開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

ヤンマー

■ヤンマー  071011





農業機械の大手であるヤンマーは、2010年に農漁業で需要を創出に乗り出し
ました。これまでの製品供給ビジネスだででなく、側面的支援を事業化し、農機
や漁業資材の長期的な市場拡大を目指す考えで、試験農地を国内に10ヶ所設け
蓄積したノウハウで農業経営の高度化や農家の販売を支援します。
併せて、養殖のソリューション事業も手がけます。(すでに長期の継続的開発試験
実施済み)

ヤンマーが計画する試験農地の一ヶ所当たりの面積は2〜10ヘクタール。運営を
通じて原価管理や適正な農薬量などのノウハウを得て、営農をバックアップする
事業を始めます。欧州を中心に普及する農業生産工程企画「GAP」をベースに、
ヤンマーが農産物を品質保証し、食品スーパーなどとの販路マッチングも手がけ
るほか、農産物輸出の代行もします。試験農地には就農希望者を育成する農業
学校を併設し、後継者不足の農業や農業法人に人材を供給する計画です。

漁業では、アサリやハマグリなど国産の稚貝から一貫して育てる完全管理型養殖
の技術を築きます。子会社が生産する養殖用エサの販売ルートを通じ、養殖業者
に同技術を対案するコンサルティングや販路コーディネーターなどで2013年3月期
20億〜30億円の売上を見込んでいます。      2010.01.07日刊工業新聞より

 

 
更新 2010.01.21

□ヤンマー










 


◆会社概要
  創業 1912(明治45)年3月
豊作の象徴であるトンボ、その王様であるヤンマ-トンボからヤンマーと命名しました。豊かな暮らしの実現に貢献していこうとの思いが込められています。
 

◆創業の精神

◆ミッション

◆沿革

◆環境への取組み

◆社会活動

◆決算
 

●販売拠点一覧

 


□商品一覧

◇農業施設















 

農業の近代化をリード。
ヤンマーは、1963年より農業施設分野に本格的に取組みをはじめ、農業の近代化をリードするとともに全国で数千箇所の実績を上げています。さらに、農業生産施設のみならず近年は農業環境施設についても積極的に取組み大きな評価をえています。

□ヤンマーグリーンシステム(株)

◆穀類乾燥調整施設
・カントリーエレベーター
・ライスセンター
・大豆乾燥調製施設
・自動ラック倉庫システム
・水稲種子センター
・最新商品のご紹介
  ・常温除湿乾燥システム(DAG)
 ・高付加価値型乾燥システム
   乾燥機のいらない乾燥システムです。温室による太陽熱の利用
     と除湿乾燥を組み合わせ、省エネと環境負荷の低減を両立した
     穀物乾燥が行えます。
  ・除湿型ミニライスセンター
 ・除湿型ライスセンター  

◆育苗施設
・水稲育苗施設
・野菜育苗施設
・温室栽培施設
・種籾温湯消毒施設

◆選果施設
・ヤンマー選果包装システム

◆環境設備
・堆肥化施設
・炭化施設
・バイオマスエネルギー
・減農薬

 

◇ホビーファーム(家庭菜園)







 


◆あなたの街の菜園ショップ

全国各地に展開するヤンマーショップのなかから、ピックアップしたお店をシリーズで紹介していきます。ヤンマーショップでは、家庭菜園についてのご相談やミニ耕うん機の選び方、使い方などをプロの目で、的確にアドバイスさせていただきます。是非、お近くのヤンマーショップへお気軽にお越しください。

◆ヤン坊マー坊家庭菜園菜園ひろば
野菜の作り方を種類別に紹介  監修 園芸アドバイサー

◆新型ミニ耕うん機ニュース

◆あなたも使えるミニ耕うん機


 

◇海洋設備




































 

ヤンマーは漁業の近代化をテーマにさまざまな研究を重ねております。育てる漁業については「マリンファーム」という専門研究所を設立してバイオテクノロジーエレクトロニクス技術を駆使して大きな最下を収めています。

◆水産物流施設
魚は “活き” が 命。活きた魚が、目の前で元気に泳ぐ姿が見えるヤンマーFRP活魚水槽。いつまでもキレイに使えるFRP製で、換水は3ヶ月に1回※でOKと手間もかかりません。水槽容量やクーラー出力などが選べる多彩な機種ぞろえ。店舗や漁協の備蓄、水産試験場の実験水槽まで、幅広く活躍します。

◆種苗生産施設
ヤンマーの原水ろ過機 STシリーズは、長期間安定したろ過能力、優れた耐久性を発揮するFRP製本体と、シンプルな逆洗水自己保持型構造を採用。種苗生産・陸上養殖に優れた耐久性を誇る自動逆洗砂ろ過機です。

◆親魚育成施設
健康な魚の種苗を生産するためには、まず優れた親魚を育てることが不可欠です。また、その親魚から安定して良質な卵を得るためには、水質はもちろん、温度や照度など高度な環境制御技術が必要です。ヤンマーは、自社の水処理技術、環境制御技術を生かした親魚育成施設向け設備を開発しています。

◆生物餌料
高度な技術と多額の設備投資、さらには煩雑な日常業務が必要な生物餌料の生産。ヤンマーではこのような水産業のニーズに応えるため、種苗生産用生物餌料の生産・販売を行っています。
キートセロスは、二枚貝、ウニ・ナマコ、甲殻類種苗に必要なエイコサペンタエン酸(EPA)を大量に含んでいます。

◆海面養殖場
水質維持と疾病予防が大切な魚類の養殖では、イケス網の定期的な洗浄が欠かせません。ヤンマー養殖網水中洗浄機せんすいくんマークIIIは、網の上を自由に走って水中の網をくまなく洗浄する自動ロボット。養殖イケスの網を高圧噴射水で内側から洗浄します。ロボットの制御操作は1人でもOK。網を引揚げることなく、養殖魚を入れたまま網の側面・底面が短時間で洗浄でき、潜水作業員が不要で大きな省力効果を発揮します。

◆海岸、湾岸施設
長年のFRP海洋製品の製造技術を生かしたヤンマーFRPポンツーンは、プレジャーボートや漁船などの係留・保管に、すぐれた積載能力と安定性・耐久性で高く評価されるポンツーンです。

●海洋設備の概要イラストマップ
 海洋設備機器のイメージを描くことができます。

●導入事例

まだ大中規模の養殖工場をヤンマーと連携した大中企業との連携事例はありません。2010.01.21
 

□エネルギー分野
 
ヤンマーエネルギーシステム  








 

◆発電機、コージェネポンプ
停電や洪水など非常時にも 人の安全を支えるために。
信頼性を徹底に高めた、発電・ポンプ駆動システムを提案

◆空調
地球環境にやさしいクリーンな風を届けるために暮らしの様々なシーンへ、快適なガス空調システムを提案。


◆マイクロコージェネレーション
持続可能な資源循環型社会を築いていくために。電気、熱を有効利用する、分散型エネルギーシステムを提案

◆バイオガスマイクロコージェネ

◆太陽光発電システム
未来型エネルギーシステムの複合提案

 

□農業、建設機械分野

 

◆産業用エンジン
◆建設機械
◆汎用機器

 

□マリン分野

 

◆マリン
◆マズール
◆海洋設備
◆大型マリン

 

□農業分野


 

◆農業機械

◆ジョンディア
名実ともに世界NO.1の実績を誇るトラクター「ジョンディア」

◆無人ヘリ
ヤンマーヘリサービス(株)は、無人ヘリコプターのスペシャリスト
全国各地で活躍しています。

◆ホビーファーム(家庭菜園)

◆農業施設

 

□環境、生活分野











 

◆環境システム
ヤンマーは研究所、生産工場をはじめ環境基準にマッチした立地や環境保全活動を行っています。さらに環境基準にマッチした製品造りにとどまらず環境を保全するための製品をお使いいただいています。
・バイオガスマイクロコージェネレーション
・堆肥化施設
・炭化施設
・高効率薬液洗浄脱臭装置
・地下水のYS高度処理システム

◆クールコンテナ
モーダルシフトをご存知ですか?
「船&レール&トラック」を使って環境に優しく、生鮮物を運ぶシステムのことです。

◆生活機器
より生活に密着したところで、ヤンマーの商品が活躍しています。


 

◇研究開発  中央研究所


 

ヤンマーグループの研究開発のコアセンターとして2000年2月、滋賀県米原町のすばらしい 環境の中に中央研究所が開所いたしました。建設にあたっては環境との調和を重視し、 エミッションレス、リサイクルの考えを随所に取り入れまた、ITを適用 した最新の研究設備を導入しています。
ここでは、エネルギー及びその応用に関するさまざまな研究テーマに取り組んでおります。
 

◇ヤン坊マー坊天気予報

 

・地方の天気 ・天気図 ・県別週間予報 ・衛星画像
・エリアの天気 ・台風情報  ・全国の天気
・釣り場の天気
 
◎共有情報として活用できます。気象庁の公開情報よりきめ細かい内容です。
 

◇ヤンマー広場
 

 

◇セレッソ大阪
 

 

○グループ会社一覧
















 

◆ヤンマーエネルギーシステム(株)
取扱い品目の開発・製造、販売、施工、メンテナンス及び運用・支援
◎空調システム(ガスヒートポンプエアコン)
◎発電システム(非常用発電装置、コージェネレーションシステム)
◎駆動システム(ポンプ駆動用)
◎遠隔監視システム(発電、空調)

◆ヤンマーグリーンシステム(株)
農業の近代化をリード。
ヤンマーは、1963年より農業施設分野に本格的に取組みをはじめ、農業の近代化をリードするとともに全国で数千箇所の実績を上げています。さらに、農業生産施設のみならず近年は農業環境施設についても積極的に取組み大きな評価をえています。

◆ヤンマー情報システムサービス(株)
・ネットワーク情報
国内外のヤンマーグループの販売生産研究開発の拠点をコンピュータネットワークで結び、常に最先端の技術を駆使してスピーディで効率的な情報サービスを提供。
・システム設計開発
・システム運用管理
・教育サポート
 

 

 

 

 

 

A志援からの提案   2010.01.21

◎植物工場、養殖工場を戦略的に展開し、世界で拮抗した展開をできるためには

1.「農産物、魚貝等の生産物が人の生存のために必要なものを提供する使命を持つ。

 「他のあらゆる商品製品より儲けすぎてはいけない。常に相場より安くする。」
 そのためには「やすくした金額分を 必ず一定以上のリピート量が確保できるように
 する。」 販路は無限、世界が市場、どの国でもその国の相場よりやすくする。

 ●従来の製造物の短期回収を急ぎぎず、開発費等を含めてお客様企業が 中期で設備投資が回収の
   可能性があり、黒字化の可能性が描ける、先行投資価格にする必要があります。

   現在のコストを中期で総合プラントとして30%以上ダウンを目標にすると、先発企業の優位性を維持し
   なが事業展開が可能な確率が高くなります。

   従来よりもさらに、「自社だけの改善には短期ノウハウ構築限界」がります。優れた最先端学官が成長
   してきています。最先端固有ノウハウを事業化している企業が成長してきています。自社の最先端成長
   段階を明確化して、短期で成長が困難な確率が高い分野は(人財の成長度合だわかります)。解決
   テーマに応じ、緊急度に応じ不足部分を補完し、自社人財の成長加速のためのトリガーとして産学官の
   連携を推奨します。想定以上の速さで実現確率が高い時代になっています。

   A志援サイトに、テーマ別改善の突破口事例があります。上手に活用して目的の縁が広げてください。

   協力企業学校、官等から、想定外の販路開拓のヒントが生まれてくる場合があります。


 ●上場企業が新規開発商品製品プラント、システムに対し、その産む生産物や日常の業務生産性と比較し
   投資金額回収が長期でも不可能な価格設定をする場合があります。その新製品が、他社の「真似した」
   企業へ「漁夫の利」をたられたり、市場の要望がありながら生産撤退する事例があります。留意が必要。


2.投資費用を価格破壊基準で抑え、従来の物販売りから、共にその工場が安定安心成長
 できるしくみシステムを総合サーポートとして提供する。
 投資企業は未知の事業のため、ゼロからか、過去の先入観ノウハウ(成功確率は未知)
 で模索で事業展開をはじめる場合が 多いため、低単価型商品のため想定以上の期間
 黒字化が出来難い弱点を持つプラントです。 

 ◎ヤンマーが長期に蓄積したコアを活かし、物販型亜サポートから「物販サポート+総合ノウハウサポート」を
  提供するしくみを早期に構築した方がよい。他社の参入障壁を継続的に高く進化させる方法の一つ。

 (1)プラント発注企業が、稼動するまでに、スタートの年度の損益分岐点以上の売上可能な販売先数を
   130%以上確保する創市場、創客のしくみ提供し、その企業の販売グループの受注のしくみと教育をして
   現実の先行受注を自力でさせ、受注計画との乖離の対策をアドバイスして契約確率を上げる訓練をする。

  ヤンマーにトップクラスの営業人材の自社新販路開拓ノウハウの構築も兼ねて対応できるしくみをつくる。
  他の業界参入グループでは成功体験を構築するときヤンマーに蓄積のコアの強みがあります。 

 (2)経営管理の見える化、創業時に必要な基本ノウハウを経営陣教育も兼ねて、想定教科書で訓練をし、
   会計システム等は、ローコスト基本型として、その企業特有の経営判断に必要な内容を随時ブロック方式
   で構築する。3年目事業が軌道に乗った場合は、総合的システムへバージョンアップする。 
 
 
 (3)生産部門の人材は、農業教育の基本から応用までの教育をし、稼動後も、規模に応じた人財数を計画
   育成する教育体系を構築する。

   日常の管理しくみシステム等もOJT訓練も担当する。 

 (4)品質保証に関しては ISOに相当した 農業の世界標準の認証機関レベルのしくみを(マニュアル等)
   の基本を構築し、社内内部監査員の養成のしくみをつくり、定期的継続的フィローをする。

   ある成長段階にたった場合、優れた内部監査員を経営の視点から行動できる制御人財への育成に入る。

 (5)プラント導入企業の経営陣を対象にしたヤンマーの会員制の経営勉強会を主催して、成功事例共有と
   国内、世界的の販路開発のセンターの役割をする。 


3.従来の農業・漁業との違い、生産性の高さ、働く人の年収、多忙さ、販売単価、高品質、
 均質の違いを良い子(現在方式)、悪い子(過去方式)を地域CATVの自主番組で定期
 的に放送し、登場人物は、地域の社員にしたり、地域のホビーファーム(家庭菜園)の
 内容も組み込む。ヤン坊マー坊の天気予報も提供して地域CATVと連携力を強める。

 零細農家を地域別に、戦略的に農業協同組合生産法人化して中規模型植物工場化し
 て1戸当たりの年収をアップさせる支援をする。
  


 

商品一覧