開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

環境に関係する活動内容から学ぶ

□環境に関係する活動内容から学ぶ   091106


日本の産業企業の成長過程
> 環境に関係する活動内容から学ぶ 
気象環境を事業に活かす > 環境に関係する活動内容から学ぶ 


 

地球環境保全とカイゼンの国単位の規模で最初に日本で悪循環に歯止めを掛けて、
反転させる実証ノウハウを世界へ発信させ、地球環境をチェンジさせる実証国の数を
増やすトリガーとなる分水嶺の役割を果たす時期がきています。

世界に地球観、宇宙観人財の輩出の数の増殖加速が遅れると生物滅亡時期が加速
される限界にきています。

地球の国の環境保全とカイゼンをする国土比率を、短期で50%以上にしなけらば、
人類生物滅亡のカウントダウは止まらない時代になりました。
出来ない理由を先進国、途上国に捉われず、別次元であることに気づき、地球、人類
生物のためにする国家的な戦略の最優先課題の一つです。


日本が世界に公言した温暖化目標数値でさえ達成するためには小手先、他人責任型
自らはやつたふりの対応姿勢から脱皮し、今までの想定の200%以上の目標を立てて、
悪循環を加速させる企業から、率先垂範して、悪化への歯止めを掛けて日本国から
善循環への反転スタートの時代に入り、世界の先導モデルになれるかどうかが世界が
チェンジするための分水嶺の一つになります。環境改善領域の一部のテーマだけで、
多くの他の環境課題も並列してカイゼン実行すると想定以上の相乗効果となり、加速度
的に全体カイゼンがはじまります。環境は複雑な全体最適メカニズムを持つのテーマ
の一つだからです。


国土が小さく、単一型国家で小さく、四面海で囲まれた、大陸と隔離環境であることが
実証試験国として日本国は最適の一つです。(気圧、空汚染物質飛来、海流に関係する
国の悪化を現状維持かゼロにする協力だけ依頼し、日本に影響ある要素は、国別管理し、
悪化した数値を掴み、その数値を超えるカイゼン対策をすることが重要です。
他国の協力格差は運次第と捉え、期待しないではじめるほうがよい。陸が隣接する国
の場合の実行ノウハウの一つになるためです。
大陸単位のチェンジになるまでの突破口の方法の一つです。

日本以上の広大な国土を持つ複雑な多民族多神教多思想国家等では、スタート前の
調整だけで、想像を絶する時間がかかります。スタート前の調整時間が短い可能性の
高い日本からはじめ、他の国の実行するグループからその国の50%以上の国土が実証
段階になるように加速化のトリガー(引き金)役になれるかどうかが、人類にとり成功の
分水嶺になる確率は高い。


日本は、世界の最先端情報、知恵を活かし、世界的視野に成長した世界の人財の実証
の場としての協力を受けて外部との連携により継続的カイゼン変化を数値検証する
地域として世界の中で、先進国の中で最適な国の一つです。同様な国の条件を持つ
ユーロ圏の島型の国と拮抗して活動することも、成功ノウハウ量を加速する確率を高めます。

環境悪化の加速をはじめた、悲鳴を上げている地球、宇宙環境のために、どこかの国
一つからチェンジを始めなければ なにも出来ません。人類滅亡のカウントダウンは
会議、机上、他人批判、実力行使だけでは止めることができません。
他の世界の国は、国情に応じて、検証済み成功事例を日本から学び、さらにノウハウ
付加してチェンジ国土を拡大し、そのノウハウを双方向情報公開し、他の世界の国々が
微々たる国土の日本の効果が広大な国々の大きな効果のトリガーになる使命を持つて
います。

日本の中で、現場で環境数値を変えることのできる人財の数がより多く輩出することを
待望しています。

環境省は全国のカイゼン数値を集約管理(仮説)するしくみをつくり、都道府県に目標値
を割り当て、都道府県の環境省の出先機関が地域の事務局の役割をして、地域の数値を
細分化し、全体で目標を超えるための展開を、地方行政がリーダーとなり遂行させる。

その日常の活動状況を地域のCATVで見える化し、見える化内容を、地域、外部の知恵
を活かし推進を加速させるしくみシステム化させる。全国の実証成功事例を、全国メディア
で相対比較させて、より効果度の高い事例を、全国で実行させる。

日本国が一つの事業体のように整合させ、地方は、拠点経営の組織にする方が、現在の
知事会が機能を始めやすい。


◎「環境に関係する活動内容から学ぶ」として、情報公開され、環境保全対策に
  関係する全国の具体的の事例を公開している高い品質の情報源を選び更新
  します。

「次世代照明技術団体関連」

  多くの業界に関わる照明技術は、LED、有機EL等次世代照明技術と複合活用
  できる新しい機能段階に入ってきました。新機能開発競争時代が到来してきました。

 

 



更新 2011.01.25



□環境省・関連組織
  
  国の推進機関です定期的閲覧を推奨。  政権交代が、視点視野を変えた動きがはじまります。 

 
◆環境省(サイト内)

今日の環境問題は、国民の日常生活や通常の事業活動から生ずる過大な環境負荷が原因となっており、その解決には、大量生産・大量消費・大量廃棄型の現代社会の在り方そのものを持続可能なものへと変革していかなければなりません。こうした変革を具体化するため、環境省は、
(1) 廃棄物対策、公害規制、自然環境保全、野生動植物保護などを自ら一元的に実施するとともに、
(2) 地球温暖化、オゾン層保護、リサイクル、化学物質、海洋汚染防止、森林・緑地・河川・湖沼の保全、環境影響評価、放射性物質の監視測定などの対策を他の府省と共同して行い、
(3) 環境基本計画などを通じ政府全体の環境政策を積極的にリードしています。
 

 
生物多様性センター

生物多様性の保全とその持続可能な利用に世界全体で取り組むことを目的として、1993(平成5)年に「生物の多様性に関する条約(生物多様性条約)」が発効し、わが国も加盟国の一員となりました。この、条約の目的を実現するために我が国の基本方針を平成7年に「生物多様性国家戦略」として決定し、2002(平成14)年にこれを改訂しました。
国家戦略を受けて、わが国の生物多様性の保全を積極的に推進し、世界の生物多様性の保全に貢献するための中核的拠点として設立されました。
 




 

 環境調査研修所

 我が国の環境保全に係わる人材育成の中核的機関として、環境行政に従事する国・地方公共団体の担当 職員等の能力の開発、資質の向上を図るため各種の環境保全に関する研修を実施しています







 





 

 地方環境事務所
国と地方との新たな協働関係を築く拠点として全員推進の要となります







 


国立水俣病総合研究センター

わが国の公害の原点といえる水俣病とその原因となったメチル水銀に関する総合的な調査・研究、情報の収集・整理、研究成果や情報の提供を行う機関として、環境省が熊本県水俣市に設置しています。



 

 

 
水俣病情報センター

 水俣病情報センターは、国立水俣病総合研究センターの付属施設として平成13年に設置されました。水俣病情報センターは、(1)水俣病に関する資料、情報を一元的に収集、保管、整理し、広く提供するとともに、水俣病に関する研究を実施する機能、及び(2)展示や情報ネットワークを通じて研究者や市民に広く情報を提供する機能、ならびに(3)水俣病に関する学術交流等を行うための会議を開催する機能等を備えた施設です。これらの活動を通じて、水俣病についての一層の理解の促進、水俣病の教訓の伝達、水俣病及び水銀に関する研究の発展への貢献を目指しています。
 

 
◆(独)国立環境研究所

 環境行政の科学的・技術的基盤を支え、幅広い環境研究に学際的かつ総合的に取り組む研究所として、1974年に前身の国立公害研究所としての発足以来、様々な環境問題の解決に努めてまいりました。その特色は、環境問題に総合的に取り組む体制をとり、理学・工学・農学・医学・薬学・水産学から法学・経済学にいたる多様な分野の専門家が協力して研究を進めているます。
研究所は、2006年4月、独立行政法人として第2期の中期計画期間を迎えました。一層複雑化する環境問題に対して、専門家集団としての高い使命感と幅広い見識を持って、広範な研究を推進し、国内外の環境政策に貢献するとともに、環境問題を解決するための適切な情報の発信に邁進する所存です。
 

 
地球環境パートナーシッププラザ

 地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)は1996年10月にオープンし、NPO・企業・行政など多様な主体による環境パートナーシップ促進を目的として活動してきました。
この間、国、地方自治体を問わず、小さな政府をめざした動きが進み、民にアウトソーシングされる行政の事業が増えるなど、パートナーシップをめぐる社会経済の状況は激変しています。特定非営利活動促進法(NPO法)は、事業の受け皿となる可能性を拡大しましたが、市民活動の規模はまだ小さく、行政機関による市民活動支援策が必要とされる一方で、行政による支援が健全な市民社会を阻害することが懸念されます。

 

 国民公園(新宿・京都御苑,皇居外苑等)

 皇居外苑、京都御苑、新宿御苑は、戦前までは旧皇室苑地でしたが、昭和24年より「国民公園」として、広く国民に開放され、利用されています。 千鳥ケ淵戦没者墓苑は、公園の性格を有する墓地公園として一般開放されています。









 

 

 

 


□総合情報

○総合

○環境教育・民間

○地球規模

 (独)環境再生保全機構

 (財)日本環境整備教育センター

 ◆(財)地球環境財団

 (財)日本環境協会

 (財)環境情報普及センター

 (財)地球・人間環境フォーラム

 (財)日本グラウンドワーク協会

 ◆(社)日本環境教育フォーラム

 (財)公害地域再生センター

 (財)日本環境財団

 

 ◆(財)緑の地球防衛基金

 (独)国立環境研究所
    ●刊行物
  ●データベース

 ◆(財)イオン環境財団

 ◆(財)地球環境センター

 ◆(社)全国環境保全推進連合会

 とうきゅう環境浄化財団

 ◆(財)地球環境戦略研究機関

 ◆(社)環境生活文化機構

 ◆損保ジャパン環境財団

(財)地球環境産業技術研究機構

 (社)産業環境管理協会

 ◆(財)三菱UFJ環境財団

 ◆(社)海外環境協力センター

 (社)産業と環境の会

 ◆(財)長尾自然環境財団

 ◆(財)環日本海環境協力センター

 (社)人間生活工学研究センター

 

 ◆(財)国際エメックスセンター

 

 

 ◆(社)国際環境研究協会

 

 

●海外環境関連、国際機関等

 

 

 


□気象

 日本気象協会JWA(サイト内)

 気象庁 (サイト内)

 気象学関連情報 (サイト内)

 

 

 


□自然・水・衛生

 

 

 ◆(財)海洋生物環境研究所

 ◆(社)瀬戸内海環境保全協会

 ◆(財)国際湖沼環境委員会(ILEC)

 ◆(社)土壌環境センター

 ◆(財)クリタ水・環境科学振興財団

 ◆(財)日本生態系協会

 ◆ (財)自然環境研究センター

 ◆(財)自然保護助成基金

(財)世界自然保護基金ジャパン

 

 

 

 ◆(財)日本環境衛生センター

 ◆(社)日本環境衛生工業会

 ◆(社)日本下水道処理施設管理業協会

 ◆(財)水と緑の惑星保全機構

 ◆大阪湾広域臨海環境整備センター

 ◆(社)日本下水道協会

 ◆(財)浄化槽設備士センター

 ◆(社)浄化槽システム協会

 ◆(社)全国地区衛生組織連合会

 ◆(社)日本水環境学会

 (独)水資源機構

 

 

 

 


□廃棄物・リサイクル

 ◆(社)全国産業廃棄物連合会

 ◆(財)日本産業廃棄物処理振興センター

 ◆(財)廃棄物研究財団

 ◆(財)産業廃棄物処理事業振興財団

 ◆(社)日本廃棄物コンサルタント協会

 ◆(財)日本容器包装リサイクル協会

 

 

 


□健康

(社)日本ペストコントロール協会 

◆国立感染症研究所

 

国立医薬品食品衛生研究所

 

 

国立がんセンター

国立国際医療センター

東京大学医科学研究所

京都大学ウイルス研究所

大阪大学微生物病研究所

長崎大学熱帯医学研究所

東京都臨床医学総合研究所

理化学研究所・感染症研究ネットワーク支援センター

地方衛生研究所ネットワーク(地方衛生研究所全国協議会)

 

 

 

国立健康・栄養研究所

国立保健医療科学院

神戸大学医学部保健学科

 

 

 

基礎生物学研究所

国立遺伝学研究所

科学技術振興機構

理化学研究所

産業技術総合研究所

 

 

 

厚生労働省

医薬品医療機器総合機構

 

 

 

(社)予防衛生協会

バイオメディカルサイエンス研究会

知の市場 -「化学・生物総合管理の再教育講座の新展開」

 

 

 

日本ウイルス学会

日本細菌学会

日本感染症学会

日本小児科学会

日本寄生虫学会

日本ワクチン学会

 

 

 

 

 

 

□環境技術

 ◆(財)日立環境財団(旧:環境調査センター)

 ◆(社)環境情報科学センター

 ◆(社)大気環境学会

 ◆(社)日本環境測定分析協会
      ●図書紹介

 ◆(社)におい・かおり環境協会

 ◆(社)日本騒音制御工学会

 (財)国際環境技術移転研究センター

 ◆(社)人間生活工学研究センター

 ◆APEC環境技術交流バーチャルセンター

 ◆(財)北九州国際技術協力協会(KITA環境協力センター)

 (社)日本環境アセスメント協会

 日本環境安全事業(株)

 ◆(財)グリーンクロスジャパン

 ◆(社)日本ナショナル・トラスト協会

◆国連環境計画/国際技術センター

 

 

 


□地域環境・動植物

 ◆(社)日本温泉協会

 ◆(財)休暇村協会

 ◆(財)国立公園協会

 ◆(社)国民宿舎協会

 ◆(社)十和田湖国立公園協会

 ◆(社)山岳ガイド協会

 ◆(社)ゴルファーの緑化促進協力会

 ◆(財)自然公園財団

 ◆(財)国民公園協会

 ◆(社)日本ウオーキング協会

 ◆(財)尾瀬保護財団

 ◆(財)トトロのふるさと財団

 

 

 

 ◆(社)大日本猟友会

 ◆(財)日本動物愛護協会

 ◆(社)日本動物福祉協会

 ◆(財)日本鳥類保護連盟

 ◆(財)日本自然保護協会

 ◆(財)日本釣振興会

 ◆(財)日本野鳥の会

 ◆(社)日本愛玩動物協会

 

 

 

 


□地方公共団体
  環境省リンクより

都道府県環境関連

政令指定都市環境

市・特別区など環境

 

 

 


□環境テーマ別特集ページ 
 環境省と関連情報


◇物質循環


●廃棄物処理技術情報


 ごみ焼却施設の入札状況を基にした廃棄物処理費用に関する情報/廃棄物処理対策研究報告書、次世代廃棄物処理技術基盤整備事業報告書等の技術情報/一般廃棄物処理実態調査結果 等
 

●廃棄物処理の現状

年度別の廃棄物処理施設の設置状況/廃棄物排出量・処理状況/廃棄物に係る答申・検討会結果/廃棄物処理に係る法律・制度 等

 

●容器包装リサイクル関連

 容器包装リサイクル法の概要/関連法規/分別収集・再商品化の年度別実績/分別収集見込量の集計結果

●家電リサイクル関連

 家電リサイクル法の概要/家電リサイクル法施行状況/廃家電製品の不法投棄の状況 等

 

●不法投棄対策関連

 産業廃棄物の不法投棄の状況/産廃特措法/硫酸ピッチ問題/産廃特措法に基づく特定支障除去等事業 等

 


●浄化槽関連


 汚水処理人口普及状況/汚水処理施設連携整備事業の年度別実施状況/単独処理浄化槽の禁止に関する法律/合併浄化槽の年度別普及状況

 


●Re-style


循環型社会におけるライフスタイルをリ・スタイル(Re-Style)として提唱・推進するためのインタビューやコラム、実用情報、行政情報 等
 

 

 

 

 

 


◇大気環境


●自動車NOx・PM法のユーザー相談窓口

自動車NOx・PM法の車種規制や条例による規制の内容や、車の買い換えや支援制度、ディーゼル微粒子除去装置の装着等に関する情報
 


●低公害車ガイドブック2008

「低公害車ガイドブック2008」は、「低公害車開発普及アクションプラン」の中で実用段階にある低公害車とされている車種を中心に、我が国において販売されている低公害車等について、各自動車メーカー等へのアンケート調査を行い取りまとめたデータ、燃料供給施設や各種支援施策についての情報を掲載しています。
◆(財)環境情報普及センター発行
 

 

 

 

 


◇水環境

●健全な水循環系構築に向けて

関係5省が行っている健全な水循環系構築に関する関係省庁連絡会議での検討状況/各省庁が保有している水循環に関する情報 等


●せとうちネット

瀬戸内海と人々の暮らしのつながりに関する情報/瀬戸内海地域のNGO、住民の環境に関するボランティア活動を支援するページ/瀬戸内海に関する文献/環境省による調査・研究結果のデータベース 等
 

●全国地盤環境情報ディレクトリ

 全国の地盤沈下地域の概況/全国地盤環境情報ディレクトリ(各都道府県市における地下水の利用状況、地盤沈下等の状況の取りまとめ結果)/自治体別地下水採取規制に関する条例の概要 等

 

 

 


◇化学物質

●ダイオキシン対策関連

ダイオキシン類対策特別措置法施行状況/水・底質・土壌・野生生物等を対象とした各種ダイオキシン類に係る調査結果/ダイオキシン類に係る答申・検討会結果 等


●ダイオキシン対策関連(厚生労働省HP)

ダイオキシンの許容一日摂取量(TDI)に関する情報/年度別の食品中のダイオキシン類等汚染実態調査結果 等
 

●化学物質と環境

 環境省環境安全課化学物質環境汚染実態調査の結果等をとりまとめて公表する年次報告書「化学物質と環境」を掲載

 


●PRTRインフォメーション広場


 PRTR制度の概要/化学物質の排出量等に関するデータベース/化学物質についてのデータベース/PRTRに関わる法令 等

 


●リスクコミュニケーション

化学物質とその環境リスクについて学び、調べ、参加する

リスクコミュニケーションの促進に必要な化学物質のデータベース/リスクコミュニケーション事例集/対話を円滑に進めるための人材の紹介 等
 

●化学物質の内分泌かく乱作用(いわゆる環境ホルモン作用)問題

化学物質の内分泌かく乱作用問題への環境省の 対応方針/検討会資料/関連ホームページリンク 等

 


●水俣病情報センター

水俣病情報センターの概要/水俣病のあらまし・水俣病に原因究明・水銀の研究等の展示資料の概要

 

 

 

 

 

 


◇自然環境


●インターネット自然研究所

国立公園や野生生物のライブ映像 、いきもの前線のリアルタイム調査結果/RDB電子図鑑/国立公園や世界自然遺産/重要湿地に関する紹介 等


●自然大好きクラブ

自然ふれあい施設、自然体験イベント、自然歩道、自然観察の森、自然観察プログラム、及び環境ボランティアに関する情報/自然に関する図鑑のリンク集 等
 

●生物多様性情報システム

 自然環境保全基礎調査(緑の国勢調査)の成果/レッドデータブック(RDB)種に関する情報/生物多様性情報クリアリングハウスメカニズム 等


●都市と農山漁村の共生・対流(みんなで楽しもう、新しいライフスタイル)

「美しい緑や棚田、水辺の風景を守るために何か自分も貢献してみたい」といったライフスタイルを求める人に都市と農山漁村を結ぶ情報を幅広く提供する
 


●エコツアー総覧


エコツアーの実施情報や、自然・文化の体験プログラム情報、環境に配慮している宿や交通機関のとりくみ情報などを紹介するエコツアー総合情報サイト

 

 

 

 

 


◇地球環境


●全国地球温暖化防止活動推進センター


温暖化用語集/温暖化に係る書籍・資料を検索できるデータベース/温暖化についての学習を支援する教材や学習資料 等


●温室効果ガスインベントリオフィス

 温室効果ガスインベントリオフィス(GIO)の概要/温室効果ガス排出・吸収量に関するデータベース/GIO以外の組織からの温室効果ガスインベントリに関する情報 等

●地球環境研究総合推進費

 地球環境研究総合推進費の仕組み、推進費で実施中の研究/これまで実施された研究の成果報告書/研究評価の実施状況 等


●国際環境協力

アジア・太平洋環境会議(エコ・アジア)などの環境政策対話/環境省による環境協力/地域環境メカニズム 等
 


●特定有害廃棄物等の輸出入関連


 暦年別のバーゼル法施行状況に関する調査結果/バーゼル条約とその関連法規についての情報 等

 

 

 

 


◇環境行政


●白書情報

  環境省

環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書を閲覧・検索することができます。









 


●法令・告示・通達

  環境省

このデータベースの法令のうち、法律・政令・省令は、総務省法令データ提供システムにリンクしています

その他の告示、通達等は環境省で作成したデータベース(平成19年3月31日現在)で検索します。

ただし、環境省のデータベースで網羅できていない告示、通達等は随時、追加された告示・通達等一覧の中に追加していますのでそちらをご覧ください。
 

◆法令適用事前確認手続き
        環境省
法令適用事前確認手続とは、法令に抵触するかどうかについての予見可能性を高めるため、民間企業等が、実現しようとする自己の事業活動に係る具体的行為に関して、当該行為が特定の法令の規定の適用対象となるかどうかをあらかじめ当該規定を所管する行政機関に確認し、その機関が回答を行うとともに、当該回答を公表するという手続です。

◆申請・届出等手続案内
        環境省


●環境基準

   環境省
人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として、終局的に、大気、水、土壌、騒音をどの程度に保つことを目標に施策を実施していくのかという目標を定めたものが環境基準である。 環境基準は、「維持されることが望ましい基準」であり、行政上の政策目標である。これは、人の健康等を維持するための最低限度としてではなく、より積極的に維持されることが望ましい目標として、その確保を図っていこうとするものである。また、汚染が現在進行していない地域については、少なくとも現状より悪化することとならないように環境基準を設定し、これを維持していくことが望ましいものである。 また、環境基準は、現に得られる限りの科学的知見を基礎として定められているものであり、常に新しい科学的知見の収集に努め、適切な科学的判断が加えられていかなければならないものである。






 


●環境統計・調査結果等
  環境省

◆環境省成果物
(調査報告書等)一覧リスト

環境省の行った調査等の報告書一覧を掲載しています。 これらの報告書は環境省図書館で閲覧することができます。

◆環境総合データベース
インターネット上に公開されている環境関連の情報であって、環境省などで継続的に調査を実施し、または情報を更新している数値情報、地図情報、事例情報又は辞典的情報を内容とするものを検索することができます。

◆環境統計集
統計集に収録したデータは、環境の状況に関するデータのみならず、環境問題の原因となる環境への負荷に関するデータや、環境問題に対して講じた施策に関するデータを幅広く対象としました。

◆環境白書・循環型社会白書

◆環境基準
 大気、騒音、水質、土壌、ダイオキシン類についての環境基準を掲載しています
 

 


●地域環境行政支援情報システム「知恵の環」

 地方公共団体における環境条例や環境基本計画/施策事例等に関するデータベース/環境統計データベース/地方自治体による環境関連のイベント情報/環境省からの地方自治体向けのおしらせ 等
 

●環境基本計画の進捗状況

 「環境基本計画」の本文と点検結果/国の事業者・消費者としての環境保全に向けた率先実行のための行動計画本文と各年度の実施状況調査

 

 


●地球温暖化の科学的知見
      環境省

 地球温暖化の原因・影響を紹介しています。
 


●気候変動枠組み条約・京都議定書と国際交渉
    環境省

地球温暖化を防ぐ国際的な取組を紹介しています。
 

●地球温暖化国内対策
     環境省

地球温暖化を防ぐための日本国内の対策を紹介しています。


●国内排出量取引制度
   環境省

 自主参加型国内排出量取引制度、温室効果ガス排出量に関するガイドライン及び他国の事例について紹介しています。
 

●温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度
   環境省

2006(平成18)年4月1日に施行された温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について紹介しています。


●京都メカニズム
   環境省

 京都議定書において、市場原理を活用して各国の数値目標を達成するための仕組みとして規定されている京都メカニズム(共同実施:JI、クリーン開発メカニズム:CDM、国際排出量取引)について紹介しています。
 


●排出量取引インサイト
   環境省

 京都メカニズム、国内排出量取引制度、カーボン・オフセット等に関する基礎的な情報を提供するポータルサイトです。



 

●低炭素社会づくりに向けて
   環境省

 世界全体の温室効果ガスを2050年に半減させるといった大幅削減を実現できる「低炭素社会づくり」に向けた検討を行っています。


 


●日本カーボンアクション・プラットフォーム(JCAP)
  環境省

 市場メカニズムを活用した各種イニシアティブについての情報共有、意見交換を行うとともに、具体的な取組における連携・強力を模索する場です。

◆参加自治体の取組み事例紹介(JCAP)
 

●住宅と地球環境
    環境省
 地球温暖化や森林伐採による環境破壊に対応した地球にやさしい住宅の普及促進を図っています。
 


●事業者等向補助金

     環境省
 石油及びエネルギー需給構造高度化対策特別会計(石油特会)を活用したエネルギー起源二酸化炭素排出抑制に関する対策を推進するための補助事業(二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金)について紹介しています。

 

●地球温暖化防止大規模国民運動
     環境省
 国民運動を推進する集中キャンペーンを実施しています。

 

●私たちにできること
  環境省

 ひとりひとりが身近に取り組める地球温暖化対策について紹介しています。

 


●カーボンオスセット
    環境省

 カーボン・オフセットのあり方に関する検討を行っています。
◆カーボン・オスセットフォーラム(J-COF)
 

 

 

 

 


◇環境技術・研究・評価


●環境技術実証モデル事業

環境技術実証モデル事業に関する 実証技術一覧/実証試験要領・実証試験計画/実証機関/実証対象技術の公募情報 等

●環境測定分析統一精度管理調査

環境測定分析統一精度管理調査結果/調査概要/調査スケジュール/参加機関の募集/分析結果の受付 等


●環境ラベル等データベース


情報源選びのポイント/環境物品を選ぶ際に参考となる情報源一覧/商品−情報源マトリックス/企業の取組に関する紹介/マーク検索 等
 


●グリーン購入法特定調達物品情報提供システム

グリーン購入法対象物品に関するデータベース/グリーン購入法に関する基本情報/事業者によるグリーン購入法対象物品に関する情報登録











 


●環境影響評価情報支援ネットワーク

法令等の制度の概要/環境影響評価技術検討会や戦略的環境アセスメント総合研究会の報告書等/現在手続き中のアセス案件やこれまでに実施されたアセス事例の概要 等










 


●環境らしんばん

環境に係るイベント、団体、書籍、環境情報拠点についてのデータベース/新着情報/登録団体の交流促進を目的とした掲示板 等

「環境らしんばん」に登録した団体は、イベント・セミナー・ツアーの告知、ボランティア・スタッフの募集、キャンペーン宣伝、発行書籍の情報などを自由に登録することができます。利用料は掛かりません。なお、イベント情報などのデータは、国立環境研究所の運営する「EICネット」とデータを共有していますので、それぞれのサイトに書き込みをしなくても、どちらかに書き込みをすれば、それぞれにデータが反映されるようになっています

 


●環のくらし

持続可能な簡素で質を重視する「環のくらし」を実現するための具体的事例、国や地方自治体の取り組み、各種の資料情報 等
 


●環境カウンセラー

環境カウンセラー登録者の検索システム/環境カウンセラーの行った活動事例/全国の環境カウンセラー協(議)会に関する情報 等

●EICネット

 国内外の環境ニュース、環境用語集、環境関係機関情報、環境イベント情報、環境Q&A 等


●日本環境測定分析協会

環境測定分析(大気の汚染、水質の汚濁、騒音等に係る計量)に関する技術の向上、環境測定分析事業の効率化の推進を図るとともに、環境計量証明事業者・環境計量士の地位及び資質を向上し、社会的な信頼性を高めることによって、環境の保全に寄与し、国民経済の健全な発展と公共の福祉の増進に貢献します。
 

 

 

 

 

 


◇環境はビジネスチャンスとして成長段階に入ってきました


■琵琶湖再生、湖沼再生に関係するビジネス


試験実証段階から具体的問題解決技術が市場化されてきました。





 


■水処理・水浄化・水ビジネス

 
日本の水に関する技術が世界市場にビジネス展開される時代がはじまりました。

◆最先端下水道の現状
人間の産業生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内生命水に含有変化循環します。全ての循環の悪化に歯止めをかける重要な関所である下水道業務は根幹テーマです。
 


 ■林業再生「緑の社会資本」の現状
 農林水産省は2001年6月それまでの林業基本法を抜本的に見直した「森林・林業基本法を制定、拡大像リン政策を基本にした林業行政を大きく転換、新法は「緑の社会資本」と位置づけ「100年先を見通した森林づくりと国産材の復活」を目指し、森林の多面機能の発揮と林業の持続的発展を基本政策にしています。

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧