開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

ラティス・テクノロジー

■ラティス・テクノロジー  090813

製造に関する次代への進化ラティス・テクノロジー




製造業の3D CADデータの共有、活用、業務最適化を支援するXVLを
展開しています。多くの大企業・中堅企業と取引をしています。

3D データをネットワーク上のメディア (= コミュニケーションの媒体) としたいという思いで
設立された技術開発型のソフトウェアベンチャー企業です。創業時の夢は、ネットワーク
3D の分野で日本発世界標準となる技術を開発すること。 1999年、精力的な研究開発の
結果、圧倒的なデータの軽量性と高い精度、さらにデータの構造までも表現できる 3D 表現
形式 XVL の開発に成功しました。 XVL があらゆる産業で利用され始めた今、世界標準と
いう創業時に描いた夢に着実に近づきつつあります。
これまでは、 3D データは CAD/CAM のように設計製造現場でしか利用されてきません
でした。データ量が巨大で高価な CAD システムでしか利用できない 3D データは、手軽に
利用することは困難だったからです。 XVL 技術は 3D データをネットワーク上で簡単に共有
する仕組みを提供します。当社では、この XVL 技術を利用して 「Casual3D」 という新たな
コンセプトを提唱しました。 「Casual3D」 の世界では 3D データを、誰もが、どこでも、手軽に
扱えるようになります。特定の用途でしか利用されてこなかった 3D データを、設計・生産・
調達・発送・マーケティング・営業・保守といったさまざまなビジネスプロセスの中で利用
できるようになりました。企業内外のコラボレーションを実現する中で、 XVL が大活躍を
始めているのです。

市場創造型のベンチャー企業です。 3D データをネット越しに共有して家電製品のデザイン
を把握する、 3D アニメーション付きの自動車の整備マニュアルを海外にネット提供する、
既存の情報と3D情報を統合してオンライン部品表を全社共有する、 3D データからカタログ
や 2D イラストなど紙情報を直接作成するなど、 XVL を利用して多くの企業がビジネス
プロセス変革しています。すでに、日本の大手製造業のほとんどが XVL のユーザーとなり、
業務変革に取り組もうとしています。続々と開発の進む XVL 製品群が変革の可能性を
大きく高め、 「Casual3D」 の世界をさらに広げているのです。
                                                                            挨拶より


 

 
更新 2009.08.13

□ラティス・テクノロジー

  
●アクセス

◆会社概要
主要株主
トヨタ自動車 、日立ソフトウェアエンジニアリング、三井物産 、
東京海上日動火災保険
 

◆挨拶

◆役員プロフィール

●決算広告

 

 ◇製品情報

   「体験版ダウンロード」ができます。
























 

◆XVLとは
XVL(eXtensible Virtual world description Language)
とは ラティス・テクノロジーが開発した世界最高水準の基本性能を実現した軽量3次元フォーマット。

 国内外の製造業では、近年、3D CADが普及し、3Dデータの蓄積が始まっています。このデータを設計部門のみならず、製造・生産技術、サービス、調達、営業、マーケティングなどの各部門でいかに活用するかが国際競争力の向上につながります。ラティス・テクノロジーは、軽快な操作性と、豊富な対応アプリケーションを提供するXVL技術を通じて、これらの課題の解決策をご提案します。
XVLは、3D CADデータに比較し、1/100程度のサイズに軽量化できるため、大規模な3Dデータの表現を得意としています。そのため、3Dデータを使った設計データ検証、組立指示書、部品表などに活用され、世界各国の製造業の業務最適化を支援しています。

◎製造業の業務効率を上げるための3Dデータ活用には、3つの情報が必要です。
 1.3D形状  2.属性情報 3.構成情報

 XVLは、形状を軽量に表現するばかりでなく、3D CADに含まれるこれらの属性情報をあわせて表現します。そのため、設計、製造、生産技術、サービス、調達など、各業務の目的にあわせて、3Dデータを効果的に活用できるのです

◆XVLの特徴
◆XVLの活用分野

◆XVL製品一覧
◆編集
◆ドキュメント作成
◆セキュリティ
◆閲覧
◆システム構築・カスタマイズ
 

 

 ◇活用事例


採用企業で公開可能な企業の事例が閲覧できます。
活用の課題が違い、自社の日常業務の問題解決テーマを想定して、「詳細を見る」を閲覧すると参考になります。
 

 ◇パートナー














 


 XVLセールスパートナー企業を紹介。購入は、セールスパートナーでできます。 親会社の専門性の深度で、応用機能拡張格差
があります。社内教育普及スピードと現場サポート時を想定して、連携をお奨めします。

株式会社 大塚商会
株式会社キャパ
シャープシステムプロダクト株式会社
住商情報システム株式会社
株式会社 トヨタケーラム
株式会社 トヨタコミュニケーションシステム
日本システムウエア株式会社
日本ユニシス株式会社
日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社
伯東インフォメーション・テクノロジー株式会社
株式会社 PLMジャパン
株式会社 日立システムアンドサービス
株式会社 日立ハイテクソリューションズ
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
株式会社 フォトロン
三井造船システム技研株式会社
(公開された企業50音順)

 

 ◇プレスイベント


ラティス・テクノロジー株式会社発の公式プレス発表 及び、当社に関するメディアへの掲載情報.。
 

 ◇ソリューション


























 

◎6つの3D個別最適ソリューションを提案
1.デザインビュー
2.機構シュミレーション
3.工程設計
4.作業指示
5.部品表
6.イラスト
 

製造業の勝ち残りにおいて、必然的に求められるのが、品質の改善、納期短縮、そして、コスト削減です。3D設計が一般化した現在、3D CADデータを活用すれば、即座に目に見える効果があらわれます。業務の最適化への近道は、部門や業務ごとの個別の問題を、まず解決することです。実績あるXVLソリューションにより、設計品質を高め、設計情報を後工程に伝達することで、デジタル現場力を高めることができます。
3Dデータの有効活用で製造業の競争力強化に明日から貢献できるソリューション、それがXVLです。
 

◎6つのキーとなる業務と対象部門(事例閲覧できます)
設計や生産技術や製造部門では、設計力強化が、生産技術、製造、調達、ドキュメント製作部門などでは、現場力強化が課題となります
◆設計力強化ソリューション
・干渉、クリアランスチェック(設計)  
・断面チェック(設計)
・設計変更連絡書(設計、生産技術、製造)   
・動作シミュレーション(設計、生産技術)
・メンテナンス性チェック(設計、生産技術) 
・組立順序検討(生産技術、製造)

◆現場力強化ソリューション
・3D組立指示書、工程指示書(生産技術、製造、調達)
・3D組立指示書、工程指示書(生産技術、製造)
・組立工程表(生産技術、製造)
・パーツカタログ(生産技術、製造、調達)
・3D部品表(生産技術、製造、調達)
・テクニカルイラスト(生産技術、製造、ドキュメント制作)

 

 

 

 

 

商品一覧