開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

投資育成のしくみを活かす

■投資育成のしくみを活かす    100204

 経営者>投資育成のしくみを活かす



中小企業基盤整備機構の中小企業へ投資できる残高は、先進国の中で相対比較する
と少額です。(アメリカ 約25兆円  欧州 約40兆円  日本 約1兆円程度)

伸びようする企業へ投資可能残高は、今後増加する可能性より、逆に方向の可能性時代に入りました。


財政大赤字の日本国は 単年度さえ、計画時から、収入を超え過ぎる支出で、倒産企業型慢性赤字化体質
化し、危機意識が麻痺する段階に症状が悪化してきました。
投資可能総金額は減少傾向がますます加速傾向が現実化してきました。
赤字歯止め 誰でもわかる、国民が耐えさせられる対策の一つは増税です。近未来、消費税の大幅なアップ
時期が近づいています。

現在のあなたの会社の原価状態、赤字、利益の少ない企業は 消費税アップさせて試算をし、想定以上の
原価増となることを数値で確認して、企業の存続さえ危うくなる現実化が着実に近きはじめた危機管理を
行う分水嶺になってきました。


◎外部環境の悪化は、国民全員が民主主義のルールで選択した道です。
批判不満は無用、マイナス発想では何に一つ好転しません。
逆に他力に期待せず、「外部はプラスに働けば儲けもの」と、割り切りることが生き残り
の分水嶺となります。


あなたの企業から、200%の過負荷で成長軌道に入る、千載一隅の機会です。
あなたの、持ち場で制御人財としての進化を発揮させる時期です。



上級幹部、役員陣は、自社の中味を変革するためには、必要な運転資金の調達能力が必要です。
共有目標旗印(上場計画、海外戦略、新規事業、新拠点、首都圏へに参入等創市場創客のテーマがよい。)として、資金を調達可能な機関の、投資条件を短期でクリアできる体質変換するために内部大部の総能力を
活かしきるスタートのときです。
コアが相対比較して伸びる企業のプラス領域に入ると、資金調達の契約確率は加速度的の増加をはじまり
ます。

「経営は環境適応業」 の内容で、自社の現状と、改善方向を全体的に描き、大局着眼小局着手

あなたの活動領域から、周囲を変える共鳴共振共動人を選べび、少し周囲を変えると、全社の良い情報は
共有化できるシクミシステムの長所を上手に活かし、フラット経営時代の長所を活かすと、決裁者、経営陣の
共鳴共振共動者はでてきます。(想定以上のスピードがあります。)
全て、表舞台は、その人に演じさせ、戦略変換を具体化させ、黒子として、制御人財としてのふさわしい戦術、
戦闘を遂行することに徹すると、「なるようになる」のリズムが社内に生まれて来る確率は高くなります。
「功」は表舞台の役員に譲ると、その貸しは、緊急時プラスの力として働く確率が高くなります。
その人の人間力レベルでゼロやマイナスの場合もありますが、マイナス量は想定異常に減衰しています。
「プラスなら儲けもの」と考えればよい。

「自分を変え周囲が変わる価値判断」 の内容、あなたから変わり初めることが原理・

資金調達力の不足確率の高い中小企業の場合、政府行政に期待する他力本願を断ち切り、自力本願で、
自己資金を事業拡大時のとき潤沢になる可能性を高めるために、「投資育成ファンド出資企業が出資したく
なるように、企業価値とそれを活かしきる人を戦略的に育成し、自社のコア人材(人財)を幹にして、外部の
産学官の力を活かす、企業のコアを主張できる戦略転換することが勝ち残りの方向へ向くかどうかの分水嶺
近づいています。未公開企業の場合時代の変化に適応することが企業生き残りの条件になります。

ただし、まだ企業規模が小さい場合は、助成金制度を受けたり、政府プロジェクトになる企業価値まで成長し、安定成長軌道のしくみシステム基盤ができてきたときから初回のファンド投資が始まる確率は高くなります。



◎法人化された大学を母体にしたファンドの上場実績がでてきました。

従来の投資後の支援不足から、大学の全国共有情報を活かし、産学官連携をきちんと最先端のしくみシス
テムに組み込んでいるために、成功確率は他の20世紀型方式より成功確率は高くなる徴候がでてきました。
上場後、安定成長軌道へ乗り換えるまで、フォロー体制も構築されつつあり、その企業が、さらに事業展開を
拡大する時も、継続できる成功プロセスができ初めています。21世紀の新しいしくみシステムが実績を出し
はじめてきました。


◎中小企業基盤整備機構(略 中小機構)は投資金額減少の可能性に対応して、
多くの中小企業を世界の中で生き残れるために、外部環境の変化に対応して中小
企業に対する投資事業を行う「民間機関」等とともに投資ファンド(投資事業有限責任
組合)を組成し中小企業の資金調達の円滑化と踏み込んだ経営支援(ハンズオン支援)
を通じて、ベンチャー企業や既存中小企業の新事業展開の促進または中小企業の
再生等を支援を強化しはじめました。

ただし、ファンドの運営(個別企業への投資等)は、各投資会社がおこないます。


  ●参考
  公開先(IPO)一覧     中小機構が出資したファンドから投資を受けて公開した企業

                                          ◎この情報は創業から現在までの期間が長くはない企業が多く、
                  企業規模、実績が多くはない企業が多い。


  
               

 

 

更新 2010.06.09


□中小企業基盤整備機構が出資するファンド
中小機構が出資するファンドを、条件から検索することができます。

◆ファンドの種類
・ベンチャーファンド
・がんばれ!中小企業ファンド
・地域中小企業応援ファンド
・事業継承ファンド
・中小企業再生ファンド


◆投資対象業種
・IT、コンピューター
・バイオテクノロジー
・医療、ヘルスケア
・農林漁業
・製造
・小売、サービス
・コンテンツ
 

◆投資地域
・北海道
・東北
・関東
・北陸
・近畿
・中国
・九州、沖縄


◎投資状況
・受付中
・終了
 

 ◎全て

 

 

 

 


日本政策金融公庫

2008(平成20)年10月1日発足
一般の金融機関が行う金融を補完することを旨としつつ、国民一般、中小企業者及び農林水産業者の資金調達を支援するための金融の機能並びに我が国にとって重要な資源の海外における開発及び取得を促進し、並びに我が国の産業の国際競争力の維持及び向上を図るための金融の機能を担うとともに、内外の金融秩序の混乱又は大規模な災害、テロリズム若しくは感染症等による被害に対処するために必要な金融を行うほか、当該必要な金融が銀行その他の金融機関により迅速かつ円滑に行われることを可能とし、もって我が国及び国際経済社会の健全な発展並びに国民生活の向上に寄与すること。

◎母体は国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行(国際金融等業務)が統合して発足























 

 

 


全国中小企業団体中央会

中小企業団体中央会は、1955(昭和30)年9月、中小企業等協同組合法の改正により「中小企業等協同組合中央会」として誕生しました。その後、1958(昭和33)年4月、中小企業団体の組織に関する法律の施行に伴い「中小企業団体中央会」と名称を変更し、現在に至っています中央会は、わが国事業所の大半を占め、かつわが国経済社会の基盤を形成している中小企業の振興発展を図るため、中小企業の組織化を推進し、その連携を強固にすることによって、中小企業を支援していこうとする団体です。それにより、中小企業の設備の近代化、技術の向上・開発、経営の合理化、融合化その他の中小企業構造の高度化の指導及び業界の安定を図り中小企業を取り巻く取引環境を改善するなど、中小企業の抱えている様々な不利を是正するための役割を担っているのです。現在の中央会の組織は、各都道府県ごとに1つの中央会と、都道府県の中央会をとりまとめる全国中小企業団体中央会(以下「全国中央会」という)で構成されています。

都道府県中央会の構成員は都道府県に存在する事業協同組合事業協同小組合企業組合信用協同組合商工組合協業組合商店街振興組合及びこれらの連合会、その他の中小企業関係団体となっています。また、全国中央会の構成員は、47都道府県中央会のほか、全国を地区とする中小企業関係組合、団体等が加入していて、現在、都道府県中央会と全国中央会の会員団体数の合計は、約35,000団体を超えています。このように、中央会は各種中小企業関係組合等を網羅的に組織した総合指導機関であり、中小企業組合をはじめとする連携組織の利益を代表し、その発展を図ることを使命としています。そのため、中央会では、 中小企業の健全な発展を図るために組織化指導をはじめとする各種支援・施策を行うほか、中小企業及び組合等を取り巻く諸問題の解決を図るために、中小企業対策に関する建議・陳情等、様々な政策提言活動を行っています。
 

 ◆日本政策投資銀行

 2006(
平成18)年5月に国会において承認された「簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律」(平成18年法律第47号)(以下「行政改革推進法」という。)、及び政策金融の抜本的な改革の一環として、2007(平成19)年6月6日に国会において成立した「株式会社日本政策投資銀行法」(平成19年法律第85号。以下「新DBJ法」という。)に基づき、日本政策投資銀行(以下「旧DBJ」という。)の財産の全部(新DBJ法附則第15条第2項の規定により国が承継する資産を除く。)を現物出資により引継ぎ、また同法附則第15条第1項に基づき、旧DBJの一切の権利及び義務(新DBJ法附則第15条第2項の規定により国が承継する資産を除く。)を承継して2008(平成20)年10月1日に設立されました。
当行は、2008(平成20)年秋以降の世界的な金融・経済危機に伴う危機対応業務を実施しています。さらに、2009(平成21)年4月に公表された「経済危機対策」への取り組みに対応するため、当行の財務基盤強化(出資可能期間は2012(平成24)年3月末まで)を可能とした「株式会社日本政策投資銀行法の一部を改正する法律」(以下「新DBJ法改正法」という。)が平成21年6月26日、国会において可決成立しました。
新DBJ法においては、当行設立後おおむね5〜7年後を目途として完全民営化されることとなっていましたが、新DBJ法改正法においては、上記出資可能期間終了よりおおむね5〜7年後を目途として完全民営化するものとされました。但し、政府は平成23年度末を目途として政府による株式の保有を含めた当行の組織の在り方等を見直すこととされており、それまでの間においては保有する当行の株式を処分しないものとされています。


●DBJの金融サービス

◆融資
◆投資





 

 


東京都中小企業振興公社

都内中小企業の経営の安定と発展のため、中小企業への下請取引の紹介・あっせん・育成指導等を行い、地域経済の振興に寄与することを目的として、1966(昭和41)年7月、東京都により財団法人東京都下請企業振興協会として設立された公益法人です。
1983(昭和58)年度には、財団法人東京都中小企業振興公社に名称を変更しました。2000(平成12)年度に「中小企業支援法」に基づく、中小企業支援センターの指定並びに「新事業創出促進法」に基づく、中核的支援機関の認定を受け、都の地域における総合支援機関として総合相談事業等を開始しました。 その後、2001(平成13)年度には、東京都商工指導所、2002(平成14)年度には、城東・城南・多摩の各地域の中小企業振興センターが都から移管され、経営全般にわたる支援に加え、技術支援も公社が担うことになりました。 また、2003(平成15)年度に財団法人東京都勤労福祉協会との統合、東京都知的財産総合センター事業を開始し、2006(平成18)年度には、社団法人東京産業貿易協会の解散に伴い、国際化支援事業等を継承し、事業の拡大を図ってきました。

●助成金一覧

●融資制度・助成制度

 


商工組合中央金庫

 商工中金は、1936年の設立以来、70年にわたり「中小企業の中小企業による中小企業のための金融機関」として、中小企業の皆さまの金融の円滑化に全力を尽くしてまいりました。2008(平成20)年10月1日、「簡素で効率的な政府」を実現する行政改革の趣旨のもと、政策金融改革の一環として、中小企業の皆さまに対する金融機能を維持しつつ、これまでの協同組織金融機関から特殊会社(特別の法律に基づく株式会社)化いたしました。 株式会社化に際し、商工中金は中小企業に対する危機対応業務を担う指定金融機関となることが法定されました。その後、国際金融不安に端を発した実態経済の急速な悪化により危機時認定がなされ、中小企業の皆さまを取り巻く環境の悪化に対応するため、危機対応業務の事業規模が大幅に拡充されるとともに、商工中金の財務基盤の確保を目的とした「中小企業者および中堅事業者等に対する資金供給の円滑化を図るための株式会社商工組合中央金庫法等の一部を改正する法律」が2009(平成21)年6月12日の国会において可決、成立しました。併せて、同法により、完全民営化の時期が3年半延期されるとともに、2011(平成23)年度末を目途として、政府は商工中金に対する国の関与の在り方等を検討し、必要な措置を講じることとされております。また、この必要な措置が講じられるまでの間、政府の保有する商工中金の株式を処分しないものとされています。

●資金の調達

 

◆全国銀行協会JBA

 全銀協(全国銀行協会)は、銀行業の健全な発展を通じてわが国経済の成長に貢献することを目的に、全国的・国際的なレベルでさまざまな活動を行っており、日本の国内で活動している民間銀行のほとんどが加盟しています。全銀協では、わが国の経済活動に不可欠な決済インフラの運営をはじめ、お客さまに安心して銀行を利用していただけるよう、銀行取引の適正性の確保や消費者保護のための活動を行っています。また、業界全体のコンプライアンス意識の徹底や環境問題への対応など銀行業界全体のCSR活動を推進しています。 このように、全銀協の果たすべき機能・役割は、従来の業界団体として銀行の利益向上を目指す活動から、消費者保護のための活動や環境問題への対応など、その活動の幅を広げています。

全銀協は、国内で活動する銀行、銀行持株会社および各地の銀行協会を会員とする組織で、わが国の銀行界を代表する団体です。

●全銀協の会員一覧




 

 


◆日本商工会議所


わが国最初の商工会議所である「商法会議所」は明治11(1878)年に東京、大阪、神戸で設立されました。その後、全国の主要都市に相次いで設立され、明治25(1892)年に15の商業会議所がその連合体として「商業会議所連合会」を結成しました。 そして大正11(1922)年6月に「商業会議所連合会」を改編し、常設の機構・事務局を持つ「日本商工会議所」が誕生しました。それ以後、名称・組織の 変更など様々な変遷がありましたが、戦後の昭和29(1954)年に現行「商工会議所法」に基づき特別認可法人として改編され、今日に至っています。現在(平成21年4月時点)、全国で515商工会議所がそれぞれの地域で活動しています。商工会議所は(1)地域性−地域を基盤としている、(2)総合性 −会員はあらゆる業種・業態の商工業者から構成される、(3)公共性−公益法人として組織や活動などの面で強い公共性を持っている、(4)国際性−世界各 国に商工会議所が組織されている、という4つの大きな特徴を持っており、全国の商工会議所の会員数は138万(平成20年3月現在)を数えています。 日本商工会議所は、全国515の商工会議所を会員とし、各地の商工会議所が「その地区内における商工業の総合的な発展を図り、兼ねて社会一般の福祉増進に 資する」という目的を円滑に遂行できるよう全国の商工会議所を総合調整し、その意見を代表している団体です。

●マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資制度)の概要
商工会議所の経営指導を受けた小規模事業者に、無担保・無保証人・低利で、日本公庫が融資を行う国の制度です。

●全国商工会議所一覧
 


(独)エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

我が国の産業競争力を強化し、国際競争を勝ち抜くためには、いかなる戦略をもって何を重点に研究開発を進めていくのか。新たな技術革新を産み出していくために、いかなる方法、体制でフロントランナーとしての困難を克服していくのか。また、開発成果の産業化のほか、知的財産戦略や技術管理はどのように取り組むべきなのか。これらの課題について、従来以上に機敏かつ的確に対応していくことが重要です。 エネルギー・環境問題についても、2005年2月に発効した京都議定書において、我が国は、温室効果ガスの排出量を1990年度比で6%削減することが求められており、限られた時間の中で地球環境問題に対する成果を確実に挙げていかなければなりません。さらに、この問題は、2010年以降も全力で対応しなければならない課題であるため、長期を睨んだ困難な技術開発課題にも先見性をもって取り組んでいかなければなりません。  NEDO技術開発機構は、このような状況のもと、我が国最大規模の中核的な研究開発実施機関として、「産業競争力の強化」と「エネルギー及び地球環境問題の解決」という非常に重要なミッションを担っています。  ミッションの遂行にあたり、平成15年10月に独立行政法人化したNEDO技術開発機構は、中期目標、中期計画の下で様々な課題に対し、自らの判断によって予算や組織を運用し、機動的かつ柔軟な事業展開を目指してまいります。さらに研究開発マネジメントのプロフェッショナルな組織集団として事業に取り組み、我が国の産業競争力の強化と国民経済の発展、ならびに国内外のエネルギー・環境問題の解決に貢献してまいります。

●公募
・委託、補助・助成事業の手続き
 

◆(独)情報処理推進機構(IPA)

1970年に設立された特別認可法人「情報処理振興事業協会」を前身として、2004年に発足しました。  その使命は、IT社会に「創造」と「安心」を与え、国内の「競争力」を高めることにあります。誰もが安心してITを利用できる経済社会をめざして、ソフトウェア面からITの安全性と信頼性の向上に努めています。また、日本の産業の裾野を支える中小企業のIT化を促進するとともに、層の厚い高度IT人材の育成に取り組み、わが国の構造改革力の追求と国際競争力の向上を図っています。
日本が豊かで安心できる国であるためには、IT産業の健全な発展が不可欠です。それが実現できて初めて、国民のすべてがITのメリットを享受し便利で快適な生活を営むことができます。そのソフトウェア産業振興の中核的機関として、IPAはグローバルな時代の変化に柔軟に対応し、日本のIT業界の変革と健全な発展を後押ししています。

●ITベンチャー支援事業 
  募集、公募
















 


◆(独)科学技術振興機構(JST)


独立行政法人科学技術振興機構(Japan Science and Technology Agency 略称JST)は、事業の最終的な受益者である国民の負託に応え、我が国のための科学技術の振興を進めます。
科学技術の新たな可能性は広がり続け、多くの人々に希望をもたらします。また、科学技術は人々の生活や社会の発展を支え、未来を拓く鍵ともなります。JSTは、科学技術に正負の両面があることを認識した上で、国民と科学技術の結びつきを深め、国民の幸福や豊かさの実現に向けた科学技術を推進し、人々が未来に明るい希望を持ち、安心して生活できる日本社会の実現に貢献します。
科学技術の進歩や発展が、社会的・経済的な価値として国民と我が国に利益をもたらし、また地球の持続的な発展に貢献するまでには、その波及効果が大きく広いほど、様々な人々・組織の取組みによる長期間の活動が必要です。JSTは、我が国の科学技術と社会、地球の未来を見据え、国際社会と協調しながら、長期的な広い視野を持って事業活動を推進します。

●JSTの調達情報
  公募

   他の法人の調達情報も掲載










 


◆(財)科学技術交流財団

 産・学・行政の連携と協力の基、世界にも目を向けた研究者のネットワークを構築し、21世紀を担う新しい科学技術を創出し、産業活動の発展を目指して、愛知県地域を拠点として活動しています。当地域は、「中部国際空港」、「第二東名・名神高速道路」、「2005年日本国際博覧会」等のプロジェクト、「リニア中央新幹線」、あいち学術研究開発ゾーンの中核地区としての「交流未来都市」構想など夢あふれる計画が着実に進行しています。
科学技術交流センター計画は、学術研究の交流拠点エリアの核となるプロジェクトです。財団はその推進を担い、幅広い研究者の交流から生まれる発想を大切に、地域から全国・世界に向けて創造的科学技術を発信していきます。
愛知県地域の技術資源をフルに活用し、新しい科学技術を生み出すための人的交流のインターフェィス作りをするとともに、コーディネート活動を重視し、各種の研究・開発プロジェクト、共同研究を推進、次世代の産業・社会の基盤形成を図っていきます。

●共同研究推進事業
 企業単独ではリスクが大きく、実施に至らない事業化段階以前の基盤技術研究に対して支援を行い、事業化へアプローチするなど研究シーズを育てることを目的としています。大学等が保有する研究シーズに企業の技術ニーズを効果的に連携させた高度な研究開発課題に対して研究委託し、地域における新産業の創出や新技術の向上を図ります。

・募集分野
・研究体制
・研究開発期間
・研究開発費
・研究場所

 

 


□(財)中小企業ベンチャー振興基金NEWTEC
 東京、名古屋、大阪の3中小企業投資育成株式会社(中小企業の自己資本を充実するため投資等の事業を行う公的機関)が、新しい時代の担い手としてのベンチャービジネスの振興を図るために設立した公益法人です。

◆成功へのメッセージ
成功への王道はありません。成功を手にするためには、着実に上るべき階段があります。
その階段を上ったとき、初めて成功へと続く道のスタートラインに立つことができます。
 あなたの事業はそのスタートラインに立っていますか。
ベンチャーキャピタリストが投げかける10の質問にあなたはどうお答えになる考えてみてください。
そのスタートラインが見えてくるかもしれません。
  ○成功へのメッセージ10
 ○成功へのヒント12
 ○One Point Advice12

◆経営の基礎知識
・決算書の読み方  ・事業計画の立て方   ・事業計画書の書き方

◆資金調達の基礎知識
・資金調達のポイント  ・資金繰りをつくってみよう   ・キャッシュフロー経営をめざして

◆知的財産権の基礎地域
・知的財産権の基礎知識   ・経営戦略の知的財産権 

●メニュー一覧
 


◆東京中小投資育成
(株)

1963年に法律に基づき、中小・中堅企業に対して投資を行う政策実施機関として、わが国で初めて設立されました。これまで、2,000社近くの企業に投資を行い、その中から各業界をリードする数多くの優良企業が育ってきました。

営業区域
  静岡、長野、新潟以東の18都道
 県他




●投資実績
◆投資実行企業一覧
◆株式公開企業一覧

 ●投資を受けたい方へ


◆大阪中小企業投資育成(株)

大阪中小企業投資育成株式会社は、「中小企業投資育成株式会社法」に基づき設立された公的な投資育成機関です。中堅・中小企業や創業期のベンチャー企業等が発行する株式・新株予約権付社債などの引受けにより長期安定資金を提供するとともに、コンサルティング・求人支援などトータルソリューションの提供により優良企業への成長をサポートしています

営業区域
  福井、滋賀、奈良及び和歌山
 以西の24府県

●投資実績
◆投資先企業検索
◆上場企業一覧

●投資を受けたい方へ
 

◆名古屋中小企業投資育成(株)

営業区域
 愛知、岐阜、三重、富山、石川


●投資先企業紹介


 ●投資を受けたい方へ








 


◆アグリビジネス投資育成

農業法人の発展をサポートするため、農業法人投資育成制度が法律(農業法人に対する投資の円滑化に関する特別措置法)により創設されましたが、アグリビジネス投資育成(株)は、その業務をおこなうため、JAグループと(株)日本政策金融公庫の出資により設立され、農林水産省の監督を受ける機関です。

2002(平成14)年10月に「農業法人に対する投資の円滑化に関する特別措置法」に基づき、農林漁業金融公庫(平成20年10月1日以降「鞄本政策金融公庫」)とJAグループの共同出資により設立されました。
事業の目的は、「農業法人の自己資本の充実を促進し、その健全な成長発展を図り、もって農業の持続的な発展に寄与すること」(同法第一条)であり、設立以来、株主および関係者の皆様のご支援により、全国各地の農畜産業中心に着実に投資案件を積み上げてきております。
近時、原油価格の高騰・世界人口の増加・新興国の目覚しい経済成長などを背景として世界的に環境問題が深刻化する中、世界の穀物市場は大きな構造的変化を見せ、我々の食生活や国内農林水産業に影響を及ぼし始めています。このいまだかつて経験したことのない大きな転換期を迎え、日本の「食」のこれからを考える時、自給率向上・食品衛生安全確保・耕作地保全などの課題の重要性が益々高まってきていると言えます。 これらの課題解決に向け、大いに期待されるのは、意欲ある農業法人ならびに農業関連法人による農商工連携した取組みであります。

当社は、唯一農業生産法人への出資が認められた投資会社として、出資を通じた@財務基盤の安定化、   A事業承継のサポート、    B対外信用力の向上、に加え、上場支援やその他経営相談に応じ、投資先の皆様の着実な成長をお手伝いいたします。
 

 


□国内金融機関・事業会社系投資ファンド(独立系は除きました)


東京海上キャピタル
東京海上キャピタルは1991年に設立された投資会社です。設立当初はベンチャー投資を行ってきましたが、1990年代後半からいち早くバイアウト投資への取り組みも開始し、現在はバイアウト投資とベンチャー投資、2つの投資分野を手掛けており、企業の様々な成長ステージに対応できる国内有数のプライベートエクイティ投資会社として、ファンド出資者、投資先企業、金融機関その他様々な産業界から高い評価を受けております。

●投資紹介






 


◆大和SMBCキャピタル

 大和証券グループと三井住友フィナンシャルグループのプライベート・エクイティファームとして、広範なビジネスネットワークと長年にわたる経験・ノウハウを活かしたベンチャー投資やバイアウト投資を展開しており、これまでに多くの企業の成長支援・株式上場に携わるなど、業界内において確固たる地位を築いてまいりました。 2008年10月には、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社から「大和SMBCキャピタル株式会社」へと商号を変更いたしました。両グループのブランドを商号に冠し、より一層の連携強化を図り、国内外におけるプレゼンスを更に高めてまいりたいと考えております。
 
●IPO実績(投資企業の株式上場実績)
◆国内投資先IPO企業一覧
◆海外投資先IPO企業一覧
●投資実績
 


◆みずほキャピタルパートナーズ

 日本の企業は「選択と集中」の観点から事業の再編成・再構築を進めています。また、オーナー企業の中には事業承継の問題を抱える企業が多くあります。 みずほフィナンシャルグループでは、こうした課題へのソリューションを提供するため、これまでの経験と実績に基づき、2000年2月に当社を設立、
2000年3月に邦銀グループでは初めてのMBOファンドを組成しました。その後現在までに2号ファンド、3号ファンドを組成し、ファンド総額は900億円超にのぼります。また日本で初めてMBO企業の上場を成功させるなど、投資先企業の企業価値向上にも成果をあげ、着実な投資実績をあげております。

●投資先企業

 

 


野村プリンパル・ファイナンス

 野村プリンシパル・ファイナンス(NPF)は、プリンシパル・ビジネス(自己資金投資業務)を行う投資会社です。近年、日本企業にとってグループ再編や事業領域の絞り込みは、これまで以上に一般的経営課題として浸透しています。このような環境下で自己資金を投入するプリンシパル・ビジネスは、投資リターンを前提としながらも、これまでにはないソリューション、つまり、ノンコア事業の分離、MBO(経営陣による事業買収)などに加え、オーナー企業の事業承継問題、株主構成の再構築といったさまざまな経営課題を解決する手段と捉えることができます

 ●投資実績一覧

 

 


◆三井住友海上キャピタル


 地域振興整備公団(総裁:藤井 威)は、三井住友海上キャピタル株式会社(社長:森 健彰)と業務提携を行い、「京大桂ベンチャープラザ」等の入居者及び、入居の対象となるベンチャー企業を投資対象とした投資事業組合(ファンド)を2004年7月に設立することで合意しました。 当ファンドは、政府が進めている「大学発ベンチャー1000社計画」の一翼を担うため、地域振興整備公団(以下、「地域公団」)が全国各地で展開する「大学連携型インキュベーション事業」の一環であり、民間ベンチャーキャピタルと提携した特定インキュベーション施設向け投資事業組合(ファンド)設立は初めてとなります。 本ファンドの設立により、大学における先端技術分野の知財をもとに将来の株式公開をめざす有望なベンチャー企業に対し創業・技術開発・事業化に必要な資金を供給すると共に、投資後の各種支援を積極的に進めていきたいと考えております

●実績データ
 

◆ポラリス・プリンパル・ファイナンス

ポラリス・プリンシパル・ファイナンス株式会社(略称ポラリス)は、2004年9月にみずほ証券株式会社とDIAMアセットマネジメント株式会社の出資を受けてみずほ証券株式会社の基幹プライベートエクイティファンド運営会社として発足致しました。ポラリス(Polaris) とは天空の中心に位置する北極星(Polestar)のことです。ポラリスが日本のプライベートエクイティ市場の中心的役割を果たすと共に、日本企業の事業再編・再構築・再生の道標となりたいと願い命名致しました。ポラリスは、2004年11月に設立した第一号ファンドを運営してまいりましたが、2007年無事に投資が完了し、銀行、証券、企業年金等の既存投資家様に加えて新規の国内大手機関投資家様等のご協力を賜り2007年11月に第二号ファンドを立ち上げることが出来ました。

●投資実績


◆ジャフコJAFCO


1973年の設立以来、ベンチャーキャピタル事業を中心に、未上場企業投資のパイオニアとして活動し日本の産業界に貢献してきました。また、1990年後半からは、バイアウト投資にも注力しています。 当社が投資を行った企業の中から多くが株式上場を果たし、今や日本経済を動かす重要なプレーヤーとなっています。

●投資先IPO

●投資先支援(VA)
ジャフコの活動は、エクイティ資金のご提供だけにとどまりません。内外企業とのアライアンス、海外進出のコーディネートなど、投資先企業の価値向上のための支援を積極的に行っています。 ジャフコでは、こうした一連の活動をVA(Value-Added)活動と呼び、北米・アジア・日本それぞれの投資先向けに、専門チームを有しています。
 

◆日本産業パートナーズ

日本の事業会社において積極的に事業再編を実行される際のリスクキャピタルや各種経営資源の提供をするべく2000年6月より2年余の調査期間を経て、事業体として投資運営と経営支援を行う日本産業パートナーズ株式会社を2002年11月に設立致しました。設立構想に従い、戦略的カーブアウトを中心とする事業再編支援に特化した投資基金として、日本の機関投資家の皆様と、ユーザーである日本の事業会社からご理解とご支援を頂き、事業再編を目的として第一号ファンドを運営して参りましたが、昨年その投資が完了し、第二号ファンド(総額295億円)の運営を開始致しました。

●投資先企業

 

◆パレス・キャピタル

企業の多様なエクィティ・ニーズに応えるために三菱UFJ証券を筆頭株主とし、他法人株主9社と共同で平成17年12月に設立されました。現在、400億円の投資資金枠の運営をしており、当該資金枠を活用したマネジメント・バイアウトによる独立支援、事業承継、企業の財務状況の改善、成長資金の提供、事業への企業との共同投資など資本政策に関わる様々な提案・投資活動を行っています。


●投資実績






 


◆アント・キャピタル・パートナーズ

わが国の資本市場、金融市場の成長発展とともに拡大してきた日本企業はオイルショックやバブル経済の崩壊など、数々の経済危機を乗り切る度に企業体質を改善してきました。一方で日本経済はデフレ経済、急速な高齢化社会、低成長や国際競争力の低下、世界的金融システムの機能不全など、新たな困難に直面しています。日本の中小中堅企業の発展はまさに日本経済の縮図であり、大企業が成長を鈍化させていく中で、引き続き中小中堅企業、ベンチャー企業が日本経済を牽引する原動力でありその役割はますます重要になってきております。わが国の中小中堅企業、ベンチャー企業の歴史的発展経緯を熟知した投資経験者と、こうした日本の未公開企業の成長過程と抱える問題点とその対処方法を徹底的に研究したコンサルティング経験者がチームを組んで、有望な未公開企業の発掘、投資実行、経営支援、Exit創出を行っています。

●プライベートエクイティ投資

●ベンチャーキャピタル投資
 

◆三井住友海上キャピタル

 地域振興整備公団(総裁:藤井 威)は、三井住友海上キャピタル株式会社(社長:森 健彰)と業務提携を行い、「京大桂ベンチャープラザ」等の入居者及び、入居の対象となるベンチャー企業を投資対象とした投資事業組合(ファンド)を2004年7月に設立することで合意しました。 当ファンドは、政府が進めている「大学発ベンチャー1000社計画」の一翼を担うため、地域振興整備公団(以下、「地域公団」)が全国各地で展開する「大学連携型インキュベーション事業」の一環であり、民間ベンチャーキャピタルと提携した特定インキュベーション施設向け投資事業組合(ファンド)設立は初めてとなります。 本ファンドの設立により、大学における先端技術分野の知財をもとに将来の株式公開をめざす有望なベンチャー企業に対し創業・技術開発・事業化に必要な資金を供給すると共に、投資後の各種支援を積極的に進めていきたいと考えております

●実績データ

 

 

 

 

 

 

 

 



◎類似したコアの先発企業が存在する中で生き残る「勝ち残り」の原理 
                                                                               
2010.02.04
                                                                                         更新 2010.02.06

  
1.コアが評価される市場を創る(創市場)、その市場から売上貢献いただけるお客様満足された原石の
  お客様(将来の業績基盤のお客様群:宝石)が継続っして取引いただけるふさわしい企業としての
  総能力量を、お客様数に応じてふさわしいシクミ・システムと進化の成長スピードが玉石混交する人
  が、ふさわしいレベルで50%以上が稼動するまでの節目を創り成長する。

 2.外部環境がプラスのとき、短期間で軌道を乗り換え急速な進化ができる緻密な準備の時期が必要です。
  (生を受けた赤ちゃんが、はいはいを始めるまでに、運動機能特に足の機能をゼロから必要機能まで
   進化させる毎日毎日の動き、反復運動、徹底した動ける基盤をつくるプロセスを分析すれば、机上の
   事業計画と遂行の問題点、なぜできないのかわかり、真似る開眼のトリガーが観えてきます。)

 3.企業規模に応じて、付き合うべき連携情報、しくみ、システム、人の判断を「カマス型」で自己責任で
  選択することが生き残る道です。
     外部の責任がない人の好意を、冷静にプラスマイナスを判断する左脳を麻痺させ、幻惑され自己を忘れ
  た右脳型決断した結果が企業存続のプラス方向ではない、マイナスだけでなく。あなたの存在する場が
  なくなる場合が特にベンチャー企業の場合は多くなる確率が高いことを留意してください。(限りなく
  多くの先人が歩んだ絶望の道を通ることにもうちょっと慎重しすることの一つの選択肢です。)
  市場性が広く、お客様が、大量になることが想定されるコアの技術、ノウハウは、中堅大企業の場合
  短期でそのコアを吸収し、さらに進化させることのできる人材群が揃つていることを留意する。
  資金、しくみ、システム、小規模での損益分岐点を超えるだけの潜在既存が、固定客内にいる確率が高い。
  あなたの会社のあなたと同レベルの人材数は何人いるでしょうか、いまから育てても、育つ間に、超速度
  で、あなたのコアより優れたものが出現する確率は高い時代になりました。
  ランチェスターの法則どおりの結果になる確率が高くなりました。
  あなたの会社の100倍以上の規模のノウハウを苦労せず、簡単に口をあけたままで手にはいる時代に
  苦労べきプロセス、時間をじっくりかけてオンリーワンの体制づくりが必要です。
  (赤ちゃんが はいはいして、立つ可能性が出てきた段階で、歩行器類等の立つ補助器具を使うと、股関節、
  足、ひざ、骨のつながり部分、骨の全体成長整合度合の成長バランスが狂い、あしの正常な機能が、変形
  成長し、O型足、くるぶしの変形で転びやすい子ども、内股、外股、くつの減りの異常等となり、その後の
  矯正しても、緊急時、そのときのクセが現われます。55歳を越えると個人格差が増大せ、足を過保護で
  生活した人は、赤ちゃん帰りが加速されます。根本治癒はできない人間のしくみから類推すると開眼の
  トリガーになります。人の集団である組織企業の成長は、一人の人の成長度合を総合しsたもので、組織
  企業で創業時の固有のクセ・個性が、人を通じて伝承されるため企業が合併等で、新しいしくみシステムに
  変わった場合でも継承されます。
   (例、新日鐵のは八幡派、富士派。合併銀行内の行員の母体で行動、判断のクセがことなります。
    先人の三歳子の魂が百まで等 企業の基盤づくりは生き残りに大切な必要な時間の一つです。

 4.早く成長する突破口は、数少ない、一緒に成長させてもらえる、あなたが目指す方向と経営理念、経営
  戦略が同方向の世界を市場とする企業を選択して「小判鮫」となり、損益分岐点までの売上が確保できる
  体制を確保しながら、短中期で売上依存比率を1/3以下に低減する計画を立て事業展開する。
  どんな外部環境変化があつても2/3の売上のできる創市場創客が必要なプロセスです。
  (兄弟姉妹のいる赤ちゃんは、歩き始め、しゃべり始め、文字がかけはじめの時期、幼稚園保育園への
   集団の中での対応等、兄弟姉妹の「まねっ子」を徹底する成長プロセスが開眼のトリガーとなります。
   兄弟姉妹を順調に成長するように育てると、自分の価値判断が育つ小学4年生までが人生基盤の
   重要な成長段階(脳機能が育つ)です。この時代年齢の離れた親から学ぶ過保護の人は、それまで
   学校の評価が高い子どもが、自我の成長とともに、中学校時代に、本人の本音、企業の場合は、
   相反分子として企業の存亡に関わる時もあります。吸収する量が減ると親兄弟姉妹たてながら、外に
   学ぶ場を切り替え始める姿と同じです。優秀な成績も中学では、親係だででは維持できなくなります。
   中学校までの機関勉強仲間、あそび仲間、その他の選び方で次の成長方向の確率は異なります。

   ある成長段階になると、さらに成長できる企業の「小判鮫」となり、成長軌道を変える節目がきます。
   その時の選択肢が10年後のあなたの企業の姿を連想すると、観えてきます。

 5.倫理道徳の下限を法律と、集団のルールにした場合、時代とともに、法律、集団のルールの下限
  は、その所属する国、集団の全体最適化のために、時代で変化する変動基準であることを留意。
  その国の55%以上の人が「してはいけないことは」しない、「しない」と何か「おかしい」「しないと
  気持ちが悪くなったり、なにか変だ」と右脳で感じる段階まで企業の基本基盤を創ることが着眼。
  左脳では、危機に直面すると右脳の価値判断を左脳で緊急対応制御コントロール機能は脆弱
  に出来ているようで、回路の情報伝達「スパイン」が機能ラグがあるようです。  

  倫理道徳の下限を法律を下限としない、プラス10%以上に右脳回路の「正しさを感じる」機能を
  最低小学校4年生まで、企業の場合は入社3年までに定着していると、経営陣が変化し、同族の
  継承、天下り、他社からの入社のような異次元の価値判断が優先されたときも、幻惑されず、その
  経営陣を正しく制御できる人財が育つ確率が高く、企業の存続は無限を継承できるようになります。

  脳の発達の中で、小学校入学前までに「してはきけないことはしてはいけない」「わからないことは
  わjからない、わからないことは聞く」等、人間として集団で生活し、その中で自己実現の知識、知恵
  の基盤をきちんと組立てできるかどうかで自己規制の機能が育つ体得の期間が必要です。
  「しない」場合の「マイナス」を鋭角的に2拓方式「よい」「わるい」中間はない形で、中間判断は「わるい」
  しする基盤をそだてることが重要です。小学校になると、集団の原理で、その行動のリーダーの価値
  判断に規制がはじまります。この人間基盤が未熟グループ3割は、リーダーの倫理の焼付けられた
  そっくりの行動がはじまります。企業の場合は、新入社、中途入社社員の価値判断は前の経験で
  のものです。入社3年間が企業の中の価値判断に染まるかどうかの分水嶺になります。

  倫理道徳の下限を法律と、集団のルールにした場合、時代とともに、法律、集団のルールの下限
  は、その所属する国、集団の全体最適化のために、時代で変化する変動基準であることを留意
  
  人の集団、企業の価値判断特に倫理レベルはその時のリーダーや経営陣の思考範囲の中で動き
  働きます。倫理道徳のその時代の集団の最低の限界が法律を集団の下限とする場合、日常のリーダー
  の価値判断判例が下限を以下になるしてよい基準となり、習慣化してそのクセは無意識に発揮されます。
  法律は外部環境の変化により規制条件が多くなっても、レーダーだけは新規制に乗り換え、放任を継続
  し、新法律に適応する修正が遅れた場合、集団の中の人は、その集団のリーダーの無意識催眠状態
  のその構成員は外部の第三者から指摘があるまで法律が「かわり、日常の変える方法」は判例がない
  ので、新たに創る左脳は麻痺して、「なにかおかしい」と言われてはじめて気付く行動現象になります。
  
  その集団、そしきは、世界の高度の知識が共有できる可能性がある時代に入り、超人財化も超人罪化
  も可能で、人間、地球の存亡を 資金を持つ人間ができる「なんでもあり」の時代に入ってきました。
  
  世界の価値判断現象で「なにかおかしい」と感じる感性が育っている人は、人間、地球を存続させる
  ために、あなたから、自分の出来る範囲から、集団から「正しさ」を感じる右脳機能を、長期間かけて
  反復させながら定着成長へ変化させる動きをはじめる分水嶺の時が来ています。


  反面教師の事例として   

  ・JTの食料輸入姿勢(高品質管理思想の企業との合併が中止になった)、農林の不良古古米の販売、
   雪印問題等、肉の偽装 は企業の社会的責任の経営陣の企業姿勢、社会的責任のレベル選択現象
  ・赤福、不二家の業務の下限である法律の改正に対する解釈変更対応の遅れに対する経営者の価値判断
   レベルの法律に抵触するかどうかの判断の甘さ現象

   お客様の55%以上の価値判断と その企業の経営陣の価値判断レベルと乖離していただけです。
   発覚するまでは、その企業の構成員は「あたりまえ」の行動基準であり、第三者の指摘で、はじめて
   70%以上の人が気付き、「日常それまで正しい判断をしていた」と思い込んでいただけです。 
  
   この現象は、世界の各地で現実化を始めてきました。情報が限定には、人間にマイナス現象も
   限定エリア内で消滅期間がありましたが、インターネット時代はありません。正しく行動できる
   人材の数を早期に60%以上のすることが急務です。正しさを維持することはパワーがいりますが、
   マイナスはあすからでも真似できます。増殖スピードは「正しさ」の育つスピードの1/2以下です。
   時間が軌道の乗り換えにかかります。

   玉石混交傾向の強い中小企業の場合、最初の段階で全員徹底しやすい強みがあります。倫理道徳
   右脳が制御する「こころ」の基盤ができると、お客様も微差に気付く感度が高い時代に入り、創客の
   善循環へ想定以上の速さで入ることができる確率は高くなってきました。 多くの反面教師テーマが、
   あなたの強みを観える化するハロー効果の発生源の一つになります。



◎「心」と「技術」を 明確に経営戦術戦闘段階まで、事業展開に組み込んだ企業が
 日本の中に成長してきています。


 
「クロスキャット」


   


◎重複確認

上級幹部、役員陣は、自社の中味を変革するためには、必要な運転資金の調達能力が必要です。
共有目標旗印(上場計画、海外戦略、新規事業、新拠点、首都圏へに参入等創市場創客のテーマがよい。)
として、資金を調達可能な機関の、投資条件を短期でクリアできる体質変換するために内部大部の総能力を
活かしきるスタートのときです。
コアが相対比較して伸びる企業のプラス領域に入ると、資金調達の契約確率は加速度的の増加をはじまり
ます。

「経営は環境適応業」 の内容で、自社の現状と、改善方向を全体的に描き、大局着眼小局着手

あなたの活動領域から、周囲を変える共鳴共振共動人を選べび、少し周囲を変えると、全社の良い情報は
共有化できるシクミシステムの長所を上手に活かし、フラット経営時代の長所を活かすと、決裁者、経営陣の
共鳴共振共動者はでてきます。(想定以上のスピードがあります。)
全て、表舞台は、その人に演じさせ、戦略変換を具体化させ、黒子として、制御人財としてのふさわしい戦術、
戦闘を遂行することに徹すると、「なるようになる」のリズムが社内に生まれて来る確率は高くなります。
「功」は表舞台の役員に譲ると、その貸しは、緊急時プラスの力として働く確率が高くなります。
その人の人間力レベルでゼロやマイナスの場合もありますが、マイナス量は想定異常に減衰しています。
「プラスなら儲けもの」と考えればよい。

「自分を変え周囲が変わる価値判断」 の内容、あなたから変わり初めることが原理・

資金調達力の不足確率の高い中小企業の場合、政府行政に期待する他力本願を断ち切り、自力本願で、
自己資金を事業拡大時のとき潤沢になる可能性を高めるために、「投資育成ファンド出資企業が出資したく
なるように、企業価値とそれを活かしきる人を戦略的に育成し、自社のコア人材(人財)を幹にして、外部の
産学官の力を活かす、企業のコアを主張できる戦略転換することが勝ち残りの方向へ向くかどうかの分水嶺
近づいています。未公開企業の場合時代の変化に適応することが企業生き残りの条件になります。

ただし、まだ企業規模が小さい場合は、助成金制度を受けたり、政府プロジェクトになる企業価値まで成長し、
安定成長軌道のしくみシステム基盤ができてきたときから初回のファンド投資が始まる確率は高くなります。

  

  

カテゴリ一覧
日本政策投資銀行d
2008(平成20)年10月1日に設立されました。当行は、2008(平成20)年秋以降の世界的な金融・経済危機に伴う危機対応業務を実施しています。地域元気プロジェクトを推進中
日本政策金融公庫農林水産事業d
日本政府金融公庫は農林水産事業は、農林漁業金融公庫の機能、役割を引き継ぎ、2008(平成20)年10月にスタートしました。これまで農林漁業金融公庫がおこなってきた、農林漁業や食品産業に皆様へ長期、低金利の融資を引き続くおこなって行くとともに、より地域やお客さまの実情に応じてきめ細かな経営支援サービスにつとめます。