開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

タクマ(環境関連)  

■タクマ(環境関連)  091202




環境関連。技術を大切に、人を大切に、地球を大切に 


○3つを中長期的な企業ビジョン

1. リニューアブルエネルギー(再生可能エネルギー)の活用と環境保全の分野
でのリーディングカンパニーとして日本社会で必須の存在であること

2 民生熱エネルギーの分野でトップ企業となること

3 海外事業を 国内に匹敵する事業規模に拡大すること

これらのビジョンは当社単独ではなく当社グループ全体の力を結集することに
より、その成果として実現できるものと考えております。



田熊汽罐創業の精神である《汽罐報国》を今日の言葉に置き換えますと、自ら
が生み出す財・サービスによって世の中に貢献するということになります。
これは現在企業経営の重要課題となっておりますCSR(企業の社会的責任)
にも通じる理念ともいえます。タクマならびにタクマグループの経営理念は、
この創業の精神にあります

創業者であり、明治・大正期の日本十大発明家でもあった田熊常吉翁が掲げた当社(当時は田熊汽罐製造株式会社)の社是で、「汽罐=ボイラ」の製造・販売・サービス等の企業活動を通して「報国」すなわち社会に貢献することを意味し
ます。
 

 

更新 2009.12.02

□タクマ



 

◆企業概要

◆経営理念

◆企業ビジョン

◆挨拶

●事業所

●タクマグループ

●IR情報

●社会的責任

 


○商品情報  

 ◇バイオマス関連商品








 

 「バイオマス」は動植物由来の再生可能な有機性資源で、廃棄物系バイオマス、未利用バイオマス、資源作物などがあります。
1.地球温暖化の防止
「カーボンニュートラル」な資源なので、温室効果ガス(CO2)の排出を抑制します。

2.循環型社会の形成
「資源使い捨て社会」から「資源リサイクル社会」への移行を促進します。

◆タクマのバイオマス関連技術
 バイオマス発電プラントやメタン発酵システムなどの、リニューアブルエネルギーの活用を可能とする技術を提供しています。
・廃棄物系バイオマス  ・未利用バイオマス
◆メタン発酵システムのラインアップ
◆バイオガス活用技術

◆バイオマス発電プラント
◆バイオガス回収プラント
◆バイオガスシステム
 

 ◇廃棄物処理プラント





 

 
タクマはごみ焼却プラントのパイオニアとして、1963年n日本における第一号連続機械式ごみ焼却プラントを完成。その後、国内外に300を超える焼却プラントを納入
1998年には、国内最大規模となる1日あたり処理量1800トンのごみ焼却プラントを納入・数多くの実績とノウハウをバースにして、時代のニーズに合わせた最新のごみ処理技術を提供しています。

◆一般廃棄物処理プラント
◆産業廃棄物処理プラント

○官庁向け ゴミ処理プラント納入実績
◆ストーカ式ごみ焼却プラント
◆発電設備付ごみ処理プラント
◆熱分解ガス化溶融プラント
◆灰溶融設備付ごみ処理プラント
 

 ◇水処理プラント





 

●ステップ流入式嫌気ー好気勝つ性汚泥法
既存処理設備を大幅に改造することなく、窒素・りん除去可能な施設へのアップグレードを提案します。

 本技術は、活性汚泥法による下水高度処理技術です。反応タンクを無酸素、好気、無酸素、好気の4つに分割して原水をステップ流入させることで窒素を生物学的に除去します。原水をステップ流入させることで、硝化液の循環を行わなくても小さな反応タンク容量で高い窒素除去率が得られます。さらにステップ流入式嫌気-無酸素-好気法とすることで窒素・りんの同時除去が可能です


◆高度処理      ◆汚泥処理      ◆浸出水処理
◆脱臭            ◆関連機器(システム
 

 ◇ボイラ













 

時代と海を越えた信頼技術
 1938年(昭和13年)、明治・大正期における「日本十大発明家」の一人である田熊常吉翁により田熊汽缶製造株式会社として創立されました。我が国ではボイラは大正初期まで殆ど輸入に依存していましたが、純国産品としては1913年(大正2年)田熊常吉が苦心研究の末に、独自の「タクマ式ボイラ」を発明したのが最初であり、この「タクマ式ボイラ」はドイツの学会や1929年(昭和4年)の世界動力会議などで紹介され、性能比較で、当時の外国製ボイラを圧倒し、その名声は世界的なものとなりました。当社は創業以来五十数年、ボイラ業界のパイオニアとして産業用、動力用、船舶用、空調用などあらゆる種類のボイラを生産し、「ボイラならタクマ」とのご信頼をいただいてまいりました。また、経済成長にともなう、環境公害問題にもいちはやく取り組み、高性能のごみ焼却プラントを完成させたのをはじめ、下水、し尿、産業廃水処理設備や大気汚染防止設備を納入してまいりました。これら製品の多様化にともない、1972年(昭和47年)に株式会社タクマと商号を変更し、ボイラ、環境設備のプラントメーカーとしての道を歩んでおります。

◆総合エンジニアリング    ◆廃熱ボイラ
◆納入事例           ◆流動層ボイラ 
◆バイオます発電プラント   ◆廃プラ・紙くず固形燃料化設備
 (バイオマスボイラー)      及び流動層ボイラ
◆発電プラント           ◆汎用ボイラ
 

 ◇タービン

 

◆ガスタービン/コージェネレーションシステム

単純サイクル、重構造、高性能、耐久性を特徴とする4〜12MW級発電用途向け産業用ガスタービンです。排熱ボイラとの組み合わせによるコージェネレーションシステムで効率性を提供いたします。

 

 ◇生産設備/脱臭





 

◆ 含浸プラント/輻射式工硬化炉・乾燥炉製造販売事業 
  譲渡

平成21年4月30日をもって、当社の含浸プラントにかかわる技術を三和エンジニアリング株式会社に譲渡いたしました。これにともない、含浸プラント製造販売事業を同社に移管することとなりました。お客様におかれましては、当社製品に対し、長年のご愛顧を賜りましたこと厚くお礼申し上げます。 平成21年5月以降の含浸プラントの新規引き合い、およびメンテナンスにつきましては三和エンジニアリング株式会社へお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

◆蓄熱脱臭装置
◆プラズマ脱臭装置
◆洗浄装置・クリーン機器「ダン・タクマ」
 

 ◇ソリューション












 

 PFI(Private Finance Initiative)とは、公共施設等の設計・建設・維持管理及び運営に、民間の資金・技術的能力・経営能力を積極的に活用することにより、国や地方公共団体等の事業コストを改善し、効率的で質の高い公共サービスを提供することを目的とした新しい事業手法です。
1980年代後半のイギリスにおいて導入され、我が国では99年7月に「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(通称:PFI法)が制定されました。
PFIの実施にあたっては、必ず従来方式とPFI方式の事業期間全体におけるサービスや財政負担額等を比較検証し、効果があると見込まれることが必要です。このことをVFM(Value For Money)があると言います。
PFIの事業方式には、民間事業者が施設を建設し(Build)、施設完成直後に公共に所有権を移転し(Transfer)、民間事業者が維持管理及び運営を行う(Operate)「BTO」方式、民間事業者が施設を建設し、維持管理及び運営し、事業終了後に公共に施設所有権を移転する「BOT」方式、民間事業者が施設を建設し、維持管理および運営を行うが、公共への所有権移転は行わない(Own)「BOO」方式などがあります。

◆ごみ処理施設ソリューション
◆産業廃棄物合弁事業
◆工場/施設トータルソリューション
 

 ○技術情報


 

クリーンで快適な環境に貢献するタクマの新技術を随時紹介しています。

◆タクマ技報を発行しています。

◎環境・エネルギー用語集
タクマの技術に関する重要な擁護を解説しています。
 

 ○資材調達


廃棄物処理設備、バイオマス発電プラント、水処理設備に関連する機器について、ご提供いただけるパートナーを募集しています。
 

 

 

 

商品一覧