開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

突破口テーマの解決具体策探し

■突破口テーマの解決具体策探し  071130

経営者>突破口テーマの解決具体策探し
企業の壁の突破口探し> 突破口テーマの解決具体策探し





更新 2011.11.09

◎企業はどんな環境変化の中でも 持続的黒字体質と、次代の事業成長
のための先行投資資金の持続的蓄積体質づくりが必要です。


働く人が共に豊になる安定業績基盤の構築をするために「懸案の問題解決テーマ」を
一つつ一つ解決する具体策探しが、業績基盤づくり行動の前工程として必要です。

総人件費を右肩上がりにしながら企業環境の変化に適応して売上を持続的に増加させ、
インフラしくみシステムを持続的に高効率で時間生産性を上げるためには、人の時間生産、
人組みの総能力量を増やすための内部的解決具体策と、内部の固定費変動費以上の
人件費も含めた総費用以上の売上を持続的に右肩上がりできることが条件です。
売上は、外部から持続的に稼ぐお客様満足量と相関があります。お客様は、競合他社
と相対比較して何かによりわが社を選んだだけで、いつでもゼロになる確率は高い。
最低1年以上、普通は3年以上の売上基盤が右肩上がりにすることが必要条件です。
内部のインフラ、しくみ、システムの最先端、高品質高効率ローコスト化、高い時間生産性
はその時の企業の投資能力と相関があり、潤沢な資金調達企業ほど最善を設備できる
時代になり、個人の人質さえ、投資資金で採用格差が出る時代になりました。人組である
組織の総能力量とは、個人の人質とは別次元の「もちつもたれつ補完相乗効果」があり、
資金量とは相関しない人間が持つ機能があります。

創市場、創客、知財の総能力は 企業環境とお客様行動により市場に提供する製品商品
製品サービスにより、短期では潤沢な資金優位にに見える場合がありますが、5年経過する
と、各機能を最適化方向へ向けるシステム、しくみ、人組みと人の持続的成長、「もちつ
もたれつ」機構により、総市場の拡大の少ない、逆に縮小市場では、売上量が異なる確率
は高い。資金が潤沢の場合は、広域、全国、海外に狩猟民族方式の事業展開ができ、
売上の拡大は無限にできますが、持続的黒字体質、働く人が共に豊にする体質とは別次元
の経営になる確率は高い。

農耕民族型を創市場創客基盤とし、不足売上と常に右肩上がりにするための差額の3倍の
売上を持続的に上げることができる「創市場、創客」のしくみと見込み数確保、固定客数と
その客単価の持続的増加のための人組と総必要行動量の増加のためのシステム向上と
人の熟練化、その人数の増加(間接人員も含め全員が売上貢献できるようにする。各人の
給料の原資は部門ウエイト別売上貢献度と相関があるようにして、全員稼ぎ人化し、
業務ウエイト指数換算で年収に応じて部長は3倍以上、取締役は10倍以上稼ぐしくみを
つくる)が黒字化の突破口になります。農耕民族養殖型でお客様に接する人の数が、全階層
でそれぞれの価値判断で見込み情報、クレーム情報、カイゼン情報、ライバルとの比較情報
を入手すると、次代の事業展開に必要な製品商品サービスが3年先行で見(観・診)えて
き、情報共有整理すると、データマイニングで数学的確率論と全数確認と異なることに気づき
精度は人の時間経過とともに成長するようなしくみをつくると、外部の情報の正しさ、何か変
逆ではないかが感じられる段階になります。その段階になると「創市場、創客」のしくみが
プラス領域に常に揃い、企業安定業績基盤を前工程ができます。お客様満足度を上げるため
特に競合他社と相対比較能力の高い、高額取引の固定客をモデルに徹底した満足度を上げ
る重点戦略を採り、競合他社では不可能な参入障壁を構築すると、短期でその暗黙知を
水平展開し、全顧客に展開する。競合他社に変わるお客は、追わず、逃げたお客数の2倍
の契約数を、逃がしたグループが決めるさせ、出来なければ、他の補完グループに、その
損害金額に相当した総人件費をスポット減給し、補完したグループにプラススポット人件費
プラスにするようにする。全社の創客数は常に計画増加数以上にする。

●小拠点、中小企業では、同じ人組で、短期で黒字体質にかわる確率が高い。
人件費の移動は、忘年会、決算期、新人歓迎会、役員同席の会議懇親会の費用として、
小グループ(5人)単位にすると◎、○、△、×、××5段階相対比較でき、行動したが
しないか、誰が創市場創客をしなかったかがわかりやすい。ただし全員稼ぐための内容と
主業務の時間に応じたウエイト数を仮説で決め、実行しながらウエイト数の精度を上げる
と自分は間接人員だから時間がないので出来ない言い訳ができないしくみにする。
間接人員だからできるお客様接点と、ちょっとした間の選任創市場創客連携との連携
方法で受注成果を按分すると、「もちつもたれる」の連携、関係ないとして素通りした
情報の創市場創客感度が急速に全員高くなりはじめたことに気づくときが着ます。
狩猟民族型は、市場が拡大する時代の方法で、個人主義も同じ次元であることに
気づくと「もちつもたれつ」の農耕民族型相互補完のすばらしさに気づきます。
どんな優れた一人の人ができる最大総行動量より、5人以上の集団の総行動量がある
時間での水平広域行動量より少ないことに気づくと人組の総能力量を上げる方法は
多数浮かんでくることに気づきます。想定以上の速さで、黒字基盤ができてきます。






「企業は環境適応業」であることをきちんと意識しよう。
会社の規模が変われば、成長システムの壁がある。
外部の智慧企業「学・官」機能を上手に活用しよう。

              
「企業の壁の突破口探し」 今のやりかたをもうちょっと変えよう。
浮かんだ課題を解決するための具体策を探し、何から着手するか、仮説を組み立て、
実戦し検証し、カイゼンする善循環サイクルのしくみシステム構築をはじめましょう。




”あなた”と同様に懸案のテーマを突破するために、常に固有の智慧を
進化し続けている先行企業事例に学び、具体策を構築すると、自社内
(グループ内)だけで解決すつ時に要する時間は もうちょっと短縮され、
もうちょっと早く、安心安定事業展開の一歩を踏み出すことができます。
先人の成功のあなたが真似をして、自社に最適な方法に修正し
あなたの暗黙知の一つに付加しよう。


1.定点観測をするためのベンチマーク企業を事業展開要素別に、上位3〜5社を選ぶ。

2.自社の経営理念・使命観・行動指針と共鳴・共振・共働できる日本国内で志援・
支援・連携力が強い確率が高い企業を選びパートナーとしてシナジー効果を発揮
させ、ハロー効果(選ばれるブランド効果)を発揮できる企業を選ぶ。
過去の競合に幻惑されず、目的的に探し、自社成長をスピードアップする強存強栄型にする。

3.社内に開発の時間軸限界を知り、世界の最先端の営利を超えた視点から未知の複数のテーマを長期継続
に同時並行で進行できる大学・大学院・高等専門学校等の「学」との連携、政府・地方行政・団体の機能を
活かす「官」との連携を選ぶ。「学」の卒業後の選んだ人財候補は、自社の人材に加え、継続的応用実用化
を継続させる。

4.競合他社を超える、未来の事業展開のための社内制御人財数(キー実務家群)を計画的に養成する。
 社内制御人財を活かしけれる経営陣を計画的に養成する。

 社内制御人財候補の成長スピードをアップさせるために、戦略的に自社以上の第一線の固有技術を持つ
 人材(32歳以上〜40歳未満)を戦略的に途中採用させて、成長のトリガーとさせる。(ただし、途中採用
 人材は企業ごとに人材成長基盤が異なるために自社の人財候補としての成長確率は50%以下が現状
 です。

5.世界を市場とする企業の場合、それぞれの国の価値基準に整合させた戦略的人材育成評価のしくみ
 システムを構築し、経営陣、幹部候補生は世界での決断に必要な情報は共有できるようにする。
  

6.しくみシステム化のツールであるIT化は、常に世界基準の最先端バージョンを追求する。

7.戦略的な投資が可能なように財務戦略・金融戦略制御人財数(キー実務家)を計画的に養成する。



○「新連携」で企業の使命実現の確率は上がる」

「新連携」は中小企業の「強み」を持ち寄り、新事業展開を行う新しい「ビジネスモデル」です。

外部の智慧を活かし、世界、日本、地域で勝ち残れる企業(行政)に成長
するための「未来が開眼(かいげん)トリガー」になることを祈念。

 

   
    ▲新製品・新技術・新販路で新しい業績基盤を創りたいプロジェクトリーダー・業績推進責任者の

     
 「必勝」手順を探し出すサイトとして実戦行動のきっかけの役割(トリガー)をします。

    ▲品質・スピード・期限の視点から、自力で出来る限界、他力活用の費用対効果を検討・予算化し、
       
世の中の超一流の先人の智慧”を一度活用してみてください。

   ◇実戦(汗をかく)を最優先する企業の”あなた”なら
       
「コロンブスの卵の立て方発想」を即実行、本質を突く業績差額対策がひらめき
       必ず業績が変わってきます。

   ◇自力で時間と工数(人の処理時間×人数)のかかるテーマを他力を活かし、
     常識外の時間短縮で格差をつけましょう(太閤記の三日普請のように)
 

 

何から・どこから実行しますか 

A志援では”あなた”の多岐に渡るテーマ解決のために取引紹介企業と成功実績
創り情報提供に専念してい ます。  
あなたの拮抗する競合企業はもうちょっと成長軌道を歩んでいるかもしれません。
あなたが制御人財機能を発揮する総能力をアップさせる重要な「時は今」です。



■突破口探しの重点から探す 
   
あなたの今最優先テーマは何ですか?  

◇「創市場・創客情報の中からふさわしいものを選択する」 
  
解決テーマ別に企業・団体事例を閲覧し、目的テーマ解決事例を探せます。
    多くの企業・団体情報の中で、最先端を目指して、世界観視点で事業展開の中からある基準で
    選択し、企業・団体事例としてコンテンツ化してあります。
    相対比較すると固有技術がわかりやすい企業群です。集中閲覧すると、自社の次代の事業展開の
    方向が観(診)える確率が高いものです。細部まで、閲覧を推奨します。突破口テーマが浮かぶ連想
    と、プラスα探しのための想定比較ができやすいようにしてあります。

 ◎確信決断をするためには、ラフなフレームワークで全体の仮説を組み立てる。(大局着眼)
 さらに細部の組立てが必要な場合は、関連コンテンツ事例を比較検討す。
 A志援のサイト内で整合した、自社のしくみシステム、企業内組織単位の人の成長分布と数を
 整理してみる。

 
A志援サイトは、多業種、多業態、多地域、多言語等で来訪した無限の来訪したふさわしい人財に
 何か一つでもプラスαの分野があるようにくみたててありますので、事業展開に活用する場合は
 世界の玉石混交情報の中からさらに成功確率を高くするコンテントを探し、あなた固有の価値判断
 レベルまで昇華する必要があります。あなたの加工総層能力により更に実現確率は高くなります。 
  
 ●90%以上の確率にするためには汗をかく時間が必要ですが、60%以上の確度で机上の仮説を
 やめる決断のスピードを要する人財は、A志援のコンテンツ段階で、実戦臨床検証に入ると、
 想定した仮説を更に高いレベルにする問題点が観(診)えてきます。A志援コンテンツと多くの情報
 でさらに成功(実現)確率の高い領域へ進化できます。一筋の実現へのはっきりした道(手順)が
 浮かぶ段階になります。不思議な成功への感覚が潜在脳に定着して、多くの幻惑される情報氾濫
 の中で、核心を求める無駄な時間の浮き草行動数は減少し、普通の人の3倍速が普通スピードに
 体質がかわり、多くの人の動きの結果へ向かうベクトル方向がスローモーションのように観えてきて
 その人たちの逆方向のベクトル部分を、的確に修正し、共にプラス領域へ進む制御人財としての
 総能力量が、時間とともに累積してくるようです。   

 
 

 テーマ

着眼

 テーマ

 トレンドを探る

社会環境分析、事業成長の要素・阻害要素を知る

政治 経済 社会・文化 自然・環境人口 歴史・時代

 業界・市場を探る

業界・市場の過去・現在・未来を知る

社会環境分析・業界市場分析(競合・ベンチマーク)

 経営資源を探る

投入できる経営資源の限界を知る

現在の内部・外部の総能力を把握する(人・もの・金・技術・ノウハウ)時間の経過ごとに変化計画を立てる

 商品・製品を探る

現在の重点方向を決める

時間の経過ごとに業績推移と連動し変化させる

 ターゲットを設定する・ニーズ・シーズを探る

顧客調査・現状をつかみ商品・製品を決め、事業展開の方向を決める

現在・短期・中期・長期の変化に基づき計画的体制をつくる

商品・製品の強み、 弱みを探る

生産準備(価格・デザインを決める)・販促策など市場導入計画を決める

 流通をつくる、販促を実行、販売体制を実行に移す、時間の経過で業績推移の未達成差額を把握し、タイムリーな対策できるしくみをつくる

業績先行の方法を探る(自己コントロール)

業績先行計画、差額対策計画を細部まで検討し仮説で決める

 業績先行計画をきちんと実行し、差額対策をタイムリーにおこない、「必勝」のための時間との戦いをする



       
 「A志援サイトのTOPのコンテンツ一覧」から選択する。
  
◎創市場創客のためのしくみの突破口を重点に事業展開する企業団体の未来の業績基盤を
    安心安定成長化するために必要条件であり、共有情報としました。

    創市場創客のしくみシステムと新規開拓、深耕行動のしくみシステムが、全ての事業経営の
    先行指標になります。
 
 

■「商品カテゴリー」から探す  
  
ひとつから創めなければなにもできない。あなたからはじめないとなにもできません。

 ”あなた”のために、「商品カテゴリー」の中に準備した不易流行のテーマ  

 
◎創市場創客の具体事例 は創市場創客の集約情報です。 
 


商品カテゴリー
 

テーマを実現するための突破口(重点集中)



◎創市場創客の具体事例

新規事業・事業再生の確信化
決断資料








 

企業の新業績基盤構築は 存続のためのエンドレステーマ。
 経営計画の中の新規事業・事業再構築・事業再生計画がスタートするときその突破口は、常に増加するお客様・取引先量の確保策と気の遠くなる非効率継続実戦です。
・「非効率な部分」を「もうちょっと」効率化に役立ちます。
・「気の遠くなる工数」を「もうちょっと」効率的短縮し、波及の加速度化に役立ちます。
・「実行策確信化」により、”あなた”企業の進む方向に確信を持ち超スピード行動ができます。
景気利潤型企業:右肩上げりの景気の恩恵で利潤の恩恵を得るのは一時的・期間的経営利潤型企業:右肩下がりの景気でも着実に利潤を確保するのは永続的「創市場」をテーマに 「経営利潤型」体質に変わる時、突破口カテゴリーを揃え続けます。必要なときご活用ください。

●業界大展示会を活かす
●白書・産業統計・アンケート等の活用
●ネット活用力が創市場実現格差

 


◆創市場(新市場)製品を探す






 

  
市場、新製品、新商品 あなたの企業の新業績基盤づくりの事業の勝つ場の成功確率は、最初の検討資料の内容で決まります。
外部の第三者による検討資料は、推進軌道の修正になります。
プロの視点はあなたの判断を補完します。
常識を超えるスピードで、常識を超えるなかみで、常勝の「しくみ・なかみ」のノウハウを構築でき、結果を出すための”あなた”の総能力をアップし続けます。

◆「マーケティング支援機関」
新市場製品商品探しのコア技術を持つ定評企業

◆市場的確把握既存情報を活かすプロ
◆知財を活かすプロ
 


◆新客を探す








 

  
日本で信頼度の高い顧客名簿を常に最新化メンテナンスが出来、提供できる企業が成長してきています。
あなたのほしい新客候補を「ほしい量」、「ほしい内容で」入手でる時代がきました。
定評企業との安定業績基盤格差の真因の一つは「継続的新客候補充」です。あなたの多くの条件を整理し連携をスタートし、業績効果度を継続的確認しながら、予算に応じて継続的に新客を追加する方が儲かります。
業績が速く変わり始めます。業績基盤の充実度は 継続期間と相関度が高くなります。

 

◆テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)



 


21世紀テレマーケティングとしてのコールセンターやコンタクトセンターあるいはネット通販といったキーワードで代表される顧客と企業、企業と企業のコンタクト手段は、「IT技術の進展によって、より効率的に、より快適になり、私たちの暮らしに欠くことのできない存在になつてきました。
また、距離を越えた活動が容易にできるため、地方では多くの雇用を生み出す原動力にもなっています。
中小企業でさえ、取り巻く環境の変化は、世界規模の潮流に影響される時代がきました。
他力依存体質から自力体質が存続条件として気づく黒字体質企業が50%以上を超えてきました


◆コンタクトセンター関連情報
 


◆創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ












 


◎「ホスピタリティ産業」とは    
飲食や宿泊など、人をもてなす産業分野のこと。
ホテルの語源はホスピタルにあり、ホスピタリティ産業には、ホテル業、飲食業、広義には旅行業を含む場合がある。

・知行を一致させる専門学校のやりかたは、Y軸のしくみをレベルアップする内容として 役立ちます。

・社内にスタート時の企画、運営、提案等のマニュアルづくりに必要な人材が育っています。自社のY軸専門人財として育てる社内モデルとして個別育成することも必要です。

・社外のホテル、イベント会場等、研修センターの計画目標を達成する運営の制御人財と なります。

年間計画等外部との連携窓口として機能を発揮できる固有技術をもっています。外部の専門企業任せだけでなく、自社にノウハウが蓄積できることが競合他社との格差に なります。
高度な進化を目指す場合、プロパー人財が育つことは貴重で競合他社との格差になります。
 

◆創市場創客で事業業績基盤

 

 
 経営資源を活かす志援企業を探る  商品・製品の強み、弱みを探る  
  業績先行の方法を探る 顧客不満足をつかむ技術を探る 
 世界標準を超えるプロセス、シクミを探る
   
  
 


◆首都圏創市場情報を探す




 

 
 首都圏をモデルに、直面する創市場展開の智慧情報を探る
 政令都市・大都市で創市場の智慧情報を探るとき役立つ突破口を探る
   
 ◎情報公開時代の官公庁・商工会議所、独立法人、社団法人等の支援
   総能力特に、専門人財を活かしきる能力格差が 人財数の少ない
   10億規模以下の企業の利益格差・成長格差となる時代が来ました。

◆ネット活用力が創市場実現格差
 

◆リース利用の判断








 


競合他社に勝ち残るためには、技術変化、競合他社と拮抗できるための総合的先行投資の継続が重要な要素になってきました。
各社は事業展開時、資産流動化を資金有効活用要素として戦略的検討項目の一つになってきました。

現在は 企業の94%がリースを利用しています。民間設備投資の1割を担うリース産業は、企業経営、日本経済の発展に欠かせない存在に成長してきました。

その中で、シクミシステム、設備等資産に関する投資のウエイトは高い。
投資採算計算の中で、資金調達に関する諸要件として技術進化の激しい時代、多種多様なリースを上手に利用する事が勝ち残り戦略の一つになってきました。
 

◆固有ノウハウ事業に活かす企業




 


事業を安心成長させるために必要なその企業の要を継続的追及し続け、蓄積した固有ノウハウを複数統合して取引先(クライアント)企業の志援に活かし、成果を上げる企業。
企業グループ内企業での臨床事例を拡大たり、自社で実戦できない多方面の応用可能性追求を、パートナーのしくみを構築して、多くの企業へ展開する企業が増えてきました。
まさに、それぞれの業界、分野で事業ノウハウを無限に磁石の如く吸着し続ける核企業が成長しはじめ、さらに関連分野へ拡大し続けています。
コンピュータを介して、世界的規模の「ニューラルネットワーク」が初まりはじめてきました。

◆業種専門技術を啓発支援する団体
 


業種に関する一企業では入手に限界のある最先端の高度な専門性を啓発支援する団体

 

◆エネルギー自給への対応



 


日本国は21世紀エネルギー自給への対応をハイスピードで切り換える時期が近づいています。
日本国は20世紀の「油断」時の「対症療法」が 再び21世紀は同様な状況に緊急対応できない現状を人財の皆様は、検証、確認されたはずです。
日本国は対症療法は短期の防戦として活かし、その可能な期間内に、過去蓄積した知識・智慧と不足する智慧等、自力で機能開発するスピードを上げるために変速機のギアを「ロー」から「ハイ」、「ハイから超スピード」へ切り換え変えるスタートの時期として千載一隅のチャンスと考える日本国の未来を豊かにする国家戦略への切り換えするチャンスと考えるプラス発想をする人財の輩出を速めるためにA志援が役立つように最先端コンテンツ探し、掲載します。
 


◆半導体情報通信技術の進化
 


情報通信機器の高機能化、低消費化の要求を満たすシステムLSI等を実現するために、半導体技術は進化をつづけています。
世界規模で、急速な進化をしている業界です。

 


◆スマートハウス・シティの現状

スマートグリッド(新電力網)の実用進化


 


スマートグリッド(新電力網)におより新たなインフラライン「情報とエネルギーの双方向ネットワーク」により生活者に情報が入り込み、生活者がより賢くなることで、新たなライフスタイル・新たなサービスが創出スマートハウス・シティの情報活用基盤整備の進化に応じた稼動変化を知り新事業展開に活かすことを推奨
日本の先導グループの進化をベンチマークして、自社の事業に組み込みできる突破口探しに役立ててください。活用者は、最適活用を目指して、機能を活かしきつて、新たなライフスタイルを生み出す先行指標としていかしてください。

戸建の生活情報が、見える化するしくみが出来、外からでも制御でき、節電を数値でわるしくみが普及してきました。そのデータを集約し地域の制御機能ができてきました。高齢社会の傍からの管理支援と天変地異による行政の活動もできやすい社会がはじまりました。地域の21世紀のビジネスチャンスとして、自社の事業の中に組み込に儲かるしくみ創りの時です。
 

◆気象環境を事業に活かす






 


◎21世紀型企業なら、環境対応することが「常識」として、20世紀から存続する大企業、中堅企業では事業展開の日常業務の中に組み込まれるところが多数になってきました。
中小企業は、環境対応費用を20世紀型経営感覚で、マイナス要素として捉え、できれば、可能な限り避け通りたい。法律規制は守ているように見せればよい。外部検査があればその時にあわせ一定期間だけ対応したり、連続数値の改ざんさえする企業があります。
上手に「やったふり」するマイナス思考から事業のコアの一部として積極的にプラス思考で活かし、地球環境へ貢献する企業の数を加速度的に増やす時代に入ってきました。
比較は日本の最高レベルとの相対比較、周囲の自社より劣る対応企業と比較して自己満足するより、「比較は上を見る」の原理であなたの企業の地域から環境プラスになる波紋を伝播させる成功事例発信企業となり世界の環境対応量の加速トリガーになることを待望しています。
 


◆食と健康業界の変化

食業界・厨房を取り巻く環境変化










  





 


21世紀は日本人存亡に関する危機の時代に入りました。
子孫繁栄のためには人の健全判断、健康維持の改善常識基盤を変える必要が生じはじめました。
すべての食材は厨房で最終加工(生も含む)されて人の口(くち)に入ります。
生産・調達環境から食に関係する総合的なしくみシステム人が関連する加工度の高くないシンプルな業界でありながら、人の毎日の微差が大差となり、あらゆる人も含め生物の存続を左右する度合いの高く、気づくと復元不可能になる確率は高い。
最後の砦である毎日の食の安全、衛生、安心環境の最適化を探求し、「もうちょっと」あなたから変わり、あなたの周囲から変わる微差が大差になりはじめます。日本は正しい食生活へ復元できない限界点が近づいています。
食の正しさにより、健康な身体が維持され、正しい精神になり、行動が正しくなります。食が、健全な身体、健全な精神、健全な行動のトリガーの重要な要素の一つです。

2011.3.11の福島原発事故の完全終息(収束ではない)は、世代を超えた長期でも事故前の環境にもどらない日本国土の土壌、水、空気の汚染、TPP対応が避けられない現在、食業界、食品産業は、従来と断絶した、国の規制、安全基準ではない、子孫に安心安全で思考する視点での根因行動をはじめる必要がでてきました。日本の未来の繁栄のための世界の中に最悪環境に歯止めをかけて、世界で未知の領域のプラス領域へ大変革を始める千載一隅のチャンスの時です。枝葉末節の対策ばかり優位な時代、未来軌道へ変えるベクトル方向を示す、軌道を変えることができる確率が高い人は、A志援サイトを探し当てた制御型人財機能を持つあなたが最適です。傍からすこしづつ変え、地域を変え初めることを待望しています。

 

◆食と健康業界の変化

 
食料自給への対応













 


地球規模の環境の変化を意識する段階になってきました。
食材の生産環境が変化しはじめ、日本の食の自給力は低下し、食の安全は海外依存の場合、安全とコストとは反比例現象がでています。
日本人は食の生産に従事する人材は減少し、マスコミの影響で、ローマ人型の美食・飽食型人間の比率が増えてきています。大人口が存在する中国の食生活が、富によりローマ人型の比率が増えはじめました。
世界の中で、日本人の必要とする食材確保環境は、変わりはじめ、同一コストでの輸入する場合の量は制限されはじめ、品質は悪化をはじめました。
新たなビジネス・チャンスを目指して異業種から企業参入が相次ぐ「植物工場」に注目が集まりはじめました。
光,温度,栄養素といった栽培条件を完全に制御して作物を生産する植物工場。食材生産革命の予兆が始まってきました。
日本人が存続に必要なものを量確保し、採算がとれる付加価値の高いものを確保し、中間的なものは後回しにして、同時に日本国内での植物工場の生産量、種類の増加を推進する本格的スタートの時期が近づいてきました。
地球の魚市場も、食材としての魚が健康維持食材として国際的に認識、需要は拡大の増加は中国の経済成長とともに加速され、日本だけが漁業資源を優先占有する時代は終わり、安心・安全な食材を必要量確保条件が悪化をはじめました。
資源保護の目的で、国際規模での規制はますます強化段階に入ってきました。日本の自給率を上げるために、栽培・養殖漁業が進化を始め、食材生産革命の予兆が始まってきました。

●現在の食業界の本流を先導する企業

●食料自給への対応
 

◆健康維持再生復元探し











 


「環境が人類の生存に、マイナスの働きをする時代」がはじまりました。
心身共に健全で正しい感情制御が持続的にできるのは、あなたしか出来ない、人間の持つ特性の一つです。
死ぬまで生きる。あなたに寿命がある間はどんな環境下、身体・精神環境下でも、生き甲斐(感情のプラス領域量55%以上)を持ち、生かされる喜びを感じながら活き活き生きるために、今より「もうちょっと」日常習慣の中にプラスαを付加する工夫を推奨します。
寿命を短縮する要素ベクトルが加速度的に増加する時代、あなたが生かされる喜びを感じる領域で 活き活き生きるためには、今より「もうちょっとふさわしい情報(知識)時代を探し、あなたが、当面の負のベクトルを正のベクトル化を一つ一つ実践しながら解決し、今より心身共に健全になる方が生かされることに感謝できる方向の一つです。
環境・他力で一瞬に生命を絶たれる場合もありますが、あなた自らが生命を絶つことできる特性を潜在的(感情領域)に持つています。
感情領域を制御して、与えられた生命に感謝できるあなたになりたい場合今より「もうちょっと」日常習慣の中にプラスαを付加しプラス領域へ軌道を向けることが必要条件です。
同じ時間内で、プラスα量の多いものの中からあなたの今の減衰軌道の仰角をプラスに変える方法(情報・知識)を探し、選らび、決断し、実行をはじめることを推奨します。
 


◆智慧本で成長






 


◎本は、その時の成長度合、価値判断成長度合で書籍選択基準は変わり、知識として分かると次々と変化し、過去の書籍を同じ出会いのときの
新しい発見、新しい感動が、短期で味わえなくなる現象があります。

不易の情報だけが、再度10%以下の確率で必要なとき読みかえされますが、流行の情報は、過去情報となります。超速度で目的の情報探す、実務家は
ITツールで過去の読まない蓄積情報を持つか、書籍を積ん読して、書庫の場所を確保する(いつでも瞬間で確認できる)か、図書館等を活かすか(行き、探す時間が必要)、あなたの価値観で選択枝が増えてきました。
 
 業績先行の方法・先人の常勝のカン・コツ・ツボを探る
 隠れ探す工数がかかる公開された先進情報源を探る 
 公開され購入できる、精度の高い調査レポートを探る

◎その他のジャンルはA支援会員サイトで紹介
世界に通用する本物の情報の価値判断は、あなたの成長段階で異なり
   ます。情報氾濫時代、真の情報源探しの手がかりは、智慧者の本です。

●智慧本の活かし方
 

◆戦略的に制御型人財に成長する







 


新市場・新顧客・新商品開発・特許戦略等未知の成功確率がより高い精度の高い情報を入手する必要があります。
21世紀はドッグイヤー(犬の寿命のようなスピード変化)対応体質を持つことが最大の固有技術となります。
個人の体験量を増やすための気の遠くなる反復修練・模索臨床の自己成長時間が少なくなりました。世界標準を超える自己成長スピードは期間短縮されてきました。
臨床型専門企業のプロ人財・そのノウハウ・実践力をフル活用し、学び、真似ていかに早期に自分のものにするかが勝ち残りの重要な着眼です。
”あなた”は常識を超えて短期で1つ1つ問題解決の壁破りが出来るようになりるようにA志援のサイトは燈台・道標の役割を果たしています。
未知のテーマを解決するためには、解決法を探すと同時に、あなたの人財力をその問題解決できるレベルまで急速成長させることが必要条件です。
(人財力の成長の速さと、問題解決力とは相関関係があり、階乗で変化します。)

●組織、傍の人、総組織の人を活かし、個人総能力量の3倍以上の活躍をし、経営者経営陣の戦略展開を最適に組織総能力を活かしたいあなたは、毎日知識を行動で臨床検証実証をしなながら、プラス領域にベクトルを変え、軌道を変える成功確率の高い方法を汗をかき探す挑戦を待望しています。

A志援会員サイトのコンセプトを、戦略的に好業績を上げる超制御人財を目指して成長するために必要な問題解決に必要な内容を掲載しています。
・「A志援共有情報」の最新情報
・「A志援共有情報」に掲載していない各種情報

役員・経営層・経営者を目指す人財の”あなた”へ 成果をだせる実戦型役員・経営者の智慧情報を集約   日々の累積が定年後の無限の人生を開く。

「A志援会員サイトのトップページ」をご覧下さい。

 



A志援人材人財の価値判断


 

創市場、新事業計画前、中、遂行時、実状と乖離核さをなくし、順調に実現へ向かうときの「一隅を照らす燈台の役割」として、確証、確信、決断時の道標。新体制を活かしきる制御型人財の成長志援。
 
●来訪者専用コンテンツの目的

◆物流調達機能と事業展開との整合化










 

業務改善の一環に組み込む重要な要素になって来た。最適なシクミ、システムを自力 構築するとコストが上がり採算を出し難い分野で、外部活用を戦略的に検討する企業、連携する企業が増えてきました。
物流は製品、商品、半製品、原料を移動するときに発生する、関連業界の多い分野。
国際競争力を強化するとき、物流の効率化、高機能化は欠かせない物流業界の命題。
企業にとって、国外戦略企業ほど静脈産業として、コスト格差が大きく利益発生源である。
SCM(Supply Chain Managment)は
情報システムの進展により、広域化 国際化したときの、経営の意思決定 を支援する物流の現時点の情報を「見える化」「最適化」「ロジスティック ス」「環境への対応」として活かし、事業展開する上の重要度が増してきています。
将来さらに社会・産業・生活の基盤としてのロジスティクスシステムを“ライフライン”となり、それらを構築し維持することには、物流の視点で現場業務の改善から経営改革を成功させるために重要なテーマです。
この機能が発揮されると、第3の利益源となり、顧客満足度の高いお客様の増加の可能性を開く「マーケットの創造」の事業展開もできるようになります。
 

■経営者(経営者候補)










































 

自力で構築した未来指標(先行布石)である創市場創客を最適に活かすことができるのは戦略決定を主業務とする経営者(経営者候補)であり、決定したその軌道をさらプラス領域に制御できる機能は、戦術戦闘戦闘員を自在に動かし、その戦略を最適に働かせる(起動・機動)させ業績という結果を、そのときの総経営資源で最大化できる上限総能力を持ってます。
常に交代する経営者(経営者候補)は、時代環境に適応した最善と確信した戦略で事業を展開しようとします。現在のそのときの総経営資源の最大上限能力とは別次元の機能であり、そのときから、経営資源の増加をはじめる遅行型の経営者(経営者候補)が70%以上で、競合他社の戦略変更対応した経営資源の人も含めた装備が早いとき、赤字体質、市場からの退場となる結果になります。冷厳な淘汰の原理に気づくことが勝ち残るためのトリガーを起動させる方向です。
経営者(経営者候補)はつねに、未来指標を最適に活かせるように、総経営資源の能力をふさわしいものに進化させる最善化(今の総能力を最大発揮させること)し、最適との格差を縮める時間軸との戦い度合で、結果の格差になり、時間軸で、ネットワーク型公開情報により、競合他社の成長スイードが晴れ型(自社が優位と思い込む慢心型)のとき、ある期間で総投資能力と人に成長(外部最適人財の採用も含む)で、想定外の世界の市場から退場させられる現象がはじまっています。

◎10歳まで周囲の過保護、知識優位の教育体系の中で育った60%以上の晴れ型(追い風)の若い世代は、潜在脳は、煩悩本能を現実の中で、組織集団の中で自分の存在を最適にする自己コントロール機能が脆弱で、環境が曇り、雨、どしゃ降り(逆風の増大化現象)で、現実から「癒し」と名目で現実を何も変えない仮想の世界「音楽、机上、擬似世界、別次元思考、流行(見える数の多さ)等」へ回避行動が優位となり、長く蓄積されてプラス領域が多い行動領域どは別次元行動、「傍の人の生命さえ、自分流のディベート論拠で奪う」現象さえ見えてきました。(ある一定量以上が増加し、例外・突然変異現象ではなくなってきた段階) 20歳以上で、正式に社員、集団の一員として属する最初の6ヶ月で、知識ではない、知恵・身体・行動の過負荷130%付加して、早期の煩悩本能コントロール機能の脆弱部分を補正する、新人教育体系導入が必要です。
中小企業の場合は、晴れ型環境の多い大企業向きの人は、早期で選別し、自分流のディベート論拠で、退社し、他のその人がふさわしい環境で働くようにすることが、その人のプラスになります。熱き心は持っていても、燃え難い人は、クールに断ち切ると、少数精鋭の人数比率が増加をはじめます。専門知識は、実務の中で後天的に手中注入できるしくみをつくれば、「口をあけて待つ」受動型の初期段階教えがいがあります。成功体験と知恵が段階まで成長すると、知識基盤の広さ、深さがありあるため、知識基盤が、狭く、偏る先輩を超える企業最適行等の扉を開く潜在機能が高いため、ネットワーク公開情報を縦横に活かす制御型人財の育つ確率は高い。経営者(経営者候補)は自分の過去の成功体験に固執せず、中小企業の若い世代は、経営者(経営者候補)自らが黒子型で、現場の教育の不足を補完する知恵の成長スピードを上げるための、業務の壁を与え、超えさせる成功体験を計画的につくる必要があります。
受動的行動優位の人を、能動的行動が起動するまで、見えない過保護である期間(人で異なりますが、最初の10年だけ最善を尽くす。)が必要です。
10年超えても能動的行動に変らない人は、潜在脳帯域マイナスが0-であつたためで、繰り返し業務で熟練度で労働生産性を追求すてばよい。
多くの経営者後継者、幹部候補生を20年以上多数継続的、OJT、OFFJT、定点の現地現場で本人、周囲の人の変化で臨床検証体系化したとき、中小企業・大企業が黒字体質企業になるためには 行動優位順位が明確に異なるようです。

集団、組織の中の個人は、集団、組織が最大に機能発揮できるようにするためです。日常業務で、曇り、雨、どしゃ降りは日常茶飯事で、その中ですくすく成長する人材成長軌道で乗せる第一ボタンをかけさせることが必要条件です。
知識量は、集団、組織の中で、勉強しない先輩より、新入社員教育程度は、アルバイトや、過保護な就職対策をする大学で垣間見て、すべてがわかり、最適行動ができる錯誤行動のしくみがあり、20世紀で時間が止まる人事採用者では、建前で武装した衣の中本音は見抜ける確率が低くなり、1年後こんなはずでは、3ヶ月で優秀と判断して人が退社してしまったり、若いのに転職数が多すぎると感じる行動が増えるのが普通の時代になりました。

●経営者(経営者候補)を目指す人、制御型人財を目指す人は、広いテーマの専門度を深める当面の問題解決に有用なものから知識と実戦により知恵の蓄積量の増加を推奨します。
 

 

 

 




■「突破口テーマ解決策」をさらに深く相対比較して
  探す場合の事例
   
   
会員サイトのページを活用することを推奨
   「A志援ー会員サイト」TOP
  
A志援共有サイトで、企業事例で、具体的テーマと価値判断基準を決めておく。
    短時間相対比較し真似たり、新開発、改良開発を検討し、新事業展開するときに
    必要な最適素材を探しやすいように準備してあります。
    戦略構想を重点集中して練るとき、思いついたテーマを 具体化するときの
    トリガーポテンシャルを増幅できるしくみになっています。
    トリガーを起動させると、あなたの行動がはじまります。素晴らしい未来を祈念しています。 


           ↓クリック
   
「日本の産業企業の成長過程」
  
日本の業界変化を検証する方法は成長過程の情報を定期的に整理公開されます。
          ばらばらの情報をシンプルに整理されたものは判断したり予測の構想を練るとき役立ちます。
    個人の能力に一時代だけ左右される情報は除き、組織で事業展開する企業団体です。
     社員数がある数以上の企業で、上場企業、中堅企業とその関連企業を重点にしてあります。
  
 

◇業種別法人申告所得上位30社企業情報


業種別法人申告所得(週刊ダイヤモンド別冊)掲載内容をそのまま整理。1970年からの内容です。正誤に関してはダイヤモンドでご確認下さい。
 

◇テーマ別時代の変化
 


テーマ別に時代の推移を整理1.主なヒット曲 2.本雑誌 3.ヒルト番組映画ブーム 4.流行語 5.ヒット商品イベントなど 6.国内経済面の主な出来事 7.国内政治・社会の主な出来事 7.世界の主な事件・出来事

業界編成変化への対応(1980-2011)
 

◇企業力格付け






 


◎あなたの業界のトップ企業、取引先企業は、全業種で相対比較した場合、ベンチマーク企業が上位グループに入っているでしょうか?日刊工業新聞社が主要上場会社を対象にして、「第6回企業力格付け」調査を実施しました。 2010年1月25日掲載
調査は経済産業省の後援を得て、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京都港区)と共同で「第6回企業格付け」アンケートを実施しました。
調査対象は2009年末時の金融関係を除く上場企業1000社。この中からアンケート回答を得た256社を対象に、収益性、安定性も加味して順位付けをしてあります。

●「企業力格付け」アンケートの内容
 

◇経営は環境適応業

















 

会社の規模が変われば、成長システムの壁がある。
外部の智慧企業「学・官」機能を上手に活用しよう。◇社内の総合力・自力パワーに固執せず外部の智慧企業「学・官」の機能を活かし 壁を破る行動が21世紀型!

・時間生産性の視点から、外部の智慧を重点集中・有償活用の決断が、成功の分岐点。

・早く新路線への軌道修正できる基盤を構築することが、競合他社に勝つ微差の秘訣。

・外部の智慧を社内に融合すると、内部の人財成長スピードは加速され、軌道が狂った時、復元するための羅針盤の精度は確実にレベルアップする。

・定時活用により、着実にレベルを上げる手法、下げることを抑える方法は、外部の智慧による内部牽制効果があり、停滞をさせない”しくみ”となります。ISOの第3者監査に匹敵します。 

・A志援のサイトを活用は、自社の新事業展開の「しくみ」「なかみ」を構築する一つの早道です。

・規模が変われば、やり方が変わり、活かしきる人材・人財の成長段階が変わります。
規模に最適な人財へ変わる対応力が重要になります。5年以上勤続する”あなた”は変化の1年以上前から変わる準備をしないと、頭では理解できても、日常業務を、行動を変えるまでに時間がかかります。新体制で入社した人材群と格差がでます。
 

◇グローバル競争に勝ち抜く論文検索

 


欧米のグローバル企業の大型化、中国、インドの台頭等で大型の受注案件に対応する基礎体力を確保するため、色々な業界内経営統合傾向が顕著になってきました。
特に企業の戦略的基盤の関連した大企業・中堅間で勝ち残るために変化がはじまりました。
 

◇日本の国際標準化戦略




 

日本は欧米に比べて、「国際標準化」の取り組みが後手に回っている。
危機感をもつ経済産業省は「国際標準化戦略目標」を定め、国際ルールづくりに参加する方針を示した。
2015年までに国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)で欧米並の幹事国引き受け数と、日本による国際標準の提案件数倍増を目指し直じつに実績を積み重ねている。ただ、欧米との件数の差依然大きい。
もう一段の戦略展開が求められる。
 

◇元気なモノ作り中小企業300社


経済産業省中小企業庁が2006年から公開をはじめました。中小企業の開発を自社に活かすトリガーになります。
 

◇専門学会の活動内容から学ぶ


業種別各学会の活動内容、最先端情報の進化の方向を捉える一つの指標
 

◇業界団体の活動内容から学ぶ


 


業界団体の活動内容を学ぶ目的は 一企業の経費効果のために収集できない内容が集約されています。一企業の先入観、主観的収集情報で不要な情報既に臨床済み情報等重複はありますが、価値基準を決めて観る(診る)と見落としたり、探求が不足内容を補完する情報があります。

 

◇環境に関する活動と内容から学ぶ




 


地球環境保全とカイゼンの国単位の規模で最初に日本で悪循環に歯止めを掛けて、反転させる実証ノウハウを世界へ発信させ、地球環境をチェンジさせる実証国の数を増やすトリガーとなる分水嶺の役割を果たす時期がきています。
世界に地球観、宇宙観人財の輩出の数の増殖加速が遅れると生物滅亡時期が加速される限界にきています。
地球の国の環境保全とカイゼンをする国土比率を、短期で50%以上にしなけらば、人類生物滅亡のカウントダウは止まらない時代になりました。
出来ない理由を先進国、途上国に捉われず、別次元であることに気づき、地球、人類生物のためにする国家的な戦略の最優先課題の一つです
 

◇漁業に関する活動内容から学ぶ


 


水産業界は世界的規模で、世界観から国家間の我の調整段階から次元を超えた世界の規制(最低基準の守るべき法制)が、他の業界の先行指標としてはじまりました。規制強化の進化スピードが生物存続のための人間規制に必要な人類の進化段階になってきた徴候の一つです。
日本の水産関連組織、情報、統計資料が具体的にどのように従来と変化するか? 地球資源の枯渇が近づく業界変化の未来を視る指標の一つです。
 

◇業種別定点ベンチマーク素材

 


”あなた”の業種の上位ランク企業の最新進化を企業のホームページで定点ベンチマークすると、自社の最善の未来の事業戦略構築の突破口が観えてきます。・電気機器 ・情報通信業 ・機械 ・精密機器 ・化学  ・建設 ・その他製品 ・輸送用機器 ・広告ディスプレイ ・水産農林業 ・食流

 


○新事業展開時のインフラの進化

 


・新製品・新事業開発のための情報を観える化し、自社検討時の発想の枠を拡げる情報を重点まとめます。

・21世紀市場が着実に成長している分野を事業展開に含めることが、勝ち残る突破口の一つ。

 

 

 

  

新製品・新事業開発のための情報
 
新製品・新事業開発のための情報を観える化し、自社検討時の発想の枠を拡げる情報を重点まとめます。
  21世紀市場が着実に成長している分野を事業展開に含めることが、勝ち残る突破口の一つ。
 

◇最先端医療の現状




 


最先端医療の現状を知り、高齢化社会、人口の増加率減少傾向の中で、心身の健康維持、延命法は減少の歯止め効果のある基本原理の一つです。
あなたがあなたの心身にふさわしい最適高品質探しと、実戦総量、必要継続期間を超えたかどうかで今の健康度に格差が生じます。
あなたの心身の健康度合は、あなたの実戦の結果が今の現状です。
誰にも責任を転嫁することの出来ない領域です。他人責任にしても何一つプラスに変わらず、逆にマイナス領域を加速するだけです。あなたの健康は自力本願が唯一の方法です。
 

◇最先端下水道の現状




 


人間の産業生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内生命水に変化循環します。
全ての環境保全の循環悪化に歯止めをかける重要な関所である下水道業務が、安心安全の基幹業務であり、科学の最先端進化が待望される分野の一つであることに気づく人財数を加速度的増加が必要な時代になりました。
あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、水の環境保全の進化へ循環させるしくみ構築を待望しています
 

◇林業再生「緑の社会資本」の現状




 


地域密着CATVを中心にした、地域の緑の総面積を確保する日々の活動を推奨します。
戦略的な森林、林は、水源地、河川流域の保水改善のための森林政策。消費市場に対応した、最適材の植樹戦略、都市部の一定エリア内での浄化機能の循環量に対応して森林、林の戦略的確保等、森林の強みを活かし、輸入材のコストより安くするため地域の林業事業の黒字化、地域内地産地消による産地直送流通経費の削減法の地域建設建築業での優先使用に対する税制優遇策等地域行政が変われば、地域の安定就業者インフラを創る方法の一つです。
 

◇21世紀が創る新市場の現状

 

21世紀世界規模で、時代の潮流に対応して、新しく創られた市場が、あなたの生活環境を変化させ始めています。
自社の事業の業績基盤の中に強みとして組み込むことを推奨します。
インフラに関連する新たに創られる市場は、国家規模で主導型のものが増えてきました。
短期で、複数の動きが並列的に進行する時代になりました。垂直思考型戦術では時代のスピードに乖離する確率が高くなりました。

 ○資金調達





 


 調達した資金が、時代の事業展開のプラスのトリガーになるためには、金の外部知恵支援を活かすしくみを活用することが中小企業の着眼。

◆「投資育成のしくみを活かす」
投資育成機関に選ばれる、オンリーワン固有技術を自社に創り、事業展開が黒字化できるように協力支援機能を活かす。

◆「狭域高密度型地銀信用金庫の潜在力」
信用金庫を知り、持続的な協力支援機能を活かす。
 

 

 



    


■「創市場・創客」をテーマにした解決具体策探し事例       
        
    外部智慧企業・情報探しの手順例    
                  
                  ↓クリック
       「事業展開支援情報」 を活かす。   


    「段取り」  ⇒  「A志援サイト」のカタライザー機能活用  ⇒   ホップ
  創市場創客         自社にふさわしい事業展開の外部の知恵探し     自社にふさわしい外部と融合 

      
⇒ステップ・ジャンプ
  自社制御人財の多数化、産学官連携による実現時間の短縮化 


◇「段取り」
  
事業展開の目的目標を明確化するための、裏づけの検証、確証、確信度をする。

  
”あなた”の生産性が上がり、時間短縮が出来、成果が上がる確率が高い分野
   を重点に外部の智慧を活かす。 

     利益が上がる顧客・市場・製品を探し、重点集中突破口を明確にする。

   ◎
実戦成功着眼は 固定客化のプロセス充実度 ⇒ 外部の智慧との融合戦略

   自社の現在のしくみを下記の事例のように活用企業を重点に整理することを推奨
    
A志援ー創客.com(共有サイトの事例) 

                             
↓クリック                   ↓クリック     
 


調査(未知の分野への進出志援)
     
新市場の可能性を探る専門企業の智慧を活かす


 
新客名簿(未知・既存各分野創客志援)

        
見込み客を増やすデータの活用

 

◇レディーメイド
   (即入手可能)


◆オーダーメイド
  (特注) 

■矢野経済研究所
 (最新業種別調査資料) 
 

 ・業種別調査資料
 
 

■工業市場研究所

(業界マクロ・ミクロ調査)
・分析に必要なデータ素材
 をオーダーメイドで提供
 
■矢野経済研究所  
 (業界マクロ・ミクロ調査)
 

■ランドスケイプ
  
(日本最大の名簿保有)
 名簿販売(コールセンターに
 よる最新メンテ)

 ・新規事業の顧客数確保
 

■東京商工リサーチ
名簿販売(訪問による最新メンテ) 
 

  ・CD・Eyes50/CD・Eyes
    (CD企業データ)

  ・D&B関連サービス 

  ・ハードコピーサービス 

  ・MT&FD 

  ・ファクシミリサービス 

  ・SCON&VI 

  ・オンラインネットサービス
    (tsr-van2)

  

■工業市場研究所
  
(テーマ別調査資料) 

 ・業種別調査資料 

  ・首都圏不動産市場
  不動産短信情報 
 

■東京商工リサーチ
  (法人指定企業別調査) 

 ・調査レポート
  (国内外情報) 

 ・市場調査(法人指定)
 

ネクスウェイ
(FAX名簿販売:
 シンプルデータは
 ランドスケイプと連携し
 データを 加工して活用) 

  ・FNX同報サービス
 

■東京商工リサーチ
 

 ・専門出版物



 

■日本アイアール
 (特許情報・調査) 

   ・特許調査コンサル


 
 

■ベステック
(名簿の売買による多種名簿販売) 

 ・名簿の販売  

 ・データクリーニング
  (最新へメンテ)
 

 ■帝国データバンク

     
名簿の販売

 日刊工業新聞社
(広告掲載会社情報)

   ・開発情報

 

 
 

 日本ソフト販売
 電話帳情報活用して顧客を

 

 

  ■富士経済
  
調査レポート
 

 ■富士経済
    
オーダーメイド調査
 

 ディーエムエス
(顧客クリーニングシステム) 

 

 


 

 富士キメラ総研
  (富士経済グループ)
   IT関連専門
 

 ●テレマーケティング
 安定業績基盤構築する
 しくみを持ち連携できる
 企業事例
 

 

 ■帝国データバンク
  出版物
 

 ■帝国データバンク
  
(法人指定企業別調査)
 

●コンタクトセンター関連情報
 
顧客情報を事業展開に
 活かすシステムを持ち
 連携できる企業事例
 

 

 

 ●大広
 
博報堂DYホールディングス

 

 

 

 ●アサツー・ディ・ケイADK

 

 

 

 ●サイバーコミュニケー
    ションズ

  電通系 
 

 

 

 

 ●日本アプライドリサーチ
   研究所
  官公庁データ
 

 

 

 

 ●博報堂DYホールディングス

 

 

◆検証に役立つ
 公開情報
解決に必要な具体的
情報


□産業・業界統計・
アンケート

 
(産業・業界別公表資料)
 

□白書・統計活用便利
情報

  
(引用情報の源流)
 

□特許知財を戦略的に活かす
  
(商品・製品開発の智慧袋)
 

□業界大展示会活用
情報
 
 
(各社の重点戦略を診る) 
 

□新規事業計画時の
智慧

 
(必勝のしくみ・なかみ)
 

□新市場波及伝播モデル
(新エリア新ターゲットモデル)
 

◆検証に役立つ
 書籍
 
解決に必要な具体的先人の智慧集約

◎智慧(本)探し

◆専門事典(市場)
◆業界の基本常識
◆調査報告書・書籍
◆海外市場
◆企業団体名簿
◆市場1
◆市場2(業界地図企業データ
◆マーケティング
◆日経マーケティング
●営業善循環1
●営業善循環2(ホスピタリティ)










 

 

■A志援共有情報
 
解決に必要なA志援サイト統合情報 


◆首都圏地域広域深耕
便利情報

 

創市場を実現する智慧
情報

 

新客・新規客増客具体策
   (実現志援モデル)
 

市場創造販売促進志援モデル
 

■新規事業計画時の智慧
(新規事業、事業再生、起業
  を計画するとき活かす情報
  を整理、その計画展開時
  にも役立つ)

■市場調査の定評企業
 

◆企業業種の事例に学ぶ
  (三現主義) 

◆智慧企業探し

 


■業界進化加速情報
 

 
●戦略的総合物流調達構築は第3の利益源
 

 食と健康業界の変化情報
 

 ●食業界の物流進化
 

 食料自給への対応  
 

 ●固有ノウハウを事業に活かす企業
 

 ●業種専門技術の啓発支援
団体

 ●エネルギー自給への対応

 ●半導体情報通信技術の
進化

 
 ●健康維持再生復元モデル

 ●世界観、地球観人財の
輩出


 


 

 

 

 

広告パブリシティー
 
具体的提供ができる実績豊富な企業
 

販売促進
 
具体的提供ができる実績豊富な企業

 

  情報交流
Web・イベント
具体的提供ができる実績豊富な企業 

配送・販売情報志援
 
具体的提供ができる実績豊富な企業

■ディーエムエス
(豊富な実績、多岐の要望に対応できる体制を持つ)
 

  ・情報をお届けする 

 ・モノをお届けする 

 ・インターネットを活用する 

 ・販売促進支援をする
  イベントを実施する
 

■ランドスケイプ
(定評の自社で運営実績にもとづきコールセンター・テレマーケットシステム・しくみの導入を志援) 

   
  ・テレマーケティング



■さぶみっと JAPAN
(定評検索エンジンへの掲載事務代行、ホームページの効果的志援)






 

■ディーエムエス
(運送・郵送・FAX・メール等全機能に対応できる体制と豊富な実績)
 

   ・モノをお届けする




 

■ランドスケイプ
(業種別会社個別に綿密な企画で対応、手法は企業ごとに守秘
対応)
 

   ・新規営業力確保

 

■ディーエムエス
(実績豊富な販売促進志援、テレマーケット・コールセンター代行等)

   ・販売促進支援をする
  イベントを実施する
 



 

■ベステック
(個別の条件に合わせた小回り対応、コスト限定で実績がでる方法を模索する新規の場合に特に実績豊富) 

     ・DM発送支援  
 

■ネクスウェイ
(多くの業種・規模実績があり、企業別に個別提案が出来る)
 

  

 

■ベステック
(豊富な名簿を活かしたターゲットを絞り定期販売促進する場合、他社よりローコスト)
 

  ・DM発送支援
 






 

 

■ベステック
(新規事業体制がなくても、社内と同等以上の事務代行ができる)
 

  ・DM発送支援 

 ・データ入力支援 

 ・FAX一斉配信代行
 

 


■αWebオンラインサービス


(大塚商会のサーバー管理)







戦略的総合物流調達構築は第3の利益源

・物流、流通業界の発展支援団体、機関
・SCMソリューションのシステム提供企業
・SCM実現のための要素整備支援機関
・SCM対応人財育成支援企業
・運輸構造に関わる企業

 

■東京商工リサーチ
 
(体系化された方法を即活用で
 きるデータ活用実績豊富)
 

  ・市場調査
 
 

■工業市場研究所
(テーマによる業種別選別名簿による新規開拓営業代行)
 

・コンサルティングサービス
 

 □業界大展示会活用情報
   
(各社の重点商品を三現主義、
      細部まで質問し、
 商品・製品の強み・弱みを診る) 



 

 

●アサツー・ディ・ケイADK


●サイバーコミュニケー
    ションズ
  電通系 



●日本アプライドリサーチ
    研究所    官公庁データ



 

■東京商工リサーチ
(選別購入リストにより、案内をFAXで送付代行、購入CD-ROMは訪問前会社情報として貴重)
 

  ・ファクシミリサービス
 

 ・CD・Eyes
 
 

 ●ネット活用が創市場実現格差

 

 ●地域蜜着型CATVの進化

 

 


 

●博報堂DYホールディングス

大広
  
博報堂・読売広告社と
 経営統合
 

●テレマーケティング
 (安定業績基盤構築事例)
 

 
 ●インターネット時代の創客専門誌

 ●マーケティング関連団体 

 

 

 

 

 

 

 

         

 


◇A志援のカタライザー機能を活用する:
  
事例企業と契約する時の「内容・条件」を”あなたの企業”の立場で、最適化するための整合交渉の志援が出来ます。

  化学反応の触媒的役割で事例企業の最適機能発揮と ”あなた”の組織の活用パワーを活性化し最適化する役割です。 
  交響楽団の指揮者ような役割をし、A志援が連携と連携し”当事者に加われば”自然に善循環をはじまります。!
   
  
(常に実戦臨床し、体系化された価値判断を磨き続ける実務家の智慧で志援します。)                          

■あなたの壁の突破口探し
・会社の規模が変われば成長システムの壁がある
・自社人財の成長スピードを超える加速はできない。
  期間が必要。
 

■外部の智慧との融合強化
・期間を短縮する方法は、外部から自社ノウハウを超えた、
壁を破った実戦ノウハウ(自社の次の規模の人財の方がよい)を補完し、自社人財成長を加速する方が、成功確率は高い。 

  

■A志援サイト活用ステップ
・”あなた”が自社に補完すべきテーマを探し、そのテーマを解決方向に導く確率の高い、智慧(内部・外部)を整合活用する。 
 

■新規事業・事業再生の実行策確信化
◇ピーター・ドラッカー

「戦略計画は 未来の決断を扱うのものではない。戦略計画は 未来の可能性を扱う現在の決定である。」 

◇ジョージ・S・ディ
「戦略計画とは 確かな未来を確保するために、今なさねばならない決定に対して最善の入手可能な情報を効果的に適用することである。」 


 

■上限予算の選択について
   
・成長軌道の次の段階への短期乗換する先行投資が必要。
   投資効果の成功確率は、外部の取引企業の提供できる
   補完ノウハウ次第で決まる。 

 
 
◆名簿購入上限予算について
・新業績基盤(美田)に蒔く種・芽です。自社にふさわしいものを選別し、選別の基準を決めて、計画的に増やすためには先行投資。 
 

◆市場調査依頼時の上限について
・新しく蒔いた種、移植した芽が順調に育つためには、手入れ
(営業&サポート等)のやり方の”カイゼン”、肥料(商品・製品・
サービス)の”改良”が必要。天候(経営経済環境)を先行で把握
して、仮説を立て、対応スピードコントロールが必要です。
自社の現状の「しくみ」「なかみ」を相対比較し、常に競合他社以上の収穫ができる美田にするための先行投資が必要。 
 
 

◆半年・1年契約の志援
・新事業計画(シナリオ)に従い、決めたことを決めた期間に決めた段階まで達成し、追加ノウハウを付加し、次の段階へ進む実行スピードを加速する場合、内部の妥協を整合し、最適法で期間を守り実行する場合、外部の力の方が推進・誘導力は強い。
外部の智慧を社内に融合し蓄積したノウハウは、ナノミクロの オンリーワンノウハウとなる。部の智慧の限界は、セミミクロ、
ミクロ情報が限界です。
 

 

 

    

 

◇ホップ:決めたことを実行体制に移す段階

 
未来戦略・新規事業は他社(者)と自社人財と共鳴・共振・共働(コラボ)の効果度は高い。

   各企業で必要外部の知恵・智慧ことなります。
  あなたの会社の外部力を定期的に整理してみると、今の事業展開の必要テーマが浮かんできます。
                                  

経営陣志援 
 

新規開拓営業志援 
 

製造志援 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

財務志援
 
具体的提供ができる実績豊富な企業
 

人事志援
 
具体的提供ができる実績豊富な企業
 

教育改善・業務改善
 
具体的提供ができる実績豊富な企業
 

新市場開拓モデル
 
具体的提供ができる実績豊富な企業
 

  

 

 

 

 

 

 

 

  物流分野は
 第3の利益源

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

  

 

         

 


◇ステップ・ジャンプ:  
実戦・行動 
   
(あなたの組織の誘導力・垂範力・推進力が成果の格差)
 
         各ステップで決めたことを”もうちょっと”きちんと実戦・継続すると
          
顧客数が増える。品質レベル・スピードが上がる。利益が上がり続ける。

     

     
    
”あなた”の実戦力が上がってきたかどうか自己確認する
         価値判断尺度

     「能力とは 身についたものをいい、実行力である。
     頭だけでわかっていても、実行できないものは
     能力とはいえない。
     日常の習慣となってとくに「力まず」して実行できる
           状態のものが能力である。   
 

    無限成長し実現量を増やす着眼
          

           プロジェクト推進・問題解決光明の窓

      
担当業務で企業に貢献したい人の光明の窓

      
企業が評価する人財成長の光明の窓

              ●特許知財を戦略的に活かす(創市場のための情報を含む)
              


   ◎A志援会員サイト        

         □戦略的に制御人財へ成長する   

         創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向
    
          自分を変え周囲が変わる価値判断

         
産業人材能力に関する情報         

         
管理の基本機能

         
営業関係知識項目スキル熟練度

           創造的マーケティング

         
新製品・新事業開発のための情報

           □コアコンピタンスの明確化

     □先人の知恵「企業博物館史料館」 
    
           再発防止に関する行動



           ●「経営人材システムの評価」                   
           「自分を変えて、自社が変わる価値判断」の内容を指標化して、アナログ的要素も
              デジタル化・数値化して、客観的判断を出来るようにすることが、突破口です。
              複雑企業で、膨大な因子(人間の細胞的)を持つ企業を体系化し、その組み合わせを、
              ランクアップ(成長)させながら、次の目標を達成するための軌道を乗り換えできる
              総能力量(ポテンシャル)を総合的な角度から先行計画しなければならない。

             今までは、業界・環境・規模・世界の成長格差等で総合環境が海外発展途上の国が多く
              プラスに働き、従来の経験だけでも成功してきた。
              ネット社会になり世界の人財の成長スピードは加速され、従来と比較にならないスピードで
              高いレベルで均質化し、「人の数」「経営資源」を豊富に持つ国々が、日本とのレベル格差を
              縮めて追いつき、追い越し始めてきた。20世紀代と様相は異次元になってきた。

      具体的に実現行動するための事業行動は 自社の投資能力に応じたX軸Y軸Z軸の細部因子を
      数値化して進行プロセスを見える化するしくみによる先行管理の精度で決まります。
      結果である過去は「経営業績評価指標」、各社の独自の先行管理指標として見える化できます。
      見える化指標を、推計仮説し、事業を組み立てるのが、事業計画、経営計画です。
      売上50億円以下、社員200以下の企業は、よく経営者が、「環境が悪くて社員の力不足で業績が
      悪く赤字になりました。」といいますが、何か変な他人責任回避の他責任である確率が高い。
      売上規模が小さく損益分岐点売上金額を「晴れ、曇り、雨」の経済環境ど捉え、「雨の場合の」
      130%以上の目標を達成する行動をすれば、想定外の悪環境下でも黒字化できる確率は高い。
      「甘い晴れ予測、過去の成功体験という思い込み、王様と歩(20世紀の原理である文鎮組織
      を止めることを推奨)、赤字は、王様とその組織の総能力が足りないだけです。社員が、組織の
      中の個人として、「もちつもたれつ」全社の不足機能を補完し、補完行動し、外部の知恵しくみ
      システムをわが社にふさわしい形で、社内で現場の中で育つ制御人財を探し出し、ある数に
      増殖させると、社員200名以下の場合、200名の行動ベクトルを黒字化行動に整合させプロセス
      コントロールすれば想定以上の速さで、黒字化ができる確率は高いことに気づくことが大切です。
      21世紀は、短期間で、社内の時間生産性を上げれば、ついてこれない悪貨人罪は、正当な理由
      をつけて去り、残った悪貨人罪は、人財へ加速度成長をはじめ、人在も人材化を徐々にはじめる
      確率が高い。社長、役員、個人年俸制度優秀社員の平均年収総額の5倍で押さえる賃金体系
      に直すことを推奨します。オーナー経営者の7倍以下で欲煩悩を抑えることを推奨。
      社員200名以下の場合は、非常勤役員は、幹部社員程度にする。常勤者は現場兼務をして、
      一人の社員としての役割業務をしているため「もちつもたれつ」しています。一人では何もできない
      業務をしています。5倍以上の年収は、社員に感謝報恩として、提供する強い人だからできる
      弱者へ人件費をまわすやさしさとする方が、組織の総能力増加ベクトルになります。
      非上場株(上場株も含む)株主重視として必要以上の無理な社員人件費総額と比して変な配当は、
      配当総金額を「晴れ、曇り、雨」の3段階とし、先行投資費用の年間累積金額を優先して決め、
      「雨」でも必ずプラス(無配は、社員を全員減給してもゼロにしない)にし、配当利益が銀行の貯蓄
      金利以上にすればよい。
      21世紀進化してきたしくみシステムである創市場、創客のしくみコンタクトセンター機能を構築し、
      客数の持続的増加と、客単価にふさわしい商品製品サービスの提供できることが必要条件です。
      外部を活かしきれば、月次負担の少なく、王様を核として、見(観)えるコントロールができる
     、やらざるをえないプロセスコントロールができる進化をしています。
      社員の責任回避ができない確率が高かくなっていることに気づくときです。新規見込み度の高い
      情報が次ぎ次ぎとブロイラーの如く社員に配分され、厳しきプロセスコントロールで、契約計画との
      差額を組織の「もちつもたれつ」で決めざるを得ないしくみになります。非効率な先の見えない新規
      見込み先づくりに要する非行動と、その数の相対比較したときの挫折感がへり、契約生産性が上がり、
      20世紀型に比して、さらに先行型で見込み先の受注化期間を短縮するための布石を打つことに時間
      がさける確率は高い。月次契約者数金額、利益の業績貢献者数が今より10%以上高くなる確率は
      高い。営業会議でいつも逃げたくなる悲壮感の業務が、「間ができて楽に、過去以上の業績が上がる
      ようになると」家庭子どもに接する時間、親としてのやさしさも出てくる確率は高い。
      地域型生業家業、中小企業は、地域密着CATVや地域の銀行を上手に事業展開の中に組み込む
      ことは、より実現確率を上げる方法の一つです。   

           1.経営業績評価指標     今の企業の状況を評価(結果系)

              2.経営軌道誘導制御因子  実現へ向かうための因子(変革方向づけ)  (Z軸)
 
               3.経営実現能力因子     経営資源に関する因子(フロー・ストック・ソフト基盤) (X軸)                                                                <人財群・組織の機能発揮に関する因子> 
        
             4.経営マネジメントシステム因子 経営のしくみ因子(プロセス・マネジメント・ソフト) (Y軸)

  

        

 

商品一覧