開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

舞浜コーポレーション

■舞浜コーポレーション MCC      071009

   舞浜ビジネスサービスのホームページが統合されました。
  オリエンタルランドの特例子会社(障害を持つ方々の雇用と
  職域拡大を通して社会に貢献しています。) 

植物工場・栽培養殖漁業2010>舞浜コーポレーション





京成グループ会社の舞浜ビジネスサービス」 事業内容は、2009.2.21
当時は「花卉の栽培と販売」が記載されていましたが、なくなり、クリーニング業
及びリネンサプライ業とない事業内容が変更にっています。


ホームページは「舞浜コーポレーション」の企業ホームぺージは2009. 12.1に
「舞浜コーポレーション}に統合されました。 


1994年2月、株式会社オリエンタルランドの子会社第1号として誕生しました。
以来、親会社が複合テーマパークリゾートへと成長していく過程において、多種多様な支援事業
の経営を担って参りました。

2009年12月、株式会社舞浜ビジネスサービス(障害者雇用促進法に基づく株式会社オリエンタル
ランドの特例子会社)と吸収分割契約を締結し、同社の主要事業を継承しました。

これを機に、今後は従前の事業に加え、障がい者の雇用と職域拡大を目指し、さらに支援事業の
裾野を拡げながら、OLCグループ共通の企業理念である『夢・感動・喜び・やすらぎの提供』に
取り組んで参る所存です。                                                       挨拶より

 

□舞浜コーポレーション
   MCC



 

オリエンタルランド(ディズニーランド、シーの運営会社)の特例子会社。
障害を持つ方々の雇用と職域拡大を通して社会に貢献しています。

◆会社概要  オリエンタルランド(100%出資)

◆企業理念

●組織

 


◇MCCの使命と責任

 

現在策定中

◇業務案内







































 

◆ノーマライゼーション推進室

●ノーマライゼーション推進室について
MCCでは、障がいのあるなしにかかわらず全ての従業員が従業員として一緒に働くことを目指しています。そこで職場環境のノーマライゼーション化をさらに推し進めるため2004年3月にノーマライゼーション推進チームを作り、2006年7月にノーマライゼーション推進室(NDD)を設立しました。

職場環境のノーマライゼーション化はNDDだけで取り組む問題ではありません。NDDに配属されている従業員以外にもたくさんの従業員がこの活動を支えています。

全ての従業員にとって働きやすい環境、ノーマライゼーション化した職場環境を私達MCCの従業員全員で創り出そうとしています。

誰もが協力し合う環境が自然にある風景、ノーマライゼーションの職場環境こそ私達の願いです。

※NDDはNormalization Development Divisionの略です
 

◆物販販売
 テーマパークの現場での厳しい要求に耐え得る、クオリティの高い商品を提供し続けて参りました。この実績を元に、お客様の求める品物をコスト面からもサポートします。
 

◆保険代理
 

◆ショッピングセンター  JR新浦安駅徒歩5分
駅から近いショッピングセンター・ユニモール
 

◆業務サービス
全面受託業務 
オリエンタルランドから全て受託して行っている業務
・調査サービス
・メールサービス
・ナプキン
・マーキング(テーマパークの販売商品値札作成、貼り付け)
・ランドリー
・バーバー
テーマパークのアピアランス維持向上を目的とする従業員向け理容業
・マッサージ
・フード(テーマパークレストランにおける、食器洗浄業務等
・商品ストック

 

◎フラワーセンター
・花弁栽培
・制作 テーマパークやリゾート内を華やかにするオブジェ
・販売
フラワーセンター所内兆倍における花苗の販売
千葉県内の農産物直売所における花苗の販売
 

 

○リンク









 

◆オリエンタルランド
 

◆オーエルシー・キッチンテクノ
(舞浜ビルメンテナンスの厨房事業に2010.01.01なりました)
2010年1月1日を効力発生日として、株式会社舞浜ビルメンテナンスを存続会社、弊社を消滅会社とする吸収合併を行い、弊社の権利義務を株式会社舞浜ビルメンテナンスが承継し、弊社は解散することといたしましたので、お知らせいたします。

◆舞浜ビルメンテナンス
 

◆グリーンアンドアーツ
造園・植栽事業、空間創造事業、フラワー事業を通じて皆様に夢・感動・喜び・やすらぎをおとどけします。
 

 

●グリーンアンドアーツ






 

◆会社概要

◆経営理念
地球の大切な財産である「緑」と「花」を通してお客様に「夢」「感動」「喜び」「やすらぎ」を提供し、常にハイクォリティ・スペシャリスト集団として成長しつづけます。

◆業務内容
(1)造園・土木工事の企画、設計、施工に関わる業務
(2)テーマパーク等における植栽保守管理業務
(3)ホテル内におけるブライダル・宴会等の装花業務
(4)PFI事業「神奈川県立 花と緑のふれあいセンター」プロジェクト推進
 

 

 

 

 






◎オリエンタルランド

大型集客力があり、全世代、幼児から、高齢者まで、心身の活力を再生させ
大量の食数が消費される産業を持つ企業が大規模植物工場機能を持ち、
食の安心安全と、食料供給のシステムを食材供給に活かしながら、イベント
展示の一つとして見学や、植物工場参入企業の創業支援機能を持つ確率
が高い企業の一つです。養殖プラントも併用すると、安定集客は増加します。
日本の農家の2代目の現場教育の機会としても役立ちます。

閉鎖的制御型植物工場の苗の栽培は 障害の皆様の新安定雇用の場を
日本に開く事業になります。大規模植物工場の中の花弁の栽培は、すでに
事業化されているように、障害があっても対応可能なしくみがありますが、
大規模野菜工場の場合、人海との組合せが、安定安心生産になります。
しくみシステムの坪当たり生産性の現在の3倍以上にできる技術レベルまで
最先端企業は進化してきています。具体的実証の場として、日本の最先端
植物工場プラントを再度スタートを待望します。

日本の中になければならない企業として京成グループの周辺の皆様、
日本のトップクラスの農業県千葉の殖産貢献度は高くなる確率は高い。


植物工場複合型生産システムは 順調に進化してきています。
現状の企業をごらんただけると、技術的な現実化は、オリエンタルランドの
要望基準に中期で達成できる確率は高くなってきています。

 ●参考
   植物工場・栽培養殖漁業2010


オリエンタルランドの場合子会社として、「舞浜コープレーション」「グリーン
アーツ」で企業の大規模植物工場事業展開に必要なコア技術は成長して
きています。

 

◎2010.01.29現在 

舞浜ビジネスサービス」 は 2009.12に 「舞浜ビジネスサービス」
(障害者雇用促進法に基づく株式会社オリエンタルランドの特例子会社)と
吸収分割契約を締結し、同社の主要事業を継承しました。


現在、オリエンタルランドの植物工場事業展開の企画を契約した企業はない
ようです。



◎過去の植物工場事業計画から中断までの記録
  業界への最先端参入計画が挫折した事例。


東京ディズニーリゾート(TDR)が、園内のレストラン使う葉物野菜を、
発光ダイオード(LED)による水耕栽培で自前供給することを決めた。  
 (2006.5.08)

TDRの100%子会社の舞浜ビジネスサービスが千葉県袖ヶ浦市に工場
を作り、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに来春から出荷する。
LEDを使った葉物野菜の栽培工場としては、国内最大級になる見通し。



2007.09.04 日刊工業新聞掲載記事
「野菜の水耕栽培計画 見直し!」 技術提携企業が倒産
2006.02に10億円を投資して千葉県袖ヶ浦市で専用工場の建設に着手
したが、技術提携先のコスモプラント(静岡県袋井市)が6月倒産、技術
指導を受けられないまま生産するのは難しくなっている。2007年4月から
順次自社調達を始める予定だった。現在、袖ヶ浦工場の建設をストップ
した状態。用途の検討は今後詰める予定。野菜は従来の供給ルートで
調達を続けるため、「影響は全くない」としている。


◎2007.10.09当時 新事業を着手、実現請け負い企業の技術ノウハウ不足に
よる途中倒産で中断、完全中止か、継続か、事業のその後の計画の方向は 公開情報も検索サイトでも現在確認できませんでした。

 

◎2007.10.09当時 新事業を着手、実現請け負い企業の技術ノウハウ不足に
よる途中倒産で中断、完全中止か、継続か、事業のその後の計画の方向は 公開情報も検索サイトでも2010.01.29現在確認できません。


サイトで、取引のビジネスチャンスとしてサイトで、企画をお奨めしましたが、
当時の企業が、事業継続の提案をしなかつたようです。好転はありません
でした。

大規模の販路が保証され、年間の高い商品回転率保証された植物工場
により技術ノウハウ進化の加速を期待しましたが日本の機会を損失しました。

当時と現在の技術レベルは進化し、A志援サイト内に総合的な実現ができ
るミクロミクロのノウハウも累積され、挫折プロジェクト規模程度なら短期で
実現できるノウハウを構築した企業も出現してきています。


あなたの企業と技術ノウハウを持つ企業が連携して、新事業展開の実証の
場とし活かし、植物工場の普及加速時代の先発勝ち残り企業になるチャンス
として活かすことを待望します。
 

 


 ◎2007.10.09更新時の情報


   ↓ クリック                               ↓ クリック

 
◇舞浜ビジネスサービス

    
当時は単独企業の
    ホームページはなく
    企業グループのもの
    でした。


 

 


●TDRの100%子会社「舞浜ビジネスサービス」の工場
     総工費約10億円で2006年2月着工済、12月稼動し、
     2007年4月初出荷予定。生産量年間350トンで3年後
     の 2010年には園内の大半をまかない、TDL内ホテル
     へも供給予定。 施工業者倒産で中断し、その後具体的
  進展儒教等公開がありません。
 

●1999年に設立、積極的に障害者を雇用しており、現在、従業員の7割を占める。LED工場でも新たに約20名を採用する方針で、障害者雇用の面でも先進的な試みとなる。

 

◆東京ディズニーリゾート自前の発光ダイオード野菜工場建設 









 

2006.05.08
   東京ディズニーリゾートが、園内のレストランで使う葉物
  野菜を、発光ダイオード(LED)による水耕栽培で自前
     供給することを決定
 

 LED栽培は 工場内に並べた棚の上で葉物野菜を水耕栽培し、日光の変わりにLEDの光を当てる。日光に比べ光合成が促進されるため、例えばレタスなら通常2ヶ月かかるところを約1ヶ月で収穫できる。
栽培するのはレタスのほかに、ホウレンソウ、ハーブ、水菜など。葉物野菜の価格は天候に左右されやすく、年間280トンを使うTDRの悩みの種だった。舞浜ビジネスサービスは「LED栽培という新技術で安定した供給が見込まれる」


 

 

商品一覧