開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

三菱化学

■三菱化学     100113


植物工場・栽培養殖漁業2010
>三菱化学
MKVドリーム>三菱化学



2010年1月12日ニュースより 

三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:小林 喜光、以下「当社」)は、野菜工場のシステムを40フィートコンテナにパッケージ化した「コンテナ野菜
工場」を開発し、このたび、本格的に発売開始いたします。

野菜工場には、@ 閉鎖された空間なので気候・天候の影響を受けない、
A 多段式の棚で栽培するため空間を最大限に活用できる、B 病害虫の
侵入がなく無農薬栽培も可能、C 水耕栽培のため連作障害や土壌汚染が
発生しない、D 砂漠や寒冷地、都市や地下など多様な空間に設置できる、
といった特長があり、異常気象や食糧危機への懸念が話題となっている今日、
新しいかたちの農業を可能にする手段として注目を集めています。

当社のコンテナ野菜工場は、断熱仕様のコンテナに、内部を適温に保つ空調
設備、水を循環濾過して再利用する水処理設備、光合成の光源となる照明
設備など、野菜の栽培に必要な各種設備を完備したもので、1日当たり50株
程度の葉物野菜(レタスや小松菜など)を収穫することができます。太陽電池
とリチウムイオン二次電池のシステムも備え付けられるため、商用電源との
ハイブリッド稼動による省エネルギーも可能となっており、将来的には太陽
光発電のみによる稼動も視野に入れております。

当社のコンテナ野菜工場の第一号機は、中東カタール国への販売が決まっ
ており、本年4月に納入の予定です。

今後当社は、お客様のご要望と設置場所の諸条件を踏まえた仕様のカス
タマイズを行いながら、コンテナ野菜工場を広く国内外に販売してまいります。
 

◎日刊工業新聞社 2010.01.13
 三菱化学は12日、コンテナ型の野菜工場生産システムを1月から発売すると発表した。
すでに中東・カタールへの納入が決まっており、年間10基を販売する方針。価格は1基当たり
最低5000万円。太陽電池やリチウムイオン二次電池などの数や性能によって6000万―
7000万円になる見込み。

コンテナの大きさは40フィートで、最大2000株のレタスや小松菜などの葉物野菜を育てる
ことができる。1日当たりの収穫量は50株。コンテナは温度を一定に保つために断熱材を使用
しており、水を循環濾過して再利用する水処理設備、光合成の光源となる照明設備など、野菜
の栽培に必要な各種装置を完備している。これらのシステムの動力源は太陽電池とリチウム
イオン二次電池、商業電源のハイブリッド型だが、3年以内に太陽電池とリチウムイオン二次
電池だけで動力を賄いたいとしている。

 

 
更新 2010.01.14

□三菱化学

●ニュースメディア 







 

◆会社概要

◆あいさつ

◆沿革

◆企業理念

◆グループモットー   APTSIS

◆コーポレートガバナンス

◆コンプライアンス

●国内・海外事業拠点

●グループ会社一覧
 

○三菱ケミカルホールディングス
三菱化学、三菱樹脂、田辺三菱製薬の3事業部体制

○投資家情報

 

●事業内容



























 

■機能商品分野
◆エレクトロニクス・アプリケーションズセグメント
情報電子・エレクトロニクスなど幅広い分野へ高付加価値製品を提供しています。

◆デザインド・マテリアルズセグメント
環境・エネルギー、食品機能材に加え、ポリマー加工・複合技術において、長年培ってきた技術力を基に、広範な樹脂加工品およびフィルム製品および炭素製品を提供しています。

■ヘルスケア分野
◆ヘルスケアセグメント
医薬事業を中核として、診断薬・機器、臨床検査、創薬支援など、ヘルスケア事業を総合的に展開しています。

■化学品分野
◆ケミカルズセグメント
広範にわたる基礎化学品および炭素素材を提供しています。

◆ポリマーズセグメント
独自のマーケティング力、製品開発力および製造技術を生かし、高度かつ特殊なニーズにも対応した合成樹脂等を提供しています

■自動車関連事業推進センター
グループの自動車関連事業をサポート・推進するための窓口として2007年4月に新設。マーケティング部と開発部からなり、マーケティング部は、複数の事業にわたるテーマや新素材に関するお客さまのニーズを取り扱う総合窓口の機能を、開発部は、マーケティング部の情報をベースに複合素材や新素材・モジュールなどの次世代テーマに関しての共同開発を推進していきます。  

■その他
エンジニアリング、物流、情報システム、環境・応用分析、調査などのサービス機能、および、研究開発、人材、教育、経理、サービス、化学品など、上記に属さないグループ会社はこちらです。

 

◇コンテナ野菜工場の発売開始  2010/1/12ニュース













 

三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:小林 喜光、以下「当社」)は、野菜工場のシステムを40フィートコンテナにパッケージ化した「コンテナ野菜工場」を開発し、このたび、本格的に発売開始いたします。

 野菜工場には、@ 閉鎖された空間なので気候・天候の影響を受けない、A 多段式の棚で栽培するため空間を最大限に活用できる、B 病害虫の侵入がなく無農薬栽培も可能、C 水耕栽培のため連作障害や土壌汚染が発生しない、D 砂漠や寒冷地、都市や地下など多様な空間に設置できる、といった特長があり、異常気象や食糧危機への懸念が話題となっている今日、新しいかたちの農業を可能にする手段として注目を集めています。
 当社のコンテナ野菜工場は、断熱仕様のコンテナに、内部を適温に保つ空調設備、水を循環濾過して再利用する水処理設備、光合成の光源となる照明設備など、野菜の栽培に必要な各種設備を完備したもので、1日当たり50株程度の葉物野菜(レタスや小松菜など)を収穫することができます。太陽電池とリチウムイオン二次電池のシステムも備え付けられるため、商用電源とのハイブリッド稼動による省エネルギーも可能となっており、将来的には太陽光発電のみによる稼動も視野に入れております。
 当社のコンテナ野菜工場の第一号機は、中東カタール国への販売が決まっており、本年4月に納入の予定です。
 今後当社は、お客様のご要望と設置場所の諸条件を踏まえた仕様のカスタマイズを行いながら、コンテナ野菜工場を広く国内外に販売してまいります。
 

◇研究技術開発



 

 三菱ケミカルホールディングスは、企業活動の判断基準を、Sustainability(資源・環境)、Health(健康)、Comfort(快適)とし、この基準を通して事業活動を行うことにより、社会の中での持続的発展と世界から信頼されるリーディングカンパニーを目指すというビジョンを掲げています。2008年に発表した新中期計画「APTSIS 10」では、このビジョンを受けて、機能商品、ヘルスケア、化学品の事業分野で、戦略的投資、事業ポートフォリオの転換を積極的に行い、高収益体質企業への転換をより一層推進していくことにしています
 

◇製品サービス

 

 三菱ケミカルホールディングスグループ製品(約3,500品)について、以下の3つのカテゴリー別検索をご用意しています。
1.名前から探す
2.製品群から探す
3.用途から探す
 

◇社会貢献・環境安全

 

 

 

 

商品一覧