジクトマネジメントへのこだわり ・お客様満足へのこだわりを持ち、 常に新しいビジネスモデルの構築に努めるとともに、先端技術の評価、導入を通して、ご提供するサービス内容の向上に努めている企業

○会社情報   ○IR情報    ○ニュース
◆会社概要   ◆沿革   ◆企業理念
◆3つにこだわりと強み
◆オフィス、関連会社

○イベント、セミナー

○ビジネスソリューション
モノづくりの傍にずっといたからこそできること当社の歴史は、1980年代前半に東洋エンジニアリング(株)の1部門として、CADシステムの自社開発をスタートしたことに始まります。そして、ほぼ四半世紀にわたり製造業のお客様とともに歩んできました。「B-EN-Gならなんとかしてくれるのではないか」とお客様から相談していただける存在でありたい、それが当社の変わらぬ思いです。

■体系別インデックス
◆ERP、SCM
企業活動のグローバル化がますます進展する中で、多様化する顧客ニーズ、短命化する製品ライフサイクルなど変化への迅速かつ柔軟な対応を可能とするビジネスプロセスの確立が、企業の競争優位を実現するためには重要な課題となっています。 グローバルに展開する市場、生産拠点、部材調達先、物流を可視化し、全体最適を目指したサプライチェーンマネジメント(SCM)の実現が望まれます。90年代前半からSAP、OracleといったERP導入に豊富な実績を有し、また当社オリジナルのSCMソリューションであるMCFrameを提供してきたB-EN-Gは、・・・・・

◆WMS、MES
少量多品種化、製品ライフサイクルの短命化が進む現代においては、変化に対し迅速かつ柔軟に対応できるアダプティブ/ディマンドドリブンなサプライネットワークの構築が必要となります。そのためにグローバルに展開する複数拠点の生産、物流におけるモノの流れと品質・稼働状況など現場状況の可視化を実現し、グローバルな最適化へ向けたスピーディな対応を可能とする仕組みが必要です。長年にわたりロジスティクス分野で実績を積んできたB-EN-Gは、・・

◆SRM サプライヤーとの新たな関係構築
生産拠点、販売拠点が海外へとシフトする中、資材に関しても海外現地調達、グローバル調達など、より戦略的な調達が求められています。そうした中、サプライヤーとの関係を見直すとともに、購買管理業務そのものを見直すことが、経営戦略上も重要な課題となってきています。 90年代後半から長年にわたる電子調達システムの構築実績を有するB-EN-Gは、・・

◆RFID
業務にフィットしたシステム構築によるRFDI活用。
世界中で期待の高まるRFIDは、製造業、物流業、流通業などさまざまな業界から注目されています。RFIDによりサプライチェーン上のモノの流れが可視化され、より高度な管理が可能となるなど、もたらされるメリットには大きなものがあります。しかし、お客さまの業務にフィットしたシステムを構築しなければ、せっかくのメリットを手にいれることはできません。

◆グローバル展開支援  
グローバルSCMを支える現地システム導入連携。
日本企業の多くが、中国をはじめとした海外進出を検討・推進される中、販売管理、生産管理、物流管理、財務会計といったシステムをどのように現地に導入し運用するか、また本社あるいはグローバルの他拠点との連携をどのように取るかといった課題の解決が求められています。

◆国際物流、貿易
リードタイム短縮へ向けた国際物流、貿易ソリューション。昨今のグローバル化や製品ライフサイクルの短命化により、製造業(荷主)では調達から生産・物流・販売までのリードタイムを大幅に短縮する時間軸での熾烈な戦いが求められています。しかしながら物流あるいは貿易業務は、物流事業者や税関など外部組織との連携により成り立っており、製造業(荷主)にとっては一種のブラックボックスと化し、リードタイム短縮におけるボトルネックとなっている可能性があります。 こうした課題を解決するためには、貿易情報の電子化、各プレイヤー間での情報連携により可視性を高め、最適化へと繋げることが必要です。長年にわたりロジスティクス分野で実績を積んできたB-EN-Gは、国際物流/貿易におけるお客様の課題解決へ向けた各種ソリューションをご提供します。

◆CRM
顧客ニーズが多様化する中、さまざまな顧客チャネル(営業、販売代理店、コールセンター、WEBなど)から入手される顧客情報を集約・分析し、最適な製品・サービスの提供を行うことで、顧客との継続的な関係を構築することが重要となっています。BtoBの製造業においても、営業/フィールドサービスの連携強化、販売代理店との協力体制強化、顧客サービス窓口の一本化など、さまざまな形で顧客起点のビジネス強化を進められています。1996年Scopus社(のちにSiebel社が買収)の総販売代理店となってから長年にわたりCRM領域に携わってきたB-EN-Gは、・・・

◆SOA
B-EN-Gは、1991 年にERP関連ビジネスに取り組み始めて以来、300社を超えるお客様に対し、ERP活用の価値を提供してまいりました。さらに、企業環境の変化やIT 技術の革新に積極的に対応し、技術面でも最先端を走り続けています。

◆EDI,EAI,BPM  
情報システム連携を支えるEDI、EAI

◆BI,DWH
戦略的な意思決定へのデータ活用
知的資産が重視される時代にあっては、社内に散在するデータを情報に変え、さらに新たな価値を生む知恵へと変換させ、戦略的な意思決定に活用していくことが必要です。

○実績紹介
◆食品
・日清オイリオグループ  ・ヤクルト ・ヤマサ醤油
◆医薬品 ◆機械 ◆化学  ◆自動車部品
◆設備工事業、建設業 ◆ビジネスコンサルティング

 


◎従来の必要に応じ経営の重点部門から積み上げたしくみシステムから、全体最適型、基盤共有性のある海外拠点でも整合しやすさを持つ確率の高いプラットフォーム型へ事業展開の軌道を変える存亡の分水嶺が近づいています。

 □SAPジャパン(物流ソリューションの内容例)

 「お客様の期待に応える」から 「お客様の期待を超える」へ。 SAPの成功は、いつもお客様の成功とともに。SAPは創業30年、大企業向け実績が多いですが豊富な実績から、投資効果を重視しなければ存続できない 「中堅・中小企業」に対応した、高額で複雑なシステムを導入する ための時間をかけず、手ごろな価格で簡単迅速導入できるSAPソリューションは、経営のためのリソースを損なうことなく、導入企業に新たな付加価値をもたらします。

○SAPジャパンについて    ○SAPについて     ●プレスリリース ●導入企業一覧

○中堅、中小企業向けソリューション  
●ニーズに応じた機能や構成選択ができ、企業の成長に合わせた拡張にも柔軟対応 pdf

ビジネステクノロジーのニーズへの対応      ■業種固有のソリューションの整備
■パフォーマンス目標の達成に向けた方策

■SAP BUSINESS ALL-IN-ONE
ビジネスのあらゆる側面を包括的にカバーする統合型の業種別ソリューション。
財務、人事、調達、在庫、製造、物流、から、顧客サービス、販売、マーケティングまで、あらゆる業務の管理を支援します。
事業のあらゆる側面を包括的にカバーする統合型の業種別ソリューションを必要としている中堅企業に最適なソリューションです。 他社のビジネスソフトウェアと異なる点は、柔軟に機能を選択、設定できる単体のソリューションとして提供される点です。SAP Business All-in-One は、財務、人事、調達、在庫、製造、物流、製品開発、コーポレートサービスから、顧客サービス、販売、マーケティングまで、あらゆる業務の管理を支援する統合ソリューションです。

◆ソリューションのメリット  ◆ソリューションの詳細 ◆業種  ◆Fast-Start Program ◆導入事例

◆購入方法
革新的な fast-start program や SAPパートナーネットワークをご案内しています

■イベント

■製品の比較       ■デモや導入事例を見る

●役割別

・経営者、事業主     ・人事管理   ・プロジェクト管理  ・情報システム  ・財務 ・マーケティング
・販売  ・顧客サービス  ・生産

・ロジスティクス  
顧客への安定した製品供給と顧客満足度の向上。SAP ソフトウェアは、入荷 / 出荷 / 社内ロジスティクスの並行処理を可能にすると同時に、在庫、タイムラグ、エラーを最小限に抑えることにより、顧客満足度の向上と、変化する要件への対応を迫られている成長企業のロジスティクス部門の責任者を支援します

・調達
購買決定の価値を最大化。効果的な購買と調達プロセスの効率化を目指す購買 / 調達マネジャーのために、SAP ソフトウェアは、複数のアプリケーションの使用を排し、複数のビジネス領域を 1 つの調達プロセスで統合することで、購買管理全般の向上と信頼できる供給元の確保を支援します。

・サプライチェーン
サプライチェーンの合理化と成長戦略のサポート。受注履行に対する顧客の要求と、コスト効率に対する経営陣の期待の両方に直面しているサプライチェーンマネジャーの皆様のために、SAP ソフトウェアは、複数のフルフィルメント戦略(単純な効率化から高度な戦略まで)と、柔軟性に優れたプロセス実行のための環境を提供することで、変化への適応力の強化を支援します。

・物流
SAP for Logistics Service Providers (物流) ソリューションは、郵便業務や鉄道輸送、航空会社、海運業、トラック運送業、3LP、サプライチェーンアウトソーシング業、そして運送会社を含む物流企業に特有なニーズを支援します。このソリューションを使用することにより、一つのビジネスプロセスプラットフォームで企業全体を統合することができ、経費の削減や、新しいビジネスを実現することができます。さらに、新製品の開発を行うと同時に中核事業の実行や顧客とのつながり、横断的な組織の可視化を可能にします。

◆大企業向け
業界ごとに異なる変化を見せるビジネス環境に適合・対応するための大企業向けソリューション

◆中堅企業向け
オペレーションを効率化し、高い収益性を伴う成長を実現するための中堅企業向けソリューション

◆中小企業向け
全てのコアビジネスオペレーションを単一システムで自動化する SAP Business One

○SAPのソリューション
■業種別ソリューション   
企業にとって唯一重要な業界は自社の業界であると、SAPは理解しています。SAPに全業種向けビジネスソリューションが存在しないのは、そういった理由によるものです。SAPの業種別ソリューションは、ビジネスの推進力となるプロセスの専門知識に基づいています。そのため、組織内の可視性向上、顧客志向、非効率性削減といった、それぞれの企業にとって最も重要な分野において、より確かで、より優れた戦略的意思決定が可能になります。SAPは、30年以上にわたる経験から、あらゆる業種のニーズを理解しています。

◆食品業界 例
SAP for Consumer Productsにより、食品業界の企業は以下のような基幹業務プロセスを改善することができます。
・新製品開発 -- 革新的な製品の設計、開発、市場投入を体系的に管理、業務を効率化。
・販売・マーケティング -- ブランドエクイティ管理、カテゴリ管理、特売プロモーション管理、顧客管理、SFA、受注入金管理など、マーケティングおよび販売のサイクルすべてを合理化。
・需要供給計画 -- 需給バランスを保つことにより在庫を最適化し、最高の顧客サービスを実現。
・出荷処理と生産業務 -- 自社のブランドや製品を最適な場所と時間に店頭陳列することが可能。SAPのソリューションにより、通常の入出荷業務だけでなくルートセールスによる店舗直送シナリオも実現。
・データ交換と法規制遵守 -- ロットトレース/環境コンプライアンス、流通グローバル標準であるGDS(Global Data Synchronization)をサポートすることにより、データの正確性と一貫性を保証し、法規制遵守を促進。

◆金融&公共部門  ◆製造  ◆サービス

■プラットフォーム  柔軟性と応答性の強化
変化するビジネス要件にすばやく対応するには、より優れた柔軟性を提供するIT環境が必要です。SAPは、企業が求める柔軟性を以下によって実現します。

◆SOA
SOAは、サービスベースのビジネスソリューションをエンタープライズレベルで開発するための、適応力の高い、柔軟かつオープンなITアーキテクチャーのブループリントです。SAP NetWeaverを技術基盤とすることにより、SOAはITアーキテクチャの適応性を高め、また、Webサービスをエンタープライズレベルまで引き上げることにより、企業をリアルタイムエンタープライズのビジョンに近づけます。

◆SAP Netweaver
システムの変更、管理を実現するための基盤
包括的な統合アプリケーションプラットフォームであるSAP NetWeaverは、既存のITインフラストラクチャと連携してシステムの変更をサポートし、管理します。SAP NetWeaverにより、新しいビジネス戦略やビジネスプロセスを柔軟かつ迅速に設計、構築、導入、実行できます。SAP NetWeaverは、既存システムを再構成すると同時に持続可能なコスト構造を維持することによって、組織全体の革新を可能にします。また、既存システムへのリスクを軽減しつつ高い投資回収率(ROI)を実現する、業種に特化した革新的なビジネスプロセスを実現することもできます。

◆ビジネスプロセスプラットフォーム
標準化と業務核心を実現し、ITの生産性を向上。
 ビジネスニーズの急激な変化やその影響範囲の拡大に合わせて、IT インフラストラクチャーにも変更を加える必要があります。競争優位を維持し、ビジネスネットワーク全体の付加価値を高めるため、企業は既存の IT インフラストラクチャーをより柔軟に進化させることで業務の無駄を省き、複雑性を緩和しなければなりません。こうした進化を可能にする、ビジネス主導型のソフトウェアアーキテクチャーが、service-oriented architecture(SOA)です。SOA を活用すると、複数のアプリケーションを組み合わせて利用できるようになると同時に、エンタープライズサービスを活用して新たなビジネスプロセスを迅速に導入できるため、ソフトウェアの再利用性や変化への即応性を向上することができます。
 

 

 


■SCM実現のための要整備支援企業

経営の視点から自社にSCMを導入するためには、現状を活かし一部からはじめなければならない場合が多い。自社のノウハウと外部の先端ノウハウを活かし、融合させ自社固有の強みを発揮できる分野を重点に情報です。


 EXPLANNER 「エクスプランナー」

NECの物流センター向けパッケージ 「エクスプランナー(EXPLANNER)」
・30年に及ぶ歴史と20,000本以上の導入実績
・業種に特化した各種パッケージが最適なERPシステムを提供
・開発フレームワークの提供により柔軟なカスタマイズ性を実現
・システム企画から運用支援まで充実したサービスメニューがあります。 

○会社概要     ○事業案内
・NECWay  ・ブランドステートメント  ・あいさつ
・NECグループ国内関係会社

○EXPLANNERとは
NECのEXPLANNERは、さまざまな業種にフィットする最適な基幹業務の導入・提案を実現いたします。経営規模や業務の拡張に応じて段階的な導入にも柔軟に対応。さらに、基幹業務を強化・補完する仕組みも充実。企業のさらなる躍進を力強く支援します


○流通業・サービス業
◆ソリューション倉庫管理システムEXPLANNER/Lg
倉庫管理システム(WMS)。リアルタイム処理、KPI管理による物流業務の「見える化」を実現

◆配送計画支援システム ULTRAFDX
配車プランナーの「高度なノウハウ」を取り込み、配車・配送オペレーションの「迅速化」「高精度化」にとどまらず、「物流コストの削減」「サービス品質の向上」、さらに「TMS」「CO2排出量削減」までを見据えたソリューションを提供しています。

◆冷蔵倉庫業向けソリューション
冷蔵倉庫管理システムは、お客様のさまざまなご要望を最大限取り込み、大変使いやすいものと致しました

◆航空貨物代理店向けソリューション
航空貨物代理店システムは、輸出入・混載・請求・未収管理・海外精算業務等、航空貨物代理店業務に必要とされる機能を全て網羅しております。

◆海運業向けソリューション NEFIOS
海運業務に対応したソリューションの導入により、社内業務の効率化や船舶動静情報・在庫情報等のサービスを提供します。

◆バス業向けソリューション
バス業界向けのトータルシステムです。ダイヤ編成・営業所の管理・運行状況を統合することで、ダイヤ編成に実績がフィードバック可能になり、計画データと実績の差が把握できます。

○問題解決から選ぶ
◆EXPLANNER 製造業編
自動車部品、電子部品などの部品製造業の様に内示や確定の受注情報の変動が激しいため生産現場が追随出来ず、必要以上の在庫を抱えて困りのお客様や、ジャストインタイムの納入指示に対応するために苦労されている製造業のお客様

○導入事例
 



 


  ムラタシステム

 ムラタシステム(村田機械グループ)は情報と物流の最適化を創造し経営の視点に立ってロジスティクスを実現する4つのコンセプトに基き事業展開をしています。今や企業戦略の基軸たるロジスティクス。マーケティングにおけるロジスティクス物流の重要性、トータルコスト分析の捉え方、顧客サービスや生産性の評価など、物流のあり方が経営戦略として大きな位置づけを持つようになりました。調達から消費者への商品提供までの一連の流れ「サプライチェーン」を最適化し、在庫削減、輸配送コストの削減、利益の最大化を実現する新しいキャッシュフローをビジネスの戦略とした経営管理手法である「サプライチェーンマネジメント:SCM」が注目されています。理想的なSCMを実現するためには、情報技術(IT= Information Technology)、物流技術(LT=Logistics Technology)の融合が不可欠です。ムラタシステムは、物流情報システムの構築力で、さまざまなソリューションを提案、提供していくことが使命にしています。

○企業情報  ◆拠点
◆会社概要  ◆グループ
◆4つのコンセプト
Mission  Vision  Works  Solution 

○業務案内
◆Logistic Layer(物流、FAシステム)
・SCM実現を支援するWMS
ムラタシステムのオリジナルWMSは、的確な在庫管理と、作業効率の向上、物流業務の最適化を実現します。
・GAによる最適パレタイズシステムを開発
ムラタシステムはGA(Genetic Algorithms)を利用した最適化パレタイズシステムで輸配送の効率化を実現します。

・的確な配車による輸送コストの削減
ムラタシステムの配車システムは配車計画だけでなく、出荷効率を上げるために分析・管理システムをサポートすることが可能です。

・ベテランのノウハウをシステム化
ムラタシステムの画像処理による認識システムは、熟練者にしか判別できなかったものを誰にでも判別できるようにします。

◆Customer Support(保守、メンテナンス
・設備の安定稼動をサポート
ムラタシステムはシステムを良好な稼働状態に保つよう、保守サービスを行います。保守サービスの種類はシステム、定期保守、遠隔保守、監視保守が あります。

◆業界特化型WMSパッケージ
LogiGAIAのコンセプトは"ジャストサイズ"。業界特化型のWMSは、基本パッケージで必要十分な機能を持ち、不要な機能の削除によりコストメリットを提供するパッケージシステムです。

◆物流在庫システムL-Baseパッケージ
L-Baseは、的確な在庫管理と、作業効率の向上、物流業務の最適化を実現するパッケージ型のWMSです。SCM実現を支援するWMSは、ロジスティクス戦略構築をサポートします。


◆管理、集計システムBase-Application
 無線LAN802.11bモバイル情報端末(ハンディターミナル)と連携した7種の管理・集計システムはインストール直後から導入可能。実践的なシステムを迅速に導入できます。
 

 
 矢崎総業

矢崎グループは、生産、販売、研究開発を世界規模でネットワーク そのすべてはリアルタイムで結ばれています。国内・海外へのタイムリーな製品の供給、刻々と変化する世界情勢を先取りする製品群の開発、そしてグローバルネットワークが可能にする矢崎グループならではの効率的な生産・流通体制など、「必要なときに、必要なものを、最適なルート、最適なコストで世界のどこへでも供給できる」万全の体制を整えています。つねにベストサプライヤーをめざす、矢崎総業をコントロールタワーに、グループすべての企業体が一丸となってよりきめ細やかにお客様のニーズにお応えしていきます。
矢崎総業は多国籍企業ではなく、多文化企業 を指向しています。それぞれの国に誰よりも深く根をろすマルチカルチャーカンパニー。
計装機器関係 デジタルタコグラフ、ドライブレコーダー、YAZAKI車両情報ネットワーク、シスエム機能一体型タコメーター等

○会社概要    ◆沿革  
◆国内企業   ◆海外  ◆子会社等
◆(財)矢崎科学技術振興記念財団
◆アニュアルレポート

○社会、環境取組み

○製品紹介
クルマの中で、住まいの中で、街の中で、矢崎グループの製品は安全と快適を支えています。自動車機器から生活環境機器まで、世界の人とともに社会に信頼される多種多様な製品群を開発。さらに、介護やエコビジネスを中心とした新規事業にも挑戦しています。「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」であるために、これからも私たちは技術を磨き続けます

■自動車機器
ワイヤーハーネス(自動車用電線)やメーカー等を中心に、トータルサプライヤーとしてカー。エレクトロニクスを支える多種多様な製品を提供しています。

●計装機器     ●計装の歴史  ◎助成金
◆矢崎グループの計装機器
・デジタルタコグラフ
さらなる「安全」「省エネ」「効率化」を実現する高機能型デジタルタコグラフ。GPS内臓で位置情報など自動通知。これまでのタコグラフののノウハウを結集した「危険徴候警報機能」を搭載
・アナログタコグラフ 平型、大型、小型
・タクシーメーター
・矢崎テレマティクスサービス
車社会が抱える「環境、省エネ」「安全」「効率」などの課題を簡単解決。
※「テレマティクス(Telematics)」とは
電機通信(Telecommunication)と情報処理(informatics)からなる造語で、自動車向けの次世代情報提供サービスをさします
 機能 運行管理、安全管理、車両予約
・ユーザーサポート
24時間体制のコールセンターでカスタムバリュー向上、スタッフマルチエンジニア化を目指す

・その他(レコーダー等)
ドライブレコーダーYAZAC-eye2
走行中お車両の事故や急ブレーキ等の衝撃を感知して、その前後の走行状況を動画として記録し、事故の状況ヒヤリ、ハットを詳細に解析することができます。

・サービス商品
・自動車用電装部品

●メーター機器
●ワイヤーハーネス
●コネクタ等自動車部品

■生活環境機器
ガスや電気、太陽熱など、生活の基盤となるエネルギー供給や、生活を支える製品を数多く開発。送電ケーブルやガス機器などを通して位の安全と快適をサポートします。


■その他
次世代に向けた新規事業に取り組み、環境負荷の低減や地域社会への貢献を基本的に、各事業で拡大と成長を図っています

  ユーザックシステム

  ”効果が見える”ユーザック・ソリュー   ションで、もっと業務の効率化を、 そして経営の合理化を、受発注から物流までのスムーズな システム化、強力にサポート

○会社概要   ◆沿革  ◆あいさつ ◆事業所  
◆ニュースリリース  ◆品質方針

○商品、ソリューション

◆物流ソリューション
在庫管理、入出荷棚卸検品運賃管理など

・在庫管理ソリューション 「物流在庫名人」
消費財の物流業務に最適な、中堅中小企業向けの在庫管理コアシステム。日付別や荷姿別にも管理が可能

・入出荷棚卸検品ソリューション「検品支援名人」無線ハンディを利用した検品システム。様々な入出荷業務に対応したサブシステムも

・運賃計算ソリューション 運賃管理名人
運送会社別、出荷先別の運賃管理。運賃照合作業の軽減や過払いの防止に

・物流EDIソリューション 送り状名人運送EDI対応
 運送会社とのEDI(送り状レス)を実現。出荷業務の効率UPはもちろん、荷物追跡も容易に


◆EDIソリューション

流通BMS、EOS、Web受発注FAX受注支援など

◆帳票出力ソリューション
指定伝票、納入明細書、ラベル送り状発行など

◆Webソリューション
Web受発注、Web帳票出力など
取引先や国内外の拠点を結ぶWebシステムを短期間、ローコストで構築

○導入事例

○セミナー情報

○お客様サポート












 



















 

 

 
 □ IHI(物流システム)

2007(平成19)年7月1日から社名が石川島播磨重工業(株)から(株)IHIに変わりました。IHIは自動倉庫、仕分け設備、無人搬送車など物流システム/物流のパイオニア。常に最先端の技術で物流システム/物流機器を提案しています。−60℃の超低温まで対応できる冷凍自動倉庫/冷蔵自動倉庫や危険物を保管する危険物自動倉庫、クリーンルーム内で稼動する保管/搬送設備など、食品、流通、化学・・・幅広い業界に多数の物流プラントや自動倉庫をはじめとする物流機器を納入しています。近年、物流システムは自動倉庫をはじめとする物流機器/装置やWMS(倉庫管理システム)等の情報システムが有機的に結合して高度化し物流に関するお客様からのニーズも多様化してきました。IHIはさまざまな分野・業界で蓄積した豊かな物流経験をフル活用し、常にお客様へ物流のベストソリューションを提供すべく、お客様とのコミュニケーションを重視した物流エンジニアリング活動を目指しています。物流のみならずトータルコストダウンがIHI物流システムの使命です。

○IHIのホームページ

◆会社情報   ◆沿革あゆみ ●石川島資料館
◆近年の事業内容
◆国内事業所  ◆国内関係会社 ◆海外 
◆IR情報  
◆製品情報
・宇宙開発 ・ジェットエンジン  
・エネルギーシステム  ・貯蔵、化学プラント
・環境保全、防災   ・運搬機器
・物流システム  
・交通システム、パーキングシステム 
・橋梁、鉄構   ・土木建設機械
・産業機械   ・汎用機械     
・生活、レジャー関連 ・セキュリティ技術関連
・不動産  ・船舶、海洋

○物流システム事例
さまざまな業界の物流事例

○ソリューション
企業に最適な物流センター・倉庫...IHIは多彩な技術資源を背景に「お客様最適」の物流センター・倉庫を設計・ご提案いたします
◆冷凍、冷蔵物流
◆危険物保管、物流
◆クリーン搬送
クリーン環境での搬送に先進の技術でお応えします。IHIでは、生産システム・搬送分野での要素開発・システム開発に積極的に取り組み、常に新しいソリューションをご提案しています。
◆ロール保管、ロール搬送
◆長尺物保管
長尺物保管自動倉庫は保管効率を追求し、鋼材、条鋼、木材、塩ビパイプなどといった長尺物における品質管理の徹底・作業時間の短縮・先入先出しを実現させる長尺物保管システムです。
◆金型保管、搬送
金型を立体自動倉庫で立体保管し、無人搬送車にて搬送し、工場内物流の合理化・省力化・コストダウンに効果を発揮

○物流機器、システム
冷凍自動倉庫(-60℃まで対応)、危険物自動倉庫、ロール保管自動倉庫、長尺物自動倉庫、クリーンルーム自動倉庫、屋外型自動倉庫・・・お客様の保管ニーズにあった自動倉庫・保管システムをご用意

◆マテハン  ◆自動倉庫   ◆コンベア
◆無人搬送車、AGV  ◆デジタルピッキング
◆ピッキングカート  ◆ソーター
◆倉庫管理、WMS

○サービスネットワーク
物流システム/物流機器のメンテナンス業務は、IHIの関連会社である(株)IHIロジテックがおこなっております。当社では、据付工事から保守・改修サービスまで一貫したサポートをしております。

○物流製品ラインナップ
◆マテハン  ◆自動倉庫   ◆コンベア
◆無人搬送車、AGV  ◆デジタルピッキング
◆ピッキングカート  ◆ソーター
◆倉庫管理、WMS


○カタログ
物流システム・マテハン機器カタログお送りします

○物流関連リンク
 


  ライフサポ−ト・エガワ LSE

物流界に求められるあらゆるニーズにスピーディにお応えします。半世紀にわたる実績と全国をカバーする拠点で365日お客様の総合物流をサポート
ライフサポート・エガワは 日本で最初に共同配送を実現。大手コンビニの菓子物流でトップシェアを持ち、業界は角共同配送を実現した物流業界のトップランナー 。情報化社会が急進展し、合理化、高速化が進む現代。物流界に求められるニーズはますます多様化し、よりきめ細かなサービスが求められています。LSEはお客様のあらゆるニーズにスピーディーに対応すべく、ネットワークの拡大と、常に他社の一歩先を行く高品位サービスで、お客様の120%の満足度を実現し、ミス0を全力で追求しています。

○会社案内
◆会社概要    ◆経営理念  ◆沿革
◆LSEのCSR活動
◆全国拠点

○事業案内
ライフサポート・エガワは3PLを中心とするロジスティクスソリューションビジネスを展開しています。運送、保管といった従来のロジスティクスに加えて、物流診断やマーケティング支援といったサービスをご用意しております。
◆コンサルティングサービス
◆アウトソーシングサービス
◆共同配送サービス
◆メールマーケティングサービス
◆インターネットソリューション
◆引越しサービス

○サービスガイド   ○サービスガイド詳細

◆全国輸送配送サービス
関東を中心に15拠点、自社車両280台、協力会社車両随時250台でシームレスな配送サービスを提供。協力会社との連携は情報を共有化し、貨物追跡情報も充実。幹線輸送、エリア配送まで、幅広く輸送サービスをご用意しています。

◆共同配送サービス
共同配送サービスは単に効率だけを重視したいものではありません。輸送する商品の特性を失わないように専門性を上げ、衛生管理、温度管理第一で、異物混入、異臭混入を発生させません。

◆物流コンサルティング
物流部門を再構築したい、物流センターの効率性を診断してほしいなど、物流業務全般に関する「最適化」のお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。


◆アウトソーシングサービス
物流センターやオフィスで、多岐にわたる業務を受託しています。フォークリフトのオペレーターから、梱包や包装などの出荷現場などで受発注や、出荷業務代行、物流経費計算、請求書発行など、あらゆる業務のオペレーション代行を承ります。

◆通販、ECサービス
自社の配送ネットワークに加えて協力会社のネットワーク利用により個人宅配にも対応しており、万全な体制で通販ビジネスをサポートします。ECサイトの製作にも独自のノウハウで協力させていただきます。

◆倉庫管理サービス( 3PLサービス)
関東圏内にストックポイントを多数ご用意しています。また、入出庫作業はもとより、製品出荷直前までの「流通加工」(商品アソート、値札、景品付け)などのご要望にもお応えします。

◆引越しサービス
個人宅の引越しや、社内の人事異動に伴うレイアウト変更など、規模の大きさに合わせてリーズナブルな引越しサービスを提供します。不用品の廃棄なども承ります。

○サービスガイド

○導入、改善事例







 


 フードサービスネットワーク FSN

 三菱商事の100%出資会社。食材の調達から全国50ヵ所の物流拠点・冷蔵物流センター/全国42カ所 ・冷凍物流センター/全国5カ所 ・3温度帯物流センター/関東・近畿2カ所 ・常温物流センター/ 関東1カ所を生かした物流まで、食にまつわるトータルソリューションを行う企業です。

○会社概要  ◆沿革   ◆経営理念 
◆センター一覧

◆事業コンセプト挨拶

FSNグループは、大別して3つのドメインを有しています。即ち、食品卸売事業、低温物流事業そして食品原材料SCM事業です。 低温物流事業については、北海道から沖縄まで、全国51カ所の物流センターを保有し、これらを結ぶ広範な物流ネットワークにより、きめ細かな低温物流サービスをご提供しております。また、三菱商事食品グループが全世界に巡らせた食材調達ネットワークを背景に、高品質且つ安全な食材を物流サービス機能とあわせて安定的に供給することが可能です。これらのトータルソリューションとして、CVS・量販店や外食・中食チェーン向け食品原材料SCM事業があります。多機能なコンピュータシステムと永年培ってきた調達及び在庫管理に関するノウハウで、お客様より高い信頼と評価をいただいております。 

◆環境対策
環境にやさしいハイブリッド車を順次導入
・低CO2、優れた燃料費性能
・グルーンな排出ガス

○事業内容
◆食品卸売事業
食材の開発・調達から受発注等の情報システム、品質管理に至るまで、食の流通に関するあらゆるソリューションを提供し、お客様のマーチャンダイジングを強力にサポートいたします。
三菱商事部ループの調達ネットワークをフルに活用。
食の安全。安心、トレーサビリティを最優先に。

◆食品原材料SCM事業
FSNとファインライフ(関連会社)が共同で提案する食品原材料SCMは、多機能なコンピュータシステム、及び受発注・在庫管理に関する豊かな経験と優れたノウハウにより、流通過程におけるムダの削減に大きく貢献いたします。
 
◆店舗物流事業
●チルド物流
●冷凍品物流
●低温三温度帯物流
冷蔵センターと冷凍センターを併設、三室式マルチ車輌を使用した冷凍・冷蔵・加温の低温三温度帯物流を推進。配送車輌を削減することにより、コスト削減、乗務員の確保、環境対策等に貢献。非ドミナントエリアにおける低温物流の効率化に取り組んでいます。

●常温物流センター
常温専用の物流センターも保有。CVS向けの加工食品・菓子・日用品雑貨品等の常温品の保管・仕分、店舗配送を行っています。

●酒類の取扱い

◆メーカー物流事業
FSNは、全国に展開する低温物流ネットワークを駆使して、メーカー様・ベンダー様の物流コスト削減と全国展開を強力にバックアップ。ご満足いただけるサービスを提供いたします。FSNは関東〜東北・信越地方、近畿〜北陸・中国四国地方、福岡〜九州全域等、独自の低温物流ネットワークを保有。発着管理・温度管理等を徹底し、お客様から高い評価をいただいております。

 (株)ファインライフ(関連子会社)  
CVS向原料SCMサービスを提供
当社は、多機能なコンピュータシステムと全国を網羅する物流ネットワークを構築して、食品原材料の調達から在庫管理、物流までの一貫したサービスを提供しています。特に、CVS向け食品原材料SCMにおいては、安定した運営実績と優れたコスト競争力で、お客様から高い評価をいただいております。



 


 □センコー

感動を運ぶ。信頼を結ぶ。
センコーは、SCM(サプライチェーン・マネジメント)構築に向けた効率的な物流システムの確立、投資効率を狙った物流のアウトソーシング、循環型社会や国際化への体系的な物流システム構築など、お客様企業をはじめ社会の皆様にとって、常にお役に立てるロジスティクスのベストパートナーであり続けたいと考えています。私たちが目指すのは、「流通情報企業」です。これからは「物流」という領域を超え、流通全般に関わる情報をリアルタイムで収集・分析し、ITを駆使したシステムと融合することで、人々の暮らしと産業を支える最適な流通ソリューションを実現する企業へ進化し続けます。

○企業情報(挨拶)
◆会社概要      ◆沿革
◆国内  ◆海外  ◆グループ企業
◆IR情報   ◆ニュース2010まで

◆CSRの取組み

○物流サービス
調達から最終消費者まで、物流の効率化を図る「SCM」が、サプライチェーン上にある企業様の経営体質を強化する キーとして注目を集めています。1970年から物流コンサルティングをスタートさせたセンコーは、現在まで、お客様が抱える問題の解決、さらに、その先にプラスアルファの価値を提供するべく、取り組んで参りました。 これに、国内外をネットワークする物流機能と設備を組み合わせてシステムを運営する力で、お客様のSCM構築をサポートいたします。

◆サプライチェーンロジスティクス
お客様からは、企業体質強化に向けてSCM構築の効率的な物流システム提供をはじめ、物流再編ニーズや投資効率向上を狙った物流のアウトソーシングニーズも増えてきています。そのような中、当社は3PL企業として、「物流に関する諸業務を含めたアウトソーシング提案」を行いながら、お客様のSCM構築をサポートする事業展開で、他社との差別化を図り、お客様には総体コストの圧縮メリットを還元し、当社は物流業務全般を請負う中で、シェアアップ、関連企業の業務引き受け拡大で、収益向上を図っていきます。

◆流通ロジスティクスソリューション
1985年に量販・小売分野に本格参入し、事業を飛躍的に拡大してきました。全国に広がる物流センターネットワークを活用することで効率化を徹底できることが、センコーの強みです。ベストパートナーシステムで店舗運営を強力にサポートします。

◆住宅、建材物流ソリューション
◆石化、樹脂物流ソリューション

○物流センター(倉庫)
戦略拠点の複合機能倉庫
センコーは単に倉庫スペースを提供するだけではなく、配送機能、流通加工、情報処理加工など、お客様の販売・営業活動をサポート出来る物流・商流拠点としての機能を充実させています。

□グループ企業

◆センコー情報システム
コンピュータ情報処理業、ソフトウエア開発、販売業、コンサルティング。
 センコー情報システムは、1977年の設立以来、センコーグループを支え共に歩んで来ました。ロジスティクスシステムでは、これまでに培ってきた確かな技術と業務ノウハウを活かし、お客さまの3PLビジネスを強化して海外を含めた最適なSCMソリューションを構築し、ご満足いただけるシステムをご提案しております。

◆ロジ・ソリューション
サードパーティ・ロジスティクス(3PL)に関する事業、物流コンサルティング事業
ノン・アセット型の「サードパーティ・ロジスティクス(3PL)」と「物流コンサルティング」 を行う会社です。  物流の問題点と原因を分析・把握し、対策案を提示するだけでなく、ロジスティクス全体で最適な仕組み作りを実現致します。

 

 

 

 


■SCM対応人財育成支援企業

SCMを推進するためには、業界の進化スピードが速く、自社の情報だけでは、競合他社の人財成長格差が出る可能性がある。自社の実務に精通した、優秀幹部のグループから総合判断のできるシステムをわが社のために活かしきるスペシャリスト人財を短期養成する必要があります。業界の専門性の高い企業情報を集めました。色々な外部の機会を上手に活かし、未来の業績基盤で活躍する人財育成をお奨めします。
 


 ◇日本ロジスティクスシステム協会

◆経験交流活動
・会議   
・委員会
・懇談会、談話会
・大会
・講演会

・九州ロジスティクス講演会(年度でサイト変更)
・関西物流改善事例発表会(年度でサイト変更)
 

◆教育研修活動
●講座・資格・セミナー
●通信教育
●企業別研修
 ●CD-ROM・書籍・教育ビデオ








 

 
◇東洋ビジネスエンジニアリング
 
B-EN-Gは、「ものづくり日本」の飛躍のために、お客様の業務改革と事業の発展に貢献するソリューションをワンストップで提供しているビジネスエンジニアリング会社です。生産・物流・販売を始めとするロジスティクス系ソリューションを、事業環境により絶え間なく変化するお客様ニーズに合わせて提供することを得意としています。前身である東洋エンジニアリングの時代から数十年にわたり製造業様のお手伝いを続けているエンジニアリング企業です。1980年代の生産設備・工場の自動化・コンピューター化推進の時代から現場の大切さを肌で感じ、お客様と同じ目線で「ものづくり」を知るITパートナーがB-EN-Gです。
 
◆イベントセミナー

実務に関するセミナーを各種開催しています。

●バックナンバー一覧
●イベントレポート


◆書籍・掲載記事
B-EN-Gグループのメンバーが執筆(共著、翻訳などを含む)した書籍

◆各種レポート論文のご紹介 pdf

 


  ◇流通経済研究所

(財)流通経済研究所は、1963(昭和38)年3月に任意団体として発足した流通経済研究所が母体となって、1966(昭和41)年に公益法人格を取得することによって設立されました。当初、民間企業の要請に応じて研究調査活動を展開してきましたが、流通問題が国民経済的な視点から重視され、公的機関からの調査研究依頼が増加したこともあり、より幅広く社会に貢献することを意図して、経済産業省の指導のもとに、公的研究機関に改組し、今日にいたっております。


◆研究会、マルチクライアント調査
(一覧)

年度の途中からでもご参加いただけます。

・店頭マーケティング研究会 2010
小売業の店頭と購買者の動向を捉え、メーカー・卸売業の店頭マーケティング施策を考える

・新取引制度、価格政策研究会
流通・マーケティングの新潮流をとらえ、それに対応するメーカーの取引制度・価格政策を考えるとともに、卸店との協働に向けた営業組織・体制のあり方など、流通チャネル戦略の革新について検討する研究会です。

・ロジスティククス&チャネル戦略研究会
現場の視点で、メーカーのロジスティクス戦略と営業・チャネル戦略を考える。  

・量販チェーン政策研究会
量販チェーン政策研究会は、チェーン小売業を中心に流通の動向を把握し、メーカーのチャネル政策、営業政策を考える研究会です。 またそのために必要となる人口・世帯構造の変化、関連する規制や制度の変化も研究課題にしています。

・ドラッグチャンネル戦略研究会
最寄品チャネルを変革するドラッグストアの最新動向とメーカー・卸売業のチャネル政策・営業政策を考える。2009年6月に改正薬事法が完全施行され、医薬品販売資格者(薬剤師、登録販売者)の常駐義務が強化されました。しかし今年2010年から2年間は薬学部6年制への移行に伴い、新卒薬剤師は原則として採用できません。取引先小売業の変化は、メーカー及び卸売業のチャネル政策・営業政策に影響します。今後、最寄品チャネルとしての性格を強めながらHBC流通が小売流通の最重要チャネルへと変貌します

・中間流通研究会
取引先に評価さえる提供機能、役割に関する研究・小売業やメーカーの変化を受けて、卸売業としての利益確保の仕組み作りに関した研究。競争優位性を確保維持する方策を研究

●2007.10.02のテーマ(参考現在ないもの)

・卸売業経営戦略研究会

・グローバル流通ビジネス戦略研究会

・店頭視点型ブランド育成研究会

 

◆教育・セミナー
 

●公開講座  

●セミナー

●フォーラム

●海外調査研究チーム

●委託研修

●過去の講座・セミナー

●セミナー資料販売

 

◆出版物の案内 


 





 


  ◇流通システム開発センター DS


◆調査研究会


●2010.04.26のテーマ
・流通システム普及推進協議会
経済産業省では、消費財流通に携わる企業間のEDI取引(電子商取引)を促進することにより、業務の効率化と高度化を図り、流通サプライチェーンの全体最適化を実現するための事業を平成15年度から6年間行いました。

・流通システム標準化事業
 経済産業省では、消費財流通に携わる企業間のEDI取引(電子商取引)を促進することにより、業務の効率化と高度化を図り、流通サプライチェーンの全体最適化を実現するための事業を平成15年度から6年間行いました。

・OBN(Open Business Network )
流通業界、クレジット業界の主だった企業からの要望を受け、自主研究として高度な安全性・信頼性を要求される、企業向けの次世代IP(Internet Protocol)ネットワークの構築技術であるOBN(Open Business Network)技術を開発しました。そしてOBN技術の供与を希望する通信機器メーカ及び通信会社を募り、現在はNTTコミュニケーションズ(株)より「OBNサービス」として、高度な安全性・信頼性が要求される企業向けIP通信ネットワークとして提供されております。

・商店街情報システム
商店街や中心市街地の活性化に重要な機能を担う各種情報システムの研究や普及推進を行っています。例えば、「商店街多機能カード」。これは従来のポイントやプリペイド等の機能に加え、駐車場、リサイクル・エコロジー、ボランティアといった地域やコミュニティと深く関わるサービスと連携し、顧客サービスの向上や固定客作りに役立てる為に各地の商店街に導入されています。

・JAN型POSシステム導入実態調査
毎年3月末日を基準に調査を行っているJAN型POSシステム導入実態調査の2008年度の結果をまとめた。なお、本調査は1988年に調査を開始して今回で21回目の調査となる。

・調査、研究報告書一覧


●2007.10.02のテーマ(参考)
・日本GCI推進協議会(GCIジャパン)
・流通情報システム研究会(シス研)
・情報志向型卸売業研究会(卸研)
・酒類・加工食品企業間情報システム研究会(F研) 
・スポーツ用品業界情報システム研究会(S研)  

◆セミナー・販売資料

・流通とシステム
 わが国の流通情報システム化の推進・研究機関である財団法人流通システム開発センターが、1974(昭和49)年から、年4回季刊で発行している機関誌です。本誌は、流通情報システムに関する調査・研究の成果を広く各界に活用していただくためのもので、JANコードなど各種流通コード、バーコードや電子タグなどデータキャリア、電子商取引EDI、データベース・サービス、流通分野の標準化とシステム開発、GS1、EPCglobalなど、当センターの研究成果をはじめ、国内及び海外の流通業の動向など、最新情報を紹介しています。
 

・流開センターニュース
わが国の流通情報システム化を推進するための専門機関として1972年に設立された(財)流通システム開発センターが、1982年から発行している機関紙です。POSシステム、EDI、SCM、XML-EDI、OBN(オープンビジネスネットワーク)、バーコードシステム、商店街情報化システム、RFID(電子タグ)、EPCglobalシステムなど、最新の流通情報システム化に関する研究、調査、業界標準化や施策の動向、国際標準化動向などを
 

・販売資料一覧

・ビデオ・CD貸し出し案内 
・書籍案内   

●セミナー開催案内

 


  ◇流通問題研究協会  IDR

(社)流通問題研究協会(IDR)は昭和41年に設立された経済産業省管轄の公益法人です。国民経済的な視野に立って流通問題に関する研究と調査を行ない、その成果を公表することを通じて、わが国経済の発展と国民生活の向上に資するという目的のもとに活動を展開しております。具体的には、流通に関する官公庁・地方自治体からの委託研究調査、民間企業・団体からの要請による調査研究やコンサルテーション、流通に関する自主研究調査、人材開発に関するセミナー・研究会を中心にした活動を展開しております。

◆研究会・セミナー開催
 

・流通問題アカデミー  
年1回わが国の経済的動向と企業戦略を学ぶセミナーです。

・チャネル戦略研究交流会
チャネル戦略研究交流会は、当初「IDRチャネル政策研究交流会」という名称で、流通機構の変貌や流通環境の変化に対応したメーカーのチャネル政策を考えるための研究会として、1984年からスタートしました。その後「IDRチャネル戦略研究交流会」と名称を変えて、より実践に役立つ内容に変え、現在21期になります。毎期、20社前後の消費財を中心としたメーカーにご参加いただいています。最近では1期1年間のプログラムで、毎回時宜を得たテーマに相応しい講師をお招きして研究会を開催するとともに、メンバー相互の交流を図ってきました。
 

・銘品流通研究会
2002年10月に食品メーカー6社が集まってスタートしました。研究会は、研究と実証を通じて美味しさと安全を約束する地域食品の開発と責任流通の構築によって、価格競争に陥らない新市場を創る協働マーケティングの場と位置づけました。そのためメンバー企業を訪問し、互いの現場をみながら新しい協働流通の可能性を検討してきました。現在は第3次研究会まで進み、さらに具体的なビジネス化へと討議を進めています。

・IT革新研究会
わが国の多くの流通企業においては、「情報系システム」はWindows、UNIX等のオープン系OS(オペレーションシステム)で運用・運営されておりますが、「業務系システム」は各社個別のOSと大型汎用機(レガシーマシン)で運用・運営されております。また、基本となる商品マスター等が各社各様で標準化されておらず、莫大なコスト高になっています。しかし、欧米の多くの流通企業においては約10年前にダウンサイジングが完了しており、欧州ではテスコやセインツベリー、米国ではアルバートソンやコストコ等が「業務系システム」、「情報系システム」共にWindows、UNIX等のオープン系OSで運用・運営しております。当然ながら、欧米ではインターネットEDI(AS2、XMLなど)の標準化、商品マスターの標準化等が確立しており、「業務系システム」、「情報系システム」は既存のパッケージソフトをカスタマイズすることによってITコストをわが国に比べ50%以下に抑えております。つまり、「システムは共有、競争は現場で」という考えが定着しております。「21世紀情報武装型卸売業・小売業のIT革新研究会」は、過去のシステムから新システムへの転換に関する基本と事例を学ぶ場として企画いたしました。

・ITマーケティング技法研究会
わが国におけるインターネットやケイタイの普及は目覚しいものがあります。これらを使ったサービスが次から次へと登場し、マーケティングや営業の世界でもITの応用が急速に拡大しています。まず、もっとも変わったのはマーケティング調査です。ネットによる調査は、劇的にコストが下がりました。大きなコストの低減は、今まで調査が行われていなかった分野でも、事前事後の消費者調査が頻繁に行われるようになってきています。多大なコストがかかっている宣伝広告においても、メディアの融合が起こり、価格の低減が進むことが予測されています。また、ネットによってキメの細かい広告告知ができるようになってきているため、より細分したターゲットに迫ることができるようになってきました。セールスプロモーションにおいても、ネットによる消費者特性に応じた来店誘導、購買誘導が可能になってきました。このようにITの急速な進歩と普及が、マーケティングと営業活動を急速に変えようとしていますが、一方において「使うための知識と知恵(ユースウェア)」が追いつかない状況にあります。本研究会では、今日どのようなITネットサービスがあるか、それらを使うにはどうすればよいか、直接サービス会社やユーザーの説明を聞き、その使い方を研究したいと思います。

・街マーケティングソフト研究交流会

●2007.10.02(参考) 

・スラッチブッキングマーケティング研究会


◆人材開発セミナー
   ・スーパーバイザー養成セミナー
   ・日本マーケティング塾
 

      ●海外研修の開催

 

◆出版物

 ◇アクセンチュア  

  ◆会社概要   業種別専門性が高い


◆イベント・セミナー
物流に関するセミナーも開催されることがあります。

 

◆サプライチェーンアカデミー
アクセンチュアのサプライチェーン・アカデミーは、最も普及率の高い、優れたEラーニング・ソリューションです。世界中 のFortune1000企業から好評を得ているサプライチェーン・アカデミーは、短期間に総合的な成果を上げることができ、従来のクラスルーム形式の方法よりコストも低く抑えることができます。事実、Eラーニングのコンテンツに、これほどまでに広範で詳細なプログラム、グローバルな展開、教育技法、各種のカリキュラム提供オプションを組み合わせている他のサプライチェーン・トレーニング・プログラムはありませんサプライチェーン・アカデミーの核となっているのは、30以上の業界組織、業界コンソーシアム、教育機関の専門家が作成した総合的な通信教育カリキュラムです。プログラムの全ての教材はインターネット対応のコンピュータからいつでもどこからでも入手することができます。ユーザーが自身のペースで学習を進められるオンライン・コース以外に、サプライチェーン・アカデミーは提供しています
 

◆サプライチェーン・マネジメント(SCM)
グローバル化、M&A、アウトソーシング、社会的責任(CSR)など経営環境・手法の大きな変化を契機としたサプライチェーン全体の見直しから、直接材・間接財の調達コスト削減といった個別テーマでの効果創出まで、サプライチェーンの様々な側面から企業価値向上を支援しています。

●サプライチェーンマネジメント(SCM)サービス
サプライチェーン・マネジメント(SCM)に関するアクセンチュアが提供するサービス一覧

●サプライチェーンマネジメント(SCM)成功事例

●サプライチェーンマネジメント(SCM)刊行物・記事・調査研究
サプライチェーン・マネジメント(SCM)に関するアクセンチュアの最新の研究・調査、寄稿記事、刊行物・書籍など豊富なナレッジをテーマ別に紹介しています。























































 

 

 

 
 ■ロジスティクス関連 書籍・ニュース
 


◆物流システム専門書

○流通研究社
 物流・ロジスティックシステム分野を核とするわが国唯一のMH専門出版社です。 現在、FA・物流関連の48団体と情報交流をもち、出版をはじめ、東京ロジスティックス情報センター(TLIC)、マテリアルフロー研究センター(RCC)の運営、企画/調査、研修/教育などの5本の柱に事業活動をすすめております。 また欧米・アジアなどの25か国との情報交流と視察をすすめており、他社にはない多くの実績を保持しています。延べ1,000人以上の方々が参加されております。特に中国との情報交流会は20年以上継続しており、多大な成果を誇っております。中国には弊社の姉妹媒体「物流技術と応用」を発刊しており、技術交流会、技術研修会、物流教育などの多くの実績を積み上げております。現在、中国機械工程学会、中国機械工業連合会、中国物流与購買連合会など、有力な国家機関と共同事業を活発にすすめております。

◆物流ウイークリー
 物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門誌 
○(
株)物流産業新聞社


◆物流ニッポン
全国9支局自社ネットワークの物流総合専門紙です。情報の選択、活用は最大の武器です。あなたが必要な物流情報を、ワイドに、グローバルに正しく。わたしたちの情報は、新しい「物流」の指標となる。人と物流の、より良い関係づくり「ハンドinハンド」。

○物流ニッポン新聞社

◆「週刊物流IT情報」
物流やITに関する最新情報や物流ソリューションをご紹介
○セイノー情報サービス 

 


◆月刊ロジスティクス・ビジネス
  ◆関係書籍
これまでの物流管理とロジスティクスを比較しても、拠点集約や配送網の見直しなど、具体的な取り組み内容自体には大きな差は見られません。しかし、ほんの少しのアプローチの違いによって、その後の改革の成否は大きく分かれてしまいます。  例えば取り組みの手順。 「(1)情報システム」「(2)需給調整」「(3)物流管理」の統合は、(1)→(2)→(3)の順番で進めない限り機能しません。(1)(2)を飛ばして 物流から始めても効果は出ない。 同じ施策なのに着手する順番によって全く違った結果になってしまうのです。  その会社のビジネスモデルによっても取り組みの持つ意味は異なってきます。コストの大半を設備投資や工場の人件費が占める資産集約型のモデルでは、調達改革に乗り出しても、その効果は限定的です。改革のテーマは他にあります。 こうした方法論は従来の物流管理の教科書には出てきません。しかし、それがロジスティクスの常識です。残念なのは日本にロジスティクスの教科書と呼べるものが存在しないことです。欧米の教科書も現実のビジネスの変化に内容が追いついていないのが実状です。 今のところロジスティクスの知恵や技術は先進企業や実務家個人の中に埋もれている状態にあります。それを掘り起こして、社会的に共有できる情報として世間に出すことが本誌「LOGI-BIZ」の役割だと自負しています。
○(株)ラクノスパブリケーション
・LOGI-BIZ編集室   ・LOG-BIZとは
 

◆Lnews   
物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュース・情報を発信
○(株)ロジスティクスパートナー
 


 

◆日本ロジスティクスシステム協会
CD-ROM・書籍


○(社)日本ロジスティクスシステム協会


◆書籍・掲載記事

B-EN-Gグループのメンバーが執筆(共著、翻訳などを含む)した書籍  

東洋ビジネスエンジニアリング
 

 

 

 

 






◎物流調達関連情報

□運輸構造の最新変化を知る

 

 
物流費の内の約60%を占めるのが輸送です。輸送は物流活動の内、唯一、社外に出て公共空間で行われる活動です。企業の論理よりは公共の論理に基づいて行われ環境比重が増加してきました。大部分は運輸業という専門産業に依存し、専門業者委託がおこなわれます。その融合格差が、物流格差に影響します
 

□物流・流通業界の団体機関の変化を知る

 

物流・流通業界の発展支援団体の活動情報を集約し、短時間で比較し情報入手できるようにしました。業界進化の牽引力として、最新の蓄積ノウハウを情報公開しています。自社内だけでの経営の第三の利益源とする効果は出しにくく、アウトソーシングによる世界的標準を超えるプロのシステム、シクミを活用する方が成果をだせる早道です。
 

□SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン

事業展開は「もづくり、ものはこび」のしくみシステムのループを構築することです。シンプル化し体質化し、そのループにプラスαを付加する栄養素(次回転資金)である「創市場創客」が必要となります。 事業基盤をループで循環させるとき、ループがSCM機能です。
 


○地方の空港は地域・人・商物流の突破口




 

茨城空港を事例に紹介。茨城地域は日本の中で優位の強みを持ち21世紀先導する要素が他地域り比較的に狭い地域に集約され、軽薄短小が優位な地域であり、中期で黒字化路線になる確率が高い。20世紀の過去の成功実績体験による多くの我の経営原則に捉われず、世界の視点から現実直視すると現実化具体化可能な突破口に気づく人財の輩出を待望しいます。
各地域の空港を国内、海外への物流調達拠点としての機能を、全国連携し、大空港とは異なる少量変量型のタイムリー対応型のスマートコミュティの日本国一元管理になると輸出入の戦略的コントロールも可能になり、多くのものの自給率をアップできる確率は難い。
 

 

 

 

 

商品一覧