開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

全国の農政局・経済産業局の動向

■全国の農政局・経産局の動向      090810

 植物工場・栽培養殖漁業2009   >全国の農政局・経産局の動向
 日本で実現可能になってきたプロジェクト>全国の農政局・経産局の動向
 「新連携」で企業使命実現の確率は上がる>全国の農政局・経産局の動向
 「新連携」型企業事例

  農業法人の中堅大企業の待望




◎世界に比肩できるためには、農政局の世界戦略の中に、緻密な遂行プロセスを
組立てて、目標管理しながら、目標と実行の乖離が少なく、必ず前進するしくみ・
システムを構築するためには
経済産業局(経産局)と、密接な横断的連携が実現スピードを従来の倍速にできる
方法の一つです。最適連携を始めなければ、農政局が世界と相対比較した時、
世界の進化スピードの後塵をとる確率が高くなる分水嶺の時期が近づいています。


世界の食料開放の潮流の中で、20世紀から継承してきた日本の小規模型しくみ・
システムにより、単位当たりの収穫量、その品質格差は個人努力まかせの生業・
家業型個人能力依存方式が主流で、50%以上を占めているのが現状です。

世界の相場に、構造的対応ができ難しい方式で、薄利出荷し、資金が続く限り、
自転車操業して苦労しても、低コスト大量の均質の品質商品を生産する国と
比較すると、国の助成で現状維持するのがやつとの状態です。
国内の自給を増加するための機能の成長力は弱く、時間経過するごとに、世界と相対比較するとますます格差が拡大してきていることに多くの人が気づく段階に
なってきました。

農業ブームに対応して、シニア、高齢者の参入を行政が助成をはじめ、地産地消
型零細農家を育成しはじめました。流通サービス業界、食料加工業界の大量安定
農業漁業の原料確保の次元とは別な方向がはじまりました。

現実的な日本国の動きは 国内での食料自給への方向とは逆に、ローコスト
大量確保の可能性の高い、日本国内の安定供給安全保障のために外務省と
農林水産省は大手商社と海外投資促進に関する「海外農業投資促進会議」
が開かれました。農業自給率の低い、国土の狭い日本国の動きに、拮抗して、
世界の人口が多く、国土が広い国が、自国内だけでなく、世界のローコストの
農業生産地の確保戦略展開が加速をはじめました。国外生産地の確保も国際
競争段階に入ってきました。

国内自給率を上げる方向と 逆の方向で、将来、国内の農業水産業界の存続の危機が着実に近づく徴候が出てきました。


◎日本国、大手商社が、海外投資による農業生産地の視点を、日本国内の
都道府県が選ばれるためには、「ものづくり」より更に高度なしくみシステムが必要
な「農業水産業」であることに気づく人財がまだ、育つ量が少ない段階です。

「農業水産業」のような危機管理パラメターが多岐にわたり、収穫確率の高いコントロールをするためには、人の限界を超え、複数の人の総能力以上のしくみで
制御できる人工知能とITの融合した、総合生産システムを構築する実用化検証
のための、中堅規模農業生産法人を短期で設立する時期がきています。
タイミングが遅れると、世界に先行するのではなく、世界との格差が加速度拡大
になる分水嶺の時点が近づいています。

世界的視点に立つ投資余裕のある人財は 目先の利を後回しにして日本へ
先行投資が必要な時期がきています。もし、タイミングがずれると、日本の
食料自給が世界の相場に対応できなくなる分水嶺の時期です。


ものづくりは、有限の重点パラメターで、設定した方法で生産コントロールにより1対1に近い
確率で進行し製品化できます。

しかし生物の場合、「種子、幼魚」の段階から無限のパラメターが想定できます。
(遺伝子組み換えも含め)。

人間でさえ、人種により、微妙に異なり、同じ人種でさえ環境パラメターで成長格差は無限に
近くなります。
現在は生物の成長に対しアナログ対応が主流ですが、「種・目」別にデジタル領域を増やし、成長、
品質を形成する節目の時期を重点的に、高品質と大量化へコントロールする必要があります。
アナログ型農業から、アナデジ(アナログとデジタル)の融合の進化が第一歩です。

20世紀代、企業経営はアナログ型で個人の智慧の成長度合に左右されていましたが、デジタルの
進化に合わせ、経営はアナログとデジタルの融合度が21世紀に進化し、多くの促成栽培型社員の
成長するしくみシステムが実現でき、世界のコストに比肩できる企業も出現したきました。

農業は「企業経営方法ITシステム化手順」と「ものづくり方法の改善進化の手順」を融合
したもので実戦した方が、成功確率は高くなり、継続的カイゼン探求が可能になります。
この仮説を立てると農業生産法人の事業の成功確率は常に世界と比較しての高くなる可能性
がある方法の一つです。


日本の農業は、短期で、中堅、大農業生産法人の出現が、世界に比肩でいる方向です。
明治時代のような国策型により指名企業の育成が早道ですが、現在は不可能な時代です。

農業法人に先行投資する財力豊富な人財の出現により、日本には実現確率の高い情報、企業が
あります。すでに育つている世界観制御人財を活かせば、上場企業の子会社事業展開方式で、
短期上場可能な成長が出来る段階になっています。

日本国に中堅農業生産法人を設立する世界観使命が高く、世界販路を持ち、日本国の農業の最新
ノウハウの育成使命感を持ち 世界観視点で事業展開する大企業、中堅企業の商社の子会社として設立すると、更に短期で善循環事業化ができる確率は高くなりました。


◎経済同友会が2009.7.29 生産者と政治、行政の三者だけで進めてきたコメ農業を消費者重視に
転換して国土保全と持続的な農業生産を図る農政改革すべきだと提言を発表した。
農政改革の核心がコメ農業にあるとして減反政策を5〜10年かけて段階的に廃止することを要求。
同時に国土や環境保全を図る農業者や農業生産法人などへの助成金直接支払制度を導入し、農業
衰退を防ぐとした。農業衰退の要因が消費者不在の農政に問題があるとして減反は廃止を提言。
その際、一気に廃止すると急激な米価下落で市場が混乱するために、段階的に進める。その間に
後継者教育や耕作放棄地に対する課税強化などの必要条件を整える・・・・・。
基本認識として、政府は農業に4兆円超の予算を投入しているが、総農家数は1965年からの40年
で半減、耕地面積は、同2割減少、耕作放棄地は30年で3倍に増えるなど衰退の一途をたどっている
ことを上げている。   日刊工業新聞 2009.07.30 より


◎提言内容は 自社が先行して大企業の子会社型農業生産法人を持ち、自社成長に都合の
良い企業主導の域です。日本国の立場で考えると次の方法の方が先人智慧が活かせる方法の
一つです。

1.コメの価格維持のために、現在のコメの耕作面積増加をゼロにする。
 同一総面積での、収穫量を増加させるための、生産しくみシステムを変革の方向へ向ける。
 米価の変動、生産技術の向上は、都道府県が自エリアの責任を持つ。
 すでに生産目標を立てて、生産すれば、増産計画は、天候の危機管理も含め、高度な生産能力
 持っています。現在のしくみシステム段階レベルでノウハウを蓄積されています。

 価格の低下を吸収できる価格維持は、販路の拡大です。都道府県が、新規販路拡大支援責任
 を持ち、国民に情報公開し、目標達成都道府県の方法で拡大する。日本国も海外新販路の
 目標を立てて、進捗度を国民に公開すればよい。

 同時に耕作放棄地は、そのとき、耕作以外の他の転用を禁止する。(耕作可能土地を確保する
 目的、耕作可能土地の転用による減少をゼロにする。農地取得の地主の歴史から畑地転用
 していない休眠型の場合、権利放棄とみなしすか、共同で一定面積以上の賃貸土地に提供
 する方向で指導する。

 ただし、都市計画上、その面積の等面積交換は出来るようにする。(地価による等価交換では
 なく、面積を優先させる。)


◎「コメの販売量が食生活が変わり、減少傾向がある」、飽食な国の何か変な常識、販路は
 世界市場で無限に気づく人の数が重要です。日本国の官僚が本気で財政黒字を考える人財
 が育っていれば、黒字化貢献度は高い。

発想の180度転換の根拠
(1)コメは、世界の主食の中で、ローコスト、低加工度で、胃袋の欲求を満足でき、人間の行動
  エネルギー源となる効果度は高い。
  飢餓の国に、飢餓の人を、金で資金援助するより効果度の高いものです。
  日本の戦時中、兵隊や戦国時代の長期間兵糧攻めに耐える健康維持ができた実証があります。  コメの量が少ない時は、その中に入れる野菜、その他で水増しして飢えしのいだ方法に気づく
  人がいると思います。
  おいしく食べるために、炊飯器とセットにする。炊飯器(業務用、個人用)の電気は、太陽電池
  による蓄電池方式により、炊飯時間だけ最低電気が供給でる専用機能をもたせればよい。
  おいしく炊くための手順は、炊飯器に任せる発想の方が、よい。毎日めんどうな手順で炊くことは
  他の国の人に期待せず、誰でもできる方法がよい。その炊飯器は、他の料理にも多機能で
  利用でき食生活を向上させることができます。

  コメの提供とバーターで、日本国に必要な非鉄金属の安定供給の基地を確保すればよい。
  「食が足りた人は、礼節を知る」のことわざのごとく、日本国に対してプラスが発生するトリガー
  となります。
  
  コメのつくり方を、小規模で農業支援をしても、大規模生産法人にはならず、日本の失敗の
  歴史を伝え、一過性で終わる悪循環に要した費用対効果をカイゼンする時期がきています。

  世界の販路拡大に応じて、耕作面積の都道府県の計画的増加の時代が中期で実現できる
  可能性は高い。   

2.耕作放棄地は、不動産税の比率を上げ、個人財産として、日本国の直轄土地に買い上げる。
 一定規模以上の大・中堅農業生産法人に土地を賃貸する。賃貸量で日本国の安定収益源に
 する。(財力のある企業人に、安く民間に払い下げ、高く売買契約売る何かおかしい方法は
 しない)

 小規模農家が、他の業界の企業合併、組合組織等の方式で、一定以上の規模の耕作放棄地
 を、中堅規模の農業生産法人に土地を貸し出し、新しくみ、システムの中で労働提供と、土地の
 賃貸収入を得る方法もあります。2交代3交代シフトで、従来より、サービス型労働時間から、
 時間賃金となり、現状より楽で、収入は多く、従来の努力は、ローコスト大量生産物になります。

 農村生活のやり方の変革がはじまります。 

3.耕作放棄地は 地方行政が買い上げて、同様な賃貸方式で収益源としてもよい。
 
 一定規模以上の大・中堅農業生産法人に土地を賃貸する。賃貸量で日本国の安定収益源に
 する。(財力のある企業人に、安く民間に払い下げ、高く売買契約して売る何かおかしい方法は
 しない)


もし先行投資財力者の出現がなければ、日本では、短期中期実現はできません。
現在の分散型、小規模が時間をかける20世紀方式で長期間をかけて、絶対比較に満足していると、世界と相対比較したときに想定以上の格差が広がっていることに気づく時がきます。

国策型戦略のとりやすい富、人口、広大な土地を持つ国の21世紀型成長スピードは超速で格差拡大
してしまいます。「いつも後塵を拝する」確率はますます高くなりました。

●「三菱東京UFJ銀行」や「日本農業再生パートナーズ」 が2009年は出現してきました。

自力成長可能な他の業界と同様なやり方で、自主申告で資金調達する方式では、日本国の農業
生産法人は、存続出来難い環境にあります。
戦略的に、中堅以上の農業生産法人事業展開するプロ経営者と制御人財の支援をしない限り、
中小企業基盤機構よりも赤字企業投資の比率がさらに高くなる確率が高い業界です。

物流・販路確保のしくみを投資グループが持ち、農業生産法人は計画生産とコストダウンに専念
せるシクミシステムが必要です。(20世紀のJAの役割を21世紀更に創市場創客善循環化する)

●JAが中堅以上の農業生産法人としての機能を発揮するように変革すると、中期で、日本の農業
環境が世界に比肩でできる可能性が高いことに気づく制御人財の数の成長を待望しています。

今の事業展開の優先順位を21世紀型に組み替えるだけで、他のゼロからスタートするグループや
第2世代「植物工場」による、一部の畑作生産でない、第3世代の「植物工場」の実現は早くなります。
世界の農業生産国として、潜在能力を持つ、現在の最大パワーを秘めています。

ただし、日本国のために クローズ型姿勢から、オープン型へ180度方向を換え、既得権の固執
しないで、世界観を持つ、制御人財が多く成長していることが前提です。官庁の出先である各地の
農政局、経済産業局、地方行政、官産学連携等、現在ある組織を活かしきることが必要です。
A志援のサイトを活かして、現実化の加速を待望します。

ただし、現在のJA全農の価値判断は、何かおかしい動きをしています。制御人財の成長が
遅れ、現在の軌道を変える確率が低く、期待が出来ないのが現実のようです。

2009.07.20日刊工業新聞社 JA全農は イネ原料とするバイオエタンールを混合したガソリン
「グルーンガソリン」の販売を、新潟圏内19ヶ所のJA系ガソリンスタンドではじめた。わざわざ
非食用の多収穫イネを活用する。JA全農のプラントでバイオエタノールを製造し、JA全農新潟
石油基地で1割から3割混合する。畑作への転用が困難な水田の有効利用をはかる目的。

1坪の土地の生産性価値に対する感覚が時代と別次元であり、商売の原則、関係者の人件費も
含め経費と収益に対する感覚が時代と別次元のようです。 食料の燃料への転用に関しても
世界観の視点でみると何かへんな本質的体質をもっているようです。



◎ 農林水産省は2009.06.04 やっと前向き型21世紀型に、少し動きがはじめました。

  ●他の日本国のICT関連産業のような要領のよい世渡り上手方式では、最も重要な、心臓
   機能と知能回路が、富を多く持つ国へ、いよいよ追い越される時期が近づきました。
   日本国方式で、汗をかき、実証し、進化させなければ、想定以上の短期で他の国に追い越
   されます。日本国の戦略的な方法選択の時期の分水嶺が近づいています。優れた官僚の
   皆様が、世界観、国家観の視点から、他の力に幻惑されず、制御人財としての機能を発揮
   されることを待望します。

 「農業分野における情報科学の活用等に関わる研究研究会(第1回)開催

  農業分野における認知科学技術や人工知能(AI)、情報技術(IT)の活用について意見交換を
   行うため、我が国の第一線の研究者と省内関係者による研究会を6月4日(木曜日)に農林
   水産省第1特別会議室で開催しました。やつと   認知科学や人工知能、ITと農業の”融和” 
 に向けた研究会を立ち上げ、前進を始めました。  



各エリアの農政局、経産局と連携し、若い世代と産学協同体制により、現在の
ものづくりの最先端の智慧を活かし、生き物の成長収穫のメカニズムへの
さらに高度な智慧を付加する必要があります。帰納法的過去のから最先端
までの集約情報は、現在の研究機関、サポート機関で体系化整理されて
パターンでわかりますが、他のものづくり業界の演繹法、仮説法による生産
に活かせる智慧の体系化は遅れているようです。機能設計の素養を持つ
多くの人財は、見える化することができます。早く農業漁業分野のしくみ、
システム化を待望しています。

 

 
■国の行政機関  各省庁の施策と行動は相関があります。

◆内閣府

◆総務省

◆財務省 

◆経済産業省

◆農林水産省 

◆国土交通省

◆文部科学省

◆厚生労働省

◆環境省

◆外務省

◆法務省

 

 

 

 

 

 

 

◆中小企業庁

◆資源エネルギー庁

◆特許庁

◆林野庁

◆観光庁

◆消費者庁

◆金融庁

◆国税庁

 

◆検察庁

◆文化庁

 

 

 

 

○各地方経済産業局

○日本年金機構

 

 

 

 

 

 

 

 

更新 2010.01.20            現在はエリアの区分が違う「局」があります。


 □農政局


□経済産業局(経産局)

 
   地域の特記


  北海道農政事務所
  
◆食料自給率の部屋
◆安全で健やかな食生活をおくるために
◆なぜ?なに?食育
◆食事バランスガイド

◆国際情報(農林水産省情報)

◆北海道農業概要
◆水田・畑作経営所得安定対策
◆食育地域レポート
◆お米消費拡大のページ
◆農林水産統計(HOKKAIDO)

◆北海道農林水産情報ネットワーク













 


 北海道経済産業局

◆北海道地域産業クラスター計画
◆モノ作り産業活性化
◆サービス・観光産業振興 

○北海道農商工連携加速化プログラム  2009.09.10

○農商工等連携促進法の概要
  2009.5.23公布 2009.7.21に施行

○改正立地促進法の概要
2008.08.22農林水産関連産業集積の活性化に関する取組みについて、追加的に支援措置を講ずるため、改正法が施行されました。

農業生産法人経営人材育成ガイドブックの刊行についてー新分野へに挑戦した22人の農業生産法人経営者を紹介  2009.11.24

農商工連携研究会報告書公表
     2009.07.10
農商工連携研究会植物工場ワーキング報告書等公表
     2009.7.10
植物工場PRデモブース展示、先進的植物工場啓発フォーラム開催案内  2009.12.18




 

 ○第3回農商工連携見学会「新発見ツアー」開催
生産物の高付加価値化にチャレンジしませんか 201001.15










 


 東北農政局
 青森、岩手、宮城、秋田、山形、
 福島 

◆食の安全と消費者の信頼確保、食育の推進
◆食料自給率
◆農政改革三対策の推進
◆輸出促進対策
◆農山漁村活性化
◆ぐるっと東北きになるはなし
◆統計情報
◆東北地域農政情報
青森、岩手、宮城、秋田、山形、
 福島 

◎東北地域農林水産情報ネットワーク「TORAIトライ」
 東北の各機関等が提供している農林水産業に関する情報を一元的に提供するポータルサイトです。農林水産政策、農林水産業の取組事例、イベント情報など、農林水産業に関する情報を簡単に入手しご利用いただくことを目的に運営しています。
 


 東北経済産業局
 ◆農商工連携

 ◆東北物流効率化推進サイト

「寒冷地対応型植物工場」シンポジウムの開催 2009.12.25
  開催 2010.1.27(水)
     青森国際ホテル 

○先進的植物工場推進事業の実施について   2009.10.16
・花巻市内における太陽光・人工光植物工場の展示
 各地に期間限定型展示
○宮城県仙台市内中心市街における完全制御型植物工場の展示









 

「いわて海洋研究コンソーシアム」の設立 
2009.07.28 三陸沿岸地域に立地する5つの海洋研究機関と、地域の行政機関、公的支援機関の構成で設立。連携を強化して共同研究等を推進することにより、同地域が海洋研究の拠点となることを目指すとともに、これら海洋研究機関の地域に密着した研究活動を支援することにより沿岸地域における産業の活性化に寄与することを目的とする。

青森県産業技術センター農林総合研究所
寒冷地対応型植物工場基盤研究拠点





 

 


 関東農政局
  茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、
  東京、山梨、長野、静岡   

◆関東地域情報ネットワーク

◆水田経営所得安定対策
◆食育ひろば
◆農林水産物等輸出促進
◆野菜を美味しく食べよう
◆バイオマス情報
◆グリーンツールズム情報
◆国営事業の取組み
◆食糧自給コーナー

○2009.08.28
最先端の植物工場「野菜工房」生産出荷始まる。秩父市

 関東経済産業局
 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、
  東京、山梨、長野、静岡  
 新潟

「植物工場・普及イベント」開催について  2009.11.10

2009(平成21)年11月24日から、さいたま新都心合同庁舎1号館において、植物工場の展示やセミナー開催を中心とした「植物工場」の広報・普及活動を実施。
提供 ぐるなび


 


□地域産品の販売促進・新商品開発の支援

◆中小企業地域資源活用プログラム
◆新連携対策支援事業
◆広域総合観光、集客サービス支援事業
◆地域イノベーション協創プログラム
◆中小商業活用向上事業
   商業/流通/物流/サービス


□IT活用による生産性向上、販売促進

地域産品IT販路開拓支援事業
  経産省のページ pdf 2008.7.14
     (社)日本セルフサービス協会
IT経営応援隊
  IT経営応援隊事務局ページ


 


 東海農政局
  岐阜、愛知、三重

◆食事バランスガイド
◆水田経営所得安定対策
◆水土里フィーラム
◆イベント情報

◆東海地域情報ネットワーク

○2009.12.05
「とうかいほっとメール」で農林水産省の施策情報や、地域のホットな話題を届けするしくみができました.
 


 中部経済産業局
 岐阜、愛知、三重
 富山、石川 
  ◆農商工連携 

 植物工場のモデル施設を 
 2009.11.24から展示開始

先進的植物工場推進事業費補助金を受けて同局が進めている中部地域植物工場普及啓発キャンペーンの一環

大仙(愛知豊橋)が開発した方式 
 

○「農商工連携フォーラムinなごや
知的財産の活用・地域ブランド化を目指して」の開催
pdf 2010.01.14





 


 北陸農政局
  新潟、富山、石川、福井

◆食料自給向上ライスランド北陸
◆食育情報
◆北陸バイオマスニッポン
◆国営事業所

◆北陸地域情報
  新潟 富山 石川 福井


 

 

 


 近畿農政局
  滋賀、大阪、兵庫、奈良、和歌山

◆近畿直売マップ
◆輸出相談窓口
◆水田経営所得安定対策
(品目横断的経営安定対策)
◆食育の広場
◆消費者の部屋
◆食品表示とJAS規格
◆近畿農業の概要
◆農林漁業バイオ燃料法
◆水土里の近畿を次世代に

◆近畿農林水産ネットワーク

○2009.6.16
植物工場普及、拡大総合対策事業の公募説明会開催

○2009.10.21
栽培環境を制御した植物工場で安定的野菜を生産、出荷 京都市

○2009.10.20
クリーンルーム工場農薬を使用しない省エネ野菜工場システム長浜市
 


 近畿経済産業局
 滋賀、大阪、兵庫、奈良、 和歌山
 
福井

 
◆農商工連携支援


















 


 中四国農政局
  鳥取、島根、岡山、広島、山口、
  徳島、香川、愛媛、高知

◆情報案内コーナー

◆中四国地域情報ネットワーク

◆農業農村整備国営事業所
 


 中国経済産業局
 ◆農商工連携支援


 四国経済産業局
 

 


 九州農政局
 福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、
 鹿児島 

◆食料安保・自給率向上コーナー
◆バイオマス王国九州
◆九州食育のひろば
◆九州の豊な食材
◆九州農業漁業大冒険コーナー

◆九州農林水産地域ネットワーク

◆農業施策と関連するデータ




 

 九州経済産業局

○第2回植物工場導入促進懇談会のご案内    2010.01.21

  「植物工場導入懇談会」pdf
                 2009.07

   エコ塾(植物工場セミナー)







 


◎2009.07.31日刊工業新聞 

九州経済産業局と九州農政局は、室内温度や湿度を調節して農作物を栽培する「植物工場」の普及に共同で乗り出す。9月をもでおに九州の関係機関を集めて普及団体を設立をするほか、セミナーを通じて植物工場の認知度を高める。農林水産省など3年後に工場数を現在の3倍の150地区まで広げる計画。農産物の生産量が全国の2割を占める九州でも、新たな農産物づくりを浸透させる。すでに5ヶ所の植物工場がある

◆エスジーグルーンハウス(北九州若松区・西部ガス子会社)
無農薬リーフレタス(フリルアイス・
ピュアーヴェール・グリーンマリーゴールド)
生産方式、販路開拓が進む事例
 

 

 

 

 

商品一覧