開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

水処理・水浄化・水ビジネス

■水処理・水浄化・水ビジネス  091130


環境に関係する活動内容から学ぶ
>水処理・水浄化・水ビジネス



日本の水に関する技術が世界市場にビジネス展開される時代がはじまりました。

日本の先進技術「水」が世界へ貢献できる突破口の一つが成長してきました。

人間の生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内
生命水に変化循環します。安全安心な水が安価で世界に、太陽のように届く
時代のために、全ての循環の悪化に歯止めをかける重要な関所である生活排水
(大量産業排水も含む)は下水道業務が根幹テーマです。

枝葉末節の環境「やつたふり」から、人類動植物の善循環の一つとして、世界の
国家的急速進化が必要です。

あなたが環境善循環へ反転させるための事業の種(シーズ)として下水道進化の
しくみへ財の循環を待望します。

地球上に存在する水の量は,約14億km3といわれる。そのうちの97.5%が
海水で占められ,実際に使用できる淡水の量は,地下水や湖沼水など
地球上の水の0.8%に過ぎない。全量を風呂桶1杯に例えると,両手ですく
える量にも満たないわずかな量である。そして地球上の淡水の量は一定で
あり,増えることはない。

一方,地球温暖化など気候変動による海面上昇や局地的な洪水の発生,
加えて産業発展,都市化,人口増加などの影響から世界的な水不足や
水質・水源汚染が進行している。より安全な飲料水確保への動きなど,
”わずかな水”をめぐる様々な問題が浮上している。

こうして,2003年3月,京都市などで第3回「世界水フォーラム」が開催された。
世界180カ国・地域から約2万4千人が参加。採択された閣僚宣言では,発展途上
国などの水道インフラ整備に民間資金などを積極的に活用する方針が明記された。
「官民の連携強化」を打ち出し,官が独占してきた上下水道
事業に民間の資金,経営,技術を呼び込むというものである。
また,フランスで開かれた「エビアン・サミット」でも,きれいな水と衛生施設を
利用できない人の数を2015年までに半減させることを目標とした「水に関する
行動計画書」が採択されている。

このように,「水」を取り巻く動きが活発になった。これは視点を変えれば,
水ビジネスのチャンスでもある。このため,新規参入も含めた様々な企業の展開
が始まっており,水産業・水関連ビジネスに対する関心が高まっている。



参考
 「水処理・水浄化・水ビジネスの市場」
  ・監修  シーエムシー出版編集部
  ・発行日 2003年6月
  ・価格   68,250円(税込)
  ・体裁   B5版 213ページ
  ・ISBNコード 488231-404-5


 「米国の水濾過と水質浄化製品市場に関する調査」
  深刻化する環境問題の一つに、水質汚染問題が浮上してきている。
   米環境保護庁(EPA)は新たな規制を拡大し強化する作業を開始したゆえ、
  関連事業者のとっての事業機会が台頭しつつある。
      ・資料名 米国市場・業界調査 
         「米国の水濾過と水質浄化製品市場に関する調査」
   ・発行 富士経済マネージメント
  ・発行日 2008年3月28に津
  ・ぺ-ジ  60頁  

  
「水ビジネスに挑む日本人がしらない巨大市場 日本の技術が世界に
飛び出す」
  オンライン書店ビーケーワンで購入できます。
     
・著 沖 大幹 吉村 和就
    ・出版 技術評論社
    ・サイズ 19cm/261p
    ・ISBN 
 978-4-7741-4044-5
         ・発行  2009.12
    ・価格  ¥1,659 (税込) 

      世界の水ビジネスを席巻する「水メジャー」に追いつき、巨大市場に飛び出すための考え方
       とは?


◎世界の環境変化による干ばつ地域や、富を持つ中東の乾燥地帯、中国の
産業革命による水に関する需要拡大等などを追い風として、世界市場に
ビジネス展開がはじまりました。

日本国内での実証試験がシステム開発ノウハウの蓄積スピードを加速します。

◎八ッ場ダムのような完成まで半世紀かかり、膨大な費用累計と、保持にかかる
ダムが存続する限り、永続的に年間の膨大な想定以上の費用が継続されます
が、目的に応じて東京都の事例のように地下型雨水タンク(ダム)方式で、
比較にならない中期短期で、ダムの目的を複合的に解決できる確率は高い
一つです。また、河川浄化、海の浄化にプラス効果が副次てきに発生します。


森の保水力の急激な減少、都市部の保水力の激減は、集中豪雨時の河川、
地下下水道の処理能力超えて潅水、鉄砲水等発生の頻度が増加してきました。

1.森の保水力を制御する目的でダムが建設され、発電飲料水として活用され、
河川の水は浄水場で飲料水化されますが、その他の水は、汚染基準以上で
湖、池、沼、海を汚染基準以上へ加速し、湖、池、沼、海が持つ浄化機能以上
になり環境破壊が加速度徴候が でてきました。河川に流す量を調整するために
従来のダム方式から都市型雨水タンクにより、河川流入量の制御が必要に
なつてきました。

2、東京都の大雨水貯水ダム方式の地下施設を建設する方が、集中豪雨による
被害総額と、国民の個人被害者数の減少の方が、少ない確率は高い。

1.2の地下雨水貯水ダムを表層水と同様な視点から、一部は浄化し、上水処理
の場合は飲料水として活かし、過去の河川せき止め方式のダムの建設費用より
ローコストで建設できます。建設期間も1/2以下に短縮でき、関係影響人員数も
比較できない程度にすくなくなります。下水処理の場合は、「窒素」や「リン」を
へらし海の富栄養化を抑える施設と併設すると、雨水貯水ダムは建設費維持費
の回収できない生産性の低い施設から、飲料水、河川海の浄化機能となり、
利益を生む施設になります。


3.地下水の活用は、まだ各地の天然水商品として事業化されていますが、
工業用水として、水として使用後は河川海へ汚水化(法的基準以下でも汚水)
して流されています。

地下水の有効活用を事業展開している企業が成長してきています。地下水を
飲料水化や、浄化した下水として流すと利益を生む水になります。

◆ウェルシィ(水処理)  
水のライフラインを確保できる突破口の一つ。地下水脈の活用に着眼。下水膜ろ過システムを利用し、
水道料金の経費削減、災害時や渇水・断水時のライフラインの確保。地球環境保全に役立つシステム
を提供。 経済産業大臣賞受賞(2005ニュービジネス大賞)


◆タクマ(環境関連)
水処理プラントは世界に比肩できる段階まで進化してきています。
●ステップ流入式嫌気ー好気勝つ性汚泥法
既存処理設備を大幅に改造することなく、窒素・りん除去可能な施設へのアップグレードを提案します。
本技術は、活性汚泥法による下水高度処理技術です。反応タンクを無酸素、好気、無酸素、好気の
4つに分割して原水をステップ流入させることで窒素を生物学的に除去します。原水をステップ流入
させることで、硝化液の循環を行わなくても小さな反応タンク容量で高い窒素除去率が得られます。
さらにステップ流入式嫌気-無酸素-好気法とすることで窒素・りんの同時除去が可能です。
  ・高度処理      ・汚泥処理      ・浸出水処理   ・脱臭         ・関連機器(システム)


◆阪神水道企業団
阪神地域は、六甲の山並みが海に迫っているため、東西に細く開けた地域になっています。
そのため、水源となる大きな河川に恵まれず、絶えず水不足に悩まされていました。そこで、安定
給水を確保するために、神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市の4市が協力し、琵琶湖・淀川水系に
水を求めて、1936(昭和11)年7月に「阪神水道企業団」が設立されました。



◎フランス生まれのミネラルウォーター・ボウルビック(VoLvic)の社会貢献

unicef(ユニセフ)
フランス生まれのミネラルウォーター・ボルヴィック(Volvic)は、昨年に引き続き、2009年6月1日(月)
から9月30日(水)まで、「1L for 10L (ワンリッター フォー テンリッター) プログラム」を実施しました。
期間中のすべてのボルヴィック商品の売上の一部がユニセフに寄付され、マリ共和国でユニセフが
実施する水プロジェクトを支援し、子どもたちとコミュニティが清潔で安全な水へアクセスできることを
目指しています。


   キリンビバレッジが「Volvic」を日本国内販売しています。

   天然地下水が源泉です。 天然健康水の事例  



◎琵琶湖再生実現への具体的事例(環境保全)

あらゆる産業生活排水が流入する日本国のベンチマーク「琵琶湖」の再生具体策の進化は、世界で
展開し、さらに人類総智慧の進化を加速するトリガーになります。琵琶湖周辺の6割は、まだ企業我
個人我の20歳以上の価値判断(戦後教育の負の部分の反映で、地域CATVを突破口に反転可能)
20歳以下の未来主流の人が再生価値観を持つように成長し、今後10年で総人数が5割以下になれ
ば、本流の反転が始まり、日本国の、全体整合行動で、多民族大民族国家では長期間かかる確率
高いですが、ガラパゴス型、長期混血が少ない国なら、まだ実現確率は高い。ただし、10年混血と
価値観多様化が進化した場合は、悪化に歯止めがかたない時代が近づいています。

  

 

 

更新 2010.06.03


□造水


■三井物産カタール発電・造水プラント事業
          
2008年3月26日

三井物産は、スエズ・トラクタベル社(ベルギー)と共同で、カタール水電力公社から同国ラスラファン工業地区での発電・造水の事業権を受注し、事業会社の設立に関する契約に調印しました。

本事業会社は、2730MWの発電能力と日量63百万英ガロンの造水能力を持つ新規発電・造水プラントを建設、保有し、完工後25年間にわたりカタール水電力公社に対し電気・水を供給します。総事業費は約39億ドル(総事業費用の約8割をリミテッドリコースファイナンスベースで銀行団より調達予定)であり、今後、本年4月に電気・水の売買契約及びプラント建設契約等を締結し、2011年4月の商業運転開始を予定しています。
中近東地域においては急速な経済発展に伴い、今後も新規インフラ案件が多数計画されています。当社は、中近東地域のインフラ事業を重点分野の一つと位置付けており、引続き積極的に優良案件の受注を目指します。カタール国において当社はこれまでに、Qatargas1/Qatargas3のLNGプロジェクトやLaffan Refineryでの石油精製プロジェクトに資本参画のうえ、エネルギー分野での事業展開を行なっている実績があります。今後は同国内の新規インフラ案件及び新エネルギー案件の開拓・推進、優良資産の獲得に取り組む方針です。
 

■日立造船 造水プラントの技術展開

多段フラッシュ(MSF)造水装置の熱

 水は人類繁栄の源泉であり、地球の貴重な資源である。本報では中東地域に多く用いられている多段フラッシュ造水装置の熱流体技術に対する当社の取り組みについて述べる。多段フラッシュ造水装置では、熱流体技術的に、蒸発室入口部のフラッシュ蒸発性能、ミスト除去性能、凝縮性能の三つが重要な技術課題となる。これらの課題は全て混相流の問題であり実験的にも数値解析的にも取り扱いが非常に難しい。さらに、この内の二つの課題は相変化を伴う複雑な現象である。しかし、高品質の製品の提供を目指すためには現象の解明と高性能化への工夫が必要である。そこで、当社では、実験、解析を用いて、蒸発-凝縮の現象解明に取り組んでいる。

 










 

■日東電工 米国最大の海水淡水化プラントへ逆浸透膜を独占供給
   2003年2月21日

 この海水淡水化プラントは、米国最大規模(造水能力:10万m3/日)を誇るとともに、隣接する火力発電所の冷却温排水(海水)を原水とした世界初の大型海水淡水化プラントです。温排水を利用することでのエネルギー節減と、2種類の逆浸透膜を有効に ...

◆環境関連製品
 幅広い産業界のニーズに応える高分子膜分離技術。日東電工では、早くからこのメンブレン・テクノロジーに積極的に取り組み、分子設計技術、高分子合成技術、製膜技術、膜モジュール化技術、さらにシステム設計技術、分析技術をクロスオーバーさせながら、膜分離技術を発展させてきました。

◆会社情報













 


■丸紅 アラブ首長国連邦シュワイハットS2発電造水事業への参画

                     2009年6月16日

丸紅株式会社は、アラブ首長国連邦アブダビ首長国におけるシュワイハットS2発電造水事業案件に関し、仏エネルギー大手GDFスエズが出資している事業会社株式40%の内、その半分(20%)を買収する事で合意に至り、アブダビ水・電力庁(ADWEA)立ち会いの下、GDFスエズと株式売買契約を締結しました。
本件は、アブダビ市より南西約250Kmのシュワイハットに、出力150万キロワットの発電設備と日量1億ガロン(454,600立方メートル)の海水淡水化設備を建設し、ADWEAの子会社であるアブダビ水・電力会社(ADWEC)に対して25年間にわたり売電・売水を行なう事業です。
建設工事請負業者シーメンス(独)・サムソン(韓)・斗山重工業(韓)コンソーシアムによる建設工事は昨年12月に着工されており、2011年夏に商業運転を開始する予定です。商業運転開始後のプラント保守・運転は、当社50%とGDFスエズ50%にて設立された保守運転会社にて実施されます。総事業費は、発電造水プラント建設費他を含め約27億ドルとなっており、この内約6億ドルを出資金にて、残りの約21億ドルを融資調達する予定です。出資金の60%はADWEAが出資し、残りの40%は当社とGDFスエズが共同で出資します。また、融資組成に当たってはプロジェクトファイナンス組成を目指しております。
 



 


■住友商事がアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの発電・造水事業に参画
         2008年9月4日

住友商事株式会社(社長:加藤進 本社:東京都中央区、以下、当社)は、アラブ首長国連邦(UAE)の政府系投資会社であるアブダビ・ナショナル・エナジー社(通称TAQA)から、"シュワイハットS1"発電・造水プラントの事業権益を取得し、事業経営に参画することを決めました。TAQAが実施した国際競争入札を経て、このたび同社と株式・持分売買契約を締結したものです。
当社が事業権益を取得するシュワイハットS1プラントは、首都アブダビの西250kmに位置し、150万キロワットの天然ガス焚き複合火力発電設備と日量46万トンの海水淡水化設備を有しています。同プラントは2005年6月に完成し、商業運転を開始してから順調に操業しており、発電・造水された電気と水は長期買電・買水契約にもとづいて、全量アブダビ水電力公社に買い取られます。現在、TAQAはシュワイハットS1発電・造水プラントの74%の権益を保有していますが、当社はこの内20%を取得することで同社と合意しました。また、同プラントの保守・運転を行う会社の50%の持分も同時に取得します。当社の正式事業参画は、株式・持分売買契約上の発効条件が充足された時点(2008年9月中旬の見込み)となりますが、当社参画後の事業会社の権益保有比率は、TAQAとその親会社のアブダビ水電力庁が合計60%、残りを当社とインターナショナル・パワー(英国)が20%ずつとなります。また、プラントの保守運営会社は当社とインターナショナル・パワーがそれぞれ50%ずつの持分を保有する予定です。

■伊藤忠商事
           2009年8月3日

豪州第2の都市、ビクトリア州メルボルン。伊藤忠商事は8月、政府が進める海水淡水化プロジェクトへの参加を発表した。2011年末までに巨大な海水淡水化プラントを建設し、27年間にわたって日量40万トンの生活用水をメルボルン市へ供給する。関連設備を含めた総事業費は2800億円に上り、世界でも有数の大規模プロジェクトだ。

 事業主体は、水・環境分野の世界有力企業である仏スエズグループと豪州の有力ゼネコン、豪大手投資銀行の3社。伊藤忠は欧米年金ファンドなどと並んで出資パートナーとして名を連ね、事業プロジェクト会社に1億豪ドル(約80億円)を出資。役員派遣も予定しているという。

オーストラリア全域では水不足が深刻化しており、ヴィクトリア州においても1996年にほぼ100%であった貯水池の貯水量が、2度の大干ばつなどから、2009年5月には26.5%にまで低下し深刻な水不足の状況が続いています。また、今後10年以内に、気候変化、堅調な人口増加、日照りなどによって年間1000億リットルもの飲料水が不足に陥ると予測もされていることから、ヴィクトリア州政府は、年間1500億リットル(日量約40万トン)の海水淡水化施設の建設を決定していました。




 


■丸紅ペルー共和国リマ市で水事業へ参画      2009年7月27日

7月末、南米ペルーで浄水場事業を展開するCAA社の株式約3割をファンドから取得し、同社の筆頭株主となった。CAA社は、ペルー初の水事業民活案件を担う事業会社として00年に設立された会社で、リマ北部の人口80万人を対象に浄水場設備の運営・管理を手掛けている。これに先立ち、同じ南米のチリでは、同国初の完全民間水道事業者(アグアスデシマ社)を06年に買収。同社を通じて、チリ南部で上下水処理から料金徴収に至るフルサービスを展開している。

 

 

 


□水処理 水浄化

 
■オルガノ 水処理

上下水道向け水処理プラントに注力し、最新の技術が生活に欠かせない水のライフラインを支えています。

◆上下水道
 私たちの生活に欠かせない水道水。それを供給する浄水場では、その水源にあわせて濁りを取り除く浄水処理や、微量有害物質の除去、活性炭やオゾンによる高度浄水処理、排水処理など様々な水処理が行われており、オルガノの技術が活用されています。特に膜ろ過による浄水処理では日本最大の設備を受注。オルガノの豊富なノウハウと確かな技術力で、安全でおいしい水を提供しています。


◆下水道
河川・湖沼・海域の汚れの原因となる各家庭や工場からの排水。廃棄物処分場の浸出水。このような使った水を浄化し、本来あるべき姿で自然にもどすのがオルガノの下水処理技術です。安全で快適な生活環境を維持・修復し、大都市から農村漁村の下水道、さらに富栄養化の原因となる窒素、リンの除去まで、豊かな社会の基盤づくりの一翼を担います。
 
●会社情報

 

 ■住友重機上下水プラント

 
私達は毎日の生活の中で、多くの水と関わっています。飲料水や洗濯・入浴など多くの水を利用し、汚れた水を排出しています。この生活を維持するために、清らかな水を供給する上水道と、自然界へ悪影響を与えないため汚水を処理する下水道が不可欠といえます。私達は、豊富な実績に裏付けられた技術と信頼を基に、各種処理施設を作り上げるとともに、ますます高まる高度処理への顧客ニーズに対応するため、積極的な新製品開発・研究活動も行っています。


◆会社情報













 ■パナソニック 水浄化事業

環境・エネルギー事業の中の
水浄化事業

 2008年6月26日 ... 水浄化事業. 生産現場における水循環再利用システム、雨水・中水利用設備、生活排水処理設備などによる水質環境保全を追求し、生活や産業に関わる様々なシーンで最適な水の利用ができるように取り組んでいます。
 

















 


 ■ヤマト 水質浄化・レジオネラ対策

ヤマトは、浄水施設から配水施設〜浄化センターに至るまで、水処理の全てを支えています。

また、全ての施設や設備のネットワーク監視によるコスト削減・LCC低減を提案しています

○会社案内










 

■栗田工業 規格型水処理装置

クリタの豊富な規格型水処理装置の組み合わせで、「水」の問題を解決します。

◆提案事例















 

 
■山菱工業水道施設関連実績

◆製品情報  

 1947年三菱鉱業株式会社桶川工場内に石炭加工事業を共同事業経営として創設。
 

世界最大規模の大阪府村野浄水場へアンスラサイト納入およびバンコックへの大規模な輸出等により、ろ材のトップメーカーとしての地位を確立。国内外の需要増大のため、生産力増大をはかる。

JWWA(日本水道協会)のろ材規格に遵守し、人口ろ過に必要不可欠なろ材の製造・販売、ろ材交換工事、設備点検・調査を主に施行させていただいております。社会基盤のインフラ整備により、国内の水質は徐々に改善されてきており、また、開発的業務にも積極的に提案させていくことにより、常に『水』のリサイクルと循環・保全を考えながら、循環型社会のパートナーとして提案し続けます
 

 
■三菱電機 水環境システム
(オゾナイザ)


 浄水場、終末処理場、ポンプ場及び配水池の電気設備、計装設備、監視制御設備


小型から超大型、低濃度から超高濃度まで、あらゆるニーズに対応できる製品開発力があります。
 

 
■日立製作所包括固定窒素
除去プロセス「ペガサス」


 浄水場、終末処理場、ポンプ場及び配水池の電気設備、計装設備、監視制御設備

人口の急増や生活様式の変化に伴い、さまざまな成分を含んだ汚水が下水処理場に送られることから困った問題が起きてしまいました。そのひとつが赤潮の発生です。赤潮とはプランクトンの異常発生により海が赤く見える現象で、酸素が足りなくなるため海の生物が死んでしまいます。原因は、家庭から出る生活排水や工場から出る産業廃水などに含まれている「窒素」や「リン」による海の富栄養化にありました。
こうした窒素やリンを取り除くには高度な処理が必要になるため、大きな処理スペースと時間を必要としていました。そのため、高度な処理ができる施設やプロセスのコンパクト化に向け、日立プラントテクノロジーが日本下水道事業団と共同開発したのが、包括固定化窒素除去プロセス「ペガサス」です。 

 ■東芝 社会システム社上水道システム

 浄水場、終末処理場、ポンプ場及び配水池の電気設備、計装設備、監視制御設備

◆海水淡水化プラント監視制御システム
 最近、原水としての淡水確保が困難な地域に、海水淡水化の導入が注目されています。当社は、海水淡水化プラントの総合制御システムをご提供いたします。

◆オゾン発生装置

オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化力により、用途、目的に応じた水処理の効果があります。
脱色:下水・産業排水・し尿処理・中水・パルプ・薬品など
脱臭:上下水・排ガス・環境用水など
  ウィルス・微生物の不活化:上下水・プール用水・中水・せせらぎなど 

 

 

 


□都市型小規模雨水貯留槽(タンク)を地域共有水資源として活かす。
地域の中規模地下貯留ダム水資源として活かし、貯水能力以上の水量を各地域のダムから下水道を経由して、合流させ、下水道の排出量緩衝用水量調整のための大規模貯留ダムで、大量豪雨時等異常時の一時的水の貯留の役割にも活かせます。(表層水のダムと比較して小型施設で短納期ローコストで可能)
水量の多目的利用に応じて、細かい計画的制御機能があり、有料の水道水として(収益源)、環境保全として、水害防止機能等、災害損害費用をローコスト化できる。ダムの底部分を、沈殿と濾過槽を兼ねるね、透過水
を2次浄化により、水道水、河川水等に用途分類できます。

◆ウェルシィ(水処理) (例) の 飲料水化技術や浄水場の技術と併用する。  
水のライフラインを確保できる突破口の一つ。下水膜ろ過システムを利用し、水道料金の経費削減、災害時や渇水・断水時のライフラインの確保。地球環境保全に役立つシステムを提供。経済産業
大臣賞受賞(2005ニュービジネス大賞)

 


■墨田区雨水利用
(東京都)

東京はコンクリートジャングルのまちになってしまいました。降った雨のほとんどが地中にしみ込むことができず、一挙に下水道に集中し、下水の逆流を招くいわゆる「都市型洪水」が多発しています。また近年では、短時間に100ミリメートルを超えるような「短時間集中豪雨」が頻発し、地下室での死亡事故まで起きています。
墨田区は、まちから雨を徹底的に排除するのではなく、雨と都市の共生を目指し、雨水の貯留・浸透及び利用に取組んでいます。

◆雨水利用って何?
◆すみだの雨水利用
助成制度
 ・指定タンク一覧
◆雨水利用施設の設計

各地で助成実施
 

■古河電工の雨水貯留浸透システム(ハイドロスタッフ)

ハイドロスタッフシステムとは、ポリプロピレン樹脂を使用したユニット材とシート類を組み合わせて、雨水を地下に貯留または浸透し雨水利用や雨水流出抑制施設を構築するシステムです。
洪水抑制、水循環、再生機能があります。
 
◆会社案内
◆ハイドロスタッフ
◆推砂抑制システム


◎地下水脈に戻す方式





 

■タキロン雨水貯留浸透製品

雨水浸透します、貯留浸透層を設置して雨水流出抑制。都市型水害防止

 雨水が河川へ流出するのを抑制し、都市型水害の軽減ならびに自然の水循環サイクルや環境の保全を目的とした雨水貯留浸透施設の充実が望まれています。

◆雨水浸透ます



◎地下水脈に戻す方式





 


■流山市雨水調整池設置基準

     (千葉県)

都市化の進展に伴い増大する雨水の流出を抑制し、集中的な降雨等に対して安全な雨水の流量を調整することにより、緑と水を守り、調和のとれた潤いのあるまちづくりを目指すことを目的とする





 


■(財)下水道新技術推進機構


 いま、下水道には、機能の高度化と多様な役割が期待されています。 それには、新しい技術を積極的に開発し、実用化していくことが重要です。 本機構は、学界・民間・官界の知識と経験を結集して、新しい技術を研究、開発、評価及び普及促進していくための組織として、平成4年9月28日に設立され、役職員一丸となって、創意工夫を凝らし新技術の研究開発に取り組んでいます。

◆研究成果
◆下水道機構情報
◆下水道技術開発プロジェクト
(SPIRIT21)

 

 

 

 

 


 

商品一覧