開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

国際航業

■国際航業    091123

業務高品質高効率生産性へ変える原理国際航業 




国際航業はさまざまな「地図」で社会の繁栄と人々の豊な暮らしに貢献しています。

私たちが培ってきたコア・テクノロジーの活動領域は、大地と海洋のカタチや表情
のありのままを、様々な視点からとらえ情報化することです。

この空間情報から、都市、道路、国土の整備・利用・保全、環境や防災、そして公共
サービスの電子化など、魅力あふれる製品やサービスを提供します。

住みよい地球と豊かな社会づくりのために、時代の一歩先を見つめながら技術革新
に努め、新しい価値の創造をめざします。

変わらないマインド「地球と、ずっと」を持ち続けながら。


◎未来型商品
360°moveはユーザーが視点を自由に「動かせる」新しい動画サービスです。特殊な全方位デジタル
カメラ 「Ladybug3」 を駆使し、今までに無い映像コンテンツの提供が可能となりました!

魚眼レンズなどでは対応し切れなかった撮影範囲や解像度を実現しております。
全方位デジタルカメラは、6個のカメラを設置することにより、足元以外全ての周辺動画を撮影する
ことができます。

 

 

更新 2009.11.23

□国際航業

  ●ニュース


 

○会社情報
 

◆会社概要

◆沿革

◆挨拶

●事業案内

●環境への取組み

 

◇事業案内





































 

 官公庁や民間企業を主なクライアントとして、先進のデジタル技術を駆使して、次世代の社会情報インフラとして欠かすことのできない空間情報のデータ取得・整備、シミュレーション、GIS構築などを行う「空間情報サービス」、社会基盤整備に関連した調査・計画・設計・施工管理を行う「国土デザインソリューション」、土壌・地下水環境診断や地質・海洋に関連した調査・解析を行う「地質調査、海洋調査」からなる『技術サービス事業』を主な事業内容としています。

□技術サービス事業

◆空間情報サービス
○地理情報サービス(GIS)、行政支援システムに関するコンサルティング、システム開発およびデータ構築などの受託サービス
○航空写真、高解像度衛星画像、レーザ技術を利用した計測などの受託サービス
○公共財産に関する台帳システムの作成とメンテナンス地図データや地形データの販売、民間事業者向けのGISシステム構築サービス

◆地質調査/海洋調査
○地質、土質、砂防、地震・火山・洪水・斜面の防災などの調査・解析の受託サービス
○港湾、漁港、海岸、沿岸漁場、河川、湖沼などに関する調査・解析の受託サービス
○土壌・地下水環境診断

◆国土デザインソリューション
○道路、河川、構造物、都市、環境施設、防災、環境保全などに関する調査・解析・計画・設計・施工管理および維持管理の受託サービス 
○農業土木分野
農業従事者の減少や農地の衰退など、農業を取り巻く現状には厳しいものがあります。一方、最近では、バイオマス資源の活用や食の安全の確保等、農村の持つ機能の重要性が再認識されています。国際航業は、農村のさまざまなニーズに応えると同時に、新たな農村の創造に向け、最新の技術を活用した支援を行っています。

かんがい排水事業、農道整備事業、農村環境整備事業等、農業農村環境を取り巻く多様なニーズをサポートしてきました。 また、農業や農村が大きな転換期に差しかかっている今、新しい農業農村環境の創造についても、さまざまなソリューションを提供しています。現在、農業政策に関して、農振計画、むらづくり維新、「食」と「農」の再生プラン、e−むらづくり計画、バイオマス・ニッポン等、さまざまな施策や運動が展開されています。これらの成否を握る一つの条件としてあげられるのが、IT化による農業関連情報の資産化です。国際航業は、空間情報技術とGISのリーディングカンパニーとして、これらの計画のIT的側面を支援していきます。 我が国の基本となる、農村の振興、食の安全を、当社はデジタル技術とコンサルティングで支えます。

◆その他
埋蔵文化財調査ほか
 

◇研究開発











 

国際航業は創業以来、「はかる」技術を主眼に、積極的に研究開発を行ってきました。これらは今、当社のコアテクノロジーである「空間情報」技術として見事に結実しています。
 今日、「空間情報技術」は、IT社会の基盤技術としてさらに重要視されており、当社は今まで以上に積極的に開発を行っています。活用が始まったばかりの3Dレーザスキャナの応用分野拡大、GISにおける3次元データの流通、データの国際標準策定、大容量のデータ処理等、取り組まねばならない課題は山積しています。また、従来からある技術のブラッシュアップ、例えば衛星画像からの高精度のデータ取得や地上測量の精度向上なども大きなテーマです。
 また、廃棄物や防災、環境保全など、人類が直面する地球規模の課題にも積極的に取り組んでおり、「はかる」技術をベースとした、さまざまな試みがなされています。

◆発表論文
◆表彰履歴
◆研究開発活動
技術センターと事業部門が連携をとりながら将来を担う基礎技術の研究と事業化に向けた研究開発活動を行なっています。
 

◎360度move

 3次元の立体が、全方位
 360度自由に視点を
 「動かせる」今までにない
 新しい動画サービス

  
国際航業とkadokawa Digix
  
(角川デジックス)と空間情報
 サービス事業で提携し、パノラマ
 動画像を活用したサービス事業を
 提供開始。 


  ●ニュース






 

角川デジックスと国際航業、空間情報サービス事業で提携し、パノラマ動画像を活用したサービス事業を提供開始
 

◆360度moveとは
360°moveはユーザーが視点を自由に「動かせる」新しい動画サービスです。特殊な全方位デジタルカメラ 「Ladybug3」 を駆使し、今までに無い映像コンテンツの提供が可能となりました!

魚眼レンズなどでは対応し切れなかった撮影範囲や解像度を実現しております。
全方位デジタルカメラは、6個のカメラを設置することにより、足元以外全ての周辺動画を撮影することができます。
 

◆提供サービス
 企画・制作から撮影・編集・エンコードまで、360°moveコンテンツ制作のサポートを行っています。
一貫制作をはじめ、撮影や編集のみの発注など、ご予算や目的に応じたお見積りをご提案いたします。
受託制作はもちろん、レベニューシェアモデルとしても検討させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
 

◆事例紹介
360°moveは今までにない、映像コンテンツの新しいカタチ。
あらゆるシーンでご活用ください。
 

 

○関係先リンク

 

 

 

 

商品一覧