開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

着実に人財へ成長する機会を活かす

■着実に人財へ成長する機会を活かす 080401

 自分を変え周囲が変わる価値判断>着実に人財へ成長する機会を活かす






最先端の世界標準を超える固有技術を持ち続ける企業を支える
人財を輩出する各社の事例をまとめた、カテゴリー一覧。


各社のベンチマークができます。定点チェックとして活かしてください。


 会員の皆様の成長速度を加速する最善の方法は、自社より世界的
視野で成長する業績を維持発展させている企業の人財と相対比較
する方が早道です。

自社の成功した人財育成のノウハウを公開したり、教育体系化として
公開し、さらに進化を続ける企業が増えてきました。


自社内の先人の智慧の集約、イントラネットによる共有情報の中で、
「何か変だ? 何かおかしい? もつと優れた解決法はないか?等」
が出たときが、成長の節目の時です。一気に成長軌道を高くする
ことをお奨めします。





■事業は人・人材・人財群の考働の結果(総人財力格差)


企業経営におけるモノ・カネ・ヒト・トキを活かすのも人財群であり、企業の生死を握るのもあくまでも
ヒトです。

経営者にとって最も関心のある勘定科目は人件費であり、人件費ぐらい不思議なものはない。高賃金を
払ったからといって、高能率を保証してくれるものではない。
1プラス1が2になる計算ではなく、1プラス1が5000の力となるときもマイナス3000の力になることもあります。

人が付加価値(可能性・稼ぎ)を生む原動力の重要な一つです。

あなたが、
30歳を越えたら、自分の人生のなかで縁があって入社した現在の会社で、帰属意識を持って
本格的に周囲が評価したくなる変化をするために人生のシナリオを創り挑戦した方が、あなたの成長
スピードが変わってきます。無限の成長を志す場合は、付加価値のある時間創りが重要になってきます。

当面の仕事で評価されるためにふさわしい、専門性・総合性の拡大をあなたが志し、自分の所属する組織
の総能力量を上げ・組織力発揮するトリガー役をとり、変化させると、あなたの属するところの人財群・組織
が変わり、着実な業績基盤の構築が初まります。

変化のトリガー役が「あなた自身」だと誰にも気づかれなくても、周囲の評価が変わらなくても、新しい部署
へ異動したり、転勤した時、一つの成功プロセスを体系化し体得し準備ができていると、どこでも同じ価値
判断レベルまで短期で達し、自分自身の成長がわかるようになってきます。いよいよ想定比較対象が、
社内でなくなり、自分自身への挑戦段階になると、その場での実現量は想定以上に期間が短縮ができる
ようになります。

複数の体験の蓄積量がある基準(内容の難易で異なる)を超えると、相乗効果を発揮し、さらにプラスαの
ノウハウが構築されてきます。

目標達成のプロセスの重点・短縮定石(コツ)がわかってきます。必要な時間をかけ、先行計画的に成功
要素を整合させながら蓄積することができるようになると、目的達成のための目標が次々と達成でき
はじめます。

その段階になると、
期間を設定すると、受動的働き(動き)を先行布石型の働き(動き)へ変わって
きます。想定以上に設定期間が 時間短縮できることに気づいてきます。

人間の知識および必要なスキルは未知の分野の場合、誰でも
「ゼロ」から始まります。
経験してきた分野ならベテランの場合でも、新部署・新エリアでは
「ゼロ」つまり、誰でも「新人段階」から
のスタートです。その部署の人財レベルに
ハイスピードで短期修得できるかはあなたの成長度合と
相関関係があります。その体験が、類似テーマの場合は、想定以上の達成期間の短縮ができます。
(蔵⇒修⇒破⇒離⇒遊 のあなたのその場での進捗度評価の判断精度が重要です。 )

先入観はハイスピードのブレーキ要素になります。まず正しく現状を知り、目標達成の方向を明確化し、
現在
不足の因子(要素)を先人の智慧機関、智慧本、智慧情報を自分流で探し、不足を補完するため
に、全知全能を集中して業務の時間を効率的活用して、学び、まねる、体得するインプットのための
自己
啓発時間の確保が必要条件となります


補完部分のインプットが業務の全体の因子(要素)が整合してくると組織の中での働きが加速できように
なり、短期でその部署の最先端レベルの人財と同等以上の成果が出せるようになつてきます。

「勉強をしすぎて死んだ人はいない」ため現在の業務遂行で必要な因子(要素)を明確化し、常に不足
を意識し、補完するために、「
先憂後楽主義」の姿勢で今を大切にして、実践効果の高いノウハウを吸収
する方が早道です。

企業の評価は、企業の評価法を創る人財の成長度合で決まり、あなたの想定した期待以下の場合があり、
逆に評価されない場合があります。また担当した部署の業績基盤が安心成長路線を進むことで満足し
なければならない場合もあります。

自分の成長スピードと会社の他の人材の成長スピードが乖離、つまり他の人材の成長スピードが鈍化して
きた場合、相対比較を社外に求めることが重要です。超スピードで人財成長をさせる企業が沢山あります。

自社内で自分を変え、周囲を変える努力が出来なくなったとき、はじめて自分にふさわしいスピードの企業を
探させば、必ず次の成長できる企業が見つかります。ただし、途中入社のため、「ゼロ」からの出発ではなく
すでに成長してきている人財群と相対比較すると、「マイナス」要素です。その企業の人財群の成長レベルに
短期で追いつくために、
現在の2倍速の覚悟が必要です。

選択はあなた自身で決めなければならりません。全て人生は選択、自己責任です。


●企業の組織の品質・スピードは、人材群の平均レベルではない。
 平均以下の人材群にスピードを支援するために、平均以下のレベルになる。
  組織の働きで優秀人財が本来のスピードを発揮しないときもある。
 
 そのときは、自分の体質に合う高品質・超スピード企業型へ人財育成する方法を探し出し、創り、
  従来の手法にプラスαを付加しすると、共鳴、共振、共動(働)する人財の数が増えると、組織変化の
 潮流が変わってきます。


  経営者・経営幹部の戦略的人財育成が企業の未来を決めます。


  
”あなたが成長してきた能力を発揮し、さらに成長する善循環サイクルの中に、
 130%以上の過負荷をかける実戦の場・「新市場新顧客特許設計商品開発
 新事業基盤を創る」機会を組み込み、完遂するために総合的問題解決力を
 発揮することです。集中徹底した部分から壁は破れてきます。

 社内の身近なアドバイスがもらい難いプロジェクト(そのときの社内総能力不足)
 を担当し、現場力を養う方法として会員専用コンテンツは最適を探求しています。

 ”あなた”が”あなた”の会社を安心成長させる牽引人財へベクトルが変わります。

 企業にとっても戦略的人財育成スピードを上げる最適法となります。”
 

  
 

 

◎戦略的人財育成を計画的に展開する先進情報    
  
  あなたが人財へ着実に進化する「先進トリガー情報」
    定点チェックを推奨!!  
 

    

更新 2012.04.07  
       ↓ クリック                                 ↓ クリック                                   ↓ クリック   


 ●A志援人財サイト
    (A志援会員サイト)
 

 
自分を変え周囲を
   変える価値判断
 
   (A志援サイトを活用
  して、超一流人財
  組織を目指す価値判断
  の基準) 
 
 

●自分が変わる原理

 

◆産業人材能力に関する情報

 

◆営業関係知識・熟練度モデル
 

●創造的マーケティング

 

●「コア・コンピタンス」の明確化
 

●新製品・新事業開発のための情報
 

◆ISO認証を活かす「強い会社」つくり
 

◆再発防止に関する行動
 

◆管理の基本機能

◎日本の産業企業の成長過程

 


 















 

 

 
 ◇経営人財システムの評価(一覧)
 

 
経営の中のアナログ的要素を自社独自の
 仮説によるデジタル化数値化により、数値に
 よる目標管理、PDCAの回転のスピード化。
 ・「人罪」⇒「人材」⇒「人財」化の具体テーマ
  の事例をまとめた。
 ・自社に重要な因子(要素)を選択し、規模に
   応じてシンプル型から複数成功因子追加する
 手がかりを提供
 

 


◆経営業績評価指標
 ・
現在、今の成長段階を数値で評価
 ・各因子の組み合わせ結果を現状認識
 
今の企業の状況を評価(結果系)
◇経営業績
    (アウトプットとアウトカムの成果数値)
◇アウトプットの構成因子 
◇アウトカムの構成因子の成果

 ・Z軸 X軸 Y軸各 軸を企業目的達成
  を目指し、成功因子を変革させていく
  経営戦略・経営計画作成の具体的
  テーマを探すことが出来る。 
 

 

◆経営軌道誘導制御因子(Z軸)
   
Z軸:実現へ向かうための因子
           (変革方向づけ)  
           ◇経営理念 ◇ビジョン 
           ◇リーダーシップ ◇戦略 

 

 

◆経営実現能力因子(X軸)   
   
X軸:経営資源に関する因子
           (フロー・ストック・ソフト基盤)
<人財群・組織の機能発揮に関する因子>
 

  

◆経営マネジメントシステム因子(Y軸)
 
    
Y軸:経営のプロセスしくみ因子
            (プロセス・マネジメント・ソフト)

 













 
 ■認証・標準関係機関(一覧)
    ◎比較し見たいとき
   

 

◎個別に見たいとき(直接移動)

◆日本適合性認定協会(JAB)
  
世界標準の日本の認証機関
 

 

◆日本規格協会
  
世界標準を日本定着機関 

 

◆日本情報処理協会
  
ISMS、Pマーク認証機関

 

◆日本パン技術研究所(JIB)
  食品関係AIB指導監査機関

 

◆日本プラントメンテナンス協会
  
設備管理士やTPMインストラクタ
    メンテナンス・フォアマン、
     自主保全士担当養成

 

◆製品評価技術基盤機構
    
未来につなぐナイト役として、
    信頼できる技術と情報を第三者
  評価

 

◆日本技術者教育認定機構
   JABEE

 

◆日本内部監査協会
  
経営システムの内部監査担当
  養成

 

◆日本検査キューエイ 
  日本で民営初の審査会社

◆トーマツ審査評価機構

 

    ・トーマツグループ
     ・トーマツ環境品質研究所

◆日本能率協会審査登録センター
     ・日本能率協会グループ
 

 

◆グローバルテクノ
   
審査員養成・内部監査員育成

 

◆日鐵テクノリサーチ
  数値化標準に関する検証テスト
  による確証支援

 

◆テュフラインランドジャパン
    ヨーロッパ市場参入時の審査
  CEマーク等認証の支援 

 

●情報処理推進機構IPA
 

 

●中央職業能力開発協会

 

 
 


 


 ●不易流行人財育成
  (一覧)
    ◎比較し見たいとき


      時代ごとに評価され
      時代を先取りしながら進化
   する成功の基本定石を体得
     できる人財成長支援機関
 
 

◎個別に見たいとき(直接移動)
◆日本科学技術連盟
 (日科技連)

 


◆産業総合研究所
 

 

◆日本生産性本部
(旧社会経済生産性本部)

◆サービス産業生産性協議会
 

 

◆産業能率大学
 

 

◆企業研究会
 

 

◆日本産業訓練協会
 

 

◆日本印刷技術協会
   
 (JAGATの研修)

 

◆日本IE協会
 

 

◆話力総合研究所

 

 

 















 ◆経営実戦公開講座(一覧)
    ◎比較し見たいとき

    最新高度な知識・豊富な実践行動内容を
  21世紀Web時代に合わせ、「知行一致型
  を目指す」人財育成・支援し、さらに進化
  を続ける機関 
  
 

 

◎個別に見たいとき(直接移動)

◆日本能率協会マネジメントセンター

 

 

◆KCCSマネジメントコンサルティング
   
京セラグループ
   
アメーバー経営コンサルティング   
 

 

◆ビジネス・ブレイクスルー
   
大前研一 設立 1998年4月
 

 

◆PHP研究所
 

 

◆富士ゼロックス総合教育研究所
 

 

◆ソニーヒューマンキャピタル
 

 

◆リコーヒューマンクリエイツ
 

 

◆GLOBIS(グロービス 
    MBAプログラム
 

 

シンプル化人財養成事例:
 ISKコンサルティング
 

 

◆ダイヤモンド社(ビジネス&ネットワーク
 
ダイヤモンド社提供のサービス

 

◆日経BP社(セミナー・自己啓発情報)
 
 BPnetイベントトップ
 

 

◆大塚商会企業研修/スクール/eラーニング
  イベント・セミナー

 

日立システムアンドサービス
 

 

◆SAP中堅・中小企業向けソリューション
 

 



 ■潜在性格能力の開発評価
  (一覧)   

「ジョハリの窓」周囲に見えて、自分  に見えない窓、まだ誰にも見えない  窓を、先人の成功パターンを解析して
 性格能力、各企業の必要能力の発揮
 可能性 を数値化、図表化して自己 
  分析でき、相対比較でどの成長段か
  がわかるようになっている。
・現在の自分を知り、自分を変えるため の具体的重点テーマが推測され、
 自分・自社だけが実行検証しながら
 活用し未来の軌跡を修正できる基準
 資料として役立つ。


 ●潜在態度能力の評価

 
●自分が変わる原理参考
 
 ●自分を変え周囲が変わる価値判断参考

 


●「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす

●世界観で自分の行動をもうちょっと変える

 


 研修専門会場・情報

 
・経営戦略実現で必要な多数の人財
  を輩出するためにはOJTと共に、
  仕事を離れた研修センター等で、
  徹底したOFFJTにより次の成長
  方向を明確化することが重要  
 ・自社に研修施設がない企業の
  研修事務局の支援
   

 


◆研修専門会場
 
研修会場
 会場手配・施設運営代行 

 

 

 

◆ヒューマンリソースボード
日本生産性本部が運営する集合研修、e-ライニング総合情報サイト
 

 ◎非公開になり、無関係サイト
 になりまして。リンク者注意!

 


 ●資格に関する公開講座
    (一覧)
 
資格を取得して、社会で実績を
  上げている多くの人財輩出機関

    
◎比較し見たいとき

◎個別に見たいとき(直接移動)
◆ヒューマンアカデミー
人財成長支援・開催数日本一 
 

 

◆資格の学校TAC
 

 

◆資格の大原(大原簿記)

◆岩崎学園(神奈川)

 

 

◆中小企業大学校
中小企業基盤整備機構は、全国9箇所に設置されている中小企業大学校等を活用しながら、中小企業の“人づくり”のため、中小企業支援担当者等に対する研修と、中小企業の経営者・管理者等に対する高度で専門的な研修を実施しています
 

 

◆日本技術士会
 

 

◆日本販売士協会
 

 

◆資格試験サイト
 

 

◆TOEIC (公式サイト)

◆早稲田大学発(直接検索)
(株)WEIC&ハオ中国語アカデミー 共同プロジェクト
早稲田大学 楊 達教授 開発
元NHK中国語テレビ講座講師

早稲田大学・中国語教育総合研究所とハオ中国語アカデミーの共同研究と運営による「早稲田式中国語コース」は、e-learning(パソコン学習)と対面レッスン(個人レッスン)の融合により、想像以上の学習効果を生み出しています。短期間で基礎中国語をマスターしたい方にお勧めする講座です。 


■先人の知恵を選び活かす  
 
 


智慧本で成長
 
本として体系化整理された先人の知恵から 学ぶ、不易流行を意識して活用
 ・智慧本の活かし方 
 

○業界団体の活動内容から学ぶ
 

○元気なモノ作り中小企業300社
中小企業向きコア創りの突破口を学ぶ   
 

○専門学会の活動内容から学ぶ
 
業種別各学会の活動内容、最先端情報の進化の方向を捉える一つの指標です。

○先人の智慧「企業博物館史料館」
 

◆社長輩出数の上位ランク大学の
育つ風土(1)
 
から、最先端知識を知る
慶応義塾大・東京大・早稲田大

◆社長輩出数の上位ランク大学の
育つ風土(2)
 
から、最先端知識を知る
京都大・中央大・同志社大・立教大・一ツ橋大・大阪大
 

○環境に関係する活動内容に学ぶ
 

○業種別定点ベーンマーク素材
わが社を取り巻く競合企業と常に比較し自社の成長スピード(人財)を加速するトリガーとして活かす。

○総合人材育成システムの確立
 
・国立高等専門学校
  ・農業関連大学&水産大学
 ・専門大学院
 ・技術大学(MOT)系専門大学院協議会
 ・世界観大学院・大学の活動










 

■社会貢献できる世界観、
 地球観人財へ育む場

  ○原点回帰大局観を持つ
 


◆世界観大学院大学の活用

 

●健康維持再生復元探し
 

□業績に役立つ専門度を
短期で深める窓
 

◆市場的確把握既存情報を活かす
プロ戦略家

 
◆知財を活かすプロ人財を目指す
 
◆物流業界のプロを目指す
 

 
  

 

























 

 

カテゴリ一覧
認証関係機関を知る
認証に関係する機関、認証取得のために企業のシクミ・なかみをシステム化し日常徹底できるようにする。システムの変化に対応した推進人財が連全員徹底行動できるためのレベルアップが必要条件になります。最適成長の方向を知ろう
不易流行実績法が自然に出来る
不易流行定評機関の人財を多数輩出した実績ある定評手法のしくみシステムを日常力まず(自然)にできる人の数を加速度的に増し自在に成長できる人材基盤を構築しよう。
資格取得を推進する機関を活かす
自力本願我流での挑戦も一つの方法ですが、しくみシステムで資格取得実績がある機関を活かし、機関を想定以上に短縮しよう。資格を現地現場で活かし、人財への成長軌道の仰角を大きくして未来の人生を拓こう。
経営実戦公開講座と相対比較
最新高度な知識・豊富な実践行動内容を21世紀Web時代に合わせ、「知行一致型を目指す」人財育成・支援し、さらに進化を続ける機関の手法と相対比較し、自社の戦略的人材育成のしくみシステムのカイゼンと、社内推進人財の成長スピードを加速する目的で、公開講座の機会を活用しよう。 
潜在態度能力の評価
心が変われば、態度が変わり、行動が変わりはじめます。態度能力の評価レベルが、日常行動の質量、組織機能発揮量と相関か関係が高い要素の一つです。観えない心のレベルを態度能力から観える化するしくみシステムの精度を高める進化がはじまっています。
「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす
自分の持つ「脳構造機能」と「心構造機能」のシンプル化したしくみを知り、正しく行動をするために「思い込み」「思い切り」による確固たる信念化の方向に活かそう。強い信念は 傍が変わりやすい行動のトリガー機能が大きいようです。
業務の専門度(創市場)を重点集中で深める
創市場に関わる業務の専門度を重点集中で深める方法として、知識を学ぶ機会は多い。現地現場での実務能力格差は無限に近い。基本力を応用活用する事例は、自社の共有情報と知識知恵をプロとして事業展開している企業団体から重点集中すると、体得すべき仮想の姿が浮かんできます。次は実行力格差です。
研修専門会場
経営戦略実現で必要な多数の人財を輩出するためにはOJTと共に、仕事を離れた研修センター等で、徹底したOFFJTにより次の成長方向を明確化することが着眼。 自社に研修施設がない企業は自社研修センターのアウトソーシング機能の向上が着眼。