開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本電子回路工業会

■(社)日本電子回路工業会  090728

製造に関する次代への進化(社)日本電子回路工業会


◎高度高精密機械には、電子回路、プリント基板が融合(組み込み)してはじめて目的の機能を発揮できます。両輪の役割をしています。機械・人間(アナログ型・
見える)と電子(デジタル・見えない)の両輪の先人の智慧を体得することが
21世紀の必要条件です。



(社)日本電子回路工業会(Japan Electronics Packaging Circuits Association)
は、1962(昭和37)年6月にプリント配線板メーカ38社が集まり任意団体「日本
プリント回路工業会」として発足しました。以後、研修会、セミナー、JPCA Show
の開催、団体規格の制定、各種統計整備、動向調査の実施などの諸事業を
推進。
1977年(昭和52年)11月に中小企業近代化促進法に基づく構造改善事業の
作成主体となるため通商産業省大臣より社団法人設立許可を受け、2005年
(平成17年)7月には経済産業大臣から名称変更が認可され、
現在の「(社)日本電子回路工業会」となっています。なお、団体名称である電子
回路は、2007年(平成19年)11月に公示された「日本標準産業分類」では、
中分類28「電子部品・デバイス・電子回路製造業」、小分類「284電子回路製造業」細分類「2841電子回路基板製造業、2842電子回路実装基板製造業」として位置付
けられ、名実ともに日本を代表する産業となっています。
 

 
更新 2009.07.28

 □日本電子回路工業会



 

◆概要沿革

◆組織図
◆WG関係組織図
 

◆役員名簿 

◆入会案内
 

●会員一覧

 

◇委員会活動









 

協議会、部会、委員会で様々な内容の取り組みを行っており、業界の発展に寄与。

◆電子回路経営改善協議会
 電子回路基板地域部会(東京分科会、埼玉分科会、神奈川分科会、中部分科会、長野分科会、関西分科会の地域ごとに分科会を構成)、電子回路基板リジッド部会(電子回路基板メーカで構成)、電子回路基板フレキシブル部会(フレキシブルメーカで構成)、電子回路専門部会(設計、ドリル加工、めっき加工、金型、実装の専門メーカで構成)で構成されており、各地域による協議会を構成する各部会、分科会、委員会は、業種、地域性、専門性により共通する課題の解決、景況調査の共有化、情報交換、交流を図りながら、横の連携と協議会以外の委員会、部会との連携を図り、我が国電子回路製造業の経営改善の推進と健全化、国際競争力の向上を図っています。
 

◇統計


 経済産業省生産動態統計より
 

◇JPCA規格
 


◆ 電子回路基板の品質、信頼性解析
◆JPCA規格書の購入ができます。

 


◇刊行図書

 

Webで購入できます。

◇JPCA NEWS(機関紙)

機関誌「JPCANEWS」には、電子回路に関する特集をはじめ、環境、コラム、ニュースリリース、工業会における各委員会活動情報等が満載されています。また、会員以外の方々にもご購読を頂いています。毎月1回(25日)発行しています
 

○リンク



















 

◆(社)エレクトロニクス実装学会
・理論・技能等の要素の深耕,それを基盤にした要素技術のインテグレーション,さらにそれを発展させたシステム・機能の創出を通じて人材育成,企業活動の発展につなげる。
・連携の輪は,国内にとどまらず国際化を常に意識した活動とする。
・産学官連携のイニシアティブを発揮する。
 

◆(財)電子回路基板技術振興財団
 エレクトロニクス技術の発展を支えてきたのが電子回路基板技術です。「より小さく、より高・多機能に、より低コストで」というエレクトロニクス製品の潮流は電子回路基板の進化なしには実現しません。なぜなら、製品の小型・軽量化、高・多機能化のためには、電子回路基板をいかにより高密度化・高精度化するか、そしてより多くの電子部品をいかに効率よく電子回路基板上に配置するかの問題でもあり、電子回路基板を中心に高度な回路形成の技術が要求される。
本財団は、エレクトロニクス技術の発展を支えている電子回路基板の技術進化への大きな期待を背景に、関係各方面のご賛同を得て、2002(平成14)年9月に設立、電子回路基板技術分野における基礎技術、応用技術及び生産技術の調査・研究などに対して助成などを行い、我が国電子回路基板技術の振興に寄与しようとするものです。
 

◆世界電子回路業界団体協議会
World Electronic Circuts Council

 

○電子回路とは

◆電子回路とは

◆図解電子化路産業(JPCA「実態調査データ」)
 

○電子回路基板の品質、信頼性解析
 

 テーマ別に閲覧できます。

○環境、安全について
 ・KYTシート
 ・含有化学物質情報
 

電子回路基板製造業における環境安全、労働衛生について
閲覧できます。

○光電子回路サプライチェーンマップ




 

装置や機器内に光を用いることの様々なメリットから、光導波路/光ファイバを用いた光配線板あるいは光モジュール、光コネクタの技術/製品開発が着実に進んできております。
しかしながら、この業界は明確なサプライチェーンが形成されておらず、ビジネスという視点で立ち遅れている段階です。
さらに、開発メーカの増加により、各社開発部材の特徴などの明確化(差別化)が不足しており、ユーザ側がどこにコンタクトしたらよいか分からないなどの状況がありました。
各社の開発部材などを(想定)サプライチェーン上でまとめ、それぞれの技術/製品情報を検索できるデータベースを新設しましたさらに、今まで検討されてきた具体的な構造例を示し、そこで用いられる部材などの検索できるようにもしました。
このような視点で光電子回路実装に関する技術/製品情報を検索できるデータベースが、各社の製品開発、光実装市場の拡大に役立つことを願っております。
 

○電子回路業界の取引改善配布資料

日本電子回路工業会(旧称、社団法人日本プリント回路工業会)では、業界の取引改善を推進するため、お得意様各位あてに業界の実状を踏まえた取引条件改善のお願いの訴え、会員各位にはお得意様との交渉の手助けとなるマニュアル、見積書及び明細の様式を作成してきました。
pdf ダウンロードができます。
 


○「コラム」プリント版春秋子

 

過去のコラム「くもりのち晴れ」を閲覧できます。

 

 

 

商品一覧