開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

物流調達機能と事業展開との整合化

■物流調達機能と事業展開との整合化   100415

 新事業展開時のインフラの進化>物流調達機能と事業展開との整合化 







 物流調達を戦略的に機能発揮させ、全体の事業展開の中に整合化して組み込むこと
が、第3の利益源となり、競合他社に勝ち残る突破口の一つになります。

物流は第3の利益源。

業務改善の一環に組み込む重要な要素になって来た。最適なシクミ、システムを自力 
構築するとコストが上がり採算を出し難い分野で、外部活用を戦略的に検討する企業、
連携する企業が増えてきました。

物流は製品、商品、半製品、原料を移動するときに発生する、関連業界の多い分野。
国際競争力を強化するとき、物流の効率化、高機能化は欠かせない物流業界の命題。

企業にとって、国外戦略企業ほど静脈産業として、コスト格差が大きく利益発生源で
ある。

SCM(Supply Chain Managment)
情報システムの進展により、広域化 国際化したときの、経営の意思決定 を支援する
物流の現時点の情報を「見える化」「最適化」「ロジスティックス」「環境への対応」として
活かし、事業展開する上の重要度が増してきています。

将来さらに社会・産業・生活の基盤としてのロジスティクスシステムを“ライフライン”と
なり、それらを構築し維持することには、物流の視点で現場業務の改善から経営改革
を成功させるために重要なテーマです。

この機能が発揮されると、第3の利益源となり、顧客満足度の高いお客様の増加の
可能性を開く「マーケットの創造」の事業展開もできるようになります。

調達(仕入)がある部門は、計画的調達、素材関連の場合は、世界の相場予測も
代替素材も含め安定調達のしくみが重要な戦略の一つなってきました。
大量使用の場合は、専門商社総合商社が緩衝役をする機能が進化してきました。


◎東日本大震災で、物流調達網は、企業単位の事業領域内だけでは出来難い
広域の外部力活用段階になり、規模が拡大していることが、見える化されました。
また物流網を復旧するのに時間がかかり、何をカイゼンすべきか晴れ型の事業
計画が、曇り型、雨型の想定すべきテーマが見える化でき、この機会に「雨型」
のしくみシステムを構築すると、日本は、世界で拮抗できる暗黙知の増幅ができたと
プラス思考で、天が与えたチャンスとして、徹底的に分析し、細部までカイゼンする
ことを待望しています。

 

 

更新 2011.07.04

□運輸構造の最新変化を知る

 

 
物流費の内の約60%を占めるのが輸送です。輸送は物流活動の内、唯一、社外に出て公共空間で行われる活動です。企業の論理よりは公共の論理に基づいて行われ環境比重が増加してきました。大部分は運輸業という専門産業に依存し、専門業者委託がおこなわれます。その融合格差が、物流格差に影響します
 

□物流・流通業界の団体機関の変化を知る

 

物流・流通業界の発展支援団体の活動情報を集約し、短時間で比較し情報入手できるようにしました。業界進化の牽引力として、最新の蓄積ノウハウを情報公開しています。自社内だけでの経営の第三の利益源とする効果は出しにくく、アウトソーシングによる世界的標準を超えるプロのシステム、シクミを活用する方が成果をだせる早道です。
 

□SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン

事業展開は「もづくり、ものはこび」のしくみシステムのループを構築することです。シンプル化し体質化し、そのループにプラスαを付加する栄養素(次回転資金)である「創市場創客」が必要となります。 事業基盤をループで循環させるとき、ループがSCM機能です。
 


○地方の空港は地域・人・商物流の突破口




 

茨城空港を事例に紹介。茨城地域は日本の中で優位の強みを持ち21世紀先導する要素が他地域り比較的に狭い地域に集約され、軽薄短小が優位な地域であり、中期で黒字化路線になる確率が高い。20世紀の過去の成功実績体験による多くの我の経営原則に捉われず、世界の視点から現実直視すると現実化具体化可能な突破口に気づく人財の輩出を待望しいます。
各地域の空港を国内、海外への物流調達拠点としての機能を、全国連携し、大空港とは異なる少量変量型のタイムリー対応型のスマートコミュティの日本国一元管理になると輸出入の戦略的コントロールも可能になり、多くのものの自給率をアップできる確率は難い。
 

 

 

 

物流費の内の約60%を占めるのが輸送です。輸送は物流活動の内、唯一、社外
に出て公共空間で行われる活動です。企業の論理よりは公共の論理に基づいて
行われます。
大部分は運輸業という専門産業に依存し、専門業者委託がおこなわれます。
その融合格差が、物流格差に影響します。

輸送の輸送機関別分担は 1機関1運行で輸送した重量を示す「トン」と、輸送した
重量と距離をかけた「トンキロ」があります。通常は「トンキロ」でみます。

国内貨物輸送機関分担率の推移(トンキロ)を比較

航空 約0.2%<鉄道 約4.3% <内海運業 約40.5% 
         <営業用トラック 約43% + 自家用トラック 約12%=約55%


●30年前には   トラック 約10% < 鉄道 約40% < 内海運業 約50% 
          ↓ クリック
      ○国土交通省 統計情報「貨物輸送・物流」  参照


◎環境問題の発生源である自動車(トラック)の増加抑制自助作用と、燃料費高騰
(石油エネルギーからで無公害エンジン化、燃料費ローコスト化トラックの出現まで)
 への対応で、重量系物流は、短期大量輸送が可能な鉄道、内海運業を活かす
 戦略転換を検討する時期が近づいています。


◎30年前はコンテナ輸送が主流でしたが 小口ロットに対応できる、トラックに、荷物
  積載のまま、コンテナ機能で、長距離移動時だけ、鉄道、内海運を一部活用
  できる輸送の進化をしています。

◎海外からの長距離鮮度物流の場合、航空の活用が現状ですが、冷凍技術の
  進化CAS冷凍型倉庫、保冷車で、ローコストで、同一品質のものを移動できる
  時代がはじまりました。

◎日本にとって貴重な「石油」を、大量に燃料として、燃やすだけに使用する方法が
  正常なのか「石油エネルギー」高騰のいま、国の戦略転換(規制強化)の時期が
  近づいています。

●従来の輸送機関の選択基準の中に、「環境保全CO2削減」「石油高騰」
  「物流の総合的コスト戦略」「物流業界の戦術、戦闘力の進化」等、複合的に
  自社のとり最適の追及がCSR戦略上重要な要素になってきました。

 

 

 海運

  鉄道

 航空

トラック(自動車)

 輸送量

  大 

   大

   小

   小

 輸送単位

  大

   大

   小

   小

 輸送距離

  長

   長

   長

   短

 コスト負担力
 (付加価値)

  小

   小

   大

   大

 輸送時間

  長

   長

   短

   短

 スケジュール
 調整力(柔軟性)

  弱

   弱

   弱

   強

 専門性

  大

   大

   小

   大

  ?

 

 

 

 

 
●あなたの会社の物流戦略は、しくみ、システムだけではなく、戦略的輸送機関の
  選択見直しの時期がきました。
  トラック(自動車)がわが社にとって最適な方法か? 各輸送機関の強みを活かし
  組み合わせる総合物流のためのしくみ、システムは加速度的に進化しています。

  自社との整合性(インターフェイス)を高度にすれば、自社の機能と同等以上に
  活かせる「アウトソーシング機能が高速で進化してきた業界」です。

                           ↓  詳細

カテゴリ一覧
運輸構造の最新変化を知る
物流費の内の約60%を占めるのが輸送です。輸送は物流活動の内、唯一、社外に出て公共空間で行われる活動です。企業の論理よりは公共の論理に基づいて行われ環境比重が増加してきました。大部分は運輸業という専門産業に依存し、専門業者委託がおこなわれます。その融合格差が、物流格差に影響します。
物流・流通業界の団体・機関の変化を知る
運輸構造の変化と物流・流通業界の発展支援団体が生産財、消費財、サービス業等の機能変化を知り、戦略的に事業展開に活かすことが企業格差の基盤要素になってきました。
SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン
事業展開は「もづくり、ものはこび」のしくみシステムのループを構築することです。シンプル化し体質化し、そのループにプラスαを付加する栄養素(次回転資金)である「創市場創客」が必要となります。 事業基盤をループで循環させるとき、ループがSCM機能です。