開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

応用地質

■応用地質   100114

希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場応用地質






地質学をはじめとした地球に関わる科学技術を活用して、大地や自然環境に発生する
様々な課題解決に取り組んでいます。地球科学のエキスパート企業グループの一つ。

OYOグループは、地球科学に関するさまざまな専門技術を結集し、これまで多彩な
サービスを展開してきました。今後は自然科学分野だけでなく、社会科学的視点から
新たな価値や政策を発信・提言できるシンクタンク機能を充実し、グローバルな総合
専門企業グループとして、さらに大きな役割を果たしていきます。
 
◎「土壌汚染対策法(土対法)」は2003(平成15)年に施行された法律です。
この法律は、有害物質を取り扱っている工場や施設が、土壌汚染の実態が不明な
状態で放置され、例えば住宅や公園のように人が立ち入る土地に用途変更した場合
に、人の健康に影響を与えてしまうことを防ぐことを目的としています。 

これまでの土対法を改正する法律が2009(平成21 )年4月24 日に公布され、
2010(平成21)年4月1日までに施行されます。改正のポイントは3つあります。

 

 

更新 2010.01.14

□応用地質




 

◆会社概要

◆沿革  設立1957年

◆あいさつ

◆経営理念・経営ビジョン

◆事業所一覧

◆有資格者
 

●IR情報

●グループ企業

OYOグループは、地球科学に関するさまざまな専門技術を結集し、これまで多彩なサービスを展開してきました。今後は自然科学分野だけでなく、社会科学的視点から新たな価値や政策を発信・提言できるシンクタンク機能を充実し、グローバルな総合専門企業グループとして、さらに大きな役割を果たしていきます。

 


□事業案内

 応用地質が公共事業の中で展開する主な分野は、「防災」、「環境」、「建設」分野で、国、自治体ならびに地域のパートナーとして、持続可能な社会の構築に向けて貢献します。

◇防災分野
   






 

地震や土砂災害が社会基盤に及ぼすリスクを明らかにし、災害対策やリスク回避の手段を提案。
・緊急地震速報  ・事業継続計画策定   ・地震被害想定

◆防災分野(地震災害)
地震が起きたときの地面の揺れ、液状化の危険性などを知ることは、防災計画を立てる上で重要なポイントになります。OYOは、地震による危険度を的確に定量化し、地震時には対象地の地盤状況に応じて震度補正を行って、より正確な情報を提供します。

○災害レポート

◆防災分野(地震を除く自然災害)
 台風、集中豪雨による地すべりやがけ崩れ、洪水による水害などの危険性を事前に知ることは、企業や地域の防災を考える上で大変重要です。OYOは、保有している災害関連のデータを活かし。自然災害の危険度などの有益な情報を提供します。
 

◇環境分野





 

開発・建設事業が周辺環境に及ぼす影響を調べ、影響を回避する手段や軽減策を提案
・環境負債の算出  ・自然由来の重金属  ・土壌汚染

◆環境分野
不動産取引や不動産開発においては、土壌汚染リスクが契約や事業の正否を左右する重要な要素になります、OYOでは、土壌汚染リスク評価に不可欠な過去の土地利用状況を、簡単に調べる事ことができる独自のサービスを行っています。さらに、環境問題に対する社会の動向や環境関連法令についても最新情報を提供。環境施策に関するお客様の意思決定をサポートします。

○土壌汚染
 土壌汚染とは、「人の健康や生活環境及び生態系に影響を与える有害物質によって汚染された土壌」ということです。この2010年4月1日に「土壌汚染対策法」改正法が施行されます
改正のポイントは3つあります。
 

◇建設分野




 

構造物や施設の安全性を高めるとともに、建設段階だけでなく維持管理も含めて、将来にわたる事業コスト削減に貢献します。
・不動産の選定支援  ・アセットマネジメント  
・トンネル維持管理

◆建設分野
建設事業において、地盤の性質を知り、災害リスクや環境リスクをあらかじめ想定しておくことは、事業の継続を図る上で欠かせません。OYOでは、国内の都市部を就寝に独自の地盤情報を保有。とくに首都圏の地盤について豊富な情報を提供しています。これらの情報を活かし、土地の評価、選定、利用方法、構造物の耐震対策などを支援します。
 

◇機器事業分野






 

構造物や施設の安全を高めるとともに。建設段階だけでなく維持管理を含めて、将来にわたる事業コスト削減に貢献します。
・機器購入、サポート   ・計測サービス、レンタル

◆建設事業分野
地盤の強度や性質を高精度に計測するジオテクニカルな機器と、地盤内部の構造を非破壊で可視化するジオフィシカルな機器を提供。海底を可視化できる海洋調査機器や、ビルなどのコンクリート状態を診断できる非破壊検査機など、先進的な機器を提供します。

○ジオテクニカル調査、物理探索機器
・水位計、環境、防災モニタリング機器
・セキュリティ関連機器
   

◇OYO展開催報告

2009年10月14日(水9〜15日(木)第36回OYO展開催
今回のOYO展は、「大地をまもる」をテーマに企画いたしました。自然災害が多発するわが国において、 国土や地盤に関わる様々なリスクを把握し、そのリスクに備えることは、社会や企業が持続可能な活動を目指すうえで 必要不可欠なことと考えております。
 

◇OYO Mavi.com
 

 地盤の総合情報販売サイト(会員制 情報検索有料)

◎検索できる地域拡大中。
 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城一部

◇OYO 機器事業本部

◆ジオテクニカル調査、物理探索機器
◆水位計、環境、防災モニタリング機器
◆セキュリティ関連機器
 

○I−SENSOR ポータルサイト

あなたの周りの斜頚は大丈夫ですか
運営 応用地質 機器事業本部
 

○(一般社)DCM推進協議会
 District Continuity Management






 

安全・安心・魅力ある地域づくり
BCPからDCMへ 地域・まちの機能継続

災害時の備えとして、自社の事業継続計画(BCP)を作成し必要な対策をとることは重要ですが個々の企業だけでは解決できない課題があります。私たちDCM推進協議会では、これまでの個々の企業で個別に進められてきたBCP(事業継続への取組み)を発展させた『DCM(地域継続マネジメント)』をご提案し、地域の住民・企業・行政の連携による地域防災力の向上を目指しています。

◆組織概要
◆活動理念
◆サービス
 

 

 

 

商品一覧