開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

三木産業

■三木産業   090728

卸売業>三木産業

製造に関する次代への進化>三木産業



化学の力を信頼と共に。
先端の知識でものづくりを支援する化学品専門商社。(未上場)

◎新たな商流・情報流づくり


1974(延宝2)年、徳島阿波国中喜来浦村(現在の総本店所在地)で、三木家遠祖
が天然藍の取扱いを始めたのが三木産業の始まりです。
三木産業の創業は三世紀以上前、江戸時代、武家政権下の日本で藍染料問屋を
開業したことに遡ります。近代日本誕生以降は化学品に特化した商社として厚い
信頼関係を大切にしながら、創造的チャレンジを重ねてきました。

日本経済は厳しい状況下にありますが、ものづくりの上流を担う化学産業は、社会
から求められる製品の安全性や地球環境保全をリードすべき産業です。その化学
産業の商流の一端を担う当社は、永年培ってきた化学品のコーディネート力を発揮
して、お客様の新しい価値創造のお役に立つ原料調達を支援していきます。
その際、「公正・最適」、「安全で安心」な原料調達の基本を守ってこそ、化学産業の
発展に貢献できるものと確信し、当社の責務として実践します。

本当に有用な製品の研究段階から世に送り出すまでトータルにお役に立つ存在であり続けるために、そして三世紀を越える伝統を未来に活かすべく、新たな挑戦を続けています。

 


 更新 2009.07.28

   ↓クリック                          ↓クリック

□三木産業




 

◆会社概要沿革

◆事業ビジョン

◆あいさつ

◆組織図

◆300年の系譜(事業生き残りの歴史)

◆環境への取組み
 

●関連会社

●国内ネットワーク

●海外ネットワーク

 

◇事業内容


 

◆先端の知識で幅広い産業分野のものづくりを支援
 国内外の優良化学品メーカーを永年サポートするなかで培った知識が当社の財産です。グローバルに化学品市場の動向をキャッチし、化学品メーカー各社の得意とする原料、生産設備、そして特有の技術を把握した当社は、エレクトロニクス、ライフサイエンスをはじめとする幅広い産業分野で、ユーザー各社のものづくりに必要な多彩な商品・サービスを提供します。また、数多くのユーザーの課題・テーマに関する情報をもとに、化学品メーカーのマーケティングを支援し、優良な商品をスピーディに、幅広い市場へお届けします。
 
●ユーザー調達パートナーとしての役割
●メーカーのマーケティングパートナーとしての役割
 

◇商品・サービス




















































 

◆ファインケミカル
 写真薬・ゴム薬・染顔料・香粧品などの製造時に使用される様々な高品質・高機能の原料・中間体をカスタムメイドにより提供。
 

◆医農薬中間体
 医薬品・農薬のスクリーニングや開発段階に必要な少量サンプルから、上市後の大量合成に必要な新薬の原料、中間体、また原体に至るまで、生産設備、技術、得意とする原料を勘案し、最適なパートナーを紹介。
 

◆安全性試験受託
 1988年から、米国ラボのウィルリサーチ社と日本国内営業代理店として、各種医薬品、バイオ製品、化学品、農薬、動物薬及び食品の安全性試験を受託。
 

◆情報記録材料
 トナー用材料を中心に情報記録材料用の各種原料をお客様に提供。
 

◆電子部品材料
 電子回路関係(センサー、コンデンサー等)、プリント配線基板の製造工程に関わる商材を提案・提供し、お客様のコンサルタントとしてあらゆるニーズにお応えいたします。
 

◆感光材料
 化学・光学的に変化する商品を適切に管理、供給。
 

◆オプティカル材料
レンズの成形・加工から眼鏡に至る工程に関わる商材を提案・提供し、お客様のコンサルタントとしてあらゆるニーズにお応えいたします。
 

◆粘着、接着材料
 原料から製品まで、溶剤タイプから無溶剤・水系まで、ニッチからコアまで、カタログ製品から委託生産品までのあらゆるニーズに柔軟にお応えいたします。
 

◆繊維用戦力、筆記用具原料
 当社は、天然藍の取り扱いを始めて333年以上、日本の繊維染色業界と共に歩んでまいりました。日本の染色技術は依然として世界最高レベルにあり、その高度なニーズに応える情報・材料を提供。
 また、筆記具用原料をお客様のニーズに応えて幅広く提案・提供。
 

◆塗料、インキ原料
 各種塗料樹脂、樹脂原料、有機溶剤、染・顔料や添加剤など塗料・インキ分野に求められる材料を提供いたします。
シックハウス、ホルムアルデヒド、VOCや環境ホルモンなどの問題に対応した、地球にやさしく環境に配慮した環境配慮型製品の展開を積極的に進めております。
 

◆製紙材料
 抄紙工程中で紙に付加価値を与えるために使用する各種薬品を国内外から調達いたします。
また、特殊紙の販売にも注力しております。
 

◆成型樹脂
 多分野にわたり技術とサービスを提案・提供し、お客様のコンサルタントとしてニーズにお応えいたします。
 

◆植物繊維
 ドイツのレッテンマイヤー社の植物性繊維を多分野、多用途に提供しております。その応用範囲は増加の一途にあります。
複合木材用途、板紙添加剤用途、ペット用途など、天然木材を原料にした環境に優しい素材として、ご活用いただいております。

 

◇文化事業



 

◆藍の資料館   (社)三木文庫

◆教育振興    (財)三木康楽会

◆その他文化事業
 ・(有)松鯉園
 ・中喜来観音堂
 ・大國主神社

 

 

 





◎企業の長期蓄積した総ポテンシャルをそろそろ21世紀型に活かしきる時が
きています


商社の存在価値は、お客様の繁栄にふさわしいものの提供と仕入先の更な進化の
支援をすることです。三木産業には、しくみシステムが構築されつつあるようです。

自社も含めて三方がともに豊になれる重要なトリガー役が商社です。個別のお客様
個別の仕入先だけの企業努力だけでは、企業環境が右肩下がり、不況が普況の時代
には目的を達成する企業数は50%以下です。

三方が儲かる突破口は、お客様が必ず儲かるシクミシステムをつくることです。
お客様が必ず儲かるためには、お客様の売上貢献企業がさらに多く購入することと
新規のお客様数を計画的の増加させることです。

三木産業が取引全お客様(目標)の新規開拓の代行をする仕組みシステムを構築する
商品別にターゲットの新規開拓のお客様候補は異なりますが、代行することにより、
トータル的な複数の型新規開拓ノウハウは構築できます。既にある総ポテンシャル
を活かせは実現可能性は高い。



具体的な展開はA志援の情報を活かすとフレームを描くことができます。


三木産業の中に、全部門のトップセールスを3人選出して準備に入ることを進めます
3人は、事業化までに最悪の場合でも挫折する人事(雨人材)、普通(曇り人材、推進人財(はれ人財)
 1人は生き残る確率が高いため)
    ↓クリック
1.テレマーケティング(安定業績基板構築のしくみ)の部門を設立準備する。

 (1)各社の企業事例から、三木産業の業種にふさわしいノウハウを持つ企業と連携する。

(2)東京の一フロアの三木社長が総責任とする実証試験をスタートさせる。
   各部門の現在業績貢献している5社の中で連携の目的に共鳴、共振、共働量の多い3社を絞る。
   三木産業の業績基盤事業、損益分岐点まで稼ぐ貢献度の高い3部門(重点エリアでの競合がない
   企業とする。競合する場合は、次回に協力をえるようにする)を第1段階でスタートさせる。

(3)3部門の自社の選出された3名と、選んだ3社の中から新規開拓実績が高い、20代、30代前半、
30代後半で、その会社の共有営業ノウハウにの最先端人財(目標)に、受注ノウハウを体系化整理
する。候補のお客様は、他社との同席させないほうがよい。(ノウハウの他社えの流出を嫌うため)

(4)3社と自社のノウハウを融合させて、テレマーケティングに必要な全体のしくみ、システムを構築する。
自社のコールセンター機能は仕入先の対応のしくみシステムのフレームづくりにいかし、重要仕入先の
コールセンターの役割代行ができるしくみを構築する。

(5)新規開拓をする可能性客のリストをつくる。
  各社の開拓したい客の情報リスト、自社のリスト(TEL FAX メール)と、さらに追加するリストの
  購入準備する。↓クリック
          ◆新客を探す から 自社にふさわしいリストパートナーを選ぶ
           仮説のリストをつくり、定期的に、追加する。

(6)現在保有するリストを、最新化クレンジングをする。(三木産業の全顧客データを最新化をすすめます)
      アウトソーシング型ローコストで、リスト管理が継続的にできる信頼度の高い企業を活かす
            ↓クリック
     ◆シンフォニーマーケティング 


(7)小規模のコンタクトセンターのトータルの中小企業向けノウハウが豊富な最初の、見学企業
        ↓クリック 
     ◆ベルシステム24(コンタクトセンター創世記から着実に成長し、上場しない)
       ↓クリック
     ◆ランドスケイプ(日本で最大の顧客リスト保有)

            その他

(8)実証試験に事業化の可能性がある場合は
  総本店のある徳島にコンタクトセンターを構築する。

  徳島県への誘致提案の参考事例
       ↓クリック
     ◆コンタクトセンター誘致活動(実績をだしているエリアのやり方を学ぶ)

  徳島の若者(就職予行演習大学生)や、企業の定年後のベテラン高齢者(自社部門と類似業種経験者)
  の働く場を提供できます。

  コンタクトセンターは、ローランニングコストな場所と都心の高コストと内容は変わりません。

  この段階では、徳島の企業のコンタクトセンターの代行役割も可能になってきます。徳島の地場企業黒字  
  化支援ができはじめます。

  徳島県の行政のコールセンター代行、情報インフラのセンターとして貢献する地場企業として、重要な役割
  がでてきます。
                  ↓クリック
            ◆地域密着CATVの進化

      ケーブルテレビ徳島、 那賀町ケーブルテレビ 東阿波ケーブルテレビジョン 
      の誰か人財がサイトを活用しています。
      地域密着型企業のコンタクトセンターを機能させるとき、地域密着CATVは重要なツールに
      なります。


(9)各代行企業の新規開拓の総能力をアップさせつために、入手データの整理が重要になります。
                      ↓クリック
     ◆コンタクトセンター関連事業(テキストマイニング等)

 


◎21世紀は「新連携」「TLO(技術移転)」「大学法人化による産学連携」が急速に進化
   業界団体の公開情報の中に世界の最新情報も含まれてくるようになりました。
        ↓クリック
   ◆「新連携」
        
   ◆「TLO(技術移転)」

   ◆「社長輩出数の多い大学風土1」 「社長輩出数の多い大学風土2」

           徳島大学(知能情報工学科・電気電子工学科)徳島文理大学の誰か人財がサイトを活用しています。

         

◎自社内の総合的成長スピードを少し速めて、自社の強みを活かし、素材業界から
 アセンブル業界、商品製品事業も含めると、外部環境の影響度の少ない、ひまわり
 経営の確率は高くなります。

           ↓クリック
     ◆新市場製品商品を探す


 コンタクトセンター機能が自社にあると、投資金額の相当した損益分岐点以上の
 顧客数を確保できるようになります。安心経営ができる善循環に入ります。


 



 


              

 
 






        

商品一覧