開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

国立高等専門学校機構d

■(独)国立高等専門学校機構  100130

総合人材育成システムの確立>国立高等専門学校機構
自分を変え周囲が変わる価値判断>国立高等専門学校機構





◎世界観を持ち、日本のよさを知り、正しく、本質を見抜く人間力基盤を形成する
人生の中で最大成長期に、日本の中で、高均質な人材を多数育て、企業、社会が
必要な材を、実践訓練を反復し、体得段階まで訓練し、本番の企業、社会の中で
実践は訓練のように応用展開し成長できる可能性が高い学校制度です。

育てがいのある人材が多数育つしくみシステムです。日本を牽引する人財への
成長を待望しています。

中学校卒業までの取り巻く学校、家庭、社会で染まった、正しい人間力に対する偏向クセを
修正(矯正)できる時期。卒業後の企業、社会で成長するための方向へ軌道を向けることが、
時間をかけて、個別にできる無限成長基盤づくりの時期。その人間成長の節目に合わせて
人間が人生で進化スピードを加速できる時期に、多数高能力均質人材育成学校制度です。

他の学校制度の場合、入学までのその人の人間力成長格差、自己成長格差に依存します。
企業内人材成長プログラムでは、人間力基盤の修正(矯正)機能はスピード時代、20世紀代と
異となり、減衰し、期間も短くなり、人間力基盤の脆弱さは個人責任としています。
その基盤の上に、個人の人間力基盤が耐えられないかどうかは、無関係ば次元です。
必要知識を急速に注入構築され始めます。その成果が業績貢献に反映できずに、耐えられない人
材を個別で過保護に育てる機能はほとんどなくなってきました。
組織での補完機能は、年俸、個人評価優先時代には、手を差し伸べ救済がの難しい時代です。
勝ち組、負け組みが明確になりましたが、勝ち組が、中期長期では「正しい人材」でなかった
企業であることが公表され、短期間で中堅大企業でも存続さえ出来ないスピード時代の徴候が
ではじめました。高専で育った人は勝ち組、負け組みに幻惑されず、縁ある企業、社会で、
常にプラス機能を発揮できる価値判断ができる人材への成長確率は高く、緊急時の企業社会
存亡の危機のとき、制御人財としての素質が育ている人材の数が多い確率は高い。

産学協同で連携を機会として、自社人材に加え、継続的にそのテーマを事業化発展させるキー人財
に育てることも一つの方法です。ただし、企業に入社したくなるその人の受入体制を自社改革の方向
として活かすと、入社しない場合も社内に同時にその事業を推進できるキー人財は育つ確率は高く
なります。自社に数の少ない可能性のある高専人材との連携は、自社戦略的人材成長の人材基盤
を修正するトリガーとなる確率は高い。特に地場中小企業にとり勝ち残り着眼すべきテーマの一つ
です。

◎国立高等専門学校の学校制度上の特色

高専創設46周年。技術創造立国を支えてきた高専卒業生たち。
そのめざましい活躍は、15歳からの早期専門教育が実証しています。


◇沿革
1962(昭和37)年度 産業界からの強い要望に応えるため、実践的技術者を養成
する高等教育機関として高等専門学校創設

1991(平成3)年度高等専門学校制度の改正(卒業後に称号〈準学士〉付与、分野
の拡大、専攻科制度の創設)

◇目的
深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成する。


○時代にふさわしい、実践的な技術者を養成する高等教育機関

1950年代後半、我が国の経済成長はめざましく、それを支える科学・技術の
更なる進歩に対応できる技術者養成の要望が強まっていました。
こうした産業界からの要請に応えて、1962年に初めて国立高等専門学校
(以下「高専」という。)が設立されました。

高専は、大学の教育システムとは異なり、社会が必要とする技術者を養成する
ため、中学校の卒業生を受け入れ、5年間(商船高専は5年半)の一貫教育を
行う高等教育機関として、現在、51の国立高専があります。国立高専には、
5年間の本科の後、2年間の専門教育を行う専攻科が設けられています。

高専では、幅広く豊かな人間教育を目指し、数学、英語、国語等の一般科目と
専門科目をバランスよく学習しています。実験・実習を重視した専門教育を行い、
大学とほぼ同程度の専門的な知識、技術が身につけられるよう工夫しているの
が特徴です。特に卒業研究では、エンジニアとして自立できるよう応用能力を
養うことを目的としており、学会で発表できるような水準の高い研究も生まれて
います。

高専は人材育成においてきわめて高い評価を得ている一方で、地域イノベーション
の創出や国際競争力をもつ技術の創出に対しても、産学官を連携した積極的な
活動を展開しています。人類は今や地球環境など多くの深刻な課題に直面して
いますし、国際化・情報化が進むなかで、国はグローバル経済市場での熾烈な
競争に立たされ、知識基盤社会の構築が問われています。そのような中で、科学
技術創造立国と人材立国を標ぼうする我が国にあって、高専の存在と役割は
いよいよ大きく、中央教育審議会の特別委員会が「高等専門学校教育の充実に
ついて」の答申を取りまとめたのもそのためと言えましょう。

宮城、富山、香川、熊本地区での高度化再編をはじめとして、それぞれの高専は
個性化に向けて取り組み、地域社会に根ざした活動を進めようとしています。



◎「グローバル競争を勝ち抜く論文検索
 
米情報サービス大手トムソン・ロイターは2010年までの過去11年間の論文の被引用数を集計した
結果から、日本の研究機関ランキングを公開しました。
皆様のすばらしい叡智を福島原発事故収束期間短縮に活かす力として発揮されることを待望しています。 
 

 

 
更新 2010.01.30

□国立高等専門学校機構


















 

◆高専とはこんな学校
 

◆もっと知りたい
5年間一貫教育で受験勉強が不要のため、勉学、クラブ活動などに充実した学生生活を過ごすことができます。また、寮生活は自立心を養い、生涯の友を得られる修養の場でもあります。
 

◆国立高専機構の目的と業務
 

◆あいさつ
 

◆各種資料・データ
・根拠法令   
・JABEEによる認定状況
2007(平成19)年5月現在 47高専、65プログラムが認定されています。
JABEEの認定を受けたプログラム高専4、5年生及び専攻科の教育レベルが国際的に大学と同等レベルであることが保障されるとともに、プログラム修了生は、国家資格である技術補の資格が与えられることになっています。
 

◆学習到達度試験
国立高等専門学校では、教育内容・方法の改善や、学生の主体的な学習姿勢の形成を促すことを目的として、全国立高専が一斉に行う「学習到達度試験」を実施しています。
各高専の教育カリキュラムや教えている時期、内容は同一ではありませんが、「学習到達度試験」という統一試験を実施して学習到達度を調査することにより、教育の充実に役立てています。
 

◎小中学生・保護者の方へ

◎企業・一般の方へ
 
・ものづくり技術支援情報
 ・教育支援情報
 ・イベント

 

◇進化する高専

















 

□新しい高専モデル

◆新たな国立高等専門学校の開校(高度化再編)について
  2009.09.24 
◆国立高等専門学校の高度化再編について
  2009.04.01
◆新モデルの「スーパー高専」設置へ
  2008.08.22

 

◆新しい奨学金の創出
国立高専機構及び国立高専が扱う奨学金には、「日本学生支援機構奨学金(旧・日本育英会奨学金)」および「(社・財団法人、企業等による)各種奨学金」があり、その内容には貸与型のもの、給付型のものがあります。また、国立高専機構は、下記に示す奨学金を独自に用意しています。
 

□国立高専の取組み

◆産学連携・地域連携

 

○知的財産本部
 

○国際交流センター
 

○新刊のご案内 

■なぜ高専の就職率は「100%」なの?
著:佐々木章太,出版社:文芸社,197頁,2006年10月発行,
税込価格:1,260円,ISBN:4-286-01773-7
 

○全国高専リンク

名前または地図のボタンをクリックすると各高専のホームページへジャンプします。
 

○高専情報ポータル




 

共通のテーマで高専別情報が整理されています。

◆高専の趣旨・特色
◆入学者選抜
◆卒業後の進路
◆奨学金・授業料免除
◆機関別認証評価
◆各高専へのアクセス
 

○国立高専トピック

 

◆学生活動
◆教育・研究活動
◆産学連携・地域連携
◆国際交流
◆その他
 

 

 


商品一覧