開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

植物工場研究所

■植物工場研究所   071009




 

植物工場研究所で設計する植物工場は、全般的な経費の節減、効率的な
照明技術の導入、最適品種の選定、LED(発光ダイオード)の場合はパルス化
の導入による省エネの実施などにより、従来の植物工場に比べてかなりの
コストダウンが図れます。  

本格的な植物工場システムの事業化を専門に取り扱う(株)植物工場開発を
設立しました。


植物工場の都市型農業への展開という新たな動きが始まろうとしています。

適正な栄養価を有する、無農薬で安全な、輸入に頼らない、料理の手間が
少ない食料植物を提供できるのが植物工場です。

季節に関係なく計画生産することでいつでも新鮮な野菜を消費者に提供でき
ます。消費地に近いところに植物工場を設置することにより、運送費の削減
にもなり、適正価格で消費者に販売が可能になります。

最近、世界的に増えてきた異常気象は地球環境悪化の現れととらえられます
が、穀物の収穫減につながり、家庭の台所にも大きな影響を与えるように
なってきました。今年の冷夏による米の生産量が平年を下回ることが明らか
になった如く、食糧の安定供給がこれから最重要課題になってきます。

今後予想される収穫減とそれによる社会的影響はわが国にとっても国際的
にも大きな問題となってきます。

植物工場の普及は天候に左右されない野菜の安定供給を可能にするという
今後の社会では緊急に必要なことなのです。

 


更新 2010.02.09

     ↓ クリック                                 ↓ クリック

 
◇植物工場研究所













◆植物工場とは
   
露地栽培・施設園芸・水耕栽培・植物工場へ進化
    ・植物の人工的栽培技術 
   ・植物工場の立ち上げ
  ・植物工場の運営 
 

◆高辻代表プロフィール
  
植物工場に関しては1974年に日立中央研究所にて、
   日本で始めて研究を開始したこの分野のオリジネーター。
   植物工場の基礎を確立し、つくば科学万博のレタス生産
   工場、ダイエーのバイオファームなどいくつかの植物工場
    を手がける。1989年に日本植物工場学会を設立。
    1994年に東海大で、世界でいちはやく赤色と青色の
     LEDを使った植物栽培を実現した。最近では研究グルー
     プで、特定の周期のパルス照射により光合成の効率が
    大幅に高まることを発見し、多大の反響を呼んだ。
     これは今後、植物工場の実用化に大いに貢献すると
     考えられる。

 

◆植物工場製品の特徴
 

●植物工場で栽培される野菜
●植物工場実用化の動き
●インテリアにもなる花の栽培
 

◆植物栽培用光源

 

植物工場で、植物栽培にふさわしい光源の選択は、植物がいかに効率よくエネルギーとして光を吸収するか、そして、運用経費を施設全体でみて安くできるかにかかっています。植物が利用する光は主として可視光線ですが、光の色(波長)によって植物の成長に与える効果が異なっています。
 

◆図書販売
 

植物工場研究所に関する図書は直接メールで
連絡すると購入できます。

 

■基本知識







 

 ●都市型農業
 

 ●穀物の収穫減
 

 ●ビタミンC含有量
 

 ●光源の発光スペクトル

 ●クロロフィルの吸収ピーク

 ●パルス照射  

 ●インテリア

 ●成長率

 ●光合成速度

 

◆植物工場研究所リンク集




























 


●(財)社会開発研究センター

   植物工場・農商工専門委員会
「植物工場・農商工専門委員会は、近年食の安全・安心および安定供給の観点から注目される植物工場の普及・実用化を目指し、その立ち上げの相談に対応し、研究/開発や事業展開に協力することを主な目的とします。

●(株)植物工場開発
最近、植物工場の開発機運が急速に高まっています。わが国では食品の安全・安心,高付加価値化が叫ばれていますが、一方で韓国や中国などからの輸入野菜が急増しています。2006年5月29日から残留農薬ポジティブリスト制度が施行され、安全・安心な食品の供給が義務化されるようになりました。残留農薬が多く検出される中国や台湾の農産物のいくつかは、輸入禁止される可能性があります。完全制御型植物工場は消費者に無農薬,新鮮,清潔,高付加価値の作物を安定供給することができますから、今後ますますその重要性が高まると考えられます。

叶A物工場開発では以下の事業を行います。
・植物工場を立ち上げるための技術支援
・ 植物工場のコンサルティングおよび運営支援
・ 中小規模の蛍光灯・LED利用実験研究設備の受注

具体的には以下のような対応が可能です。
・ LED植物工場、蛍光灯植物工場、両者併用型など各種植物工場の比較検討
・弊社独自の植物工場の提案
・植物工場の経済性検討
・ 植物工場の建設計画
・栽培作物の選定とマーケティング

●文理シナジー学会

21世紀のパラダイムの構築と産業シーズの創成に向けて

 

●隔月刊 総合環境情報誌「ネーチャーインタフェイス」

●植物工場の普及拡大の向けて(農水省)

 林水産研究開発レポートNo.14 「進化する施設栽培−大規模施設から植物工場まで−」(平成17年:農林水産省技術会議事務局  html版

 

 

商品一覧